キャットフォーク

キャットフォーク Catfolk

キャットフォークは先進的なものに滅多に飽きることのない、生まれながらの探求者の種族だ。先進的とは、遠い土の新たな平線を探索することに限定されるわけではない。多くのキャットフォークは個人的な成長や発達も意味のある探索の道と捉えている。ほとんどのキャットフォーク機敏で有能であり、しばしば活動的なクリーチャーだが、静かに熟慮し研究することに従事するキャットフォークもかなりの数存在する。そのようなものはかつての問題や疑問の新しい解決法を見つけることに興味を持つ。それが当固定化した思想上では間違いのないものであることさえある。彼らは生まれながら好奇心が強く、そのためキャットフォーク文化は知的好奇心を殺ぐようなことは決してなく、育て励ます。多くのキャットフォークは、他の種族の一員から見れば突拍子もない外交的なものだが、キャットフォーク部族の中ではちょっとした奇妙さや奇抜さ、無謀な行いは気にもされない。

ほとんど内面に専心するものを除き、キャットフォークは皆注の的になることを楽しむ。しかしキャットフォークがその部族で生まれたのか、他のクリーチャーとの友好を結ぶ上で選ばれた部族であったにせよ、部族を犠牲にはしない。キャットフォークは気前がよく、家族や友人に誠意ある行いを示す。

身体的特徴一般にキャットフォークはしなやかですらりとしている。背の高さはドワーフ人間の間くらい。疑いもなく人型生物なのだが、彼らは多くの猫の特徴を備える。全身は柔らかく上質の毛に覆われ、瞳は細長く、なめらかで細いといったふうに。彼らのはとがっているが、エルフのそれとは異なりずっと丸く猫のようだ。彼らは他のどの人型生物よりも容易にものを操ることができるが、その指の先には小さく鋭い、出し入れ自在のがついている。通常その武器として使用できるほど強力なものではないが、あるには――歪められた出生によるものか、何年も磨き上げたのか――を使って恐るべき効果を及ぼすことのできるものもいる。猫の髭は一般的ではないが全くないというわけでもない。髪や瞳の色は非常に多様性がある。

社会自己表現はキャットフォーク文化における重要な側面だが、それは共同体や集団の強い努力意識により緩和されている。自然の中ではキャットフォークは狩猟採集民たる部族の一員である。個人的な力の追求は、部族の健康や幸福より優先されることは決してない。この一見穏やかな種族を侮ったために、この種族の結束が大きな力となる事に気付くのに遅れてしまった種族は複数存在する。

キャットフォークは最も優秀なものに率いられることを好む。それは通常、全会一致か選挙により仲間達から選ばれた、副族長の評議会となる。窮に指導者を決めたり、調停すべき仲違いが副族長の間で生じたりしたとき、副族長達は族長を選ぶ。族長は部族で最も有力なものであり、魔法の才能を持つことが多い。都市文化圏に住むキャットフォークも類似の部族構成にこだわるものの、しばしば部族の外の友人が他の種族であろうとも、拡張された部族の一員と見なす。冒険者グループの中では、族長を明確に選ぼうとしないキャットフォークは、族長の文化特徴に共通点を最も多くもつものに従う。

種族関係:適応力があり好奇心の強いキャットフォークは、互いに切を施し合うほとんどどのような種族ともうまくやっていく。彼らはハーフリング人間、とりわけエルフと簡単に慣れしむ。キャットフォークエルフは共に激情的な性格で、音楽、舞踏、朗誦をこよなく愛する。エルフ社会はしばしばキャットフォーク部族を優しく指導する。しかしそのようなエルフはこの猫の友に恩着せがましい振る舞いをしないように注意する。ノームキャットフォークにぴったりの友人となる。キャットフォークノームの奇妙で偏執狂な性格を楽しむからだ。キャットフォークコボルドキャットフォークとの境界を尊重する限り、この爬虫類人に寛容である。オークの野蛮な気質はキャットフォークの中でも嫌われるほどの大きな混乱を引き起こす。彼らはオークの残虐性や自己破壊的な性向を理解しない。一方ハーフオーク、特に残忍な同族の有害で憎むべき性癖を乗り越えるために努力したものはキャットフォークに興味を持つ。キャットフォークゴブリンラットフォークを虫のように捕らえる。これらの種族が群れをなすことと、その致命的な性格を忌み嫌うのだ。

