ローグ

ローグ Rogue

ローグの技 Rogue Talents

偽りの従属(変則)/Follow Along''Ultimate Intrigue 44ページ'' ):この技を修得したローグ心術魔法に慣れしんでいる。それは心術欺き不意討ちのために術者を安心させることさえできるほどだ。ローグ心術効果に対するセーヴィング・スローに成功したなら、ローグセーヴに失敗したに受ける呪文効果を理解する。それによりローグセーヴに失敗したかのように振る舞うことができる。そうするなら、呪文使い目標ローグだけであったとしても、ローグセーヴィング・スローに成功したことに気づくことはできない。ただしローグ呪文響下にあると誤解させるには、ローグ呪文使い〈真意看破〉判定に対する対抗〈はったり〉判定に成功しなければならない。この詐術が機能している間、呪文使いローグが行う最初の攻撃に対して立ちすくみ状態であるものとして扱う。心術効果を受けている際に行えない行為をローグが行なった(あるいは行える行為を行わなかった)場合、呪文使い自動的にその詐術を見破る。

灰色の(変則)/Shades of Gray''Ultimate Intrigue 44ページ'' ):この技を修得したローグは、属性を欺こうという試みに精神的、感情的な技を使う。これによりローグは自分が望むならいつでもアンディテクタブル・アラインメントの利益を得る。この効果を維持するには、ローグに意識がなければならない。

上級の技 Advanced Talents

精神秘匿(変則)/Hidden Mind''Ultimate Intrigue 44ページ'' ):この技を修得したローグ精神的な活動や少量の鉛を服に混ぜるといった巧妙な技をいくつも使い占術から身を守る。これによりローグノンディテクションを発動したかのようにその利益を得る。術者レベルローグレベルに等しい。

静殺者の技/Stalker Talent''Ultimate Intrigue 44ページ'' ):ローグヴィジランテの技を1つ選択する。この技を選択し使用する的において、ローグローグレベルにかかわらず、静殺者の流儀を持つ10レベルヴィジランテとして扱う。ヴィジランテの技の効果を決定する際、急所攻撃ダメージを減少させた隠身打撃として扱う。言い換えれば、これはアスタリスク(*)の付記されたヴィジランテの技を急所攻撃に適用できないことを意味する。


ConsigliereアーキタイプConsigliere

出典 ''Ultimate Intrigue 44ページ''

Consiglieres act as trusted mediators and administrators for crime families and various criminal organizations,and many serve as the right hand to the leaders of such groups. Other consiglieres prefer to work as independent operators and sell their advice and expertise to the highest bidder. Though some consiglieres insulate themselves from violence and criminal activities,many enjoy getting their hands dirty leading strike teams or gangs of hardened thugs.

クラス技能consigliereはクラス技能〈知識:貴族〉を追加し、〈知識:ダンジョン探検〉を取り除く。

This alters the rogue’s class skills.

Convincing Attitude(変則)/Convincing Attitude:1レベル点で、consigliereはボーナス特技としてPersuasiveを得る。2レベル点で、consigliereは人たらしAPGローグの技を得る(アンチェインド版ローグの場合、確実性〈交渉〉ローグの技を得る)。3レベル点で、consigliereが〈交渉〉判定クリーチャーの態度を変えようと試みたが5以上の差で失敗したクリーチャーの態度は1段階くなることはなく、変化しなくなる。

This ability replaces trapfinding and evasion.

Combat Advisor(変則)/Combat Advisor:4レベル点で、consigliereが敵に対する近接攻撃を外した目標から30フィート以内にいる仲間1人を指定することができる。指定した仲間はconsigliereの次のターンの直前までにその敵に行なった次の攻撃1回に、+1の洞察ボーナスを得る。8レベル点で、この洞察ボーナスは+2に増加する。

This ability replaces uncanny dodge and improved uncanny dodge.

Bonus Feats(変則)/Bonus Feats:4レベル以降、consigliereはローグの技を1つ得る代わりにチームワーク特技を1つ得ることを一度だけ選択できるようになる。12レベル以降、consigliereはこの置き換えを何度でも選択できるようになる。

This ability replaces all instances of trap sense.

