ブローラー

ブローラー Pregenerated Characters

ブローラー 1レベル

ケスは打ち傷と切り傷を、装いを飾る勲章を帯びるのと同じく誇っている。彼女は思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。

ケス KESS

女性、人間ブローラー1
混沌にして善/中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +2; 感覚 〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 17、接触12、立ちすくみ15(+4鎧、+2【敏】、+1盾)
ヒット・ポイント 11(1d10+1)
頑健 +3、 反応 +4、 意志 +0;(魅惑)及び(強制)に対して+2

攻撃

移動速度 30フィート
近接 素手打撃+5(1d6+4)
遠隔 ジャヴェリン+3(1d6+4)
特殊攻撃 多様なる武術4回/日

一般データ

【筋】19、 【敏】14、 【耐】12、 【知】8、 【判】10、 【魅】12
基本攻撃 +1; 戦技ボーナス +5(+7組みつき); 戦技防御値 17(20組みつき、18足払い
特技 《組みつき強化》《素手打撃強化》《亀の型》UC
技能 〈軽業〉+4、〈威圧〉+5、〈知覚〉+4、〈芸能:朗誦〉+2; 判定 -2
特徴自由人〕PotIS、〔の合奏〕ISG
言語 共通語
その他の特殊能力 抜け目ない武術訓練素手打撃
戦闘用装着品 錬金術師の火他の装着品 チェイン・シャツジャヴェリン(5)、背負水袋、22gp

特殊能力

抜け目ない ケス戦闘特技の条件を満たす的では【知力】13であるとみなす。
適性クラスボーナス ケス適性クラスボーナス自身組みつきおよび足払い戦技に対する戦技防御値を増加するために使用できる(計算済み)。
《組みつき強化》 ケス組みつきを開始する際に機会攻撃を誘発しない。
《素手打撃強化》 ケス素手打撃を行う際に機会攻撃を誘発せず、致傷または非致傷ダメージのどちらを与えるか選択できる。
多様なる武術 ケス移動アクションを消費し、前提条件を満たしている未修得の戦闘特技を1分間獲得することができる。持続時間の間に再びこの能を使用した場合、先の使用で獲得した特技は失われる。獲得した特技に1日の使用制限があり、2回以上同じ特技を獲得した場合、使用制限は免除されない。戦闘組みつきではなく素で殴っているなら《強打》は実によい選択である。
武術訓練 ケス戦闘特技の条件を満たす際にブローラーレベルファイターレベルモンクレベル両方として扱う。
《亀の型》 この型を取っている間(即行アクションでこの型に入れる)、ケスアーマー・クラスに+1の盾ボーナスを得、それは上記に反映されている。
の合奏〕 ケス勇気鼓舞の呪芸(または他の攻撃ダメージに技量ボーナスを与える[音効果)の対象となっているとき、【筋力】に基づく技能判定突き飛ばし組みつき、および位置ずらしにおける戦技ボーナスおよび戦技防御値に+1特徴ボーナスを得る。

彼女は淑女ケシランドリー・アニシア・ヴラストスになるよう育てられたが、彼女がには闘技場の座席を埋め尽くす数千人の喝采する好家が彼女の好む名前を叫ぶ――猛ケスと。

参加しているフェンシングの授業の策略を使うケスは、得られる機会それぞれで地下闘技場に登場した。彼女が本当の名誉を見出すのはそこでだった――そこで自分が育ってきた偽りの社会関係を見出すことはなかった。そうした地下格闘で、彼女は自らの召命への集中を学び、そして見出した。群衆の怒号が彼女を急き立て、彼女の背を押し、彼女自身を試した。彼女は闘技場を出入りする様々なファイター支援者から多数の型と構えを、そしてクージェス崇拝、良い武勇、競争、そして競技も学んだ。

