深紅の玉座の呪い

深紅の玉座の呪い プレイヤーズ・ガイド Curse of the Crimson Throne - Player's Guide

「他の場所に住むなど考えられない—そのようなことは決してないだろう。私は真っ当な人間だ。誠実な夫であり、すべき父であり、責任ある市民である。私には的がある。それは、コルヴォーサの安全を保つことだ。華やかな仕事ではないかもしれないが、何事にも劣らない重要な仕事だ。だから、もし君が厄介事を探しているのなら、マグニマールやケル・マーガをお勧めしよう。そうすれば君は多くの労を必要とせず、私は事務処理の間を省くことができる。」—テビガント・ベレスカン隊長、コルヴォーサ守備隊、南岸地区守備隊

コルヴォーサへようこそ

コルヴォーサは長い間、ヴァリシアの未開の辺境で文明の最初のとして機能していた。しかし、悲劇がこの街に住む王家の血筋の者を悩ませているようだ。彼女の支配者の中で、長く統治を続ける者はほとんどおらず、晩年まで生きた者はいない。300年の歴史の中で、父から深紅の玉座を直接継承したコルヴォーサの王はいない。この話は”深紅の玉座の呪い”と呼ばれるようになり、市民の間でひっそりと囁かれ、多くの噂話や話題作りの源となっている。

このガイドの使い方

深紅の玉座の呪いアドベンチャー・パス導入とは別に、このガイドではプレイヤーがこの街で暮らす固有のキャラクターを作成する助けをすることを的としている。ここで紹介されている情報は一般的な知識であるが、特にコルヴォーサを我が家と呼ぶキャラクターにとっては尚更である。このガイドは、君がまずこの街に慣れるよう構成されている。コルヴォーサ図は本書の表の裏側にあり、ヴァリシア図は裏表の裏側にある。この先のページでは、コルヴォーサの主要な名と、都市に適用されるキャラクターの種族クラス装備に関する注記を確認することができる。
本書の最終項では、背景特徴の考え方を紹介している。このアドベンチャー・パスは、すべての新しいキャラクターが1つの共通点を有するという前提で始まる。彼らはゲイドレンラムという元の裏組織の首領から何らかの形で不当な扱いを受けている。君のキャラクターに合った特徴の1つを選択すると、グループ内の他のPCたちとを合わせる理由が準備されるだけでなく、今後の試練に対処するために役立つ素敵なボーナスを得ることができる。これらの特徴のほとんどは、君のキャラクターが幼少期の大部分をコルヴォーサで過ごしたことを前提としているが、いくつかはより広くをしたキャラクターにすることを可能にしている。だが、この”深紅の玉座の呪い”においては、大抵はコルヴォーサで生まれ育ったPCたちの方がより活躍できることになるだろう。
もしこのガイドを読んでコルヴォーサについての情報をもっと知りたいと思ったら、"Guide to Korvosa"を確認して欲しい。そこには64ページに渡り都市に関する詳細情報が記載されている。さらに、パスファインダーのウェブサイト(paizo.com/pathfinder)と以降の巻で、この巨大な街とその周辺の世界に関するより多くの情報や、進行中の冒険にさらに没するためのプレーヤーのための新たな選択が明らかになる。安心して欲しい。このガイドは最初の一歩に過ぎない。コルヴォーサでの冒険は今始まったばかりなのだ!

「なぜ私はここに住んでいるのだろう?なぜブラッドソーン谷のこちら側の最も統制のとれた、遵法的で、重苦しい街に住んでいるのだろうか?答えは簡単だ、友よ。セーブル・カンパニーが雲の中を飛び回り、ヘルナイトが通りを闊歩し、そしてコルヴォーサ守備隊がそいつらの間に挟まれている。誰が何の管轄権を持っているのか誰も知らない。ただ隠れるべきと、賄賂を贈るべきを知っておけばいいんだ。ところで、お前さんはこの魔法ダガーを買うのか買わないのか?」—鳥のコーブ・ミーヴァー、の結社 盗品売人

コルヴォーサ

他の都市の人々と同じように、コルヴォーサ人は政治歴史、巨視的経済学よりも日々の生活に対してより関心を持っている。それでも、コルヴォーサには、コルヴォーサとその市民たちを個性づけるいくつかの特別な違いがある。次の概要では、コルヴォーサ人とは何かについて説明する。
その絶頂期、エイローデンとマグニマールを創設した分離主義者たちが離脱する直前、コルヴォーサ人口は23,000人を超えた。当混乱の結果、1万人近くを失ったが、前世紀にはその半分を取り戻した。急速な衰退とゆっくりとした再興の結果、コルヴォーサの裕福な地域の多くは未だに過疎状態となっている。その反面、街の建物とその響を受けている区域では、コルヴォーサは快適な真の大都市としての要件を満たしている。
過密状態にある旧コルヴォーサ地区と、過疎状態富裕層の住む地区の反は、街の最大の失敗を浮き彫りにしている。裕福で権を持つエリート層と極貧の貧困層との間には大きな隔たりがある。この社会階級間の隔たりは都市の発展を色濃くし、コルヴォーサ固有のいくつかの特徴を生み出した。
コルヴォーサに住む人々は富や権知識の誇示を尊敬し称賛する。彼らは自信と能を最大の資産と考え、弱さや優柔不断さ、無能さを見せる人を嘲ったり、けなしたりする。コルヴォーサ人は決断が早く、許すまでに時間が掛かる。
に加え、コルヴォーサ人は予測可能性を好む。また、自分たちの生活に規律を求めて自ら厳しい規則を作り、それに隷属的に従う。彼らの日課を乱すことは、一日を台無しにされたとして怒らせかねない。この的のため、コルヴォーサはその法(多くの場合、他の非政府の法典をはるかに上回る厳しい刑を科される)を厳格に執行し、法に従う者には報酬を与える。とはいえ、コルヴォーサはすべての者が同じ規則に従っているわけではないことを認識しているため、非暴犯罪者には行税の形で規則を適用し、街の個人盗賊組合の公認という形で補っている。
規則の改正によって、コルヴォーサでは商人労働者、または小売商人が組合を形成することを許可していない。市内の労働者の大半は自営業か、代に弟子入りして師匠の下で働いている。
この街はこれらの場産業と、それを収益化する熟練労働者に依存している。そのため、当然ながら労働者保護と権利のために法律と規定がしっかりと整備されている。そして、成功を指すコルヴォーサ人気質のおかげで、街の商人たちは自分たちの商売に精を出せるのだ。