属性宗教キャットフォーク文化の中央には共同体と利他的な連携があり、によりがちな好奇心と他の種族の多くの習に望んで適応する。キャットフォークのほとんどは善属性になることが多い。明らかにキャットフォークの大多数は混沌であり、知恵は第一の徳とは見なされない。とはいっても、原因によっては外はある。

冒険者生まれながらの追跡者であり、部族の狩猟採集民としての側面により、多くのキャットフォークは何もしなくてもレンジャードルイドの職業につきやすい。しかしそのような役割は芸事や歌、舞踏、朗誦を愛する彼らがいつも口にするものではない。キャットフォークの伝説には偉大なソーサラーの英雄の豊富な伝統について語られている。行熱をとりこんだキャットフォークはしばしばウィザードモンクになる。このようなモンクの多くは機敏な守護者の道を進む。キャヴァリアーインクィジターキャットフォークは滅多にいない(一つの的に忠実に専念するというのは、キャットフォークの考え方に合わないことが多い)が、このような生き方を選んだものが見下される事は決してない。キャットフォーク探検と自己認識は多くの道に続いていることを理解しており、ほとんど全ての職業と人生の行き方を受け入れるのだ。

男性名:カルース、ゲラン、ジセンベ、ドレワン、ニクタン、フェルス、ロウカー。

女性名:アルカラ、シフェレレ、ジリャナ、ティイェリ、ドゥライン、ホヤ、ミニリ、ミラー。

キャットフォークの種族特性 Catfolk Racial Traits

+2【敏捷力】、+2【魅力】、-2【判断力】キャットフォーク社会的で俊敏だが、しばしば良識に欠ける。

キャットフォークキャットフォーク(キャットフォーク)の副種別を持つ人型生物である。

中型:キャットフォークは中型クリーチャーであり、サイズによるボーナスペナルティも受けない。

普通の移動速度キャットフォークは30フィートの基本移動速度を持つ。

夜目薄暗い照明の環境下において、キャットフォークは薄暗い照明の環境下で人間の2倍の距離まで見通すことができる。

猫の幸運(変則)/Cat's Luck:1日1回、反応セーヴィング・スローを行う際、キャットフォークセーヴィング・スローを2回ロールし、よりよい結果を選ぶことができる。セーヴィング・スローを試みる前に、この能力を使用するかどうか決定しなければならない。

生来の狩人/Natural Hunter:キャットフォーク〈隠密〉〈生存〉〈知覚〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

全速力/Sprinter:キャットフォーク疾走突撃撤退アクションを行う際、移動速度に10フィートの種族ボーナスを得る。

言語キャットフォークはプレイ開始キャットフォーク語および共通語の会話能力を持っている。高い【知力】を持つキャットフォークは次に挙げる言語を選択することができる:エルフ語、オーク語、ゴブリン語、ノーム語、ノール語、ハーフリング語、および森語。

代替種族特性 Alternate Racial Traits

通常キャットフォークの種族特性の代わりに以下の種族特性を選択してもよい。この新しいオプションのいずれかを選択する前に、君のGMに相談をすること。

猫の/Cat's Claws:の他の者よりも強力で発達しているを持つキャットフォークもおり、彼らは攻撃に使用する。この種族特性を持つキャットフォークは、肉体武器として使用できる1組のを持つ。このは主要攻撃であり、1d4ポイントのダメージを与える。この種族特性は生来の狩人を置き換える。

賢い猫/Clever Cat:キャットフォークには友好的な気質がよく見られるが、ずる賢さを失ったわけではない。彼らの中には社会的な障害を遊ぶに足るゲームであり、勝たねばならないと感じているものもいる。このようなキャットフォーク〈交渉〉〈真意看破〉〈はったり〉判定に+2の種族ボーナスを得る。この種族特性は生来の狩人を置き換える。

登攀者/Climber:キャットフォークの狩人はや他の高い有利な点から襲いかかる狩りの法に慣れている。この種族特性を持つキャットフォークは20フィートの登攀移動速度を持つ(登攀移動速度により、〈登攀〉判定に+8の種族ボーナスを得る)。この種族特性全速力と置き換える。

