エルフ

エルフ Elves

その優雅さ、英知、不死に近い特性で知られるエルフはほとんどの種族から高い尊敬を抱かれている。それは特にその魔術への精通や伝承を広く集めていることにおいて顕著である。しかしこの種族の一員は、数が多く攻撃的な若き種族によって抑圧され隔絶されていると自らのことを考えていることが多い。それでも飛び飛びとなったエルフの居留では、と環境に住まう精の具現化がなされることが多い。それらから学び育ったエルフの冒険者は世界にある彼らのエルフ文化の力強さと栄光を、しばしば剣や杖の意匠として身につけている。

森の監視人というエルフへの古い認識は正しいが、完璧なものではない。エルフはもっとも厳しいとされる砂漠から深海に至るまで、多くの環境にたやすく順応してしまうからだ。彼らの親族によって通常許可された領域の外にある、神秘魔法接触するものもいる。そのようなエルフ達は伝統的なエルフの生活からもたらされたものとは異なる種族特性を有する。

エルフの冒険者 Elf Adventurers

冒険家になることを選択したエルフ通常、武を極めるか、秘術魔法を極めるか、またはこの2つを達成するキャリアを求める。エルフはあからさまな闘争をあまり好まないが、実力行使をしてでも他の種族より優れていることを示そうとする。

アルケミストエルフは伝統的な魔法の未熟な模造品として嘲っているため、錬金術の実験や擬似科学よりも伝統的な秘術の分野を好む。エルフアルケミストは同胞からの嘲笑から逃れるために冒険の人生を求める。

インクィジターエルフ種族的に自由と個性を重んじるが、酷い伝統主義者であると同にかなり疑り深い。エルフインクィジターは好まれていないが、彼らの判断と権威は尊重されている。

ウィザードエルフ魔法伝承に関する古代からの伝統を深め、全ての専分野を探求している。これらの才覚により秀でるものにとって、魔術はエルフ社会における高名への最も確実な道の1つである。

ウィッチ不老や大の謎めいた力を嗜むエルフウィッチ自然への理解と呪いや未知の秘術についての魔法への習熟調和させている。さらに大との結びつきを強めるために沢山の故郷の生物との結びつきを深めた。

オラクルエルフオラクルはとてもありふれたものであり、エルフの先祖の神秘や世界中の無数の若い種族の秘密の護りとして非常に尊敬されている。

キャヴァリアーエルフキャヴァリアーは気品のある名誉を保持し続ける太古の高貴な生まれとして長い伝承歴史を持っている。彼らの艶のある乗騎は素晴らしい回復力と献身の両方を示す。

クレリックエルフエルフの長寿が神の祝福の賜物であると認識している故に多くの信仰をフォローしている。自然主義哲学やエルフの特質を具体化する古代の守護聖人に敬意を示す。

サモナーエルフ神秘的な芸術に対する和性に基づく、魔法生物との長きに渡る伝統的の絆を結んでいる。ソーサラーウィザードほどには多数ではない間、サモナーは彼らの幻獣の戦力が見掛け倒しのクリーチャーと見なされ、エルフの軍隊において代替戦力とされた。

ソーサラー魔法エルフの中に脈々と息づいており、エルフソーサラーは自身の中に血脈を見出す。結果、ウィザードのように知識を集める喜びに敬意を表すソーサラーは稀である。

ドルイドエルフは大自然神秘的な大自然の精との天性の絆を結んでいる。同に彼らはそれらの力を崇敬し、自らを大自然の力と結び付けている。

バードエルフはあらゆる芸術を愛している。エルフ武器技巧が戦士の羨望の的であるのと同様に、彼らの完全なアリアや古代の詩、優なダンスは教養のある聴衆から羨望の的になっている。

バーバリアンエルフバーバリアンは一般的に思慮に富み、神秘的な長老によって砂漠の奥や深きジャングルで住むように導かれる。世の中のことを経験するために故国や故郷を超えて冒険のに出る。

パラディンエルフパラディンエルフの神々の太古からの規律に身を委ね、エルフエルフの聖域を略奪から守護している。

ファイターエルフファイターは鋭敏さや繊細であるが致命的な精密さ、何世紀にも及ぶ武術の伝統の習熟において尊敬されている。

モンクエルフは生来熟慮するものであり、本質的な冷静さや心の平穏に関心のあるものを高く評価する。エルフモンク自然を拠り所とする調和技巧として、不老の真言を身に付ける。

