特技

特技 Feats

特技はキャラクターがトレーニングや幸運を通してか、あるいは各自の奇抜な出自の結果取得した、特別な特徴または能を表している。これらは適した状況における利益を提供し、それらは他の不足を補う能をキャラクターに与える。特技の中には明確にPCの種族もしくはクラスと関連しているものもあるが、大部分のものは前提条件を満せば誰でも修得する事ができる。

特技の種類

ここに書かれている特技のほとんどは一般的なもので運用する際に特殊なルールは必要ないが、特別なルールと関連した種類を持つ特技もある。これらの種類特技名の後で項分けされている。 以下に示す特技の種類はこの章の中で示されている。

戦闘特技

戦闘特技として指定された特技は、全てファイターボーナス特技として選択できる。この種類分けは、前提条件を満たしている他のクラスのキャラクターが戦闘特技を選択することを制限するものではない。

クリティカル特技

クリティカル特技クリティカル・ヒットの対象に追加の効果を与える特技である。《クリティカル体得》を持っていないキャラクターは、1回のクリティカル・ヒットに対してクリティカル特技を1つだけしか適用させることができない。複数のクリティカル特技を持っているキャラクターは、クリティカル・ヒットが確定した後でどの特技を適用するかを決めることができる。

気概特技

気概特技ガンスリンガー気概クラスあるいは《素人ガンスリンガー》特技によって与えられた気概によって、通常加わる彼女の発露に相互に作用する。々これらの特技はキャラクターが持っている気概ポイントあるいはそのキャラクターが取り戻す気概ポイントの数を増やす。ガンスリンガー気概特技ボーナス特技でとることができる。

呪文修正特技

呪文修正特技により呪文使いは新しい能効果呪文に与え、それらの呪文を修正し交換することができるようになる。そのような呪文は一般に、通常呪文よりも高いレベル呪文スロットを使用する。どのように呪文修正特技呪文に適用するかについての完全なルールについては、Core Rulebook 112ページを参照すること。

演武特技

演武特技は君が演武判定を行うに使用され、概してその判定を行うに起こる特別なアクションを認める。君が《素晴らしき演武》特技を持たない限り、君は1つの演武特技効果のみを君が行う演武判定それぞれに適用できる。

スタイル特技

何世紀もの間、偉大な戦士たちは戦いの中に霊感を見出すために自然と多次元宇宙に向き合ってきた。数えきれぬほどの僧院と隠者が、自然クリーチャーと超自然クリーチャーの致命的な様とその恩恵に基づいて素で戦うための複雑な型を作り出したのである。そのような戦闘技術の多くは秘密の修道会によって作られたが、既に実践家の世界には広く普及している。

即行アクションとして、君はスタイル特技の体現する戦闘スタイルが採用している姿勢に入ることができる。戦闘が始まる前にスタイル特技を使用することはできないが、君が別の戦闘スタイルに切り替えるために即行アクションを費やすまで君の取っている型は持続する。君は関連する型の姿勢を取っている間のみ、前提条件としてスタイル特技を有する特技を使用することができる。えば、君が《蟷螂の型》《虎の型》に関連する特技を取得している場合、君は即行アクションとしてあるターンの開始《虎の型》を取り入れることができ、その後《虎の型》前提条件とする他の特技を使用することができる。君の次のターンの開始に別の即行アクションを使用することによって、君は《蟷螂の型》を取り入れ、《蟷螂の型》前提条件とするその他特技を使用することができる。

スタイルは特定の特技経路──各スタイルを補完する特技──とともに以下に提示される。

猪の型:もともとは武器の使用を軽蔑するオーク部族がこの野蛮な非武装の戦闘スタイルを開発した。彼らは自身の素歯牙で敵を虐殺することを好んでいる。何世紀にもわたり様々な種族、特にゴブリン類オーガ、そしてトロールらが《猪の型》を採用してきた。《猪の型》的は敵の士気をくじくために可能な限りの獰猛さと残虐さによって攻撃することである。このスタイルの熱狂的な信奉者はその歯牙を硬くするためにハーブと錬金術の試薬を使用し、その結果、には鉤爪のようなと鋭く削った歯牙で自傷してしまう。

特技経路:《猪の型》《猪の蛮行》《猪の細断》

鶴の型:《鶴の型》防御俊敏な反撃に焦点を当てている。その実践者は優な1本足の姿勢や鶴の大きなを真似てを折りたたむ技術で知られている

特技経路:《鶴の型》《鶴翼》《鶴の突き返し》

ジンの型:このスタイルの支持者は相を出し抜き裏をかくためにの精に呼びかける。このスタイルの体得者はその敵を拳で殴るために雷鳴の轟きを招来している間、電気的な攻撃を吸収し逸らすことができる。

特技経路:《ジンの型》《ジンの魂》《ジンの回転》

の型:《竜の型》ドラゴン圧倒的な力、優さ、そして残忍さを取り込んでいる。その実践者は曲芸的な足運びと敵を圧倒する強い攻撃を用いる。このスタイルの最も深遠な秘密に至るには、錬金術強壮剤を飲み干し、ドラゴンの長き眠りにも似た深い瞑想を行うことが必要である。

特技経路:《竜の型》《竜の蛮行》《竜の咆哮》

の民の型:戦いと巨人退治に専念するドワーフノームの中核をなす戦士たちがこのスタイルを開発した。このスタイルの弟は巨人に直面したときにより捉え難くなるために、いかにして自身防御的な訓練を向上させるかを学ぶ。彼らはまたその素手打撃の有効性を高めるために、様々な巨人種族の解剖学的に学ぶことに長い時間を費やす。最終的に、この戦闘スタイルの体得者は、足、そして膝を目標とすることによって最も強いクリーチャーさえも仕留める方法を学ぶ。

特技経路:《地の民の型》《地の民の足払い》《地の民の束縛》

イフリートの型:《イフリートの型》は生けるの生物から着想を得て攻撃性と速度に焦点を当てている。このスタイルの体得者はを逸らし、制御し、その敵を焼き殺し、そしてエレメンタルの塊を招来する。

特技経路:《イフリートの型》《イフリートの構え》《イフリートの接触》

ジャーンの型:この異なる人々の民族伝統からの謙虚さに由来するスタイルは、いくつかの同の世界中で学ばれている素戦闘の技を表している。技術の変化に関係なく、すべての実践者は流れるような迅速強い蹴りを強調する戦闘姿勢を持っている。このスタイルの一定の動きと優雅な足運びは多くのものに実践者を極めて熟練した踊りのように見誤らさせ、弱者と虐げられた者の隠し武器の秘伝の技法を使用できるものと誤解させる。公然の武芸としてのこのスタイルは幾つかの舞踏のような性質を失うが、スタイルの素晴らしい蹴りの技法と敏捷さは保持している。