好奇心/Curiosity:キャットフォークは生まれつき自分の周りの世界に興味津々だが、他の者よりずっと好奇心旺盛なものもいる。このようなキャットフォーク情報収集のために行う〈交渉〉判定に+4のボーナスを得、〈知識:地域〉および〈知識:歴史〉は常にクラス技能として扱われる。これらいずれかの〈知識〉技能クラス技能として持つクラスを選択したなら、代わりにそれらの技能に+2の種族ボーナスを得る。この種族特性は生来の狩人と置き換える。

猫受け身/Nimble Faller:驚異的なバランス感覚を持ち、自分の重心に関する鋭い知見を持つキャットフォークもいる。この種族特性を持つキャットは、落下により致傷ダメージを受けた場合でもから着する。さらに、この種族特性を持つキャットフォークは、足払い戦技に対する戦技防御値に+1のボーナスを得る。この種族特性全速力と置き換える。

鋭敏嗅覚繊細な視覚よりも鋭い嗅覚を好むキャットフォークもいる。この種族特性を持つキャットフォーク鋭敏嗅覚能力を得る。この種族特性夜目種族特性と置き換える。

適性クラス・オプション Favored Class Options

以下のオプションは記載の適性クラスを有するキャットフォークに適用可能であり、特に断りのない限り、ボーナス適性クラスの特典を選択するたびに適用される。

バードバードの知識ボーナスに+1/2を加える。

キャヴァリアーキャヴァリアー旗印ボーナスに+1/4を加える。

ドルイドドルイド動物の相棒に+1のヒット・ポイントを得る。この先、ドルイド動物の相棒を取り換えた場合、新しい動物の相棒は、このヒット・ポイントへのボーナスを得る。

オラクルオラクル呪文リストより1つの修得呪文を得る。この呪文オラクルが発動可能な最大呪文レベルより1レベル以上低い呪文レベルでなければならない。

レンジャー以下の一覧から武器を1つ選択する:ククリ、ショート・スピアショートボウロングソードロングボウ。その武器を使用して行うクリティカル・ロールに+1/2を加える(最大ボーナスは+4)。このボーナス《クリティカル熟練》累積しない。

ローグフェイントを行うために行う〈はったり〉判定に+1/2のボーナス、およびスリを行うために行う〈手先の早業〉判定に+1/2のボーナスを得る。

ソーサラー通常であれば3+ソーサラー【魅力】修正値分の回数だけ使用できる1レベル血脈の力を選択する。このソーサラーはこの血脈の力の1日毎の使用回数に+1/2回を加える。

種族アーキタイプ Racial Archetypes

以下の種族アーキタイプキャットフォークに適用可能である。

猫強盗ローグCat Burglar

際の良さと隠密の才能を持つキャットフォークは、素晴らしい強盗になる。猫強盗破壊して押し入ることを体得しており、その猫のしなやかさを使って最初の段階では犯罪がないことを表明しているかのように見せる。熟練した猫強盗に逆らえるだけの鍵はほとんどない。このような俊敏ローグ起動することなくくぐり抜け、仲間にも同じ事ができるようにする。猫強盗は以下のクラス特徴を持つ。

朧な存在感(変則)/Phantom Presence:4レベル点で、猫強盗ダンジョン都市移動の痕跡を残すことなく密やかに移動することに卓越する。ダンジョン都市の環境にいる間、猫強盗は望むなら痕跡を残さなくなり追跡されなくなる。その上、猫強盗〈隠密〉判定で常に出10を選択することができるようになる。この能力は直感回避を置き換える。

の妨害(超常)/Trap Saboteur:8レベル点で、猫強盗や鍵を回避し操ることに卓越する。猫強盗標準アクションとして開を試みられるようになり、の解除の総時間通常の1/2で済む(最低1ラウンド)。猫強盗が解除することなくを通り抜ける場合、1分の間作動条件を抑止することを選択できる。そのような場合、猫強盗フリー・アクションとしてこの抑止を早めに終了させることができる。この能力は直感回避強化と置き換える。

ローグの技以下のローグの技猫強盗アーキタイプを補完する:高速隠密迅速解除;迫真の、dodge trap;素早き開地形体得

上級の技以下の上級ローグの技猫強盗アーキタイプを補完する:また今度、高速軽業、影隠れ

機敏な守護者モンクNimble Guardian

キャットフォークモンクの中には、そのしなやかな動きを他人を守るために使う者もいる。彼らは特に似た価値観を持つものや、モンクの理念を熱烈に信じると明らかになっている者にその身を捧げる。機敏な守護者は以下のクラス特徴を持つ。

