スピリチュアリスト

スピリチュアリスト

影呼び人アーキタイプShadow Caller

出典 Ultimate Intrigue pg. 50

大抵のスピリチュアリストクリーチャー1体の魂の残滓との絆を形成するが、を見返りにたまゆらのを自分の魂へと拘束する方法を模索する者もいる。

の術者/Shadowcaster:呼びびとはダークネスディーパー・ダークネスをそれぞれ2レベル3レベル呪文として自身クラス呪文リストに加える。自身の暗翳(下記参照)が自身の内に棲んでいる間、影呼び人の実質術者レベルは(操影)あるいは[]の補足説明を持つあらゆる呪文を発動する1高くなる。

この能スピリチュアリスト呪文発動を変更する。

暗翳/Shade:影呼び人は暗翳として知られる特別な種類守護霊を得る。暗翳は下記を除いて守護霊と同様に機能する。暗翳はエーテル界からではなく影界から来る。暗翳は影呼び人の意識に留まるのではなく、影呼び人に棲む。

この能守護霊を変更する。

無感情(超常)/Emotionless:影呼び人の暗翳は感情の傾倒を欠いている;暗翳は冷徹であり、あらゆる感情を持たない。暗翳は〈威圧〉〈隠密〉に、自身ヒット・ダイスに等しい数のランクを得る。暗翳が影呼び人に潜んでいる間、影呼び人はそれらの技能それぞれへの《技能熟練》を得る。暗翳は良好な反応意志セーヴを持ち、ボーナス特技として《神速の反応》を得、以下の能を得る。

弱体化接触(超常)/Weakening Touch:暗翳の叩きつけ攻撃は、1ラウンドの間犠牲者の【筋力】に-2のペナルティを与える。標準アクションとして、非実体状態の暗翳は接触攻撃としてペナルティを齎せる。このペナルティはこれ自身とは累積しない。これは負のエネルギー効果である。

翳の帳(超常)/Umbral Shroud影呼び人7レベルに達した、彼女の暗翳は仲間全員に、暗視を見通すの能を持たないクリーチャーに対し20%の失敗確率を与え、〈隠密〉判定に+4のボーナスを与える10フィートの渦巻くオーラを放てるようになる。

操影術者(擬呪)/Shadow Caster:影呼び人が12レベルに達した、彼女の暗翳は1日に1回シャドウ・カンジュレーションあるいはシャドウ・エヴォケーションを発動する能を得る。暗翳は自身ヒット・ダイスをその術者レベルとして使用し、これらの呪文難易度は10+暗翳のヒット・ダイスの1/2+暗翳の【魅力】修正値に等しい。この2つの呪文通常呪文レベルと現実性の確率の代わりに、この複製された呪文の最大呪文レベル4レベルであり、その効果は40%現実である。影呼び人が18レベルに達した、その最大呪文レベル6レベルへと向上し、効果は60%現実になる。

真夜中の帳(超常)/Midnight Shroud:影呼び人が17レベルに達した、彼女の暗翳の翳の帳は範囲内の量を下げ、そこの支配的な状態が何かに拘らず暗闇へとするようにもなる;これは効果調整する的に於いて7レベルの[呪文として扱う。

に棲まえ(超常)/Inhabit Shadow:暗翳は、影呼び人の持つの中に棲まう。暗翳が招来されている間、影呼び人はあらゆる状況でを投じない。通常でもを投じないクリーチャーヴァンパイア等)は影呼び人になれない。暗翳が主のに棲まう間、影呼び人暗視を見通す能も持たないクリーチャーに対する〈隠密〉判定に+4の状況ボーナスを得る;12レベルの点で、このボーナスは+8に上昇する。加えて、影呼び人は暗翳が自身に棲まう間暗視60フィートを得る。影呼び人が既に暗視を持つ場合、その有効距離は30フィート増加する。

この能意識共有を取り替える。

の束縛(超常)/Shadow Bound:影呼び人の暗翳は自身影呼び人に隣接している間か、影呼び人が持つ5レベル毎に最大5フィートまでの距離にいる間安定している。暗翳がこの距離を超えて移動する場合、影呼び人エーテル拘束と同様に精神集中しない限り、暗翳は自動的に影界へと消し戻される(そして暗翳を喚び戻すのは24時間妨害される)。しかし、影呼び人と暗翳両方が完全なる範囲にいる場合、暗翳は影呼び人からどんな距離まででも離れて動ける。暗翳が自身の上限距離を超え、薄暗いかそれよりも明るい量の範囲に入った場合、暗翳は即座に影界帰還して24時間招来されない。

この能エーテル拘束を取り替える。

影渡り(超常)/Shadow Jump:6レベル点で、暗翳が影呼び人に棲まう影呼び人シャドウダンサー影渡りと同様にの間を移動できるようになる。毎日、彼女はこの方法で合計でスピリチュアリストレベルにつき40フィート移動でき、そしてシャドウダンサーのものと同様に、距離は直近の10フィート単位へと四捨五入する。

この能守護霊呼び戻しを取り替える。

暗闇を見通す(超常)/See in Darkness:9レベル点で、影呼び人モンスターの共通能暗闇を見通す標準アクションとして得て良くなる。彼女は1日にスピリチュアリストレベルに等しいラウンドだけこの能を使用できるが、それらのラウンドは連続している必要はない。

