信条特徴

信条特徴 Faith Traits

これらの特徴は精、知覚、宗教信念に関係したものだが、特定の神の信仰に直結したものではない。

あなたは信仰特徴を得るために神に帰依する必要はない。これらの特徴は単に神格への献身によるものと同じように、あなた自身信念や哲学への信念によるものとしてよい。

〔異教の歴史〕 History of Heresy

君は異端的な視点を持って育てられた。その結果、君はほとんどの宗教の考え方を受け入れることを難しくは感じなくなった。しかしまた、君もしくは君が好きだった人がしばしば“のけもの”として扱われたという事実を受け入れなければならなかった。その結果、君は宗教の教えに背を向けた。

利益:君が信仰呪文使いとなるクラスレベルを所持していないならば、信仰呪文に対するセーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。

〔生まれながらの印〕 Birthmark

君は奇妙なあざを持って生まれた。そのあざは君が今後の人生で信仰することを選んだ神の聖印と非常に似通った形をしているのだ。

利益:このあざは呪文を発動する際に信仰焦点具として使用できる。そして、君の信仰の物理的発現として、神への献身を増加させる。その結果、(魅惑)(強制)効果に対するセーヴィング・スローに対して+2の特徴ボーナスを得る。

〔選ばれし者〕 Chosen One

生まれたとき、君の両は君の魂を神にささげた。神は君に祝福を与え、君のゆくを覆う暗闇を輝かせると彼女の意思を持つ素晴らしい剣を頂戴した。

利益:君は擬似呪文能力として1日1回、ライトを発動でき、ゲーム開始に高品質のロングソードを持って開始する。加えて、ライトがこのロングソードに発動されたとき、の半径と呪文効果時間は2倍となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Champions of Purity

〔介護人〕 Caretaker

薬草商の子供や神殿の医務室の助として、君はしばしば病気がちの人や負傷した人を助けなければならなかった。

利益:君は〈治療〉判定に+1の特徴ボーナスを得る。また〈治療〉は常にクラス技能として扱われる。

〔仮面〕 Masked

利益:1日1回、〈変装〉判定を試みるとき、2回ロールし、良い方の結果を採用できる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔川の眼識〕 River Acumen

川を通る間君がこの上ない祝福があるように、川とその支流とのあなたの関係は川の道の神に対する君の敬意を混ざりあった。

利益:君は川または流れでの〈水泳〉判定に+2の特徴ボーナスを、川や流れの近くで食料を探し回るための〈生存〉判定に+2の特徴ボーナスを得る。

出典:Pathfinder Player Companion:People of the River

〔救世主〕 Redeemer

君は、道徳性はみんなの選んだものであり、邪な方法で行動する者たちは、彼らの行動がどのようにほかの人に本当に響を及ぼすかについて単に教えられてこなかったという強い信念を常に持っている。もし彼らが自身の誤りを示されることができるならば、彼らはより積極的な行動の方を受け入れるだろう――君はこれを見届けるために十分な忍耐がある。

利益:贖罪を求めるクリーチャーのための支援として行動するとき、君の忍耐と優しさはクリーチャーはそのセーヴに+1ではなく+3のボーナスを与える。

出典:Pathfinder Companion:Champions of Purity

〔協会の一徹者〕パラディンパスファインダー協会Stalwart of the Society

協会の記録した英雄たちの行いにより、ゴラリオンの古代パラディン騎士団の勇気の力は君には明らかだ。

利益:君の勇気のオーラクラス[恐怖]効果に対するセーヴィング・スローに追加で+1の特徴ボーナスを与える。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔協会の高貴なる者〕クレリックパスファインダー協会Exalted of the Society

アブサロムの協会本部の宝物庫には神格の神聖な秘密が多く隠されており、君は自らの神について徹底的に学んだ。

利益:君はエネルギー放出を1日に1回追加で使用することができる。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔狂気耐性〕古き教団Defy Madness

自然と異の勢との直接の関わりにより、君はそれらの引き起こす狂気によって傷つけられ難い。

利益:君は混乱狂気【判断力】ダメージ【判断力】吸収に対するセーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔狂信者〕(ノーム) Zealot

あなたはあなたを見守る神格にただ忠実なだけではない――神格の示す方向と信義にさえ、取り憑かれているかのように忠実なのだ。あなたの献身は、“漂白化”の苦しみに流されそうになるのを食い止める怒りであり、あなたがそれに執着するのは、まるでそれが救命ボートででもあるかのようだ。

