ハーフエルフ

ハーフエルフ Half-Elves

ハーフエルフの副種族

アクアティック・ハーフエルフ(ショアボーン) Aquatic Half-Elves(Shoreborn)

出典 Heroes from the Fringe 20ページ、Bastards of Golarion 5ページ

アクアティック・エルフ上の人間の間に生まれた子供は、他の誰よりも自分たちの血統の違いを感じている。このハーフエルフエルフのように砂色、紫、またはの肌をしており、顔にそのを表している。足の指にはわずかにかきがあり、泳ぐのに役立つが、裂け目はほとんど鰓としては機能していない。少数のアクアティック・ハーフエルフ水中で呼吸することができ、エルフと一緒に暮らしているが、遥かに多くのショアボーンは常にに呼ばれていることを感じながら陸上で暮らしている。多くが船乗りとして働いている。漁船や商船にはショアボーンの甲板員や一等航海士がいることが多く、アクアティック・ハーフエルフだけで構成された乗組員はショアライン・スカージ/Shoreline Scourgeとして知られている悪名高い海賊船を航行している。

エクジャエ・ハーフエルフワイルドボーン) Ekujae Half-Elves(Wildborn)

出典 Heroes from the Fringe 20ページ、Bastards of Golarion 6ページ

大ムワンギハーフエルフは、エクジャエののようない肌をしているが、身長が小さく、人間に近い傾向があるため、ワイルドボーンのハーフエリフは他のハーフエルフよりも簡単に人間になりきることができる。このハーフエルフは、ジャングルの荒野でも、同じように家にいるか、ムワンギの大都市でも同じように活躍している。一部のエクジャエは野生児を育てるが、儀式的にハーフエルフの子供をムワンギ国内の特定のハーフエルフの村に引き渡す。村の大人のワイルドボーンたちは、落ちこぼれた子供たちを探して受け入れ、荒野と社会の両方に敬意を払って育てている。他の地域から大ムワンギにやってきたハーフエルフでさえ、他の地域では得られない受け入れ先を求めてこの村にやってくる。村人たちは自分の家を熱心に守り、彼らを攻撃する者はほとんどいない。

モーダント・スパイア・ハーフエルフスパイアボーン) Mordant Spire Half-Elves(Spireborn)

出典 Heroes from the Fringe 21ページ、Bastards of Golarion 7ページ

モーダント・スパイアのエルフ人間が偶然会うことはめったにない。その志尊であるスパイアボーンはモーダント・スパイアのエルフ人間の村を訪れたときに初めて誕生する。スパイアボーンのハーフエルフは、ほとんどの場合、エルフに連れられてモーダント・スパイアに戻り、モーダント・スパイアの外で重要な任務を遂行するように若い頃から訓練される。スパイアボーンはアズラント体的なトレーニングと広範な教育の療法を受ける。先であった人に、自分の血筋や極秘の任務については一切話さない。

スノウキャスター・ハーフエルフ(スノウボーン) Snowcaster Half-Elves(Snowborn)

出典 Heroes from the Fringe 21ページ、Bastards of Golarion 7ページ
北部諸国に生息するスノウボーンは典型的なtwilight speakersの子供である――人間や他の非エルフを助けることは神聖な義務であると考える、通常は不信感のあるスノウキャスター氏族からの宗教的な使節団の。スノウキャスター氏族は、このような子供をどのように受け入れるかは様々だが、一般的な氏族は人間から隔離され、ハーフエルフを理解できないためほとんどの場合スノウキャスターを遠ざけてしまう。しかしtwilight speakersはスノウボーンの子供と特に親密な関係を築く傾向があり、2つのグループはしばしば一緒に放浪する。スノウボーンはエルフに似て、のようにい肌と特に鋭いがある。スノウボーンのハーフエルフの中には、ヤドヴィガやウールフェン人共同体、Erutakiの部族の中に居場所を見つける者もいる。また自分の居場所を求めて放浪するものもいる。

代替種族特徴

親族育ち Kindred-Raised

出典 Inner Sea Races 212ページ

ハーフエルフについて考えるとき、ほとんどの人は1人の人間と1人のエルフを思い浮かべるだろう。しかし一部のハーフエルフは2人のハーフエルフの両親によって育てられている。そのようなハーフエルフは部外者のように感じず、自身を持っているが、人間に対する適応性が低くなる。【魅力】と他の1つの能力値に+2のボーナスを得る。この種族特徴は、ハーフエルフ通常種族修正値に加えて、適応能力エルフの耐性鋭き五感多才と置き換える。

