クレリック

クレリックの領域 Cleric Domains

アイオーンの副領域 Aeon Subdomain

出典 Champions of Balance 16ページ

関連領域知識

関連神格ネサスシヴァナー

代替能力下記に与えられる能を、知識の領域における“遠距離知覚”能と入れ替える。アイオーン中立来訪者種族である(Pathfinder RPG Bestiary 2 8ページ)。

虚空の姿(超常)Void Form:6レベル点で、標準アクションとして半実体化できる。この姿の間、クリティカル・ヒットに対する完全耐性を持ち、アーマー・クラスに+1の反発ボーナスを得る。このボーナス8レベル点と以降4レベルごとに1ずつ増加する。君はこの能を1日にクレリックレベルの等しいラウンド数だけ使用できる。これらのラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文1レベルサンクチュアリ5レベルテレパシック・ボンド6レベルプレイナー・バインディングアイオーンのみ)。

錬金術の副領域 Alchemy Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域工匠魔術

関連神格ブライ、Haagenti、ノルゴーバー、Orgesh、チィ・ジョン

代替能力下記に与えられる能を、工匠の領域における“工匠の手”能と、または魔術の領域における“従者の見えざる手”能と入れ替える。

信仰錬金術(超常)/Divine Alchemy:準備した呪文の1つをフラスコに注ぐ1分間の儀式を実行し、消費されるまでまたは次に呪文を準備するまで持続する即席のポーション作成できる。この能は1体以上のクリーチャーを対象とする呪文でのみ使用でき、この方法で注入できる最大呪文レベルは1+4クレリックレベルごとに1レベルとなる。これらのポーションは、領域呪文的で、アルケミストのエキスとして扱われる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルタッチ・インジェクションUC, 4レベルアンプリファイ・エリクサーAPG6レベルディレイド・コンサンプションAPGAPG

待ち伏せの副領域 Ambush Subdomain

出典 Kobolds of Golarion 13ページ

〔Kobold Faith〕特徴を持つクリーチャーのみがこの副領域を得ることができる。

関連領域欺き

関連神格Kro'akoth

代替能力下記に与えられる能を、欺きの領域における“写し身”能と入れ替える。

カメレオンの相(超常)/Chameleon Aspect:即行アクションとして、の色を微妙に変化させ、周囲の環境に溶け込むことができる。この能下で、10フィート以上離れたクリーチャーからの視認困難攻撃が20%の失敗確率を持つ)、40フィート以上離れたクリーチャーから完全視認困難攻撃が50%の失敗確率を持つ)を得る。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルアラーム5レベルイリューソリイ・ウォール6レベルヴェイル

貴族制の副領域 Aristocracy Subdomain

出典 Champions of Balance 16ページ

関連領域高貴

関連神格アーバダー、ナリニヴァティ

代替能力下記に与えられる能を、高貴の領域における“鼓舞の言葉”能と入れ替える。

貴族の顔立ち(超常)/Noble Visage:君のクリーチャー種別を共有している(人型生物の場合は副種別も)クリーチャーに対する【魅力】判定【魅力】に基づく技能判定に+1のボーナスを得る。このボーナスは君のレベル毎に1増加する。

標準アクションとして、味方に接触して1分間の間そのクリーチャー種別(または副種別を)共有するクリーチャーに対して君の貴族の顔立ちを与えることができる。この能を使用すると、1分間の間君は自身貴族の顔立ちのボーナスを失う。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文3レベルエンター・イメージAPG9レベルオーヴァーウェルミング・プレゼンスUM

放火の副領域 Arson Subdomain

出典 Book of the Damned 180ページInner Sea Gods 224ページGoblins of Golarion 27ページ

関連領域

関連神格Haborym、ナカタ、Zarongel、Zelishkar、ズラパディン

代替能力下記に与えられる能を、火の領域における“炎の矢”能と入れ替える。

の呼び出し(超常)/Call Fire:標準アクションとして、60フィート以内の見ることができるの源に向かってを伸ばし、元にそれを招く事ができる。これはリボンのように細いの筋を中で一直線にあなたに接近させる。のリボンの通り道に直接いるクリーチャーは1d4ポイントのダメージを受ける。これにより、リボンの用に細いの筋を一直線に中に君に接近させる。のリボンの通り道に直接いるクリーチャーは1d4ポイントの[ダメージを受ける; 反応セーヴに成功すると(難易度 = 10+クラス・レベルの半分+【判断力】修正値)、このダメージ無効化される。のリボンが君のに届くと、君が持っているまたは選んだ可燃物の物体を消滅させるか点灯させる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルフレイミング・スフィアー5レベルフレイム・ストライク7レベルディレイド・ブラスト・ファイアーボール

カニバリズムの副領域 Cannibalism Subdomain

出典 Champions of Corruption 18ページ

関連領域

関連神格ラマーシュトゥロヴァググウルガソーア

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の手”能と入れ替える。

敵食い(超常)/Consume the Enemy:の行為とみなされる機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクションとして、無防備状態の生きているか殺されたばかりのクリーチャー噛みつき1d3ポイントのダメージを与えることができる。クリーチャーを消費することで、カニバリズムしたクリーチャーとして同じ種別クリーチャー人型生物または来訪者である場合は同じ副種別)に対する君が使用する全ての呪文擬似呪文能力超常能力セーヴィング・スロー難易度に+1の不浄ボーナスを得る。この効果クレリックレベルの半分に等しい分数が経過するか、別のクリーチャーに対してこの能を使用するまで継続する。5、10、15、20レベル点で、このボーナスは1増加する(最大+5)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文1レベルマジック・ファング2レベルエネミーズ・ハートARG3レベルグレーター・マジック・ファング

魅惑の副領域 Captivation Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域魅了

関連神格カリストリア、コフサチ、ナリニヴァティ、ノルゴーバーシェーリン

代替能力下記に与えられる能を、魅了の領域における“魅力的な微笑み”能と入れ替える。

魅惑のオーラ(超常)/Entrancing Aura:8レベル点で、クレリックレベルに等しいラウンド数の間標準アクションとして、感知できない30フィートの散逸のオーラを放つことができる。これらのラウンド数は連続している必要はない。このオーラ範囲内の敵は〈知覚〉判定に-5のペナルティを受け、恍惚状態を与える効果的でヒット・ダイスが2低いものとして扱われる(最小1ヒット・ダイス)。16レベルの点で、この効果は3ヒット・ダイス低いものとして扱う。

代替領域呪文1レベルヒプノティズム2レベルヒプノティック・パターン4レベルレインボー・パターン

騎士道の副領域 Chivalry Subdomain

出典 Heroes of the High Court 21ページ

関連領域栄光

関連神格アイオーメディ、シズル

代替能力下記に与えられる能を、栄光の領域における“栄光の手”能と入れ替える。

底上げの(擬呪)/Bolstering Touch:標準アクションとして、同意するクリーチャー接触し、恐ろしい状況に対抗し、冷静さを保たせることができる。次の1時間以内に目標響を与える恐怖効果は、その効果の最初の1d4ラウンドの間抑制される。現在進行中の恐怖効果を受けているクリーチャー接触した場合、この能は代わりに1ラウンドの間進行中の恐怖効果を抑制する。目標起動した恐怖効果を無視するラウンドは、効果持続時間に対して引き続きカウントされる。恐怖効果持続時間よりも長く抑制されていた場合、対象は恐怖効果響を全く受けない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルリムーヴ・フィアー3レベルヒロイズム6レベルグレーター・ヒロイズム

競争の副領域 Competition Subdomain

出典 Heroes of the Streets 19ページ

関連領域

関連神格カイデン・カイリーエンイローリクージェス、Marishi、トルッド

代替能力下記に与えられる能を、力の領域における“力の招来”能と入れ替える。

運動の偉業(超常)/Athletic Exploit:即行アクションとして、物理的な障害を簡単に克服するための能を得る。次のターン開始まで、〈軽業〉〈登攀〉〈脱出術〉〈水泳〉技能判定を試みるときに鎧判定ペナルティ半減し、その技能判定クレリックレベルの半分に等しいボーナスを得る(最小+1)。

代替領域呪文1レベルジャンプ3レベルグレーター・アニマル・アスペクトUC6レベルグレーター・ヒロイズム

堕落の副領域 Corruption Subdomain

出典 Champions of Corruption 18ページ

関連領域

関連神格アスモデウスダハク、ジェネラル・ススム、ギローナ、ラマーシュトゥロヴァググウルガソーア、ヴェルガース、ジパクナ

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の手”能と入れ替える。

不正行為の(超常)/Spark Malfeasance:8レベル点で、30フィート以内にいる目標の罪深い欲望遠隔接触攻撃覚めさせることができる。目標は極度の罪感に苦しみ、クレリックレベルの半分に等しいラウンドの間不調状態となる。効果を早く終了させるために、目標の行動(善属性である場合)を積極的に受け入れるか、自身ターン開始意志セーヴを試みなければならない(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値)。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは24時間の間この能に対する完全耐性を得る。この能8レベル点で1日に1回使用でき、8レベル以降4レベル毎に追加の1回の使用回数を得る。

代替領域呪文2レベルサジェスチョン6レベルgreater bestow curse

協力の副領域 Cooperation Subdomain

出典 Inner Sea Gods 224ページChampions of Purity 20ページ

関連領域共同体

関連神格Arqueros、バーナロル、Elion、Hembad、Matravash、Mazludeh、Nephthys、Svarozic、Ulon

代替能力下記に与えられる能を、共同体の領域における“なだめの手”能と入れ替える。

相乗作用の(擬呪)/Synergistic Touch:標準アクションとして、自分が持つチームワーク特技1つの利益を与えるためにクリーチャー接触することができる。この効果クレリックレベルの半分に等しいラウンド数だけ継続する(最小1ラウンド)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる

代替領域呪文1レベルボロウ・スキルAPG2レベルシェア・ランゲージAPG3レベルコーディネーテッド・エフォートAPG

デモダンドの副領域 Demodand Subdomain

出典 Champions of Corruption 19ページ

関連領域混沌

関連神格ロヴァググ、Yaezhing

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の手”能と、または混沌の領域における“
混沌の手”能と入れ替える。

信仰盗みの打撃(超常)/Faith-Stealing Strike:信仰呪文を発動することができるクリーチャーに対して最も高い基本攻撃ボーナスを使用して1回の近接攻撃を行うことができる。クリーチャーダメージを与えた場合、クリーチャー意志セーヴに成功するか(難易度 = 10+クレリックレベル【判断力】修正値)、1ラウンドの間信仰呪文を発動できなくなる。攻撃目標ダメージを与えない場合、この能は消費され効果はない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルアライン・ウェポン混沌またはのみ)、6レベルコローシヴ・コンサンプションUM

決闘の副領域 Duels Subdomain

出典 Heroes of the Streets 18ページ

関連領域

関連神格ベスマラー、Chaldira Zuzaristan、ゴルムアイオーメディ

代替能力下記に与えられる能を、戦の領域における“戦の激怒”能と入れ替える。

信仰挑戦(超常)/Divine Challenge:即行アクションとして、見ることができる30フィート以内の敵に挑戦し、そのクリーチャー攻撃に対するアーマー・クラスに+1の清浄ボーナスを得、フェイントを行うための〈はったり〉判定クレリックレベルの半分に等しいボーナスを得る。これらのボーナスクレリックレベルの半分に等しいラウンド数継続する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルウォーディング・ウェポンUC5レベルダンス・オヴ・ア・ハンドレッド・カッツUM8レベルダンス・オヴ・ア・サウザンド・カッツUM

教育の副領域 Education Subdomain

出典 Heroes of the Streets 19ページ

関連領域共同体知識

関連神格アブラクサス、アンドレッタ、Bergelmir、バーナロル、Elion、エラスティル、Eritrice、イローリネサス、Shei、Svarozic

代替能力下記に与えられる能を、共同体の領域における“結束力”能とまたは、知識の領域における“遠距離知覚”能と入れ替える。

教育の瞬間(超常)/Teaching Moment:8レベル点で、君または30フィート以内のみかたが、攻撃ロール能力値判定技能判定セーヴィング・スローで1の出または20の出をロールした割り込みアクションとして、類似の挑戦を克服するのに役立つ特殊な洞察を30フィート以内のすべての味方に与えることができる。次の1分間の間に1回、響を受けた各クリーチャー攻撃ロール能力値判定技能判定セーヴィング・スローを試みる前に、2回ロールして良い結果を採用することを選択できる。この能8レベル点で1日に1回、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文1レベルノウ・ジ・エネミーUM2レベルフォクセス・カニング6レベルバトルマインド・リンクUM8レベルサークル・オヴ・クラリティUM

諜報の副領域 Espionage Subdomain

出典 Heroes of the Streets pg. 18ページ

関連領域知識欺き

関連神格ドロスカー、Erecura、Kelinahat、ノルゴーバー

代替能力下記に与えられる能を、知識の領域における“伝承の守り手”能と、または欺きの領域における“写し身”能と入れ替える。

隠匿術(超常)/Deep Cover:呪文を準備するとき、隠匿するアイデンティティを1つ選択することもできる――実在の人物であれ、架の人物であれ。通常の半分の時間でアイデンティティを覆い隠す変装をすることができる。選択した変装を損なう呪文効果目標となったディテクト・イーヴルディテクト・ソウツゾーン・オヴ・トゥルースなど)、割り込みアクションとして。この能を使用して意志セーヴを試みさせることをクリーチャー強制することができる。(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値)。クリーチャーが失敗した場合、君が隠匿しているアイデンティティと一致した誤った情報を得る。この誤った情報を与える能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルアノニマス・インタラクションACG4レベルゾーン・オヴ・サイレンス8レベルマインド・ブランク

拳の副領域 Fist Subdomain

出典 Champions of Balance 17ページ

関連領域

関連神格ゴルムイローリ、Yamatsumi

代替能力下記に与えられる能を、力の領域における“力の招来”能と入れ替える。

樹木の拳(超常)/Wooden Fist:この能植物の領域の同名の能として機能する。

代替領域呪文1レベルトゥルー・ストライク3レベルグレーター・マジック・ファング4レベルフォース・パンチUM

流れの副領域 Flowing Subdomain

出典 Champions of Balance 17ページ

関連領域

関連神格ゴズレーファラズマ、Yamatsumi

代替能力下記に与えられる能を、水の領域における“氷柱”能と入れ替える。

流れに身を任せ(超常)/Go with the Flow:標準アクションとして、強い感情を抑えるためにクリーチャー接触することができる。目標カーム・エモーションズ呪文として効果を受けるが、依然として暴的なアクションを行うことができ、目標に対する暴的なアクション効果を終わらせることはない。この効果は、クレリックレベルの半分に等しいラウンド数の間継続する(最小1ラウンド)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルキャッツ・グレイス4レベルフリーダム・オヴ・ムーヴメント6レベルフルーイド・フォームAPG8レベルマインド・ブランク

浮き荷の副領域 Flotsam Subdomain

出典 出典 Book of the Damned 180ページInner Sea Gods 225ページGoblins of Golarion 27ページ

関連領域

関連神格Jalaijatali、Jubilex、Tresmalvos、Zogmugot

代替能力下記に与えられる能を、水の領域における“冷気に対する抵抗”能と入れ替える。

(超常)/Sift:6レベル点で1日1回標準アクションとして、の中にを伸ばすことができ、最大50 GP×クラス・レベル物体を引き出すことができる。この物体から引き抜かれると常に破損状態となる。を伸ばすは、少なくとも自分自身が完全に浸されるのに十分な深さでなければならない。12レベルの点で得る物体破損状態ではなくなる。20レベル点で最大5,000 GPの物体を得る。通常は浮かんでこない物体を得る場合、浮いている破片があるか、破片に絡まっていると想定する。この方法で得た物体使い切っていないかそれ以前に破壊されたりしていなければ、24時間後に消える。

代替領域呪文2レベルメイク・ホウル5レベルメジャー・クリエイション6レベルアニメイト・オブジェクツ

要塞の副領域 Fortifications Subdomain

出典 Heroes of the Streets 18ページ

関連領域守護

関連神格アーバダー、Arqueros、トラグ

代替能力下記に与えられる能を、守護の領域における“抵抗の手”能と入れ替える。

遮蔽用の(擬呪)/Sheltering Walls:標準アクションとして、味方に接触して浮遊する障害物を招来し、1ラウンド+6クレリックレベル毎に1ラウンドの間部分遮蔽の利益を味方に与えることができる。この能は、〈隠密〉判定を試みたり、機会攻撃を誘発するのを防ぐのに十分な遮蔽を味方には与えない。味方が攻撃に対して他の形の遮蔽から利益を受けている場合、アーマー・クラス反応セーヴィング・スローへのボーナスは1増加する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルホールド・ポータル5レベルウォール・オヴ・ストーン9レベルプリズマティック・ウォール

友情の副領域 Friendship Subdomain

出典 Inner Sea Gods 225ページBlood of Angels 27ページ

関連領域

関連神格チャルディラ、Elion、フィンデラドララ、グランディナール、Lymnieris、Lythertida、Omrataji、Seramaydiel、シナシャクティ、Upion and Warrik

代替能力下記に与えられる能を、善の領域における“善の手”能と入れ替える。

強力な絆(超常)/Powerful Bond:フリー・アクションとして、つながりを開き60フィート以内の1体の味方とテレパシーで会話することができる・テレパシーのつながりは双方向であり、1分間持続する。通常テレパシーとは異なり、この能は共有の言語が必要である。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルシールド・アザー5レベルテレパシック・ボンド

強欲の副領域 Greed Subdomain

出典 Champions of Corruption 19ページ

関連領域欺き

関連神格アスモデウスダハク、Lao Shu Po、ノルゴーバー

代替能力下記に与えられる能を、欺きの領域における“写し身”能と入れ替える。

もっと私に(超常)/More for Me:30フィート以内にいる別のキャラクターが接触以上の距離呪文を発動した割り込みアクションとして術者レベル判定を試みることができる(難易度 = 15+呪文レベル)。判定に成功すると呪文で意図している目標の1体(君が選択する)の代わりに君がその呪文の利益を得る。君が既に呪文目標であった場合、同じ呪文に2度目標になったかのように響お受ける(利益を受けるかどうかは異なるが、同じ源からのボーナス累積しないことに注意せよ)。この能は発動する呪文知識を君に与えない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルマスターワーク・トランスフォーメーションUM6レベルガーズ・アンド・ウォーズ8レベルクリエイト・デミプレインUM

憎悪の副領域 Hatred Subdomain

出典 Champions of Corruption 19ページ

関連領域破壊

関連神格ダハク、フメイヨシ、ギローナ、レディ・ナンビョウ、ロヴァググ

代替能力下記に与えられる能を、破壊の領域における“破壊的なオーラ”能とと入れ替える。

嫌悪のオーラ(超常)/Hateful Aura:8レベル点で、1日にクレリックレベルに等しいラウンド数の間、30フィートの嫌悪のオーラを放つことができる。このラウンド数は連続している必要はない。オーラ範囲内の敵は意志セーヴを試みなければならない(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値)。セーヴに失敗したキャラクターは憎に満ちており、他のキャラクターを、アクション的で味方とみなしたり、チームワーク特技を使用することはできない。クリーチャーオーラ範囲内から離れた場合、君がフリー・アクションとしてオーラを終了した場合、またはこの能の全てのラウンド数を消費した場合、効果は即座に終了する。

代替領域呪文1レベルマーダラス・コマンドUM2レベルラスフル・マントルAPG

尊大の副領域 Hubris Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域栄光高貴

関連神格ディスパテル、ジェネラル・ススム、アイオーメディ、ジェイダズ、リサーラ、オルへオン、イデルシウス

代替能力クラス技能として〈威圧〉を得る; これは栄光の領域正のエネルギー放出抵抗するためのセーヴ難易度の増加と置き換える。下記に与えられる能を、栄光の領域における“神々しき存在感”能と、または高貴の領域における“統率力”能と入れ替える。

神の要求(超常)/Divine Demand:6レベル点で、神の守護霊に君が値するよりもはるかに大きなを請願することができる。この能起動するには、セーヴに成功すると効果が減少する(ただし無効化されない)呪文を発動するに使用しなければならない即行アクションである。呪文セーヴィング・スロー難易度が2増加し、呪文呪文抵抗を克服するための術者レベル判定に+2のボーナスを得る。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは代わりに効果を完全に避ける。目標の半分以上が響を受けない場合、君は呪文レベルの等しいラウンド数の間怯え状態となる。目標全員が響を受けない場合、1d4+1ラウンドの間代わりに信仰呪文の発動エネルギー放出領域能力の使用の能を失う; 機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクションとして、守護霊に大声で陳謝することにより、この能の損失を終わらせることができる。君はこの能6レベル点で1日に1回使用でき、6レベル以降4レベル毎に追加の1日1回の使用回数を得る。

代替領域呪文4レベルホロウ・ヒロイズムUI7レベルグレーター・ホロウ・ヒロイズムUI9レベルオーヴァーウェルミング・プレゼンスUM。君がであるならば、領域呪文ブレス・ウェポンとをそれぞれエイドアンホーリィ・オーラに置き換える。

想像力の副領域 Imagination Subdomain

Champions of Purity 21ページ

関連領域幸運

関連神格Bes

代替能力下記に与えられる能を、幸運の領域における“良き運命”能と入れ替える。

の靄(超常)/Haze of Daydreams:6レベル点で、1日にクレリックレベルに等しラウンド数の間半径15フィートのの靄を放つことができる。これらのラウンド数は連続している必要はない。靄の中のクリーチャー意志セーヴに成功しない限り(難易度 = 10+クレリックレベル【判断力】修正値)、恍惚状態を得る。靄の響を受けないクリーチャークレリックレベルに等しい数だけ指定できる。恍惚状態クリーチャー範囲を離れるか、オーラが終了すると即座に終了する。

代替領域呪文1レベルサイレント・イメージ2レベルマイナー・イメージ3レベルメジャー・イメージ5レベルドリーム

工業の副領域 Industry Subdomain

出典 Heroes of the Streets 19ページ

関連領域工匠

関連神格ブライ、ダイキツ、トラグ

代替能力下記に与えられる能を、工匠の領域における“踊る武器”能と入れ替える。

効率性のオーラ(超常)/Aura of Efficiency:8レベル点で、半径30フィートのオーラを放ち、味方に疲労状態または過労状態をもたらす効果に対するすべてのセーヴィング・スローに+4のボーナスを与えることができる。この範囲内の味方が使用する装備は、硬度クレリックレベルの半分に等しいボーナスを得、この範囲内の目標に対する味方の攻撃は、同じ量の硬度を無視する。このオーラは1日に君のクレリックレベルに等しいラウンド数だけ使用できる。このラウンド数は連続している必要はない。