彼女自身の安全の為に――そして醜聞を静める為に――彼女の両ケスを自分たちの田舎の屋敷に、あるいは寄宿学校にさえ送ろうと脅した。他者に自分に運命を定められるつもりなど微塵もないケスは、剣闘士の国タイモンへと出立した。ひと度そこに着くと彼女は闘技場でヴァルクナー剣闘大学達人たちのに留まる程に戦闘をこなし、オパーラ式の格闘による賞を学費の支払いに充てた。

彼女は「血塗れだ」と思われる事もなく勝利を重ねたが、彼方のにある新たな闘技場の話に惹かれてこの都市を離れ、冒険者人生を始めた――宝物のためではなく、それの楽しさを求めて。母の心配を幾らか和らげようとケスは折を見つけて自分の冒険を報告するを実家に送っているが、父が自分を追跡して連れ戻す刺客を送ってくる事のないよう、送り元は暈す事は学んでいる。

ケスは打ち傷と切り傷を、装いを飾る勲章を帯びるのと同じく誇っている――様々な戦闘からの、また短期間の傭兵働きからの褒である。前向きかつ楽観的になろうとしていてさえ、彼女はに自分は攻撃的かつ嗜虐的になる事を知っている。ケスは思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。ケスが規則への強い敬意を示す唯一のは、競争の間だ――彼女はイカサマには我慢がならない。ケスは負けず嫌いだが、他人に対しては彼ら独自の職務の中で励ます。彼女は自身の体調を管理しており、機会がある度に訓練を重ねる――それは美味食事、強い酒、そしていの後にある祝いの長い夜に対する彼女のに釣り合う程重要なものだ。

「フェンシングはカッコつけの為にあるし、決闘なんてただの自惚れたお芝居。私なら顎への拳で済ませるわ。」


ブローラー 4レベル

ケスは打ち傷と切り傷を、装いを飾る勲章を帯びるのと同じく誇っている。彼女は思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。

ケス KESS

女性、人間ブローラー4
混沌にして善/中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +2; 感覚 〈知覚〉+7

防御

アーマー・クラス 20、接触15、立ちすくみ17(+5鎧、+1反発、+2【敏】、+1盾、+1回避)
ヒット・ポイント 32(4d10+4)
頑健 +5、 反応 +6、 意志 +3;(魅惑)及び(強制)に対して+2

攻撃

移動速度 30ft.
近接 素手打撃+7/+7(1d8+5)あるいは素手打撃+9(1d8+5)
遠隔 冷たい鉄ジャヴェリン+6(1d6+5)
特殊攻撃 気絶打撃1回/日(難易度17)、多様なる武術5回/日

一般データ

【筋】20、 【敏】14、 【耐】12、 【知】8、 【判】10、 【魅】12
基本攻撃 +4; 戦技ボーナス +9(+13組みつき); 戦技防御値 24(28組みつき
特技 《鋼の意志》《組みつき強化》《素手打撃強化》《亀の掴み》UC《亀の型》UC
技能 〈軽業〉+9、〈登攀〉+9、〈威圧〉+5、〈知識:ダンジョン探検〉+3、〈知識:地域〉+3、〈知覚〉+7、〈芸能:朗誦〉+2、〈騎乗〉+6、〈真意看破〉+4、〈水泳〉+9; 判定 -2
特徴自由人〕PotIS、〔の合奏〕ISG
言語 共通語
その他の特殊能力 アーマー・クラス・ボーナス+1、抜け目ないブローラーの連撃戦技訓練組みつき+1)、武術訓練素手打撃
戦闘用装着品 錬金術師の火オイル・オヴ・グレーター・マジック・ウェポンポーション・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(2); 他の装着品 +1ミスラルチェイン・シャツ冷たい鉄ジャヴェリン(5)、アームバンズ・オヴ・ザ・ブローラーUEリング・オヴ・プロテクション+1ワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(20チャージ)、背負水袋、168gp9sp