裏切りの警告 Alert for Betrayal

出典 Legacy of the First World 12ページ

見かけの味方に対する一部のハーフエルフの懐疑論は冷笑的で頑固なものにする。このハーフエルフ幻術呪文効果に対するセーヴに+2の種族ボーナスを得る。〈知覚〉〈真意看破〉クラス技能となる。これは適応能力と置き換える。

薄暗い地の住人 Dimdweller

出典 Blood of Shadows 4ページ

この特徴を持つキャラクターは、暗い状況の家にいる。このキャラクターが暗闇や薄明るいによる視認困難完全視認困難の利益を受けるとき、〈威圧〉〈知覚〉〈隠密〉判定に+2の種族ボーナスを得る。

ドワーフはこの能貪欲および石工の勘と置き換えて取得できる。エルフノームハーフリングハーフオーク武器精通と置き換える。ハーフエルフ適応能力と置き換える。人間熟練と置き換え、60フィートの暗視も得る。

ドラウの訓練 Drow-Trained

出典 Darklands Revisited 7ページ

ダークボーン(ドラウから生まれたハーフエルフ)は、ハンド・クロスボウレイピア、ショートソードに習熟している。この人特徴は、適応能力の人特徴と置き換える。

辛辣な特使 Mordant Envoy

出典 Heroes from the Fringe 21ページ、Bastards of Golarion 7ページ

スパイアボーンは発動する変成術呪文術者レベルに+1を加える。【魅力】が11以上のスパイアボーンは以下の擬似呪文能力も得る:1回/日―コンプリヘンド・ランゲージズディテクト・シークレット・ドアーズイレイズリード・マジック。これらの効果術者レベルスパイアボーンのキャラクター・レベルに等しい。

これは適応能力と置き換える。

船内歩行 Sea Legs

出典 Inner Sea Races 212ページ

多くのハーフエルフキョーニンやその近くの商人家族と一緒に住んでいたり、エンカーサン湖や内海方の周囲で密輸業者として働いているか、海賊と一緒に略奪しているかにかかわらず、若い頃に辺に出る。このハーフエルフ〈水泳〉判定に2の種族ボーナスを得、狭い通路や滑りやすい表面を移動するための〈軽業〉に+4の種族ボーナスを得、船渠や船での〈登攀〉判定に+4の種族ボーナスを得る。この人特徴は、適応能力と置き換える。

暗闇の声 Voice in the Darkness

出典 Blood of Shadows 5ページ
前提条件【魅力】13。

ダークランドまたは影界強制威圧の訓練をするキャラクターは、薄暗い明かりの中で、または全くのない場所で訓練をすることができる。薄暗い明かりまたは暗闇場所にいる限り、この特徴を持つキャラクターは〈威圧〉〈隠密〉判定に+2のボーナスを得る。

ドワーフはこの種族特徴石工の勘と置き換える。ドラウエルフはこの種族特徴武器精通と置き換える。ハーフエルフはの種族特徴適応能力と置き換える。ハーフオークはこの種族特徴威嚇と置き換える。

武器精通 Weapon Familiarity

出典 Inner Sea Races 212ページ

エルフに育てられたハーフエルフは、長生きしているに憐れみや不信感を抱くことがある。それでも彼らはエルフ武器の訓練を受けている。エルフ武器精通特徴を得る。これは適応能力と置き換える。

龍の魂 Dragon Soul

出典 Legacy of Dragons 11ページ

一部のハーフエルフは、ドラゴンのより強い遠いつながりを受け入れることで、血統の一部を放棄した。この特徴を持つハーフエルフ種族に関する効果で、エルフまたは人間のいずれかとしてみなされることを選択する。加えてこの特徴を持つハーフエルフ種別クリーチャー目標とする効果的でとしてみなされ(レンジャーの得意な敵ベイン武器などであるが、前提条件ではない)、恐怖睡眠麻痺効果に対するすべてのセーヴィング・スローに+2の種族ボーナスを得る。これは適応能力エルフの血エルフの耐性と置き換える。

好機の目 Eye for Opportunity

出典 Inner Sea Races 211ページ

常に2つの社会の荒削りな状況に直面しているハーフエルフの中には、見過ごされている機会を見つけるためのコツを開発しているものもいる。機会攻撃に+1の種族ボーナスを得る。この種族特徴適応能力および鋭き五感と置き換える。

呪文抵抗 Spell Resistance

出典 Blood of Shadows 15ページ

ドラウの血が混じった一部のハーフエルフは、魔法に対するドラウ抵抗力を共有している。この種族特徴は持つはは6+キャラクター・レベルに等しい呪文抵抗を得る。この種族特徴適応能力および鋭き五感と置き換える。