地区

コルヴォーサの街にあるあらゆる建物や塔、屋上にはシェリアックスの伝統を色濃く残している。ヴァリシアで最古の居住地(ケル・マーガも度々主張している)であるコルヴォーサは、無法帯における文明発祥のであると自負している。コルヴォーサから人々が広がり、ヴァリシアは比較的安全に暮らせる場所となった。
コルヴォーサはジェガーレ川が海へ流れ込む、征服者の入り江の奥に位置する。この都市は2つの急に曲がっている部分によって形成された土の、尖った場所を占めている。河口にはエンドリン島があり、川を二に分断している。そして、ジェガーレ川の対岸まで都市範囲は及ぶ。コルヴォーサにはエンドリン島のギャリソン・ヒルと、本土にあるシタデル・ヒルの2つの丘の上に建っている。エンドリン島と本土の間には、聖女アリカの路が流れる。
都市は7つの地区に分けられ、その多くはさらに細分化された区画になっている。
東岸地区ジェガーレ川の対岸にある唯一の地区、東岸地区には街の軍隊と密接な関係がある少数の貴族の家と、困窮に喘ぐテウマネクサス大学がある。
灰色地区コルヴォーサの他のすべての地区とは異なり、灰色地区の住人たちは一般的に交流もせず控えである。それも、灰色地区の住人のほとんどはんでいるため当然ではある。灰色地区に住む唯一のクリーチャーファラズマの教会に属し、神殿に住んでいる。
高台地区シタデル・ヒルの頂上に位置する高台地区からは街町全体を眺望することができ、この地区住民たちは文字通り他の地区を見下している。 君主を含むコルヴォーサの権を握るほとんどの者がこの高台地区に集まっている。
内陸地区コルヴォーサと言えば、国際色豊かでしみやすいこの内陸地区を思い浮かべる者が多いだろう。コルヴォーサ守備隊と、セーブル・カンパニーの拠点があり、内陸地区は街で最もギャングの数が少なく、ギャング同士の争いも少ない。だが、商人や商、そのほか商業・融に関連するものが非常に多いため、この地区では盗賊組合が活発な取引を行っている。
北点地区シェリアックス開拓者たちが最初に入植したのは、コルヴォーサ本土の北西端にある本土区画だった。この区画の多くの家には、街に最も古くからいる一般階級の家族が住んでいる。北点地区は広く、街の北端全域を占めており、コルヴォーサ市政の中心(市庁舎)、市の裁判所(ロングエーカー・ビル)、アーバダー銀行などがある。
コルヴォーサ地区その名前が示すように、旧コルヴォーサ地区は古い。エンドリン島全体を占め、そのほとんどはギャリソン・ヒル上にある。ギャリソン・ヒルの頂上にはコルヴォーサが築かれており、人を惹く大理でできたアルコナ宮殿が島の北西の一画を支配している。
南岸地区南岸地区は最も新しい地区で、わずか四半世紀前にコルヴォーサの一部になったばかりだ。この地区にはアヴィスタンで最も一般的な神格のほとんどを祀る巨大な”数多の神殿”がある。南岸地区人口は主に、市内の他の場所のような窮屈な状態から抜け出すことを望んだ成り上がり者で構成されている。

重要な場所

5つの巨大な象徴的な建物コルヴォーサ特徴的な都市の稜線を描いている。古来の巨大建造物であるコルヴォーサ柱、ゲートフット、そして実用的な大きさのグレート・タワーと召喚の館は、建てられてからまだ50年に満たない。これらの象徴的な建物に加えて、この街には他に類を見ない場所がいくつかある。
アカダマエ:秘密に包まれた大学の高さ30フィートのは、巨大な召喚の館を辛うじて隠しているに過ぎない。街を訪れる者や住民たちはアカダマエの存在を無視することはできず、大学とは無関係の者の中にはその中で何が起こっているかを知っている者はほとんどいないため、アカダマエには様々な(には滑稽な)噂が流れている。
コルヴォーサ街の中心にあるコルヴォーサは、高台地区にそびえ立っている。過去3世紀の間に、何人もの執政官、総督、君主がこのを増築してきた。そのため、比較的一貫した近代シェリアックス様式であるにもかかわらず、の主塔や内部の構造は無造作に詰め込まれたものとなっている。
板:永久的および半永久的な家や道路、拠点は、都市の最も込み入った地域の屋に設置されている。これらの屋共同体とそれらを繋ぐ通路を総称して”屋板”と呼んでいる。
ヴォールト:大抵の都市には下水道がある。中にはダンジョンのようなものさえ存在する。だが、コルヴォーサのヴォールトのように複雑地下道を持つ構造のものはほとんどない。現在のコルヴォーサは少なくとも2つの他の文明の遺跡の上に建っており、その設計においてそれらが統合されている。

軍隊

コルヴォーサ守備隊ヘルナイト”楔の騎士団”、セーブル・カンパニーの3つの軍事組織コルヴォーサの治安を守り、守備している。それぞれが異なる分野にを注ぎ、独自の方法で政権と交流を行っている。
コルヴォーサ守備隊は、第一にコルヴォーサの街、第二に政府、第三にアーバダー教会に仕えている。街の秩序を維持するために街の指導者やアーバダー大神官と密接に連携し、警察のように行動することが多いが、街が外部からの脅威にさらされると軍事組織へと変化する。
セーブル・カンパニーはコルヴォーサの王にではなく、コルヴォーサ総督に仕える。このヒポグリフに騎乗する水兵たちはコルヴォーサ域を守り、コルヴォーサ守備隊作戦中と陸両用の支援を行う。
ヘルナイトは法の執行者であり、シェリアックス生まれの厳格な秩序観と不屈の道義心しか持っていない。ほとんどのヘルナイトたちと同様に、楔の騎士団は自分たちが道徳を超越していると信じており、どんな犠牲を払ってでも正しい秩序を確立することだけを気にかけている。

地下組織

コルヴォーサ盗賊組合である”の結社”は、街のあらゆる規模の違法行為を監視し、操作することで響を与えている。十数人以上のギャングがコルヴォーサ街路や、ヴォールト、そして屋板で活動しているが、それらのほとんどの者はの結社には何らかの方法で応じる(でなければ長生きはできない)。にわかに囁かれている噂によれば、貴族の家の一つが盗賊組合を支える事実上の指導者だという。

コルヴォーサの歴史

衝突苦難分裂コルヴォーサの歴史を明瞭に示している。敵対的で荒涼とした土の端にある島の要塞として設立されたコルヴォーサは、時間の経過とともに賑やかで活気ある貿易の中心へと成長した。いくつかの異なる期が、血塗れの建国から現在の混乱に至るコルヴォーサの歴史を形成した。
コルヴォーサが設立される前、その場所はショアンティにとって神聖な場所であったが、その理由はほとんど忘れ去られてしまった。彼らが知っていたのは、川の河口にある丘の頂上にあった巨大なピラミッドが、どんな犠牲を払っても守られなければならず、誰もそこには入れないという事だけだった。何百年もの間、彼らはこの約束を守った。
AR4407年に、コルヴォーサヤクシオン元帥は、敵の島に捕らわれていた見捨てられたシェリアックスの海兵隊を救出し、コルヴォーサを設立した。その居住地は、その地域の入植者や開拓者、猟師、探検家にとって強な防衛と交易の拠点として機能した。ショアンティの襲撃(大と呼ばれる出来事)で居住地の大部分が焼失した後、シェリアックス商人たちの流入により、居住地防御強化されて住民が本土に移住することができた。
AR4502年、コルヴォーサの名貴族に対する不運な侮辱がきっかけとなり従兄弟争が勃発した。争は、軍の前哨としてのコルヴォーサの役割を終わらせ、さらに多くのシェリアックス貴族が流入した結果、居留は真の植民となった。その後、莫大な富の代が続き、規模は着実に拡大した。
AR4606年、エイローデンの予期せぬによりシェリアックス帝国で内が勃発したため、コルヴォーサ繁栄は終焉を迎える。何の言葉もなく祖国から切り離されたコルヴォーサは、この暗黒代を生き延びた。今日、この都市は自ら王位を名乗る者のお陰(場合によっては、それにもかかわらず)で再び繁栄している。

