特技

特技 Feats

特技はキャラクターがトレーニングや幸運を通してか、あるいは各自の奇抜な出自の結果取得した、特別な特徴または能を表している。これらはキャラクターに他者が欠いている能を付与し、適した状況における利益を提供する。特技の中には明確にPC種族もしくはクラスと関連しているものもあるが、大部分のものは前提条件を満せば誰でも修得する事ができる。

特技の種類

ここに書かれている特技のほとんどは一般的なもので運用する際に特殊なルールは必要ないが、特別なルールと関連した種類を持つ特技もある。これらの種類特技名の後で項分けされている。以下に示す特技の種類はこの章の中で示されている。

戦闘特技

戦闘特技として指定された特技は、全てファイターボーナス特技として選択できる。この種類分けは、前提条件を満たしている他のクラスのキャラクターが戦闘特技を選択することを制限するものではない。

呪文修正特技

呪文修正特技により呪文使いは新しい能効果呪文に与え、それらの呪文を修正し変更することができるようになる。そのような呪文は一般に、通常呪文よりも高いレベル呪文スロットを使用する。どのように呪文修正特技呪文に適用するかについての完全なルールについては、呪文修正特技紹介に言及がある。

チームワーク特技

チームワーク特技は多くのボーナスを与えるが、特定の状況下でのみ作用する。多くの場合、これらの特技は同じ特技を持っている仲間場で適切に位置していなければならない。特技の説明に記入された状態が満たされていなければ、チームワーク特技ボーナスを全く提供しない。注意すべき点としては、麻痺状態朦朧状態気絶状態、またはなんらかの理由により行動することができない状態仲間は、チームワーク特技の条件を満たすために数えることはできない。インクィジターキャヴァリアーは、味方が特技を持っていないにさえ彼らがチームワーク特技を使うことを可能にする、クラスに基づく各特殊能力を持っている。

特技解説

新しい特技は下記の表でまとめられている。この表にまとめられた特技前提条件と利益は見やすさのために省略されていることに注意すること。詳細な説明は特技解説にまとめられている。以下の書式は、すべての特技解説に使用される。

特技名:特技の名前。もし所属しているなら特技がどんな種別に属しているかも示している。特技が表す要件に対する基本的な解説が後に続いている。

前提条件最小能力値、別の特技、最小基本攻撃ボーナス、必要とされる技能の最小ランク、その他特技を修得するのに必要とされている全て。特技前提条件が全くないならばこの項には何も記載されていない。複数の前提条件を持つ特技も存在する。

利益:この特技によりキャラクター(特技解説の中の「君」)が実現できるようになること。キャラクターが同じ特技を複数修得しても、解説の中で明示されていなければその利益は累積しない。