制限:あなたのアライメントはあなたの選択した神格のものと同じでなければならない。

利益:あなたは〈知識:宗教〉判定に+1の特徴ボーナスを得、〈知識:宗教〉クラス技能として扱う。あなたが信仰する神格教義に完全に従っている限り(GMの判断による)、あなたは決して“漂白化”の響を受けない。
訳注:“漂白化(Bleaching)”はゴラリオンノームに起こる、体の色が失われる現象である。素晴らしく生き生きとした経験をしている間は、この響を受けることはなく、ノームぬことはない。しかしそれらが失われると彼らは色を失い、事実上亡する。)

出典:Pathfinder Companion:Gnomes of Golarion

〔外典の侍祭〕 Acolyte of Apocrypha

注意:外典を研究するまたはそのような文書を熟している学者の下で研究する信仰の術者は神格との関連とは異なる副領域を使用することができる。領域を使用するPCはこの特徴により、これらの副領域1つを使用できる。NPCが外典の情報接触したかを説明できる味わい深い背景を持つならば、NPCはこの特徴を必要としない。

利益:君の信仰上、まず認められない教えで君の宗教研究は決まった。副領域が君の守護神格と関連しているならば、君は以下に詳述される外典の副領域の1つを選択することができる。ある状況では、関連する領域を持たない神格にもかかわらず、君は神格と関連した副領域を選択することができる――これらの外はアスタリスク(*)で注記され、たとえ神が通常その領域にアクセスを与えないとしても君は通常通り関連する代替能領域呪文を得る。

領域2つに関連した副領域を選択する場合、聖職者は使用する領域を修正する副領域のみを選択することができる。

外典の副領域 Apocryphal Subdomains

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔権威主義〕 Authoritarian

君が選択した君の神格の信条の聖職者が自分の任務を遂行するのを助けることに多くの若かりし頃を過ごし、権威を尊重することを学んだ。

利益:君が合法であると認める君主かリーダーへの奉仕に関して行動している限り、[恐怖](強制)効果に対するセーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得る。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔献身的な癒し手〕 Devoted Healer

熟練した治療者の同伴で、君は常に時間とエネルギーを他の福祉へと捧げるのを奨励した。

利益:傷を治療するために〈治療〉判定で出20を行うとき、君が治療する人に追加の1d4ヒット・ポイント回復させる。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔最初の記憶〕(ノーム) First Memories

生活の間ずっと、あなたは周りにある物質という綴れ織りの向こうに世界はあると感じている。々北があなたを呼ぶ声が聞こえたり、口にする前にの穢れを嗅ぎ取ったりすることがある。

利益:あなたは種族特性ノームの魔法”により得られる通常擬似呪文能力を獲得しない。その代わりに、【判断力】が11以上であれば、あなたは以下の擬似呪文能力を獲得する:
1/日―ステイビライズスピーク・ウィズ・アニマルズディテクト・ポイズンノウ・ディレクション
これらの術者レベルはあなたのキャラクター・レベルに等しい。難易度は10+呪文レベル+あなたの【判断力】修正値に等しい。

出典:Pathfinder Companion:Gnomes of Golarion.

〔至高天のパンテオン〕 Empyreal Pantheon

至高天の王に対する君の信条は、多数の神を収容している。そして、君の人生の様々な焦点と訓練に適応させることに才能がある。

利益:秩序混沌属性の補足説明を選択する。たとえ君の属性または君の神が通常それを許可しないとしても、君はその補足説明を持つ呪文を発動できる。それが既に当てはまらないならば、善属性呪文適応する。

出典:Pathfinder Campaign Setting:Distant Shores

〔死のオーラ〕(囁きの道) Necrotic Aura

死霊術にさらされてきたことは、その有害な腐敗に対する君の抵抗力を強めた。

利益:君は死霊術系統呪文と負のエネルギーダメージをもたらすあらゆる効果に対するセーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔釈放〕 Unshackled

利益:君は〈脱出術〉判定に+1の特徴ボーナスを得、〈脱出術〉は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔十字軍〕 Crusader

利益:君は混沌の副種別を持つ来訪者に対する攻撃ロールに+1の特徴ボーナスを得る。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔使用人としての契約〕 Pact Servant

変わった場所を見つけ、世界で徳のニュアンスを評価することに君の信頼集中している。

利益:クレリックインクィジターその他信仰呪文の術者のための自身属性を決定する的で、アスモデウス秩序にして中立神格であるかのように扱う。自身属性の局面を含まない限り、悪の領域を選択できない。