代替領域呪文1レベルクラフターズ・フォーチュンAPG7レベルメイジズ・マグニフィシャント・マンション9レベルウッデン・ファランクスUM

昆虫の副領域 Insect Subdomain

出典 Divine Anthology 23ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域動物

関連神格アチャイケク、Aldinach、デスカリ、グラウンダー、Mazmezz

代替能力昆虫の副領域によって与えられる領域呪文は、動物ではなく響を与え、[精神作用]の補足説明を持つ呪文完全耐性を持たないかのように扱う。意志セーヴを可能にする領域呪文は、代わりに同じ難易度で成功した頑健セーヴに成功した目標によって無効化される。

下記に与えられる能を、動物の領域における“スピーク・ウィズ・アニマルズ”能と入れ替える。

(超常)/Exoskeleton:即行アクションとして、外格を成長させて+1の外皮への強化ボーナスと、クレリックレベル毎に1d4+1ポイントの一時的ヒット・ポイントを与える。外皮ボーナスは5クレリックレベルごとに1増加する。外格は1ラウンド後に収縮し、利益は終了する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文4レベルジャイアント・ヴァーミン5レベルヴァーミン・シェイプIIUM8レベルサモン・ネイチャーズ・アライVIII(1d3体のゴライアス・スタッグ・ビートルPathfinder RPG Bestiary 2 44)。

風刺の副領域 Innuendo Subdomain

出典 Champions of Balance 17ページ

関連領域欺き

関連神格ベスマラーカリストリアシヴァナー、ソン・ウーコン

代替能力下記に与えられる能を、欺きの領域における“写し身”能と入れ替える。

愚者の特権(超常)/Fool’s Privilege:戦闘以外で〈はったり〉〈交渉〉、または〈威圧〉判定に失敗した場合、即行アクションとしてこの能を使用できる。失敗した判定による負の効果はなく、次のラウンドで失敗した試み対して通常ペナルティなく判定を再度行うことができる。この能は1日に1回使用でき、1レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文1レベルソウ・ソウトARG3レベルサジェスチョン6レベルマス・サジェスチョン

審判の副領域 Judgment Subdomain

出典 Inner Sea Gods 226ページChampions of Purity 21ページ

関連領域秩序

関連神格Damerrich、Maat、Neshen、ラガシエル、Zohls

代替能力下記に与えられる能を、秩序の領域における“秩序の手”能と入れ替える。

(超常)/Chastisement:標準アクションとして、君は最後のターンから君にダメージを与えたクリーチャー強化した呪文を発動することができる。この呪文は君のダメージを与えたクリーチャー目標としなければならず、+1術者レベルで発動する。範囲呪文効果呪文はこの能と組み合わせて使用することはできないが、複数のクリーチャー目標とする他の呪文は使用できる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルキャスティゲイトAPG4レベルリビュークAPG5レベルマーク・オヴ・ジャスティス

キュトンの副領域 Kyton Subdomain

出典 Champions of Corruption 19ページ

関連領域秩序

関連神格ゾン=クーソン

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の大鎌”能と、または秩序の領域における“秩序の杖”能と入れ替える。

痛みこそ(超常)/Pain Is Power:8レベル点で、あらゆる源からダメージを受けた後、割り込みアクションとして難易度 25の精神集中判定を試みることができる。成功した場合、クレリックレベルの半分に等しいラウンド数の間ブレッシング・オヴ・ファーヴァーAPG呪文の利益を得ることができる。失敗するとこの能は消費され、効果はない。この能8レベル点で1回使用でき、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文1レベルディレイ・ペインUM2レベルインストゥルメント・オヴ・アゴニー3レベルアガナイズUM5レベルシンボル・オヴ・ペイン

伝説の副領域 Legend Subdomain

出典 Divine Anthology 23ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域栄光

関連神格ジェネラル・ススム、ゴルム、シズル

代替能力キャンペーンでヒーロー・ポイントのオプションを使用している場合(Pathfinder RPG Advanced Player’s Guide 322ページ)、ボーナス特技として《英雄の運命》を得る(Advanced Player’s Guide 324ページ)。そうでない場合、ボーナス特技として、前提条件を満たしていなくとも《栄光の印》を得る(Pathfinder RPG Mythic Adventures 69ページ)。これは栄光の領域正のエネルギー放出を行うセーヴ難易度の増加と置き換える。加えて下記に与えられる能を、栄光の領域における”神々しき存在感”と入れ替える。

伝説の(超常)/Witness the Legend:8レベル点で、移動アクションとして、君または見ることができる60フィート以内の味方の徳を称賛することができる。これにより目標は1分間の間松明のようにを放ち、効果が持続する間割り込みアクションとして栄光の手領域能力の1日の使用回数を拡張し、目標が試みる攻撃セーヴィング・スロー技能判定能力値判定に1d6を加えることができる; クリティカル・ヒットの確定ロールまたは恐怖効果に対するセーヴィング・スローの場合は代わりに1d12を加える。この能8レベル点で1日に1回、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文2レベルエイド3レベルコンテイジアス・ジールOA4レベルライチャス・ヴィゴーAPG6レベルアンシェイカブル・ジールOA。君がである場合、領域呪文ホーリィ・スマイトホーリィ・ソードホーリィ・オーラアンホーリィ・ブライトアンホーリィ・ソードUMアンホーリィ・オーラと置き換える。

立法の副領域 Legislation Subdomain

出典 Heroes of the Streets pg. 19ページ

関連領域秩序ルーン

関連神格アーバダーアスモデウスディスパテルリサーラ、Winlas

代替能力下記に与えられる能を、秩序の領域における“秩序の手”能と、またはルーンの領域における“破壊の刻印”能と入れ替える。

禁制(超常)/Prohibition:標準アクションとして、30フィート以内のクリーチャーに特定のアクションを約束するのを控えるように命令できる(フォービド・アクションUM呪文参照されるものを含む)。クリーチャーが次のターンの開始に指定したアクションを行う場合、1d6+2君のクレリックレベル毎に1ポイントのダメージを受け、効果は終了する。これは言語依存効果である。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

呪文の刻印領域能力を持っている場合、禁制に呪文効果をつけ、禁制が呪文の刻印の能であるかのようにすることができる; 呪文クリーチャーが指定されたアクションを行う場合に効果を受ける。この呪文は君が発動することができる最も高いレベルクレリック呪文より少なくとも1レベル低くなくてはならず、1体以上のクリーチャー目標としなければならない。

呪文通常響を与えることができる目標に関係なく、ルーンをトリガーするクリーチャーにのみ響する。この方法で呪文を付加すると、禁制の持続時間呪文レベルに等しいラウンド数だけまたは、チャージ消費されるまで延長する。

代替領域呪文1レベルフォービド・アクションUM5レベルグレーター・フォービド・アクションUM9レベルマス・ホールド・モンスター

レーシーの副領域 Leshy Subdomain

出典 Ultimate Wilderness 23ページ

関連領域植物

関連神格ゴズレー、Green Faith

代替能力下記に与えられる能を、植物の領域における“樹木の拳”能と入れ替える。

レーシー召喚者(擬呪)/Leshy Caller:同じレベル以下で、最大サモン・ネイチャーズ・アライVIIとする、サモン・ネイチャーズ・アライ呪文領域呪文を自発的に交換することができる。そうした場合、君はその呪文を使用して1体以上のレーシー招来するために呪文を使用しなければならない。サモン・ネイチャーズ・アライIサモン・ネイチャーズ・アライIIサモン・ネイチャーズ・アライIIIサモン・ネイチャーズ・アライIVサモン・ネイチャーズ・アライVのリストにそれぞれ、リーフ・レーシーゴーウド・レーシーファンガス・レーシーシーウィード・レーシーロータス・レーシーを加える。レーシー作成する的で君を植物クリーチャーとみなす。

標準アクションとして、次のターン開始前に、次の攻撃ロールに+4の清浄ボーナスを30フィート以内の1体のレーシーに与えることができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文1レベルツリー・シェイプ5レベルコミューン・ウィズ・ネイチャー

電光の副領域 Lightning Subdomain

出典 Divine Anthology 24ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域

関連神格ゴズレー、ヘイ・フェン、ロヴァググ、Rull

代替能力下記に与えられる能を、風の領域における“電弧”能と入れ替える。

避雷(超常)/Lightning Rod:電撃]の補足説明を持つ呪文を発動する即行アクションとして、視線内のクリーチャー1体を指定できる。《呪文威力強化》特技響を受けているかのように、そのクリーチャーに対する呪文のダメージが50%増加する。この追加ダメージは、電撃に対する抵抗によって減少しない信仰から生じ、使用者は呪文を発動した直後に同じ量の[電撃ダメージを受ける。呪文目標に複数回響を与える可能性のある場合でも、この追加ダメージを1回のみ与えることができる。この能8レベルで1日1回、8レベルを超える4クレリックレベル毎に追加の1回を使用できる。

代替領域呪文1レベルショッキング・グラスプ2レベルフレイム・ブレード([電撃ダメージを与え[]の代わりに[電撃]の補足説明を得る、3レベルライトニング・ボルト

忠誠の副領域 Loyalty Subdomain

出典 Inner Sea Gods 226ページBlood of Angels 27ページ

関連領域秩序

関連神格Aesocar、ゲンシャウ、グランディナール、コルス、Matravash、Sicva、Winlas

代替能力下記に与えられる能を、秩序の領域における“秩序の手”能と入れ替える。

忠誠(超常)/Touch of Loyalty:標準アクションとして、同意するクリーチャー接触し、1時間の間魅了強制恐怖効果に対するセーヴィング・スローに+4の清浄ボーナスを与えることができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文1レベルリムーヴ・フィアー5レベルグレーター・コマンド

薬の副領域 Medicine Subdomain

出典 Divine Anthology 24ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域治癒

関連神格Dalenydra、イモンヒエル、イローリコラダ、チィ・ジョン、サーレンレイ

代替能力下記に与えられる能を、治癒の領域における“死の調伏”能と入れ替える。

祝福術法(超常)/Blessed Surgery:君の信仰守護者は君の癒しの手を導き、ありふれた治療法で小さな軌跡を行うことを可能にする。〈治療〉技能を使用するとき2回ロールして高い方の結果を採用するためにこの能フリー・アクションとして使用できる。この能を使用している場合、1時間を必要とする〈治療〉技能の使用は最大1分間かかる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる

代替領域呪文1レベルダイアグノース・ディジーズUM2レベルプレシボー・イフェクトOA

季節風の副領域 Monsoon Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域天候
関連神格ダイキツ、ゴズレー、ヘイ・フェン、Rull

代替能力下記に与えられる能を、天候の領域における“雷の君主”能と入れ替える。

清々しい(超常)/Refreshing Rain:8レベル点で、標準アクションとして半径30フィートに短時間を降らせることができる。その範囲内のクリーチャーは君のクレリックレベルの2倍に等しい量の非致傷ダメージ回復し、過労状態疲労状態吐き気がする状態不調状態とならない。この能8レベル点で1日に1回、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文3レベルハイドローリック・トレントAPG4レベルコントロール・ウォーター5レベルフィクル・ウィンズAPG9レベルツナミAPG

月の副領域 Moon Subdomain

出典 Book of the Damned 181ページDragon Empires Gazetteer 57ページDragon Empires Primer 27ページInner Sea Gods 226ページ

関連領域

関連神格Acavna、Ah Pook、アシャヴァ、Camazotz、Haggakal、Jezelda、Kelinahat、ケテフィス、ノクティキュラ(救済)、Tanagaar、Thoth、ツキヨ、Yan-gant-y-tan

代替能力下記に与えられる能を、闇の領域における“闇の目
”能と入れ替える。

(超常)/Moonfire:8レベル点で、標準アクションとして、30フィート以内の1体の目標に対して遠隔接触攻撃としてから神聖な月光爆発を放つことができる。は2クラス・レベル毎に1d8ポイントのダメージを与え、目標クラス・レベル毎に1ラウンドの間目が眩んだ状態となる。ライカンスロープに対してクラス・レベル毎に1d10ポイントのダメージを与える。8レベル点で1日に1回この能を使用でき、8レベル以降4レベル毎に追加の1回の使用回数を得る。

代替領域呪文1レベルフェアリー・ファイアー4レベルムーンストラック6レベルドリーム

石化の副領域 Petrification Subdomain

出典 Divine Anthology 25ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域

関連神格アイルズル、ミンダハル、Soralyon、Xoveron

代替能力下記に与えられる能を、地の領域における“酸の矢”能と入れ替える。

の姿(超常)/Fossil Form:君のターン開始即行アクションとして、にミネラルを注入し扱いにくい安全性を与えることができる。次の君のターン開始まで、よろめき状態硬度2、石化に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。この硬度は4クレリックレベル毎に2ずつ、セーヴィング・スローへのボーナスは4クレリックレベル毎に1ずつ増加する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文4レベルカルシフィック・タッチAPG5レベルストーンスキン6レベルストーン・トゥ・フレッシュ8レベルスタチュー

門の副領域 Portal Subdomain

出典 Divine Anthology 25ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域

関連神格アーバダー、アルセタ、バルバトス、Onos、ヨグ=ソトース

代替能力下記に与えられる能を、基本移動速度の増加と旅の領域における敏捷な足と入れ替える。

神聖な敷居(超常)/Sacred Threshold:標準アクションとして、ドア、窓、または他のポータル接触することで祝福できる。1分間の間、クレリックレベルの半分に等しい数だけ判定難易度を増減して、ポータル解除または強制的に開くことができる。加えて、この時間中にポータルを最初に通過した味方は、2クレリックレベル毎に1d4+1ポイントの一時的ヒット・ポイントを得る。この一時的ヒット・ポイントは1分間継続する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

は共に(超常)/Travel as One:瞬間移動の補足説明を持つ呪文を発動する、君が運ぶことができる追加のクリーチャーの数を決定する的で術者レベル3レベル高いものとして扱う。一時的ヒット・ポイントを得る; これらは、瞬間移動の事故や固体の物体瞬間移動しようとすることで受ける可能性のあるダメージを相殺する。

代替領域呪文1レベルオープン・アンド・シャットUI2レベルノック3レベルアーバン・ステップUI9レベルテレポーテーション・サークル
\

サイコポンプの副領域 Psychopomp(Death) Subdomain

出典 Champions of Balance 17ページ

関連領域

関連神格ファラズマ

代替能力下記に与えられる能を、死の領域における“死の抱擁”能と、または安息の領域における“死への守り”能と入れ替える。サイコポンプ中立来訪者種族である(Pathfinder RPG Bestiary 4 217ページ)。
訳注:関連領域がDeathだけであるのにReposeの能と入れ替える記述があるのは不明。 d20PFSRDは関連領域がDeath, Reposeとなっているため誤記か。)

接触(超常)/Spirit Touch:6レベル点で、即行アクションとして、肉体武器または用いている武器ゴースト・タッチ武器の特殊能力を与えることができる。君はこの能を1日にクレリックレベルに等しいラウンド数だけ使用できる。このラウンドは連続している必要はない。

代替領域呪文3レベルチェイン・オヴ・パーディションUC6レベルプレイナー・アライサイコポンプのみ)、8レベルトラップ・ザ・ソウル

疫病の副領域 Plague Subdomain

出典 Heroes of the Streets 19ページ

関連領域

関連神格アポリオン、Cyth-V’sug、グラウンダー、Urgathoa

代替能力下記に与えられる能を、死の領域における“死の抱擁”能と、または悪の領域における“悪の手”能と入れ替える。

(超常)/Touch of Virulence:標準アクションとして、病気クリーチャー接触し、その状態化させることができる。頑健セーヴに失敗した場合(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値の半分)、クリーチャー病気に対する頑健セーヴに失敗したかのようにダメージを受け、病気の残りの潜伏期間が終了する。この能8レベル点で1日1回使用でき、14レベルと20レベルで追加の1回を得る。

代替領域呪文1レベルレイ・オヴ・シックニングUM3レベルコンテイジョン6レベルプレイグ・ストームUM8レベルホリッド・ウィルティング

放射線の副領域 Radiation Subdomain

出典 Kobolds of Golarion 13ページ

〔Kobold Faith〕特徴を持つクリーチャーのみがこの副領域を得ることができる。

関連領域

関連神格なし

代替能力下記に与えられる能を、地の領域における“酸の矢”能と入れ替える。

放射線変性の(超常)/Radiating Touch:機会攻撃を誘発する標準アクションとして、クレリックレベルに等しいラウンド数の間設置されていない物体に照射をすることができる。物体が照射されている間、微弱な変成術オーラを放つ。オーラから5フィート以内を通過する全てのクリーチャーは、意志セーヴに成功するか(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値)、不調状態とならなければならない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルdefoliate4レベルブライト8レベルホリッド・ウィルティング

贖罪の副領域 Redemption Subdomain

出典 Champions of Purity 19ページ

関連領域

関連神格アイオーメディサーレンレイ

代替能力下記に与えられる能を、善の領域における“聖なる槍”能と入れ替える。

聖化オーラ(超常)/Aura of Sanctification:8レベル点で、割り込みアクションとして、1日にクレリックレベルに等しいラウンド数の間、半径30フィートの聖化オーラを放つことができる。これらのラウンド数は連続している必要はない。このオーラ範囲内で、クリーチャーに特に有害な効果反転され、クリーチャーに害を与えることなく、クリーチャーを害する。同様に、クリーチャーに特に利益を与える効果は、代わりにクリーチャーに利益を与える。

代替領域呪文2レベルクァームUC4レベルフォースト・リペンテンスAPG5レベルアトーンメント

啓示の副領域 Revelation Subdomain

出典 Champions of Purity 21ページ

関連領域太陽

関連神格アイオーメディサーレンレイ、シズル

代替能力下記に与えられる能を、太陽の領域における“太陽の祝福”能と入れ替える。

導きの(超常)Guided Eyes:〈知覚〉は常に君のクラス技能である。加えて、変装看破するか、隠れているか視認困難なものを見つけるために技能判定を行う、その判定に+4の清浄ボーナスを得る。

代替領域呪文1レベルディテクト・シークレット・ドアーズ2レベルシー・インヴィジビリティ3レベルバニッシュ・シーミングAPG5レベルトゥルー・シーイング

暴動の副領域 Riot Subdomain

出典 Heroes of the Streets 19ページ

関連領域混沌

関連神格ラマーシュトゥメラウニ

代替能力下記に与えられる能を、混沌の領域における“混沌の刃”能と入れ替える。

騒乱のオーラ(超常)/Aura of Bedlam:8レベル点で、半径30フィートの混沌のオーラを放ち、クレリックレベル毎に1ラウンドの間闘争することができる。オーラ内の敵は、精神集中判定にー4のペナルティを受け、呪文を発動しようとする激しい動きをしているものとして扱われる(精神集中判定難易度 = 10+呪文レベル)。このペナルティ8レベルを超える2クレリックレベルごとに1ずつ増加する。これは[精神作用]効果である。これらのラウンドは連続している必要はない。

代替領域呪文4レベルコンフュージョン7レベルソング・オヴ・ディスコード9レベル―strifeUM

儀礼の副領域 Rites Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域魔術

関連神格アブラクサス、アスモデウス、ナリニヴァティ、ネサス、Nyarlathotep、シヴァナー

代替能力コストのある物質構成要素を使用して儀礼の領域呪文を発動する――または領域呪文永続化して発動する――必要な物質構成要素コストを20%減少させる。下記に与えられる能を、魔術の領域における“従者の見えざる手”能と入れ替える。

永続的儀式(超常)/Enduring Ritual:少なくとも1分/術者レベル持続時間を持つ呪文を発動する即行アクションとして、持続時間を決定する的とそれを解呪する試みを防ぐ的で呪文の有効術者レベルを増加させることができる。有効術者レベルは10クレリックレベル毎に追加で1レベル増加する(最大+3)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文1レベルセントファイ・コープスUM5レベルパーマネンシイ8レベルバインディング

川の副領域 Rivers Subdomain

出典 出典 Book of the Damned 181ページInner Sea Gods 226ページPathfinder #80:Empty Graves 65ページ

関連領域

関連神格Crocell、Gaap、Gogunta、ハンスプーア、ハターム、Jalaijatali、Sobek、ワジェト

代替能力下記に与えられる能を、水の領域における“氷柱”能と入れ替える。

行く川の流れ(超常)/Current Flow:フリー・アクションとして、基本移動速度または水泳移動速度のいずれかを10フィート増加させることができる。水泳中、〈水泳〉判定クラス・レベルの半分に等しいボーナスを得る(最小1)。これらの効果【判断力】修正値に等しいラウンド数の間継続する(最小1)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルハイドローリック・プッシュ2レベルスリップストリーム5レベルエレメンタル・ボディII6レベルフルーイド・フォーム

サーキルの副領域 Sahkil Subdomain

出典 Pathfinder #143:Borne by the Sun's Grace 61ページ

関連領域

関連神格Ah Pook

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の手”能と入れ替える。

妄想症の(超常)/Touch of Paranoia:近接接触攻撃として目標に大きな疑念と疑いを植え付けることができる。接触響を受けたクリーチャーは味方がいなく、この効果を受けた他のクリーチャーを含め他のクリーチャーを味方とみなさない。響を受けたクリーチャーは味方がいるマスを自由に移動したり、挟撃を提供したり、チームワーク特技を使用して協したり、援護アクションや味方ののみ機能する呪文効果の利益を得たり与えたりすることができない。この能クレリックレベルの半分に等しいラウンド数の間継続する(最小1)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文2レベルホーンティング・ミスツ4レベルゼイ・ノウ6レベルフォウビア

自己実現の副領域 Self-Realization Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域解放

