呪われたアイテム

呪われたアイテム

呪われたアイテム

重量

スクロール・オヴ・ブラッド・インク

スタッフ・オヴ・マジカル・ディクライン

5ポンド

ニードフル・ドール

1ポンド

ブック・オヴ・パーラス・ジャーニーズ

1/2ポンド

スクロール・オヴ・ブラッド・インク

Scroll of Blood Ink/血のインク巻物
出典 Horror Adventures 143ページ
オーラ さまざま; 術者レベル さまざま
装備部位 なし; 重量

この巻物には呪文が含まれているように見える。使用者が呪文を発動しようとすると、インクが血に変わり、ページから流れ出し、自動的に呪文を失う。巻物の先端が鋭くなって使用者のを切断し、4ポイントの【耐久力】への出欠ダメージを与える。難易度 15の反応セーヴに成功すると、出血ダメージ半減する。出血は魔法治癒か、難易度 20の〈治療〉判定に成功することで止まる。

作成要項

必要条件 いずれかの巻物コスト


スタッフ・オヴ・マジカル・ディクライン

Staff of Magical Decline魔法拒絶のスタッフ
出典 Horror Adventures 143ページ
オーラ さまざま; 術者レベル さまざま
装備部位 なし; 重量 5ポンド

このスタッフは普通のスタッフのように見え、戦闘に使用されるまで通常通り機能する。使用者の有効術者レベルは、スタッフあるいは使用者の術者レベル4レベル低いほうになるまで減少する。使用者の呪文発動能力値は既にそれより低い場合を除き、10+スタッフの最高呪文レベルまで低下する。

使用者は他の近接武器呪文起動型アイテムではなく、スタッフを使用しなければならない。スタッフが完全にチャージされたとしても、術者はスタッフに1チャージ回復するために呪文スロットを消費しない限り、その日の呪文スロットを取り戻すことはできない。しかしながら、呪いから解放されるまでスタッフをチャージするために使用した呪文スロットは2度と回復しない。使用者がスタッフを取り除く方法はウィッシュあるいはミラクルのみである。

作成要項

必要条件 いずれかのスタッフコスト


ニードフル・ドール

Needful Doll/必要な人形)
出典 Horror Adventures 226ページ
オーラ召喚術および幻術術者レベル 13
装備部位 なし; 重量 1ポンド

人型生物クリーチャーがこの古い人形を拾うと、恐ろしい呪いを引き起こす。その後、この呪われた人形はそのクリーチャーを所有者とみなす。所有者がドールを離すと、次に寝るときに所有者の隣に現れる。

この人形は立派なものである。所有者が繰り返し人形を捨てようか、家に置き去りにすると、所有者が信じている者たち全員が所有者を捨ているという恐ろしい悪夢で所有者を苦しめる。所有者が人形を破壊する場合、所有者が信頼する人々が恐ろしい方法で所有者を殺すという不穏な悪夢を見る。所有者がその日のほとんどの間人形を背負い袋や他の閉じた容器に入れておくならば、暗く窮屈な場所でゆっくりと窒息していく悪夢を見る。

悪夢は所有者が次に眠るときに発生する。これはナイトメア難易度 22)のように機能する。人形は所有者の直接の知識(あるいは所有者が1週間以上ドールを所有している場合は身近な知識)を持ち、身体の一部を持っているものと見なされる。所有者が人形を放棄あるいは破壊する方法に関係なく、所有者が最初に見つけたと同じ状態で次の夜に戻ってくる。人形にブレイク・エンチャントメントリムーヴ・カースを使用すると、1d4+1日間戻ってこなくなるが、その後は通常通り戻ってくる。

しかし、人形はすぐ許す。所有者が1日人形を使い、公然と持ち運んで身体的な接触を維持していると、人形は再び虐待されたと感じるまでは悪夢は消える。人形を取り除くか破壊する唯一の確実な方法は、ウィッシュミラクルを除けば、人形を贈り物として受け入れる人を見つけることである。所有者がぬと呪いは解除され、新しい所有者が見つかるまで人形は辛抱強く待ち続けるが、その前に前の所有者がから蘇った場合、人形は前の所有者のもとに戻る。

作成要項

必要条件 アナトミー・ドール(Ultimate Equipment 276)、ガンジ・ドールOAヘクシング・ドールコスト


ブック・オヴ・パーラス・ジャーニーズ

Book of Perilous Journey's危険路の本)
出典 Horror Adventures 226ページ
オーラ召喚術 術者レベル 13
装備部位 なし; 重量 1/2ポンド

この革装本は湿気によって部分的に破損している日記のように見える。まだ読みやすいページには、著者が未知の土している間に明らかに起こった3つの暴的な出来事の詳細が記載されている。本にはいくつ種類があり、それぞれが、Pathfinder RPG Bestiaryの324ページの遭遇表に対応する異なる種別を通る危険な未知について説明している。

3つの項のいずれかを読むと呪いが始まる。その後、読者はなんとかして本を保護し、次の2日間で他の2つの項を密かに読むように強制される。所有者は各日、夜の間に項の1つ、本の攻撃に適した種類モンスターを読み解く。適切な遭遇表をロールして、特定のモンスターを決定する。天候がジャーナルに記載されている気候の典型的な天気と大きく異なる場合、天気の突然の変化はモンスターの到着を予告する(コントロール・ウェザーとして)。

3回の攻撃が終わると本は不思議なことに消え、呪いは解かれる。しかし本は後にランダムな場所に再出現する。

作成要項

必要条件 モンスター・オルマナック(221ページ参照); コスト

全文検索 目的別索引