酒場

酒場 Tavern

人込みの中で、湧き上がる大声と打ち鳴らされる杯の音が常連と元の民家の持ち主を急き立てる。のどかな村の宿屋酒場にせよ、薄暗い都会のクラブにせよ、饗宴を行う領主のロングハウスにせよ、祝祭を行いエールを注ぐ理由があるその他場所にせよ、酒場の住人たちは単なる給仕を超えたことを行い、ある共同体で起きた事と噂を語り、追加の一杯のために支払う貨幣を持っている者にならば誰に対してでも丁寧なもてなしをする。

酒場の女給 脅威度1/2 Barmaid

経験点200
人間2レベルコモナー
真なる中立/中型サイズ人型生物
イニシアチブ +1;感覚 〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 11、接触11、立ちすくみ10(+1【敏】
ヒット・ポイント 7(2d6)
頑健 +0、反応 +1、意志 -1

攻撃

移動速度 30フィート
近接 配膳トレイ=+1(1d4)またはフライパン=+1(1d6、加えて1[][温まっている場合])
遠隔ラス=+2(1d4、加えて1ラウンド目が眩んだ状態が入って])

一般データ

【筋】10、【敏】12、【耐】11、【知】10、【判】9、【魅】13
基本攻撃 +1;戦技ボーナス +1;戦技防御値 12
特技 《代用武器の巧み》《万能投擲術》
技能 〈芸能:舞踏〉+3、〈職能:酒場の女給〉+4、〈職能:料理人〉+3、〈知覚〉+4、〈手先の早業〉+2
言語 共通語
戦闘装備 耐毒剤(2);その他装備 配膳トレーまたはフライパン、グラス(2~4)
恩恵 酒場の女給PCたちに全員分の飲み物、あるいは地域の噂(PCたちが次にその共同体情報収集するための〈交渉〉判定に+2のボーナスを与える)を無償で提供できる。

酒場の女給は世界中の都市や町の宿屋酒場の給仕をする娘や踊り子、女料理人である。通常は若いが、一部は家族経営で働いているより歳をとった主婦である。

また酒場の女給は農夫、漁夫、店主の妻や宿屋貴族の邸宅で働くあらゆるタイプの使用人として使うこともできる。酒場の女給〈職能〉技能を変える事で、必要なタイプの使用人を作成することができる。〈職能:売春婦〉にすることで経験の浅い売春婦や売宿で働く女給を作成できる。

代用武器習熟するかわりに、女給の特技を変更することで他の有用な技能を有する使用人を作ることができる。《鋭敏感覚》または《技能熟練:知覚》に変更することで、会話を聞き取ることに長けた女給を作成できるし、危険な安酒場で働く女給はダガーを隠し持ち、《素手打撃強化》《武器の妙技》を持っているかもしれない。

典型的な小さな酒場には1人の酒場の主人と2人の酒場の女給がいるだけである(脅威度4)。大きな宿屋には6人の酒場の女給と1人の酒場の主人、警備のためにチンピラ用心がいるかもしれない(脅威度6)。酒場の女給はしばしば2人の農場主または船員と共に現れる(脅威度4)。あるいは1人の貴族の御曹司と共に現れる(脅威度3)。2人の酒場の女給は2人の酔っ払いチンピラ、または流民に給仕しているかもしれない(脅威度4)。

酔っ払い 脅威度1 Drunkard

経験点400
人間1レベルコモナー2レベルウォリアー
真なる中立/中型サイズ人型生物
イニシアチブ +0;感覚 〈知覚〉-1

防御

アーマー・クラス 12、接触10、立ちすくみ12(+2鎧)
ヒット・ポイント 23(3HD;1d6+2d10+9)
頑健 +7、反応 +0、意志 -1

攻撃

移動速度 30フィート
近接 クラブ=+3(1d6+1)またはダガー=+3(1d4+1/19~20)
遠隔 クラブ=+2(1d6+1)またはダガー=+2(1d4+1/19~20)

一般データ

【筋】13、【敏】11、【耐】14、【知】10、【判】9、【魅】8
基本攻撃 +2;戦技ボーナス +3;戦技防御値 13
特技 《頑健無比》《強打》《突き飛ばし強化》
技能 〈威圧〉+5、〈騎乗〉+4、〈職能:いずれか1つ〉+3、〈水泳〉+5、〈登攀〉+5、〈動物使い〉+4
言語 共通語
装備 レザー・アーマークラブダガー、カメに入ったエール1ガロン
恩恵 酔っ払いは撹乱のために大きく気に障る音をたて、1分間までの間酔っ払いを見聞きできる全てのNPC〈隠密〉〈手先の早業〉に対抗する〈知覚〉判定に-2のペナルティを与えることができる。

