ブラッドレイジャー

ブラッドレイジャー Pregenerated Characters

ブラッドレイジャー(1レベル)

言葉少なな男クローウェは内に常に荒れ狂っている怒りを秘めており、戦場でのみそれを解き放つ。

CROWE

男性の人間元素ブラッドレイジャー1
混沌にして中立中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +1; 感覚 〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 17、接触11、立ちすくみ16(+6鎧、+1【敏】
ヒット・ポイント 13(1d10+3)
頑健 +4、 反応 +1、 意志 +0

攻撃

移動速度 30ft.
近接 アース・ブレイカーUE+5(2d6+6/×3)
遠隔 スリング+2(1d4+4)
特殊攻撃 血脈の力元素の打撃)、血の激怒(6ラウンド/日)

戦術

血の激怒の性能 血の激怒、君の性能はアーマー・クラス15、接触9、立ちすくみ14、 ヒット・ポイント 15、 頑健 +6、 意志 +2; 近接 アース・ブレイカー+7(2d6+9/×3); 遠隔 スリング+2(1d4+6); 【筋】22、 【耐】18; 戦技ボーナス +8

疲労の性能 疲労、君の性能はイニシアチブ+0; アーマー・クラス 16、接触10、立ちすくみ15、 反応 +0; 近接 アース・ブレイカー+4(2d6+4/×3); 遠隔 スリング+1(1d4+3); 【筋】16、 【敏】10; 戦技ボーナス +5; 戦技防御値 14; 技能 〈軽業〉-1

一般データ

【筋】18、 【敏】12、 【耐】14、 【知】8、 【判】10、 【魅】14
基本攻撃 +1; 戦技ボーナス +6; 戦技防御値 16
特技 《狂乱集中》APG《強打》
技能 〈軽業〉+0、〈威圧〉+7、〈知覚〉+4、〈生存〉+4; 判定ペナルティ -5
特徴 〔風に触れし者〕、bred for warHoG
言語 共通語、ショアンティ語
その他の特殊能力 血脈元素])、高速移動
戦闘用装着品 ポーション・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ他の装着品 フォーミラー・アーマーUEアース・ブレイカースリングと10ブリット、背負水袋、1gp、9sp

特殊能力

〔風に触れし者〕 クローウェ(風)の副種別、副系統を持つ全てのクリーチャー攻撃に対しダメージ減少1/―を得る。

血の激怒 クローウェは1日に6ラウンドまで血の激怒に入って血の激怒の性能を使用できる。彼は、忍耐あるいは集中を要求する能【知】技能〈威圧〉を除く【魅】技能、そして〈軽業〉〈飛行〉〈騎乗〉を除く【敏】技能を使用できない。ひと度血の激怒が終了すると、クローウェはその血の激怒をしたラウンド数の倍のラウンド疲労状態になり、疲労状態あるいは過労状態の間再び血の激怒に入れない。

元素の打撃 1日に3回即行アクションとして、クローウェは1ラウンドの間自身攻撃全てに1d6の追加の[電気ダメージを起こさせられる。

《狂乱集中》 クローウェの毎ラウンドの最初の攻撃《強打》からペナルティを受けない。

《強打》 クローウェはアースブレイカーでの命中に-1のペナルティを受けることでダメージに+3できる。

キュア・ライト・ウーンズクローウェポーションは飲んだ者を1d8+1ダメージだけ治癒する。

クローウェが最初の集めへの立ちを待つ若者だった頃、彼は5週間の間毎晩同じを見た。毎回が来た。毎回猛る草食獣の群れが渓谷から南方へと雪崩込んだ。毎回彼の体が蹂躙されて塊になってからだくでを覚ました。

がっちりした体格へと成長するにつれ、クローウェは先祖の武器を訓練し、人々と彼らの生き方を守るやり方を学んだ。クローウェはクラーを学習し、アースブレーカーを会得し、自然世界と母が従った魔法のやり方も研究した。指導の間中、彼は古老に挑み、記憶の中の珍しくない欠落に悩まされ、多くの者が彼の両に彼の短気を非難した。

クローウェは未だ長するには若すぎると考えられていたが、父は息子を彼にとっての最初の集めに連れていけばこの少年に試練を教えられるだろうと決心した。クローウェの忍耐を試す為、父はこの若者をを捕まえさせに渓谷の入り口へと送り出した。