この能シー・インヴィジビリティを取り替える。

翳のオーラ超常擬呪)/Umbral Aura:10レベル点で、自身の暗翳が自分のに棲まう間影呼び人オーラに包まれ、暗視暗闇を見通すの能も持たないクリーチャーに対して50%の失敗確率を得るようになる。加えて、影呼び人マスと隣接するマス全てはこの能から利益が得られている間薄暗い量の範囲であるものとして扱われる;この2つ効果光と闇効果を裁定する的に於いて4レベルの[呪文であるものとして扱う。暗翳が自身に棲まう間、影呼び人観察しているクリーチャー暗視あるいは暗闇を見通すを持っていてさえ影隠れができる。

この能意識の融合を取り替える。

生ける(超常)/Living Darkness:20レベル点で、影呼び人は完全なるクリーチャーとなる。非実体発現の絆を使用している影呼び人は[氷雪]と[精神作用]効果に対し完全耐性を持ち、標準アクションとして20d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを与える非実体接触攻撃を得る。この能クリーチャーダメージを与える、この能で既に一時的ヒット・ポイントを得ているのでない限り、影呼び人は5d6ポイントの一時的ヒット・ポイントを得る(頑健半減難易度=20+【判断力】修正値)。この方法で得た一時的ヒット・ポイントは1時間後に消え去る。

この能意識強化を取り替える。


時代精神拘束者アーキタイプZeitgeist Binder

出典 Ultimate Intrigue pg. 51

全てのスピリチュアリストが冥土のを拒否したクリーチャー魂と関わるわけではない。時代精神拘束者は人々の集団1つとの結びつきを、1つの共同体を擬人化した唯一無二の守護霊へと流す。

精神(超常)/Zeitgeist:時代精神拘束者守護霊精神と呼ばれる。感情1つに加え、精神自身居住地の一面1つとも結びついている:退廃犯罪経済法治情報、あるいは社交Pathfinder RPG GameMastery Guide 204ページ)。一面1つを選択する為には、その居住地のその一面は正の修正値を持っていなければならない(えば、情報の負の修正値を持つあるいは修正値が0である居住地は、情報精神を発言できない)。精神は選んだ単一の居住地を擬人化するが、時代精神拘束者はどこにでもそれを招請でき、しかしその居住地の領界の外側では精神はその居住地の一面及び居住地の化身能の利益を失う。

この能守護霊を変更する。

居住地の一面(擬呪)/Settlement Aspect:時代精神拘束者精神居住地の一面に関連した多数の擬似呪文能力を得る。【魅力】の代わりに【判断力】に基づいている事を除いて、これらは砕けた心感情の力と同様に機能する(Pathfinder RPG Occult Adventures109ページ)。そのマスターワーク・トランスフォーメーション擬似呪文能力物質要素を無視しない。

退廃/Corruption:Conditional favor5レベル)、false belief7レベル)、チャーム・パースン9レベル)、マス・サジェスチョン(16レベル)。

犯罪/Crime:Crime of opportunity5レベル)、ピルファリング・ハンドUC7レベル)、ディマンド・オファリングOA9レベル)、crime wave(16レベル)。

経済/Economy:クラフターズ・フォーチュンAPG5レベル)、マスターワーク・トランスフォーメーションAPG7レベル)、ビガイリング・ギフト9レベル)、メジャー・クリエイション(16レベル)。

法治/Law:ディテクト・ケイオス5レベル)、アロー・オヴ・ローUM7レベル)、ピースボンドUC9レベル)、マーク・オヴ・ジャスティス(16レベル)。

情報/Lore:オブジェクト・リーディングOA5レベル)、ハイパーコグニションOA7レベル), ハイトゥンド・アウェアネスACG9レベル)、レジェント・ローア(16レベル)。

社交/Society:Cultural adaptation5レベル)、rumormonger7レベル)、シェア・ランゲージAPG9レベル)、コーディネーテッド・エフォートAPG(16レベル)。

この能ディテクト・アンデッドカーム・スピリットシー・インヴィジリティ、そしてコール・スピリットを取り替える。

居住地の化身(超常)/Settlement Avatar:時代精神拘束者2レベルに到達した精神居住地の生ける化身となる。標準アクションとして、精神居住地へと自身感覚投射し、居住地隅々全体の自身が選んでいる一面の全般的なと、スピリチュアリストレベルにつき50フィート以内で発生している自身の一面に関連する何事かを感知する。この知覚はエンター・イメージAPGと同様に機能するため、精神は有効距離内での特定の活動に気付く為の〈知覚〉判定を-10のペナルティを受けて試みる。精神はこの能を、1日に時代精神拘束者スピリチュアリストレベルに等しいラウンド数使用できる。これらのラウンドは連続している必要はない。

時代精神拘束者が10レベルに達した精神自身感覚投射する事で回数無制限で自身居住地感知できる。加えて、時代精神拘束者自身精神居住地にいる限りボーナスチームワーク特技を1つ得る。時代精神拘束者はそのチームワーク特技前提条件を満たさなければならず、自身精神前提条件を満たしていなくてさえ、その精神ボーナス特技としてその特技を与える。

この能スピリチュアリスト感覚の絆意識の融合を取り替える。

全文検索 目的別索引