Field Boss(変則)/Field Boss:10レベル点で、consigliereは標準アクションとして、30フィート以内にいて自分の姿を見、声を聞くことのできる仲間全てにチームワーク特技を1つ与えることができるようになる。このチームワーク特技はconsigliereが修得しているものでなければならない。仲間はこの特技を3ラウンドに加え、consigliereのローグレベル2毎に1ラウンドの間持続する。仲間はこの特技前提条件を満たしている必要はない。consigliereはこの特技を10レベル点で1日1回使用できる。1日の使用回数は以降4レベル毎に1回ずつ増加する。

This ability replaces the rogue talent normally gained at 10th level.

ローグの技以下のローグの技はcinsigliereアーキタイプを補完する:
言いくるめAPG攻撃リーダーAPG、灰色の蜜のような言葉APG(アンチェインド版ローグの場合、確実性〈はったり〉)、闇市場の人脈UC

上級の技以下の上級のローグの技はconsigliereアーキタイプを補完する:追い打ち、技能体得御し難いUC攻撃そらしAPG心術破り、デマ屋UC無意識の味方UC


Guild AgentアーキタイプGuild Agent

出典 ''Ultimate Intrigue 45ページ''
Guild agents are members of a thieves’ guild or other shadowy organization. What they lose in independence, they more than make up for in benefits gained due to their association’s infrastructure. Guild agents come at all levels of the organization, from a lowly recruit all the way up to the guildmaster himself.

Honor Among Thieves(変則)/Honor Among Thieves:guild agentは加盟している盗賊ギルドを1つ指定しなければならない(organization influenceルールを使用している場合、このギルドにランク1を割り当てた状態でゲームを開始する)。guild agentがこのギルドを離れると、このアーキタイプから得られる能を全て失う上、置き換え元をに入れることもない。新しいギルドに加わるとこれらの能回復するが、どの程度ギルドに関わっているかによって、一度に全ての能回復するかもしれないし、時間をかけて徐々に回復するかもしれない。複数の場所ギルドが活動している場合でも、guild agentは自分が主に活動する拠点を1つ選択しなければならない。

Guild Connections(変則)/Guild Connections:2レベル点で、guild agentは闇市場の人脈UCローグの技を得る。さらに、guild agentはギルドにその地域の状況についての情報を得ることで、〈知識:地域〉判定情報収集のための〈交渉〉判定ローグレベルに等しいボーナスを得る。ただし、これらの情報は、guild agentの拠点によるものに限られる。

4レベル点で、guild agentはgossip collectorのヴィジランテ社交の技を得る。この能効果を決定するにあたり、拠点地域のrenownとしてbase operationを持つものとして扱う。

This ability replaces evasion and uncanny dodge.

Pull Rank(変則)/Pull Rank:8レベル点で、guild agentは下位の組合員に仕事を伝うように命令できるほどの位を確立する。guild agentが呼び出せる下位の組合員のレベルと数は、《統率力》特技を有しているに得られる従者と同様である(guildhouseによる+2のボーナスがつく)。ただし、その数の上限はローグレベルに等しい。guild agentが《統率力》特技を有しているなら、通常の2倍の数の従者を得る。favorを消費するなら、command team organizational influenceの利益を組み合わせ、別の仕事に割り振るための下位の組合員をさらに得ることもできる。guild agentが下位の組合員を無慈悲に扱い、その結果殺すことがあるたびに、ギルド影響力を1以上失う。

This ability replaces improved evasion.

Criminal Mastermind(変則)/Criminal Mastermind:20レベル点で、極めて強ギルドに所属していない限り、guild agentはギルドを背景に本当の権者となる。guild agentある犯罪に関する通り名(「銀の」など)による世界規模の影響力を作り上げ、どこであれ犯罪組織秩序を維持する組織に知られた存在となる。これはrenownのヴィジランテ社交の技と同様に機能するが、以下の点が異なる。この効果はguild agentの活動拠点である大陸にある全ての町と都市に適用される。ただし、guild agentが指定した特定の居住区1つは対象から外される。guild agentは人格を1つしか持たない。そのため(社交の人格の間だけではなく)常に、犯罪者や裏社会の住人に対してはguild agentに対する態度が協的に1段階近いものとして扱い、いかなる相に対しても、(ヴィジランテのように不羈の人格の間だけではなく)常に〈威圧〉判定へのボーナスは適用される。

This ability replaces master strike.