クローウェは平坦な暗褐色の岩の上で屈み、恐怖震えた。聞こえるのは鼓膜の中で劈く、の、低音の、響き渡る轟音のみだった。の中での雷音の轟きは変化した。それは単なる内的なものではなかった;渓谷中に反響していた。そしてが起きた。雷鳴渓谷に轟き響き、白く閃く雷がその色の岩を染め上げた。

が通り過ぎた後、クローウェ覚め、彼用のに座って彼の顔をはたき、「彼の周辺にばらまかれたこの災厄クローウェが原因だ」と主張している従兄弟をにした。1ダースを超える数のに伏せており、狩猟部隊の半分が川底の中で踏み潰されている。彼らは、クローウェに責任があると言った。彼らは、は来ていなかったと言った。彼らは、彼がそれをやったのだと言った。血で滑り、混乱し、羞恥心で満たされた彼は夜を徹して転げ進んだ。クローウェの新しい人生の夜が明けた――伝統という重みのない、恐怖に凍えない人生の。

「雷閃きを味わうと良い、続いて聞こえる雷鳴がお前のにする最後の音になるのだから。」

ブラッドレイジャー(4レベル)

言葉少なな男クローウェは内に常に荒れ狂っている怒りを秘めており、戦場でのみそれを解き放つ。

CROWE

男性の人間元素ブラッドレイジャー4
混沌にして中立中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +1; 感覚 〈知覚〉+7

防御

アーマー・クラス 18、接触12、立ちすくみ17(+6鎧、+1【敏】、+1反発
ヒット・ポイント 40(4d10+12)
頑健 +7、 反応 +3、 意志 +2

+7、 反応 +3、 意志 +2

防御的能 血の庇護直感回避

攻撃

移動速度 30ft.
近接 +1アース・ブレイカーUE+9(2d6+7/×3)
遠隔 スリング+5(1d4+4)
特殊攻撃 血脈の力元素の打撃)、血の激怒(12ラウンド/日)

ブラッドレイジャー修得呪文術者レベル4;精神集中+6)

1レベル(2回/日)―エンラージ・パースンシールド

戦術

血の激怒の性能 血の激怒、君の性能はアーマー・クラス16、接触10、立ちすくみ15、 ヒット・ポイント 52、 頑健 +10、 意志 +4; 抵抗電気]10; 近接 +1アース・ブレイカー+11(2d6+10/×3); 遠隔 スリング+5(1d4+6); 【筋】22、 【耐】21; 戦技ボーナス +11; 技能 〈登攀〉+7、〈騎乗〉+1、〈水泳〉+7。

疲労の性能 疲労、君の性能はイニシアチブ+0; アーマー・クラス 17、接触11、立ちすくみ16、 反応 +2; 近接 +1アース・ブレイカー+8(2d6+5/×3); 遠隔 スリング+4(1d4+3); 【筋】16、 【敏】10; 戦技ボーナス +8; 戦技防御値 18; 技能 〈軽業〉+4、〈登攀〉+4、〈水泳〉+4

一般データ

【筋】18、 【敏】12、 【耐】15、 【知】8、 【判】10、 【魅】14
基本攻撃 +4; 戦技ボーナス +9; 戦技防御値 20
特技 《物質要素省略》《狂乱集中》APG《強打》《激怒による活力》APG
技能 〈軽業〉+5、〈登攀〉+5、〈動物使い〉+6、〈威圧〉+7、〈知識:神秘学〉+3、〈知覚〉+7、〈騎乗〉+2、〈呪文学〉+3、〈生存〉+4、〈水泳〉+5; 判定ペナルティ -3
特徴 〔風に触れし者〕、bred for warHoG
言語 共通語、ショアンティ語
その他の特殊能力 血脈元素])、高速移動
戦闘用装着品 錬金術師の火(2)、ポーション・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ他の装着品 高品質ブレストプレート+1アース・ブレイカークローク・オヴ・レジスタンス+1リング・オヴ・プロテクション+1ワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(10チャージ)、スリングと10ブリット、背負水袋、56gp、9sp

特殊能力

〔風に触れし者〕 クローウェ(風)の副種別、副系統を持つ全てのクリーチャー攻撃に対しダメージ減少1/―を得る。

血の呪文発動 クローウェ血の激怒中にブラッドレイジャー呪文を発動できる。防御的発動も、そうした呪文精神集中さえできる。

血の庇護 クローウェは自分と仲間攻撃に対するセーヴに+2のボーナスを受ける。

血の激怒 クローウェは1日に12ラウンドまで血の激怒に入って血の激怒の性能を使用できる。彼は、忍耐あるいは集中を要求する能【知】技能〈威圧〉を除く【魅】技能、そして〈軽業〉〈飛行〉〈騎乗〉を除く【敏】技能を使用できない。ひと度血の激怒が終了すると、クローウェはその血の激怒をしたラウンド数の倍のラウンド疲労状態になり、疲労状態あるいは過労状態の間再び血の激怒に入れない。

