ハーフエルフ

ハーフエルフ Half-Elves

ハーフエルフは魅力にあふれ情熱的な化された社会の孤児であるが、何処にも気を休められる場所がない。多くのハーフエルフ社会的な職業に躊躇なく打ち込むものの、長続きすることはあまりない。そうしないハーフエルフは精神的な探求か先天的な魔法の才能を磨くことで充足を求めるが、それらを諦め、人里離れた荒野で孤独に生きる者や他者を犠牲にしながら日々を厭世的に生きる者もいる。

ハーフエルフの容姿は人間エルフの両親と同じく一様でなく、想できるあらゆる色彩の髪、瞳、肌を持っているだけではなく、優雅で何気ない魅力もある。ハーフエルフ特有の才能もまた幼少期の教育や血脈の本質、精神の強さ、自身の二面性との結びつきによって大きく様変わりする。ハーフエルフの中には標準とは異なる種族特性を持つものもいる。

冒険者その他放浪者の列の中によく見出されるとはいえ、ハーフエルフは世界のほとんどの場所で稀にしか見られない者であり、大抵の場合人間エルフ間の交はどちらの種族にとってもロマンスよりも驚きを感じさせる。一部のハーフエルフは珍しくも幸福な家の愛される一員となるが、その希少さが彼らの平均を証明している。もっと多くの者は避けられるか、重荷となる恥辱を体現する者とみなされる。多くのハーフエルフは暗い過去を持つが、そのような困難により、よりまとまっている種族のほとんどの者が知ることのできないような挑戦と冒険に満ちた人生への備えができる。

ハーフエルフの冒険者 Half-elf Adventurers

ハーフエルフの冒険者は、自らの多面的な個性に適した完全な配合を捜し求めてさまざまな職をかじっているため、しばしば社交的なクラスに特化するかマルチクラスを選ぶ。

アルケミストハーフエルフは好奇心の塊なので、多くのものが錬金術を聞きかじる。そのため、しばしば未知の調合の才を示す。

インクィジター自身の内なる不安に直面するハーフエルフインクィジターは他者の心の内への鋭い洞察力や生と死のバランスに関する知識を持っている。

ウィザード多くのハーフエルフが血統から秘術の修得における癒しと敬意という双方の魔法の才能を継承する。魔法の全ての系統が開かれているにも関わらず、多くのものが破壊の力に惹かれてしまう。そうでなければ、彼らを覆い隠す神秘や世界を操る際に役立つ力を選択する。

ウィッチより強大な魔力への強欲に関わらず、ハーフエルフは魔女の力を扱う達人であるかの様に他の形態の魔法を扱う術を持つことに気づいている。多くのハーフエルフウィッチが傷つけるか、そうでなければ自身の法に見捨てられたであろう独特の使い魔を指名する。

オラクルハーフエルフの囁きやの動き、人のざわめきから神託めいた洞察により、今を生きる傾向がある。

キャヴァリアーハーフエルフキャヴァリアーは戦争の技術に優雅さと技巧で着飾る見解を持っている。キャヴァリアーとは規約に従い、名誉や尊重を獲得することに従事することである。尤もエルフ人間は彼らを騎士道に恥じる存在と見なしている。

クレリックハーフエルフ人間エルフ信仰とは別の世界にいると感じるが、多くのものが神託に従うことを選ぶ。それは穏やかな状況を提供する一般的な信仰や神聖なものとの単純な内在的な繋がりである。

サモナー生命体を造形することに魅惑されるハーフエルフもいる。神秘的なしさや退屈でつまらない恐怖として生み出すかどうかに関係なく、多くのハーフエルフサモナーは理想的な生命体として幻獣を生み出そうとさえする。

ソーサラー全てのハーフエルフの血には魔法が秘められている。それはしばしば、秘術フェイ血脈であるが、他のソーサラーの血脈の力の源泉ももちろん秘められている。血脈に関わらず、ハーフエルフは遺伝されたそれらの恩恵をすぐに極める。

ドルイドハーフエルフは文明社会において完全に絶対的な自然との調和を諦めなければならない。彼らに流れるエルフの血には先天的に自然との繋がりがあり、多くのものがいかなる社会でも提供することができない荒野で平穏を見つける。

バード多くのハーフエルフは彼らの自然な魅力と社会的な適応能力を結びつけたかの様に他から称賛されるバードに惹かれる。

バーバリアンハーフエルフバーバリアンは粗野な社会の両から生まれる。ハーフエルフを不道徳であると主張するそれらの文化の違いから逃れる間、常に彼らの価値を証明する術を探し求める。

パラディン人間エルフの神や自身が選んだ他の神に奉げようとなかろうと、ハーフエルフパラディンは熱意と優さの双方で彼らの神の庇護を得る。その様な聖職叙任の中では、しばしばハーフエルフは別の面で否定される平和と友情を見つける。