通常この特技を修得していないキャラクターに対する制限事項。特技を修得していない場合になんらかの欠点がなければ、この項には何も記載されていない。

特殊特技についての追加の特殊な記述。

表:UM特技リスト

特技

前提条件

利益

《0レベル呪文追加》

初級秘術呪文または祈りを発動する能

修得できる2つの追加の初級秘術呪文または初級信仰呪文を得る。

《主の為に死す》

腫瘍の使い魔発見

腫瘍の使い魔は主人の代わりにぬ。

《アンデッドの支配者》

《呪文熟練:死霊術》、アニメイト・デッドまたはコマンド・アンデッドを発動する能

より多くのアンデッドを威伏し、統率することができる。

《威圧する凝視》

【魅】13、断固とした凝視クラス特徴〈威圧〉5ランク

〈威圧〉を使うに2回判定し、より高い結果を選択することができる。

《イニシアチブ付与》

ずる賢いイニシアチブクラス特徴

味方のイニシアチブに対し、ボーナスを渡すことができる。

《命の恵み》

癒しの手クラス特徴

癒しの手を使用するたびに、君の【魅力】修正値を同じヒット・ポイント回復する。

《忌まわしき呪術》

呪術クラス特徴

目標クリーチャーセーヴに成功したとき、同じ日にもう一度呪術を試みることができる。

《癒しの言霊

癒しの手クラス特徴

距離から癒しの手を使用することができる。

《埋め込み爆弾》

〈治療〉5ランク、遅延爆弾アルケミストの発見

爆弾を同意した、または無防備状態クリーチャーに埋め込むことができる。

《エネルギー放出高速化》

〈知識:宗教〉 5ランク、エネルギー放出クラス

より多くの使用回数を使用することで、迅速エネルギー放出を行うことができる。

《エネルギー放出防壁化》

エネルギー放出 3d6、盾に対する習熟

君の盾と隣接している味方の盾強化することができる。

《遠隔爆弾》

遅延爆弾発見

君の爆弾の遅延を延長し、離れて爆弾爆発させることができる。

《追い詰める知識》

魔物の知識クラス特徴基本攻撃ボーナス+11

1体のクリーチャーに対し攻撃ダメージボーナスを得るために魔物の知識を使用できる。

《恐れ知らずのオーラ》

勇気のオーラクラス特徴術者レベル8

勇気のオーラは拡大し、味方に対し[恐怖]に対する完全耐性を与える。

《オラクルの洞察力》

神秘クラス特徴

〈真意看破〉〈呪文学〉に+2ボーナスを得る。

《恩寵の恵み》

癒しの手クラス特徴

癒しの手を使用するたびに、攻撃ロールに+1清浄ボーナスを得る。

《骸骨招来士》

《呪文熟練:死霊術》、サモン・モンスターを発動する能

生きているクリーチャーの代わりに、サモン・モンスタースケルトンを召喚する。

《輝ける突撃》

癒しの手クラス特徴

]のクリーチャー抵抗完全耐性を無視し、追加ダメージを与えるために、癒しの手使用回数を消費する。

《感覚連結》

感覚結合クラス特徴

君は幻獣感覚を共有するとき〈知覚〉判定に+4のボーナスを得る。

《感知の熟達》

【知】13、ディテクト・イーヴルグッドケイオスロー、またはディテクト・マジックを発動する能

クリーチャーの持つ魔法的能感知することができる。

《気の起き上がり》

気プール

君は即行アクションで起き上がることができる、そうするに1気ポイントを消費して機会攻撃を誘発しないこともできる。

《共感高速化》

〈動物使い〉5ランク、野生動物との共感クラス特徴

野生動物との共感標準アクションで使用することができる。

《禁じられた知識》

【知】13、1レベルパラディン呪文を発動する能

呪文を君のパラディン呪文リストに追加することができる。

《クオータースタッフ体得》*

《武器熟練:クオータースタッフ》、基本攻撃ボーナス+5

クオータースタッフを扱うことができる。

《杖による足払い》*

【知】13、《攻防一体》《足払い強化》《武器熟練:クオータースタッフ》、基本攻撃ボーナス+6

クオータースタッフ足払いの特性を持った武器のように扱う事ができる。

《回転足払い》*