元素の打撃 1日に3回即行アクションとして、クローウェは1ラウンドの間自身攻撃全てに1d6の追加の[電気ダメージを起こさせられる。

《狂乱集中》 クローウェの毎ラウンドの最初の攻撃《強打》からペナルティを受けない。

《強打》 クローウェはアースブレイカーでの命中に-2のペナルティを受けることでダメージに+6できる。

《激怒による活力》 クローウェ気絶状態でさえ血の激怒を持続できる。

直感回避 クローウェ戦闘で行動する前にあるいは不可視の相に対して、【敏】ボーナスを否定されない。

クローウェが最初の集めへの立ちを待つ若者だった頃、彼は毎晩を見た、自身の暴的な憤怒の度に聞いたを。部族の一部の者はこれは単に彼の非行の言い訳だろうと考えた。クローウェに忍耐を教える為、父はこの息子を集めに連れて行き、を捕まえさせにこの若者を渓谷の入り口へと送り出した。クローウェは平坦な暗褐色の岩の上で屈み、恐怖震えた。聞こえるのは鼓膜の中で劈く、の、低音の、響き渡る轟音のみだった。

が過ぎると、クローウェは従兄弟がクローウェに座って彼のをはたき、周辺の災厄全ては彼が原因だと主張しているのに気付いた――などなかったと。1ダースを超える数のに伏せており、狩猟部隊の半分が川底の中で踏み潰されている。血で滑り、混乱し、羞恥心で満たされた彼は夜を徹して転げ進んだ。クローウェの新しい人生の夜が明けた――伝統という重みのない、恐怖に凍えない人生の。

「雷閃きを味わうと良い、続いて聞こえる雷鳴がお前のにする最後の音になるのだから。」

ブラッドレイジャー(7レベル)

言葉少なな男クローウェは内に常に荒れ狂っている怒りを秘めており、戦場でのみそれを解き放つ。

クローウェ

男性の人間元素ブラッドレイジャー7
混沌にして中立中型の人型生物(人間)
イニシアチブ +1; 感覚 〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 18、接触12、立ちすくみ17(+6鎧、+1【敏】、+1反発
ヒット・ポイント 74(7d10+28)
頑健 +8、 反応 +4、 意志 +5
防御的能 血の庇護直感回避強化直感回避ダメージ減少 1/―

攻撃

移動速度 40ft.
近接 +1フューリアスアース・ブレイカーUE+14/+9(2d6+8/×3)
遠隔 高品質コンポジット・ロングボウ+9(1d8+5)
特殊攻撃 血脈の力元素の打撃)、血の激怒(18ラウンド/日)

ブラッドレイジャー修得呪文術者レベル7;精神集中+9)

2レベル(2回/日)―グリッターダスト難易度14)、ミラー・イメージ
1レベル(2回/日)―バーニング・ハンズ([電気ダメージ難易度13)、エンラージ・パースンエクスペディシャス・リトリートプロテクション・フロム・イーヴルシールド

戦術

血の激怒の性能 血の激怒、君の性能はアーマー・クラス16、接触10、立ちすくみ15、 ヒット・ポイント 95、 頑健 +11、 意志 +7; 抵抗電気]10; 近接 +1フューリアスアース・ブレイカー+18/+13(2d6+13/×3); 遠隔 高品質コンポジット・ロングボウ+9(1d8+5); 【筋】24、 【耐】21; 戦技ボーナス +15; 技能 〈登攀〉+10、〈水泳〉+10。

疲労の性能 疲労、君の性能はイニシアチブ+0; アーマー・クラス 17、接触11、立ちすくみ16、 反応 +3; 近接 +1フューリアスアース・ブレイカー+13/+8(2d6+7/×3); 遠隔 高品質コンポジット・ロングボウ+6(1d8+4); 【筋】18、 【敏】10; 戦技ボーナス +12; 戦技防御値 22; 技能 〈軽業〉+9、〈登攀〉+7、〈騎乗〉+3、〈水泳〉+7