出典:Pathfinder Campaign Setting:Distant Shores

〔祝福された接触〕 Blessed Touch

君は信心深い家族の中で進級したか、形式的な教会の環境で信仰について研究したか、従来の治療技術を信仰呪文の術者と組み合わせる方法を学んだかもしれない。そうする際に、君は神格のための完璧な器を自身集中させた。信仰は山の流れのように感じ、君の治療を他の誰よりも強にさせる。

利益:癒しの手エネルギー放出治癒呪文の発動を使うとき、君は追加の1ポイントのダメージ回復する。

出典:Pathfinder Player Companion:Champions of Purity

〔呪文の直感〕 Spell Intuition

生まれたとき魔法神格の司祭が祝福したことによって君は指導者の養成なしに呪文の性質を推測する覚ましい技巧を示した。

利益:君は〈呪文学〉判定に+1の特徴ボーナスを得、〈呪文学〉は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔自立〕 Self-Reliant

君はで作業をする方法を知っており、複雑な道具に頼らない。

利益:〈製作〉判定を試みるとき、間に合わせの道具を使うときにペナルティを受けない。GMの判断で道具が利用できないときでも、-2のペナルティを受けて特定の〈製作〉判定を試みることができる。

出典:Pathfinder Player Companion:Heroes of the Wild

〔信仰の寛容性〕 Ease of Faith

若い頃から君に信仰を与えてくれた君の師匠は、「君の信仰魔法と他の宗教魔法に違いはないこと」を君が確実に理解するような方法を講じた。この哲学は、君の考え方を共有しない人と対話するのを容易にしてくれた。

利益:君は〈交渉〉判定に+1のボーナスを得る。また、〈交渉〉は常にクラス技能として扱われる。

〔信仰の循環〕(任意の宗教Faithful Feedback

信仰の熱情を共有していることにより、君の治癒魔法はより効果的になる。

利益:君と同じ宗教の者に治癒の副系統に属する呪文を使用する場合、回復するヒット・ポイントは1だけ増加する。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔神聖なる接触〕 Sacred Touch

君は幼少のときに強正のエネルギー源に曝された。あるいは正しい宇宙のしるしの下で生まれたのかもしれない。あるいは両のいずれかが天才的な癒しであったのかもしれない。

利益:君は標準アクションとして瀕死状態クリーチャー接触することで、自動的に容態を安定化することができる。

〔神聖なる導管〕 Sacred Conduit

君の誕生は、母にとっては特に苦痛であり、難産であった。母は君が確実に生き残るために強信仰魔法を必要とした。母は生き残ったかもしれないし、そうでないかもしれない。かくして、魔法は幼少のころから君に注がれていた。そして君はほとんどの人よりずっと容易に、聖なるエネルギーを放出することができる。

利益:君がエネルギー放出を行なう際にはいつでも、君のエネルギー放出セーヴ難易度に+1の特徴ボーナスを得る。

〔神殿の子〕 Child of the Temple

君は長い間、都市神殿で働いている。そして、君は高貴なる習慣の多くを学び取っただけでなく、信仰について学びながら神殿図書館で多くの時間を過ごした。

利益:君は〈知識:貴族〉〈知識:宗教〉技能判定に+1の特徴ボーナスを得る。そしてそれらのいずれか(君が選択する)は常にクラス技能として扱われる。

〔神秘学者〕 Arcane Scholar

利益:〈知識:神秘学〉か〈呪文学〉のどちらかを選択する。君はその技能に+1の特徴ボーナスを得る。またその技能は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔神秘の信徒〕 Mystery Initiate

君は若いころ神秘的なカルトに入会し、君の信仰と世界を君ので理解するような秘密を学んだ。この経験は君に平思考のための脳を与えた。

利益:1日1回、君は〈知識〉技能を再ロールすることができる。最初のロールを行った後で結果が明らかになる前にこの能を使用するかを決定しなければならない。たとえ結果がくても2回の結果を使用しなければならない。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔制御できぬ感情〕 Irrepressible

君の強な個性と結合される神によって祝福を与えられる明るい未来に対する君の希望は心を曇らせるような呪文から解放することができる。

利益:(魅惑)と(強制)効果に対する意志セーヴィング・スローを試みるとき、君は【判断力】修正値に代わりに【魅力】修正値を使うことができる。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔聖クライドウェルの守り〕メンデヴ・クルセイダー) St. Clydwell’s Ward

君はデーモン攻撃を食い止めた古代の祈り秘密を学んだ。

利益:君はデーモンに対してサンクチュアリ呪文術者レベルは君のヒット・ダイス数の半分+君の【魅力】修正値に等しい)の効果を受けているかのような効果を及ぼす聖歌を唱えることができる。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔誠実〕 Honest