特殊能力

抜け目ない ケス戦闘特技の条件を満たす的では【知力】13であるとみなす。
ブローラーの連撃 ケス全力攻撃を行うとき、素手打撃近距離武器、およびモンク吹を用いる限りは《二刀流》特技を獲得しており、全ての攻撃に完全な【筋力】修正値を加える。
適性クラスボーナス ケス適性クラスボーナス自身組みつきおよび足払い戦技に対する戦技防御値を増加するために使用できる(計算済み)。
《組みつき強化》 ケス組みつきを開始する際に機会攻撃を誘発しない。
《素手打撃強化》 ケス素手打撃を行う際に機会攻撃を誘発せず、致傷または非致傷ダメージのどちらを与えるか選択できる。
気絶打撃 ケス一撃で気絶させること試みることができ、攻撃ロールを行う前に気絶打撃の宣言をする。攻撃が命中しダメージを与えた場合、目標難易度17の頑健セーヴに成功せねばならず、失敗した場合は1d6ラウンド間、気絶する。目標は毎ラウンド気が付くための新しいセーヴを行う。これは目標クリティカル・ヒットまたは非致傷ダメージ完全耐性を持つ場合は機能しない。
多様なる武術 ケス移動アクションを消費し、前提条件を満たしている未修得の戦闘特技を1分間獲得することができる。持続時間の間に再びこの能を使用した場合、先の使用で獲得した特技は失われる。獲得した特技に1日の使用制限があり、2回以上同じ特技を獲得した場合、使用制限は免除されない。戦闘組みつきではなく素で殴っているなら《強打》は実によい選択である。
武術訓練 ケス戦闘特技の条件を満たす際にブローラーレベルファイターレベルモンクレベル両方として扱う。
《亀の掴み》 ケス《亀の型》による盾ボーナス接触アーマー・クラスおよび戦技防御値(計算済み)に適用し、敵による自分に対する攻撃が外れたときは、割り込みアクションを消費し-2ペナルティ組みつきを開始することができる。
《亀の型》 この型を取っている間(即行アクションでこの型に入れる)、ケスアーマー・クラスに+1の盾ボーナスを得、それは上記に反映されている。
の合奏〕 ケス勇気鼓舞の呪芸(または他の攻撃ダメージに技量ボーナスを与える[音効果)の対象となっているとき、【筋力】に基づく技能判定突き飛ばし組みつき、および位置ずらしにおける戦技ボーナスおよび戦技防御値に+1特徴ボーナスを得る。
キュア・ライト・ウーンズケスワンド接触した目標の1d8+1ダメージ治癒する。ケスワンド起動仲間の助けを借りる必要があるため、緊急の為にポーションも持っている。

グレーター・マジック・ウェポンこのオイルは武器ケス素手打撃でも)に5時間攻撃ダメージ・ロールに+1強化ボーナスを与える。

彼女は淑女ケシランドリー・アニシア・ヴラストスになるよう育てられたが、彼女がには闘技場の座席を埋め尽くす数千人の喝采する好家が彼女の好む名前を叫ぶ――猛ケスと。

ケスは負けず嫌いだが、他人に対しては彼ら独自の職務の中で励ます。前向きかつ楽観的になろうとしていてさえ、彼女はに自分は攻撃的かつ嗜虐的になる事を知っている。ケスは思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。ケスが規則への強い敬意を示す唯一のは、競争の間だ――彼女はイカサマには我慢がならない。彼女は自身の体調を管理しており、機会がある度に訓練を重ねる――それは美味食事、強い酒、そしていの後にある祝いの長い夜に対する彼女のに釣り合う程重要なものだ。

「フェンシングはカッコつけの為にあるし、決闘なんてただの自惚れたお芝居。私なら顎への拳で済ませるわ。」


ブローラー 7レベル

ケスは打ち傷と切り傷を、装いを飾る勲章を帯びるのと同じく誇っている――様々な戦闘からの、また短期間の傭兵働きからの褒である。彼女は思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。