コルヴォーサの人々

建物基本的施設、政治都市を住みやすい(耐えられないこともあるが)ものにしているが、そこに住む人々こそが街の礎である。
人々を導いた執政官よりもコルヴォーサの君主は遥かに強であり、君主制の創設に存在した厳格な政府組織と権を共有しなければならない。指揮権を持つ王であるエオドレッドII世が街に及ぼす命令は、街で最も政治的な権を持つ組織ある仲裁人、政務官、貴族によって常に監視されている。法廷で被告人の有罪か無罪かを判断する裁判官以上に、仲裁人は法律の番人でもあるのだ。23人の政務官やその職員たちが何をしているのか誰も正確には知らないが、ほとんどのコルヴォーサの人々は、市庁舎の的は市民の時間とおを無駄にすることだと疑っている。最後に、2つの重複した区分がコルヴォーサ貴族社会の現状を示している。最もを持つ5つの一族は名という肩書きを振りかざし、自分たちの身内に都市内における特権を与えた。そして21の貴族たちは埠頭連合を構成し、それぞれの家に1つ以上の埠頭への着岸料を請求することを可能にした。

著名なコルヴォーサ人

以下に示されているのはコルヴォーサに広く知られている名高き名と、悪名高き名である。

政治組織

コルヴォーサ政治組織は3つの組織に分かれている。仲裁人が裁判官を担い、刑事事件の審理や民事紛争を解決する。政務官は日々の市政運営の官僚業務を担当している。そして、君主政体がコルヴォーサの外交と防衛者としての役割を果たしている。
クレッシダ・クロフト:コルヴォーサ守備隊の現指導者であるクレッシダ・クロフト元帥穏やかな女性で、冒険家や傭兵に市の防衛のために守備隊支援するよう大々的に奨励しているため、市のエリートたちからは不公平であると批判を受けている。
エオドレッド・アラバスティII世:コルヴォーサの王で浪費癖があるが、彼が指揮した数々の行により、幾分か和らげられている。
イレオーサ・アラバスティ:コルヴォーサ女王であるイレオーサは夫の3分の1の年齢でしかない。噂では、彼女はコルヴォーサを軽蔑しており、その富を中に収めるために王をそそのかして結婚したという。
ガリック・タン:巷で「コルヴォーサで最も嫌われている男」と呼ばれるギャリック・タンは商業を司る政務官で、市内の徴税を監督している。
ロリア・ペレンネ:かつてはアーバダーの司祭であったが、今は規定を司る政務官として重さや寸法の管理を任されている。彼女は執務室で欠陥のある秤や削られた硬貨、商人と客がお互いを騙そうとする試みを探すために多くの時間を費やしている。
マルクス・タラシナス・エンドリン:エンドリン司令官は伝統と名誉を重んじるセーブル・カンパニーの現指導者であるが、自身の経歴を最優先させるために盲目になってしまうことがある。
ネオランダス・カレポポリス:コルヴォーサ総督、ネオランダス・カレポポリスはの防衛を指揮しており、エオドレッドII世に次ぐ第2の権者とされている。
セヴェルス”鉤爪ディヴリ:威圧的で謎多き楔の騎士団指揮官であるディヴリ警護官は雲突くような大男で滅多に自分の拠点であるヴレイを離れることはない。
シル・ガル:ガリック・タンがコルヴォーサで最も嫌われている官僚の一人であるとすれば、経理を司る政務官シル・ガルは最もされている官僚の一人であり、彼の役割は税が公共事業に適切かつ効率的に使われていることを確認することである。
ゼノビア・ゼンダーホルム:厳しい判決を下す裁判官として知られるゼノビアは、コルヴォーサの最上級仲裁人である。当然ながらその彼女の評判はコルヴォーサ犯罪者たちを震え上がらせる。

著名な市民

街の貴族階級から、市場の芸人商人犯罪者に至るまで、コルヴォーサ市民にはの多くの著名人がいる。
ラックジャック:象徴的な存在であり、この街で最もされ評を買った英雄。何百年もの間、踏みにじられてきたコルヴォーサの庶民のためにってきた伝説的な仮面の英雄である。
ブーレ:コルヴォーサ盗賊組合の結社”のであるブーレは多くの者から恐れられるが、尊敬されることは少ない。
ダルブ・タトル:アーバダー教会の大主教であるダルブ・タトルは、コルヴォーサの最もを持つ聖職者の一人である。
デヴァルゴ・バルヴァッシ:一部には”蜘蛛の王”として知られているデヴァルゴは、売宿や麻薬密売所、賭博場としても機能する船の集団である”イールの尻”を運営している。
グロリオ・アルコナ:コルヴォーサで最も強大な貴族の1つの家長で、全てではないにしろ、コルヴォーサの裏社会で起こるほとんどの犯罪と関連があると噂されている。
ケッピラ・ディーベアファラズマ大聖堂司教で、灰色地区を管轄するケッピラはアンデッドの存在を常に低く保っている。
ピルツ・スワステル:ピルツは旧コルヴォーサで、非倫理的で道徳上問題のあるような娯楽を求めている者のために作られた劇場、”罪深き模範”を所有し、運営している。
ビーナ・メリン:イレオーサ女王の護衛を取り巻く多くの噂は、彼女と女王が密かにし合っているということだけに留まらない。しかし、誰もこの立派な女性の女王への忠誠心を否定することはできない。
トフ・オルネロス:アカダマエはヴァリシアで最も権威のある魔法学校であり、校長であるトフはこの地域で最も尊敬されている強魔法使いの一人である。
ヴェンカルロ・オリシーニ:有名なオリシーニ武術学園の所有者であるヴェンカルロは、コルヴォーサの政権に対するあからさまな軽蔑により、何度か問題を引き起こしている。

ゴラリオンの暦

ゴラリオンでは球と同じように時間が流れている。60秒が1分、60分が1時間、24時間が1日である。ゴラリオンの人々は我々と同様に、1週間は7日であり、1ヶは30日、1年は12ヶとなっている。最後のアズラント人と呼ばれるエイローデンが偉大な帝国を建国した年からこの暦は始まっている。帝国は崩壊したが、その暦は今日まで使われている。”深紅の玉座の呪い”は、アブサロム暦(AR)4708年に始まる。

曜日

1週間の中の曜日は次のとおりとなっている。それぞれの日には、内海地域のほとんどの人々が従う一般的な的がある。

曜日

労働日、宗教(夜間)

曜日

労働日

曜日

労働日

曜日

労働日、契約署名、誓約

曜日

労働日

曜日

労働日

曜日

安息日、宗教

ゴラリオンは我々と同様に、新年は至の直後から始まる。それぞれのは語源的に特定の神と結びついている。ゴラリオンの人々は季節の移り変わりに神々を投しており、それぞれのに付けられた名前はそれを反映している。