特技経路:《ジャーンの型》《ジャーンの暴風》《ジャーンの乱打》

麒麟の型:麒麟の系統では相に対する武器として要所の観察を採用している。実践者は敵の弱点を分類し、不動で、あるいは労を無駄にすることなく、打撃に最適な瞬間を求める。修道士の訓練と秘術の学習を融合させた珍しい修道会の間で人気のある《麒麟の型》は、にはその精神とともに体にも研鑽を求めるウィザードによって実践されている。

特技経路:《麒麟の型》《麒麟撃》《麒麟の軌道》

蟷螂の型:カマキリの狩猟技術に基づいて、このスタイルの専家は昆虫の鋭く掴む前肢を模倣して下に曲げたで戦う。《蟷螂の型》、喉、そして点のような相弱点へのきわめて正確な打撃を精密に用いる。

特技経路:《蟷螂の型》《蟷螂の判断力》《蟷螂の激痛》

マーリドの型:《マーリドの型》は流れる川の流体の強さと深海の冷たさを模倣する。このスタイルの体得者は厳しい寒さに耐え、を操って遠くから敵を撃ち、さらに敵を凍らせて留めることができる。

特技経路:《マーリドの型》《マーリドの魂》《マーリドの氷撃》

の型:その速度と俊敏性で有名な《猿の型》は、跳躍からの一打、回転しての打撃、そして寝技を、優れた機動によって相混乱させダメージを与えることを的とした継続的な猛攻撃の中に調和させる。

特技経路:《猿の型》《猿の移動》《猿の輝き》

豹の型:豹の弟は敵の間を無謀にも縫い進むような思い切ったことをする。このスタイルを体得する者は、他の追随を許さぬ機動性で武器を振り回し、一連の迅速報復攻撃で敵を打ち据える。

特技経路:《豹の型》《豹の爪》《豹の受け流し》

シャイタンの型:このスタイルの実践者はその拳に深きの鉱を吹き込む。その強い打撃は敵を溶解し無化するために腐食性のエレメントを召喚する。

特技経路:《シャイタンの型》《シャイタンの肌》《シャイタンの酸撃》

の型:《蛇の型》迅速さと位置移動を重視している。その実践者は通常を真似てを指と共に平らに保つ。思いがけぬときに打撃することのできるの型の使用者は機会主義とにも留まらぬ速度で知られている。

特技経路:《蛇の型》《蛇の横ばい》《蛇の牙》

亀の型:《亀の型》は片での能動的な防御を重視している。このスタイルの弟は弱体化させる掴みを採用するとともに、自身を守るために様々な極め、掴み、そして円の防御を活用する。

特技経路:《亀の型》《亀の掴み》《亀の甲羅》

の型:このスタイルは偉大な怒りを模倣しようとしている。実践者はそののように使い強烈な両の打撃と猛烈な攻撃の連を完成させる。

特技経路:《虎の型》《虎の爪》《虎の飛びかかり》

チームワーク特技

チームワーク特技は多くのボーナスを与えるが、特定の状況下でのみ作用する。多くの場合、これらの特技は同じ特技を持っている仲間が戦場で適切に位置していなければならない。特技の説明に記入された状態が満たされていなければ、チームワーク特技ボーナスを全く提供しない。注意すべき点としては、麻痺状態朦朧状態気絶状態、またはなんらかの理由により行動することができない状態仲間は、チームワーク特技の条件を満たすために数えることはできない。インクィジターキャヴァリアーは、味方が特技を持っていないにさえ彼らがチームワーク特技を使うことを可能にする、クラスに基づく各特殊能力を持っている。

特技解説

新しい特技は下記の表でまとめられている。この表にまとめられた特技前提条件と利益は見やすさのために省略されていることに注意すること。詳細な説明は特技解説にまとめられている。以下の書式は、すべての特技解説に使用される。

特技名:特技の名前。もし所属しているなら特技がどんな種別に属しているかも示している。特技が表す要件に対する基本的な解説が後に続いている。

前提条件最小能力値、別の特技、最小基本攻撃ボーナス、必要とされる技能の最小ランク、その他特技を修得するのに必要とされている全て。特技前提条件が全くないならばこの項には何も記載されていない。複数の前提条件を持つ特技も存在する。

利益:この特技によりキャラクター(特技解説の中の「君」)が実現できるようになること。キャラクターが同じ特技を複数修得しても、解説の中で明示されていなければその利益は累積しない。