一般データ

【筋】20、 【敏】12、 【耐】15、 【知】8、 【判】10、 【魅】14
基本攻撃 +7; 戦技ボーナス +13; 戦技防御値 24
特技 《物質要素省略》《狂乱集中》APG《鋼の意志》《強打》《激怒による活力》APG《追加hp》《武器熟練:アース・ブレイカー
技能 〈軽業〉+10、〈登攀〉+8、〈動物使い〉+6、〈威圧〉+13、〈知識:神秘学〉+3、〈知覚〉+10、〈騎乗〉+4、〈呪文学〉+3、〈生存〉+4、〈水泳〉+8; 判定ペナルティ -1
特徴 〔風に触れし者〕、bred for warHoG
言語 共通語、ショアンティ語
その他の特殊能力 血の呪文発動血脈元素])、高速移動
戦闘用装着品 錬金術師の火オイル・オヴ・デイライトポーション・オヴ・キュア・ライト・ウーンズポーション・オヴ・フライスクロール・オヴ・シー・インヴィジビリティ他の装着品 +1ミスラルブレストプレート+1フューリアスUEアース・ブレイカー、高品質コンポジット・ロングボウクローク・オヴ・レジスタンス+1リング・オヴ・プロテクション+1ベルト・オヴ・ジャイアント・ストレンクス+2ワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(20チャージ)、スリングと10ブリット、背負水袋、27gp

特殊能力

〔風に触れし者〕 クローウェ(風)の副種別、副系統を持つ全てのクリーチャー攻撃に対しダメージ減少1/―を得る。

血の呪文発動 クローウェ血の激怒中にブラッドレイジャー呪文を発動できる。防御的発動も、そうした呪文精神集中さえできる。

血の庇護 クローウェは自分と仲間攻撃に対するセーヴに+2のボーナスを受ける。

血の激怒 クローウェは1日に18ラウンドまで血の激怒に入って血の激怒の性能を使用できる。彼は、忍耐あるいは集中を要求する能【知】技能〈威圧〉を除く【魅】技能、そして〈軽業〉〈飛行〉〈騎乗〉を除く【敏】技能を使用できない。ひと度血の激怒が終了すると、クローウェはその血の激怒をしたラウンド数の倍のラウンド疲労状態になり、疲労状態あるいは過労状態の間再び血の激怒に入れない。

元素の打撃 1日に3回即行アクションとして、クローウェは1ラウンドの間自身攻撃全てに1d6の追加の[電気ダメージを起こさせられる。

《狂乱集中》 クローウェの毎ラウンドの最初の攻撃《強打》からペナルティを受けない。

直感回避強化 クローウェは、挟撃者が11レベル・ローグでない限り(あるいは急所攻撃クラス特徴を与えるのかのクラス11レベルを持っていない限り)挟撃されない。

《強打》 クローウェはアースブレイカーでの命中に-2のペナルティを受けることでダメージに+6できる。

《激怒による活力》 クローウェ気絶状態でさえ血の激怒を持続できる。

直感回避 クローウェ戦闘で行動する前にあるいは不可視の相に対して、【敏】ボーナスを否定されない。

バーニング・ハンズクローウェは5d4の[電気ダメージを15フィートの円錐形内の目標全員に与える(反応13でダメージ半減)。

キュア・ライト・ウーンズクローウェワンド接触した目標を1d8+1ダメージぶん治癒する。クローウェは自分のワンド起動に助が必要であるため、緊急の為にポーションも持っている。

デイライト物に塗ったクローウェのオイルは50分間60フィートの明るい創造し、それより更に60フィート先までの度を1段階上昇する。その範囲魔法的ながある場合、重複する代わりにその範囲はどちらの呪文からの響も受けない。

エンラージ・パースン1全ラウンドの発動後、40フィート以内にいる人型生物目標は7分間大型になり、+2【筋力】、-2【敏捷力】間合い戦技ボーナス戦技防御値に+1サイズボーナス、命中とアーマー・クラスに-1サイズペナルティ〈隠密〉に-4サイズペナルティ〈飛行〉に-2ペナルティを得る。近接武器ダメージが上昇する(クローウェのアースブレーカーは3d6になる)。

エクスペディシャス・リトリートクローウェ移動速度は7分間70フィートへと上昇する。

フライクローウェポーションは飲んだ者に5分間60フィートの飛行速度と〈飛行〉判定に+6のボーナスを与える(クローウェなら合計+6)。

グリッターダスト半径10フィートの内にいるクリーチャーは7ラウンドの間〈隠密〉に-40を受け、不可視やそれに類する利益を失う。それらのクリーチャー難易度14の意志セーヴに失敗した場合盲目状態にもなるが、彼らのターンの終了それぞれの点にこの盲目状態を終了させる為の意志セーヴを再び試みられる。

