ドルイド

ドルイド Druid

一部のドルイドは他とは異なる道を選択し、特定の動物の強さと長所を模倣する能専念する。おそらく彼らは常にそのような動物との絆を結び、あるいはそのようになろうとしているのかもしれない。いずれにせよ、動物のシャーマンは彼らのトーテムである動物の本質を真実体現している。これらのアーキタイプはすべて同を含んでおり、類人猿のシャーマンのセクションで詳細に説明されている。

これと対照的に、いくらかのドルイドはそのようなトーテム崇拝の絆を捨て、代わりに自然の生来の自由と何の咎も受けることなく荒野のすべての部分を渡ってする能を体現する。

猪のシャーマンアーキタイプBoar Shaman

猪のシャーマン自身のトーテムとして鈍感で凶暴な猪を選択する。喚起するとき、その中身はそのままに猪のシャーマンは最も危険な野生のクリーチャーの1つになる。

自然との絆猪のシャーマン動物の相棒を決めるときはボアを選ばなければならない。領域を選ぶ場合には、猪のシャーマン動物破壊激怒)、守護、および力の領域から選ばなければならない。

野生動物との共感(変則)猪のシャーマン野生動物との共感を豚のようなクリーチャーに対し全ラウンド・アクションで行うことができる上、その判定に+4ボーナスを得る。

トーテムの化身(超常)2レベル点で、猪のシャーマン通常の姿を保ったまま猪の化身を取り込むことができる。この能類人猿のシャーマンの能と同様に働くが、ドルイドは以下のボーナスと能のセットから選択することができる:移動移動速度への+10強化ボーナス)、感覚夜目鋭敏嗅覚)、肉体武器突き刺し[中型のシャーマンなら1d8])、または強靭さ(アーマー・クラス への+2外皮ボーナス《持久力》特技)。トーテムの化身を使用している間、猪のシャーマン通常通り会話することができ、スピーク・ウィズ・アニマルズ(猪か近縁の動物のみ)を回数無制限で発動することができる。この能森渡りを置き換える。(第3刷更新

トーテム召喚(超常)5レベル点で、猪のシャーマンボアまたはその他の豚のようなクリーチャー招来するとき、標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライを発動することができ、これらの招来されたクリーチャードルイドレベルに等しい一時的ヒット・ポイントを得る。この能その他の点では類人猿のシャーマンと同様に働く。

自然の化身(超常)6レベル点で、猪のシャーマン自然の化身ドルイドレベルを-2して機能する。猪のシャーマンボアの姿を取る場合、代わりにドルイドレベル+2を使用する。

ボーナス特技9レベル点、およびその後の4レベルごとに、猪のシャーマンは以下のボーナス特技の1つを得る:《蹴散らし強化》《出血化クリティカル》《不屈の闘志》《無視界戦闘》。これらのボーナス特技前提条件は満たさねばならない。この能毒への耐性と置き換える。

蝙蝠のシャーマンアーキタイプBat Shaman

蝙蝠のシャーマンのトーテムは最も複雑迷路さえ信じられない速度で飛び回り帰還する俊敏蝙蝠である。敵が蝙蝠のシャーマンがいつ現れていつ事をなすのか知ることはなく、蝙蝠のシャーマン迅速かつ強烈一撃を見舞って夜に消え行く。

自然との絆蝙蝠のシャーマン動物の相棒を決めるときはバットを選ばなければならない。領域を選ぶ場合には、蝙蝠のシャーマン動物夜の副領域)、および欺き騙しの副領域)から選ばなければならない。

野生動物との共感(変則)蝙蝠のシャーマン野生動物との共感蝙蝠に対し全ラウンド・アクションで行うことができる上、その判定に+4ボーナスを得る。

トーテムの化身(超常)2レベル点で、蝙蝠のシャーマン通常の姿を保ったまま蝙蝠の化身を取り込むことができる。この能類人猿のシャーマンの能と同様に働くが、ドルイドは以下のボーナスと能のセットから選択することができる:移動飛行移動速度30フィート[標準]、ドルイドは最低5レベルでなければこのボーナスを選択できない)、肉体武器噛みつき[中型のシャーマンなら1d4])、または感覚擬似視覚20フィート)。

トーテムの化身を使用している間、蝙蝠のシャーマン通常通り会話することができ、スピーク・ウィズ・アニマルズ蝙蝠のみ)を回数無制限で発動することができる。この能森渡りを置き換える。(第3刷更新

トーテム召喚(超常)5レベル点で、蝙蝠のシャーマンバット招来するとき、標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライを発動することができ、これらの招来されたクリーチャードルイドレベルに等しい一時的ヒット・ポイントを得る。この能その他の点では類人猿のシャーマンと同様に働く。

自然の化身(超常)6レベル点で、蝙蝠のシャーマン自然の化身ドルイドレベルを-2して機能する。蝙蝠のシャーマンバットの姿を取る場合、代わりにドルイドレベル+2を使用する。