通常この特技を修得していないキャラクターに対する制限事項。特技を修得していない場合になんらかの欠点がなければ、この項には何も記載されていない。

特殊特技についての追加の特殊な記述。

表:UC特技リスト

特技

前提条件

利益

《悪夢の拳》*

《素手打撃強化》〈威圧〉1ランク、魔法的な暗闇作成する能

魔法的なの中で戦う間、君の素手攻撃ダメージに+2する。

《悪夢の織り手》*

《悪夢の拳》〈威圧〉2ランク

ダークネスを発動する、敵の士気をくじくことができる。

《悪夢の打ち手》*

《悪夢の拳》《悪夢の織り手》《朦朧化打撃》〈治療〉5ランク、フェアリー・ファイアーを発動する能

フェアリー・ファイアー効果下にある間、君の《朦朧化打撃》難易度は+2増加する。

《顎砕き》*

《素手打撃強化》《朦朧化打撃》〈治療〉6ランク

成功した《朦朧化打撃》によって、君は相の口を使えなくさせることができる。

《骨砕き》*

《組みつき強化》《顎砕き》〈治療〉9ランク

《朦朧化打撃》を使用する【筋】または【敏】ダメージを与える。

《首砕き》*

《骨砕き》《上級組みつき》《組みつき強化》《素手打撃強化》《顎砕き》《朦朧化打撃》〈治療〉12ランク

押さえこまれた状態の相【筋】または【敏】ダメージを与える。

《威圧する滅ぼし》

滅ぼし”のクラス特徴《威圧演舞》、キャラクター・レベル8

滅ぼし”が稼働中《威圧演舞》に+2ボーナスを得る。

《威嚇的な滅ぼし》

滅ぼし”のクラス特徴

メナシング特殊能力武器に吹きこむことができる。

《怒りの一打》

激怒”のクラス特徴《渾身の一打》基本攻撃ボーナス+6

最大ダメージを与え、君の激怒を終了させる。

《怒りの投げつけ》

【耐】13、“激怒”のクラス特徴《突き飛ばし強化》基本攻撃ボーナス+6

突き飛ばし戦技判定【耐】ボーナスを追加する。

《怒りの蛮行》

激怒”のクラス特徴《強打》基本攻撃ボーナス+12

【耐久力】ボーナスダメージ・ロールに追加する。

《怒れる致死打撃》

大激怒”のクラス特徴

瀕死状態の敵を引き裂き、“激怒”を追加で1ラウンド得る。

《怒れる投擲者》

激怒”のクラス特徴《万能投擲術》

標準アクションとして両手武器を投擲することができる。

《一か八か》*

《強打》基本攻撃ボーナス+6

大型またはより大きなサイズの相に対し、攻撃ダメージおよびクリティカル・ロールに+4を得る。

《ウィップ体得》*

《武器熟練:ウィップ》 、基本攻撃ボーナス+2

ウィップを使用しても機会攻撃を誘発しない。

《ウィップ体得強化》*

《ウィップ体得》基本攻撃ボーナス+5

君はウィップによって、機会攻撃範囲に収めている超小型物体を掴むことができる。

《上級ウィップ体得》*

《ウィップ体得強化》基本攻撃ボーナス+8

ウィップを使用して組みつきを試みることができる。

《打ち潰し》*

《足払い強化》《強打》基本攻撃ボーナス+6

君が《強打》を行う、敵を足払いすることができる。

《裏切り者》

《説得力》《早抜き》基本攻撃ボーナス+3

〈交渉〉技能判定に成功することによって、自由に一度攻撃できる。

《エネルギー放出付随化》

真なる癒し手”のクラス特徴《選択的エネルギー放出》

治癒のために使用できる正のエネルギーを、仲間に譲渡することができる。

《遠投》*

【筋】13

投擲武器距離によるペナルティを2減少させる。

《演武戦闘員》*

《威圧演舞》その他1つの演武特技

どのような戦闘においてでも演武判定を行うことができる。

《演武体得》

《演武戦闘員》 または3つの演武特技基本攻撃ボーナス+6

演武判定フリー・アクションで行うことができる。

《演武武器体得》*

それらが演武の特質を持つかのように、君が熟練しているすべての武器は作動する。

《追い打ち》*

《薙ぎ払い》

が倒れたならば、追加の攻撃を行うことができる。

《追い打ち強化》

《追い打ち》《薙ぎ払い強化》基本攻撃ボーナス+6

1ラウンドに何度も《追い打ち》を使用することができる。

《解呪化クリティカル》*

《秘術の打撃》基本攻撃ボーナス+11、ディスペル・マジックを発動する能

クリティカル・ヒットの後に、君はディスペル・マジックを発動することができる。

《解呪打撃》

《素手打撃強化》ディスペル・マジックを発動する能基本攻撃ボーナス+11、術者レベル7

攻撃の後、ディスペル・マジック即行アクションで発動することができる。

《解呪の相乗効果》

〈呪文学〉5ランク

ディスペル・マジックの対象は、セーヴに-2ペナルティを受ける。

《回転受身》*

《強行突破》

足払いされたならば、割り込みアクションとして5フィート移動することができる。

《回転投げ》*

《突き飛ばし強化》《足払い強化》《素手打撃強化》《合気投げ》

突き飛ばした相即行アクション使い移動させ、打ち倒し伏せ状態にする。

《撹乱戦技》

《回避》〈軽業〉5ランク

〈軽業〉で相マスを通りぬけることに成功した後、その相に対する攻撃ロールに+2を得る。

《絡み投げ》*

《組みつき強化》《足払い強化》《合気投げ》

《合気投げ》を成功させた後、君は組みつきを試みることができる。

《華麗な美辞麗句》

【魅】13、《説得力》

〈交渉〉判定を行う間、言葉で誤誘導することができる。

《かわし投げ》*

《足払い強化》

君が組みつき中断する、敵を足払いすることができる。

《間隙への連撃》*

基本攻撃ボーナス+6

全力攻撃アクションによって、同じ相に対する個々の命中に追加ダメージを与える。

《危険な踏みつけ》*

《迎え討ち》《素手打撃強化》

伏せ状態に陥った、君から機会攻撃を誘発する。

《義による癒し》

審判”のクラス特徴

君が“審判”を稼働中より多く治癒を行うことができる。

《急所打撃術》

急所攻撃”のクラス特徴《素手打撃強化》

致死の急所ダメージを与える、1つの急所攻撃あたり+2ダメージを得る。

《強化された鎧訓練》*

盾と鎧に対する習熟

クリティカル・ヒット通常の命中に変えるために、鎧または盾を壊すことができる。

《挟撃阻止》*

君が殴る敵は、君に対する挟撃ボーナスを失う。

《狂暴なかきむしり》*

かきむしり特殊攻撃基本攻撃ボーナス+6

かきむしりダメージを与えるために、通常攻撃の半分の数を必要とする。

《狂暴なかきむしり強化》*

《狂暴なかきむしり》基本攻撃ボーナス+9

かきむしりに成功した、追加ダメージを与える。

《上級狂暴なかきむしり》*

《狂暴なかきむしり強化》基本攻撃ボーナス+12

君が相かきむしりする、君は出血ダメージを与える。

《拒絶するダメージ減少》*

ダメージ減少《突き飛ばし強化》

君のダメージ減少貫通することに失敗した相突き飛ばしを行う。

《近接投擲》

《回避》投擲武器への《武器熟練》

選択した武器による攻撃機会攻撃を誘発しない。

《串刺し化クリティカル》*

《クリティカル熟練》、刺突武器への《武器開眼》基本攻撃ボーナス+11

クリティカル・ヒットによって相串刺しにし、追加ダメージを与えることができる。

《串刺し化クリティカル強化》*

《串刺し化クリティカル》基本攻撃ボーナス+13

串刺しにされた相は、君の武器を引きぬくために組みつき戦技に成功しなければならない。

《組み打ち》*

【敏】13、《上級組みつき》基本攻撃ボーナス+9またはモンク9レベル

押さえこまれた状態の相に対して、君は組みつき判定による非致傷ダメージを2倍にすることができる。

《組み打ちかきむしり》*

【敏】13、《上級組みつき》《組みつき強化》《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+9 またはモンク9レベル