アーバダー(1
カリストリア(2
ファラズマ(3
ゴズレー(4
デズナ(5
サーレンレイ(6
エラスティル(7
エイローデン(8
ロヴァググ(9
ラマーシュトゥ(10
ネサス(11
ゾン=クーソン(12

冒険者

コルヴォーサ冒険者たち
コルヴォーサはあらゆる人々が集まるである。街の市場ではウィザードバーバリアンと肩を並べ、ファイターモンク衛兵傭兵として働き、ローグパラディンは街のエリートの間で時間を争っている。また、湾港地区の一部では反逆したドルイドの一派が活動しているとさえ言われている。しかし、この多様性さ故に、衝突も起こる。コルヴォーサの全ての者が歓迎されている訳ではない。
ヴァリシア種族クラス詳細については、”ルーンロードの帰還プレイヤーズガイド”を参照して欲しい。以下の情報は、それを補足するものであり、これらのゲームの要素が”深紅の玉座の呪い”の基礎として機能する都市でどのように機能するかに関して個々の詳細を提供している。

種族

この都市人口構成を見てみると、10人のうち9人が人間であることがわかる。人間はあらゆる点でこの都市を支配し、人口圧倒的多数を占めている。しかし、コルヴォーサ住民人間だけではないという事は、訪問者にもすぐにわかる。

人間

コルヴォーサの市民の大部分は、シェリアックスからの最初の移住者の子孫であるが、今日では、純粋なシェリアックス人はごく少数となっている。コルヴォーサのほとんどの人間はここで生まれ育ち、ヴァリシア人特有の浅い顔や伝統を共有しているわけではないが、彼らもまたヴァリシア人である。一部の伝統主義者たちは声高にシェリアックスの価値観への回帰を説くが、コルヴォーサの標準的な市民たちは、政治よりも家族や富といった現実的な問題に関心を持っている。
市内最大の少数民族である純血のヴァリシア人は、人口の半数以上がヴァリシア人の血を引いているにもかかわらず、10人に1人の割合でかろうじて存在している。コルヴォーサの伝統主義者の多くは、純血のヴァリシア人を派な服を着た泥棒や殺人者とほとんど変わらないと考えており、彼らに対する偏見はに醜い私的制裁や準法的な家からの追い出しに飛びする。
コルヴォーサに近く、民俗学的にも重要な地域であるにもかかわらず、驚いたことに少数のショアンティがこの街に住んでいる。これは、今日まで続いているショアンティ族とシェリアックス人との間の絶え間ない争が、両民族の認識と偏見に響を与えていることにも起因している。もう一つの理由は、ショアンティ族の文化的伝統に由来する。半遊牧民である彼らは、恒久的な定住にはほとんど興味がない。

ドワーフ

街や貴族契約を結んでいるドワーフ商人たちがジャンダーホッフから訪れており、商品を買い求める顧客はひっきりなしである。契約した顧客が欲しい品物を選んだ後、ドワーフたちは黄金市場(内陸地区)で残りを売る。残った商品、特に魔法の武器防具は、埠頭交易所(北点地区)で販売している。ドワーフの仲買人はこの街のあらゆる主要な市場に存在している。ドワーフは一般的にこの街の商人や小売商人の中で最も評判が良く、尊敬すべき存在であると考えられている。

エルフ

コルヴォーサではドルイドと同様に珍しい存在で、街のエルフたちのほとんどはミエラニ森の出身である。これらのエルフの中でも指導者的存在であるペリシアル・カリスリーヴィルは、ミエラニの大使を務めている。彼と一握りの側近家族は街が存在する限り、街の中で平和的に暮らしている。エルフのために特別に建設された小さな居留が南岸地区にあり、彼らはしばしば学者賢者魔法自然に関する意見を求める人々のための助言者として機能している。

ノーム

この小さなフェイの子孫たちは、その大きさをはるかに超える魔法の能を持っている。この天性の魔法への適正は、権と評判を求めるアカダマエの注を集めている。そのため、コルヴォーサにいるノームのほとんどは、この魔法学校に行くことを考えるか、そこで教えられた方法を不快に感じて退学してしまう。アカダマエの外では一般的なノームと同じように生活しており、ぎこちなくより大きな種族を真似、無視できない脅威として行動する。

ハーフリング

海運貨物で得る利益を最大化するために、レローング家はハーフリング船員を雇うことを始めた。さらにノーム船員も試したが、それは失敗に終わった。ハーフリングは半分以下の間と食料しか必要としないので、レローング家は追加の貨物のためにその余分な間を使うことができると考えたのだ。アルカナ家を除く他の家はレローング家からこれらのハーフリング用の大きさの船を購入し、ハーフリング船員で乗組員を構成した。現在、この街のエリートたちが所有する船の半分近くは、このハーフリング用となっている。

ハーフエルフ

退屈した人間貴族の若い女性たちは折、魅惑的でしい者との刺激的な出会いを求めてミエラニの居留へと近づく。むしろ欲情的なペリシアルは願ってもない喜びと、コルヴォーサとミエラニのエルフとの絆を強めると主張して、この逢瀬を歓迎している。外交官としての数年間、ペリシアルはこれで数え切れないほどのハーフエルフの子孫を作り、彼の側近の男性陣はさらに数十人もの子孫を作り出した。コルヴォーサハーフエルフは良く言えば不幸な人々、く言えば信頼できない私生子だと一般的に見られている。

ハーフオーク

多くのショアンティ族がベルクゼンのオークの近くに住んでおり、その結果、この2つの集団の間でほぼ絶えず続く戦闘状態になっている。これらのいはに非常に個人的なものとなり、その結果、にはハーフオークとなる。これらのハーフオーク成人期を迎えるまで生存することはほとんどないが、少数ではあるが人間の従兄弟の間で生活することがある。ほんの一握りのハーフオークコルヴォーサに居を構えている。贅沢な亀亭の用心やエリシア・レローングの護衛、数人の他の有名な者を除き、ほとんどのハーフオークは旧コルヴォーサ地区に住んでいる。