ケス KESS

女性、人間ブローラー7
混沌にして善中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +2; 感覚 〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 21、接触16、立ちすくみ18(+5鎧、+1反発、+2【敏】、+2盾、+1回避)
ヒット・ポイント 60(7d10+14)
頑健 +7、 反応 +8、 意志 +5;(魅惑)及び(強制)に対して+2

攻撃

移動速度 30ft.
近接 素手打撃+13/+13/+8(1d8+8)あるいは素手打撃+15/+10(1d8+8)
遠隔 ジャヴェリン+9(1d6+6)
特殊攻撃 気絶打撃1回/日(難易度19)、多様なる武術即行アクション)6回/日

一般データ

【筋】22、 【敏】14、 【耐】12、 【知】8、 【判】10、 【魅】12
基本攻撃 +7; 戦技ボーナス +13(+22組みつき、+14足払い); 戦技防御値 29(40組みつき、37足払い
特技 《上級組みつき》《鋼の意志》《組みつき強化》《素手打撃強化》《亀の掴み》UC《亀の甲羅》UC《亀の型》UC《追加hp》
技能 〈軽業〉+12、〈登攀〉+9、〈威圧〉+5、〈知識:ダンジョン探検〉+3、〈知識:地域〉+3、〈知覚〉+10、〈芸能:朗誦〉+8、〈騎乗〉+6、〈真意看破〉+4、〈水泳〉+9; 判定 -0
特徴自由人〕PotIS、〔の合奏〕ISG
言語 共通語
その他の特殊能力 アーマー・クラス・ボーナス+1、抜け目ないブローラーの連撃ブローラーの打撃魔法)、近距離武器体得戦技訓練組みつき+2、足払い+1)、武術訓練素手打撃
戦闘用装着品 錬金術師の火オイル・オヴ・デイライトポーション・オヴ・ヒロイズムポーション・オヴ・ベアズ・デンデュアランスポーション・オヴ・フライ他の装着品 +1ブローリングUEミスラルチェイン・シャツ冷たい鉄ジャヴェリン(5)、アームバンズ・オヴ・ザ・ブローラーUEベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2クローク・オヴ・レジスタンス+1リング・オヴ・プロテクション+1シャツ・オヴ・イモレイションUEワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(20チャージ)、背負水袋、16gp9sp