関連神格アーシェイ、ファレイナ、Haagenti、イローリクージェス、Scal、Shei、ウルガソーア

代替能力下記に与えられる能を、解放の領域における“解放”能と、または力の領域における“力の招来”能と入れ替える。

完璧な姿(超常)/Perfected Form:君は自分が誰であるかという揺るぎない感覚を維持し、どんなも君を他の何かにすることを強要できない。ポリモーフ石化変成術効果に対するセーヴィング・スローに+1の清浄ボーナスか(君の守護霊または中立である場合)+1に不浄ボーナス(君の守護霊である場合)を得る。このボーナスは5クレリックレベル毎に1ずつ増加する(最大+5)。1日1回、このような効果に対するセーヴィング・スローに成功すると、クレリックレベルに等しい一時的ヒット・ポイントと、攻撃技能判定セーヴィング・スローに+2の士気ボーナスを得る。両方の効果は1分間継続する。

代替領域呪文4レベルパラゴン・サージ(Pathfinder RPG Advanced Race Guide 48ページ; 常に君の実際の種族であるもの)、6レベルプライマル・スクリームUM7レベルトランスフォーメーション

影の副領域 Shadow Subdomain

出典 Blood of Shadows 17ページ

関連領域

関連神格ノクティキュラ、ノルゴーバーウルガソーアゾン=クーソン

代替能力下記に与えられる能を、闇の領域における“闇の手”能と入れ替える。

の囁き(超常)/Whispering Shadows:君は自身の周囲のを暗くして不快感を引き起こし、敵を混乱させて気をそらすことができる。割り込みアクションとして、30フィート以内の目標視認困難による失敗確率か、幻術または死霊術呪文に対するセーヴィング・スローを再ロールさせることを強制することができる。この能目標は2回のロールの結果が最初のロールよりもい場合でも2回のロールを採用しなければならない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルレイ・オヴ・エンフィーブルメント4レベルファンタズマル・キラー8レベルオーブ・オヴ・ザ・ヴォイド

奴隷の副領域 Slavery Subdomain

出典 Book of the Damned 182ページInner Sea Gods 226ページGoblins of Golarion 27ページ

関連領域秩序

関連神格Circiatto、Furcas、ガヴィデャ、Hadregash、Inkariax、Jacarkas、Kalma、Lanishra、Losarkur、Vevelor、Zursvaater

代替能力下記に与えられる能を、秩序の領域における“秩序の杖”能と入れ替える。

隷属宣言(超常)/Master’s Yoke:8レベル点で、目標を所有物として宣言することにより、30フィート以内にいる見ることのできるクリーチャーに対する支配を主張することができる。目標意志セーヴに成功すると、この効果抵抗することができる(難易度 = 10+クラス・レベルの半分+【判断力】修正値)。目標セーヴに失敗した場合、クラス・レベルの半分に等しいラウンド数の間ドミネイト・モンスターであるかのように響を受ける。目標は君が与えた命令を無視する代わりに2ポイントの【耐久力】ダメージを受け、1ラウンドの間よろめき状態となる。この能8レベル点で1日に1回、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。これは言語に基づく精神作用効果である。

代替領域呪文1レベルチャーム・パースン5レベルドミネイト・パースン8レベルバインディング

孤独の副領域 Solitude Subdomain

出典 Champions of Balance 17ページ

関連領域守護

関連神格ネサス、Yamatsumi

代替能力下記に与えられる能を、守護の領域における“抵抗の手”能と入れ替える。

禁忌(超常)/Taboo:クリーチャーが君に接触したり、近接攻撃攻撃したりした割り込みアクションとして、この能起動することができる。そのクリーチャーは1分間の間セーヴィング・スローに-1のペナルティを受ける。このペナルティは君の5レベル毎に1ずつ増加する。この能を使用する、1分間の間守護の領域から与えられた抵抗ボーナスを失う。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルサイレンス4レベルディテクト・スクライング5レベルミラージュ・アーケイナ9レベルグレーター・クリエイト・デミプレインUM

統治の副領域 Soverignty Subdomain

出典 Heroes of the High Court 21ページ

関連領域秩序

関連神格アスモデウスディスパテルアイオーメディリサーラゾン=クーソン

代替能力下記に与えられる能を、秩序の領域における“秩序の杖”能と入れ替える。

降伏勧告(擬呪)/Demand Subjugation:8レベル点で、クリーチャークレリックレベル以下のヒット・ダイスを持っていなければならないことを除いて、レッサー・ギアスを使用したかのように敗北したクリーチャー強制的な協定を降伏の条件として受け入れれるように強制することができる。16レベルの点で、この能ギアス/クエストとして機能する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文2レベルキャスティゲイトAPG5レベルマス・キャスティゲイトAPG9レベルオーヴァーウェルミング・プレゼンスUM

渇きの副領域 Thirst Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連神格太陽

代替能力下記に与えられる能を、太陽の領域における“太陽の祝福”能と入れ替え、”後光”能を変更する。

枯れの(超常)/Wilting Glare:標準アクションとして、30フィート以内の生きている実体のあるクリーチャーから分と活を濾し取ることができる。目標は君の2クレリックレベル毎に1d6+1に等しい非致傷ダメージを受け、次のターン開始まで疲労状態となる(頑健無効)。植物クリーチャー水棲またはの副種別をもつクリーチャーはこの能から致傷ダメージを受け、【判断力】修正値に等しいラウンド数の間疲労状態となる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

後光/Withering Nimbus(超常)この能後光として機能するが、アンデッドではなく、植物クリーチャー水棲またはの副種別をもつクリーチャーダメージを与える。

代替領域呪文3レベルカップ・オヴ・ダストAPG9レベルホリッド・ウィルティング

茨の副領域 Thorns Subdomain

出典 Divine Anthology 26ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域植物

関連神格シュブ=ニグラス、The Green Mother、ジーフェス

代替能力下記に与えられる能を、植物の領域における“樹木の拳”能と入れ替える。

残酷な茂み(超常)/Cruel Thicket:標準アクションとして、自身を中心とする半径5フィートの爆発地面に捻れたのある蔓を芽生えさせることができる。その中を移動するクリーチャーは半分の移動速度移動するか、クレリックレベルの半分に等しい出血ダメージを受けなければならない; 植物の多い範囲(芝生、雑草、など)でこの能起動すると、その範囲移動困難な地形となる。この効果は1分間継続し、その後蔓は々に砕ける。妨げられずに自然下生えを通り抜けることができるクリーチャーはこの能効果を無視する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルソーン・ジャヴェリンACG3レベルソーニー・エンタングルメントACG4レベルソーン・ボディAPG

拷問の副領域 Torture Subdomain

出典 出典 Book of the Damned 182ページInner Sea Gods 227ページGoblins of Golarion 27ページ

関連領域破壊

関連神格アナンシャ、Andak、オズランヴァイル、Venkelvore、Vevelor、Xsistaid、Yamasoth、Zaebos、Zaigasnar、Zepar

代替能力下記に与えられる能を、破壊の領域における“破壊的なオーラ”能とと入れ替える。

苦痛の打撃(超常)/Painful Smite:近接攻撃ロールを行う前に、その打撃から全てのダメージ非致傷ダメージに変換することを選択でき、そのダメージ【判断力】修正値を加える。攻撃があたった場合、フリー・アクションとして目標士気をくじくための〈威圧〉判定を試みることができる。この〈威圧〉判定苦痛の打撃で与えた非致傷ダメージの量に等しいボーナスを得る。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用することができる。

代替領域呪文2レベルペイン・ストライク5レベルシンボル・オヴ・ペイン8レベルディマンド

罠の副領域 Trap Subdomain

出典 Kobolds of Golarion 13ページ

〔Kobold Faith〕特徴を持つクリーチャーのみがこの副領域を得ることができる。

関連領域工匠

関連神格なし

代替能力下記に与えられる能を、工匠の領域における“踊る武器”能と入れ替える。

超常(超常)/Supernatural Trap:8レベル点で、超常レンジャーの罠を選択する(Pathfinder RPG Ultimate Magic 64)。このは1日に君の【判断力】ボーナスに等しい回数だけ使用できる。に対する〈知覚〉判定〈装置無力化〉判定セーヴィング・スロー難易度は、10+キャラクター・レベルの半分+【判断力】ボーナスに等しい。は1時間または起動するまで継続する。

代替領域呪文2レベルスネア3レベルインプルーヴ・トラップ7レベルteleport trap

真実の副領域 Truth Subdomain

出典 Divine Anthology 22ページ

この副領域は使用権を得るために〔外典の侍祭〕信仰特徴が必要である。

関連領域狂気

関連神格グロトゥスラマーシュトゥ、Sif kesh、シヴァナー

代替能力下記に与えられる能を、狂気の領域における“狂気のオーラ”能と入れ替える。

曙の実現(超常)/Dawning Realization:8レベル点で、標準アクションとして、接触したクリーチャーに計り知れないほどの無さという共有のビジョンを与えることができ、その後君のターンは即座に終了する。君が学んだことによって、1ラウンドの間君は幻惑状態となり、目標混乱状態となる。次のラウンドでは、君が発見した響によって、2体ともよろめき状態となる。3ラウンドには、認識を取り戻そうとし1ラウンドの間君は混乱状態となり目標幻惑状態となる。各ラウンドで、目標難易度 10+クレリックレベルの半分+【知力】修正値の意志セーヴを試み、そのラウンドの両方の効果無効化することができるが、効果は3つラウンドの終了まで終了しない。これは精神作用効果であり、1日にクラス・レベルの半分に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文3レベルウォール・オヴ・ノージアACG5レベルコンタクト・アザー・プレイン6レベルリタニィ・オヴ・マッドネスUC

移り気の副領域 Whimsy Subdomain

出典 Inner Sea Gods 227ページBlood of Fiends 27ページ

関連領域混沌

関連神格チュカロ、フィンデラドララ、ララシ、Picoperi、Skrymir、Thamir Gixx、Thisamet、ツァトゥグア

代替能力下記に与えられる能を、混沌の領域における“混沌の刃”能と入れ替える。

予期せぬ気まぐれ(超常)/Unexpected Whimsy標準アクションとして、君は踊ったり道化師のように振る舞ったり、その他気まぐれな行動をする。そうした、君が30フィート以内にいる君を見たり聞いたりすることができる敵は意志セーヴに成功するか(難易度クレリックレベルの半分+【判断力】修正値の半分)、暴的な笑いのに倒れ伏せ状態とならなければならない。セーヴィング・スローに失敗した者は、1ラウンドの間笑う以外のアクションは行えないが、無防備状態とはみなされない。この能8レベル点で1日に1回、8レベル以降の4レベル毎に追加で1回使用できる。

代替領域呪文1レベルヒディアス・ラフター4レベルコンフュージョン6レベルクローク・オヴ・ドリームズAPG

変更版領域能力 Variant Domain Powers

出典 Haunted Heroes Handbook

特定の神を崇拝するクレリック(または領域を選択できる他のキャラクター)は、特定の領域を最初に選択したときに変更版領域の能を選択することができるが、領域の能を置き換える選択は、使用権を得た直後に行わなければならず、その後変更できない。

アスモデウス Asmodeus

出典 Haunted Heroes Handbook 8ページ

関連領域欺き

アスモデウスの教会は、ある理由から憑依の使用を定期的に承認しているが、通常は無許可での憑依や制御されていないアンデッドの部隊の創設には頑固として反対している。アスモデウス信徒は、憑依行為に参加するセレスチャルに特定の憎を抱いている。そのような来訪者は追い詰められており、アスモデウスの教会は特に憎まれているセレスチャルを攻撃する機会のために退魔のエージェントのサービスを無償適用している場合がある。このような取り決めの結果は――口には出されないが――アスモデウス信徒がこのように助けた人々を追跡し、彼ら個人に以前の奉仕に対する報酬として所定の期間、デヴィル強制的に宿らせるために戻ってくる。

虚偽の救済(擬呪)/Deceptive Reprieve:直接的な精神的支配下にあるクリーチャードミネイト・パースンを通じては与えられるが、チャーム・パースンを通じては与えられない)または憑依の犠牲者に接触するクリーチャーは+2のボーナスを得て、制御または憑依効果に対して新しい意志セーヴを試みることができる。クリーチャーが成功した場合、プロテクション・フロム・イーヴルとして、キャラクター・レベルの半分に等しいラウンド数の間、効果または憑依が一的に停止する。この能起動している間、目標は新しい精神作用効果または新しい憑依の試みに対するセーヴに-2のペナルティを受ける。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

これは欺きの領域における“写し身”能と置き換える。

カイデン・カイリーエン Cayden Cailean

出典 Haunted Heroes Handbook 8ページ

関連領域混沌

カイデン・カイリーエンは自由意志を否定するいかなるにも反対している。カイデンの信徒は、類似の呪文やアイテムを頻繁に使用するにもかかわらず、他の教会の方法とは本的に異なるため、独特の祈祷師となる。アルコールの活発な消費は正式な活動として行われ、カイデンの信徒が無謀な酔っぱらいであるように見えるかもしれないが、彼らはこの時間を利用して、酒を飲む相から憑依について真実の発言を引き出すことができる。このようにしてカイデン・カイリーエン信徒は、(ほとんど)間違いなく冷静なで行う超常的な驚異に体呼応する前に、適切な情報を持っていることを確認する。

酔っぱらいの自治(超常)/Drunken Autonomy:即行アクションとして、精神作用魔法憑依その他類似の外部からの制御の効果下にある、君の神の無制限の性質を放出することができる。強制の下で行動するのではなく、1ラウンドの間混乱状態であるかのように行動する。「普通に行動する。」結果をロールすることで、そのラウンド精神的な強制効果なく行動することができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

これは混沌の領域における“混沌の手”能と置き換える。

イローリ Irori

出典 Haunted Heroes Handbook 8ページ

関連領域治癒

イローリの教えを通じて、自分自身と世界の不純物を克服する。イローリの信者は、知識こそが憑依の束縛に対抗する最高の武器であると信じて、ゴラリオンの忠実なものの中でも最も自制心の強いものたちである。侵攻してくる勢力とのいに関与することはめったになく、その代わり、自分の意志の力で状況を打破することを望んでいる。霊障はこの非介入の真言の唯一の外である。定命のサイクルを超えたとして、性は世界の繊細な布の染みであるとイローリ信徒に狙われる。

霊障退魔(擬呪)/Exorcise Haunt:標準アクションとして、正のエネルギー爆発することができる。君から15フィート以内にいる霊障は1d8+2クレリックレベル毎に1ポイントのダメージを受ける。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

これは治癒の領域における“死の調伏”能と置き換える。

ナデリ Naderi

出典 Haunted Heroes Handbook 9ページ

関連領域高貴

溺死、ロマンチックな悲劇、そして自殺の女神の崇拝者としてナデリ信徒超常的な多様性の出会いに満ちている。彼女の信者は来訪者魔法憑依よりもアンデッドっており、より多くのその武に対する実際の訓練ではなく彼女の権能の問題としてである。彼女の信仰崇拝者霊障憑依するを倒すために従来どおりの段を使用するが、ナデリの権能の段に結び付けられた追加のを持っている。

を超えたロマンス(超常)/Romance Beyond Death:放出するエネルギーの種類に応じて、ボーナス特技として《アンデッド威伏》または《アンデッド退散》を得る。これらの特技効果に対するセーヴィング・スロー難易度を2増加する。ただし、関連する溺死または自殺した場合に限る。響を受けるアンデッド作成状況がロマンスに関連している場合は代わりにセーヴ難易度を4増加させる。

これは高貴の領域における“統率力”能と置き換える。

ファラズマ Pharasma

出典 Haunted Heroes Handbook 9ページ

関連領域安息

墓所の貴婦人は実体があるか、顕現したであるかに関わらず、アンデッド破壊を求めている。ファラズマインクィジターアンデッドの調を求めて世界を精査し、伝統的な性質と異質な性質の両方によって見ることのできる忌まわしさを破壊する。その結果、に対する支援を求める場合、ほとんどがファラズマの協会を最初に訪れる。ファラズマ信徒の珍しい側面の1つは、デーモンデヴィルなどアンデッドでない切除することに抵抗があることである。最も利己的なファラズマの司祭だけが、来訪者憑依に対してサービスを提供するが、そのような敵とのいは真の転職を超えた者だけであると考えている。

不死祓い(擬呪)/Exorcism of Undeath:全ラウンド・アクションとして1日1回、効果アンデッドクリーチャーによって引き起こされている限り、憑依呪文効果、またはクリーチャー精神的に直接制御する効果を終了させることができる。響を受けるクリーチャー接触し(目標が同意していないか無防備状態でない場合、近接接触攻撃が必要である)、この能の仕様の一部として消費される物質構成要素として聖水1瓶を使用しなければならない。目標は即座に、制御効果の元のセーヴ難易度に対して新しい意志セーヴを試みなければならない。セーヴに成功すると、目標があたかも元のセーヴィング・スローで成功したかのように、憑依効果は即座に終了する。憑依しているのがゴーストまたは類似のアンデッドである場合、目標に隣接して出現し、1ラウンドの間よろめき状態となる。

これは安息の領域における“死への守り”能と置き換える。

ウルガソーア Urgathoa

出典 Haunted Heroes Handbook 9ページ

関連領域

復活した入れが必要な植物に似ている。これは最初の最初のアンデッドクリーチャーであると信じられている女神ウルガソーアの教えである。ウルガソーアは多くの神々とは異なり、自身の信者の危険と不利益にも関わらず、霊障憑依保護と世話係を擁護している。蒼の姫の信者は精神苦悩と拷問の存在を延長することによって、しい芸術作品のようなものを創造すると信じている。同様に、ウルガソーアのしもべは、んだが定命の体を所持することを祝福とみなしている。

死の接触(擬呪)/Necrotic Tending:標準アクションとしてアンデッドクリーチャーまたは霊障響を受けた範囲接触することができ、クレリックレベル毎に1d8+1ヒット・ポイント回復することができる。この能は他のクリーチャーには効果はない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

これは悪の領域における“悪の手”能と置き換える。

サードパーティー製の領域

夢の領域 Dream Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格とそれと関連する権能の神格

領域能力君のは、君の未来の出来事の景を提供し、君と味方に、危険を避け他の人と会話することを可能にする利点を与える。

危険回避(超常)/Dodging Danger:君の未来の出来事の感覚は、君と味方が攻撃呪文ブレス攻撃を回避することを可能にする。1日に2回、君または君が指定した随伴者は1ラウンドの間アーマー・クラスまたは反応セーヴに+5のボーナスを得る。ボーナスは2体の異なる個人に1回、または1体の個人に2回適用できる。

状態(超常)/Dream State:8レベル点で、1夜に1回状態に入ることができる。この状態では、念視呪文を発動したかのように同じ成功確率で同じ次元界に存在する他のクリーチャーを訪れることができる。君が成功した場合、君は君が訪れたを見ている者と会話をすることができる。

領域呪文1レベルオブスキュアリング・ミスト2レベルpleasant dreams3レベルpremonition4レベルセンディング5レベルコミューン6レベルウィンド・ウォーク7レベルイセリアル・ジョーント8レベルdreamwalker9レベルアストラル・プロジェクション

ドワーフの領域 Dwarf Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格キャンペーンでドワーフまたは類似の種族神格

領域能力君はドワーフのような頑健を与え、自身頑健を増強する。

ドワーフ硬度(超常)/Dwarven Hardiness:標準アクションとして、クリーチャー接触し、一的に呪文擬似呪文能力に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを与えることができる(このボーナスドワーフ頑丈累積する)このボーナスは1ラウンドの間継続する。

ドワーフ頑健(変則)/Dwarven Fortitude:8レベル点で、全ての頑健セーヴに+2の永続ボーナスを得る。

領域呪文1レベルベイン2レベルflame of the forge3レベルストーン・シェイプ4レベルearth storm5レベルライチャス・マイト6レベルhammer and anvil7レベルディクタム8レベルアースクウェイク9レベルインプロージョン

エルフの領域 Elf Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格キャンペーンでエルフまたは類似の種族神格

領域能力君はエルフのような耐性を与え、自身の耐性を増強する。

エルフの耐性(超常)/Elven Immunities:標準アクションとして、クリーチャー接触し、一的に心術呪文効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを与えることができる(このボーナスエルフエルフの耐性累積する)。このボーナスは1ラウンドの間継続する。

心術に対する抵抗(超常)/Enchantment Resistance:8レベル点で、3レベル以下の心術または効果に対する完全耐性強化させる。心術呪文効果に対するセーヴィング・スローへの種族ボーナスは4術者レベル以上の呪文にも適用される。

領域呪文1レベルマジック・ウェポン2レベルイーグルズ・スプレンダー3レベルsword of the elf mother4レベルフリーダム・オヴ・ムーヴメント5レベルライフ・バブル6レベルファインド・ザ・パス7レベルリパルション8レベルpeace aura9レベルイセリアルネス

運命の領域 Fate Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格運命と預言の神格

領域能力運命の神は、他人の運命響を与えたり、自分の運命をさえ変える能を与える。

運命(超常)/Fateful Touch:標準アクションとして、クリーチャー接触し、1回のセーヴィング・スロー技能判定能力値判定自動的に失敗または成功させる能を与える(選択する)。自動成功は接触してから1分以内に使用しなければならない。

運命(超常)/Amor Fati:8レベル点で、運命の神の壮大な計画を受け入れると精神的に落ち着き、意志セーヴに+3のボーナスを与えられる。

領域呪文1レベルセレニティ2レベルオーギュリイ3レベルビストウ・カース4レベルsaving grace5レベルopportunity6レベルギアス/クエスト7レベルリザレクション8レベルグレーター・スペル・イミュニティ9レベルミラクル

ノームの領域 Gnome Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格ノームの神格

領域能力君はノームのような耐性を与え、自身種族を増強する。

ノーム抵抗(超常)/Gnomish Resistances:標準アクションとして、クリーチャー接触し、幻術呪文または効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを与えることができる(このボーナスノーム種族抵抗累積する)。このボーナスは1ラウンドの間継続する。

ノームの五感(変則)/Gnomish Senses:8レベル点で、〈知覚〉判定に+4のボーナスを得る。このボーナス〈知覚〉へのノーム種族ボーナス累積する。

領域呪文1レベルsilver tongue2レベルイーグルズ・スプレンダー3レベルsilent and unseen4レベルインビュー・ウィズ・スペル・アビリティ5レベルトゥルー・シーイング6レベルヒーローズ・フィースト7レベルレフュージ8レベルpeace aura9レベルイセリアルネス