【知】13、《攻防一体》《足払い強化》《杖による足払い》《武器熟練:クオータースタッフ》、《武器開眼:クオータースタッフ》、基本攻撃ボーナス+12

クオータースタッフ使い、すべての隣接した敵に足払いを試みることができる。

《苦痛の投錨》

投錨のオーラクラス特徴

次元間の移動を拘束した[]の来訪者ダメージを与える。

《啓示回数追加》

神秘クラス特徴

毎日1つ追加で啓示を使用することができる。

《化身高速化》

自然の化身クラス特徴術者レベル8

でない形で、迅速自然の化身を行う。

《化身熟練》

〈知識:自然〉5ランク、自然の化身クラス特徴

自然の化身のために他のクラス・レベルドルイドレベルとして扱う。

《血紅色のエリクサー作成》

【魅】15、《ポーション作成》〈製作:錬金術〉12ランク、ソーサラー3ベル

他のものが血脈を使うことを可能にするエリクサーを作成できる。

《血脈の打撃》

【魅】13、ソーサラーの血脈クラス特徴

君がクリーチャーを0またはより少ないヒット・ポイントに減らすとき、血脈を取り戻すことができる。

《残留する幻獣》

幻獣クラス特徴

君が叩き伏せられて、無意識状態睡眠状態死亡状態になるときにでも、幻獣は君のそばに残る。

《次元界の標本保存者》

標本保存者アルケミストアーキタイプ

君が修得するサモン・ネイチャーズ・アライと同レベルサモン・モンスターを得る。

《自在なエネルギー放出》

エネルギー放出クラス特徴死霊術士または中立属性クレリック

正、負、両方のエネルギーを放出することができる。

《死の否定》

気プール《持久力》

を食い止めるために気を使うことができる。

《集中する幻獣》

味方の盾クラス特徴

君は幻獣と隣接している間、精神集中判定に+4を得る。

《呪歌》

【魅】13、バードの呪芸クラス特徴1レベル呪文を発動する能

呪文発動バードの呪芸を融合させることができる。

《呪術分枝化》

ウィッチレベル10

目標とした呪術は2体のクリーチャー響することがある。

《上級呪術分枝化》

《呪術分枝化》術者レベル18

目標とした上級呪術は2体のクリーチャー響することがある。

《呪詛化クリティカル》

《クリティカル熟練》ビストウ・カースまたはメジャー・カースを発動する能術者レベル9

クリティカル・ヒットを与えたとき、攻撃の一部として呪いを与えることができる。

《呪文開眼》

【知】13、《呪文熟練》

1つの呪文を選択し、君がより高いレベルであるように発動することができる。

《上級呪文開眼》

【知】13、《呪文熟練》《呪文開眼》5レベル呪文を準備する能

君の開眼した呪文を発動するために、他の呪文を犠牲にすることができる。

《呪文偽装》

〈はったり〉5ランク、〈呪文学〉5ランク

君の呪文を識別するために必要な難易度を増加させ、他の術者をだますことができる。

《呪文呪術化》

上級呪術クラス特徴

呪術として1レベル呪文を発動することができる。

《呪文障害化クリティカル》

術者レベル5

呪文または擬似呪文能力によってクリティカル・ヒットを与えたとき、ランダムの下級呪文障害を与える。

《上級呪文障害化クリティカル》

《呪文障害化クリティカル》術者レベル12。

呪文または擬似呪文能力によってクリティカル・ヒットを与えたとき、ランダムの上級呪文障害を与える。

《呪文障害化クリティカル体得》

《上級呪文障害化クリティカル》術者レベル9

クリティカルによって与えられた呪文障害を選択することができる。

《純粋なる信仰》

頑健なる肉体クラス特徴

に対して+4の清浄ボーナスを得る。

《召喚回数追加》

擬似呪文能力としてサモン・モンスターを発動する能サモナー1ベル

1日1回追加でサモン・モンスターを発動することができる。

《上級慈悲》

【魅】13、癒しの手クラス特徴慈悲クラス特徴

目標慈悲が必要でないならば、癒しの手は追加でヒット・ポイントを癒す。

《慈悲の極致》

【魅】19、《上級慈悲》癒しの手クラス特徴

死亡状態クリーチャーを蘇生させるため、癒しの手使用回数を10消費する。

