天候

天候 Weather

天候が冒険に重要な役割を果たすこともある。

表:天気ランダム決定表 Random Weather

d%

天気

寒冷な気候

温暖な気候 1

砂漠

01~70

通常の天気

寒冷、凪

その季節の標準 2

猛暑、凪

71~80

異常な天気

(01~30)か寒(31~100)

(01~50)か寒(51~100)

猛暑、が強い

81~90

荒れ模様の天気

(雪)

(その季節の標準)

猛暑、が強い

91~99

吹雪

雷雨、吹雪

100

激しい

猛吹雪

猛吹雪、台竜巻

豪雨

1

温暖な気候には、森林丘陵湿地山岳、平原、暑熱な気候帯の水界が含まれる。

2

は寒冷、夏は暑い、春と秋は穏やか。湿地でも少し暖かい。

表:天気ランダム決定表』は一般的な地域の天気を決めるために使うことができる。表の用語は以下の通り。

暑い/Warm:日中が華氏60~85度(15.6℃~29.4℃)、夜間はそれより華氏10~20度(5.6~11.1℃)低い。

(砂吹雪/雷雨):速は毎30~50マイル(強)で、視できる距離は1/4に減る。は2d4-1時間持続する。詳細は後述の『』の項を参照

穏やか/Moderate:日中が華氏40~60度(4.4℃~15.6℃)、夜間はそれより華氏10~20度(5.6~11.1℃)低い。

が強い/Windy:速は速10~30マイル(軟疾風)。『表:風力効果参照

/Cold Snap:気温が華氏10度(5.6℃)下がる。

寒冷/Cold:日中が華氏0~40度(-17.8~4.4℃)、夜間はそれより華氏10~20度(5.6~11.1℃)低い。

豪雨/Downpour:雨として扱う(後述の“降”を参照)が、と同様に視認困難を与える。氾濫が起こる。豪雨は2d4時間続く。

/Precipitation:d%をロールして、降(01~30)であるか雨/雪(31~90)であるか、みぞれ/ひょう(91~00)であるか決定する。雪とみぞれは気温が華氏30度以下(氷点下)のにだけ発生する。ほとんどの降は2d4時間持続する。一方、ひょうは1d20分しか持続しないが、通常は1d4時間の雨を伴う。

凪/Calm:速は低い(毎0~10マイル)。

/Heat Wave:気温が華氏10度(5.6℃)上がる。

激しい(暴猛吹雪/台竜巻)/Powerful Storm:速は毎50マイルを超える(『表:風力効果参照)。さらに猛吹雪は積雪(深さ1d3フィート)を伴い、台は豪雨を伴う。暴は1d6時間持続する。猛吹雪は1d3日持続する。台は1週間まで持続することがあるが、の中心部が直撃する際の24~48時間時間帯が、キャラクターたちにもっとも大きな響がある。竜巻の寿命は非常に短く(1d6×10分)、たいていは雷雨システムの一部として形成される。

猛暑/Hot:日中が華氏85~110度(29.4~43.3℃)、夜間はそれより華氏10~20度(5.6~11.1℃)低い。

雨、雪、みぞれ、ひょう Rain, Snow, Sleet, and Hail

悪天候にあうと、の足は遅くなり、にはとまる。までの行程を定めることも事実上不可能になる。すさまじい豪雨や猛吹雪は、濃いと同様に視界をぼやけさせてしまう。降の大方は雨として現れるが、寒いには雪やみぞれやひょうとなって現れることもある。何らかの降の後に寒が続き、寒の現れる前には氷点より上だった温度が氷点下になったなら、氷が生じる。

雨/Rain:雨は視できる距離を半分にし、〈知覚〉判定に-4のペナルティを及ぼす。また、遠隔武器による攻撃〈知覚〉判定に対しては、強と同じ効果を及ぼす。

大雪/Heavy Snow:大雪は普通の降雪と同じ効果を有する。加えて(『参照)と同様に視界を制限する。1日間の大雪は地面に1d4フィートの深さの雪を残す。大雪に覆われたマスに入る場合、1マスあたり4マス分の移動がかかる。大雪に疾風ないし強がともなうと、あちこちに雪が吹き寄せられて高さ1d4×5フィートほどになったかたまりができる。特に小屋や大きなテントなど、を跳ね返すほど大きなものの周囲や中にできることが多い。大雪には10%ほどの確率で稲妻(『雷雨』参照)が伴う。雪はに対しては軟と同じ効果を及ぼす。