ハーフリングの領域 Halfling Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格ハーフリングの神格

領域能力君はハーフリングのような幸運を与え、恐怖への抵抗を高める。

ハーフリングの幸運(超常)/Halfling Luck:標準アクションとして、クリーチャー接触し、一的に全てのセーヴィング・スローに+2のボーナスを与えることができる(このボーナスハーフリング種族ボーナス累積する)。このボーナスは1ラウンドの間継続する。

真なる大胆不敵(超常)/Truly Fearless:8レベル点で、非魔法の全ての恐怖効果完全耐性を持ち、魔法恐怖効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る(このボーナスハーフリング種族ボーナス累積する)。

領域呪文1レベルeven odds2レベルファインド・トラップス3レベルhalfling’s bravery4レベルディサーン・ライズ5レベルopportunity6レベルヒール7レベルリパルション8レベルディサーン・ロケーション9レベルマス・ヒール

海洋の領域 Ocean Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格海洋神格

領域能力海洋の神のが君を満たし、他人に接触して落ち着かせることができ、船に乗っているときに不調となるのを防ぐ。

慰めの(超常)/Comforting Touch:標準アクションとして、クリーチャー接触し、吐き気がする状態不調状態とする効果に対する全てのセーヴィング・スローに+2のボーナスを与えることができる。

鋼鉄根性(変則)/Iron Guts:8レベル点で、不調状態効果に対する完全耐性を得、吐き気がする状態となる効果に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。

領域呪文1レベルエンデュア・エレメンツ2レベルsea legs3レベルOcean God’s blessing4レベルフリーダム・オヴ・ムーヴメント5レベルサモン・モンスターV6レベルmass sea legs7レベルコントロール・ウェザー8レベルサモン・モンスターVIII9レベルストーム・オヴ・ヴェンジャンス

オークの領域 Orc Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格オーク神格

領域能力君はオークのような能を与え、んでいるときでさえい続けるために自信能を高めることができる。

威圧(超常)/Intimidating Touch:標準アクションとして、クリーチャー接触し、〈威圧〉判定に+2のボーナスを与えることができる(このボーナスハーフオーク威圧への種族ボーナス累積する)。このボーナスは1ラウンドの間継続する。

恐ろしい凶暴性(変則)/Terrible Ferocity:8レベル点で、1日1回、ヒット・ポイントが0未満で亡していない状態に陥ったとき、2ラウンドの間満身創痍状態として行動することができる(君がオーク、またはハーフオークでない場合は、さらに1ラウンド)。それ以外の点で、この能オークの凶暴性ハーフオークの種族特性と同様である。

領域呪文1レベルwar paint2レベルブルズ・ストレンクス3レベルビストウ・カース4レベルbleeding wound5レベルwarmonger6レベルマス・ブルズ・ストレンクス7レベルディストラクション8レベルファイアー・ストーム9レベルストーム・オヴ・ヴェンジャンス

歓喜の領域 Pleasure Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格歓喜神格

領域能力接触するだけで、歓喜の神の栄光を他人に与えることができ、歓喜の神の喜びが君に心を溢れさせる。

有頂天の(超常)/Rapturous Touch:標準アクションとして、クリーチャー接触し、1ラウンドの間、1つの〈芸能〉判定に+2のボーナスを与えることができる。

歓喜の心(超常)/Pleasure’s Heart:8レベル点で、君の心は喜びに満ち溢れており、非魔法恐怖効果完全耐性を持ち、魔法恐怖効果に対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。

領域呪文1レベルチャーム・パースン2レベルmantle of love3レベルサジェスチョン4レベルbeauty of youth5レベルブレイク・エンチャントメント6レベルシンボル・オヴ・パースウェイジョン7レベルリパルション8レベルpeace aura9レベルトゥルー・リザレクション

再興の領域 Renewal Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格再誕または再興の神格

領域能力接触するだけで他者に新しいを与え、最も必要なときに自分の命を取り戻すことができる。

新たな(超常)/Renewed Strength:過労状態疲労状態吐き気がする状態不調状態を取り除くために標準アクションとして、クリーチャー接触することができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

新たな生命(超常)/Renewed Life:8レベル点で、1日1回ヒット・ポイントが0を下回ると、8+【判断力】修正値に等しいヒット・ポイント回復する。攻撃によって―【耐久力】ヒット・ポイント以下になった場合、この能効果を発揮する前に亡する。

領域呪文1レベルhealing stones2レベルレッサー・レストレーション3レベルgreater healing stones4レベルsaving grace5レベルアトーンメント6レベルマス・ベアズ・エンデュアランス7レベルグレーター・レストレーション8レベルホーリィ・オーラ9レベルトゥルー・リザレクション

応報の領域 Retribution Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格靱皮または他の復讐の神または復讐、不義の復讐

領域能力君の接触は靱皮の応報で敵を埋めることができ、応報の打撃で敵に一撃を放つことができる。

応報(超常)/Retributive Touch:近接接触攻撃としてクリーチャー接触することができる。接触攻撃に成功すると、応報のビジョンで敵の心w満たし、1ラウンドの間、怯え状態にすることができる。

応報一撃(超常)/Retributive Strike:8レベル点で、1日1回、自分の拳または近接武器地面を打撃することができる。打撃した点から強場のエネルギーを30フィートの爆発範囲に開放し、爆発範囲内の全ての敵に8d4ポイントのダメージを与える。響を受けた者は半減ダメージにするために反応セーヴを試みることができる。ダメージ抵抗するための難易度は10+クレリックレベルの半分+【魅力】修正値である。君が友人または味方であると考えるものは、応報一撃響を受けない。

領域呪文1レベルdivine strike2レベルRetribution3レベルビストウ・カース4レベルgreater retribution5レベルマーク・オヴ・ジャスティス6レベルギアス/クエスト7レベルディストラクション8レベルホーリィ・オーラ9レベルストーム・オヴ・ヴェンジャンス

歌の領域 Song Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格歌と音楽の神

領域能力君の声は、歌と音楽の神のを運び、味方を鼓舞し敵を魅了する。

勇気の歌(超常)/Song of Courage:君の歌声は味方に魅了恐怖効果に対するセーヴィング・スロー攻撃ロール、およびダメージ・ロールに+1のボーナスを与える。勇気の歌は1日に1+【魅力】ボーナスに等しい回数歌うことができる。この能バード勇気鼓舞の呪芸と同様に機能する。

示唆の歌(擬呪)/Song of Suggestion:8レベル点で、1日1回、強な歌を歌い、【魅力】ボーナスに等しい数のクリーチャーサジェスチョン呪文として)を行うことができる。意志セーヴ難易度 10+クレリックレベルの半分+【魅力】修正値)は効果無効化する。この能バード示唆の詞と同様に機能する。

領域呪文1レベルsilver tongue2レベルsong of rapture3レベルスカルプト・サウンド4レベルソング・オヴ・ディスコード5レベルmusic of the spheres6レベルシンパセティック・ヴァイブレーション7レベルイレジスティブル・ダンス8レベルホーリィ・オーラ9レベルウェイル・オヴ・ザ・バンシー

時の領域 Time Domain

出典 The Book of Divine Magic

関連神格の神

領域能力の神は君に時間を一的に止め、同様に時間を一的に逆方向にシフトするも与えてくれた。

一瞬の一停止(擬呪)/Moment of Pause:近接接触攻撃として、1体のクリーチャー時間を一停止し、その場でフリーズさせることができる。1ラウンドの間、クリーチャーアクションを行うことができず、あたかもそのラウンドが行われなかったかのように時間を経験する。

タイム・シフト(擬呪)/Time Shift:8レベル点で、週に1回、時間を少し前に戻すことができる。を戻すことができるのは、4戦闘ラウンドか、戦闘外の1分以内である。を戻したに発生したアクションはすべて行われなかったとみなされ、すべてのアクションを戻した点から行われる。

領域呪文1レベルデスウォッチ2レベルone track mind3レベルdelayed reaction4レベルヘイスト5レベルホールド・モンスター6レベルコンティンジェンシィ7レベルlesser time stop8レベルテンポラル・ステイシス9レベルタイム・ストップ

忍耐の領域 Preservation Domain

出典 Remarkable Races:Compendium of Unusual PC Races, Pathway to Adventure Edition

領域能力神々の意志によって、自身の心や形を変えるような効果を振り払うことができる。

上の忍耐(擬呪)/Earthly Perseverance頑健セーヴまたは意志セーヴに失敗した、その効果に対して【判断力】または【耐久力】修正値(のどちらか高い方)に等しい抵抗ボーナスでその効果に対する別のセーヴィング・スローを行うことができる。この能は最初のセーヴが行われた後、結果がGMにとって明かされる前に割り込みアクションとして使用できる。たとえい結果であっても2回の結果を採用しなければならない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

天の忍耐(擬呪)/Heavenly Perseverance 8レベル点で、1日1回【判断力】修正値に等しいラウンド数の間、[精神作用]、石化ポリモーフ呪文に対する完全耐性を得る。この能割り込みアクションとして起動でき、持続時間を分割することはできない。

領域呪文1レベルエンデュア・エレメンツ2レベルレッサー・レストレーション3レベルディスペル・マジック4レベルレストレーション5レベルブレイク・エンチャントメント6レベルヒール7レベルグレーター・レストレーション8レベルアンティマジック・フィールド9レベルトゥルー・リザレクション

飢饉の領域 Famine Domain

出典 Campaign Cogs:Morithal, Lord of Unceasing Hunger

領域能力飢饉のを呼び起こすことで、敵にひどい苦しみを与えることができる。

圧倒的な飢えの接触(擬呪)/Touch of Overwhelming Hunger:近接攻撃攻撃された目標は食べ物を齧りたい欲求に打たれ、1ラウンドの間攻撃ロールダメージ・ロールにクレリックレベルの半分(最小1)に等しいペナルティを受ける。この願望は集中するのが難しく、目標精神集中判定に君のクレリックレベルの半分(最小1)に等しいペナルティを与える。目標精神集中ペナルティを回避するために、10+君のクレリックレベルの半分+【判断力】修正値に等しい難易度意志セーヴを試みることができる。攻撃ダメージへのペナルティは依然として適用される。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

飢饉を運ぶもの(超常)/Famine Bringer:8レベル点で、標準アクションとして、クレリックレベルに等しいラウンド数の間飢えを誘発する20フィートのオーラ放出することができる。このラウンド数は連続している必要はなく、オーラを終了するのはフリー・アクションである。このオーラ内の敵は意志セーヴに成功するか(難易度 10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値)、飢え状態の加速に苦しみ始めなければならない。この状態になったものは、各ラウンド【耐久力】判定を行うか(難易度 10、前の判定回数ごとに+1)、1d6ポイントの非致傷ダメージを受けなければならない。このオーラの結果として非致傷ダメージを受けるクリーチャーは、疲労状態となる。どんな量の食べ物でもこの不自然な飢えを止めることはできないが、治癒効果を使って非致傷ダメージを取り除くことはできる。効果の説明に具体的に記載されていない限り、疲労状態を取り除くことはできない。セーヴィング・スローを行ったクリーチャーは24時間の間このオーラ完全耐性を持つ。

領域呪文1レベルcontaminate food and drink2レベルフィースト・オヴ・アッシュズ3レベルディミニッシュ・プランツ4レベルブライト5レベルハングリー・ピット6レベルハーム7レベルウェイヴズ・オヴ・イグゾースチョン8レベルホリッド・ウィルティング9レベルエナジー・ドレイン

農業の副領域 Agriculture Subdomain

出典 Kitsune Compendium

関連領域植物

代替能力下記に与えられる能を、植物の領域における“樹木の拳”能と入れ替える。

栄養素の接触(超常)/Touch of Nourishment:標準アクションとして、味方に接触信仰のエネルギーで栄養を与えて1分間の間高速治癒1を与えることができる。さらにこの治癒は中型クリーチャー通常食事を行ったかのように味方に栄養を与える。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルグッドベリー3レベルクリエイト・フード・アンド・ウォーター6レベルヒーローズ・フィースト

カミの副領域 Kami Subdomain

出典 Kitsune Compendium

関連領域守護

代替能力下記に与えられる能を、守護の領域における“守護のオーラ”能と入れ替える。

護り(超常)/Ward:8レベル点で、1日1回標準アクションとして、味方1体を護りとして指定できる。この能を使用するためには味方に接触する必要がある。君は護りに常にステイタス効果を得、無害な接触呪文キュア・ウーンズ呪文抵抗の手を30フィートの有効射程で護り目標にすることができる。この利益は24時間の間継続する。

代替領域呪文4レベルコミューン・ウィズ・ネイチャー5レベルテレパシック・ボンド9レベルアンティパシー

賭博の副領域 Gambling Subdomain

出典 Call to Arms:Decks of Cards

関連領域幸運

代替能力下記に与えられる能を、幸運の領域における“良き運命”能と入れ替える。

詐取(超常)/Grifting:6レベル点で、あるのランダムな結果をもたらす魔法のアイテムまたは呪文を使用するときは、〈はったり〉判定をロールし(難易度 10+呪文魔法のアイテムレベル)、不利な結果を再ロールまたは再描画できる。

代替領域呪文1レベルエントロピック・シールド7レベルプリズマティック・スプレー

蛇の副領域 Serpent Subdomain

出典 Tome of Horrors Complete

領域能力時間が経つにつれて、君の献身は君にのような特徴を与える。偉大なとして君はの眼獲物催眠術をかけ、ゆっくりとに対する免疫を発達させることができる。

凝視(擬呪)/Serpent’s Gaze:全ラウンド・アクションとして、30フィート以内の1体の相にhypnotism呪文として催眠術をかけるための凝視攻撃を試みることができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

毒に対する抵抗(変則)/Poison Resistance:8レベル点で、に対する最初のセーヴィング・スローに失敗した、負の効果を避けるために試みる2回セーヴを得る。12レベルの点で、毒に対する完全耐性を得る。

領域呪文1レベルマジック・ファング2レベルサモン・スウォームスネークのみ)、3レベルグレーター・マジック・ファング4レベルチャーム・モンスター5レベルアニマル・グロウス6レベルイレジスティブル・ダンス7レベルクリーピング・ドゥーム超小型スネーク)、8レベルアニマル・シェイプススネークの姿のみ)、9レベルサモン・ネイチャーズ・アライIXスネークのみ)。

ベルタン祭の副領域 Beltane Subdomain

出典 Book of Magic:Insurgency of Summer、Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域太陽

代替能力下記に与えられる能を、太陽の領域における“後光”能と入れ替える。
ボンファイアー・ダンス(超常)/Bonfire Dance:6レベル点で、神聖な焚きのエネルギーを強なんダンスに放出することができ、半径30フィートの範囲で1日にクレリックレベルに等しいラウンド数の間、君と味方に守護を与える。君とこの半径内の味方はアーマー・クラスに+1の反発ボーナスと[氷]に対する抵抗5を得る。反発ボーナス8レベル以降4クレリックレベル毎に+1増加する。14レベルの点で、[氷]に対する抵抗10を得る。これらのラウンドは連続している必要はない。

代替領域呪文2レベルスナップドラゴン・ファイアーワークス6レベルファイアー・シーズ

支石墓の副領域 Dolmen Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、地の領域における“酸の矢”能と入れ替える。

地面(擬呪)/Disrupt Ground:標準アクションとして、60フィート以内の5フィート四方の地面形を砕し、起伏の多い形にすることができる。そのマス地面アクションを行うクリーチャーに対して10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値に等しい戦技ボーナスを用いて、足払い攻撃を行う。マスは君のクレリックレベルに等しいラウンド数の間持続するが、これらのラウンドは連続している必要はない。この効果は自由に終了できる。

代替領域呪文4レベルディメンジョン・ドア5レベルパスウォール7レベルグレーター・テレポート9レベルゲート

墓のクレリックは、や円の中で礼拝の儀式を行う。偉大な規律と深い瞑想を通じて、実際にポータルを開きこことそこの距離を短くすることを学ぶ。

インボルクの副領域 Imbolc Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域守護

代替能力下記に与えられる能を、守護の領域における“守護のオーラ”能と入れ替える。

急所防御の鎧(超常)/Fortify Armor:8レベル点で、1日にクレリックレベルの等しいラウンド数の間、ライトフォーティフィケイション防具特性を接触した衣類、鎧、に与えることができる。この能は12レベルの点でモデレット・フォーティフィケイションを、16レベルの点でヘヴィ・フォーティフィケイションを与える。これらのラウンドは連続している必要はないが、一度に1つのアイテム飲みに響を与えることができる。

代替領域呪文2レベルコミュナル・プロテクション・フロム・イーヴル5レベルハロウ6レベルシンボル・オヴ・シーリング8レベルフールズ・フォービダンス
インボルクの儀式を専とするクレリックにとって、彼らの活動において最も重要なのは炉と家である。クレリックたちは友人や隣人の家を祝福し、町の守備隊を武装させ、侵入してくる侵略者を食い止めるためにを発揮する。

キュトンの副領域 Kyton Subdomain

出典 Shadowsfall:Shadow Plane Player’s Companion

関連領域秩序

代替能力下記に与えられる能を、悪の領域における“悪の大鎌”能と、または秩序の領域における“秩序の杖”能と入れ替える。

狼狽させる凝視(超常)/Unnerving Gaze:8レベル点で、君を見ているクリーチャー通常通り行動できなくさせることができる。意志セーヴに失敗した30フィート以内の円錐形内のクリーチャーは1ラウンドの間よろめき状態とならなければならない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルマーダラス・コマンド4レベルペイン・ストライク7レベルマス・ペイン・ストライク

夏至祭の副領域 Litha Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、火の領域における“炎の矢”能と入れ替える。

の矢(擬呪)Light Bolt:標準アクションとして、、伸ばしたてから神聖なの眩い矢を放つことができる。このの矢は遠隔接触攻撃として30フィート以内の1体の敵を目標とすることができる。的に命中した場合、の矢は君の1d4+3クレリックレベル毎に1ポイントのダメージを与える。(このダメージ種別はないが、人造と自律行動していない物体はこの能響を受けない。)加えて、響を受けたクリーチャーを持つアバイ、クレリックレベルの半分に等しいラウンド数の間、目が眩んだ状態となる(最小1ラウンド)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルリムーヴ・シックネス3レベルシアリング・ライト4レベルクレンズ5レベルフレイム・ストライク6レベルシロッコ8レベルサンバースト9レベルマス・ヒール

至祭のクレリックは、を持ち、を焼き払い味方の身体を浄化する。1年で最も長い日からを得ているが、暗闇の再来が常に近づいていることを理解している――そしての脅威に対して常に警戒しなければならない。

ルーナサの副領域 Lughnasadh Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域共同体

代替能力下記に与えられる能を、共同体の領域における“結束力”能と入れ替える。

自信のオーラ(超常)/Aura of Confidence:6レベル点で、標準アクションとして60フィートの自信のオーラを発することができる。このオーラ範囲内の味方はクレリックレベルに等しいラウンド数の間、〈軽業〉〈登攀〉〈飛行〉〈騎乗〉〈水泳〉【判断力】修正に等しい士気ボーナスを得る。この能6レベル点で1日1回使用でき、6レベル以降4レベル毎に1日1回追加で使用できる。

代替領域呪文2レベルブルズ・ストレンクス3レベルマス・サジェスチョン4レベルセレニティ7レベルトランスフォーメーション

ルーナサの徳を醸し出すクレリックは、才能のあるアスリートであり調停者である。彼らは頻繁にコンクラーヴェを組織し、そこでクレリックの敏捷性の試練を互いに完了し、信者の間の論争を解決する。

マボン祭の副領域 Mabon Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域植物

代替能力下記に与えられる能を、植物の領域における“棘の鎧”能と入れ替える。

自然の寛大さ(超常)/Bounty of Nature:6レベル点で、1日1回果物、穀物、または野菜の食事祝福し、休息前に摂取すると、8時間休息後にクリーチャーが利益を受ける自然回復の量を増やすことができる。この祝福は、君のクレリックレベルの半分+【判断力】修正値に等しい数のクリーチャー響を与えることができる。響を受けたクリーチャー休息語、ヒット・ダイス毎に2HP回復し、選択した1つの能力値に1ポイントの能力値ダメージ回復する。12レベルの点で、響を受けたクリーチャーヒット・ダイス毎に3HP回復し、休息後にダメージを受けた全ての能力値に追加の1ポイントの能力値ダメージ回復する。

代替領域呪文2レベルキャンプファイアー・ウォール5レベルレスト・エターナル6レベルライヴオーク9レベルグレーター・シージ・オヴ・ツリーズ

分の日のクレリックは豊作を神々に感謝し、そのを使って疲れた人々に休息と安らぎを与える。穀物を高く育て、葡萄の樹や果樹園を実らせるへの献身と引き換えに、仲間や罪人を守るために植物従者の軍勢を味方につけることができる。

オガム文字の副領域 Ogham Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域ルーン

代替能力下記に与えられる能を、ルーンの領域における“呪文の刻印”能と入れ替える。

難解なルーン(超常)/Obfuscatory Rune:8レベル点で、破壊の刻印は味方のクリーチャーにはっきり見えるようになり、破壊的な効果を簡単に避けることができるようになる。しかしながら、ルーンは敵のクリーチャーを検知して無力化するのが困難であり、そうするための〈知覚〉〈装置無力化〉判定難易度クレリックレベルの半分だけ増加する。

代替領域呪文4レベルシンボル・オヴ・ヒーリング5レベルシンボル・オヴ・スクライング6レベルシンボル・オヴ・シーリング7レベルシンボル・オヴ・スタニング8レベルディサーン・ロケーション9レベルシンボル・オヴ・ヴァルネラビリティ

ドルイドの秘密の言語と密接に関連しているオガムのルーンは使用するクレリックの会話を解読しようとする敵のクリーチャーの努を妨害するように設計されている。また、強に正確な知識を神聖化するために使用することもできる。オガム文字のクレリックはしばしばイチイのや薄く切ったのシートに巻物を刻む。