ゴラリオンの神々

神名

属性

権能

領域

好む武器

エラスティル

秩序にして善

農業、狩猟、交易、家族の神

共同体植物秩序動物

ロングボウ

アイオーメディ

秩序にして善

武勇、統治、正義、名誉の女神

栄光秩序太陽

ロングソード

トラグ

秩序にして善

鍛冶、守護略の神

工匠守護秩序

ウォーハンマー

サーレンレイ

中立にして善

太陽救済、誠実、治癒の女神

栄光太陽治癒

シミター

シェーリン

中立にして善

芸術音楽の女神

守護幸運魅了

グレイヴ

デズナ

混沌にして善

旅人幸運の女神

解放幸運混沌

スターナイフ

カイデン・カイリーエン

混沌にして善

自由、エールワイン勇猛の神

混沌魅了

レイピア

アーバダー

秩序にして中立

都市、富、商人、法の神

高貴守護秩序

クロスボウ

イローリ

秩序にして中立

歴史知識自己完成の神

知識秩序治癒ルーン

素手打撃

ゴズレー

真なる中立

自然天候海洋の神

植物天候動物

トライデント

ファラズマ

真なる中立

運命予言、誕生の女神

安息知識治癒

ダガー

ネサス

真なる中立

魔術の神

ルーン守護知識破壊魔術

クオータースタッフ

ゴルム

混沌にして中立

戦闘武器の神

栄光混沌破壊

グレートソード

カリストリア

混沌にして中立

欺き、色欲、復讐の女神

欺き幸運混沌知識魅了

ウィップ

アスモデウス

秩序にして悪

専制、奴隷制、傲慢、契約の神

欺き秩序魔術

メイス

ゾン=クーソン

秩序にして悪

嫉妬苦痛、喪失の神

秩序破壊

スパイクト・チェイン

ウルガソーア

中立にして悪

暴食疫病不死の女神

魔術

サイズ

ノルゴーバー

中立にして悪

強欲、秘密、、殺人の神

欺き知識魅了

ショート・ソード

ラマーシュトゥ

混沌にして悪

狂気、怪物、悪夢の女神

欺き狂気混沌

ファルシオン

ロヴァググ

混沌にして悪

憤怒災害破壊の神

混沌天候破壊

グレートアックス

クラス

ヴァリシア最大の都市であるコルヴォーサでは、誰にでもちょっとしたものがある。さらに、コルヴォーサでしかに入らない物を求めてをしたく期が、すべてのヴァリシア人の人生に必ず訪れるようだ。そのため、11の全ての標準クラスは市内である程度(一部はより詳細な)の描写が与えられる。

バーバリアン

コルヴォーサバーバリアンたちはそのほとんどがショアンティからやって来た者だ。様々な理由でシンダーランドから追放されたり、逃亡を余儀なくされたりして、行き場を失った少数の者が街に暮らすことを選択した。バーバリアン用心や港湾労働者強盗、またはコルヴォーサの汚れ仕事を請け負う傭兵として働くことが多く、通常は街のより裕福な地域では歓迎されていない。

バード

コルヴォーサではバードたちはされ、一方では嫌われてもいる。元の人々は芸能人の噂話を楽しむのと同じくらい、彼らの演芸を楽しんでいるため、ここでバード立たないようにするのことは難しい。いくつかの酒場宿屋劇場などの施設では、常バードのために会場を提供している。コルヴォーサにあるオペラ劇場(ヴァロン・パラストゥスと言う名の暴君支配人)のマーブル・ドームや、コルヴォーサ最大の宿屋である詩人の頂亭は常に芸人たちを歓迎している。

クレリック

ゴラリオンには膨大な数の神々が祀られているが、その内の20の神々に対する信仰は他の神々を圧倒している。コルヴォーサ市内でその20の神々を信仰するクレリックを見つけることは容易ではあるが、それ以外の神々を信仰(特に信仰するもの)する者を探すのは難しいだろう。間違いなくアーバダー教会はコルヴォーサで最も大きなを持っている。アーバダー都市商人の神であるだけでなく、都市保護する守護者でもあるからだ。ファラズマの教会はコルヴォーサ者を世話し、市内のネクロポリスで一際立つ大聖堂を維持している。街の庶民の多くは守護者としてサーレンレイを好んでおり、シェーリンは街の芸術家たちの間で強い支持を得ている。アスモデウスの教会は信仰に僅かに不安と恐怖をもたらすが、この教会の信者は常に法律を遵守することを期待され、生贄は志願者からのみ捧げられる。信仰の垣を超えて、パンテオンにはゴラリオンの20の代表的な神々が祀られている。その中にゴルムラマーシュトゥロヴァググは含まれていないが、これらの神々も街の特定の場所には信者が存在する。

ドルイド

ドルイドは一般的にコルヴォーサの市民から信頼されておらず、好意的に考えられていない。この主な原因は度々西埠頭の河岸で厄介者やならず者として振る舞う凶ドルイドたちの辛辣な陰謀である。他のドルイドでさえも、この集団を厄介者と考える傾向があり、街を訪れる必要がある数少ない機会では、彼らは立たないように行動している。多くのパンテオンはドルイド信仰を公式には認めていないが、瞑想するための静かで便利な場所を求めるドルイドたちはいつでも訪れることができる。

ファイター

コルヴォーサではファイターたちには幅広い機会があるが、コルヴォーサ守護者であるコルヴォーサ守備隊に引き入れられることほど名誉なことはない。現役の衛兵たちはエンドリン士官学校を宿舎としているが、守備隊は必要なに結集するために非現役隊員の民兵も維持している。また、ファイターは民間の警護や用心、街に多くある格闘学校で生徒や教師としてなどコルヴォーサのいたる所で仕事を見つけることができる。

モンク

コルヴォーサではモンクほとんど見かけないが、遠く離れたティエン・シアヴードラの秘法師や武道家や、彼らの素で成し遂げられる驚くべきの話を聞いた者は多い。コルヴォーサには修道会の拠点はないが、図書館や教会にはモンクの興味を惹きつけるものが沢山ある。

パラディン

コルヴォーサは極めて遵法的な都市だが、概して法律の適用ほど的には関心がない。それどころか法律に関する市政の公平な姿勢は、世間一般のに対する意識を歪めている。その結果、ほとんどのパラディンコルヴォーサが自分たちには窮屈な場所であると感じており、都市圧倒的な官僚主義と、都市ヘルナイトの楔の騎士団アスモデウス教会のようなものを受け入れることに不満を募らせている。コルヴォーサパラディンのほとんどは、自分たちが行を積むのに最適な場所であると考え、アーバダー教会とコルヴォーサ守備隊を組んでいる。

レンジャー

コルヴォーサレンジャーのための最も有名な場所と言えば間違いなくセーブル・カンパニーだろう。このヒポグリフに跨るレンジャーの精鋭集団の隊員がコルヴォーサの上を巡察しているのを折見ることができるが、その位を獲得するのは難しい。それでも、コルヴォーサで育った多くの人々は、セーブル・カンパニーの一員ではないレンジャーでさえも一般的に市民たちの尊敬の対象となる。それ程、このを舞う守護者たちに深い感謝と畏敬の念を抱いているのだ。

ローグ

法律を好むにもかかわらず、コルヴォーサの通りにはあちこちで盛んに活動する裏社会がある。街の低家賃地区では、無数の盗賊団や党、厄介者のギャングたちが潮のように浮き沈みしている。緩やかに連携して拡大したヴァリシア犯罪王の組織であるスクザーニは、これらのギャングの多くを支配しており、一般市民のヴァリシア人に対する評に大きく貢献している。コルヴォーサの現在の盗賊組合の結社として知られており、この組織の構成員たちは、主にみかじめ料の取立てと密輸に焦点を当てている。

ソーサラー

コルヴォーサにいるソーサラーのほとんどはヴァリシア人で、血脈の何らかの偶然によって自然魔法の才能が備わった人々である。一般的に、ほとんどの人々はソーサラーヴァリシア人の境界線が曖昧で、その結果、ソーサラーは事あるごとに厄介者と考えられている。もちろん、勉強も鍛練もせずに秘術魔法を使うことは災いを招くだけだと主張するアカダマエの絶大な響、このような理解の乏しい秘術使いに対する世論の助けにはならない。