ひょう/Hail:ひょうは視界を狭めることはないが、ひょうの落ちる音は聴覚による〈知覚〉判定をより難しくする(-4のペナルティ)。として(5%の確率で)、屋外にいる者全員に(1回のにつき)1ポイントのダメージを与えるほどの大粒のひょうが降ってくることもある。一旦地面につくと、ひょうは移動に関して雪と同じ効果をあらわす。

みぞれ/Sleet:みぞれというのはつまり氷まじりの雨である。降っている間は雨と同じ効果を有し(ただし覆われているを消す確率は75%)、一旦地面につくと雪と同じ効果を有する。

雪/Snow:降雪は視界、遠隔武器による攻撃技能判定に対して、雨と同じ効果を及ぼす。また、雪に覆われたマスに入る場合、1マスあたり2マス分の移動がかかる。1日間の降雪は地面に1d6インチの深さの雪を残す。

Storms

一方に降または砂、もう一方にあらゆるにつきものの、この両者があいまって、の中では視できる距離が1/4になり、〈知覚〉判定に-8にペナルティがつく。遠隔武器による攻撃を不可能にする。ただし攻武器外で、攻撃ロールに-4のペナルティを受けるだけでよい。ろうそく松明などの“覆われていない”は自動的に消える。ランタンなどの“覆われている”は激しくゆらめき、50%の確率で消えてしまう。このようなの中、屋外で身を隠す場所にいるわけでもないクリーチャーがどんなにあうかについては『表:風力効果』を参照には次の3がある。

脅威度3)/Duststorm:この砂漠は、他のと違って降を伴わない。代わりにの細かな砂を吹きつけて、視界をさまたげ、覆われていないをくすぶらせて消してしまう。覆われているも消してしまう可能性(50%)がある。砂はほとんどの場合強を伴っており、その吹き荒れた後には深さ1d6インチの砂が積もる。10%の確率で暴級の砂(『表:風力効果参照)を伴った大砂が起きることもある。こうした大砂は、身を隠す場所もなく屋外にいる全ての者に毎ラウンド1d3ポイントの非致傷ダメージを与え、窒息危険をも及ぼす(『溺れ』のルールを参照。ただしスカーフなどの防御段で鼻と口を覆った者は、【耐久力】+10ラウンドが過ぎるまでは窒息し始めることはない)。大砂は通った後に2d3-1フィートの細かな砂を残していく。

吹雪/Snowstorm:他のと同様のと降に加えて、吹雪地面に深さ1d6インチの雪を残していく。

雷雨/Thunderstorm:と降雨(通常は雨だが、ひょうが降ることもある)に加えて、雷雨は稲妻も伴っており、これはしかるべき隠れ場にいない者(なかんずく、金属製の鎧を着用している者)には危険となる可能性がある。大まかなルールとして、の中心付近にいる1時間の間、1分間に1回の落雷があるとみなすこと。1回の落雷は4d8~10d8ポイントの[電気ダメージを与える。10の雷雨のうち1つは竜巻を伴っている。

激しいと降がすさまじいので視界はゼロになり、〈知覚〉判定と全ての遠隔武器による攻撃は不可能になる。覆われていない自動的に消え、覆われているも75%の確率で水浸しになって消えてしまう。激しい範囲に入ったクリーチャー頑健セーヴを行わねばならず、失敗すればクリーチャーサイズに基づいて響を受ける(『表:風力効果参照)。激しいには以下の4がある。

/Windstorm:はほとんど、あるいは全く降を伴わないが、だけでかなりのダメージを与える。

猛吹雪/Blizzard:激しいと大雪(たいていは深さ1d3フィート)、そして厳寒の複合効果のため、備えをしていなかった者にとっては猛吹雪に至る危険となる。

/Hurricane:非常に激しいと豪雨のため、台氾濫を伴う。このような条件下では、冒険活動はまず不可能である。

竜巻/Tornado:信じられないほどの激しいのため、竜巻にまきこまれた者は、重傷を負うかんでしまうかもしれない。

Fog

低くかかった雲か、地面から立ち上ったもやであるかに関わらず、は5フィートを超える全ての視界(暗視を含む)を妨げる。5フィート先のクリーチャーには視界困難を得る(そうしたクリーチャーからの攻撃やそうしたクリーチャーへの攻撃には20%の失敗確率がつく)。