押さえこまれた状態の相に対して、君は組みつき判定によって出血ダメージを与えることができる。

《啓示打撃》*

《素手打撃強化》、“啓示”のクラス特徴

近接攻撃の一部として“啓示”で相響を与える。

《化身する狩人》

得意な敵”のクラス特徴、“自然の化身”のクラス特徴

得意な敵について、君のドルイドレンジャーレベル累積する。

《化身妨害》

〈知識:神秘学〉5ランク または〈知識:自然〉5ランク、(ポリモーフ効果を使用する能

君がダメージを与える目標が使うどのような(ポリモーフ効果でも妨げられる。

《降下突撃》*

飛行しているか高所から突撃する攻撃ロールに+5ボーナスを得る。

《絞殺者》*

《組みつき強化》急所攻撃+1d6

組みつき状態の相に急所ダメージを与える。

《攻城技師》*

〈知識:工学〉5ランク または〈職能:技師〉5ランク、1つの攻城兵器に対する習熟

君はすべての攻城兵器習熟していると見なされる。

《攻城技師体得》*

Siege Weapon Engineer(訳注《攻城技師》の誤りだと思われる)、〈知識:工学〉10ランク

兵員は移動アクションとして攻城兵器を装填することができる。

《攻城射手》*

Siege Weapon Engineer(訳注《攻城技師》の誤りだと思われる)

直射攻城兵器を照準するために、サイズによるペナルティを受けない。

《攻城司令官》*

〈製作;攻城兵器〉5ランク、〈知識:工学〉5ランク または〈職能:技師〉1ランク

兵員に対し、組み立てまたは移動判定に+4を与える。

《高速装填》*

クロスボウに対する習熟または《特殊武器習熟:火器

君の武器迅速に装填することができる。

《弧をなす投石者》*

《近距離射撃》スリングまたはハーフリングスタッフスリングに対する習熟

距離による遠隔攻撃ペナルティを2減少させる。

《最後の抱擁》*

【筋】13、【知】3、 基本攻撃ボーナス+3、ナーガサーペントフォーク、または締めつけ特殊攻撃

締めつけつかみ特殊攻撃に利益を得る。

《最後の抱擁の恐怖》*

【筋】15、《最後の抱擁》基本攻撃ボーナス+6

君から締めつけによるダメージを受けるクリーチャー怯え状態となる。

《最後の抱擁体得》*

【筋】17、 《最後の抱擁の恐怖》、《能熟練締めつけ》、基本攻撃ボーナス+9

君の締めつけ攻撃ダメージ・ダイスの数を2倍にする。

《詐欺的な交換》

《フェイント強化》

フェイントに成功したとき、君は物体を受け取るように相強制することができる。

《サップの熟達者》*

急所攻撃+1d6

非致傷攻撃ダメージボーナスを得る。

《サップ体得》*

サップ熟達者》、急所攻撃+3d6

非致傷ダメージを与えるとき、君の急所攻撃ダメージの2倍を与える。

《残虐なとどめ》*

《威圧演舞》《武器熟練》

君が相ヒット・ポイントを-1以下に減少させたとき、〈威圧〉判定を行うことができる。

《自然の化身次元化》

自然の化身”のクラス特徴〈知識:次元界〉5ランク

セレスチャル、またはフィーンディッシュ・テンプレートを君の動物形態に追加することができる。

《慈悲深き滅ぼし》

滅ぼし”のクラス特徴

即行アクションとして、致傷・非致傷ダメージを切り替えることができる。

《絞め落とし》*

《組みつき強化》基本攻撃ボーナス+6 またはモンク5レベル

君より1段階大きいサイズ・カテゴリーの組みつき状態の相を、押さえ込むことができる。

《射撃機会攻撃》*

《速射》《武器熟練》基本攻撃ボーナス+6

遠隔武器を使用している、君から5フィート以内のマス機会攻撃範囲となる。

《射撃機会攻撃強化》*

【敏】15、《射撃機会攻撃》基本攻撃ボーナス+9

君は《射撃機会攻撃》によって追加の10フィートを機会攻撃範囲に収める。

《上級射撃機会攻撃》*

【敏】17、《射撃機会攻撃強化》基本攻撃ボーナス+12

遠隔武器を使用するダメージ・ロールとクリティカル・ロールにボーナスを得る。

《ぶん殴り屋》*

殴打武器非致傷ダメージを与える。

《銃匠》

火器を製作し、修理し、復元することができる。

《収束射撃》*

《近距離射撃》《精密射撃》基本攻撃ボーナス+6

遠隔攻撃による全力攻撃ダメージを合計してからダメージ減少を適用する。

《修道院の遺産》*

《素手打撃強化》、“不動心”のクラス特徴

素手打撃ダメージを決定する際、君の非モンクレベルの半分をモンクレベルとして扱う。

《剣と銃》*

《射撃機会攻撃》《二刀流》基本攻撃ボーナス+6

遠隔攻撃機会攻撃を誘発しない。

《熟達の勇士》

悪を討つ一撃”のクラス特徴基本攻撃ボーナス+5

悪を討つ一撃”のダメージ戦技判定へのボーナスと交換する。

《宿敵狩りのコツ》

得意な敵”のクラス特徴基本攻撃ボーナス+6

1つの得意な敵に対するすべての武器のクリティカル可能域は2倍となる。

《熟練の操縦者》

1つの搭乗物への操縦判定は+4ボーナスを得る。

《円熟の操縦者》

《熟練の操縦者》

選択した搭乗物移動アクションとして操り、君は直ちに停止することができる。

《呪術打撃》*

呪術”のクラス特徴《素手打撃強化》

素手打撃に成功した、君は“呪術”を使用することができる。

《呪文撃最大化》

最大威力魔法の“メイガスの秘奥”、“武器専門化”のクラス特徴または《早抜き》

秘術集積を3ポイント使用して、“呪文撃”を最大化する。

《呪文滅ぼし》

滅ぼし”のクラス特徴

滅ぼし”稼働中、君の呪文難易度は2増加する

《上級エネルギー放出の一撃》

《エネルギー放出の一撃》基本攻撃ボーナス+8

ダメージ・ダイスの集積所を作成するために、“正のエネルギー放出”(訳注:“エネルギー放出”の誤りだと思われる)を変換することができる。

《衝撃の一射》*

【敏】13、《近距離射撃》基本攻撃ボーナス+9

君はクリティカル・ヒット突き飛ばしを可能にする。

《素人ガンスリンガー》*

気概”のクラス特徴を持つクラス・レベルを持たないこと

限定された量の気概ガンスリンガー発露を利用することができる。

《迅速な位置ずらし》*

《位置ずらし強化》**基本攻撃ボーナス+6

君は1つの近接攻撃の代わりに位置ずらしを行うことができる。

《迅速な裏技》*

《裏技強化》**基本攻撃ボーナス+6

君は1つの近接攻撃の代わりに裏技を行うことができる。

《迅速な突き飛ばし》*

《突き飛ばし強化》基本攻撃ボーナス+6

君は1つの近接攻撃の代わりに突き飛ばしを行うことができる。

《迅速な盗み取り》*

《盗み取り強化》**基本攻撃ボーナス+6

君は1つの近接攻撃の代わりに盗み取りを行うことができる。

《迅速な引きずり》*

《引きずり強化》**基本攻撃ボーナス+6

君は1つの近接攻撃の代わりに引きずりを行うことができる。

《審判共有化》

二度目の審判”のクラス特徴

二度目の審判”を使用する代わりに、“審判”を隣接した味方に拡張する。

《審判割り込み化》

二度目の審判”のクラス特徴

割り込みアクションとして、宣言した“審判”を変更することができる。

《素早き拘束者》*

【敏】13、《上級組みつき》《組みつき強化》《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+9またはモンク9レベル