ウィザード

コルヴォーサではウィザードはとても尊敬されている。コルヴォーサにおける最高の栄誉の一つであるアカダマエでの修練の証を示すことができれば尚更だ。アカダマエはヴァリシアで最大かつ最高の人材を擁する魔法学校であり、そこに通うことへの威信と名誉は、最近ではシェリアックスの由緒ある大学にも匹敵するようになってきた。アカダマエへの入学は難関で、そこで教えられている教育課程は危険をもはらんでいるが、アカダマエを卒業した魔法使いは、自分のに飾る卒業証以上のものを得ることができるのだ。コルヴォーサには他にもウィザード学校(特にアノマネクサス大学、アカダマエと異なり専化しないウィザードに教えている)があるが、アカダマエのに隠れてしまっている。

装備品

コルヴォーサの装備

コルヴォーサ冒険者たちは多多様な武器、鎧、その他装備を採用している。
バーバリアンの噛み草:ショアンティ族は、シンダーランド全域で見られる茂みに生えている乾燥させたガルトルートの葉で、この苦みのあるい噛み草を作る。これは興奮剤として攻撃性を高めるため、バーバリアン激怒持続時間を1ラウンド増加させる。この効果は1時間持続する。
医師仮面この仮面は鳥のような形をしており、鼻と口を覆う製または陶器製の嘴と保護が取り付けられている。この嘴の中には感染症を防ぐためのハーブや料、辛料などが詰められている。この仮面を着用している間、気中の素や臭気による響への頑健セーヴに+1の環境ボーナスを得る。コルヴォーサでは、治療師医師ではない者が公の場で医師仮面を着用するのは軽犯罪に該当する。
アース・ブレイカーヴァリシアのショアンティ族が使用する巨大な槌で、一般的なバーバリアン武器だ。
ハロウ・デッキこれは、ヴァリシア占い師予言者が使用する伝統的な占い札である。精巧に図示されたハロウ・デッキもあるが、ほとんどは描き画の羊皮紙の札である。ハロウ・デッキはしばしば世代を越えて受け継がれ、結果としてそれらの使用者に細心の注意を払って扱われる。
ハイド・シャツこの軽装鎧は通常ジャイアントリザードの革や、分厚いで作られる。
クラールクラールは利きでない方の軍用武器(斬撃)として敵を攻撃することができる。攻撃ロールペナルティを受ける際は、クラール軽い武器と見なされる。クラール武器として使用する場合、次のアクション通常は次のラウンドまで)までの間、君はアーマー・クラス・ボーナスを失う。クラールは区分ごとに別々に強化することができる。への強化ボーナス武器響を及ぼさない。
香水/コロンコロンは、そのりによって不愉快なことを避けたい人のための一般的な装飾品である。もっと高価な外国産のりは、街のもっと限られた場所で販売されている。異国のコロンは通常、10回分が入った小瓶で売られており、1回の使用で24時間持続し、その間、身につけている者は〈交渉〉判定に+2の環境ボーナスを得る。
ソートゥース・サーベルこれは悪名高き“蟷螂”の象徴的な武器で、ソートゥース・サーベルは残酷なまでに効率的な武器である。湾曲した鋸歯状のは深い傷を与えることができ、この武器習熟しているならソートゥース・サーベル軽い武器として扱う。《特殊武器習熟:ソートゥース・サーベル特技を取得していない場合にはこの武器ロングソードとして扱われる。
ブレーデッド・スカーフブレーデッド・スカーフ間合いの長い武器で、10フィート離れた相攻撃することができる。また、隣接する敵に対しても使用することができる。君はブレーデッド・スカーフ足払い攻撃を行うことができる。ブレーデッド・スカーフ習熟しているのなら、使用者に組みつき判定を成功させた全てのクリーチャーに1d4ポイントの斬撃ダメージを与える。ブレーデッド・スカーフ《武器の妙技》特技を使用することで、えそれが使用者にとって軽い武器でなかったとしても、【筋力】修正値の代わりに【敏捷力】修正値を攻撃ロールに適用できる。
ポケット付きスカーフこのスカーフは自分が身につけている物体を隠すために行う〈手先の早業〉判定に+4のボーナスを与える。
強靭化スカーフまたはに丁度いい、この8フィートンの長さスカーフは、細かいの環と金属板で補強されている。強靭化スカーフ硬度10、4ヒット・ポイントを持ち、破壊するには難易度24の【筋力】判定が必要となる。
ショアンティ・ボーラショアンティ族は削ったに重いを取り付けた特殊ボーラをよく使用する。このボーラ通常ボーラとして機能するが、非致傷ダメージではなく致傷ダメージを与える。大抵のショアンティ・ボーラうなり板としても機能する。その重りに付けられた小さな曲がったにより、この武器は振りまわした際に悲しげで鋭い音を放つ。
スターナイフこの武器は古くから聖なる武器としてデスナの教団で使われている。これをにした者はスターナイフで刺したり、チャクラムのように投げたりすることができる。
ヴァリシアの偶像この忘れられたの精を象ったものは召喚魔法効果を増強する。サモン・モンスターサモン・ネイチャーズ・アライの発動に使用した場合、招来したクリーチャーの最大ヒット・ポイントは、そのクリーチャーが持つヒット・ダイス毎に+2増加する。

コルヴォーサの装備

アイテム

市価

重量

バーバリアンの噛み

15gp

1ポンド

医師仮面

50gp

2ポンド

ハロウ・デッキ

100gp

一般的な

1gp/1服

異国の

10gp/1服

ポケット付きスカーフ

8gp

1/2ポンド

強靭化スカーフ

10gp

1ポンド

ヴァリシアの偶像

50gp

軍用武器

武器

価格

ダメージS

ダメージM

クリティカル

射程単位

重量

種類

軽い近接武器

スターナイフ

24gp

1d3

1d4

x3

20フィート

3ポンド

刺突

片手近接武器

クラール

12gp

1d4

1d6

x2

6ポンド

斬撃

両手近接武器

アース・ブレイカー

40gp

1d10

2d6

x3

14ポンド

殴打

特殊武器

武器

価格

ダメージS

ダメージM

クリティカル

射程単位

重量

種類

軽い近接武器

ソートゥース・サーベル

35gp

1d6

1d8

19-20/x2

2ポンド

斬撃

両手近接武器

ブレーデッド・スカーフ*

12gp

1d3

1d6

19-20/x2

2ポンド

斬撃

遠隔武器

ショアンティ・ボーラ

15gp

1d3

1d4

x2

10フィート

2ポンド

殴打および刺突

コルヴォーサの防具

防具

価格

鎧/盾ボーナス

【敏捷力】ボーナス上限

防具による判定ペナルティ

秘術呪文失敗確率

移動速度(30フィート)

移動速度(20フィート)

