〈呪文学〉

〈呪文学〉【知】;修得のみ) Spellcraft

君は呪文の発動のわざや魔法のアイテムの識別、魔法のアイテムの作成や発動中の呪文の識別を行なうことに長けている。

判定〈呪文学〉は、呪文の発動魔法のアイテムの作成についての技術的な側面に関して、知識や技能が問題となる際に使用される。この技能はまた、ディテクト・マジックアイデンティファイといった呪文を使うことで、所持している魔法のアイテムの特性を識別する際にも用いられる。以下のように、この判定難易度は作業によってさまざまである。

アクション発動されようとしている呪文を識別するのはアクションではないが、君はその呪文が発動されるのをはっきりと見ることができなければならず、このため距離や不利な状況、その他の要因に関して、〈知覚〉判定と同様のペナルティを受ける。呪文書巻物から呪文を学ぶのは呪文レベルにつき1時間(0レベル呪文は30分)かかる。借りた呪文書から呪文を準備するのは、呪文の準備以上に時間がかかることはない。魔法のアイテムを作成するために〈呪文学〉判定を行なうのは製作過程の一部である。魔法のアイテムの特性を識別する試みは、識別しようとするアイテム1個につき3ラウンドかかり、その品を徹底的に吟味できる状態である必要がある。

挑戦呪文の識別は再挑戦できない。呪文書巻物から呪文を学ぶのに失敗した場合、君は再挑戦するまでに最低でも1週間待たなくてはならない。借りた呪文書から呪文を準備するのに失敗した場合、君は次の日まで再挑戦できない。ディテクト・マジックを用いて魔法のアイテムの特性を識別する際には、アイテム1つの特性を突きとめようとすることができるのは1日1回までである。再度試みても同じ結果がもたらされる。

特殊家のウィザードは、自分の専である系統呪文の識別、学習、準備を行なう際には+2のボーナスを得る。同様に、対立系統呪文に関して同じような判定を行なう際には-5のペナルティを被る。

エルフは、魔法のアイテムの特性を識別するための〈呪文学〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

《魔法の才》特技があるなら、〈呪文学〉判定ボーナスを得る(『特技』を参照)。

表:〈呪文学〉難易度

作業

〈呪文学〉難易度

発動されようとしている呪文を識別する

15+呪文レベル

呪文書巻物から呪文を学ぶ

15+呪文レベル

借りた呪文書から呪文を準備する

15+呪文レベル

ディテクト・マジックを用いて魔法のアイテムの特性を識別する

15+アイテムの術者レベル

巻物を解読する

20+呪文レベル

魔法のアイテムを作成する

アイテムによりさまざま

全文検索 目的別索引