《上級組みつき》を使うとき、即行アクションとして組みつきのための戦技判定を行うことができる。

《すり抜けフェイント》*

《フェイント強化》《強行突破》小型または超小型サイズであること。

成功した〈軽業〉判定は、君がフェイントをかけることを可能にする。

《スリング・フレイル》

《武器熟練:スリング》 、基本攻撃ボーナス+1

スリングを使用して近接攻撃を行うことができる。

《斉射による好機》*

成功した遠隔攻撃は次の近接攻撃ロールに+4を与える。

《聖戦士の拳》*

癒しの手”または“腐敗の接触”のクラス特徴《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+6

命中した素手打撃に“癒しの手”または“腐敗の接触”を使うことができる。

《聖戦士の連打》

エネルギー放出”のクラス特徴、“連打”のクラス特徴《武器熟練:神格の好む武器

神格の好む近接武器によって、連打を行うことができる。

《精密な急所攻撃》

急所攻撃”のクラス特徴《クリティカル熟練》その他クリティカル特技基本攻撃ボーナス+9

君はラウンド中の2回急所攻撃に、クリティカル特技を適用することができる。

《戦闘スタイルの達人》*

《素手打撃強化》その他2つのスタイル特技基本攻撃ボーナス+6またはモンク5レベル

フリー・アクションとしてスタイルを切り換えることができる。

《即時ダメージ減少倍加》

ダメージ減少

1つの攻撃に対するダメージ減少を増加させる。

《側転回避》

身かわし強化”のクラス特徴〈軽業〉12ランク

回避に成功したとき、君は君の移動速度の半分で移動することができる。

《蘇生の放出》

正のエネルギー放出”6d6

ブレス・オヴ・ライフを発動するためにエネルギー放出を消費することができる。

《ソーサラーの打撃》

ソーサラーの血脈”のクラス特徴《素手打撃強化》

近接攻撃の一部として血脈を適用することができる。

《確かな握り》

〈登攀〉1ランク

登攀する、2回判定し最も高い結果を取ることができる。

《騙し撃ち》*

《回避》《近接投擲》 or 《近距離射撃体得》、選択した遠隔武器への《武器熟練》

機会攻撃を誘発することを選択し、攻撃に対しアーマー・クラスに+4を得る。

《力強き再起》

全ての再ロールに+2ボーナスを得る。

《致命的なとどめ》*

基本攻撃ボーナス+11

君が倒した敵は、頑健セーヴに成功しなければ亡する。

《懲罰の放出》

エネルギー放出クラス特徴インクィジターレベル1

エネルギー放出”のためのクレリックレベルとしてインクィジターレベルを数える。

《調和する賢者》

バードの呪芸”のクラス特徴〈知識:工学〉5ランク

建造物の中で“バードの呪芸”を行う、特別な能を得る。

《対の雷鳴》*

連打クラス特徴” または《二刀流》、振るう武器への《武器熟練》

君の巨人に対するさまざまな攻撃に、武器落とし武器破壊、および足払いを代用することができる。(訳注:表の内容が本文と違っており、「巨人を殴打武器攻撃し、主要武器に続き利きでない攻撃が命中したなら、そのダメージは増加する。」のような内容の説明文が正しいように思われる)