オスタラの副領域 Ostara Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域治癒

代替能力下記に与えられる能を、治癒の領域における“癒し手の祝福”能と入れ替える。

生命の秘密(超常)/Secrets of Life:8レベル点で、術者レベル通常より1レベル高いかのように、また【判断力】通常よりも2高いかのように召喚術系統呪文を発動できる。16レベルの点で、術者レベル通常より2レベル高いかのように、また【判断力】通常よりも4高いかのように召喚術系統呪文を発動できる。この能は1日にクレリックレベルの半分に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルアンティシペイト・ペリル2レベルスピア・オヴ・ピュリティ3レベルデイブレイク・アロー4レベルリインカーネイト5レベルマス・キュア・ライト・ウーンズ6レベルマス・キュア・モデレット・ウーンズ7レベルマス・キュア・シリアス・ウーンズ8レベルマス・キュア・クリティカル・ウーンズ
分の日には再生再誕を約束するオスタラの儀式を行うクレリック治癒だけでなく新しい始まりと行動を促すことにも特化している。オスタラは時間であり、このクレリックは、の夜明けを敵に打ち勝つために持ち込む。

虹の副領域 Rainbow Subdomain

出典 Book of Magic:Insurgency of Summer

関連領域天候

代替能力下記に与えられる能を、天候の領域における“暴風の爆発”能と入れ替える。

虹の(超常)/Rainbow Light:クリーチャーの視界内で虹が渦巻くように、近接接触攻撃として1d4ラウンドの間目が眩んだ状態にするように生きているクリーチャー目標にできる。クレリックレベルよりもヒット・ダイスが大きいクリーチャー響を受けない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。1体のクリーチャーでこの能を複数回使用すると持続時間が増加する。

代替領域呪文7レベルプリズマティック・スプレー8レベルプリズマティック・ウォール9レベルプリズマティック・スフィアー

サウィン祭の副領域 Samhain Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、死の領域における“死の抱擁”能と入れ替える。

の秘密(超常)/Secrets of Death:8レベル点で、術者レベル通常より1レベル高いかのように、また【判断力】通常よりも2高いかのように死霊術系統呪文を発動できる。16レベルの点で、術者レベル通常より2レベル高いかのように、また【判断力】通常よりも4高いかのように死霊術系統呪文を発動できる。この能は1日にクレリックレベルの半分に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルハイド・フロム・アンデッド3レベルスピーク・ウィズ・デッド5レベルマス・ゴーストベイン・ダージュ6レベルアンデス・トゥ・デス8レベルアンデッド・アナトミーIV

サウィン祭の規律は、クレリック再誕サイクルの生来の理解を通して魔法の働きを増幅することを可能にする。定命の者の輪の外側から実体と会話することにより、他のほとんどの術者の理解を超えた知恵とを得る。

影の副領域 Shadow Subdomain

出典 Shadowsfall:Shadow Plane Player’s Companion

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、闇の領域における“闇の目
”能と入れ替える。

圧倒(超常)/Overwhelmed by Shadow8レベル点で、クリーチャー暗闇圧倒させ、クリーチャー暗視を失わせることができる。30フィート以内のクリーチャー意志セーヴに失敗した場合、クレリックレベルの半分に等しいラウンド数の間この暗視を失う。この能8レベル点で1日1回使用でき、8レベル以降4レベルごとに1日1回追加で使用できる。

代替領域呪文1レベルシャドウ・ウェポン好む武器のみ)、3レベルシャドウ・ステップ5レベルシャドウ・プロジェクション

夏の副領域 Summer Subdomain

出典 Book of Magic:Insurgency of Summer

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、火の領域における“fire resistance”能と入れ替える。

の暖かさ(超常)/Summer Warmth:君の体はの暖かさで満たされ、の寒さを遠ざける。6レベル点で[氷]に対する抵抗10を得る。この抵抗は12レベルで20に増加する。20レベル点で、[氷]に対する完全耐性を得る。

代替領域呪文1レベルエンデュア・エレメンツ4レベルデトネイト([]のみ)、6レベルfiery blast

ユール祭りの副領域 Yule Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、闇の領域における“闇の目
”能と入れ替える。

照明調整(超常)/Adjust Illumination:6レベル点で、標準アクションとして、自身を中心とした半径60フィートの範囲内の照明レベルを変更できる。範囲内の照明は、一連の照明に沿って(明るい通常、薄明るい暗闇)、いずれかの方向に1段階ずつ変更できる; この効果は、魔法で生成された光と闇範囲内でも機能し、クレリックレベルに等しいラウンド数だけ持続する; このラウンド数は連続している必要はないが、この半径60フィートの領域1箇所だけが常に響を受ける。12レベルの点で最大2段階、18レベルの段階で最大3段階照明レベルを変更できる。

代替領域呪文1レベルグッドベリー2レベルツリー・シェイプ(evergreensのみ)、5レベルヒーローズ・フィースト7レベルジョイフル・ラプチャー9レベルポーラー・ミッドナイト

ユール祭りのクレリック歓喜と利他主義を体現している。当の信者はこの神聖な磁気をを利用する段として崇拝しているが、最も深い暗闇や悲しみにもと喜びが戻ってくることを思い出させてくれる。

島の領域 Island Domain

出典 Kobold Quarterly Web site

島の領域の使用権を持つものの多くは、自分の土とそれを取り巻く海とのバランスを保つことに関心を持っている。生との両方を与えるものとして、は大切にされ恐れられるべきである。を制御できないは通過していく。クレリックは島自体とも協し、砂や土を奏して、共同体を理想的にはぐくむ。

飛び(超常)/Stepping Stones 中を自身へと続く平らな浮遊するを召喚することができる。最初に1つ、4クレリックレベル毎に追加の1つ、20レベルで最大6つまで召喚できる。クレリックレベルごとに1分間持続し、地面(または上)から中30フィートの点で静止するように指示できる。それ以外のについて、フローティング・ディスクとして機能する。

の路(超常)/Watery Path:8レベル点で、2クレリックレベル毎に1ラウンドの間ウォーター・ウォーク呪文と同様にまたは他の液体の上を歩くことができる。これらのラウンド数は連続している必要はない。

蜃気楼の領域 Mirage Domain

出典 Kobold Quarterly Web site

通常、世界の砂漠でのみ見られる蜃気楼の領域は、平地で平坦な土が広がる多くの場所で知られている。砂漠、ツンドラ、海、そして(極稀ではあるが)古代王国の道のクレリックを曲げたり屈折したりして、そこにあるものを隠し、無いものを明らかにする方法を理解している。

覆い隠す屈折(擬呪)/Veiled Refraction 自分の周囲のを曲げたり屈折させたりして、呪文が発動される場所に微かに焦点が合っていないイメージをいくつか作成することができる。この効果ブラー呪文と同等であるが、術者のみに発動でき、呪文レベル毎に1ラウンド持続時間を持つ。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

遠い反射(超常)/Distant Reflection 8レベル点で、1日1回と、以降4クレリックレベル毎に1日1回、最大大型サイズの同意するクリーチャー物体接触インヴィジビリティを発動したかのように消すことができる。この効果クレリックレベルに等しいラウンド数継続する。加えて、クリーチャーまたは物体が消えた瞬間クリーチャーまたは物体幻術が視線内の術者からクレリックレベル毎に30フィート以内に現れる(マイナー・イメージ呪文かのように)。何かがインヴィジビリティ効果を終了する場合(目標攻撃を行うなど)、または何かがマイナー・イメージ効果を妨害するなど(相互作用して信じないようになるなど)、両方の効果は即座に終了する。

預言の領域 Prophecy Domain

出典 Divine Favor:the Cleric

領域能力吉凶のために未来を見る。

将来への備え(超常)/Forewarned:将来についての知識があると、危険を予測することができる。Perception判定に+1のボーナスアーマー・クラスに+1の回避ボーナスを得る。このボーナス8レベル以降3レベル毎に+2ずつ増加する。

未来視(超常)/Future Sight:8レベル点で、1日1回、行ったばかりのアクションが発生しなかったと宣言できる。その後別のアクションを行える。アクションの結果がわかった後でもこれを行うことができる。未来と現在の混合は方向感覚を失わせる。この能を使用した後、1d4ラウンドの間怯え状態となる。これは他の[恐怖]効果累積することはないが、この状態を取り除くことはできない。

領域呪文1レベルデスウォッチ2レベルオーギュリイ3レベルロケート・オブジェクト4レベルディヴィネーション5レベルコミューン6レベルファインド・ザ・パス7レベルプライング・アイズ8レベルモーメント・オヴ・プレシャンス9レベルフォアサイト

火山の領域 Volcano Domain

出典 Kobold Quarterly Web site

山は神聖な事場の突、恐ろしい実体の牢獄、には神々その者として崇拝されており、信仰心の強い強な信者を魅了している。山のクレリックは、を問わず、裂け目からをおこすための亀裂を育てる。

灰、マグマ、有毒ガスも受け取る贈り物の中にある。

テフラの(擬呪)/Tephra Trap:テフラの作成できる。これは踏んだ者に小さな爆発を起こす準備ができている、一期な裂け目中に伸びる隠れた地面の区画である。爆発は1d8+君のクレリック2ベル毎に1ポイントのダメージを与える。テフラの作成には1分間かかり、ダメージ半減するための反応セーヴ、見つけるのと、解除するための難易度は10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値の等しい。テフラのクレリックレベル毎に1時間持続する。

カルデラの招来(超常)/Caldera Calling:8レベル点で、世界の核(または神格が選択した別の十分か可燃性の場所)に直接つながるカルデアらを一的に召喚することができる。カルデラを半径10フィートの円柱形として扱い、3d6ポイントの[ダメージと1d6ポイントの殴打ダメージを与える。4クレリックレベル毎に1つのカルデラを作成でき、クレリックレベル毎に最大20フィート離れて作成できる。山活動が激しい地域でこの能を使用すると、ダメージが4d6から4d10に増加する。ダメージ半減させるためのセーヴィング・スローは10+クレリックレベルの半分+【判断力】修正値に等しい。

芸術の領域 Art Domain

出典 The Gods of Porphyra

領域能力ありふれたものを簡単に壮大にし、芸術的な形で傑作品を作成することができる。加えて、クラス技能として〈芸能〉を扱う。

マスターワーク(擬呪)/Masterwork:呪文に従って、1日に3+クレリックレベルの等しい分数の間、一般のアイテムを高品質のものに一的に変換することができる。

名人芸(変則)/Masterpiece:4レベル点で、バード名人芸クラス・オプションの使用権を得る。修得済み呪文の代わりに、名人芸呪文スロットを占める。新しい呪文スロットを得ると、名人芸を選択することができる。名人芸を選択すると、その呪文スロットは失われる。

領域呪文1レベルattention jolt2レベルイーグルズ・スプレンダー3レベルbreath of ecstasy4レベルphilanthropist5レベル―music of the spheres、6レベルマス・イーグルズ・スプレンダー7レベルsteal the painful memory8レベルユーフォリック・トランクィリティ9レベルconvert foe

移動の副領域 Movement Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域芸術

代替能力下記に与えられる能を、芸術の領域における“マスターワーク”能と入れ替える。

舞踊の接触(超常)/Dancing Touch:近接攻撃として踊りたいという衝動を目標に吹き込むことができる。次のラウンドで、目標移動アクションを使用して基本移動速度で君から離れるように移動しなければならない。この移動は優雅でスタイリッシュであり、機会攻撃を誘発しないが目標を他の障害へと行くように踊らなければならない。目標の進路が妨害されている場合、目標計回りに45度回転し、移動を継続する。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文1レベルエクスペディシャス・リトリート2レベルtouch me not4レベルフリーダム・オヴ・ムーヴメント6レベルイレジスティブル・ダンス

音響の副領域 Sound Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域芸術

代替能力下記に与えられる能を、芸術の領域における“マスターワーク”能と入れ替える。

勇気の歌(超常)/Song of Courage:君の歌声は味方に魅了恐怖効果に対するセーヴィング・スロー攻撃ロール、およびダメージ・ロールに+1のボーナスを与える。勇気の歌は1日に1+【魅力】ボーナスに等しい回数歌うことができる。この能バード勇気鼓舞の呪芸と同様に機能する。

代替領域呪文1レベルsilver tongue 、、3レベルスカルプト・サウンド6レベルシンパセティック・ヴァイブレーション

時の領域 Time Domain

出典 The Gods of Porphyra

領域能力時間を一的に停止することができ、時間を一的に逆方向に進ませることもできる。

一瞬の一停止(擬呪)/Moment of Pause:近接接触攻撃として、1体のクリーチャー時間を一停止し、その場でフリーズさせることができる。1ラウンドの間、クリーチャーアクションを行うことができず、あたかもそのラウンドが行われなかったかのように時間を経験する。この能目標時間の流れを経験しないため、9レベルタイム・ストップ呪文としていかなる出来事、攻撃呪文効果響を受けない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

タイム・シフト(擬呪)/Time Shift:8レベル点で、週に3回、時間を少し前に戻すことができる。を戻すことができるのは、1戦闘ラウンドか、戦闘外の1分以内である。を戻したに発生したアクションはすべて行われなかったとみなされ、すべてのアクションを戻した点から行われる。

領域呪文1レベルデスウォッチ2レベルone track mind3レベルdelayed reaction4レベルヘイスト5レベルホールド・モンスター6レベルコンティンジェンシィ7レベルlesser time stop8レベルテンポラル・ステイシス9レベルタイム・ストップ

著者注:時間の流れに響を与える能はGMが管理するのが面倒な場合がある。GMとしてこのの能に慣れていない場合、単に別の能に置き換えても良い。

未来の副領域 Future Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、時の領域における“一瞬の一停止”能と入れ替える。

洞察(超常)/Insight:フリー・アクションとして、君は即座にイニシアチブ・カウントにクレリックレベルに等しいボーナスを得る(最小1)。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルオーギュリイ4レベルディヴィネーション5レベルopportunity8レベルforewarning

過去の副領域 Past Subdomain

出典 Book of the Faithful:Celtic Subdomains

関連領域

代替能力下記に与えられる能を、時の領域における“一瞬の一停止”能と入れ替える。

やり直し(超常)/Do-Over:失敗した技能判定セーヴィング・スローあるいは攻撃ロールを即座に再ロールすることができる。その値に関係なく2回のロールの結果を採用しなければならない。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

代替領域呪文2レベルancestral advisor3レベルancestral dream4レベルcommune with the ancients

心霊の領域 Occult Domain

出典 Pact Magic Unbound, Vol. 1.

領域能力界の奇妙なエネルギーを利用して、定命の者とを同様に破壊することができる。

霊の活性(超常)/Spiritual Surge:で敵を攻撃することができる。攻撃を宣言する攻撃ロールを行う前にこの即行アクションとして起動することができる。攻撃が当たると、目標意志セーヴを行うか(難易度 = 10+クレリックレベルの半分+【魅力】修正値)、1d8+クレリックレベルの半分に等しい追加ダメージを受けなければならない。このボーナスダメージは1回の使用ごとに1回の攻撃にのみ適用され、クリーチャーは1ラウンド毎に1回だけこのダメージを受けることができる。この能は1日に3+【判断力】修正値に等しい回数だけ使用できる。

(超常)/Exorcism:レベル8になると、界の飢えを利用してをバインダーから引き抜くことができ、効果的に契約を終わらせることができる。この能はExorcise Spirit Binder Secretとして機能する。

領域呪文1レベルlast impression2レベルブラー3レベルチェイン・オヴ・パーディション4レベルスピリチュアル・アライ5レベルコミューン6レベルレジェンド・ローア7レベルシクウェスター8レベルモーメント・オヴ・プレシャンス9レベルフォアサイト

冷たい鉄の領域 Cold Iron Domain

出典 Adventurer’s Handbook:Genius Guide Volume 1.

It is beyond the power of any spell to duplicate the antimagic properties of cold iron(though some can manipulate or alter its natural effects), but it is not outside the power of the gods to do so, and through them some servants can gain the ore’s unique abilities as granted powers. The cold iron domain is common among gods of dwarves, smiths, warriors, and those deities who oppose magic and wizards.

The cold iron domain may be selected by a druid using the nature bond class ability.

領域能力You can call on the power of cold iron to harm foes vulnerable to it and make yourself more resilient.

Iron Aura(超常)/Iron Aura:You can imbue one touched weapon with the ability to strike as a cold iron weapon, regardless of the weapon’s true construction. The weapon retains all the properties, if any, of the material it is actually made of and gains a +1 nonmagical enhancement bonus as if it were a masterwork weapon(masterwork weapons so imbued gain no additional bonus). Ranged weapons with an iron aura bestow the property of cold iron on ammunition fired from them. The iron aura lasts for one minute per cleric level. You can use this ability a number of times per day equal to 3 + your Wisdom modifier.

Damage Resistance(変則)/Damage Resistance:At 6th level, you gain ダメージ減少 2/adamantine. This increases to ダメージ減少 4/adamantine at 12th level, and ダメージ減少 6/adamantine at 20th level.

領域呪文1レベルオブスキュア・オブジェクト2レベルチル・メタル3レベルディスペル・マジック4レベルレッサー・グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ5レベルウォール・オヴ・アイアン6レベルiron warden7レベルスペル・ターニング8レベルアイアン・ボディ9レベルメイジズ・ディスジャンクション

Iceの領域 Ice Domain

出典 The Genius Guide To:Ice Magic.

The ice domain is often associated with gods of the giant and dwarf pantheons, those who have a northern creature as a holy symbol, and any that include mountains in their concerns. Most communities in frozen terrains have at least one god with the ice domain.

領域能力You can manipulate cold and ice, and are resistant to cold damage.

Ice Bolt(擬呪)/Ice Bolt:As a standard action, you can unleash a razor-sharp bolt of ice, targeting any foe within 30 feet as a Ranged attack. This bolt of ice deals 1d4 piercing damage and 1d4 cold damage + 1 point of cold damage for every two cleric levels you possess. You can use this ability a number of times per day equal to 3 + your Wisdom modifier.

Cold Resistance(変則)/Cold Resistance:At 6th level, you gain cold resistance 10. This resistance increases to 20 at 12th level. At 20th level, you gain immunity to cold.

領域呪文1レベル―biting wind、2レベル―frostfield、3レベル―serac、4レベル―ice mirror、5レベル―algid aura、6レベル―cone of cold、7レベル―avalanche、8レベル―greater ice mirror、9レベル―glacier。

Windの領域 Wind Domain

出典 The Genius Guide To:Air Magic

The Wind Domain exists for clerics whose deities focus on air as the pure element itself, not on the storms and lightning bolts that travel through it.

領域能力You feel the power and energy of air in its purest form, and use it to influence the air and creatures that fly through it.

Air Lord(変則)/Air Lord:You can speak to any creature that naturally has a fly move rate. Additionally, airborne creatures take a –2 penalty on attack and damage rolls against you, and you gain a +2 bonus on attack and damage rolls against airborne creatures.

Air Form(擬呪)/Air Form:At 8th level you can assume the form of an air elemental one once per day. This acts as the spell elemental body I, but may be used only to become an air elemental. This improves to acting as elemental body II at 10th level, elemental body III at 12th level, and elemental body IV at 14th level(all limited to air elemental forms only).

領域呪文1レベル―chinook、2レベル―khazri、3レベル―gale scythe、4レベル―sirocco、5レベル―control winds、6レベル―tempest hammer、7レベル―overland flight、8レベル―whirlwind、9レベル―typhoon。

Arcane Schoolの副領域 Arcane School Sub-Domains

出典 Player Paraphernalia #15 Arcane School Sub-Domains

These domains may be available from any deity that grants access to either the magic domain or arcane sub-domain with GM approval. In addition, certain sub-domains may fall under other domains as well. Suggestions are given in the descriptions below.

Some school sub-domains may offer more than one aspect and as such more than one sub-domain is given for that particular school. When choosing one of these sub-domains, the cleric must choose which specific sub-domain will be used and no more than one sub-domain from that particular school may be chosen nor may the cleric choose an associated domain per the rules presented in the Advanced Player’s Guide.

Abjurationの副領域 Abjuration

This sub-domain focuses on the protective qualities of the school of abjuration.

関連領域魔術守護

領域能力::

Faithful Shield(超常)/Faithful Shield:You may create a shield of force as a swift action 3 + your wisdom modifier times per day. This shield grants you a +1 deflection bonus to your アーマー・クラス and lasts for a number of rounds equal to your class level. This bonus increases by +1 for every five class levels you possess(maximum of +5 at 20th level).

This replaces the hand of the acolyte Magic domain power granted or resistant touch Protection domain power.

魔術代替領域呪文1st—shock shield, 2nd—warding weapon, 4th—lesser globe of invulnerability.

守護代替領域呪文1st—shock shield, 3rd—shield companion, 4th—lesser globe of invulnerability, 7th—Spell Turning, 8th—Prismatic Wall

Conjurationの副領域 Conjuration

Focusing on summoning creatures, this sub-domain works well for those like to summon minions.

関連領域Animal and Magic

領域能力::

Minions of the Faith(超常)/Minions of the Faith:Creatures you summon with any type of Conjuration spell gain a +4 bonus to their Wisdom scores, and +2 to Strength and Constitution scores.

This replaces the speak with animals Animal domain power or the hand of the acolyte Magic domain power granted at 1st level.

Chariot of the Gods(超常)/Chariot of the Gods:At 8th level, you may summon a phantom chariot(as the spell) once per day, using your class level as the effective caster level. Summoning the chariot is a full-round action and it may be dismissed as a swift action(though if there are riders and the chariot is moving they are subjected to a crash). At 12th level, the chariot may move over water at its normal movement rate and at 16th level the chariot may move over air as the air walk spell for a total amount of time equal to 10 minutes per your class level(though it does not have to be consecutive but must be broken into 10 minute increments) and the draft horses are treated as being trained in moving with the air walk spell.

This replaces dispelling touch Magic domain power granted at 8th level. This power is not granted if associated with the Animal domain, you keep the Animal Companion animal domain power instead.

Animalの代替領域呪文1st—summon nature’s ally I, 2nd—summon nature’s ally II, 3rd—summon nature’s ally III, 4th—summon nature’s ally IV, 5th—summon nature’s ally V, 6th—summon nature’s ally VI, 7th—summon nature’s ally VII, 8th—summon nature’s ally VIII, 9th—summon nature’s ally IX.

魔術代替領域呪文1st—summon monster I 2nd—summon monster II, 3rd—summon monster III, 4th—summon monster IV, 5th—summon monster V, 6th—summon monster VI, 7th—summon monster VII, 8th—summon monster VIII, 9th—summon monster IX.

Divinationの副領域 Divination

This sub-domain focuses on the ability to see beyond and locate that which is hidden or obscured.