ローグの技以下のローグの技はguild agentアーキタイプを補完する:攻撃リーダーAPG逃走の名人UC(アンチェインド版ローグの場合、加えて確実性)。

上級の技以下の上級のローグの技はguild agentアーキタイプを補完する:追い打ち、狩人の奇襲APG技能体得、デマ屋UC逃走の達人UC


HeisterアーキタイプHeister

出典 ''Ultimate Intrigue 45ページ''
Notorious for their stealth, imagination, and elaborately planned thefts and capers, heisters specialize in breaking into secure locations, stealing items of value, and escaping undetected. Heisters often work as members of or independent operatives contracted to criminal organizations, crime families, or wealthy individuals inclined to unlawful activity.

Rum Dubber(変則)/Rum Dubber:2レベル点で、heisterが盗賊道具なしで解錠を試みる際、難易度は10ではなく2だけ増加するようになる。

This ability replaces the rogue talent gained at 2nd level.

Ferret’s Grace(変則)/Ferret’s Grace:4レベル点で、heisterはボーナス特技として《忍びの技》を得る。加えて、heisterは狭い間を無理やり通り抜けられるか({Pathfinder RPG Core Rulebook 193~194)どうか判断する際、サイズが1段階小さいものとして扱う。最後に、heisterがは通り抜けられるが肩は通り抜けられないような狭い場所を通り抜ける({Core Rulebook 95~96)ために〈脱出術〉を使用する際、難易度は30ではなく20になる。

This ability replaces uncanny dodge and the rogue talent gained at 4th level.

Unseen(変則)/Unseen:8レベル点で、heisterは地下都市で隠れる達人となる。監視されていたとしても、heisterは地下都市で隠れるために〈隠密〉を使用することができる。加えて、heisterはterrain masteryUCローグの技を2回獲得する。一方は都市、もう一方は地下である。

This ability replaces improved uncanny dodge and the rogue talent gained at 8th level.

ローグの技以下のローグの技はheisterアーキタイプを補完する:高速隠密、高速撤退APG迅速解除、素早き解錠APG跳躍の達人APG逃走の名人UC屋根歩き(アンチェインド版ローグの場合、加えて確実性)。

上級の技以下の上級のローグの技はheisterアーキタイプを補完する:技能体得高速軽業APG精神秘匿、逃走の達人UC(アンチェインド版ローグの場合、加えて超越技能追加)。


Master of DisguiseアーキタイプMaster of Disguise

出典 ''Ultimate Intrigue 46ページ''
A master of disguise feels no need to advertise her skills to build a reputation. Instead, she believes that never letting her adversaries know her true identity protects her from bad luck or missteps on a job.

Consummate Actor(変則)/Consummate Actor:master of disguiseは全ての〈変装〉判定と、〈変装〉を使用している間にそのキャラクターのふりをするために行う〈はったり〉判定に、ローグレベルの半分(最低1)を加える。2レベル点で、master of disguiseはquick disguiseAPGローグの技を得る。and she can create a disguise twice as quickly as normal even for that rogue talent(she can create a disguise that encompasses only minor details as a standard action).

This ability replaces trapfinding and the rogue talent gained at 2nd level.

Grandmaster of Disguise(変則)/Grandmaster of Disguise:10レベル点で、master of disguiseはmaster of disguiseAPGの上級のローグの技を得る。master of disguiseはこの技を1日に何度でも使用できる。このボーナスを得るために実際に変装を行う必要があるため、このボーナスオルター・セルフディスガイズ・セルフのようなボーナスとは累積しない。しかし、魔法効果によるものではないため、魔法による調査を受けた場合にはずっと頼りになる。

This ability replaces the rogue talent gained at 10th level.

ローグの技以下のローグの技はmaster of disguiseアーキタイプを補完する:曖昧な語りARG、偽りの友ARG下級魔法使用、語り盗みARG木の葉隠れAPG上級魔法使用、灰色の

上級の技以下の上級のローグの技はmaster of disguiseアーキタイプを補完する:技能体得御し難いUC心術破り精神秘匿、無意識の味方UC


Phantom ThiefアーキタイプPhantom Thief

出典 ''Ultimate Intrigue 46ページ''
Also known as gentleman thieves or lady thieves, phantom thieves don’t know the desperation of a hard life like many rogues. Instead, they come from the ranks of the elite, having grown bored with their finery, and seek thrills from acts of daring, skill, and crime. Phantom thieves don’t need the money, so they often perform acts such as breaking into a secure vault for the thrill, leaving a calling card rather than robbing the place.