《対の雷鳴連打》*

殴打武器防衛訓練種族特性ドワーフまたはノーム

超大型までの巨人足払いすることができ、巨人に対するダメージに+2を与える。

《対の雷鳴体得》*

《対の雷鳴》基本攻撃ボーナス+6

《対の雷鳴》によって殴られた相怯え状態となる。

《使い捨て武器》

武器への習熟基本攻撃ボーナス+1

クリティカル・ヒットを確定するために、壊れやすい武器を壊すことができる。

《撤退阻止》*

《迎え討ち》ファイター11レベル

5フィート・ステップを行うか、撤退する相は君から機会攻撃を誘発する。

《転移敏速》

“縮”のクラス特徴 またはディメンジョン・ドアを発動する能

ディメンジョン・ドアまたは“縮”を使った後、追加で残っているどのような行動でもとることができる。

《転移突撃》

《転移敏速》

突撃アクションの一部としてディメンジョン・ドアまたは“縮”を使うことができる。

《転移旋舞》

《転移突撃》基本攻撃ボーナス+6

君は全力攻撃アクションの間に、ディメンジョン・ドアまたは“縮”を使うことができる。

《転移挟撃》

《転移旋舞》基本攻撃ボーナス+9

君が《転移旋舞》を使用攻撃するすべてのマスから挟撃を提供することができる。

《転移戦技》

《転移旋舞》基本攻撃ボーナス+9

《転移旋舞》を使う間、戦技判定に+4を得る。

《毒蛇の打撃》*

毒の使用”のクラス特徴《素手打撃強化》〈製作:錬金術〉1ランク

接触素手打撃に適用することができる。

《針先の毒殺者》*

《毒蛇の打撃》《二刀流》 または“連打”のクラス特徴〈製作:錬金術〉6ランク

《毒蛇の打撃》を使うに、君は、近接攻撃中で使用できる2つの吹き矢にを塗ることができる。

《突撃投擲》*

《近距離射撃》

投擲武器攻撃する突撃のルールを使用することができる。

《突撃投擲強化》

《突撃投擲》

どのような距離でも君の目標にできる。

《流し返し》

捕えがたき目標”のクラス特徴《攻防一体》《素手打撃強化》流麗なるモンク12レベル

君がダメージを避けることに成功したとき、後方の相攻撃を流し返すために、1気ポイントを消費する。

《肉体の盾》*

《組みつき強化》基本攻撃ボーナス+6

組みつき状態の間、攻撃に対して遮蔽を得る。

《二刀のフェイント》*

《攻防一体》《二刀流》

最初の近接攻撃をやめてフェイントをかける。

《二刀のフェイント強化》*

《攻防一体》《二刀流強化》

君の最初の攻撃の代わりに〈はったり〉判定を行う。

《二刀の滅ぼし》

滅ぼし”のクラス特徴《二刀流》

君の“滅ぼし”を2番武器にも適用する。

《ネットの熟達者》*

《特殊武器習熟:ネット》、基本攻撃ボーナス+1

ネット片手武器として扱うことができる。

《ネット戦技》*

《ネットの熟達者》基本攻撃ボーナス+3

足払いか、武器落としのためにネットを使うことができる。

《ネット計略》*

《ネットの熟達者》《ネット戦技》基本攻撃ボーナス+6

君の相盲目状態にするためにネットを使うことができる。

《ネットとトライデント》*

【敏】15、《ネットの熟達者》《二刀流》

ネットとともに片用または軽い武器を振るうことができる。

《呪われしノーム》*

【魅】13、ノームの魔法種族特性〈知識:神秘学〉1ランク

ホーンテッド・フェイ・アスペクト呪文を得る。

《呪われしノームの強襲》*

《呪われしノーム》〈知識:神秘学〉3ランク

ノームの魔法の独特な使用法を得る。

《呪われしノームの経帷子》*

《呪われしノームの強襲》〈知識:神秘学〉6ランク

ノームの魔法の特別な使用法を得る。

《破壊的呪文喚起》

呪文喚起”のクラス特徴〈呪文学〉5ランク

呪文砕した後に、“呪文喚起”を使用できる。

《破壊的な解呪》

ディスペル・マジックまたはグレーター・ディスペル・マジックを発動する能術者レベル11

解呪に成功したとき、セーヴに失敗すれば相朦朧状態となる。

《破壊の一打》*

《渾身の一打》基本攻撃ボーナス+9

《渾身の一打》を使うときボーナスとして追加ダメージを得る。

《破壊の一打強化》*

《破壊の一打》基本攻撃ボーナス+13

クリティカル・ヒットを確定するロールにボーナスを得る。

《破砕武器》

武器への習熟基本攻撃ボーナス+1

出血ダメージを与えるために、武器を壊すことができる。

《馬術体得》*

熟練の調教師”のクラス特徴〈騎乗〉6ランク。

君の乗騎と能を決定するために、君のキャラクター・レベルを使用することができる。

《跳ね返るランス跳躍》*

〈軽業〉5ランク、〈騎乗〉11ランク、“ランス跳躍”のクラス特徴

〈軽業〉判定に成功した即行アクションとして君の乗騎に再び騎乗することができる。

《引き倒し》*

《足払い強化》

足払いされたならば、君はその敵に対して足払いを試みることができる。

《秘術系統打撃》*

《素手打撃強化》ウィザード秘術系統クラス特徴

近接攻撃の後、即行アクションとして秘術系統効果を送り込むことができる。

《不意の打撃》*

武器家”のクラス特徴または《早抜き》〈はったり〉1ランク

フェイントをかけるために〈はったり〉判定を行うために、即行アクションを使用することができる。

《不屈の構え》

《不屈の闘志》基本攻撃ボーナス+4

アーマー・クラスへの回避ボーナスを諦めることで、それに等しいダメージ減少を得る。

《不屈の構え強化》

《不屈の構え》基本攻撃ボーナス+11

《不屈の構え》から得たダメージ減少を2倍にすることができる。

《不死身の入門者》*

【筋】13、【耐】13、オークまたはハーフオーク《不屈の闘志》基本攻撃ボーナス+6

《不屈の闘志》を使う間、よろめき状態とならず、近接ダメージ・ロールに+2を得る。

《不死身の達人》*

【耐】15、《不死身の入門者》《鉄の皮膚》**基本攻撃ボーナス+9

《不屈の闘志》使い行動するヒット・ポイントを失うことはない。

《不死身の熱狂者》*

【耐】17、《不死身の達人》基本攻撃ボーナス+12

クリティカルを確認するとき、敵は再ロールしなければならない。

《伏せ射撃》*

《武器熟練:クロスボウまたは火器》 、基本攻撃ボーナス+1

伏せ状態である間、近接攻撃に対する君のアーマー・クラスへのペナルティを軽減する。

《伏せ投石》*

伏せ状態である間、スリングを使用することができる。

《舞台戦闘員》*

《武器熟練》基本攻撃ボーナス+5

非致傷ダメージを与えるために、ペナルティを受けない。

《不調和の声》

バードの呪芸”のクラス特徴〈芸能:朗誦〉または〈芸能:歌唱〉10ランク

バードの呪芸”を使用するとき、味方は追加で1d6の[音ダメージを与える。

《船乗りの足運び》

〈職能:船乗り〉5ランク

〈軽業〉〈登攀〉、および〈水泳〉判定に+2を得る。

《粉砕打撃》

《朦朧化打撃》

《朦朧化打撃》目標アーマー・クラスを減少させる。

《防御的武器訓練》*

【知】13、基本攻撃ボーナス+5

選出したファイターの武器グループに対し、+2回避ボーナスを得る。

《防御破り》*

《武器落とし強化》《二刀流》

君が武器落としを試みた相に、2番武器によって攻撃を行うことができる。

《滅ぼし時間追加》

滅ぼし”のクラス特徴

滅ぼし”能を1日あたり3ラウンド追加で使用することができる。

《導きの手》

《エネルギー放出の一撃》神格が好む武器への習熟

神格の好む武器による攻撃ロール【判断力】修正値を使用することができる。

《報いの烙印》

滅ぼし”のクラス特徴

烙印を押された相に対し、ベイン特性を味方の武器に与える。

《朦朧化押さえこみ》*

《組みつき強化》《朦朧化打撃》

押さえこまれた状態の相に対し《朦朧化打撃》を使用できる。

《野外修理》

〈製作〉4ランク

間に合わせの素材で行われた修理ペナルティを受けない。

《野性的な戦闘訓練》*

《素手打撃強化》《武器熟練:肉体武器

肉体武器によって《素手打撃強化》特技を使用することができる。

《闇討ち》*

暗視または夜目種族特性〈はったり〉3ランク、《無視界戦闘》《攻防一体》

君が敵に対する視認困難を持つとき、攻撃ロールダメージ・ロールに+2を得る。

《闇討ちフェイント》*

〈はったり〉6ランク、《闇討ち》

君が視認困難を与えている敵にフェイントをかけるために〈はったり〉判定を行う。(訳注:本文の内容では即行アクションとして〈はったり〉判定を行うことができる。と記述されている。)