関連領域Knowledge and Magic

領域能力::

Divine Insight(超常)/Divine Insight:You can activate this ability as a swift action to gain a +1 insight bonus to a single attack roll, skill check, or saving throw that must be used before the beginning of your next turn. This bonus increases by +1 per five class levels and this ability can be used 3 + your Wisdom modifier times per day. At 6th level, you may touch another creature to grant them this bonus instead of on yourself as long as they are within reach.

At 12th level, this bonus is automatically granted to anyone affected by your channeling if you are using the channel to heal others. Those affected must use the bonus before the beginning of your next turn.

This power replaces the lore keeper Knowledge domain power and the hand of the acolyte magic domain power.

Divine Sense(超常)/Divine Sense:At 6th level you are considered to be under the effects of the detect scrying spell on a permanent basis. In addition, your effective caster level gains a +1 bonus in regards to its range, area of effect, duration, etc.

This power replaces the remote viewing Knowledge domain power granted at 6th level and the dispelling touch Magic domainpower granted at 8th level.

Knowledgeの代替領域呪文1st—anticipate peril, 2nd—Locate Object, 3rd—aura sight, 4th—arcane eye, 6th—battlemind link.

魔術代替領域呪文2nd—locate object, 3rd—Aura Sight, 4th—arcane eye, 5th—telepathic bond, 6th—analyze dweomer, 7th—greater arcane sight, 8th—discern location, 9th—foresight.

Enchantmentの副領域 Enchantment

This sub-domain focuses on the powers of this arcane school’s ability to control others.

関連領域Charm and Magic

領域能力The Dazing Touch Charm domain power is unaltered for this sub-domain and it also replaces the Hand of Acolyte magic domain power.

Ineffectual Aura(超常)/Ineffectual Aura:At 8th level you may emit an ineffectual aura as a swift action that causes all enemies within 30 feet to suffer a -2 penalty to attack and damage rolls, saving throws, and ability and skill checks. You may emit this aura a total number of rounds per day equal to your class level, but they do not need to be consecutive. This is a mind-affecting effect.

This replaces the Charming Smile Charm domain power or the dispelling touch magic domain power granted at 8th level.

Charmの代替領域呪文2nd—Daze Monster, 4th—Charm Monster, 5th—Dominate Person, 6th—Mass Suggestion, 8th—Mass Charm Monster.

魔術代替領域呪文1st—Charm Person, 2nd—Daze Monster, 3rd—Suggestion, 4th—Charm Monster, 5th—Dominate Person, 6th—Mass Suggestion, 7th—Insanity, 8th—Mass Charm Monster, 9th—Dominate Monster.

Evocation(Pyrotechnics)の副領域 Evocation(Pyrotechnics)

This sub-domain focuses on the ability to control and ignite powerful fires and other pyrotechnic affects.

関連領域Fire and Magic

領域能力The Fire Bolt fire domain power is unaltered for this subdomain and it replaces hand of the acolyte magic domain power.

Wall of Fire(擬呪)/Wall of Fire:At 8th level you may create a wall of fire as the spell for a total number of rounds per day equal to your class level. These rounds do not need to be consecutive. The effects of the wall(range, area of effect, damage, etc.) is based on your class level.

This replaces the dispelling touch magic domain power and the Fire Resistance fire domain power.

Fireの代替領域呪文2nd—Scorching Ray, 4th—Greater Flaming Sphere, 6th—Contagious Flame, 7th—Delayed Blast Fireball, 8th—Sunburst, 9th—Meteor Swarm.

魔術代替領域呪文1st—Burning Hands, 2nd—Scorching Ray, 3rd—Fireball, 4th—Greater Flaming Sphere, 5th—Fire Shield, 6th—Contagious Flame, 7th—Delayed Blast Fireball, 8th—Sunburst, 9th—Meteor Swarm.

Evocation(Electrolysis)の副領域 Evocation(Electrolysis)

This sub-domain focuses on the ability to discharge electricity in powerful attacks. It is associated with the storm aspects of the Weather domain.

関連領域Magic and Weather

領域能力The Lightning Lord weather domain power is unaltered and it replaces the dispelling touch magic domain power.

Static Shock(擬呪)/Static Shock:You may generate a powerful static discharge as a standard action a total number of times per day equal to 3 + your wisdom modifier. You may use this discharge to make a melee touch attack, causing 1d4 points of electrical damage plus a number of points equal to half your class level. If the opponent is wearing metal armor(more than 50% of the armor is composed of metal) or composed of metal, the damage is increased to 2d4 points plus half your class level.

This attack is also effective against mechanical locks and may be used to bypass the hardness of such objects.

This domain power replaces the hand of the acolyte magic domain power and the Storm Burst weather domain power.

魔術とWeatherの代替領域呪文1st—Shocking Grasp, 2nd—Defensive Shock, 3rd—Lightning Bolt, 4th—Ball Lightning, 5th—Lightning Arc, 6th—Chain Lightning, 7th—Prismatic Spray, 8th—Storm Bolts, 9th—Ride the Lightning.

Evocation(Telekinetic)の副領域 Evocation(Telekinetic)

This sub-domain focuses on the ability to use telekinetic force for both offensive and defensive actions.

関連領域Magic

領域能力::

Wall of Force(擬呪)/Wall of Force:At 8th level you may generate a wall of force as the spell for a total number of rounds per day equal to your class level as a move action, though the rounds do not need to be consecutive. The wall may be dismissed as a swift action. The range, effect, and strength of the wall is determined by your class level.

This power replaces the dispelling touch magic domain power.

代替領域呪文1st—Magic Missile, 2nd—Pilfering Hand, 3rd—Force Punch, 4th—Resilient Sphere, 5th—Wall of Force, 6th—Forceful Hand, 7th—Grasping Hand, 8th—Clenched Fist, 9th—Crushing Hand.

Illusion(Figment Focus)の副領域 Illusion(Figment Focus)

This sub-domain focuses on the ability to alter the general environment to create figments that alter the perception of others.

関連領域Magic and Trickery

領域能力The Master’s Illusion trickery domain power is unaltered and it also replaces the dispelling touch magic domain power.

Enduring Illusions(超常)/Enduring Illusions:When you cast a spell from the school of Illusion with a duration of concentration, the spell persists for another number of rounds equal to half your class level. At 20th level, any one illusion spell with a duration of concentration may be made permanent until another spell is made permanent in its place.

This replaces the hand of the acolyte magic domain power and the Copycat trickery domain power.

Trickeryと魔術代替領域呪文1st—Silent Image, 2nd—Minor Image, 3rd—Major Image, 4th—Hallucinatory Terrain, 5th—Persistent Image, 6th—Permanent Image, 7th—Project Image, 8th—Screen, 9th—Shades.

Illusion(Glamer Focus)の副領域 Illusion(Glamer Focus)

This sub-domain focuses on the ability to alter your appearance for deceptive or protective purposes through the use of figments and glamers.

関連領域Magic and Trickery

領域能力The Copycat trickery domain power is unaltered and it replaces the hand of the acolyte magic domain power.

Expeditious Duplicates(擬呪)/Expeditious Duplicates:At 8th level you may create a duplicate of yourself and up to one additional ally per two class levels you possess as a standard action while those duplicated become invisible as the invisibility spell. The duplicates then move away in any direction you desire at a rate of 30 feet per round(and are not affected by obstacles other than solid walls). The duplicates last for a number of rounds equal to half your class level and you may use this ability once per day, plus one additional time at 12th and 16th levels. The invisibility imparted to those chosen last for the same duration and the duplicates unless a recipient makes an attack.

This domain power replaces the dispelling touch magic domain power and the Master’s Illusion trickery domain power.

魔術代替領域呪文1st—Disguise Self, 2nd—Mirror Image, 3rd—Invisibility, 4th—Greater Invisibility, 5th—Shocking Image, 6th—Veil, 7th—Mislead, 8th—Mass Invisibility, 9th—Project Image.

Trickeryと魔術代替領域呪文2nd—Mirror Image, 3rd—Invisibility, 4th—Greater Invisibility, 5th—Shocking Image, 7th—Mislead, 9th—Project Image.

Necromancy(Animation)の副領域 Necromancy(Animation)

Necromancy’s most notable powers come from the manipulation of negative energy to animate the dead or souls of those that have passed on. This subdomain focuses on that aspect of this school.

関連領域Death and Magic

領域能力::

Undead Master(超常)/Undead Master:You receive the Command Undead or Turn Undead feat as a bonus feat to modify your Channel class ability. At 20th level, undead may not add their channel resistance to the save against this domain power.

This domain power replaces the hand of the acolyte magic domain power and the Bleeding Touch death domain power.

Augmented Undeath(超常)/Augmented Undeath:At 8th level all undead you create or summon gain a +4 bonus to Strength and additional hit points equal to half your class level. At 18th level, the undead servants created gain additional hit points equal to your class level.

This domain power replaces the Death’s Embrace death domain power and the dispelling touch magic domain power.

Deathと魔術代替領域呪文1st—Repair Undead, 2nd—Lesser Animate Dead, 4th—Speak with Haunt, 5th—Ghoul Army, 7th—Control Undead, 9th—Cursed Earth.

魔術代替領域呪文1st—Repair Undead, 2nd—Lesser Animate Dead, 3rd—Animate Dead, 4th—Speak with Haunt, 5th—Ghoul Army, 6th—Create Undead, Control Undead, 8th—Create Greater Undead, 9th—Cursed Earth.

Necromancy(Negation)の副領域 Necromancy(Negation)

Another aspect of the school of necromancy is focusing negative energies to attack the living.

This sub-domain concentrates of shaping negative energies to combat the living.

関連領域Death and Magic

領域能力The Death’s Embrace death domain power is unaltered and it replaces the dispelling touch magic domain power.

Touch of Death(超常)/Touch of Death:You may make a melee touch attack against a living creature. If successful, the victim suffers 1 point of Constitution damage and must make a Will saving throw(難易度 equal to 10 + half your class level + your wisdom modifier) or become shaken for 1d4 rounds as long as the victim’s hit dice is less than or equal to your level. You may use this ability 3 + your wisdom modifier times per day. At 6th level you may change the damage from Constitution to Strength as desired.

This ability replaces the hand of the acolyte magic domain power and the Bleeding Touch death domain power.

Deathと魔術代替領域呪文1st—Chill Touch, 2nd—Ghoul Touch, 3rd—Vampiric Touch, 4th—Enervation, 5th—Waves of Fatigue, 6th—Circle of Death, 7th—Finger of Death, 8th—Orb of the Void, 9th—Energy Drain.

Transmutation(Offensive Alteration)の副領域 Transmutation(Offensive Alteration)

This sub-domain focuses on altering the abilities or shape of an opponent.

関連領域Magic

領域能力::

Touch of Disease(擬呪)/Touch of Disease:With a successful melee touch attack, you infect an opponent with a temporary wasting disease that lasts a number of rounds equal to your class level. The effect causes the opponent to suffer a -2 penalty to Strength. The victim must make a Fortitude save each round while the disease is active thereafter or suffer another point of Strength loss(難易度 equal to 10 + half your class level + your wisdom modifier). The disease will not reduce the victim’s Strength below 3, and once the victim succeeds with a saving throw he takes no further Strength damage. Once the disease ends, the victim’s Strength begins to return at a rate of 1 point per round. You may use this power 3 + your Wisdom modifier times per day.

This domain power replaces the hand of the acolyte magic domain power.

Aura of Atrophy(超常)/Aura of Atrophy:At 8th level you may emit an aura of atrophying energy that causes all enemies within 30 feet of you to suffer a -2 penalty to Strength, Dexterity, and Constitution unless an initial Fortitude saving throw is made(難易度 10 + half your class level + your wisdom modifier). The effects last while opponents remain within 30 feet of you. If an opponent initially fails the saving throw and then leaves the aura and returns in a later round, the effects immediately take effect if the aura is still active. If the opponent initially succeeds with his saving throw, he is not affected by your aura for another 24 hours.

You may initiate or terminate the aura as a swift action and maintain it a total number of rounds per day equal to your class level. These rounds need not be consecutive. At 16th level, the penalties for all three ability scores increase to -4.

This domain power replaces the dispelling touch magic domain power.

代替領域呪文1st—Touch of Gracelessness, 2nd—Disfiguring Touch, 3rd—Slow, 4th—Calcific Touch, 5th—Baleful Polymorph, 6th—Flesh to Stone, 7th—Greater Polymorph, 8th—Temporal Stasis, 9th—Transmute Blood to Acid.

Transmutation(Bestial)の副領域 Transmutation(Bestial)

Granting recipients bestial or animalistic features is another benefit granted by spells of the school of transformation. This sub-domain focuses on that aspect, granting you abilities and spells that grant primal powers.

関連領域Animal and Magic

領域能力The Animal Companion animal domain power remains unaltered and it replaces the dispelling touch magic domain power, granting you an animal companion at 4th level.

Claws of the Beast(変則)/Claws of the Beast:You may grow claws from your hand as a move action or remove them as an immediate action. You are considered proficient with the claws which do 1d4 points of damage(for a medium sized creature) as a primary attack. They are treated as natural weapons in regards to magical enhancements. You may maintain the claws for a number of rounds equal to half your class level + your wisdom modifier per day. These rounds do not need to be consecutive.

At 12th level the claws damage increases to 1d6 and you gain the benefits of the Two-Weapon Fighting feat while attacking with your claws(even if you do not meet the prerequisites). At 18th level you gain the benefits of the Improved Two-Weapon Fighting feat while attacking with your claws(even if you do not meet the prerequisites). While you have claws, attacks made with manufactured weapons are more difficult and you suffer a -2 penalty to hit.

This domain power replaces Hand of the Acolyte magic domain power and the Speak with Animals animal domain power.

Animalの代替領域呪文1st—monkey fish, 2nd—Animal Aspect, 3rd—Beast Shape I, 4th—Beast Shape II, 6th—Beast Shape IV, 8th—Frightful Aspect.

魔術代替領域呪文1st—monkey fish, 2nd—Animal Aspect, 3rd—Beast Shape I, 4th—Beast Shape II, 5th—Beast Shape III, 6th—Beast Shape IV, 7th—greater polymorph, 8th—frightful aspect, 9th—shapechange.

Transmutation(Celestial)の副領域 Transmutation(Celestial)

One advantage of granting domain powers allows a deity to grant angelic powers to the truly faithful. This aspect of the transmutation school focuses on granting you the power and glory of the angelic.

関連領域Glory and Magic

領域能力The divine presence glory domain power is unaltered and it replaces the dispelling touch magic domain power.

Hand of Glory(超常)/Hand of Glory:You may initiate this power as a swift action, causing your outstretched hand to glow with the effect of a continual flame spell for a number of rounds equal to your class level. While your hand is glowing you may grant a +1 sacred bonus to a single attack, saving throw, or ability or skill check to either yourself or an ally within 30 feet that has clear line of sight to you as a free action. This bonus increases by +1 at 5th level and every five levels thereafter(maximum of +5 at 20th level).

At 4th level, any melee attacks made by a weapon you are holding in the glowing hand are treated as aligned in one aspect of your alignment(good/evil or law/chaos). You may use this ability once per day, with one additional use at 6th, 12th, and 18th levels.

This domain power replaces hand of the acolyte domain power granted by the magic domain and the Touch of Glory domain power granted by the Glory domain.

Gloryと魔術代替領域呪文1st—adoration, 2nd—lesser angelic aspect, 3rd—fly, 4th—planar adaptation, 5th—angelic aspect, 6th—mass planar adaptation, 7th—bestow grace of the champion, 8th—greater angelic aspect, 9th—etherealness.

Transmutation(Draconic)の副領域 Transmutation(Draconic)

True strength is seen in the power of the dragon, and the ability to use transmutations to tap into this power is legendary. Related to the scalykind omain, this sub-domain combines the knowledge of transmutations with the raw power of the dragon.

関連領域Magic and Scalykind.

領域能力::

Frightful Stare(超常)/Frightful Stare:You may make a gaze attack against a single target within 30 feet as a standard action. The recipient of the attack must make a Will saving throw(難易度 equal to 10 + half your class level) or become frightened for 1d4 rounds. This only affects creatures that have no more hit dice than you possess class levels. You may use this power three times per day + your Wisdom modifier.

This replaces the hand of the acolyte magic domain power and the Venomous stare scalykind domain power.

Dragon Breath(超常)Dragon Breath: This domain power is identical to the Dragon Breath dragon subdomain power. At 4th level you choose one type of dragon breath(acid, cold, electricity, or fire). You may breathe a cone of dragon breath that deals 3d6 points of damage with a 15 foot range and opponents within the area of effect may make a Reflex save to halve the damage(難易度 10 + half you class level + your wisdom modifier). The damage increases by 1d6 points at 6th level and every two levels thereafter.

At 9th level you may use this power twice a day and three times per day at 14th level. This domain power replaces the dispelling touch magic domain power and the serpent companion scalykind domain power.

魔術鱗持つもの代替領域呪文1st—expeditious retreat, 2nd—levitate, 3rd—fly, 4th—cloud shape, 5th—overland flight, 6th—form of the dragon I, 7th—form of the dragon II, 8th—form of the dragon III, 9th—fiery body.

Transmutation(Gigantic)の副領域 Transmutation(Gigantic)

One of the strongest aspects of the transmutation school is the ability to alter the size of creatures and objects. This sub-domain focuses on the ability to grant you the strength and size of giant kind.

関連領域Magic

領域能力::

Hand of Might(変則)/Hand of Might:You may wield a large sized melee weapon as a normal weapon if you are a medium sized creature(or a normal sized weapon if you are small) without any penalties. This does not give you any additional reach with the weapon beyond your normal reach unless the weapon is a reach weapon, in which case it grants you your normal extended reach with the weapon.

This domain power replaces hand of the acolyte magic domain power.

Giant’s Blessing(超常)/Giant’s Blessing:At 8th level you gain a +6 enhancement bonus to your Strength and Constitution, grow one size category, and are considered to have the giant sub-type. You may initiate or remove this effect as a free action and may maintain this power a number of rounds per day equal to your class level, though they do not need to be consecutive.

This domain power replaces the dispelling touch magic domain power.

代替領域呪文1st—enlarge person, 2nd—bull’s strength, 3rd—shrink item, 4th—mass enlarge person, 5th—animal growth, 6th—transformation, 7th—giant form I, 8th—giant form II, 9th—shapechange.


変更版エネルギー放出 Variant Channeling

義務Duty Disciple's Doctrine 15ページ治癒クリーチャーは次の君のターンの終わりまで、機会攻撃、および突き飛ばし武器落としの試みに放出ボーナスを得る。クリーチャーは次の君のターンの終わりまで、機会攻撃、および突き飛ばし武器落としの試みに放出ペナルティを被る。

飛行クリーチャーFlying Creatures Disciple's Doctrine 15ページ治癒クリーチャーは次の君のターンの終わりまで、〈飛行〉判定放出ボーナスを得、飛行移動速度(持つ場合は)が10フィート増加する。クリーチャーは次の君のターンの終わりまで、〈飛行〉判定放出ペナルティを被り、飛行移動速度(持つ場合は)が10フィート減少する。

Journeys Disciple's Doctrine 15ページ治癒クリーチャーは次の君のターンの終わりまで、機会攻撃に対するアーマー・クラス放出ボーナスを得る。クリーチャー移動速度は次の君のターンの終わりまで半減する。

記念碑Monuments Disciple's Doctrine 15ページ治癒―1分間の間、クリーチャーは速度を低下させたり能力値ダメージを与える効果に対するセーヴィング・スロー放出ボーナスを得る。クリーチャーは次の君のターンの終わりまでよろめき状態となる。

月光Moonlight Disciple's Doctrine 15ページ治癒―次の君のターンの終わりまで、クリーチャーは薄暗い明かりか暗闇にいる間、夜目を得、攻撃ロール放出ボーナスを得る。―次の君のターンの終わりまで、クリーチャーは薄暗い明かりか暗闇にいる間、目が眩んだ状態となり、攻撃ロール放出ペナルティを被る。

Sexuality Disciple's Doctrine 15ページ治癒―1分間の間クリーチャー〈交渉〉放出ボーナスを得る。―1分間の間クリーチャーは(魅了効果および恍惚状態を引き起こす効果に対するセーヴィング・スロー放出ペナルティを被る。


クレリックのアーキタイプ Cleric Archetypes

Angelfire Apostle Angelfire Apostle

出典 Healer's Handbook 7ページ

Angelfire apostles use the powers of good to avoid violence when possible and cleanse both maladies and evil creatures with blinding flames. Angelfire apostles typically follow Sarenrae, but a few serve empyreal lords such as Ragathiel.

Armor Proficiency:Angelfire apostles are not proficient with medium armor.

This ability alters the cleric’s armor proficiency.

Diminished Spellcasting/Diminished Spellcasting:An angelfire apostle is less concerned with the traditional divine magic that many religious adherents receive. The angelfire apostle receives one fewer spell slot at each spell level. When an angelfire apostle gets no spells per day at a spell level, he can cast domain spells of that level normally, but can only cast nondomain spells of that level if he gets them as bonus spells.

This ability alters the cleric’s spellcasting.

Extra Channel/Extra Channel:At 1st level, the angelfire apostle gains Extra Channel as a bonus feat.

Channel Angelfire(超常)/Channel Angelfire:An angelfire apostle must be of good or neutral alignment and must choose to channel positive energy, even if his deity is neutral or if he is not devoted to a particular deity. When an angelfire apostle channels positive energy, affected nongood creatures are dazzled for 1 round, with no saving throw for this effect, in addition to experiencing the normal effects of channel energy.

This ability alters channel energy.

Versatile Healing Channel(擬呪)/Versatile Healing Channel:At 5th level, the angelfire apostle can spend two uses of his channel energy ability to cast remove blindness/deafness or lesser restoration as a spell-like ability. At 7th level, he can choose remove disease or remove paralysis. At 9th level, he can choose neutralize poison. At 11th level, he can choose breath of life. At 13th level, he can choose heal. At 15th level, he can choose regenerate. At 17th level, he can choose restoration but cannot affect permanent negative levels. At 19th level, he can choose resurrection but can affect only a target that has been dead no more than 1 round per his cleric level.