防御的援護(変則)/Defensive Aid:2レベル点で、1日に【判断力】ボーナスに等しい回数だけ、機敏な守護者は隣接する味方と攻撃ダメージを及ぼす効果範囲の間に割り込むことができるようになる。隣接した仲間攻撃目標になったり、ダメージ効果に対する反応セーヴィング・スローを要求されたとき、割り込みアクションとして、機敏な守護者はその効果に対するアーマー・クラスもしくはセーヴィング・スローに+4の状況ボーナスを与えることができる。機敏な守護者はこの能力を、攻撃ロールセーヴィング・スローが行われる前に使用しなければならない。機敏な守護者はこの能力を、軽装鎧を着ているか鎧を身につけていない場合にのみ使用することができる。この能力は身かわしと置き換える。

機敏な反応力(変則)/Nimble Reflexes:3レベル点で、機敏な守護者は全ての反応セーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。この能力は不動心と置き換える。

防御体得(変則)/Defensive Mastery:5レベル点で、機敏な守護者は防御的援護能力の1日の使用回数を追加で3回得る。さらに、防御的援護の利益を得た仲間が反応セーヴィング・スローに成功したが、その効果セーヴィング・スローに成功してもダメージを及ぼすものであった場合、機敏な守護者は1気ポイントを消費することでダメージ無効化できる。この能力はアクションを必要としない。この能力は無病身と置き換える。

猫の守護者(超常)/Guardian Feline:7レベル点で、機敏な守護者は2気ポイントを消費することで、ネコ科のクリーチャーに姿を変えることができる。この効果は1時間が経過するか、機敏な守護者が元の姿に戻るまで持続する。姿を変える行為は(動物変身するにせよ、元の姿に戻るにせよ)標準アクションであり、機会攻撃を誘発しない。選択した姿はネコ科のもの(チーターライオンなど)でなければならない。その他の点では、この能力はビースト・シェイプIIとして扱われる。9レベル点で、この能力はビースト・シェイプIIIとして機能する。この能力は肉体の完成と置き換える。

身かわし(変則)9レベル点で、機敏な守護者身かわしを得る。この能力は身かわし強化と置き換える。

新しい種族ルール New Racial Rules

以下のオプションはキャットフォークに適用することができる。この新しいオプションのいずれかを選択する前に、君のGMに相談をすること。

キャットフォークの装備品 Catfolk Equipment

キャットフォークは以下の装備品を利用することができる。

クロー・ブレード/Claw Blades:この鋭いは猫の種族特性を持つキャットフォークだけが使用することができる。このアイテムは5つ一組で売られており、着用者が取り付けたによる攻撃ロールに+1の強化ボーナスを与えると共に、武器種別肉体武器から軽い斬撃武器へと変える。猫の種族特性を持つキャットフォークはこの武器習熟している。クロー・ブレードは通常の価格で高品質の武器のように強化することができる。表に掲載された価格は片用の5つののセット価格である。

ソフトポー・ブーツ/Softpaw Boots:これらの柔らかく鋭いブーツは絹と特別に硬化された革で作られている。これらはキャットフォーク用に特別に作られている。このアイテムはこの種族の猫のような構造により、足音を減らし痕跡を残しにくくする。ソフトポー・ブーツを身につけている間、キャットフォーク〈隠密〉判定に+1の状況ボーナスを得る。さらに、ソフトポー・ブーツを身につけているキャットフォークの足跡に気付いたり跡を追うための難易度は+2だけ増加する。

臭跡キット/Trailscent Kit:この小さなにはキャットフォークフェロモン錬金術の試薬がまとめられており、キャットフォークだけが嗅ぎ分け判別することのできる、わずかだが長く続く臭いを残すことができる。1分間を費やすことで、キャットフォークは臭いの混合物を作り出し、のような硬い物体や、武器ポーションビンなどのようなずっと小さい物体に対してさえ塗布することができる。キャットフォークがそのようにすると、臭いは以下の印象1つを残す:危険、食料、避難所、所有。所有の印象は特に特定のキャットフォークがこのキットを使用しているということを表しており、この領域やアイテムはそのものの持ち物だと言うことを示す。他の種族はこのキットで危険、食料、避難所の印象を作り出すことができるが、そのためには難易度20の〈製作:錬金術〉判定に成功しなければならない。キャットフォークは30フィート離れたところから、臭跡キットの塗られた特定の臭いを識別することができる。臭いが上にあれば、キャットフォークがその臭いを識別することのできる距離は60フィートに増加するが、下の場合は15フィートに減少する。鋭敏嗅覚種族特性を持つキャットフォークは、この距離を2倍にする。臭いによる印象は1年が経過するか、洗い流されるまで持続する。それぞれのキットには10回分が収められている。

