モンク

モンク Monk

モンクは理想主義者が身体および精神双方の訓練と熟達を行う中で統一と啓発を見出した知識の、後の探求者である。モンクの多くは、自身精神に内在する超自然的なの形態の1つである気に由来、あるいは依存している。

このセクションはいかなる気の使い自身気プールを増加することのできるモンクの誓い紹介する。誓いに続くのは気の尋常ならざる使い道を学ぶことのできる新しいアーキタイプ軽功拳士である。

モンクの誓い Monk Vows

モンクは誓いの厳格な主義を是認することにより、その体により多くの気を保持する訓練を行うことができる。自身の誓いの主義を固守することにより、モンク気プールは誓いの説明に記述されている量だけ増加する。あらゆる誓いはこの気の増加を相殺するペナルティあるいは制限を受け、モンクはどのレベルにおいても誓いを為すことができるが、クラスとして気プールを得るまでは、気プールを加えない。これらの誓いを取得するための能は、そのモンクが誓い全てを破ってさえ、“不動心クラス特徴と置き換える。

モンクが故意に、進んで誓いを破る場合、気プールは(すべての気ポイントを使い果たしたかのように)0に減少し、贖罪を果たすまではプールを補充したり、気あるいは気プールを必要とする能を使用することはできない。贖罪には、アトーンメント呪文を伴った誓いの再誓約が必要となる。贖罪後、モンク通常気プール(誓いによるボーナスを除く)は復帰する。モンクが丸一以前に破棄した誓いを是認する場合、モンク気プールは誓いから得られる追加ポイントを再獲得し、モンクは誓いを続行するか、あるいはペナルティなしに誓いを差し戻すかを決定できる。一度この方法でモンクが誓いを差し戻すと、その誓いからは二度と気ポイント・ボーナスを得られることはない。

モンクは複数の誓いを立てることができる。これらの効果気プール増加は累積する。モンクが誓いを破った場合、上記の通りに気を失う;贖罪はモンクが破っていない誓いからの追加の気を取り戻すことを意味するが、破った誓いからの追加の気は一に渡る誓約を完了するまで戻ってこない(事実上、いったんモンクが贖罪を行えば、1つの誓いに違反することは他の誓いに響しない)。

鎖の誓い/Vow of Chains:後悔からか、あるいは奴隷に落とされることの苦しみに注意を向けるためにか、モンクと足にを填める。このことはモンク攻撃ロールアーマー・クラスに-1ペナルティを与え、移動距離を10フィート減少させる。一的にを身につけられない場合には、モンクはこの苦しみを模倣するために大岩あるいはその他の重荷を運んでもよい(中装あるいは重装鎧を含む)。この誓いを立てたモンクは3モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

真実の誓い/Vow of Truth:モンクははったり、騙そうとする意図で半分だけ真実を述べる、誇張、罪の無い、などを含め いかなるも故意に発言することが許されない。これはすべての形態の意思疎通に適用される。真実を告げることにより、他者に害を与える状況下の場合は、モンクは沈黙を保たねばならない。この誓いを立てるほとんどのモンクは、責任を示すために沈黙の誓いをも立てている。この誓いを立てたモンクは5モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

清潔の誓い/Vow of Cleanliness:この誓いを立てたモンクは毎日身を清めねばならない。モンクは毎日、あるいは自身のローブが汚れたらすぐに、おろしたての衣類に着替えねばならない。自身の髪をきちんと編みこむか、あるいは剃り落とすことを含め、モンク外見は完全に保たれねばならない(また、男性のモンクは、綺麗に剃った顔を保つ)。この誓いはモンクが進んで汚穢、病気者、あるいはアンデッドに触れることを禁じるが(モンクは病に苦しむ者を清め、あるいは治療することを試みるかもしれないが)、これらのクリーチャー攻撃するために人工的武器を使用することは許されている。この誓いを立てたモンクは5モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

清貧の誓い/Vow of Poverty:清貧の誓いを立てたモンクは、6つより多くの所有物を決して所持してはならない──簡素な衣類1揃い、サンダルかシューズ1足、鉢1つ、1つ、毛布1つ、そしてその他のいずれかのアイテム1つ。これらのアイテムのうち、1つは何らかの価値を持つことができる(しばしばモンクの重要な個人的意味を持つ家宝)が、5つは平淡で簡単な造りでなければならない。モンクは質素な宿で1週間の間、食べ、入浴し、過ごすのに必要であるよりも多くの銭あるいは個人的な富を維持してはならない。モンクは 50gp より多くの価値を持つ、他人の富かアイテムを借り受け、あるいは運ぶことができない。モンクは他のクリーチャーより治療用ポーション(あるいは、同の消費され、その後無価値になる魔法のアイテム)を受け入れ使用することが許される。この誓いを立てたモンクは彼の持つモンクレベルごとに1気ポイントの気プールが増加する。

断食の誓い/Vow of Fasting:モンクは米(もしくは同の薄味の主食)以外のものを食べず、以外のものを飲まない。モンクは定められた日に(通常は一に一度、あるいは神格の祝日)、適切な栄養を維持するため、それ以外の薄味の簡単な少量の食べ物を食べてもよい。モンク草、薬物、ポーション飲食が必要な錬金術アイテム、またはその他の食物か飲料であると見なすことのできるいかなるものもを使用できない。この誓いを立てたモンクは6モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