Cleansing Flames(超常)/Cleansing Flames:At 9th level, the angelfire apostle becomes a direct conduit for the righteous power of his deity. Whenever the angelfire apostle casts a spell that belongs to the healing subschool that is a lower spell level than the highest spell he can cast, he can unleash a blast of flames as a swift action by expending one use of his channel energy ability. The flames last for 1 round and fill a contiguous area equal to one 10-foot cube per level of the healing spell cast(at least one side of the cube must be adjacent to the angelfire apostle’s space). The flames deal 1d4 points of damage per spell level. Half of the damage is fire damage, and half is raw divine power not subject to fire resistance or immunity. Any creature in the area can halve the damage with a successful Reflex saving throw against the spell’s 難易度. The angelfire apostle can use this ability a number of times per day equal to his Charisma modifier.

Appeaser Appeaser

出典 Agents of Evil 15ページ

A rare few seek the power of dark forces for brighter ends by focusing on the utilitarian aspects of a god’s portfolio, appeasing their deities through high praise and glorifying their chosen gods’ unaligned aspects.

Aura(変則)/Aura:An appeaser always has an evil aura regardless of his actual alignment. This alters aura.

Channel Utility(超常)/Channel Utility:An appeaser channels negative energy, but also gains limited access to positive energy. At 5th level, an appeaser can channel positive energy as a full-round action, but he treats his cleric level as if it were 4 lower when determining the amount of damage he can deal to undead and the amount of hit points he can restore to living creatures. This ability alters channel energy.

Divine Apologist(変則)/Divine Apologist:An appeaser must worship an evil god. His alignment must be within one step of his deity’s, but he himself cannot have an evil alignment. An appeaser cannot cast any spells with the good or evil descriptor. This alters the cleric’s alignment and spells.

{Mollified Domain(超常)/Mollified Domain]:At 1st level, an appeaser gains no domain or domain bonus spells. Once per day as a standard action, he can sacrifice his own force of will to gain divine providence. Doing so deals 1d3 points of Charisma damage to the appeaser, and allows him to select a single domain offered by his deity(except the Evil domain or its subdomains). The appeaser gains access to any granted powers offered by the domain he would otherwise qualify for, and can sacrifice a prepared spell to cast a domain spell from that domain just as if he were spontaneously casting a cure or inflict spell. He retains access to this domain for a number of minutes equal to 1/2 the appeaser’s cleric level + plus his Wisdom modifier. Any domain abilities that can be used a limited number of times per day can be used only once each time that particular domain is invoked.

An appeaser can gain a mollified domain one additional time per day(taking Charisma damage each time) at 4th level and every 3 levels thereafter, to a maximum of seven times per day at 19th level. An appeaser can invoke only a single mollified domain at a time.

This ability modifies the cleric’s domains class feature.

Asmodean Advocate Asmodean Advocate

出典 Dirty Tactics Toolbox 16ページ

For the faithful of Asmodeus, the words used in a negotiation or contract matter more than their intent. The word of the law is to be respected, but loopholes and vague wording are part of every law. Asmodean advocates are master wordsmiths who ally themselves with creatures that—much like their words—seem insignificant but are treacherous.

Pact-Bound(変則)/Pact-Bound:An Asmodean advocate must choose Asmodeus as her deity and select the Trickery domain. She does not gain a second domain. If she ever changes her deity, she loses this archetype and becomes a normal ex-cleric. This ability alters domains.

Serpent(超常)/Serpent:At 1st level, an Asmodean advocate gains a familiar as the arcane bond class feature, using her cleric level as her wizard level. She must choose a viper familiar. The viper speaks one language of the Asmodean advocate’s choice as a supernatural ability.

Devil in the Details(変則)Devil in the Details:At 1st level, an Asmodean advocate learns to choose her words so carefully that even when she says something designed to deceive listeners, the words are phrased to be technically true. She can use her Profession(barrister) skill for Bluff and Diplomacy checks. This benefit also extends to her familiar. The Asmodean advocate gains an insight bonus equal to 1/2 her cleric level(minimum +1) on Linguistics checks related to forgeries and on all Profession(barrister) checks.

Shoulder Devil(超常)/Shoulder DevilAt 8th level, an Asmodean advocate can choose an imp familiar as though she had the Improved Familiar feat.

Channeler of the Unknown Channeler of the Unknown

出典 Antihero's Handbook 12ページ

While most clerics who fall out of favor with their deities simply lose their divine connection and the powers it granted, a few continue to go through the motions of prayer and obedience, persisting in the habits of faith even when their faith itself has faded. Among these, an even smaller number find that while their original deity no longer answers their prayers, something else does:an unknown entity or force of the universe channeling its power through a trained and practicing vessel.

This is an ex-class archetype and can be taken by a character immediately upon becoming an ex-cleric.

EX-CLASS ARCHETYPES

The following archetype can be taken by an ex-cleric immediately upon becoming an ex-cleric, regardless of character level, replacing some or all of the lost class abilities. If another archetype the character had before she became an ex-cleric replaces the same ability as the ex-class archetype, she loses the old archetype in favor of the new one; otherwise, she can retain both archetypes as normal. Channelers of the unknown can gain further levels in the cleric class, even though becoming an ex-cleric normally prohibits further advancement in the class. While an ex-member of a class can recant her failings and atone for her fall from her original class(typically involving an atonement spell), her acceptance of her ex-class archetype means she must atone both for her initial fall and for further straying from the path. As a result, such a character must be the target of two atonement spells or a similar effect to regain her lost class features. Upon doing so, she immediately loses this archetype and regains her original class(and archetype, if she had one).

Weapon and Armor Proficiency:A channeler of the unknown loses proficiency with her deity’s favored weapon. She instead gains proficiency with one martial or exotic weapon, chosen when she first takes this archetype, which thereafter effectively functions as her holy or unholy symbol for the purposes of class abilities and spellcasting. The weapon chosen cannot be one associated with her former deity. Once she makes this choice, she can’t later change it.

This alters the cleric’s weapon and armor proficiency.

呪文A channeler of the unknown has one fewer spell slot per spell level in which she can prepare spells than normal. She is no longer restricted by alignment descriptors, and she gains access to all spells on the cleric spell list, even spells her alignment would normally prohibit.

This alters the cleric’s spells.

Unknown Aura(超常)/Unknown Aura:A channeler of the unknown never radiates an alignment aura, as if under the effect of a permanent undetectable alignment spell.

This replaces the cleric’s aura.

Channel Entropy(超常)/Channel Entropy:A channeler of the unknown can channel entropy as a cleric channels negative or positive energy, releasing a wave of twisting void that harms creatures in the area of effect. The amount of damage dealt is equal to that an evil cleric of her level would deal by channeling negative energy, except it affects living, unliving, and undead creatures alike. This functions in all other ways as a cleric’s channel energy class feature, including benefiting from feats that affect channel energy(such as Selective Channeling).

This alters channel energy.

Power of the Unknown/Power of the Unknown:A channeler of the unknown has lost the benefit of the domains granted by her deity, but the unknown entity that answers her supplications instead grants her the benefits of one domain from the following list:Darkness, Destruction, Luck, Madness, or Void. Instead of a single domain spell slot, the channeler of the unknown gains two domain spell slots per spell level she can cast. A channeler of the unknown cannot select a subdomain in place of the domain available to her.

This alters the cleric’s domains.

Spontaneous Casting/Spontaneous Casting:Instead of converting prepared spells into cure or inflict spells, a channeler of the unknown can channel stored spell energy into her domain spells. She can lose a prepared spell, including a domain spell, to spontaneously cast a domain spell of the same spell level or lower.

This alters spontaneous casting.

Crashing Wave Crashing Wave

出典 Blood of the Sea 23ページ
A crashing wave cleric can take other feats to augment her balanced channel ability as if it were channel energy, such as Extra Channel and Improved Channel, but not feats that alter this ability, such as Elemental Channel and Alignment Channel.

Clerics of Gozreh revere their deity as the embodiment of nature and the incarnation of wind and waves. Clerics who live in or near the sea sometimes embrace the watery aspect of Gozreh over the deity’s other dimensions and take the title of crashing wave. In aquatic communities, a crashing wave is often a healer and spiritual leader. Such clerics understand the tempestuousness and cruelty of the sea, but also its generosity and bounty.

Among aquatic creatures, cecaelias, locathahs, and merfolk are the most likely to walk the path of the crashing wave. Gnomes, halflings, and humans living on coastlines or working aboard ships may also answer the call to become crashing waves.

Sworn to the Sea/Sworn to the Sea:A crashing wave must select Gozreh as her deity.

Speech of the Sea/Speech of the Sea:A crashing wave’s bonus language options include Aquan in addition to the bonus languages available to the character from her race. The crashing wave does not gain Abyssal, Celestial, or Infernal as bonus language options.

This ability alters bonus languages.

Balanced Channel(超常)/Balanced Channel:At 1st level, a crashing wave can channel the pure balance of the ocean—its wildness, its calm, its cruelty, and its gentleness. This energy can be used to harm or heal creatures, as the crashing wave chooses. Channeling this energy causes a 30-foot-radius burst centered on the cleric. Using balanced channel is a standard action that does not provoke attacks of opportunity. A crashing wave can choose whether to include herself in the effect. The cleric must be able to present her holy symbol to use this ability, and she can channel energy a number of times equal to 3 + her Charisma modifier.

If the crashing wave chooses to harm, creatures within the burst that are chaotic good, chaotic evil, lawful good, or lawful evil take 1d6 points of damage plus 1d6 points of damage for every 2 levels the cleric has beyond 1st(2d6 at 3rd, 3d6 at 5th, and so on). Creatures with a neutral alignment component are unaffected by this energy. Creatures that take damage from the channeled energy can attempt a Fortitude save(難易度 = 10 + half the crashing wave’s level + her Charisma modifier) for half damage. This damage is neither negative nor positive energy, so a creature’s resistance to positive or negative energy does not reduce this damage.(However, resistance to channeled energy in particular, such as that provided by channel resistance, applies normally.)

If the crashing wave chooses to heal, creatures within the burst that have any neutral alignment component are healed 1d6 points of damage plus 1d6 points of damage for every 2 levels the cleric has beyond 1st(2d6 at 3rd, 3d6 at 5th, and so on). This healing does not affect creatures that are chaotic good, chaotic evil, lawful good, or lawful evil. This healing is positive energy, so any creatures not healed by positive energy(such as undead) receive no healing from this effect, even if they have a neutral alignment.

This ability replaces channel energy.

Spontaneous Casting:A crashing wave does not gain the ability to spontaneously cast cure or inflict spells by sacrificing prepared spells. However, a crashing wave can spontaneously cast the following spells by sacrificing a prepared spell of the noted level or higher.

This ability alters spontaneous casting.

Spell Level

Sponantious Spell

1

Bless water

2

SlipstreamAPG

3

Water breathing

4

Control water

5

GeyserAPG

6

Fluid formAPG

7

Elemental body IV(water only)

8

SeamantleAPG

9

Elemental swarm(water only)

Divine Paragon Divine Paragon

出典 Divine Anthology 15ページ

Divine paragons strive to emulate their god’s ideals as closely as possible. They might see themselves as an incarnation of their deity in the flesh, or they could simply seek to embody the physical and spiritual ideals set forth by their deity. Many divine paragons go as far as to alter their appearance, as best as possible, to look similar to their chosen deity, but such a level of devotion is not required by the archetype.

Devoted Domain:A divine paragon is intensely devoted to a single deity, and her alignment must be identical to her deity’s alignment. She gains Deific ObedienceISG as a bonus feat, even if she doesn’t meet the feat’s prerequisites. She gains access to her boons at an accelerated rate(see below) rather than the standard ヒット・ダイス-based rate granted by Deific Obedience(and as such cannot benefit from the accelerated rate granted by the Diverse Obedience feat).

When the divine paragon selects her domains, she must designate one of the two domains she gains as her devoted domain. She gains all of this domain’s granted powers and domain spells normally. For her other domain, she gains only its domain spells—she does not gain any of the granted powers of that domain. Instead, she must choose from the evangelist, exalted, or sentinel boons granted by her deity(as detailed in Pathfinder Campaign Setting:Inner Sea Gods). At 5th level, she gains access to the first boon granted by her deity. At 11th level, she gains access to the second boon. At 14th level, she gains access to the third boon.

In order to retain access to her domain spells, the domain powers of her devoted domain, and the boons granted by Deific Obedience, the divine paragon must perform her obedience daily. If she fails to do so, she loses access to these abilities until she next performs her obedience(but she can still cast spells, channel energy, and perform other abilities granted by her cleric levels).

This ability alters domains.

Divine Brand(変則)/Divine Brand:At 1st level, a mark appears somewhere on the divine paragon’s body. The mark’s location varies by individual and faith, but takes the form of the deity’s holy symbol and generally appears in a location easy to display, such as on the hand, forearm, chest, or face. An uncovered divine brand functions as a holy(or unholy) symbol and as a divine focus for spellcasting. The divine paragon’s aura is even more powerful than a typical cleric’s as a result of her devotion, and her cleric level is treated as 1 higher for the purpose of determining the strength of her aura when it is viewed by spells like detect good.

This ability alters aura.

Divine Scourge Divine Scourge

出典 Magic Tactics Toolbox 23ページ

Some divine servants take on the role of dealing out unique punishments on behalf of their deities, taking pleasure in carrying out their sacrosanct duties. Such divine scourges are most common among worshipers of Abadar(meting out punishment to lawbreakers in concert with local courts), Calistria(punishing those truly deserving of vengeance), and Zon-Kuthon(seeing punishment as an applied form of pain and suffering). Divine scourges make a point of inflicting long-lasting maladies and curses on those deserving of such fates under the tenets of the scourges’ religions.

Curser(変則)/Curser:A divine scourge must take the curse subdomain(Pathfinder RPG Advanced Player’s Guide 88) as a domain, regardless of the actual domains offered by her deity. The divine scourge does not receive a second domain.

This ability alters domains.

Divine Hexes/Divine Hexes:At 3rd level and every 4 cleric levels thereafter, a divine scourge can select the following hexes from the witchAPG class hex list, up to a maximum of five hexes at 19th level:blight, cursed wound(Pathfinder Player Companion:Blood of the Moon 15), evil eye, misfortune, scarUM, slumber, and unnerve beastsUM.

At 11th level, a divine scourge can instead select from the following list of major hexes:agony, hoarfrostUM, infected woundsUM, nightmares, and retributions.

The divine scourge uses her Wisdom modifier instead of her Intelligence modifier to determine the save DCs of her hexes. Any hex that refers to using her Intelligence modifier to determine its duration or effect instead uses her Charisma modifier for that purpose.

This ability replaces channel energy.

Foundation of Faith Foundation of Faith

出典 Elemental Master's Handbook 8ページ

Whether aiding the faithful or defending against the depredations of unbelievers, a foundation of faith is unshakable in her convictions. These clerics are most common among worshipers of deities of earth or protection, such as Abadar or Torag, but any religion might count foundations of faith among its priests.

Channel Energy:A foundation of faith does not gain the channel energy ability.

Bastion(変則)/Bastion:A foundation of faith is an unbreakable obstacle, unmoved by threats and violence alike. At 1st level, the foundation of faith adds her Constitution bonus to her 戦技防御値 and to the 難易度 of attempts to use the Intimidate skill against her.

Granite Focus(変則)/Granite Focus:A foundation of faith’s focus is truly impressive. At 3rd level, the foundation of faith can take a move action to center herself. If she does, she adds her Constitution modifier to any concentration checks attempted as part of casting cleric spells until the end of her turn.

Rooted Vitality(超常)/Rooted Vitality:At 5th level, a foundation of faith draws healing from the earth. As a swift action while standing on natural or worked stone, the foundation of faith can gain fast healing 1. This effect lasts for a number of rounds equal to the foundation of faith’s Constitution modifier or until the foundation of faith loses contact with the natural or worked stone. At 7th level, this ability increases to fast healing 2, and it increases by an additional point every 2 levels thereafter(to a maximum of fast healing 8 at 19th level).

Instead of gaining this fast healing herself, a foundation of faith can expend a use of this ability to instead touch up to six other creatures as a standard action to grant each creature half of the fast healing that the foundation of faith would receive(minimum fast healing 1). A recipient must be standing on natural or worked stone to receive this fast healing, and the fast healing lasts for a number of rounds equal to the foundation of faith’s Constitution modifier or until the recipient leaves contact with natural or worked stone. If one recipient loses this fast healing early, it does not affect the duration for the other targets.

This ability is usable once per day at 5th level, plus an additional time per day for every 5 levels beyond 5th.

Herald Caller Herald Caller

出典 Monster Summoner's Handbook 7ページ

Unlike warpriests or paladins, who charge headlong into battle in the name of their patron deities, herald callers are adept at calling powerful outsiders to aid their brethren in battle.

Skill Ranks per Level:4 + Int modifier. This alters the cleric’s class skills.

Dedicated Summoner/Dedicated Summoner:A herald caller depends on summoned allies to overcome her foes, which affords her little experience with the martial pursuits typical of other clerics and a narrower spiritual focus. A herald caller can choose only one domain from her deity’s list of domains, rather than the normal two domains, and she doesn’t gain proficiency with medium armor or shields. This ability alters the cleric’s domains and armor proficiencies.

Call Heralds(超常)/Call Heralds:A herald caller can channel stored spell energy into summoning spells that she hasn’t prepared ahead of time. She can lose a prepared spell in order to cast any summon monster spell of the same level or lower. She gains a +1 bonus on concentration checks to cast a summon monster spell defensively. This bonus increases to +2 at 5th level, and increases by 1 every 5 cleric levels thereafter.

Divine Heralds(超常)/Divine Heralds:A herald caller can use summon monster spells only to summon creatures particularly appropriate to her deity. This includes all creatures listed as summon monster options for priests of her deity(see Expanded Summoning for Priests on page 30), creatures whose alignment matches at least one aspect of her deity’s alignment, and creatures of an elemental subtype that matches a domain granted by the deity(if any). When summoning a creature that is normally summoned with the celestial or fiendish template, a herald caller of a chaotic deity can instead summon it with the entropic template, and a herald caller of a lawful deity can instead summon it with the resolute template(see pages 292–293 of Pathfinder RPG Bestiary 2 for more information on these simple templates).

Because of these summoned monsters’ strong ties to the herald caller’s deity, the herald caller also gains specific benefits with creatures she summons with summon monster spells gained from her cleric spell list. The herald caller and her summoned monsters can understand each other’s spoken words as if they shared a common language(though this doesn’t give summoned monsters the ability to speak if they normally lack it). Whenever the herald caller uses channel energy to heal, she can include all of her summoned monsters, even if they are out of her normal channel energy radius or of a creature type that would not normally be affected. If she channels energy to deal damage, she can exclude any of her summoned monsters that would normally be affected.

Mighty Heralds/Mighty Heralds:At 4th level, a herald caller receives Augment Summoning as a bonus feat, and is considered to have Spell Focus(conjuration) for the purposes of prerequisites for feats that have Augment Summoning as a prerequisite(such as Evolved Summoned Monster on page 146 of the Pathfinder RPG Advanced Class Guide). At 8th level, she gains Superior Summoning(Pathfinder RPG Ultimate Magic 157) as a bonus feat.

Hidden Priest Hidden Priest

出典 Inner Sea Magic 35ページ

Practicing one’s religion is not always legal. For example, most lands outlaw worshiping fiends. Taldor has banned the faith of Sarenrae from being openly worshiped. Rahadoum flat-out forbids all religions within its borders. But as time has shown again and again, mere laws are poor deterrents to the worship of dedicated members of such faiths, whether the zealous wish to subvert authority, free the spirits of the oppressed, or merely enjoy the right to practice their beliefs. Clerics in these circumstances must conceal their true natures, practice their magic in secret, and always be on guard for betrayal and discovery. A hidden priest has the following class features.

False Arcanist(変則)/False Arcanist:At 1st level, a hidden priest is able to disguise his cleric spellcasting, presenting it as arcane magic of some kind. Typically, this is as alchemist, bard, sorcerer, or wizard magic, and the cleric disguises the words and gestures of the cleric spell with accoutrements appropriate to his apparent profession. He must make a skill check(難易度 10 + twice the level of the spell) to disguise his casting and successfully cast the spell. The type of skill check depends on the type of caster he pretends to be:Craft(alchemy) for alchemist, Perform for bard, Knowledge(arcana) for sorcerer or wizard. Using Spellcraft to identify the spell works normally, though unless the observer beats the 難易度 by 10 or more, she doesn’t suspect the source of the magic is divine.

For example, a hidden priest pretending to be an alchemist wants to cast cure light wounds on a wounded townsperson. If he makes a 難易度 12 Craft(alchemy) check, he disguises his spellcasting as the mixing of an alchemical extract or potion(perhaps with the words disguised as reciting an obscure formula or talking herself through the list of ingredients), which he gives to the target. An observer making a 難易度 16 Spellcraft check can identify his spell as cure light wounds, but doesn’t realize his “alchemical” methods are a sham unless her check result is 26 or higher.

When the hidden priest uses this ability, he must still provide any divine focus components for the spells he casts. However, the divine focus doesn’t need to be an obvious symbol of his faith. It could be a small coin, tattoo, or garment bearing the symbol, whether presented openly, disguised, or hidden within a larger picture. For example, a hidden priest of Sarenrae may use a coin with an ankh or sunburst, a complex tattoo or scar that has an ankh shape hidden within it, a glove with an ankh stitched on the inside of the palm, and so on. He must use this replacement divine focus just as he would his true one(for example, he couldn’t leave the coin in his shoe). If a spell requires a divine focus with a specific or minimum cost, the replacement divine focus must be of similar value to be used as the divine focus.

A hidden priest adds half his class level(minimum +1) on all Bluff skill checks to send secret messages about religious matters, and on all Sense Motive checks to recognize similar messages. He also adds this bonus on Perception and Sense Motive checks relating to agents of the laws against his religion(including city guards in lands where these laws are in effect).

This ability replaces one of the cleric’s two 1st-level domain powers(her choice).

Unseen Devotion(超常)/Unseen Devotion:At 8th level, a hidden priest can apply the Silent Spell and Still Spell feats to a spell he is about to cast. This does not alter the level of the spell or the casting time. He can use this ability once per day at 8th level and one additional time per day for every four additional cleric levels beyond 8th. Even though this ability does not modify the spell’s actual level, he cannot use this ability to cast a spell whose modified spell level would be above the level of the highest-level spell that he is capable of casting. This ability always applies both feats(the cleric cannot use it to just apply one or the other). This ability replaces one of the cleric’s two 8th-level domain powers(his choice).