キャットフォークの装備品

品物

費用

重量

〈製作〉難易度

クロー・ブレード

305gp

2ポンド

ソフトポー・ブーツ

25gp

1ポンド

臭跡キット

10gp

5ポンド

25

キャットフォークのローグの技 Catfolk Rogue Talents

以下に示すローグの技は、キャットフォークのみが修得できる。

死に至るひっかき(変則)/Deadly Scratch:この技を持つキャットフォークローグは、誤って自分にを付与することなく、を塗ることができる。キャットフォークローグはこの技を取るために、猫の種族特性毒の使用クラス特徴を修得していなければならない。

解除の幸運(変則)/Disarming Luck:1日に1回、キャットフォークローグは装置を解除しようとする試みに5以上の差で失敗したとき、1回のフリー・アクションとして再ロールすることができる。え再ロールした結果が元のロールよりもかったとしても、再ロールの結果を適用しなければならない。

優雅に落下(変則)/Graceful Faller:この技を持つキャットフォークローグは、落下により致傷ダメージを受けるような場合でさえ、足から着する。このキャットフォークローグが猫受け身種族特性を持つなら、実際よりも20フィート落下距離が短いものとして落下によるダメージを受ける。

機敏なる登攀者(変則)/Nimble Climber:この技を持つキャットフォークローグ〈登攀〉判定に+4のボーナスを得る。登攀種族特性を持つなら、危険が迫っているや気を散らしているでさえ、自身の〈登攀〉判定において出10を選択することができる。

ひたむきな鑑定士(変則)/Single-Minded Appraiser:この技を持つキャットフォークローグは、キラキラ光るものの価値を見極めることに熟練している。このローグは宝宝飾品の価値を見極める際、常に出10を選択することができる。

卑劣なる爪(変則)/Vicious Claws:この技を持つキャットフォーク急所攻撃によるダメージに、d6ではなくd8を使用する。ただしこの効果は、自らのを使用して急所攻撃を行った場合に限られる。キャットフォークローグはこの技を修得するために、猫の種族特性を持っていなければならない。

キャットフォークの特技 Catfolk Feats

キャットフォークは以下の特技を利用することができる。

《不吉な黒猫》 Black Cat

不運は君の前を思い切って横切ったものに降り注ぐ。

前提条件キャットフォーク

利益:1日に1回、1回の割り込みアクションとして、君に近接攻撃が命中した際に、君は攻撃ロールに-4のペナルティを受けて再ロールするよう、敵に強制することができる。敵は2回攻撃ロールの結果を使用しなければならない。これは超常能力である。

特殊:君がこの特技を修得したが全身が黒い毛皮で覆われていないならば、君の毛皮はこの特技を修得したときに完全な黒に変わる。

《キャットフォークの規範》 Catfolk Exemplar

君のネコ科の特性は同じ種族の他の者にとってずっと確かなもので、一つ抜けている。

前提条件キャットフォーク

利益:君は通常の前提を満たしていなくても《野獣の化身》特技を修得することができるようになる。さらに、君の猫の性質は以下の1つとして明らかになる。この特技を修得する際に顕現を1つ選択すること。この選択は以降変更できない。

感覚(変則)/Enhanced Senses夜目を持つなら、君は鋭敏嗅覚キャットフォーク種族特性を得る。君が鋭敏嗅覚種族特性を持つなら、君は夜目を得る。

高速全速力(変則)/Fast Sprinter:君は突撃疾走撤退アクションを使用する際、移動速度に10フィートの種族ボーナスを得る。君が全速力種族特性を持つなら、突撃疾走撤退アクションを使用する際の移動速度への種族ボーナスが20フィートに増加する。