特殊能力

抜け目ない ケス戦闘特技の条件を満たす的では【知力】13であるとみなす。
ブローラーの連撃 ケス全力攻撃を行うとき、素手打撃近距離武器、およびモンク吹を用いる限りは《二刀流》特技を獲得しており、全ての攻撃に完全な【筋力】修正値を加える。
ブローラーの打撃 ケス素手打撃魔法の武器として扱う。
近距離武器体得 ケスは、自分か望む場に近距離武器グループ(ダガーシールド・スパイク、など)の武器で1d6ダメージを与えることができる。
適性クラスボーナス ケス適性クラスボーナス自身組みつきおよび足払い戦技に対する戦技防御値を増加するために使用できる(計算済み)。
《上級組みつき》 ケスラウンド開始組みつきを支配している場合、組みつきを維持する判定移動アクションで行え、その結果ケス標準アクションが残ることになる。望むなら、このアクションを2回組みつき維持の判定を行い、組みついた相に異なる効果を与えるために使用できる。
《組みつき強化》 ケス組みつきを開始する際に機会攻撃を誘発しない。
《素手打撃強化》 ケス素手打撃を行う際に機会攻撃を誘発せず、致傷または非致傷ダメージのどちらを与えるか選択できる。
気絶打撃 ケス一撃で気絶させること試みることができ、攻撃ロールを行う前に気絶打撃の宣言をする。攻撃が命中しダメージを与えた場合、目標難易度17の頑健セーヴに成功せねばならず、失敗した場合は1d6ラウンド間、気絶する。目標は毎ラウンド気が付くための新しいセーヴを行う。これは目標クリティカル・ヒットまたは非致傷ダメージ完全耐性を持つ場合は機能しない。
多様なる武術 ケス移動アクションを消費し、前提条件を満たしている未修得の戦闘特技2つ、または即行アクションを消費し1つの戦闘特技を獲得することができる。この特技は1分間持続する。持続時間の間に再びこの能を使用した場合、先の使用で獲得した特技は失われる。獲得した特技に1日の使用制限があり、2回以上同じ特技を獲得した場合、使用制限は免除されない。戦闘組みつきではなく素で殴っているなら即行アクションでの《強打》の獲得は実によい選択である。移動アクションなら、連する2つの特技《攻防一体》に加え《裏技強化》または《足払い強化》のどちらかを獲得することを考慮しても良いだろう。
武術訓練 ケス戦闘特技の条件を満たす際にブローラーレベルファイターレベルモンクレベル両方として扱う。
シャツ・オヴ・イモレイション ケスが組みついているときであれば、このシャツは組みつきが続くラウンド毎に自動的にが噴き出し1d6のダメージを与える。このは1日につき10ラウンド燃える。
《亀の甲羅》 ケス《亀の型》による盾ボーナスは+2に上昇し(計算済み)、敵の自分に対するクリティカル・ヒットの確定ロールに-4のペナルティを与える。
《亀の掴み》 ケス《亀の型》による盾ボーナス接触アーマー・クラスおよび戦技防御値(計算済み)に適用し、敵による自分に対する攻撃が外れたときは、割り込みアクションを消費し-2ペナルティ組みつきを開始することができる。
《亀の型》 この型を取っている間(即行アクションでこの型に入れる)、ケスアーマー・クラスに+1の盾ボーナスを得、それは上記に反映されている。
の合奏〕 ケス勇気鼓舞の呪芸(または他の攻撃ダメージに技量ボーナスを与える[音効果)の対象となっているとき、【筋力】に基づく技能判定突き飛ばし組みつき、および位置ずらしにおける戦技ボーナスおよび戦技防御値に+1特徴ボーナスを得る。
ベアズ・デンデュアランスケスポーションにより服用者は3分間、+4【耐久力】を得る。ケスの場合、最大ヒット・ポイントが14増加し、頑健セーヴに+2を得る。しかし、これは諸の剣である――ポーション効果が切れたとき、ケスは14点の超過したヒット・ポイントを失い、直ちに気絶状態または死亡状態になる可能性がある。
キュア・ライト・ウーンズケスワンド接触した目標の1d8+1ダメージ治癒する。ケスワンド起動仲間の助けを借りる必要がある。
デイライトケスのオイルを物体に塗布することにより、50分間、60フィートの明るいを作り出し続く60フィートの範囲の照明段階を1段階上昇させる。その範囲魔法であった場合、そうならずに交差する範囲はいずれの呪文効果を及ぼさなくなる。
ヒロイズムケスポーションは飲んだ者の攻撃ロールセーヴィング・スロー、そして技能判定に50分間+2の士気ボーナスを与える。
フライケスポーションにより服用者は5分間60フィートの飛行移動速度〈飛行〉判定に+6(ケス自身は合計+8)のボーナスを得る。

彼女は淑女ケシランドリー・アニシア・ヴラストスになるよう育てられたが、彼女がには闘技場の座席を埋め尽くす数千人の喝采する好家が彼女の好む名前を叫ぶ――猛ケスと。

ケスは虚飾と貴族の人生で済ませようと思ったことはない。オパーラの西広区にある邸宅で育つ子供であった彼女は、絢爛たる園で幼少期を過ごし、虫を観る為に岩をひっくり返し、巨大な樫のに登り、梅の菜園で兄弟姉妹と共に想上の怪物に対して模擬に興じ、大概は面倒事を引き起こした。