Lawspeaker Lawspeaker

出典 Blood of the Ancients 9ページ

The Umani priest-judges presided over justice in ancient Yamasa, driven by a zeal for discovering the truth. After the fall of Yamasa and the rise of hostile Koboto tribes in its place, the surviving Umani spread their philosophy of certain and unwavering justice throughout the Inner Sea region.

属性A lawspeaker must be lawful.

Divine Judgment/Divine Judgment:A lawspeaker must select the Law domain or any subdomain of Law offered by her deity. She does not gain a second domain.

This alters domains.

Circumvent Obfuscation(擬呪)/Circumvent Obfuscation:As a standard action, a lawspeaker can expend two uses of channel energy to expose truths and banish falsehoods. The energy manifests as a spell-like ability, and this action does not count as channeling for the purposes of abilities and feats. Unless listed otherwise, the resulting abilities use the lawspeaker’s cleric level as her caster level and have the same range and required components as the corresponding spell. The spell-like abilities available are cumulative and are listed below at the level at which the lawspeaker can first access them.

Level 1:Calm emotions.
Level 3:Zone of truth.
Level 5:Invisibility purge.
Level 7:Discern lies.
Level 9:True seeing(self only).
Level 11:Greater dispel magic(30-foot burst; targets only illusion spells, polymorph effects, and spells granting a bonus on Bluff and Disguise checks).
Level 13:Communal tongues.
Level 15:Discern location.
Level 17:Antimagic field(30-foot radius).

Mendevian Priest Mendevian Priest

出典 Inner Sea Magic 36ページ

People of high and low character flock to Mendev for glory, plunder, or the desire to slay demons from the Worldwound. Crusade-minded clerics of Iomedae, Gorum, and other churches come to Mendev, learn battlefield tactics and the weaknesses of demons, and strike out to make a name for themselves. A Mendevian priest has the following class features.

Weapon and Armor Proficiency:A Mendevian priest is proficient with all simple weapons, light armor, medium armor, heavy armor, shields(except tower shields), and the favored weapon of her deity.

Diminished Spellcasting:A Mendevian priest chooses only one domain from her deity’s list of domains rather than the normal two domains. In all other respects, this works like and replaces the standard cleric domain ability.

Demonic Knowledge(変則)/Demonic Knowledge:At 1st level, when making Knowledge(planes) checks regarding demons, demonic cults, and their magic, a Mendevian priest gains a bonus on the check equal to half her class level(minimum +1) and can make these Knowledge skill checks untrained.

チームワーク特技At 4th level and 8th level, the Mendevian priest gains a bonus feat. This must be a teamwork feat, Alignment Channel, Greater Spell Penetration, Leadership, or Spell Penetration. The cleric must meet the prerequisites of the selected bonus feat.

Roaming Exorcist Roaming Exorcist

出典 Undead Slayer's Handbook 18ページ

The roaming exorcist travels far and wide to root out possessions, hauntings, and hidden evils. The roaming exorcist extracts unruly spirits from not only victims of possession, but also haunted sites and accursed items.

Skill Ranks per Level:4 + Int modifier.

Dedicated Wanderer/Dedicated WandererA roaming exorcist is dedicated to her cause and affords no time to other pursuits typical of clerics. A roaming exorcist must choose to channel positive energy. She may choose only one domain from her deity’s list of domains, rather than the normal two domains, and she does not gain Medium Armor Proficiency or Shield Proficiency.

Unseen Revealed(変則)/Unseen Revealed:At 1st level, a roaming exorcist gains a bonus equal to 1/2 her cleric level(minimum +1) on Perception checks to detect haunts and incorporeal creatures and on Sense Motive checks to determine whether a creature is possessed, under the effects of an enchantment or curse, or otherwise magically controlled.

Spirit Sleuth(変則)/Spirit Sleuth:At 2nd level, upon interacting with a rejuvenating spirit or haunt for the first time(such as by attacking the spirit or channeling energy to damage the haunt), a roaming exorcist can attempt a Sense Motive check as a free action to determine the specific course of action required to permanently neutralize the spirit or haunt(難易度 = 10 + the undead creature’s Hit Dice or the haunt’s 脅威度).

Curse Seeker(超常)/Curse SeekerAt 5th level, a roaming exorcist can more readily identify cursed items. When identifying a magic item, the roaming exorcist needs to exceed the item’s 難易度 by only 5(instead of by 10) in order to determine whether the item is cursed.

Dispossession(超常)/Dispossession:At 8th level, a roaming exorcist can expend one use of her channel energy ability to force a possessing creature from its host body. The exorcist must make a melee touch attack against the possessed creature; if successful, the roaming exorcist deals damage to the possessing creature as if it were targeted by the roaming exorcist’s channel energy ability(regardless of the possessing creature’s creature type), and the possession effect ceases as the possessing creature is ejected from the host body. A successful Will save(難易度 = the roaming exorcist’s channel energy 難易度) halves the damage taken, and the possessing creature resists being ejected from its host.

Curse Eater(超常)/Curse Eater:At 11th level, a roaming exorcist gains Improved Disarm as a bonus feat, regardless of whether she meets the feat’s prerequisites. The roaming exorcist gains a +2 bonus on combat maneuver checks to disarm a creature of a magic item she knows to be cursed. If the roaming exorcist successfully disarms a creature of a cursed item without using a weapon, she may automatically pick up the disarmed cursed item without immediately succumbing to the item’s curse. She may wield or hold this cursed item for a number of rounds equal to her Charisma modifier(minimum 1 round)—during which time she may use the item normally, as if it were not cursed—before the item’s curse manifests again.

Sacred Attendant Sacred Attendant

出典 Healer's Handbook 4ページ

Sacred attendants bring out the varied beauty in everyone they help, and they typically worship deities of beauty, love, and sex.

Channel Beauty(超常)/Channel Beauty:Whenever a sacred attendant channels energy to heal, she can opt to reduce the number of dice she rolls by 1 or more. For every die the sacred attendant subtracts, each of the targets of the channeled energy is healed of 1 point of Charisma damage.

This ability alters channel energy.

領域The sacred attendant can choose only one domain from those belonging to her deity.

This ability alters domains.

Nimble(変則)/Nimble:The sacred attendant gains a +1 dodge bonus to アーマー・クラス and 戦技防御値 when unarmored, unencumbered, and not denied her Dexterity bonus to アーマー・クラス(regardless of whether she has a Dexterity bonus). At 2nd level and every 4 cleric levels thereafter, the dodge bonus increases by 1(to a maximum of +6 at 18th level).

This ability replaces the cleric’s proficiency with light and medium armor.

Nurture Grace(超常)/Nurture Grace:The sacred attendant can coax forth the charm and beauty within a willing, touched creature as a standard action. For 1 round, the subject gains an enhancement bonus equal to 1/2 the sacred attendant’s cleric level(minimum +1) on Charisma checks and Charismabased skill checks. The sacred attendant can spend two uses of this ability to instead counsel a subject for 10 minutes; in this case, the ability’s duration lasts for 1 day. The sacred attendant can use this ability a number of times per day equal to 3 + her Wisdom modifier.

Inspiring Camaraderie(擬呪)/Inspiring Camaraderie:At 8th level, as a swift action whenever a sacred attendant casts a cure spell(a spell with “cure” in its name) that targets a single ally, the sacred attendant can infuse that ally with inspired vigor. For a number of rounds equal to 1/2 the sacred attendant’s cleric level, the ally’s attack rolls gain a competence bonus equal to the sacred attendant’s cleric level. These rounds begin as soon as the sacred attendant uses this ability and elapse consecutively. The sacred attendant can use this ability once per day at 8th level, and an additional time per day for every 4 cleric levels beyond 8th.

Scroll Scholar Scroll Scholar

出典 Pathfinder Society Field Guide 26ページ

A scroll scholar values knowledge and learning as much as her other abilities, trading a portion of her potential in her chosen class for greater breadth of skill at deciphering old texts, piecing together strange fragments of esoteric lore, and deciphering the hidden qualities of strange and unusual magical items. The scroll scholar archetype can be taken by either clerics or wizards—they give up different class abilities for the new abilities granted by this archetype. A wizard must either be a universalist wizard or a diviner wizard in order to take this archetype—other types of school specializations are not suited to this archetype’s focus. A scroll scholar has the following class features.

Diligent Student(変則)/Diligent Student:At 1st level, a scroll scholar chooses one Knowledge skill. This becomes a class skill if it is not already one. The scroll scholar adds half her class level to all Knowledge checks of this type(minimum 1). At 5th level and every five levels thereafter, a scroll scholar chooses 1 additional Knowledge skill to receive this bonus. For clerics, this ability replaces one of the 1st-level granted powers from her domains—the character gets to choose which of her two 1st-level granted powers it replaces. For wizards, this ability replaces diviner’s fortune(if a diviner) or hand of the apprentice(if a universalist).

Secrets Revealed(擬呪)/Secrets Revealed:At 5th level, a scroll scholar gains the ability to cast comprehend languages and identify as spelllike abilities. Her caster level is equal to her character level in whatever class she took the scroll scholar archetype for. She can cast these spells once per day each at 5th level, twice per day each at 7th level, and three times per day each at 9th level. At 11th level, one of these spell-like abilities(scholar’s choice) becomes a constant spell-like ability, and at 13th level, the second one becomes a constant spell-like ability. If the scholar is a cleric, this ability replaces the increase to her channel energy damage normally gained at 5th level—her channel energy damage increases to 3d6 at 7th level instead, and for the rest of her career as a cleric lags 1d6 behind normal. If the scholar is a wizard, this ability replaces her bonus feat for 5th level.

Flash of Insight(超常)/Flash of Insight:At 10th level, once per day, a scroll scholar can gain a +5 bonus on a single attack roll, caster level check, or saving throw as an immediate action. This decision must be made before the results of the roll are known, but can be made after the die is rolled. This ability can be used twice per day at 15th level, and 3 times per day at 20th level. This ability replaces the normal addition of a new 4th-level spell slot to the character’s spells per day— from this point on, the cleric or wizard has one fewer 4thlevel spell slot than other clerics or wizards.

Stoic Caregiver Stoic Caregiver

出典 Healer's Handbook 6ページ

Stoic caregivers are champions of life in defiance of untimely death as well as undeath. Stoic caregivers are sent to protect and help those who find themselves in dangerous situations, especially children and expectant mothers, and they provide aid and comfort to individuals acting to fulfill prophecy.

Positive Channeler(超常)/Positive Channeler:A stoic caregiver must choose to channel positive energy, even if she worships a deity who is neutral or if she is not devoted to a particular deity. A stoic caregiver cannot worship a deity who is evil.

This ability alters channel energy.

領域A stoic caregiver chooses only one domain.

This ability alters domains.

Midwife Training(超常)/Midwife TrainingA stoic caregiver is an expert at caring for lives that are in the process of being formed as well as the bodies of those who expect to usher new life into the world. The stoic caregiver gains a +2 bonus on Heal checks to treat expectant mothers and children. Any Heal check by the stoic caregiver that deals damage to the patient always deals the minimum amount of damage.

Whenever a stoic caregiver stops bleeding with the Heal skill or magical healing, or restores hit points with a healing spell or channeled positive energy, the healed creature gains partial resistance to bleed damage and negative energy for a number of minutes equal to 1/2 the stoic caregiver’s cleric level. Any bleed damage a target takes during that time is halved. Additionally, when protected creatures take negative energy damage(such as from an evil cleric’s or an antipaladin’s negative channeled energy, or spells such as inflict light wounds), the amount of that damage is reduced by 5.

Fated Cures(超常)/Fated Cures:Creatures must roll twice and take the lower result when they make any saving throws against a stoic caregiver’s spells of the healing subschool.

Three-Aspect Channel(超常)/Three-Aspect Channel:At 6th level, a stoic caregiver can channel positive energy to heal and harm simultaneously. When she does so, she restores only 1/2 the usual amount of hit points and deals only 1/2 the usual number of points of damage(or 1/4 on a successful saving throw).

Triadic Priest Triadic Priest

出典 Blood of the Coven 19ページ

Power comes not just from communion with one’s deity, but also from the formation of divine triumvirates. At the head of these groups are triadic priests. Although witch covens and changelings are the most likely to pursue this tradition, the practice sometimes appears among other faiths.

Triadic Bond(超常)/Triadic Bond:A triadic priest can perform a 10-minute ritual with exactly two allies in order to create an enduring bond between them that lasts until the triadic priest either dissolves the bond(a process that takes 1 minute of concentration) or creates a new bond. When performing the bonding ritual, the triadic priest can also include any of her allies’ familiars or spirit animals; these creatures gain the benefits of the bonded channeler ability and the drawbacks of being in the bond, but they are not treated as bonded allies for the purpose of the triadic priest’s bonded domain. Only intelligent and fully independent creatures can serve as her two bonded companions. Animal companions, eidolons, familiars, phantoms, and similar nonsentient or dependent creatures are not suitable.

The bonded allies gain numerous benefits and can help empower the triadic priest’s spellcasting, as noted in the abilities below. However, if a bonded ally dies, the other members of the bond must each succeed at a Fortitude save(難易度 = 10 + the triadic priest’s class level) or gain 1 permanent negative level.

Bonded Channeler(超常)/Bonded Channeler:When a triadic priest uses her channel energy ability, she must choose to affect either only her bonded allies or everyone except her bonded allies.

Bonded Domain(超常)/Bonded Domain:A triadic priest selects only one domain granted by her deity. However, while she is within 10 feet of least one of her bonded allies, she gains the following benefits.

This alters the domains class feature.

Bonded Power(超常)/Bonded Power:A triadic priest gains either a witch’s coven hex or the Allied Spellcaster feat as a bonus feat.

Bonded Unity(超常)/Bonded Unity:As a move action, a triadic priest can share one teamwork feat she has with up to two bonded companions that are within 10 feet of her. Her bonded companions do not need to meet the feat’s prerequisites and gain the benefits of the feat for 1 round plus 1 additional round for every 5 class levels the triadic priest has. A bonded companion can gain only one teamwork feat in this way at a time. The triadic priest can use this ability a number of times per day equal to 3 + her Wisdom modifier.

Bonded Ritual/Bonded Ritual:A triadic priest can prepare any of the spells below as though they were domain spells, though she can cast these domain spells only while she is within 10 feet of one of her bonded allies. At 8th level, once per day while within 10 feet of both her bonded allies, a triadic priest can cast any one of her domain spells of a spell level she can cast, whether she has prepared the spell or not, without expending a spell slot. If one of these domain spells has a casting time of more than one standard action, the triadic priest must succeed at a concentration check(難易度 = 20 + double the spell’s level) or lose the spell if at any point during the casting she does not have a bonded ally within 10 feet.

領域呪文1レベル—ill omen、2レベル—blindness/deafness、3レベル—bestow curse、4レベルcharm monster、5レベル—baleful polymorph、6レベル—control weather、7レベル—forcecage、8レベル—mind blank、9レベルastral projection。

Varisian Pilgrim Varisian Pilgrim

出典 Inner Sea Magic 42ページ

Upon gaining 8th level, the Varisian Pilgrim may gain the 8th-level ability Blessing of the Harrow as long as the player possesses a Harrow deck

While most clerics are associated with a particular temple, adventuring clerics spend much of their time away from their favored place of worship, and there are those who worship primarily on the road and during the journey. These clerics see the act of travel and the arrival at sites sacred to their religion as valuable, and perhaps more so than time spent sequestered inside a church. Relatively common in Varisia, these pilgrims love to travel, typically on foot or with caravans. While the archetype is called the “Varisian pilgrim,” this archetype can be selected by any cleric who prefers to worship while on the move. Whether or not they are Varisian, these clerics learn a little about fortune-telling and a lot about people.

A Varisian pilgrim has the following class features.

Fortunate Road/Fortunate Road:At 1st level, a Varisian pilgrim must select the Chaos, Community, Liberation, Luck, Travel, or Weather domain(or the Exploration, Fate, Freedom, Trade, or Seasons subdomains from the Advanced Player’s Guide, if available in the campaign) as one of her domains. If the cleric worships a deity that doesn’t normally grant one of these domains, she gains access to this domain but can only pick this one domain—she effectively loses the option to pick a second domain. As a result, very few clerics who worship deities who don’t grant access to one of the domains or subdomains listed above opt to become Varisian pilgrims. In all other respects, this works like and replaces the standard cleric’s domain ability.

Caravan Bond(超常)/Caravan Bond:At 1st level, by leading a group prayer for 1 minute, a Varisian pilgrim can select a number of traveling companions equal to her cleric level + her Wisdom bonus. She may use her domain-granted powers on any of these traveling companions as if they were her. She can use these abilities on her traveling companions at a range of up to 30 feet, even if the ability normally requires her touch. This ability replaces the cleric’s proficiency with medium armor and shields— she retains proficiency with light armor only.

Blessing of the Harrow(超常)/Blessing of the HarrowAt 8th level, once per day the pilgrim may perform a harrowing for herself or another creature. This is otherwise identical to the blessing of the harrow from the harrower prestige class(Inner Sea World Guide 276). This replaces an 8th-level domain power of the Varisian pilgrim’s choice.


カッパカンヌシ Kappa-Kannushi

注意:我々はカッパカンヌシクレリックのアーキタイプ単純アーキタイプではなく完全なクラスとして示した。しかしこれはアーキタイプであり完全なクラスと混同してはいけない。カッパカンヌシクレリックのアーキタイプ自身自然との間で統一と理解を促進することを指している。彼は遠く離れた(身体的な努を尽くすことによってのみ到達可能な)神社に奉仕するかもしれないし、自己実現の探求に挑戦して、一連の課題に自身を証明しようとしているのかもしれない。カッパカンヌシはアニミズムな世界観と自己完結という目標を組み合わせている。

彼らはカミ自然)と内面の強さからを得る。大部分のカッパカンヌシカッパである一方で、アーキタイプは全てに公開されている。

属性でない。

カッパカンヌシ Kappa-Kannushi

レベル

基本攻撃ボーナス

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

特殊

1日の呪文

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

1

+0

+2

+0

+2

との共感 +1

3

1+1

2

+1

+3

+0

+3

への抵抗 +4

4

2+1

3

+2

+3

+1

+3

正のエネルギー放出 1d6

4

2+1

1+1

4

+3

+4

+1

+4

との共感 +2

4

3+1

2+1

5

+3

+4

+1

+4

正のエネルギー放出 2d6

4

3+1

2+1

1+1

6

+4

+5

+2

+5

との共感 +3

4

3+1

3+1

2+1

7

+5

+5

+2

+5

正のエネルギー放出 3d6

4

4+1

3+1

2+1

1+1

8

+6/+1

+6

+2

+6

との共感 +4

4

4+1

3+1

3+1

2+1

9

+6/+1

+6

+3

+6

正のエネルギー放出 4d6

4

4+1

4+1

3+1

2+1

1+1

10

+7/+2

+7

+3

+7

との共感 +5

4

4+1

4+1

3+1

3+1

2+1

11

+8/+3

+7

+3

+7

正のエネルギー放出 5d6

4

4+1

4+1

4+1

3+1

2+1

1+1

12

+9/+4

+8

+4

+8

との共感 +6

4

4+1

4+1

4+1

3+1

3+1

2+1

13

+9/+4

+8

+4

+8

正のエネルギー放出 6d6

4

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

2+1

1+1

14

+10/+5

+9

+4

+9

との共感 +7

4

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

3+1

2+1

15

+11/+6/+1

+9

+5

+9

正のエネルギー放出 7d6

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

2+1

1+1

16

+12/+7/+2

+10

+5

+10

との共感 +8

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

3+1

2+1

17

+12/+7/+2

+10

+5

+10

正のエネルギー放出 8d6

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

2+1

1+1

18

+13/+8/+3

+11

+6

+11

との共感 +9

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

3+1

2+1

19

+14/+9/+4

+11

+6

+11

正のエネルギー放出 9d6

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

3+1

3+1

20

+15/+10/+5

+12

+6

+12

との共感 +10

4

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

4+1

クラス技能 Class Skills

カッパカンヌシクラス技能は、以下の通り:〈登攀〉【筋】〈製作〉【魅】〈治療〉【判】〈知識:歴史〉【知】〈知識:自然〉【知】〈知識:宗教〉【知】〈言語学〉【知】〈職能〉【判】〈真意看破〉【判】〈呪文学〉【知】〈隠密〉【敏】〈生存〉【判】

レベル毎の技能ランク4+【知】修正値。

クラス特徴

カッパカンヌシクラス特徴は以下の通り。

武器と防具の習熟カッパカンヌシは全ての単純武器、軽装鎧、小型習熟している。

エネルギー放出(超常)/Channel Energy:3レベルで、カッパカンヌシ1レベルクレリックとして正のエネルギー放出を行うことができる。カッパカンヌシは常に彼女のカッパカンヌシレベルより2レベル低いクレリックとしてエネルギー放出を行う。

への命令/Command Spirits:カッパカンヌシカミフェイエレメンタルに対してコマンドを一日に彼の【魅力】修正値に等しい回数だけ発動できる(最低1回)。通常精神作用]効果完全耐性があるクリーチャーにさえ、このパワーの対象となる。

領域/Domains:カッパカンヌシは以下の領域の使用権を持つ:動物治癒植物

焦点具不要/Eschew Focus:カッパカンヌシは彼の領域呪文あるいはエネルギー放出を発動することに信仰焦点具を必要としない。彼は自身の内部からそのを引き出す。

との共感/Spirit Empathy:カッパカンヌシカミフェイエレメンタル種別あるいは副種別を持つクリーチャーに対して〈威圧〉あるいは〈交渉〉判定を行うとき、彼のヒット・ダイスの1/2に等しいボーナスを得る。

への抵抗/Spirit Resistance:2レベルで、カッパカンヌシカミ及びフェイの両方の擬似呪文能力あるいは超常能力に対するセーヴィング・スローに+4のボーナスを得る。

出典:In the Company of Kappa copyright 2011, Steve D. Russell and Michael Tumey. All rights reserved; Author:Jonathan McAnulty

全文検索 目的別索引