宗教の師は妥協しない完璧な感覚を君に染み込ませた。どのような恐れでも、また君にもたらすかもしれない憎に逆らって、他の人に君を信用するように促す習慣を、君に考えをしばしば話す

利益:君は〈交渉〉判定に+1のボーナスを得る。〈交渉〉が既に君に対して友好的か協的な相響を当たる、このボーナスは+2に増加する。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔淡然〕 Patient Calm

子供の、君は急激な気分を押さえつけるのに苦労したが、信用された共同体のリーダーの世話と忍耐強い尊敬は君を刺激した。年を取ってから君が慣れしんだ仕事をするとき、君は穏やかで落ち着いて作業をする能を高めた。

利益:〈製作〉もしくは〈職能〉技能の1つを選択する。その技能で出10を行うとき、10ではなく12をロールしたものとして結果を決定する。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔注意深き準備〕 Heedful Readiness

利益:1日1回、君はイニシアチブ判定【判断力】修正値を加えることができる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔弟子〕 Apprentice

利益:ソーサラーウィザード呪文リストから0レベル呪文を1つ選択する。君はその呪文を1日1回擬似呪文能力として発動することができる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔伝統主義〕 Traditionalist

利益:君は〈知識:貴族〉判定に+1の特徴ボーナスを得、〈知識:貴族〉は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔反自然の存在〕古き教団Unnatural Presence

君の長きにわたる異の勢との関わりは、君の毛から漏れ出してきている。

利益:君は〈威圧〉技能動物士気をくじくために使用することができる。〈威圧〉は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Chronicles:Faction Guide

〔秘密の保管者〕 Secret Keeper

利益:他の人の〈真意看破〉判定に対抗するときの〈はったり〉判定に+3のボーナスを得る。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔不屈の信仰〕 Indomitable Faith

君は信仰する宗教が一般的ではない地域で生まれたが、それを決して捨てなかった。君自身信仰心を保つために絶えず続いた戦いは、信仰の原動をより強めることになった。

利益:君は意志セーヴに+1の特徴ボーナスを得る。

〔不動〕 Undaunted

利益:君の士気をくじくための〈威圧〉判定難易度を2増加させる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔未熟な学者〕 Untrained Scholar

利益:1日1回、〈知識:地理〉〈知識:歴史〉〈知識:地域〉判定を未修得であっても+2の特徴ボーナスを得て試みることができる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔緑を愛するもの〕 Devotee of the Green

君の自然界への信仰、あるいは自然の神の1人への信仰により、関連した概念を学びとるのは簡単なことだった。

利益:君は〈知識:地域〉〈知識:自然〉技能判定に+1の特徴ボーナスを得る。そしてそれらのいずれか(君が選択する)は常にクラス技能として扱われる。

〔瞑想なる休息〕 Meditative Rest

利益:休息する中断が15分以上続かないならば、どのくらい呪文を準備する能回復するために完全に休む必要があるかについて決定するために、その休みを遮られた最初のを無視する。この中断の間に魔法を発動するならば、起き呪文を準備する君は呪文の毎日の制限にこれらを数えない。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔夜明け前より暗色な〕 Darkest Before Dawn

利益:[感情]、[恐怖]、[苦痛]の補足説明のある呪文に対してのセーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得る。1日に1回、君は1回のセーヴにこのボーナスを+4に増加させることができるが、セーヴィング・スローを試みる前に決定しなければならない。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

〔呼ぶ声〕 Called

若かりし頃、君の神や強精神が君と話をした。君が君の定められた偉大なことを達成するならば、君の前に待ち受けていた重大な運命と君が戦いに勝たなければならない方法に関する謎めいたがかりを与えた。

利益:1日1回、攻撃ロールで1をロールすると、ダイスを再ロールし、代わりに2回の結果を採用する。

出典:Pathfinder Player Companion:Quests & Campaigns

〔来世の学者〕 Scholar of the Great Beyond

君の子供のにおける最大の興味事は、世俗的なことや当の出来事ではなかった。君はまるで間違った代に生まれてしまったかのように、いつも場違いであると感じていた。君は容易に、来世と歴史的な出来事の哲学的な議論に取り組んだ。

利益:君は〈知識:歴史〉〈知識:次元界〉判定に+1の特徴ボーナスを得る。そしてそれらのいずれか(君が選択する)は常にクラス技能として扱われる。

〔歴史学の学生〕 Student of History

利益:君は〈知識:歴史〉判定に+1の特徴ボーナスを得、〈知識:歴史〉は君のクラス技能となる。

出典:Pathfinder Player Companion:Divine Anthology

全文検索 目的別索引