鋭き(変則)/Sharp Claws:君が猫の種族特性を持っておらず《野獣の化身》特技で獣の顕現を選択していないなら、君は猫の種族特性を得る。猫の種族特性か獣の顕現のいずれかを有しているなら、君のダメージは1d6に増加する。

特殊:君はこの特技を複数回修得できる。効果累積しない。修得するたびに、異なる顕現を選択しなければならない。

《爪による飛びかかり》戦闘Claw Pounce

君は突撃し前肢で攻撃を行う。

前提条件【筋】13、【敏】15、《素早き打撃》、基本攻撃ボーナス+10、キャットフォーク、猫の種族特性もしくは《野獣の化身》(獣の顕現)。

利益:君は突撃を行う際、による全力攻撃を行うことができる。

通常突撃は特殊な全ラウンド・アクションであり、1回の攻撃のみに制限される。

《優美なる猫》 Feline Grace

君は生まれながら優であり、そのお陰で難しい状況でもくぐり抜けられる。

前提条件【敏捷力】13、キャットフォーク

利益:君は突き飛ばし組みつき蹴散らし位置ずらし足払い戦技に対する戦技防御値に+2のボーナスを得る。

《素早き攻撃》戦闘Nimble Striker

君は敵に突っ込むために生まれ、誰よりもうまくやってのける。

前提条件【敏】 13、基本攻撃ボーナス+1、キャットフォーク全速力種族特性

利益:君は《薙ぎ払い》特技《踏み込み》特技を使用する際や突撃の際、アーマー・クラスに-2のペナルティを被らない。

キャットフォークの魔法のアイテム Catfolk Magic Items

以下の魔法のアイテムキャットフォークによって作られ、使用されることが多い。


キャッツ・アイ・クラウン

Cat's Eye Crown/猫の冠)
オーラ 中程度・占術術者レベル 10レベル
装備部位 部(および無し;下記参照); 市価 18,000gp; 重量 1ポンド

解説

このすらりとした銀製の冠にはキャッツ・アイ(猫)の宝が中央に飾られている。宝が王冠に取り付けられると、着用者は暗視60フィートを得る。既に着用者が暗視を持つ場合、その間合いが60フィート増加する。宝は取り外しでき、部屋に転がしておいたりに落としたり、窓から放り投げたり、クリーチャーに埋め込んだりすることができる。1日1回合言葉により、この冠の着用者はクレアオーディエンス/クレアヴォイアンス呪文の利益を得るが、キャッツ・アイの宝をこの呪文感知装置として使用しなければならず、感知装置を使用して見る間暗視を得る。このクリーチャーに所持されていたり運ばれている場合、それがや他の容器の中にある場合でさえ、この冠を身につけたクリーチャーはこの宝を運んでいるクリーチャー感覚感知装置の代わりに使用することができる。これは宝を運んでいるクリーチャーが宝の真の的に気付いていなくてもよく、存在に気付いていない場合であってもよい。宝硬度8、ヒット・ポイント5)を破壊するとこのつながりは断たれるが、少なくとも100gpの価値があるキャッツ・アイの宝を新しく飾り、この冠と同調することができる。この同調には24時間かかる。

作成要項

必要条件 《その他の魔法のアイテム作成》クレアオーディエンス/クレアヴォイアンスダークヴィジョン作成者はキャットフォークでなければならない; 費用 9,000gp


デアデヴィル・ソフトポーズ

Daredevil Softpaws/無謀なるもののソフトポー・ブーツ)
オーラ 微弱・心術術者レベル 3レベル
装備部位 両足; 市価 1,400gp; 重量 1ポンド

解説

この魔法のソフトポー・ブーツ(前述)はキャットフォークが着用することで、危険地域移動する間にさらなる機動性を与える。1回のフリー・アクションとして、着用者はかかとを両足一緒にコツンと鳴らすことで、機会攻撃を誘発することなく敵に隣接するマスや敵の接敵面移動するために行う〈軽業〉判定に+5の技量ボーナスを得ることができる。これは1日に10ラウンドまで使用できる。このラウンド数は連続している必要はない。加えて、このブーツの着用者が機会攻撃を誘発することなく敵の接敵面を通り抜ける事ができたならいつでも、着用者はこのターンの終了までその敵に対する攻撃ロールに+2のボーナスを得る。

