コンディショナル・フェイヴァー

コンディショナル・フェイヴァー

(Conditional Favor/解除条件のある祝福
出典 Ultimate Intrigue 206ページ
系統防御術レベルアンティパラディン1インクィジター2ウィッチ2ウォープリースト2、オカルティスト2、オラクル2クレリック2スカルド2、バード2パラディン1メスメリスト2
発動時間即行アクション
構成要素音声
距離訳注:原文で
目標クリーチャー1体
持続時間1日/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー不可(本文参照);呪文抵抗

術者は同じクリーチャーに別の呪文1つを発動する直前にこの呪文を発動しなければならない。この呪文は組み合わせた呪文目標に繋ぎ止め、ある振る舞いに対する警告誓約を呼び起こさせるようになる。組み合わせるための呪文を発動しなかった場合、コンディショナル・フェイヴァーはなんの効果も持たない。組み合わせる呪文系統(ないし副系統)は召喚術治癒)、心術変成術防御術のいずれかでなければならない。また、目標は同意するクリーチャーでなければならない。コンディショナル・フェイヴァー効果を発揮し続けている間に目標が誓いや禁忌を破ったなら、組み合わせた呪文は発動されなかったかのように取り消される。組み合わせた呪文が(治癒呪文なら、たとえ目標休息治癒の継続を受け入れていたとしても、組み合わせた呪文により取り除かれたヒット・ポイントへのダメージ状態は元に戻る。組み合わせた呪文病気呪い能力値ダメージ負のレベルを取り除くものなら、同様に元に戻る。

コンディショナル・フェイヴァー精神的な状況を識別するため、目標の現状認識では予想できない、予期せぬ展開や状況によって違反を識別することはない。えば、目標が王家に仇なすことを禁じられた場合、目標が気づいていなければ変装した王子に触れることは違反とはみなされないし、操られている王族に触れることも違反とはみなされない。

この呪文目標は、ある行為が組み合わせた呪文の利益を失わせるかどうかを、事前に、本能的に理解する。


全文検索 目的別索引