《闇討ち体得》*

〈はったり〉9ランク、《フェイント強化》《闇討ちフェイント》

視認困難である間、君に対する攻撃の失敗確率は10%増加する。

《離脱フェイント》*

《フェイント強化》

フェイントは君を君の移動速度機会攻撃を誘発せずに移動させる。

《離脱集団フェイント》*

《離脱フェイント》

フェイントに成功したとき、君の移動を開始するマス機会攻撃に収められていないように扱う。

《離脱攻撃》*

《離脱フェイント》《回避》《強行突破》

《離脱フェイント》を使うに、君は1つの攻撃を行うことができる。

《領域打撃》*

領域”のクラス特徴《素手打撃強化》

素手攻撃を通して、“領域”能を使用することができる。

《両手投擲》*

【筋】15

1つの物体または両手武器を投擲するに両を使うとき、【筋】ボーナスを得る。

《罠使いの準備》

〈製作:罠〉 5ランク

手動を発動させるとき、攻撃ロール難易度に+2を得る。

気概特技

特技

前提条件

利益

《隠し場所の極意の発露》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》〈手先の早業〉1ランク

君の身体から黒色火薬または矢弾を取り戻すために、1気概ポイントを消費することができる。

《気概追加》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》〈手先の早業〉1ランク

1日あたり追加で2つの気概ポイントと気概の最大値が2増加する。

《巧みな射手の発露》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》《強行突破》

君が1気概ポイントを持つ限り、火器を撃つか装填する間、機会攻撃を誘発しない。

《跳弾射撃の発露》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》《無視界戦闘》

または他の硬い形から君の弾丸は跳弾する。

《飛び込み射撃の発露》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》《強行突破》基本攻撃ボーナス+4

君は自身移動速度移動しながら、火器攻撃することができる。

《名も無き者》

気概”のクラス特徴または《素人ガンスリンガー》〈はったり〉4ランク

〈はったり〉判定に+2を得て、気概を使用して〈変装〉判定に+10を得ることができる。

《二つ名たる発露》

気概”のクラス特徴ガンスリンガー11レベル

1より少ない気概ポイントとして1つの発露を使用できる。

演武特技

特技

前提条件

利益

《あざける舞踏》*

〈軽業〉4ランク または〈芸能:舞踏〉 4ランク

機会攻撃を誘発せずに5フィート移動するか、自身移動速度移動することができる。

《英雄的な演武》*

《威圧演舞》

演武判定に+2を得て、相士気をくじくことができる。

《劇的な演武》*

《威圧演舞》

演武判定攻撃ロール、および戦技判定に+2を得る。

《殺人者の輪》*

《回避》〈軽業〉4ランク

君がクリティカルの後に演武判定を行うに、5フィート移動することができる。

《素晴らしき演武》*

《威圧演舞》その他演武特技2つ

2つの演武特技の利益を得る。

《野蛮な演武》*

《威圧演舞》

演武判定に+2、ダメージ・ロールに+1d6を得る。

スタイル特技

特技

前提条件

利益

《猪の型》*

《素手打撃強化》〈威圧〉3ランク

素手打撃で殴打または刺突のダメージを与える。

《猪の蛮行》*

《猪の型》〈威圧〉6ランク、

素手攻撃に刺突ダメージを加え、相士気をくじくことができる。

《猪の細断》*

《猪の細断》〈威圧〉9ランク

素手攻撃は出血ダメージを引き起こす。

《イフリートの型》*

【耐】13、【判】15、《エレメンタルの拳》《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+9またはモンク5レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[ダメージボーナスを与える。

《イフリートの構え》*

【耐】15、《イフリートの型》基本攻撃ボーナス+11またはモンク9レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[]に対する抵抗を得る。

《イフリートの接触》*

【判】17、《イフリートの構え》基本攻撃ボーナス+13またはモンク11レベル

着火させるかもしれない、円錐形を放つことができる。

《亀の型》*

《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+1またはモンク1レベル

少なくとも1つの自由に、アーマー・クラスに+1の盾ボーナスを得る。

《亀の掴み》*

《組みつき強化》《亀の型》基本攻撃ボーナス+3またはモンク3レベル

君の盾ボーナスは君の戦技防御値接触アーマー・クラスに適用される。

《亀の甲羅》*

《亀の掴み》基本攻撃ボーナス+5またはモンク5レベル

アーマー・クラス・ボーナスは2増加し、相はクリティカル・ロールに-4を受ける。

《麒麟の型》*

《素手打撃強化》〈知識:神秘学〉6ランク、〈知識〉ダンジョン探検地域自然次元界または宗教)1ランク

ボーナスを得るために即行アクションとして相に対して〈知識〉判定を行うことができる。

《麒麟撃》*

【知】13、《麒麟の型》〈知識:神秘学〉9ランク、〈知識〉ダンジョン探検地域自然次元界または宗教)3ランク

クリーチャーを識別するために、+2の洞察ボーナスを得る。

《麒麟の軌道》*

《麒麟撃》〈知識:神秘学〉12ランク、〈知識〉ダンジョン探検地域自然次元界または宗教)5ランク

君は、〈知識:地域自然次元界、または宗教〉を使ってクリーチャーを識別するために、出10を行うことができる。

《猿の型》*

【判】13、〈軽業〉5ランク、〈登攀〉5ランク、《素手打撃強化》

【判断力】ボーナス〈軽業〉判定に追加し、伏せ状態攻撃するために、ペナルティを受けない。

《猿の移動》*

《猿の型》〈軽業〉8ランク、〈登攀〉8ランク

【判断力】ボーナス〈登攀〉判定に追加し、半分の移動速度で登り、這うことができる。

《猿の輝き》*

《猿の移動》《朦朧化打撃》〈軽業〉11ランク、〈登攀〉11ランク

《朦朧化打撃》に成功した後、君は隣接したマスに進入することができる。

《シャイタンの型》*

【耐】13、【判】15、《エレメンタルの拳》基本攻撃ボーナス+9またはモンク5レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[ダメージボーナスを与える。

《シャイタンの肌》*

【耐】15、《シャイタンの型》基本攻撃ボーナス+11またはモンク9レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[]に対する抵抗を得る。

《シャイタンの酸撃》*

【判】17、《シャイタンの肌》基本攻撃ボーナス+13またはモンク11レベル

20フィートの[]の柱を爆発させる。

《ジャーンの型》*

〈軽業〉3ランク、〈芸能:舞踏〉3ランク、《素手打撃強化》

突撃するアーマー・クラスに-1ペナルティだけを受け、君を挟撃している相は+1ボーナスだけを得る。

《ジャーンの暴風》*

《ジャーンの型》〈軽業〉5ランク、〈芸能:舞踏〉5ランク

素手攻撃に成功した後の、突き飛ばしまたは足払い戦技判定に+4を得る。

《ジャーンの乱打》*

《ジャーンの暴風》〈軽業〉8ランク、〈芸能:舞踏〉8ランク

跳躍するときはいつも助走しているとして扱い、跳躍しての突撃で2倍のダメージを与える。

《ジンの型》*

【耐】13、【判】15、《エレメンタルの拳》基本攻撃ボーナス+9またはモンク5レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[電気ダメージボーナスを与える。

