シー・アネモネ

シー・アネモネ:ジャイアント・シー・アネモネ Sea Anemone, Giant

この巨大な管状のクリーチャーの先端は分厚く鮮烈な色をした蔓の群生と、それに囲まれるように1つだけある広い歯のない大口である。

ジャイアント・シー・アネモネ 脅威度2 Giant Sea Anemone

経験点600
真なる中立大型サイズ(水棲)
イニシアチブ +2; 感覚 擬似視覚30フィート;〈知覚〉+0

防御

アーマー・クラス 14、接触11、立ちすくみ12(+3外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 34(4d8+16)
頑健 +8、反応 +3、意志 +1
防御能力 不定形完全耐性 凝視攻撃、視覚に依存する効果、[精神作用]効果

攻撃

移動速度 5フィート
近接 触手=+3(2d6+1、加えて“つかみ”および“”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 飲み込み(1d6+1殴打ダメージアーマー・クラス11、ヒット・ポイント3)

一般データ

【筋】12、【敏】15、【耐】18、【知】―、【判】10、【魅】2
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +5; 戦技防御値 17(足払いされない)
技能 〈隠密〉+6;種族修正 +8〈隠密〉
その他の特殊能力 固定めくら

生態

出現環境 気候問わず/海洋または湾岸
編成 単体、2体、または小集団(2~10)
宝物 乏しい

特殊能力

固定(変則)/Anchored 全ラウンド・アクションで、ジャイアント・シー・アネモネは固い表面にくっ付ける。固定されている間、アネモネは動けず、そして突き飛ばし引きずり蹴散らし、あるいは位置ずらし抵抗するためのあらゆる戦技防御値に+4のボーナスを得る。このボーナスはその戦技を試みている相と比較してシー・アネモネが1サイズ分類大きい毎に+4ずつ上昇する。このクリーチャー全ラウンド・アクションで自身を引き剥がせる。

(変則)/Poison 触手・致傷型;セーヴ 頑健・難易度16;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d2【敏】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。

めくら(変則)/Sightless シー・アネモネ盲目状態であり、凝視攻撃ブラインドネスといった視覚に依存する効果響を受けない。

ジャイアント・シー・アネモネしくも致命的な大海に生息するであり、その迷彩と麻痺性の獲物を吸い込む。シー・アネモネの長い円筒形の体の終端は裂けのような開口部が1つ付き食料の消化と廃棄物の放出ができるようになっている、平坦な円盤である。この円盤は良質な髪のような繊毛から膨れた付属肢までの太さの巻きひげ状の藪に囲まれている。このクリーチャー獲物攻撃するにはこうした触手全てを同に使う。より小さな同と同様、ジャイアント・シー・アネモネは広範な色彩で満ちている――多くは輝くような色合いだ。

ジャイアント・シー・アネモネは底面の突起物で歩くことでゆっくりと移動できる。しかしながらこうした捕食者たちは自身を岩、珊瑚、あるいは舟のような他の沈んでいる物体に固定して獲物を待つことの方がずっと多い。

精神のないクリーチャーであるジャイアント・シー・アネモネ宝物は不要であるが、獲物の遺体は消化された後吐き出され、このクリーチャー周辺の地域に散らばっていることがある。ドルフィンホエール、あるいはシー・サーペントさえ食べられる程に巨大シー・アネモネは大海の最深部に存在することが確認されている。黒と輝くような橙色が交互に並ぶ葉を茂らせているためディープ・タイガーと呼ばれるそうしたジャイアント・シー・アネモネは、宝物があると約束されている中の廃墟や沈没船を生息にして便利に途絶えない食料を誘っていると言われている。

シー・アネモネの他の種族も同様に存在し、一部はより小さいが大半は極めて大きく、異なる海域や深度を好む。君はジャイアント・シー・アネモネ用の一般データヒット・ダイスサイズ(適切に【筋力】【敏捷力】、そして【耐久力】も調整すること)を変更することで、存在する広範なシー・アネモネ用に調整してよい。ダークフォレスト・アネモネの締めつけ攻撃やディープ・タイガー噴きなど、異なるシー・アネモネは追加の能力を持っていることがある。以下の表は一般的な亜の一覧である。

表:シー・アネモネの種類

種類

脅威度

サイズ

ヒット・ダイス

一般的なアネモネ

1/4

超小型

1d8

ブルーヘアー・アネモネ

1/2

小型

2d8

コフィン・アネモネ

1

中型

3d8

ダークフォレスト・アネモネ

6

超大型

9d8

セイレーンズ・ベッド・アネモネ

9

巨大

14d8

ディープ・タイガー・アネモネ

13

超巨大

19d8


全文検索 目的別索引