Refined Education(変則)/Refined Education:phantom thiefは〈騎乗〉〈呪文学〉〈生存〉〈知識:全て〉、〈動物使い〉クラス技能に加える。さらに、phantom thiefはローグから得るクラス技能を1つ選択し、その技能を使用する全ての技能判定ローグレベルの半分を加える。3レベル点と以降2レベル毎に、phantom thiefはローグから得るクラス技能から追加で1つを選択し、その技能を称する全ての技能判定にもローグレベルの半分を加えられるようになる。4レベル以降、phantom thiefがアンチェインド版ローグであるならば、phantom thiefはこの能で選択した技能全てについてrogue's edge skill unlocksを得る(通常5レベル毎に技能1つを選択する)。加えて、phantom thiefは技能解放効果を決定する際、ランクにローグレベルの半分を加える。そのため、7レベルローグ(phantom thief)が選択した技能に7ランクを割り振っていたなら、10ランクを有しているかのように扱い、2つ技能解放の利益を得る。

This ability alters the rogue’s class skills and replaces sneak attack and trapfinding. For an unchained rogue, it also alters rogue’s edge and replaces debilitating injury.

Broad Education(変則)/Broad Education:phantom thiefは武術と魔術の進歩に遅れないように、両方の知識を優れた講師から広範に学ぶ。それは技能についても同様だ。phantom thiefは戦闘技術下級魔法使用,上級魔法使用ローグの技を任意の回数修得できる。また、ローグの技として《技能熟練》を選択し修得できるようになる。この技も何度でも修得できる。最後に、phantom thiefはローグの技としてヴィジランテ社交の技を修得できる。ただし、social graceと、craftsmanあるいはprofessionalを前提条件とする社交の技をこの能で修得することはできない。ヴィジランテ社交の技の効果を決定する際、phantom thiefは不羈の人格を持っておらず、つねに社交の人格であるものとして扱う。

This ability alters rogue talent.

Social Sense(変則)/Social Sense:3レベル点で、phantom thiefの社交における第六感社交的な状況での危険を避けるために研ぎ澄まされ、状況が一転したに最初に行動できるようになる。phantom thiefは敵からの不意討ちに気づくための〈真意看破〉判定、敵に不意討ちを行うための〈はったり〉判定不意討ちが起きるかどうかを決定するために〈真意看破〉あるいは〈はったり〉判定を行なった不意討ちラウンドにおけるイニシアチブ判定に、+1のボーナスを得る。このボーナス3レベル点と、以降3レベル毎に1ずつ上昇する(訳注:おそらく"3レベル点と"は誤記)。

This ability replaces trap sense.

Master of All(変則)/Master of All:20レベル点で、phantom thiefは自分が修得済みであるクラス技能を再ロールできるようになる。たとえ元の結果よりくなったとしても、再ロールした結果を使用しなければならない。phantom thiefはこの能を1分に1回使用できる。

This ability replaces master strike.

ローグの技以下のローグの技はphantom thiefアーキタイプを補完する:下級魔法使用戦闘技術上級魔法使用(アンチェインド版ローグの場合、加えて確実性)。

上級の技以下の上級のローグの技はphantom thiefアーキタイプを補完する:技能体得精神秘匿、デマ屋UC特技(アンチェインド版ローグの場合、加えて超越技能追加)。


SharperアーキタイプSharper

出典 ''Ultimate Intrigue 47ページ''
Sharpers use trickery and deception to part an owner from his valuables. Pathological risk-takers, they distinguish themselves from con artists and burglars by virtue of the simplicity and boldness of their schemes, which are usually impromptu, rather than carefully orchestrated. Many sharpers consider themselves romantic figures and foster the image of a resourceful, dashing rogue living by wits and luck while subverting authority at every turn.

Scam Artist(変則)/Scam Artist:sharperは〈手先の早業〉〈はったり〉判定に、ローグレベルの半分(最低+1)に等しいボーナスを得る。

This ability replaces trapfinding.

Sticky Fingers(変則)/Sticky Fingers:2レベル点で、sharperは《盗み取り強化》APGボーナス特技として得る。6レベル点で、sharperは《上級盗み取り》APGボーナス特技として得る。8レベル点で、sharperは《迅速な盗み取り》APGボーナス特技として得る。sharperがこれらの特技を得る際、前提条件を満たしている必要はない。

This ability replaces the rogue talents gained at 2nd, 6th, and 8th levels.

