ローグ

ローグ Rogue

ローグ狡猾で、の情報を流す達人だ。自分とは異なる姿で現れることを楽しむものもいれば、詐術を高めようと錬金術をかじるものもいる。

偽魔術師アーキタイプCounterfeit Mage

いかさま師や興行品師は、偽りの魔法として先の早業を用いる。偽魔術師はそれをさらに一歩進め、秘術使いが用いる動作と起動の言葉を真似ることで、ワンドや他の魔法装具起動する。偽魔術師が実際のウィザードを欺くことはほとんどないが、彼らが口にする秘術の合言葉はほとんどの一般人を納得させるのに十分である。

魔法への才能(変則)/Magical Expertise:1レベル点で、偽魔術師魔法を解除するために行う〈装置無力化〉判定魔法を見つけるために行う〈知覚〉判定巻物ワンド起動するために行う〈魔法装置使用〉判定に、レベルの半分を加えることができるようになる。偽魔術師〈装置無力化〉判定魔法を解除することができる。この能力は罠探しを置き換える。

署名ワンド(変則)/Signature Wand:4レベル点で、偽魔術師ワンド1つを使って1時間訓練することで、そのワンドを署名ワンドとすることができるようになる。偽魔術師が署名ワンドを取り出すのはフリー・アクションであり、〈魔法装置使用〉判定を行う必要なく起動することができる。偽魔術師は署名ワンドを1日に1回変更することができる。この能力は4レベル点で得られるローグの技と置き換える。

ワンド熟達(変則)/Wand Adept:6レベル点で、偽魔術師ワンド起動するために〈魔法装置使用〉判定を行う際、【敏捷力】修正値を【魅力】修正値の代わりに使用することができるようになる。

ローグの技以下のローグの技偽魔術師アーキタイプを補完する:下級魔法使用、器用な掌、上級魔法使用深遠な学者、蜜のような言葉、罠見抜き

上級の技以下の上級の技偽魔術師アーキタイプを補完する:解呪攻撃心術破り使い魔

地下化学者アーキタイプUnderground Chemist

地下化学者は、錬金術世界の中でも腐って悪臭を放つ暗部を受け持つ。地下化学者はひたむきな錬金術師とは比べ物にもならないが、彼らは錬金術物質とを組み合わせる、危険で用心すべき存在だ。

武器なる錬金術(変則)/Chemical Weapons:2レベル点で、地下化学者武器を準備するように錬金術アイテムを取り出すことができるようになる。地下化学者は飛散武器が与えるダメージ【知力】修正値を加える。追加ダメージは飛散ダメージにも適用される。地下化学者レベルの半分を〈製作:錬金術〉判定に加える。この能力は身かわしと置き換える。

精密飛散武器(変則)/Precise Splash Weapons:4レベル点で、地下化学者は飛散武器急所攻撃ダメージを与えられるようになる。この攻撃はそのラウンドの最初の攻撃でなければならず、急所攻撃を与える条件(立ちすくみ状態目標に対する、など)を満たさなければならない。また、この攻撃マス1つではなくクリーチャー1体を目標としなければならない。この能力は4レベル点で得られるローグの技と置き換える。

発見(超常)/Discovery:10レベル点で、地下化学者ローグの技として、以下のアルケミストの発見を選択することができるようになる。臓器保存、毒集中変換、任意治癒吐き気がするポーション強化ポーション持続時間増加、ミイラ化、希釈粘着毒発見効果を決定する際と発見を修得できるかどうかを判断する際、地下化学者ローグレベルアルケミストレベルとして用いる。この能力は上級の技を修正するものである。

ローグの技以下のローグの技偽魔術師アーキタイプを補完する:素早き使い、素早き指、狙撃手長持ちする毒闇市場の人脈。

上級の技以下の上級の技偽魔術師アーキタイプを補完する:危険なカクテル、熟慮による再検討。

全文検索 目的別索引