レンジャーエルフは環境に適応し、周囲を抜けなく察知する優れた技量のハンターやスカウトである。同に常に故郷を護り、彼らの領土を侵すものをする。

ローグシーフや追い剥ぎといったその類のものはエルフ社会ではかなり稀な存在である。エルフローグはスカウトや潜入者、暗殺者として認識されている。

代替種族特性 Alternate Racial Traits

以下の種族特性は、既存のエルフの種族特性と交換するものである。これらの新しい選択肢を選ぶ前に、君のGMに意見を聞くこと。

砂漠の民/Desert Runner:灼熱の砂漠と干上がった土を放浪しながら、最も深い砂漠で繁栄するエルフもいる。この種族特性を持つエルフ疾走を続けるための【耐久力】判定、強行軍による非致傷ダメージを受けないための【耐久力】判定、飢えや渇きによる非致傷ダメージを受けないための【耐久力】判定熱気冷気環境から非致傷ダメージを受けないための頑健セーヴに+4の種族ボーナスを獲得する。この種族特性エルフの種族特性であるエルフ魔法の代わりに取得できる。

語り/Dreamspeaker:眠りや、予知響を与える力を持つエルフもいる。この種族特性を持つエルフは自身が発動した占術系統睡眠効果呪文に対する難易度を+1する。加えて、【魅力】が15以上のエルフは1日1回擬似呪文能力として、ドリーム術者レベルエルフのキャラクター・レベルと等しい)を使うことができる。この種族特性エルフの種族特性であるエルフの耐性の代わりに取得できる。

永遠の復讐者/Eternal Grudge:この種族特性を持つエルフは何世代にも渡る侮辱と反による永き血族闘争を続けてきた人里離れ孤立された社会で育った。ドワーフまたはオークの副種別を持つ人型クリーチャーに対する攻撃ロールに、これらの憎の対象である敵に対する特殊訓練により、+1のボーナスを獲得する。この種族特性エルフの種族特性であるエルフ魔法の代わりに取得できる。

光をもたらす者/Lightbringer:多くのエルフは太陽やを崇敬しているが、天上の光り輝く力で文字通り満たされているものもいる。この種族特性を持つエルフは光による盲目幻惑効果に対して響を受けず、自身で発動した(擬似呪文能力超常能力も含む)光による呪文効果通常より1レベル高く扱う。【知力】が10以上のエルフは1日1回擬似呪文能力として、ライトを使うことができる。この種族特性エルフの種族特性であるエルフの耐性とエルフ魔法の代わりに取得できる。

無音の狩人/Silent Hunter:エルフは繊細さと高い技巧を持つことで有名である。この種族特性を持つエルフ移動中に〈隠密〉を使用する際のペナルティが5軽減され、また疾走中にも-20のペナルティ(この数値にはこの種族特性によるペナルティ軽減を適用済みである)で〈隠密〉を行えるようになる。この種族特性エルフの種族特性であるエルフ魔法の代わりに取得できる。

の子/Spirit of the Waters:海や葦の生い茂る深い河や湖で生活するのに適応したエルフもいる。この種族特性を持つエルフ〈水泳〉判定に+4の種族ボーナスを獲得し、泳いでいる際は常に出10選択することができる。ボーナス言語として、水界語を選択することができる。ロングスピアトライデントネット習熟している。この種族特性エルフの種族特性であるエルフ魔法武器精通の代わりに取得できる。

森の民/Woodcraft:エルフ自然の深遠、とりわけ森の神秘について熟知している。この種族特性を持つエルフ〈知識:自然〉〈生存〉に+1のボーナスを獲得する。このボーナスは森の領域内では+2に上昇する。この種族特性エルフの種族特性であるエルフ魔法の代わりに取得できる。

適性クラス・オプション Favored Class Options

適性クラスレベルを獲得する際の追加技能ランクまたは追加ヒット・ポイントを獲得する代わりに、エルフは他の多くのオプションからボーナスを選ぶことができる。以下に記載された適性クラスを持つ全てのエルフはオプションを利用できる。特に明記しない限り、君が選択した記載された適性クラス恩恵を選択する毎にボーナスは適用される。

ウィザード通常1レベルに選択した秘術系統の力の使用回数は3+【知】修正値に等しいが、それに+1/2を加えることができる。

キャヴァリアーキャヴァリアー乗騎ヒット・ポイントに+1する。乗騎を変えるならば、新しい乗騎は即座にこのボーナスヒット・ポイントを獲得する。これらのボーナスキャヴァリアークラスの一部として獲得した1体の乗騎にのみ適用される。

ソーサラー通常1レベルに選択した血脈の力使用回数は3+【魅】修正値に等しいが、それに+1/2を加えることができる。

バード武器落とし武器破壊に対する戦技防御値に+1する。

バーバリアンエルフ基本速度に+1する。戦闘において、5回以上このボーナスを選択していない場合、全く効果はない。えば、34フィートと30フィートは等しく扱う。このボーナスバーバリアンクラスの一部として獲得した高速移動累積し、高速移動と同じ条件の元で効果を発揮する。

ファイター武器落とし武器破壊に対する戦技防御値に+1する。

レンジャー以下のリストから1つ選択すること:ロングボウロングソードレイピアショートボウショート・ソード、任意のエルヴンの名を冠する武器。選択した武器を使っている際のクリティカル・ロールに+1/2(最大4)の状況ボーナスを獲得する。このボーナス《クリティカル熟練》とは累積しない。

全文検索 目的別索引