下級の擬似呪文能力 Lesser Spell-Like Abilities

出典 Blood of Shadows 14ページ

この特徴を持つハーフエルフは1日1回ダンシング・ライツダークネスフェアリー・ファイアーを発動することができる。これらの効果術者レベルは使用者のキャラクター・レベルに等しい。この種族特徴適応能力および多才と置き換える。

反射的な即席制 Reflexive Improvisation

出典 Inner Sea Races 212ページ

エルフの間の両に育てられたハーフエルフエルフ戚が彼らの成長速度に慣れていないため、人生の新しい各段階に準備ができておらずつまずく。習熟していない技能判定に+2の種族ボーナスを得る。この種族特徴適応能力および多才と置き換える。

ドラウの遺産 Drow Heritage

出典 Blood of Shadows 14ページ

この種族特徴を持つハーフエルフ前提条件を含め種族に関連する効果的でドラウトみなされる。この種族特徴ボーナス言語として任意の言語を選択する能と置き換え、代わりにキャラクターにドラウに提供されるボーナス言語へと制限する。

隠された混血 Hidden Half-Breed

出典 Blood of Shadows 14ページ

切な共同体では、ハーフエルフは無知と疑いに基づく仮説と偏見に耐える。ドラウ社会では混血についての公の知識は残酷なしを意味する可能性がある。この特徴を持つハーフエルフは純粋なドラウエルフ人間に見せかけるための〈はったり〉〈変装〉判定に+2のボーナスを得る。この種族特徴ボーナス言語として任意の言語を選択する能と置き換え、代わりに、キャラクターにドラウに提供されるボーナス言語へと制限する。

寒冷地の経験 Cold-Honed

出典 Heroes from the Fringe 22ページ、Bastards of Golarion 7ページ

スノウボーンは通常移動速度自然と氷を移動し、寒い環境からの非致傷ダメージを回避するための頑健セーヴに+4の種族ボーナスを得る。

これはエルフの耐性と置き換える。

影の狩人 Shadowhunter

出典 Blood of Shadows 5ページ

負のエネルギー界の関係性を理解してる者は、う方法を知っている。この特徴を持つキャラクターは魔法の武器を使用しているかのように、非魔法の武器肉体武器素手打撃を含む)を使用して、非実体クリーチャーに50%の武器ダメージを与える。また、負のレベルを取り除くためのセーヴィング・スローに+2のボーナスを得て、アンデッドクリーチャー攻撃による身体能力値へのダメージを1日毎の能力値辺り2ポイントの割合で回復する(通常の1ポイントの能力値ではなく)。

ドワーフエルフノームハーフオークハーフリングは、武器精通の代わりにこの特徴を取得できる。ハーフエルフエルフの耐性の代わりにこの特徴を取得できる。人間ボーナス特技の代わりにこの特徴を得ることができ、ボーナス特技として《鋼の意志》も得る。

世慣れ Sophisticate

出典 Inner Sea Races 212ページ

住んでいる文化を具現化しようと努するハーフエルフはファッション、流行政治的傾向の衰退と流れに対する鋭い本能を発達させる。〈知識:歴史〉〈知識:地域〉 判定に+2の種族ボーナスを得、難易度が10以上の判定でも習熟していない技能を使用できる。この種族特徴エルフの耐性と置き換える。

薄い血液の抵抗力 Thinblood Resistance

出典 Heroes from the Fringe 20ページ、Bastards of Golarion 6ページ

ダークボーンはドラウの祖先ので拷問することに慣れており、魔法病気を含む病気に対する頑健セーヴに+2の種族ボーナスを得る。ダークボーンは毒の使用を得、武器に適用するとき自身する危険を冒すことはない。

これはエルフの耐性と置き換える。

毒の眷属 Poison Minion

出典 Blood of Shadows 5ページ

ドラウを有するようにすることによって彼らの奴隷と最前線の士を増強し、体内に殺しのを生成させる(下記参照)。結果として生じる有毒クリーチャーは近隣のモンスターを思いとどまらせる強武器となる。このようなクリーチャー噛みつき攻撃攻撃したクリーチャーは、即座にそのに晒される。このセーヴ難易度は10+キャラクターのヒット・ダイスの半分+【耐久力】修正値に等しい。