沈黙の誓い/Vow of Silence:モンクは言葉を話さず、静かに行動するよう心がけねばならない。この誓いを立てるほとんどのモンクはこれらの音さえも最小となるように自身武器および敵を選択するが、突発的な騒音および(拳あるいは武器が敵に打ちつけられる音のような)戦闘の音はこの誓いの響を受けない。モンクは他者に危険警告するために(足を踏み鳴らしたりを叩くような)音声によらない音を立てることは許される。モンクは身振りや動きを用いて他者と意思疎通することは許されており(話を含む)、筆談も許される。この誓いを立てたモンクは6モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

独身の誓い/Vow of Celibacy:モンクはすべての性的かつ親密体的活動を慎まねばならない。この誓いを立てたモンクはそれを極端に受け取り、他人と部屋を共有することすら拒否し、あるいは集団の他の人々が野営している反対側で眠る。独身のモンクは他者に触れられることを許さず、また他者に触れない(味方の接触呪文を含む)。戦闘中に敵を打撃するか、あるいは敵の打撃を受けることは禁止されていないが、モンクはすべての平和的あるいは享楽的な接触を避ける。この誓いを立てたモンクは5モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

平和の誓い/Vow of Peace:モンクは平和を実現するために努せねばならず、暴は最後の段としてのみ使用を許される。モンクは決して戦闘中の最初の打撃を放つことはできない。攻撃を受けた場合、モンクは最初の2ラウンドの間、防御的戦闘あるいは防御専念を使用せねばならない。モンクは常に敵に投降の段を与えねばならず、逃げるように合理的に誘導できた、あるいは生産的な仲間として文明社会に加わることができたであろう他のクリーチャーを、故意に殺すことができない(当然、これはほとんどの怪物を除く)。この誓いを立てたほとんどのモンクは、相組みつき、押さえこみ、十分な努の後に彼ら自身を次第に自由にすることを可能にする専の結びで彼らを縛りつける方法を学ぶ。ほとんどの平和のモンクは菜食主義者である。この誓いを立てたモンクは5モンクレベルごとに1気ポイント(最小+1)の気プールが増加する。

軽功拳士アーキタイプQinggong Monk

軽功拳士は超人的妙技を行い、あるいは超自然的エネルギーを持つ相打ち倒しさえもするために、自身の気を使う達人である。ある者は過酷な修行を通じて気を超えるを達成し、また別の者は故意あるいは偶然に稀少な草または奇妙な神秘的な果実を摂取することによってこのに達し、そしてまた幾人かは瀕軽功使いによってこれらの能を贈られた。

気の力/Ki Power:軽功拳士は以下のモンククラスを獲得する資格を得たときに、気の力(以下参照)1つを選択できる:浮身4レベル)、大跳躍5レベル)、肉体の完成7レベル)、金剛身(11レベル)、縮地の法(12レベル)、金剛心(13レベル)、激震掌(15レベル)、時知らずの肉体(17レベル)、日月語(17レベル)、虚身(19レベル)、即身成道(20レベル)。これは、この気の力のために軽功拳士が諦めたモンククラスと置き換える。

気の力 ki Powers

気の力は、モンク気の力を利用した能である。標準のモンク肉体の完成縮地の法、および虚身のように、気の力のように見なすいくつかの能を持つ。軽功拳士は、しばしば無病身のようなモンクの気以外の能を置き換えて、追加の気の力を学ぶことができる。気の力は3つのカテゴリに分類される:特技モンク能力、および呪文

特技これらの気の力は特定の特技効果を複製する。モンク気の力によって選択した特技前提条件を満たしている必要はない。えば、軽功拳士特技としての《一撃離脱》を選択するための前提条件を満たしていない場合でさえ、気の力によって《一撃離脱》を選択できる。これらの気の力の1つを起動するのは、モンクターンフリー・アクションである:自身の次のターンの開始まで、モンクはその特技を持っているかのように扱う。これらの特技を複製する気の力のうちいくつかは、割り込みアクションにより起動してもよい;これらの気の力リストに記述されている。

モンク能力いくつかの気の力は標準のモンク能力である。軽功拳士は標準のモンク能力の代わりに異なる気の力を選択した場合でさえ、自身気の力の1つとして、後からそのモンク能力を選択することができる。

呪文これらの気の力呪文効果を複製し、擬似呪文能力とする。軽功拳士クラス・レベルはこれらの擬似呪文能力術者レベルであり、精神集中ボーナスの決定には【判断力】を用いる。

前提条件すべての気の力は、それを選択する要件としての最小モンクレベルを持つ。前提条件を満たさないモンクはその気の力を選択できない。

起動ほとんどの気の力は、モンクが気ポイントを費やすことを必要とする;気の力の後に必要量が記載されている。0気ポイントを要する気の力は、能を使用するために、モンク気プールに気ポイントを残している必要はない。

モンク気の力に対するセーヴィング・スローは、あれば、10+モンクレベルの1/2+モンク【判断力】ボーナスである。

ダガー(†)の付されている特技は、割り込みアクションにより起動できる気の力である。

4レベル気の力 4th-Level Ki Powers

6レベル気の力 6th-Level Ki Powers

8レベル気の力 8th-Level Ki Powers

10レベル気の力 10th-Level Ki Powers

12レベル気の力 12th-Level Ki Powers

14レベル気の力 14th-Level Ki Powers

16レベル気の力 16th-Level Ki Powers

18レベル気の力 18th-Level Ki Powers

20レベル気の力 20th-Level Ki Powers

ダガー(†)の付されている特技は、割り込みアクションにより起動できる気の力である。

全文検索 目的別索引