彼女がい方を学び始めたのはそうした冒険ごっこの間だ。彼女の兄弟姉妹はませた暴的なガキであり、このぶきっちょな若い少女を1人にしておくことはなかった。し様に扱われるだけで済ませるような人物では全くないケスは、そうした拳闘による全の試合もどきの多くを終わらせた。子供たちは剣やスタッフを使わず取っ組み合いで遊び、彼女はそれに卓越したが、鋭い左拳の牽制、狙い澄まされた蹴り、足掛けが主となった。彼女は長身を活かした間合いによって、良い拳を中てて長兄相でさえその暴を黙らせられた。彼女の法に共感したある年長の士は、彼女に都市の見窄らしい区画にある地下闘技場を教えた。

闘技場での彼女の最初の夜は爽快なものだった。主催者たちは彼女を筋隆々とした農家の若者と対させて、彼の顎は額が後ろに傾くほど強かに打ち上げられた。彼の拳は強烈だったが、彼は技術というものを知らなかった。自らの技と長い足を用いるケスは1分もかけずに彼にへと涙を落とさせた。

参加しているフェンシングの授業の策略を使うケスは、得られる機会それぞれで地下闘技場に登場した。彼女が本当の名誉を見出すのはそこでだった――そこで自分が育ってきた偽りの社会関係を見出すことはなかった。群衆の怒号が彼女を急き立て、彼女の背を押し、彼女自身を試した。

ケス闘技場を出入りする様々なファイター支援者から多数の型と構えを、そしてクージェス崇拝、良い武勇、競争、そして競技も学んだ。彼女はまた、河川諸王国にある剣闘士の国タイモンといった遥か彼方にある国々で闘い、そこで自分の教官に勲章をあげたいと見るようになった。

彼女自身の安全の為に――そして醜聞を静める為に――彼女の両は彼女を自分たちの田舎の屋敷に、あるいは寄宿学校にさえ送ろうと脅した。他者に自分に運命を定められるつもりなど微塵もないケスは、先を打って剣闘士の国タイモンへと出立した。ひと度そこに着くと彼女は闘技場でヴァルクナー剣闘大学達人たちのに留まる程に戦闘をこなし、オパーラ式の格闘による賞を学費の支払いに充てた。

しかしケスは飽きやすい。彼女は「血塗れだ」と思われる事もなく勝利を重ねたが、彼方のにある新たな闘技場の話に惹かれてこの都市を離れ、冒険者人生を始めた――宝物のためではなく、それの楽しさを求めて。母の心配を幾らか和らげようとケスは折を見つけて自分の冒険を報告するを実家に送っているが、父が自分を追跡して連れ戻す刺客を送ってくる事のないよう、送り元は暈す事は学んでいる。

ケスは打ち傷と切り傷を、装いを飾る勲章を帯びるのと同じく誇っている――様々な戦闘からの、また短期間の傭兵働きからの褒である。前向きかつ楽観的になろうとしていてさえ、彼女はに自分は攻撃的かつ嗜虐的になる事を知っている。ケスは思った事を口にするのを恐れない、特に他人にすべきことを告げようとする権者を前にしたには。彼女は複雑官僚政治代遅れの社会的習俗には余り気にせず、生きたいように自分の人生を生きるようにしている。ケスが規則への強い敬意を示す唯一のは、競争の間だ――彼女はイカサマには我慢がならない。ケスは負けず嫌いだが、他人に対しては彼ら独自の職務の中で励ます。彼女は自身の体調を管理しており、機会がある度に訓練を重ねる――それは美味食事、強い酒、そしていの後にある祝いの長い夜に対する彼女のに釣り合う程重要なものだ。

「フェンシングはカッコつけの為にあるし、決闘なんてただの自惚れたお芝居。私なら顎への拳で済ませるわ。」

全文検索 目的別索引