殺しの/Mawbane Poison—摂取型; セーヴ 上記の頑健セーヴ頻度 4ラウンドの間1/ラウンド効果 1d2【耐久力】ダメージ治癒 1回のセーヴ

ドワーフ防御修練および頑丈と置き換える。エルフエルフの魔法および武器精通と置き換える。ノーム防御修練ノームの魔法および幻術抵抗と置き換える。ハーフエルフエルフの耐性および鋭き五感と置き換える。。ハーフオークオークの凶暴性および武器精通と置き換える。人間熟練と置き換える。ハーフリングの生態はこの特徴をとることを妨げる。ドラウドラウの耐性光による盲目化呪文抵抗および武器精通と置き換える。ワヤン光と闇潜伏者および影の抵抗力と置き換える。

《念術感応》 Psychic Sensitivity

出典 Blood of Shadows 15ページ

ダークランドは奇妙なエネルギーで満ちており、そこに住むドラウまたはハーフドラウ切心と引き合えに、血に塗れた儀式を実践する。この特徴を持つドラウまたはハーフドラウ《念術感応》特技Pathfinder Roleplaying Game Occult Adventures 138ページ)を得、通常念術の術者のみが利用できる心霊技能解放の使用権を得る。この種族特徴ドラウまたはハーフドラウ鋭き五感と、およびドラウの場合はドラウの耐性と、ハーフエルフの場合はドラウあるいはエルフの耐性と置き換える。

エルフからの軽蔑 Elf-Scorned

出典 Inner Sea Races 211ページ

多くのハーフエルフ、特にハーフドラウとハーフエクジャエはエルフの両親に拒絶され、非人間の祖先に対する憎しみと恐れしか感じない。エルフに対する攻撃ロールに+1の種族ボーナスエルフに対するアーマー・クラスに+2の回避ボーナスを得る。この種族特徴エルフの耐性および多才と置き換える。

ダークランドの案内人 Guide Darklands Guide

出典 Blood of Shadows 5ページ

ゴラリオン地下のないトンネルに勇敢に立ち向かう者共は、ダークランド特徴づける危険な現象を特定することを学ぶ。この特徴を持つキャラクターはイニシアチブ判定と、地下での障害地域に対するセーヴに+2のボーナスを得る(呪われた沼落盤グリーン・スライムなどの回避)。

ドラウハーフエルフ鋭き五感の代わりにこの特徴をとることができる。ティーフリングダークネス擬似呪文能力をこの特徴と置き換える。

気が付かれず Disregarded

出典 Legacy of the First World 5ページ

この特徴を持つハーフエルフは、魔法のテクニックを練習して、フェイ特徴をカジュアルな見たから隠す。このハーフエルフ幻術呪文を発動するとき術者レベルを1高く扱う。【魅力】が11以上のハーフエルフは以下の擬似呪文能力を得る:1回/日―ガイダンスイノセンスAPGララバイメイジ・ハンド。これらの効果術者レベルハーフエルフレベルの等しい。これらの呪文難易度は10+呪文レベルハーフエルフ【魅力】修正値に等しい。この種族特徴鋭き五感と置き換える。

夕闇の視界 Dusksight

出典 Blood of Shadows 4ページ

天蓋の下で操作したり、薄暗い洞窟や存在ののある次元界ったりするキャラクターは、目標の周りでのちらつきから敵の位置を推測するために、夜目を使用することを学ぶ。遠隔攻撃を行う場合、この特徴を持つキャラクターは薄明るいの中で任意の目標遮蔽によって与えられた失敗確率を再ロールし、2回のロールの内良い方を採用することができる。完全視認困難の失敗確率は通常通り適用される。

ドワーフはこの特徴嫌悪夜目を置き換え、夜目も得る。エルフノームハーフエルフハーフリングは、鋭き五感と置き換える。ハーフオーク武器精通と置き換え、夜目も得る。

フェイの魔法 Fey Magic

出典 Heroes of the Wild 5ページ

このキャラクターはレンジャー得意な地形のリストから選択した1種類形と神秘的なつながりを持つ。キャラクターは0レベル・ドルイド呪文3つと1レベル・ドルイド呪文を選択する。このキャラクターが11以上の【魅力】をもつ場合、選択した形にいるとき、これらの呪文を1日1回発動できる擬似呪文能力を得る。これらの効果術者レベルは使用者のキャラクター・レベルの等しい。擬似呪文能力難易度は10+呪文レベル【魅力】修正値に等しい。これらの呪文ドルイド自然の誘惑への抵抗力クラス特徴や類似の能的でフェイ起源であるものと扱われる。

ドワーフはこの能貪欲および石工の勘と置き換えて取得できる。エルフハーフエルフハーフリング鋭き五感と置き換える。ノーム偏執狂と置き換える。ハーフオークオークの凶暴性と置き換える。人間熟練と置き換える。熟練フェイの魔法に置き換えた人間フェイの思考夜目も得る。