Lucky Save(超常)/Lucky Save:3レベル点で、sharperの機転でさえもまずい状況を打破できない場合でも、その運だけでその状況を切り抜けられる可能性が高まるようになる。sharperは全てのセーヴィング・スローに+1の幸運ボーナスを得る。このボーナス9レベル点で+2に、15レベルの点で+3に増加する。

This ability replaces trap sense.

Audacious Overconfidence(変則)/Audacious Overconfidence:4レベル点で、攻撃ロール技能判定セーヴィング・スローに失敗した後、sharperはそれを再ロールできるようになる。ただしそうする場合、以降24時間の間、セーヴィング・スローに得ている幸運ボーナスを1だけ減少させなければならない。shaperは4レベル点でこの能を1日に1回使用できる。10レベル点と16レベルの点で、この能の1日の使用回数が1回ずつ増加する。この幸運ボーナスの減少は互いに累積する。

This ability replaces the rogue talents gained at 4th, 10th, and 16th levels.

ローグの技以下のローグの技はsharperアーキタイプを補完する:曖昧な語りARG、偽りの友ARG、偽りの従属、語り盗みARG器用な掌UC素早き指APG、灰色の迫真の嘘UC人たらしAPG蜜のような言葉APG(アンチェインド版ローグの場合、加えて確実性)。

上級の技以下の上級のローグの技はsharperアーキタイプを補完する:技能体得攻撃そらしAPG精神秘匿、打撃のいなしまた今度APG身かわし強化(アンチェインド版ローグの場合、加えて超越技能追加)。


SnoopアーキタイプSnoop

出典 ''Ultimate Intrigue 47ページ''
Snoops are the underworld’s version of detectives. They often act as information peddlers, specializing in gathering secrets through investigation, subterfuge, and coercion, and selling or trading those secrets for personal gain.

Inspiration(変則)/Inspiration:1レベル点で、snoopはインヴェスティゲーターのinspirationクラスPathfinder RPG Advanced Class Guide 31)に似た能を得る。snoopはローグレベルの半分+【知力】修正値に等しいinspirationプール(最低1)を持っている。インヴェスティゲーターとは異なり、snoopはinspirationを技能判定にのみ使用でき、攻撃ロールセーヴィング・スローには使用できない。この点を除き、この能は同名のインヴェスティゲータークラスと同じものとして扱う。

This ability replaces trapfinding and evasion.

Investigator Talents(変則)/Investigator Talents:2レベル点以降、新しいローグの技を選択する際、snoopは代わりに以下のインヴェスティゲーターの技Advanced Class Guide 32~33)から1つを選んで修得することができる。eidetic recollection, empathy, hidden agendas, inspired alertness, inspired intimidator, item lore, or underworld inspiration。これらの技における有効インヴェスティゲーター・レベルは、ローグレベルに等しい。依然としてsnoopはinspirationを攻撃ロールセーヴィング・スローには使用できない。そのため、えばhidden agendasの2つの使用方法を使うことはできない。

Uncanny Snoop(変則)/Uncanny Snoop4レベル点で、snoopは情報を得るために相を脅すために行う〈威圧〉判定に+2のボーナスを得る。言いくるめAPGローグの技を有している場合、このボーナスは同様の的で使用する〈交渉〉〈はったり〉にも適用される。加えて、snoopは他人のを見破るための〈真意看破〉判定に+2のボーナスを得る。8レベル点で、これらのボーナスは+4に増加する。

This ability replaces uncanny dodge and improved uncanny dodge.

Master of Whispers(変則)/Master of Whispers:8レベル点で、snoopはデマ屋UCの上級のローグの技を修得する。

This ability replaces the rogue talent gained at 8th level.

ローグの技以下のローグの技はsnoopアーキタイプを補完する:言いくるめAPG高速隠密強い印象APG手がかりを追えAPG闇市場の人脈UC(アンチェインド版ローグの場合、加えて確実性)。

上級の技以下の上級のローグの技はsnoopアーキタイプを補完する:技能体得御し難いUC熟慮による再検討APG精神秘匿(アンチェインド版ローグの場合、加えて超越技能追加)。

全文検索 目的別索引