重量

軽装鎧

ハイド・シャツ

90gp

+4

+4

-3

20%

30フィート

20フィート

25ポンド

クラール

12gp

+1

-1

5%

6ポンド

キャンペーン特徴

固く結ばれた絆

他の都市と同様にコルヴォーサにもがある。あらゆる種類スリ暴漢泥棒強盗、暗殺者、そして犯罪者たちが止場のスラム街に蔓延り、下水道に潜み、”屋板”の上に入り込んでいる。コルヴォーサ守備隊は街の犯罪者たちによる被害を最小限に食い止めるために最を尽くしているが、現実は厳しく犯罪者たちの数は常に取り締まる側を上回っている。つまり、処されない犯罪もあれば、大きな成功を収める犯罪もあるということである。
その中でも最なのは、おそらく街の犯罪者たちを取り仕切る領たちだろう。蟷螂の暗殺者たちを束ねる邪な指導者をはじめとし、数名の友人や従妹からなるギャング団を統率するヴァリシアのスクザーニに至るまで、コルヴォーサでは数十人にも上る犯罪者たちが常活動している。より大きな組織が庶民を悩ますことがほとんどない一方で、彼らのような小規模犯罪者たちは皮にも、コルヴォーサの法律に従う市民たちに被害を与える。その望ましくない人物の1人が、コルヴォーサ陰鬱な裏世界で大物になる機会を逃した、下劣なゲイドレンラムである。その全盛期を過ぎた年老いた泥棒は孤児たちを誘拐し、些細な犯罪で自分の卑しむべき生活を支えるよう強要している。コルヴォーサの下層階級の多くはラムと取引を行ってきた。街の中流階級や貴族の一部でさえ、この卑劣な老人のために人生を複雑なものにしてきた。だが、彼は何をしようとも、いつも衛兵から逃れ、自分の犯した罪に向きあうことを避けているようだ。
しかしながら、ゲイドレンラムの運勢は変わろうとしている。彼が活動する内に最近触れた者の中には、コルヴォーサの偉大な英雄となる運命にある数人の男女が含まれていた。そして、その英雄の一人が君なのだ。

背景特徴

深紅の玉座の呪い”が始まる前から、君には他のPCたちと共通した特徴がある。それは皆、何らかの形でゲイドレンラムからの被害を被っているのだ。このキャンペーンは君と他の有望な若き英雄たちが、街の衛兵たちに出来ない(またはしない)ことをするために集められた所から始まる。その的はゲイドレンラムが犯した過ちを、法廷か復讐に燃えるの切っ先で裁くためである。
ここでは君のキャラクターに選択することができるゲイドレンとの5つの結びつきと、この忌まわしい裏組織の首領が過去にあなたにどのような響を与えたかを説明する経歴の断片を示す。いずれの特徴不運な出来事を大まかに描いたもので、自分の必要性に合わせて変更できるため、君のキャラクターを形成するのに役立つだろう。特徴を選択したら、自分のキャラクターのコンセプト適合した利益を選択する。自分の選択した特徴詳細を、キャラクターの経歴に合わせて自由に変更したりを加えて欲しい。ゲイドレンが罪を償うのを見るに足る理由がある限り、君が冒険的な人生を歩み、さらに重要なのは新しい仲間たちとの絆を深めるための理由になるということだろう。
もちろん、これらの背景的な特徴はゲイドレンの件が片付いた後にキャンペーンに入った新しいキャラクターにはうまく機能しないだろうが、雰囲気を説明している文章は簡単に変更できる。GMに相談して欲しいが、以下の特徴の中から1つを選び、いくつかの名前を変えて全く異なる状況に焦点を合わせることはそう難しくないだろう。君の新たな高レベルのキャラクターがこれらの問題にすでに対処済かどうか、またはキャンペーンの今後のイベントにこれらの問題を組み込むのかはGM次第となる。選択した特徴の利益はゲイドレンラムの件が片付いた後にも継続する。

麻薬中毒者〕

君の知る誰かがドリームスパイダーを蒸留して作られた麻薬である”慄け薬”の中毒者になった。この麻薬は鮮明なに満ちた睡眠を誘発し、その間、使用者の体はしばしば揺れ動いて震えるため、通称”慄け薬”と呼ばれている。この”慄け薬”の見せると忘却は、退屈な人生から脱却するには自殺しかないと思い込ませてしまうことが度々あるため、自暴自棄になっている者には特に危険である。君は常々”慄け薬”を下層階級の問題だと思っていたが、君の知る誰かは常用していて過剰摂取してしまった。君は少し調べると、友人が麻薬中毒になるきっかけを作ったのはゲイドレンという裏組織の首領だったことを知った。残念なことに、衛兵たちはもっと大物にを向けているようだった。彼らに言わせると、いわゆる”乞食の悩みの”に多くの労を費やす時間などないそうだ。ゲイドレンの活動を停止させようとするなら、それは君のにかかっているように思える。
友人が中毒者:中毒者は友人または恋人で、過剰摂取から生き延びたかもしれないし、そうでなかったかもしれない。麻薬事情と方行政を調査したお陰で、君の通りに関する知識は立派なものとなった。君は〈知識:地域〉判定または情報収集判定の際に+2のボーナスを得る(この特徴を選んだ際にどちらか選択する)。
自分が中毒者:君は中毒者だった。君は自分がにかけたことでゲイドレンを非難し、彼の麻薬が他の若者たちに同様の問題を引き起こしていることを憎んでいる。幸運にも君の体は素から急速に回復し、頑健セーヴィング・スローに+1のボーナスを得る。

〔冤罪〕

君の知り、する者が殺人罪で告訴されて被告人となった。元の漁師の撃者とされる人物の証言だけでも、この事件を立証するには十分であるように思われたが、被告人には十分なアリバイがあり、判決はすぐには下されなかった。誰かがその漁師を揺さぶり、彼が偽証するよう脅迫されて実際の殺人者―ゲイドレンラムという名前の元の裏組織の首領―によって凶器を埋めるよう強要されたことを突き止めた。だが、ラム下たちは彼が証言を撤回する前に漁師を殺してしまった。これにより重要参考人が不在となり、被告人は自由の身となったが、その汚名は被告人の評判を落とすには十分なものであった。君がゲイドレンを見つけることができれば、殺人に結びつく証拠を見つけて、被告人の汚名を晴らすことができるだろう。
家族の名誉:嵌められたのは家族で、父または姉妹だった。君は熟練した弁で漁師を騙して真実を明らかにすることに成功したため、〈はったり〉判定に+2のボーナスを得る。
退学:告訴されたのは君自身だった。結局は友人が漁師に立ち向かい、事実が明るみになったことで解放されたとはいえ、汚名を被った響は大きかった。そのため君は退学を余儀なくされた(恐らくアカダマエだろう)。その結果、君は自己鍛錬を強いられ、同僚たちからの反発にもかかわらず、自分が選んだ職業に就けることになった。君は〈呪文学〉判定に+2のボーナスを得る。

〔失われた

ある夜、君のする者が暗い路地でナイフで刺されて命を落とした。遺体の身元確認のためにコルヴォーサ守備隊に呼ばれた君は、遺体から指輪がなくなっていることにも気付いた。君はその指輪を盗んだ者が、する者を殺した犯人だと確信している。君は自分で少し調査をした結果、最近、元の商人指輪を売っているのを発見した。とても悔しいことにまだ買い戻せる程の余裕はなかったが、商人は誰から指輪を買ったのかを教えてくれた。その男の名はゲイドレンラム。この男が君のする者を殺した犯人か、少なくとも誰が殺したかは知っているはずだ。唯一の問題は彼をどうやって見つけるかだ。
孤児:殺された被害者は、君の唯一のだった。君は兄弟の面倒を見たり、家族の問題を処理したりするために、早く大人にならざるを得ず、幼い頃から自分のことを自分で対処することを余儀なくされた。君は次の技能を使用する際に+2のボーナスを得る:〈製作〉〈芸能〉〈職能〉
恋人との別:殺された被害者は恋人だった。恋人のによって君の一部もんだようになり、取りつかれたかのように不気味で、暗く思い詰めた雰囲気を醸し出している。君は〈威圧〉判定に+2のボーナスを得る。