作成要項

必要条件 《その他の魔法のアイテム作成》キャッツ・グレイス費用 700gp


レンディング・クロー・ブレード

Rending Claw Blade/かきむしる
オーラ 中程度・変成術術者レベル 11レベル
装備部位 無し; 市価 10,305gp; 重量 1ポンド

解説

この+1キーン・クロー・ブレード一組は着用者が1ラウンドを用いた複数回攻撃を行う場合に最も有効に働く。を用いた全力攻撃を行う際、この武器攻撃か別のクロー・ブレード1セットが同じ目標に命中したならば、着用者は追加で1d4+【筋力】ボーナスの1.5倍のダメージを与える。着用者はこの追加ダメージを1ラウンドに1回だけ与えることができる。これはかきむしり攻撃として扱われ、かきむしり攻撃を与える他の能力とは累積しない。

作成要項

必要条件 《魔法の武器防具作成》ブルズ・ストレンクスキーン・エッジ費用 5,305gp

キャットフォークの呪文 Catfolk Spells

キャットフォークは以下の呪文を利用することができる。


ナイン・ライヴズ

Nine Lives/9つの命
系統 防御術呪文レベル ウィッチ8クレリック8
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作物質信仰(猫のひげ)
距離 接触
目標 接触したクリーチャー1体
持続時間 1時間レベル
セーヴィング・スロー 意志・無効(無害)呪文抵抗(無害)

その名前に反して、この強力な防護は目標に複数の生命を与えることはない。しかし目標に危機をくぐり抜け危険効果や状況を取り除く能力を与える。この呪文持続時間の間、目標は以下の能力を割り込みアクションとして使用することができるようになる。ただし合計で9回使用すると、その点で呪文は終了する。

猫の幸運/Cat's Luckセーヴィング・スローに失敗したときに、目標はこの能力を使用することができる。目標は失敗したセーヴィング・スローを再ロールすることができるが、よりい結果となっても新しい出を使用しなければならない。

頑健/Fortitude目標クリティカル・ヒット急所攻撃が命中した際にこの能力を使用する。クリティカル・ヒット急所攻撃無効となり、代わりに通常ダメージがロールされる。

活性化/Rejuvenate目標ヒット・ポイントが0以下になった際にこの能力を使用する。目標は即座に3d6ポイントのダメージ回復する。目標ヒット・ポイントが正の値にまで回復するのに十分であれば、気絶状態にはならない。正のヒット・ポイントに戻るほど十分ではなかった場合、目標自動的に止血される。この効果は両方とも、ダメージが元々目標を殺すのに十分なものであっても機能する。

快癒/Shake Off:以下の状態異常のいずれかに陥ったときにこの能力を使用する:恐れ状態怯え状態絡みつかれた状態過労状態恐慌状態幻惑状態混乱状態戦慄状態吐き気がする状態疲労状態不調状態目が眩んだ状態盲目状態よろめき状態。この能力を使用するとこれらの状態の内1つが終了する。

抜け出し/Shimmy Out押さえ込まれた状態組みつき状態になったときにこの能力を使用する。目標自動的に組みつきから逃れるために行う〈脱出術〉に成功したかのように組みつきから逃れる。

不倒/Stay Up足払いをかけられたりその他伏せ状態にする効果を受けたときにこの能力を使用する。目標は安定し立ったままである。


スティール・ブレス

Steal Breath息盗み
系統 変成術]; 呪文レベル バード2ドルイド2ウィザード/ソーサラー2ウィッチ2
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標 生きているクリーチャー1体
持続時間 1ラウンド(本文参照
セーヴィング・スロー 頑健・無効;本文参照呪文抵抗

術者はクリーチャーの肺から息を吸い込み、ダメージを与えるとともに会話やブレス攻撃の使用、音声構成要素のある呪文の発動ができないようにする。セーヴィング・スローに失敗したなら、目標は2d6ポイントのダメージを受け、会話、ブレス攻撃の使用、呼吸が必要となるいかなる行為も行えなくなる。渦巻く気のに見える直線が、目標の口から出て術者の口へと入っていく。

もし持続時間の間に目標がこの効果線から離れるか有効距離外に移動したなら、この呪文は即座に終了する。この呪文気中で呼吸する必要がないクリーチャーには、何の効果も及ぼさない。

全文検索 目的別索引