アアシマール

アアシマール Aasimar

アアシマールの副種族

アガシオン血族(アイディルキン/Idyllkin)

出典 Blood of Angels 21ページ
アイディルキン(“牧歌詩人の縁者”程度の意)は獣のような側面と穏やかな気質を持っており、しばしば、秩序にして善混沌としてを担う者達の間を取り持つ平和的な仲介者として活動する。

祖先 アガシオン
一般的な属性 中立にして善
能力値修正 +2【耐】、+2【魅】
代替技能修正 〈動物使い〉〈生存〉
代替擬似呪文能力 アイディルキンはサモン・ネイチャーズ・アライII擬似呪文能力として得る。

エンジェル血族エンジェルキン/Angelkin)

出典 Blood of Angels 21ページ
エンジェルキン(“天使の縁者”程度の意)は並外れたしさを持つ定命の模範者であり、彼らはあらゆる姿を取ることができるが、どの姿であれ模範を示すことに尽する。

祖先 エンジェル
一般的な属性 いずれかの
能力値修正 +2【筋】、+2【魅】
代替技能修正 〈治療〉〈知識:次元界〉
代替擬似呪文能力 エンジェルキンはオルター・セルフ擬似呪文能力として得る。

アルコン血族(ローブリンガーズ/Lawbringers)

出典 Blood of Angels 22ページ
ローブリンガーズ(“秩序をもたらす者”程度の意)は正義を導き不徳にを与える覇者であり、多くの場合、混沌が定命の者達の苦しみの原因であると信じている。

祖先 アルコン
一般的な属性 秩序にして善
能力値修正 +2【耐】、+2【判】
代替技能修正 〈威圧〉〈真意看破〉
代替擬似呪文能力 ローブリンガーズはコンティニュアル・フレイム擬似呪文能力として得る。

アザータ血族ミューズタッチト/Musetouched)

出典 Blood of Angels 22ページ
ミューズタッチト(“詩神に触れし者”程度の意)は自由と歓喜の典型であり、恵まれない個人を解放するために世界をする。

祖先 アザータ
一般的な属性 混沌にして善
能力値修正 +2【敏】、+2【魅】
代替技能修正 〈交渉〉〈芸能〉
代替擬似呪文能力 ミューズタッチトはグリッターダスト擬似呪文能力として得る。

ガルーダ血族(プリュームキス/Plumekith)

出典 Blood of Angels 23ページ
揺らめく鳥のようなその姿は、すぐにプリュームキス(“羽飾りの友”程度の意)とわかる。彼らは軽率な行動をとることがあるものの、誓約を結んだと後に義務を怠ることはない。

祖先 ガルーダ
一般的な属性 混沌にして善
能力値修正 +2【敏】、+2【判】
代替技能修正 〈軽業〉〈飛行〉
代替擬似呪文能力 プリュームキスはシー・インヴィジビリティ擬似呪文能力として得る。

ペリ血族(エンバーキン/Emberkin)

出典 Blood of Angels 23ページ
魔法達人、エンバーキン(“残りの縁者”程度の意)は、祖先のペリに加えて、さらに遡って堕天使の祖先の二つの響を引き継いでおり、善と悪、両者の衝動に立ち向かっている。

祖先 ペリ
一般的な属性 中立にして善
能力値修正 +2【知】、+2【魅】
代替技能修正 〈知識:次元界〉〈呪文学〉
代替擬似呪文能力 エンバーキンはパイロテクニクス擬似呪文能力として得る。

代替種族特徴

聖撃の魔法 Crusading Magic

出典 Inner Sea Races 214ページ
多くのアアシマールは『世界の傷』から侵略してくるような魔物達から世界を守るため、自らを鍛える義務があると感じている。このようなアアシマールは、呪文抵抗を克服するための術者レベル判定〈知識:次元界〉判定に+2の種族ボーナスを得る。この種族特徴は、“得意技能”と“擬似呪文能力”の種族特徴を置き換える。

全文検索 目的別索引