〔行方不明の子供たち〕

君は知人の子供がゲイドレン誘拐されたと疑っている。関係はどうであれ、ゲイドレンが子供を”ラムの子供たち”としてスリ犯罪先として利用しているという噂を聞いたことがある。そして君が探している子供が、スリで知られる他の組織といるところを市場で撃されたという噂までにした。コルヴォーサ守備隊は君の窮状を理解してはいるが、最近は「もっと重要なこと」で一杯のようで、ゲイドレンについてはまだ何も掴むことができていない。ゲイドレンを倒してその犠牲者を救うことに興味を持つ者は誰もいない。この仕事は君にかかっているのだ。それにしても、その老党は一体どこに隠れているのだろうか?
行方不明の兄弟姉妹:行方不明の子供は君の兄弟か姉妹だった。誰もが諦めていたが、君だけは兄弟姉妹がまだ生きていると言う望みを信じていた。常にいなくなった兄弟姉妹を探し続けていた君は、噂を広めたり他の場所から情報を集めるための術が身についた。情報収集〈真意看破〉が君のクラス技能として常に使用できる。
行方不明の息子(娘):行方不明の子供は自分の息子か娘、姪や甥、あるいは上司や雇用主の息子や娘であり、自分が保護するべき義務を負っていた。子供は市場へ出かけた際やその他の日常的な出来事の間に誘拐された。気よく噂を聞き込むことに長い時間を費やすことで、君は意志セーヴに+1のボーナスを得ることができるようになった。

〔不幸な幼少期〕

君はゲイドレン奴隷にされた孤児の一人として過ごしていた。両のいる家から連れ去られたのか、市場へ出かけた際に誘拐されたのかもしれない。君の孤児院を経営していた無責任な保母が、どうしても必要なを貸りる代わりに、君をゲイドレンに差し出したのかもしれない。あるいは、君もゲイドレン奴隷たちと同じように”簡単な仕事”の見返りに定期的な食事と屋を与えられるという彼の約束に屈した子供だったのかもしれない。いずれにせよ、君は彼の元から逃げ出す前に”ラムの子供たち”の一人として数年を過ごした。それ以来、ずっとその老人を恨んでいた。
責め苦:君が多くの失敗を繰り返すと、ゲイドレンは君を拷問した上にゴミの山に置き去りにした。そのの傷跡や記憶は君の反応速度を高め、すこしばかり神経過敏になった。君は反応セーヴに+1のボーナスを得る。
信仰心:君はゲイドレンの仕事をしている間に、君が今日崇拝している神の聖印を見つけた。それに興味をそそられた君は礼拝に出席するためにこっそり抜け出したのだ。ゲイドレンがそれに気付くと、君を限界まで叩きのめして聖印破壊されてしまった。君の信仰は痛みを遮り、ゲイドレンの支配から逃れて教会へと避難し、残りの代を過ごした。君は精神集中判定に+2のボーナスを得る。

新たな特技

《セーブル・カンパニーの兵士

君はエンドリン士官学校ヒポグリフ騎乗科に選抜され、卒業した。君はヒポグリフに乗る素晴らしい量を持つだけでなく、特定の乗騎と絆を結んでいる。
前提条件レンジャーレベル4
利益:君は動物の相棒としてヒポグリフを得ることができる。君は自分のヒポグリフの相棒に騎乗している間、〈騎乗〉判定に+2のボーナスを得る。加えて、君が自分のヒポグリフの相棒から20フィート以内にいる限り、ヒポグリフの相棒[恐怖]効果に対して行う全てのセーヴィング・スローに+2の士気ボーナスを得る。

《屋板の走り

君は子供の頃、コルヴォーサの大部分を覆う、屋上同士を繋ぐ屋板で多くの時間を過ごした。君は登攀跳躍落下を回避することに長けている。
前提条件【敏捷力】13、《軽業師》
利益:君は登攀跳躍判定に+2のボーナスを得る。また、気を散らしているでも〈登攀〉判定において出10を選択することができる。もし君が落下した場合はいつでも、10フィート低い場所から落下したかのように落下ダメージのダイスが1つ減少する。このダメージ減少跳躍と宙返りの判定累積するため、落下ダメージは更に減少する。

《クロスボウ体得》

君はも眩むような速さでクロスボウを装填し、機会攻撃に対する恐れなく、混の中で射撃する事ができる。
前提条件【敏捷力】15、《近距離射撃》《高速装填》《速射》
利益:君が使用しているクロスボウ種類に拘わらず、あらゆるクロスボウの装填に要する時間フリー・アクションに減少する。君はボウを使用しているかのように、全力攻撃アクションを使用して攻撃を行える回数と同じだけクロスボウ攻撃することができる。《高速装填》を修得しているクロスボウ類への装填は、機会攻撃を誘発しなくなる。
特殊ファイター《クロスボウ体得》ボーナス特技として選択できる。レンジャークラス・レベル6の点で、戦闘スタイルとして《束ね射ち》の代わりに《クロスボウ体得》を選択することができる。

《アカダマエ卒》

君は過酷な招来の試験に合格し、アカダマエを卒業した。
前提条件:専家のウィザードレベル1
利益:君が準備済みの召喚術系統招来)の秘術呪文を発動する際に、発動時間が1標準アクション以上であった場合に発動時間が1ラウンド減少(最小発動時間は1標準アクション)する。この方法で呪文を発動する際は負荷が掛かるため、疲労状態抵抗するために頑健セーヴ難易度15 + 呪文レベル) を行う必要がある。

ハロウド》

君は子供の頃から数えきれない程のハロウを読み、そしてそれは的中した。そのため君は自分の人生が特定の的のために運命づけられているという確信を高めた。ハロウ・デッキと君の運命は絡み合っているようだ。
前提条件【魅力】13、1レベル点でのみ取得できる。
利益:(魅惑)または(強制)効果に対する意志セーヴ+2のボーナスを得る。
1日に1回、君は自分が所持しているハロウ・デッキから札を1枚引くことができる。その日の残りの時間はいつでも、任意のd20ロールに対して札の紋標に応じた+2のボーナスを適用することができる。えば【判断力】紋標の札を引いた場合、意思セーヴまたは【判断力】に基づく技能判定に+2のボーナスを適用することができる。【敏捷力】紋標の札を引いた場合はイニシアチブ判定反応セーヴ【敏捷力】に基づく技能判定遠隔攻撃ロールに+2のボーナスを適用することができる。この+2のボーナスはロール後に適用することができるが、ロールが成功したかどうか判明する前でなければならない。
ボーナスを決定するために実際のハロウ・デッキがない場合は、単純に1d6をロールすることでランダムに能力値を決定することができる(1 = 【筋力】、2 = 【耐久力】、3 = 【敏捷力】、4 = 【知力】、5 = 【判断力】、6 = 【魅力】)。

全文検索 目的別索引