酒場の主人や女給と共にどこにでもいる酔っ払いは、すべての町のほぼすべての酒場で見かけられるだろう。酔っ払いは、余りにも頻繁に酒場通いを行う酒びたりであり、そのわずかな稼ぎを費やし、特に自分の共同体の外から来た者に対してはしばしば無想で好的になる。彼らは片隅で酔いつぶれて新しいドンチャン騒ぎを寝過ごしていない限り、酒場で喧嘩を始め、あるいは参加する人々である。

酔っ払いは上陸休暇中の一般的な船員、自分の飲む酒を持たずに町を訪れた田舎の若者、酔っていかがわしい非番の衛兵として使用することができる。また酔っ払いは自分の商品をちょっと多めに試している無想な酒場の主人として用いることができる。

酔っぱらいは単独であらわれるかもしれないし、運が向いていない2人の酔っ払いが1人の流民に次の一杯の飲み代をせびっているかも知れない(脅威度3)。4人の酔っ払い酒場のテーブルについているかもしれない(脅威度5)。あるいはそれに加えて1人の酒場の主人がいるかもしれない(脅威度6)し、あるいは1人の罠狩人の話を聞いているかもしれない(脅威度6)し、1人の吟遊詩人がいるかもしれない(脅威度7)。また2人の酔っ払いは2人の船員と(脅威度4)、あるいは2人の休暇中の隊商の護衛と(脅威度5)、あるいは2人のだらしの無い売春婦と(脅威度5)路上で騒いでいるかもしれないし、あるいは1人の売人から何らかの非合法の品を買おうとしているかもしれない(脅威度5)。

酒場の主人 脅威度3 Barkeep

経験点800
人間4レベルエキスパート1レベルウォリアー
真なる中立/中型サイズ人型生物
イニシアチブ +0;感覚 〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 13、接触10、立ちすくみ13(+3鎧)
ヒット・ポイント 23(5HD;4d8+1d10)
頑健 +5、反応 +1、意志 +6

攻撃

移動速度 30フィート
近接 サップ=+3(1d6-1非致傷)またはダガー=+3(1d4-1/19~20)
遠隔 高品質のヘヴィ・クロスボウ=+5(1d10/19~20)

一般データ

【筋】9、【敏】11、【耐】10、【知】12、【判】14、【魅】10
基本攻撃 +4;戦技ボーナス +3;戦技防御値 13
特技 《頑健無比》《技能熟練:職能:酒場の主人》、《高速装填》《早抜き》
技能 〈威圧〉+5、〈騎乗〉+5、〈芸能:お笑い〉+6、〈芸能:朗誦〉+6、〈言語学〉+6、〈職能:酒場の主人〉+13、〈真意看破〉+10、〈知覚〉+10、〈知識:地域〉+9、〈手先の早業〉+5、〈動物使い〉+5、〈はったり〉+8
言語 共通語、ドワーフ語、ハーフリング
装備 +1レザー・アーマー、高品質のヘヴィ・クロスボウボルト10本および+1ヒューマン・ベインボルト1本、ダガーサップ
恩恵 酒場の主人PCたちのために無料で部屋を提供し、1週間まで泊めることができる。また方の噂と習慣をPCたちに教え、1日の間その共同体での〈交渉〉〈真意看破〉判定に+2の状況ボーナスを与えることができる。

酒場の主人はしばしば宿屋が併設されているさまざまな酒場の亭主である。ある者は痩せたイタチめいた非友好的な者だが、ほとんどの者はおしゃべりで客を物語とジョークで楽しませ、幸せに飲み続けさせることを望む。世界中から彼の酒場を訪れる客がいるため、ほとんどの酒場の主人ははるか遠いから来た外国人と話すために他の言語を知っている。

酒はしばしば飲みの最の部分を引き出すため、酒場の主人は仕事場で揉め事を起こされることに慣れている。ほとんどの酒場の主人酔っ払い暴漢威圧することに慣れている。言葉が通じなかったときのため、よき酒場の主人はカウンターの下に武器を隠し、それを使うことを怖れない。

酒場の主人〈職能〉技能を(宿屋の主人)に変更し、〈威圧〉のかわりに〈交渉〉〈芸能〉のかわりに〈職能:料理人〉のようなほかの職能技能を持たせることで、宿屋の主人を作ることができる。

平均的な酒場の主人は4人の酒場の女給用心として2人の衛兵またはチンピラを雇っている(脅威度6)。1人の酒場の主人は1人の店主と(脅威度4)、または1人の衛兵隊長と(脅威度5)と飲み話をしているかもしれない。


全文検索 目的別索引