詐称 Fraudulent

出典 Heroes of the High Court 15ページ

法定での位を獲得して維持するために、一部のハーフエルフ貴族に対する主張を誇張したり偽造したりすることを恥だと思わない。この種族特徴を持つハーフエルフは偽造を作成するための〈はったり〉〈知識:貴族〉〈言語学〉判定に+1の種族ボーナスを得る。宮廷の環境に適しているように見えるためにアクセサリー(廷臣や貴族の衣類を装飾するための必要な宝など)に半分の価格を費やす必要がある。この種族特徴鋭き五感と置き換える。

確かな足取り Sure Step

出典 Blood of Shadows 5ページ

冒険者は大都市路地地下水道、またはダークランドのトンネルで生涯を過ごす事がある。この特徴を持つキャラクターは、盲目状態または暗闇の中を移動する移動ペナルティを受けない。

ドラウハーフエルフ鋭き五感の代わりにこの特徴を取得できる。

ベールの背後 Behind the Veil

出典 Blood of Shadows 4ページ

この特徴を持つキャラクターはの部分あるいは仕切られた範囲で行動することにより、ボディ・ランゲージと動きを巧みにカバーする。このキャラクターは視認困難あるいは遮蔽の利益を得ている間、〈はったり〉〈手先の早業〉判定に+2のボーナスを得る。

ドワーフ石工の勘と置き換える。エルフノームハーフエルフ夜目と置き換える。ハーフオーク威嚇と置き換え、影に紛れるARGフェッチリング種族特徴も得る。ハーフリング武器精通と置き換える。

海の子 Child of the Sea

出典 Heroes from the Fringe 20ページ、Bastards of Golarion 5ページ

ショアボーンは〈水泳〉判定と、海上での船を操縦するための〈職能:船夫〉判定および【判断力】判定に+4の種族ボーナスを得る。また生来の方向感覚を持っており、海で迷子になることはめったに無い

これは夜目および鋭き五感と置き換える。

混合した視界 Blended View

出典 Blood of Shadows 5ページ

前提条件夜目夜目を持っていたドラウでないのハーフドラウは様々な感覚の遺産に恵まれているかもしれない。この特徴を持つキャラクターは夜目を維持するが、60フィートの暗視も得る。

エルフまたはノームはこの特徴鋭き五感と置き換える。ハーフエルフ多才と置き換える。

フェイの思考 Fey Thoughts

出典 Heroes of the Wild 5ページ
キャラクターは始まりの世界の原住民のように見える。以下の技能から2つを選択する:〈軽業〉〈はったり〉〈登攀〉〈交渉〉〈変装〉〈脱出術〉〈飛行〉〈知識:自然〉〈知覚〉〈芸能〉〈真意看破〉〈手先の早業〉〈隠密〉〈水泳〉〈魔法装置使用〉。選択した技能は、キャラクターのクラス技能となる。

ドワーフ嫌悪と置き換える。エルフノームハーフオーク武器精通の特性と置き換える。ハーフエルフ多才と置き換える。ハーフリング大胆不敵と置き換える。人間の場合、熟練と置き換える(または人間は上記のフェイの魔法詳細にあるフェイの魔法夜目も得る)。

柔軟な混血 Flexible Half-Breed

出典 Blood of Shadows 14ページ

1日1回、この種族特徴を持つハーフエルフは、人間ドラウエルフのように見せかけるための擬似呪文能力として、オルター・セルフを使用できる。ハーフエルフはこの能を使用するたびこの姿の種族を変更できるが、各種族の特定の姿は固定である。ハーフエルフは選択した種族の一員として見せかけるための〈変装〉判定に+10のボーナスを得る。この能術者レベルはキャラクターのヒット・ダイスに等しい。この種族特徴多才と置き換える。

Jungle Affinity Jungle Affinity

出典 Heroes from the Fringe 21ページ、Bastards of Golarion 6ページ

ワイルドボーンは、ジャングル形内で〈隠密〉判定に+4の種族ボーナスを得、ジャングル内の自然移動困難な地形通常移動速度移動できます。

この種族特徴多才と置き換える。

模倣の鼓舞 Inspire Imitation

出典 Heroes of the Streets 8ページ

ハーフエルフ技能判定に成功するたび、即行アクションとして模倣するものを鼓舞することができる。技能判定の成功を撃し、次の1分以内に同じ判定を試みる30フィート以内の味方は援護アクションを受けたかのように判定に+2のボーナスを得ることができる。この種族特徴熟練と置き換える。

全文検索 目的別索引