ボーナス特技9レベル点、およびその後の4レベルごとに、蝙蝠のシャーマンは以下のボーナス特技の1つを得る:《イニシアチブ強化》《軽業師》《技能熟練:知覚》、《軽妙なる戦術》《神速の反応》。これらのボーナス特技前提条件は満たさねばならない。この能毒への耐性と置き換える。

類人猿のシャーマンアーキタイプApe Shaman

このトーテムのシャーマンは強大な類人、平和的だが比類ないを持つ強を呼び下ろす。類人猿のシャーマンは友好的な森の守護者だが、その怒りを呼び起こす敵は砕する。

自然との絆類人猿のシャーマン動物の相棒を決める際、エイププライメイトと関係を選ばなければならない。領域を選ぶ場合には、類人猿のシャーマン動物、共同体(家族の副領域)、破壊激怒の副領域)、および力の領域から選ばなければならない。

野生動物との共感(変則)類人猿のシャーマン野生動物との共感を類人およびその他長類に対し全ラウンド・アクションで行うことができる上、その判定に+4ボーナスを得る。

トーテムの化身(超常)2レベル点で、類人猿のシャーマン通常の姿を保ったまま類人猿の化身を取り込むことができる。類人猿のシャーマンは以下のボーナスと能のセットのうち1つを得る:移動登攀移動速度20フィート、〈登攀〉判定への+4種族ボーナス)、感覚夜目鋭敏嗅覚)、肉体武器叩きつけ×2[中型のシャーマンなら1d6]、組みつき戦技判定に+2)または強靭さ(アーマー・クラス への+2外皮ボーナス《持久力》特技)。

トーテムの化身を使用している間、類人猿のシャーマン通常通り会話することができ、スピーク・ウィズ・アニマルズ長類のみ)を回数無制限で発動することができる。この能の使用は2レベル点で標準アクション7レベル点で移動アクション、そして12レベルの点で即行アクションとなる。類人猿のシャーマンはこの能を1日にドルイドレベルと等しい分数まで使用できる。これらの分数は連続している必要はないが、1分単位で使用しなければならない。これは(ポリモーフ効果であり、ドルイド自然の化身のような他の(ポリモーフ効果の使用中にこの能を使用することはできない。この能森渡りを置き換える。(第3刷更新

トーテム召喚(超常)5レベル点で、類人猿のシャーマンプライメイト招来するとき、標準アクションとしてサモン・ネイチャーズ・アライを発動することができ、これらの招来されたクリーチャードルイドレベルに等しい一時的ヒット・ポイントを得る。類人猿のシャーマンはいずれかのプライメイトにヤング・テンプレートを適用して、必要な招来呪文レベルを1減少することができる。類人猿のシャーマンはまた招来呪文レベルを1増加してアドヴァンスト・テンプレートジャイアントテンプレートのいずれかを適用するか、2増加してアドヴァンスト・テンプレートジャイアントテンプレートの両方を適用することができる。この能千の顔と置き換える。

自然の化身(超常)6レベル点で、類人猿のシャーマン自然の化身ドルイドレベルを-2して機能する。類人猿のシャーマンエイプの姿を取る場合、代わりにドルイドレベル+2を使用する。

ボーナス特技9レベル点、およびその後の4レベルごとに、類人猿のシャーマンは以下のボーナス特技の1つを得る:《頑健無比》《持久力》《追加hp》《突き飛ばし強化》《不屈の闘志》。これらのボーナス特技前提条件は満たさねばならない。この能毒への耐性と置き換える。

世界を歩む者アーキタイプWorld Walker

すべてのドルイドが容易く荒野を横断する中、世界を歩む者は世界中をすることを買って出る。一部はドルイドの輪のために伝令や斥候として働くが、他のものはそれぞれの新たな土発見される新たな謎と、その謎を解き明かすことにより得られる新たな知恵への、一見してわかるほどの抑えがたい行熱を抱く。

得意な地形(変則)3レベル点で、世界を歩む者レンジャー得意な地形を得る。世界を歩む者はこの能に関してドルイドレベルレンジャーレベルとして扱う。世界を歩む者が両方のクラスレベルを有する場合、この能効果を決定するにあたり両方のクラスレベル累積する。この能跡無き足取り自然知識の減衰(訳注:reduce nature's lore。おそらく自然の誘惑への抵抗力(Resist nature's lure)か)と置き換える。

木々の道(超常)/Path of Trees:9レベル点で、1日に1回、放浪者ツリー・ストライド呪文と同様の方法での中に歩み入り、その後別のへと瞬間移動することができる。世界を歩む者は12レベルの点で追加の1日の使用回数1回を得て、15レベルの点でこの能を3回使用できる。さらに、13レベル以上の世界を歩む者はこの能を最大で100マイルまでの同の別のへの瞬間移動に使用できる。この能毒への耐性時知らずの肉体の両方と置き換える。

全文検索 目的別索引