エルドリッチ・ナイト

エルドリッチ・ナイト Eldritch Knight

おそるべき士にして呪文使いたるエルドリッチ・ナイト秘術騎士)は、魔法使いには珍しいその能で、ファイターバーバリアンなどの戦闘クラスの者の横に立って戦闘に身を投じていく。戦闘エルドリッチ・ナイトと相対しなければならない者たちは、場においてその多才さはとてつもない優位を持つがために、エルドリッチ・ナイトを大いに恐れる。重武装の相に対しては弱体化呪文を向ければよく、相対する呪文使いエルドリッチ・ナイトの前に最期を迎えるのだ。

エルドリッチ・ナイトとなる道は武勇秘術パワーの双方を要求するため、エルドリッチ・ナイトは大抵がその道を、ウィザードファイターソーサラーレンジャーなど、マルチクラスのキャラクターとして歩み始める。エルドリッチ・ナイト秘術の研究が戦闘訓練と同じくらい広く行なわれている所ならどこででも見かけられる。

役割:エルドリッチ・ナイト戦闘クラス呪文使いの能を融合し、あるは敵に魔法を投じ、またあるは鋼で相を叩き伏せるエルドリッチ・ナイトは、戦闘のまっただ中でうことにも、同胞らの後ろで安全なまま敵に向けて呪文を発動することにも、まったく同じように慣れしんでいる。その多才さは、来るべきいの状況が見通せぬに、エルドリッチ・ナイトを価値ある仲間たらしめる。

属性エルドリッチ・ナイトとなる道は、ウィザードの下での見習い期間や兵士としての経歴につながる道と同じくらいさまざまであり、それゆえにエルドリッチ・ナイトはどのような属性でもありうる。しかしながら、秘術知識の研究と戦闘技術のバランスを維持するのにはたいへんな自制心が要求され、その理由から多くの者は秩序属性を好む。

ヒット・ダイス種類d10。

必要条件

エルドリッチ・ナイトになるためには、キャラクターは以下の基準すべてを満たさなければならない。

武器習熟すべての軍用武器習熟していること。

呪文3レベル秘術呪文を発動できる能

クラス技能

エルドリッチ・ナイトクラス技能(と各技能の対応能)は、〈騎乗〉【敏】〈言語学〉【知】〈水泳〉【筋】〈呪文学〉【知】〈真意看破〉【判】〈知識:貴族〉【知】〈知識:神秘学〉【知】〈登攀〉【筋】

レベルごとの技能ランク2 + 【知力】修正値。

表:エルドリッチ・ナイト

レベル

基本攻撃
ボーナス

頑健
セーヴ

反応
セーヴ

意志
セーヴ

特殊

1日の呪文

1

+1

+1

+0

+0

ボーナス戦闘特技多角的訓練

2

+2

+1

+1

+1

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

3

+3

+2

+1

+1

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

4

+4

+2

+1

+1

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

5

+5

+3

+2

+2

ボーナス戦闘特技

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

6

+6

+3

+2

+2

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

7

+7

+4

+2

+2

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

8

+8

+4

+3

+3

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

9

+9

+5

+3

+3

ボーナス戦闘特技

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

10

+10

+5

+3

+3

呪文クリティカル

既存の秘術呪文を発動するクラスに+1レベル

クラスの特徴

以下のすべてがエルドリッチ・ナイト上級クラス特徴である。

武器と防具の習熟エルドリッチ・ナイトはどんな武器にも防具にも習熟していない。

ボーナス特技/Bonus Feat:1レベルにおいて、エルドリッチ・ナイトボーナス戦闘特技1つを選んでよい。これはすべてのキャラクターがレベルの上昇により通常獲得する特技とは別に追加で得られる特技である。キャラクターはやはりこのボーナス特技前提条件を満たしていなければならない。エルドリッチ・ナイトクラス・レベル5および9の点で追加の戦闘特技を獲得する。

多角的訓練/Diverse Training:エルドリッチ・ナイトは、特技前提条件を満たす用途において、自分の持つファイターレベルエルドリッチ・ナイトレベルを加えることができる。ファイターレベルを持っていない場合は、エルドリッチ・ナイトレベルファイターレベルとして扱うこと。エルドリッチ・ナイトは、特技前提条件を満たす用途において、秘術呪文が発動できるクラスレベルエルドリッチ・ナイトレベルを加えることもできる。

1日の呪文数/Spells per Day:指示されたレベル点で、エルドリッチ・ナイトはこの上級クラスに就く前に属していた秘術呪文が発動できるクラスレベルが上がったかのように、1日に使える呪文数が増える。しかし、追加の1日の呪文数、追加修得呪文数(準備しない呪文使いの場合)、呪文を発動する際の有効レベルの上昇以外に、そのクラスレベルが上がっていたなら得られたはずの他の利益を得ることはない。キャラクターがエルドリッチ・ナイトになる前に複数の呪文発動のあるクラスをとっていたなら、レベルの上昇があるたび、その新たなレベルをどのクラスに、1日の呪文数を決定するために適用するか決めなければならない。

呪文クリティカル(超常)/Spell Critical:クラス・レベルが10レベルに達したエルドリッチ・ナイトがクリティカル・ロールに成功した場合はいつでも、即行アクションとして呪文1つを発動できる。この呪文は先の攻撃目標を、目標の内の1体とするか、効果範囲内に収めるかしていなければならない。この呪文を発動することで機会攻撃を誘発することはない。術者はやはり呪文構成要素すべてを満たしていなければならず、必要なら秘術呪文失敗確率をロールしなければならない。


全文検索 目的別索引