Winds

は砂やほこりを痛いほど吹き付けたり、大きなを煽り立てたり、小舟をひっくり返したり、ガスや蒸気を吹き払ったりすることがある強い風なら、キャラクターを打ち倒したり(『表:風力効果参照)、遠隔攻撃を妨げたり、一部の技能判定ペナルティを与えたりすることもある。

表:風力効果 Wind Effects

遠隔攻撃通常兵器/攻城兵器1

釘付けにされるサイズ 2

吹き飛ばされるサイズ 3

〈飛行〉へのペナルティ

0~10マイル

―/―

11~20マイル

―/―

疾風

21~30マイル

-2/―

超小型

-2

31~50マイル

-4/―

小型

超小型

-4

51~74マイル

不可能/-4

中型

小型

-8

75~174マイル

不可能/-8

大型

中型

-12

竜巻

175~300マイル

不可能/不可能

超大型

大型

-16

1

攻城兵器の分類には、バリスタやカタパルトによる攻撃のほか、ジャイアントによる投も含まれる。

2

釘付けにされるサイズ/Checked Size:このサイズと同じかより小さなサイズクリーチャーは、難易度10の【筋力】判定上にいる)か難易度20の〈飛行〉判定中にいる)に成功しなければ、に逆らって前に進むことができない。

3

吹き飛ばされるサイズ/Blown Away Size上にいるクリーチャーは、難易度15の【筋力】判定に成功しなければ、によって打ち倒されて伏せ状態になり、1d4×10フィート転がされ、10フィート転がされるごとに1d4ポイントの非致傷ダメージを受ける。飛行中のクリーチャーは、難易度25の〈飛行〉判定に成功しなければ、2d6×10フィート吹き戻され、もみくちゃにされて2d6ポイントの非致傷ダメージを受ける。

/Light:穏やかなそよ。ゲーム上の効果はおおむね何もない。

/Moderate:ろうそくのような小さな“覆われていない”を50%の確率で消してしまう

疾風/Strong:ろうそく松明などの“覆われていない”を自動的に消してしまう強い風。これだけのになると、遠隔攻撃ロールおよび〈知覚〉判定に-2のペナルティがつく。

/Severe:あらゆる種類の“覆われていない”を自動的に消してしまうだけではなく、これほどのになると、ランタンのなどの“覆われている”も激しく揺らめき、50%の確率で消えてしまう。遠隔武器攻撃〈知覚〉判定に-4ペナルティがつく。ガスト・オヴ・ウィンド呪文で生み出されるの速度はこれにあたる。

/Windstorm:丸ごとは無理でも、枝くらいは吹き散らしてしまう。暴は“覆われていない”を自動的に消し、ランタンなどの“覆われている”も75%の確率で吹き消してしまう。遠隔武器攻撃は不可能で、攻城兵器でも-4のペナルティがつく。の立てる轟音のため〈知覚〉判定には-8のペナルティがつく。

級の/Hurricane:全てのは消されてしまう。遠隔攻撃は不可能である(攻城兵器だけは外だが、攻撃ロールに-8のペナルティがつく)。聴覚に基づく〈知覚〉判定も不可能で、キャラクターに聞こえるのはの怒号ばかり。台級のが吹けば、々が倒されることも多い。

竜巻脅威度10)/Tornado:全てのは消されてしまう。どんな遠隔攻撃も(攻城兵器のよるものも)、聴覚に基づく〈知覚〉判定も不可能である。竜巻の近くにいるキャラクターは、頑健セーヴに失敗すると、吹き飛ばされる(『表:風力効果参照)のではなく、竜巻の方に吸い寄せられる。じょうごの形をした竜巻の本体に接触したものは、巻き上げられて1d10ラウンドの間振り回され、乱暴に放り出される(落下ダメージが適用されるかもしれない)までの毎ラウンド6d6ポイントのダメージを被る。竜巻の回転速度は最大で毎300マイルにまで及ぶことがあるが、竜巻自体は平均速30マイル(およそ1ラウンドあたり250フィート)で進む。竜巻々をこそぎにし、建物を壊し、そのほかこれに類する大きな破壊をもたらす。

全文検索 目的別索引