ミスティック・シーアージ

ミスティック・シーアージ Mystic Theurge

ミスティック・シーアージ(「神秘の術者」ほどの意)は自分の魔法に何ら境界をもうけることがなく、秘術信仰に同じように情熱をそそぐことを両立しえないパラドックスとはまったく見なしていない。ミスティック・シーアージはありとあらゆる形の魔法を探し求め、単一の息苦しい規範だけに自分の知識を制限する事による自身への教えの否定に対し妥当性や論理性を見出さないが、多くのシーアージはただ単純に限りなきパワーを渇望する。動機がどうであろうと、ミスティック・シーアージは、感じとれるものこそ現実であり、多元宇宙の神々の力やアストラルのエネルギーを通じて、感じとれるものを行使することでこの現実のありようだけでなく運命をも操作し支配できる、と信じている。

ミスティック・シーアージは、すでに秘術呪文信仰呪文の両方を発動できるマルチクラスのキャラクターを引き寄せミスティック・シーアージが得るパワーは両者の体得をいや増させる。

役割:ミスティック・シーアージはどんなパーティーにとっても強な構成員であり、攻撃に、防御に、そして治療に魔法を提供する。ミスティック・シーアージ秘術アーティファクトや神聖なアーティファクト魔法伝承信仰啓示を求めて世界をし、そのグループのゴールが自分のそれと競合するのでなければ、ほとんどの者は冒険者グループと協することにまったくうしろめたさを覚えない。

属性ミスティック・シーアージ動機が利他主義や博精神に由来することはまず滅多にないため、ほとんどの者は真なる中立中立にして善中立にして悪に偏りがちだ。秩序属性ミスティック・シーアージは、であれ中立であれであれ、稀であり、しばしばその社会の利益ないし支配のために使用する。職業柄強い自制心が一般に求められるため、混沌属性ミスティック・シーアージはそれよりもっと稀だ。

ヒット・ダイス種類d6。

必要条件

ミスティック・シーアージになるためには、キャラクターは以下の基準すべてを満たさなければならない。

技能〈知識:宗教〉3ランク、〈知識:神秘学〉3ランク。

呪文2レベル信仰呪文および、2レベル秘術呪文を発動できる能

クラス技能

ミスティック・シーアージクラス技能(と各技能の対応能)は、〈呪文学〉【知】〈真意看破〉【判】〈知識:宗教〉【知】〈知識:神秘学〉【魅】

レベルごとの技能ランク2+【知力】修正値。

表:ミスティック・シーアージ

レベル

基本攻撃
ボーナス

頑健
セーヴ

反応
セーヴ

意志
セーヴ

特殊

1日の呪文

1

+0

+0

+0

+1

呪文融通1レベル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

2

+1

+1

+1

+1

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

3

+1

+1

+1

+2

呪文融通2レベル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

4

+2

+1

+1

+2

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

5

+2

+2

+2

+3

呪文融通3レベル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

6

+3

+2

+2

+3

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

7

+3

+2

+2

+4

呪文融通4レベル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

8

+4

+3

+3

+4

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

9

+4

+3

+3

+5

呪文融通5レベル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

10

+5

+3

+3

+5

合成呪文

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル/既存の信仰呪文を発動するクラスに+1レベル

クラスの特徴

以下のすべてがミスティック・シーアージ上級クラス特徴である。

武器と防具の習熟ミスティック・シーアージはどんな武器にも防具にも習熟していない。

1日の呪文数:新たなミスティック・シーアージレベルを得たに、キャラクターは自分がこの上級クラスに就く前に属していた、秘術呪文が発動できるクラスいずれか1つと、および自分がこの上級クラスに就く前に属していた、信仰呪文が発動できるクラスいずれか1つのレベルが上がったかのように、1日に使える呪文数が増える。しかし、追加の1日の呪文数、追加修得呪文数(準備しない呪文使いの場合)、呪文を発動する際の有効レベルの上昇以外に、そのクラスレベルが上がっていたなら得られたはずの他の利益を得ることはない。キャラクターがミスティック・シーアージになる前に秘術呪文が発動できるクラスを複数、信仰呪文が発動できるクラスを複数とっていたなら、レベルの上昇があるたびに、その新たなレベルをどのクラスにそれぞれ、1日の呪文数を決定するために適用するか決めなければならない。

呪文融通(超常)/Combined Spells:ミスティック・シーアージは、自分が持ついずれかの呪文が発動できるクラスの使用可能な呪文スロットを使用して、別の呪文が発動できるクラス呪文スロットとして呪文を準備したり発動したりできる。この方法で準備したり発動したりした呪文は、本来占める呪文スロットよりも呪文レベル1レベル高い呪文スロットを使用する。発動する呪文が両方のクラス呪文リストに載っている場合、この能は低い方の呪文レベル呪文を発動するために使用することはできない。クラス・レベル1レベルミスティック・シーアージはいずれかの呪文が発動できるクラス2レベル呪文スロットを使用して、別の呪文が発動できるクラス1レベル呪文スロットとして呪文を準備できる。以後2レベルごとに、この方法で発動できる呪文呪文レベル1レベルずつ上昇し、9レベル5レベル呪文を最高とする(この発動する呪文6レベル呪文スロットを使用する)。発動する呪文構成要素に変更はないが、それ以外は呪文を発動するのに使用する呪文発動のあるクラスのルールに従う。

任意発動する呪文使いは、任意発動しないクラスがその日に準備した呪文のみを、その呪文がすでに発動済みであっても、この能を使用するために選択できる。えば、クレリックソーサラーミスティック・シーアージは。1レベル・クレリック呪文スロットを使用してブレス呪文を準備していた場合には、その呪文がすでにその日発動済みであったとしても、2レベルソーサラー呪文スロットを使用してブレス呪文任意発動するために、この能を使用することができる。

合成呪文(超常)/Spell Synthesis:10レベルに到達したミスティック・シーアージは、1回のアクションで、自分が持つ呪文を発動できるクラスからそれぞれ1つずつ、2つの呪文を発動できる。いずれの呪文の発動時間も同じでなければならない。ミスティック・シーアージ呪文に関する決定をそれぞれ別個に行なうことができる。両方の呪文効果を受けた目標はそれぞれの呪文に対して行なうセーヴに-2のペナルティを受ける。ミスティック・シーアージは発動した2つの呪文呪文抵抗を克服するために行なう術者レベル判定に+2のボーナスを得る。ミスティック・シーアージはこの能を1日に1回使用してよい。


全文検索 目的別索引