ファイター戦場の厳しい簡素さが彼らの分割された人間エルフの本質を引き合わせるのに惹かれるため、ハーフエルフファイターは比較的ありふれた存在である。ハーフエルフの変化に富む体験や技術は彼らを数々の武器の非常に素晴らしい達人へとする。

モンク混ざり合った伝統の平和から生まれ出でたハーフエルフは心の平穏と瞑想的な悟りへと至るモンクの方法を統合する。多くのハーフエルフモンク人間エルフの武術を新しい流派に採用することを学ぶ。

レンジャーありふれた社会に失望したハーフエルフ動物との強い絆や自然の変化に対する予知能力を磨き、荒野へと移り住む。

ローグ多くのハーフエルフが誇りや不注意を利用することを学ばせる無頼の技術に秀でている。

代替種族特性 Alternate Racial Traits

下の種族特性は、既存のエルフの種族特性と交換するものである。こうした新しい選択肢を選ぶ前に、君のGMに意見を聞くこと。

先祖伝来の武器/Ancestral Arms:一部のハーフエルフは、一般的ではない武器の訓練を受けている。この種族特性を持つハーフエルフ1レベル点でのボーナス特技として、いずれか1つの《軍用武器習熟》《特殊武器習熟》を選択することができる。この種族特性ハーフエルフの種族特性である適応能力の代わりに取得できる。

秘術の才能/Arcane Training:ハーフエルフは自身の血によってより魔法習熟する。この種族特性を持つハーフエルフ適性クラスを1つしか持てず、秘術呪文を発動できるクラスしか適性クラスに選択することができない。このようなハーフエルフ適性クラスがまるで1レベル高いものであるかのように、呪文解放型および呪文完成型アイテムを使用することができる(もし術者レベルを持っていなければ、1レベルとして扱う)。この種族特性ハーフエルフの種族特性である多才の代わりに取得できる。

二重の精神/Dual Minded:祖先の多様性によって精神的な攻撃に対する抵抗力を持つに至るハーフエルフもいる。この種族特性を持つハーフエルフは意志セーヴに+2のボーナスを獲得する。この種族特性ハーフエルフの種族特性である適応能力の代わりに取得できる。

融和/Integrated:多くのハーフエルフはその土出身であるかのようにコミュニティに迎合する芸術に熟練している。この種族特性を持つハーフエルフ〈はったり〉〈変装〉〈知識:地域〉判定に+1のボーナスを獲得する。この種族特性ハーフエルフの種族特性である適応能力の代わりに取得できる。

社交的/Sociable:ハーフエルフは他人を魅了することや不作法な振る舞いを詫びるのに熟練している。この種族特性を持つハーフエルフ〈交渉〉判定による態度を変える試みに5以上の差で失敗したとしても、24時間が経過することなく、再挑戦が行える。この種族特性ハーフエルフの種族特性である適応能力の代わりに取得できる。

の子/Water Child:の近くでの生活に適応したハーフエルフもいる。この種族特性を持つハーフエルフ〈水泳〉判定に+4の種族ボーナスを獲得し、泳いでいる際は常に出10選択すること、ボーナス言語として、水界語を選択することもできる。この種族特性ハーフエルフの種族特性である適応能力と多才の代わりに取得できる。

適性クラス・オプション Favored Class Options

適性クラスレベルを獲得する際の追加技能ランクまたは追加ヒット・ポイントを獲得する代わりに、ハーフエルフは他の多くのオプションからボーナスを選ぶことができる。以下に記載された適性クラスを持つ全てのハーフエルフはオプションを利用できる。特に明記しない限り、君が選択した記載された適性クラス恩恵を選択する毎にボーナスは適用される。

ウィッチウィッチの使い魔ウィッチ呪文リストから選択した呪文1つを加える。この呪文ウィッチの発動できる呪文レベルより少なくとも1レベルは低くなければならない。使い魔を変えるならば、新しい使い魔は即座にこのボーナス呪文を獲得する。

サモナー幻獣進化プールに+1/4する。

ドルイド通常1レベルに選択したクレリック領域の力の使用回数は3+【判断力】修正値に等しいが、それに+1/2を加えることができる。動物の相棒との絆を選択している場合、動物の相棒技能ランクに+1する。動物の相棒を変えるならば、新しい動物の相棒は即座にこのボーナス技能ランクを獲得する。

バード1日に呪芸を使用できるラウンド数に+1する。

ファイター武器落とし蹴散らしに対する戦技防御値に+1する。

レンジャー動物の相棒技能ランクに+1する。動物の相棒を変えるならば、新しい動物の相棒は即座にこのボーナス技能ランクを獲得する。

ローグフェイントのために使用する〈はったり〉情報収集のために使用する〈交渉〉判定に+1/2する。

全文検索 目的別索引