《上級野生動物との共感》

〈知識:自然〉5ランク、野生動物との共感クラス特徴

野生動物との共感響できるクリーチャーを追加し、〈威圧〉のために能を使用することができる。

《招来クリーチャー月光化》

《呪文熟練:召喚術》、サモン・ネイチャーズ・アライを発動する能

招来されたクリーチャー混乱睡眠効果完全耐性があり、それらの肉体武器は、であるとみなされる。

《招来クリーチャー清浄化》

オーラクラス特徴サモン・モンスターを発動する能

属性種別が君と合致するサモン・モンスター標準アクションで行うことができる。

《招来クリーチャー数増加》

《招来クリーチャー強化》術者レベル3

複数のクリーチャーを呼び出すときに追加で1体召喚することができる。

《招来クリーチャー星光化》

《呪文熟練:召喚術》、サモン・ネイチャーズ・アライを発動する能

招来されたクリーチャー〈知覚〉と〈隠密〉判定ボーナスを得る。

《招来クリーチャー陽光化》

《呪文熟練:召喚術》、サモン・ネイチャーズ・アライを発動する能

招来されたクリーチャー輝き目が眩んだ状態幻惑状態効果完全耐性を得る。

《思慮深い識別》

ディサーン・ライズクラス特徴

それを聞いた数時間後でさえ、君が聞いた発言を識別することができる。

《進化追加》

幻獣クラス特徴

幻獣進化プールに+1追加できる。

《進化使い魔》

【知】13、【魅】13、使い魔クラス特徴

使い魔サモナー進化を得る。

《神官戦士》

信仰呪文を発動する能領域、もしくは神秘クラス特徴

イニシアチブ判定に+1防御的発動精神集中判定に+2のボーナスを得る。

《信仰秘術》

【判】13、【知】または【魅】13、1レベル信仰呪文秘術呪文を発動する能

信仰を持つ秘術呪文と、秘術を持つ信仰呪文を増強することができる。

《神聖なる干渉》

信仰呪文を発動する能術者レベル10

君の呪文を犠牲にすることによって、味方に対し敵が成功した攻撃強制的に再ロールさせる。

《神託者の声》

【魅】15

〈はったり〉〈交渉〉、および〈芸能:朗誦〉技能判定に+1ボーナスを得る。

《審判の瞳》

属性看破クラス特徴術者レベル6

3ラウンド観察の後、相の正確な属性を把握することができる。

《滑るような移動》

《回避》《強行突破》《素早い移動》気プール

移動に、機会攻撃をより少なくするために気を使用できる。

《生命の魅了》

正のエネルギー放出クラス特徴

正のエネルギー放出アンデッド魅了する。

《力強き化身》

自然の化身クラス特徴ドルイドレベル8

自然の化身の使用、君は1段階大きなサイズとして扱われる。

《挑発》

クリーチャーをあおりたてるために、〈交渉〉または〈威圧〉を用いることができる。

《直感鋭敏感覚》

《鋭敏感覚》

〈知覚〉〈真意看破〉判定に+1、睡眠(魅惑)効果抵抗するセーヴィング・スローに+2ボーナスを与える。

《直感精神集中》

《戦闘発動》

乱暴な移動でも精神集中判定を行うことがなく、他の精神集中判定に+2のボーナスを得る。

《常ならぬ感知》

ディテクト・イーヴルクラス特徴

〈知覚〉〈真意看破〉判定ボーナスを得るために、ディテクト・イーヴルを使うことができる。

《罪を見る者》

パラディンクラス特徴としてのディテクト・アンデッド

ディテクト・イーヴルの能を得る。

《洞察する凝視》

断固とした凝視クラス特徴〈真意看破〉5ランク

〈真意看破〉を使うに2回判定し、より高い結果を選択することができる。

《徳恵の審判》

【判】13、審判クラスの特徴

審判レンジャーの得意な敵リストから選択した、特定のタイプのクリーチャーにより大きな響を与える。

《任意呪文修正》

【魅】13、 呪文修正特技1つ、 呪文任意発動する能

呪文修正特技を1つの呪文に適用し、標準の発動時間を保つことができる。

《熱情の音楽》

〈呪文学〉 5 ランク、バード呪文を発動する能、他の秘術発動クラスから[呪文を発動する能

バード呪文ダメージを[]にすることができる、サモン・モンスターは[攻撃を得る。

《飛散武器跳弾化》

