ディテクト・マジック

Detect Magic魔法感知
系統 占術呪文レベル ウィザード/ソーサラー0クレリック0ドルイド0バード0
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作
距離 60フィート
効果範囲 円錐形放射
持続時間 精神集中、1分/レベルまで(解除可)
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者は魔法オーラ感知する。明らかになる情報の量は、術者がどれだけ長い間、特定の範囲や対象を観察するかによる。

1ラウンド魔法オーラが存在するかしないか。

2ラウンド異なる魔法オーラの数と、その中で最も強いオーラの強度。

3ラウンドオーラの強度と位置。オーラをまとったアイテムやクリーチャーが術者の視線内にあれば、術者はそれぞれのオーラに関わる魔法系統を識別するために〈知識:神秘学〉判定を行なうことができる(オーラ1つごとに1回の判定を行なうこと:難易度は15+呪文レベルか、呪文以外の効果の場合、15+術者レベルの半分である)。アイテムよりオーラが発せられている場合、アイテムの特性を識別しようとすることが可能になる(〈呪文学〉参照)。魔法的なエリアや複数の種類魔法、強力かつ局所的な魔法放射によって、弱いオーラが歪められたり、隠されてしまうこともある。

オーラ強度:オーラの強度は、呪文機能している呪文レベルやアイテムの術者レベルによる。オーラの強度が複数の強度分類にまたがる場合、ディテクト・マジックはそのうちの強い方を示す。下表を参照

残留オーラ本来のオーラ源が(呪文の場合)消散したり、(魔法のアイテムの場合)破壊された後には、魔法オーラが残留する。ディテクト・マジックを発動し、魔法オーラが残留している場所に向けた場合、オーラの強度は“希薄”(“微弱”よりさらに弱い)であると認識される。オーラがどれだけ“希薄”レベルで残留するかは本来のオーラ源の強度による:

本来の強度

残留オーラの持続期間

微弱

1d6ラウンド

中程度

1d6分

強力

1d6×10分

圧倒

1d6日

来訪者エレメンタルそれ自体は魔法的なものではないが、そうしたクリーチャー招来されたものであった場合、招来に用いられた召喚術呪文感知される。毎ラウンド、術者は向きを変えて、新たな範囲にある魔法感知できる。この呪文は障貫通するが、厚さ1フィートの、厚さ1インチの一般的な金属、鉛の薄膜、厚さ3フィートのや土はこの呪文を遮る。

ディテクト・マジックパーマネンシイ呪文永続化させることができる。

ディテクト・マジック

呪文や物体

オーラパワー

微弱

中程度

強力

圧倒

機能している呪文呪文レベル

3以下

4~6

7~9

10以上(神格レベル

魔法のアイテム術者レベル

5以下

6~11

12~20

21以上(アーティファクト


全文検索 目的別索引