ミラー・イメージ1d4+2体のクローウェの複製が7分間彼の周辺を動く。攻撃ロールを要求する攻撃それぞれに対しクローウェにと同じ確率で命中し、破壊する(つまり3体のがいるなら、1/4の確率でクローウェに命中し、3/4の確率で破壊する)。攻撃が5未満の差で外れても破壊される。敵がを見れない場合、その敵は騙されない。

プロテクション・フロム・イーヴル接触した目標は7分間クリーチャーに対するセーヴに+2の抵抗ボーナスアーマー・クラスに+2の反発ボーナスを得る(クローウェの場合、既に+1持っているため、それぞれ1上昇するのみである)。目標でない(訳注:ではなく、の)招来されたクリーチャーから触られず、クリーチャーからの精神支配及び憑依に対する完全耐性を得る。クローウェ精神支配あるいは憑依の後にこの呪文を発動する場合、代わりに目標は+2のボーナスを得て新たなセーヴィング・スローを試みて良い。

シー・インヴィジビリティクローウェ巻物によってクローウェは30分間不可視状態エーテル状態の諸物を見れる。

シールドクローウェは7分間アーマー・クラスへの+4の盾ボーナスと、マジック・ミサイルに対する完全耐性を得る。

クローウェが最初の集めへの立ちを待つ若者だった頃、彼は5週間の間毎晩同じを見た。それはいつも同じ始まりで、同じ終わりだった。 毎回が来た。毎回猛る草食獣の群れが渓谷から南方へと雪崩込んだ。毎回彼の体が蹂躙されて塊になってからだくでを覚ました。

クローウェは燃えるような秋の夕暮にストーヴァル平原を襲った雷雨の間という、吉兆の験の下生まれた。そうした聖者たちは、いつかその者は驚くべき大物になるという予言とは別に新生児について予知する事になっている。

若い頃からクローウェは完璧な丁になるよう訓練され、早晩良い調教師になる事は明白だった。 He learned from his mother and father, as well as from his aunts and uncles, for even among the animal-loving Shriikirri-Quah, his family had a way with horses. They supplied many a burn-rider of the Sklar-Quah with their signature steeds, and foreigners came from miles around seeking to trade for the family's fearless stallions.

As Crowe grew stronger of frame, he learned the traditional ways of Shoanti warfare. He trained with the weapons of his ancestors and learned how to protect his people and their way of life. Crowe learned the klar, mastered the earthbreaker, and also studied the natural world and the ways of magic that his mother followed. Throughout his tutelage, he challenged his elders and was challenged by his not-so-infrequent gaps in memory. Some in the tribe thought this was simply an excuse for his misbehavior, and many blamed his parents for his violent outbursts.

Though Crowe was still considered to be too young for a long outing, his father decided that taking his son on his first horse gathering would teach the boy discipline. In order to test Crowe's patience, his father sent the youth ahead to the canyon's mouth to capture a horse of his own.

Crowe crouched upon a flat umber rock, trembling with terror. All he could hear was the storm in the distance, a low, rolling rumble that thundered in his eardrums. He was sure what he heard was his fear, his rage. This was the canyon. This was the night he would die. The thunder beating in his ears changed. It wasn't just internal; it was echoing through the canyon. The herd was coming. Crowe looked to the sky as dark clouds rolling in from the south obscured the setting sun. Crowe scrambled back to his designated post as hundreds of horses filled the canyon, their hoofbeats driving a pounding echo off the canyon walls.

Then the storm broke. Thunder rumbled and crashed through the canyon and lightning bathed its rusty walls in flashes of white.

After the storm had passed, Crowe awoke to find his cousin sitting on his chest and slapping his face, claiming that he was to blame for the carnage spread all around him. More than a dozen horses lay dead, and half of the hunting party lay trampled in the riverbed. They said Crowe was to blame. They said there was no storm. They said he had done it.

Slick with blood, confused, and full of no uncertain amount of shame, he stumbled through the night. The dawn broke on Crowe's new life――a life not burdened by tradition, a life that was numb to fear.

「雷閃きを味わうと良い、続いて聞こえる雷鳴がお前のにする最後の音になるのだから。」

全文検索 目的別索引