【敏】13、《万能投擲術》

飛散武器がはずれて、別のクリーチャーマスに落ちたなら攻撃ロールを行うことができる。

《秘術集積追加》

秘術集積クラス特徴

秘術集積に+2追加できる。

《秘術の遺産》

【魅】13、血脈クラス技能への《技能熟練》、キャラクター・レベル3。

血脈を得ることができる。

《秘術の遺産強化》

【魅】15、《秘術の遺産》、 キャラクター・レベル11

追加で血脈を得ることができる。

《上級秘術の遺産》

【魅】17、《秘術の遺産》《秘術の遺産強化》

より高レベルソーサラーの血脈を得る。

《非凡の才》

選択した2つの〈製作〉〈芸能〉、または〈職能〉技能に+2のボーナスを得る。

《不屈の極致》

不屈のオーラクラス特徴

君が発動する不屈のオーラは拡張され、絶えることがない。

《防御する幻獣》

味方の盾クラス特徴

君を防御するために、幻獣はその攻撃を犠牲にする。

《滅ぼし回数追加》

滅ぼしクラス特徴

1日に君の【判断力】修正値ラウンド多く滅ぼしを使うことができる。

《魔女のナイフ》

ウィッチレベル1

魔女の守護者呪文焦点具としてダガーを使用する。

《魔物の知識強化》

魔物の知識クラス特徴

魔物の知識に対し、清浄ボーナスを得る。

《メイガスの秘奥追加》

メイガスの秘奥クラス特徴

追加でメイガスの秘奥を得る。

《野生の言葉》

ドルイドレベル6、 自然の化身クラス特徴

自然の化身使用に会話することができる。

《用心深い幻獣》

幻獣クラス特徴

幻獣無防備状態ではなく、君のの届く範囲にいるとき、〈知覚〉判定に+4のボーナスを得る。

《預言者の先見》

神秘クラス特徴

1日1回、深いトランス状態に入り予言的なヴィジョンを得る。

《竜殺しのオーラ》

勇気のオーラクラス特徴術者レベル8

勇気のオーラは拡張し、ドラゴンブレスへの防護を与える。

《レリック武器防具作成》

《魔法の武器防具作成》及びコンセクレイトディセクレイトを発動する能

君の盾または武器聖印にすることができる。

《レンジャーの罠学習》

〈生存〉5ランク

1つのレンジャーの罠を学ぶ。

《レンジャーの罠強化》

クラス特徴レンジャー5レベル

君のレンジャーの罠〈装置無力化〉〈知覚〉判定セーヴ難易度に+1追加される。

《レンジャーの罠追加》

クラス特徴

1日に2回追加でを仕掛けることができる。

《湧き上がる審判》

審判クラス特徴

1日1回、強化された審判を使うことができる。

《渡りの秘伝》

【敏】15、《素早い移動》森渡りクラス特徴

魔法的に強化された群葉を通してさえ全速力移動することができる。

呪文修正特技

特技

前提条件

利益

《呪文灼熱化》

[強]または[]の補足説明を持つ呪文は次のラウンドに追加ダメージを与える。

《呪文振動化》

[音]の補足説明を持つ呪文は振動を起こし衰弱させる効果を得る。

《呪文先鋭化》

修正された呪文は、クリーチャー呪文抵抗を5低いかのように扱うことができる。

《呪文閃光化》

]、[]、または[雷撃]の補足説明を持つ呪文は、それが響するクリーチャー目が眩んだ状態にする。

《呪文転倒化》

[音](訳注:おそらく[場]の誤り)の補足説明を持つ呪文目標打ち倒し伏せ状態にする。

《呪文反響化》

2回呪文発動を行うことができる。

《呪文霧氷化》

呪文ダメージを与えるなら、[氷雪]の補足説明を持つ呪文クリーチャー絡みつかれた状態にする。

《呪文滅散化》

〈知識:宗教〉6ランク、《呪文熟練:死霊術

修正された呪文[即死]効果生命力吸収、および負のレベルアンデッド響する。

《呪文霊感化》

〈知識:宗教〉6ランク、《呪文熟練:死霊術

修正された[精神作用]呪文アンデッド効果があり、生きているクリーチャー響を及ぼさなくなる。

チームワーク特技

特技

前提条件

利益

《合奏団》

〈芸能〉5ランク

近くの芸人は君の〈芸能〉判定援護することができる。

*

この特技戦闘特技であり、ファイターボーナス特技として修得できる。

全文検索 目的別索引