《ジンの魂》*

【耐】15、《ジンの型》基本攻撃ボーナス+11またはモンク9レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[電気]に対する抵抗を得る。

《ジンの回転》*

【判】17、《ジンの魂》基本攻撃ボーナス+13 またはモンク11レベル

電気]で自身を取り囲むために、《エレメンタルの拳》を使用できる。

《地の民の型》*

【判】13、《素手打撃強化》〈軽業〉3ランク、防衛訓練種族特性ドワーフまたはノーム

防衛訓練巨人に対するアーマー・クラスは+6まで増加する。

《地の民の足払い》*

《地の民の型》《足払い強化》〈軽業〉6ランク

君は超大型サイズまでの巨人足払いすることができる。

《地の民の束縛》*

《地の民の足払い》《上級足払い》《朦朧化打撃》〈軽業〉9ランク

君はどのようなサイズ巨人でも足払いすることができる。立っている巨人に対して機会攻撃が命中したとき、君は《朦朧化打撃》を使用することができる。

《鶴の型》*

《回避》《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+2またはモンク1レベル

防御的戦闘のとき、-2ペナルティだけ受ける。

《鶴翼》*

《鶴の型》基本攻撃ボーナス+5またはモンク5レベル

防御的戦闘または防御専念を行うとき、1ラウンドあたり1つの攻撃をそらすことができる。

《鶴の突き返し》*

《鶴翼》基本攻撃ボーナス+8またはモンク7レベル

君が攻撃をそらすに、君は機会攻撃を行うことができる。

《蟷螂の型》*

《朦朧化打撃》〈治療〉3ランク

1日あたり追加で1回《朦朧化打撃》使用回数を得て、《朦朧化打撃》難易度を+2増加させる。

《蟷螂の判断力》*

《蟷螂の型》〈治療〉6ランク

君の非モンクレベルの半分を《朦朧化打撃》効果のためにモンクレベルとして扱う。

《蟷螂の激痛》*

《蟷螂の判断力》〈治療〉9ランク

1日あたり追加で1回《朦朧化打撃》使用回数を得て、相を、目が眩んだ状態よろめき状態、または疲労状態にすることができる。

《虎の型》*

《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+3またはモンク3レベル

突き飛ばし蹴散らし、および足払いに対する戦技防御値に+2を得て、斬撃ダメージを与える。

《虎の爪》*

《虎の型》基本攻撃ボーナス+6またはモンク5レベル

によって1つの攻撃を行い、結果を合計することができる。

《虎の飛びかかり》*

《強打》《虎の爪》基本攻撃ボーナス+9またはモンク8レベル

《強打》からのペナルティアーマー・クラスに適用することができる。

《豹の型》*

【判】13、《迎え討ち》《素手打撃強化》

君に対して機会攻撃を行う相に反撃できる。

《豹の爪》*

【判】15、《豹の型》

即行アクションとしての代わりにフリー・アクションとして反撃を行う。

《豹の受け流し》*

《豹の爪》

反撃は相攻撃の前に解決される。

《蛇の型》*

《素手打撃強化》〈軽業〉1ランク、〈真意看破〉 3ランク

〈真意看破〉判定に+2を得て、素手攻撃によって刺突ダメージを与える。

《蛇の横ばい》*

《蛇の型》〈軽業〉3ランク、〈真意看破〉 6ランク

打ち倒され、伏せ状態となるのを避けるためにボーナスを得て、クリティカル・ヒットを確定するために〈真意看破〉を使用できる。

《蛇の牙》*

《迎え討ち》《蛇の横ばい》《蛇の型》〈軽業〉6ランク、〈真意看破〉 9ランク

が君への攻撃に失敗したなら、割り込みアクションとして機会攻撃を行うことができる。

《マーリドの型》*

【耐】13、【判】15、《エレメンタルの拳》《素手打撃強化》基本攻撃ボーナス+9またはモンク5レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[冷気ダメージボーナスを与える。

《マーリドの魂》*

【耐】15、《マーリドの型》基本攻撃ボーナス+11またはモンク9レベル

1日あたり追加で1回《エレメンタルの拳》使用回数を得て、[冷気]に対する抵抗を得る。

《マーリドの氷撃》*

【判】17、《マーリドの魂》基本攻撃ボーナス+13またはモンク11レベル

30フィート直線状極寒解放することができる。

《竜の型》*

【筋】15、《素手打撃強化》〈軽業〉3ランク

睡眠麻痺、および朦朧化にして+2ボーナスを得て、移動困難な地形を無視することができる。

《竜の蛮行》*

《竜の型》《朦朧化打撃》〈軽業〉5ランク

素手攻撃ボーナスを得る、君は相怯え状態にすることができる。

《竜の咆哮》*

《竜の型》訳注《竜の蛮行》の誤りと思われる)、〈軽業〉8ランク

1日あたり追加で1回《朦朧化打撃》使用回数を得て、君は脳を震わせる咆哮を放つことができる。

チームワーク特技

特技

前提条件

利益

《衛生兵》

〈治療〉5ランク

〈治療〉を行う機会攻撃を誘発せず、出10を行うことができる。

《囮戦術》*

〈はったり〉5ランク

君を攻撃する相ボーナスを与える代わりに、相攻撃機会攻撃を誘発する。

《騎兵陣形》*

《騎乗戦闘》

他の乗騎接敵面を共有し、味方の乗騎によって占められた接敵面を通して突撃することができる。

《好機を掴む》

《クリティカル強化》《迎え討ち》

味方がクリティカルを確定させるとき、君は機会攻撃を得る。

《縦射》

《近距離射撃》《精密射撃》その他1つのチームワーク特技

味方が相挟撃する、君は相に対する遠隔攻撃ロールに+2を得る。

《集団攻撃》

基本攻撃ボーナス+1

味方の攻撃は、君が5フィート・ステップを行うことを可能にする。

《集団スリ》

〈はったり〉1ランク、〈手先の早業〉1ランク

味方が〈はったり〉判定を行うに、君は割り込みアクションとして相のポケットから盗むことができる。

《集中砲火》

《近距離射撃》基本攻撃ボーナス+6

味方が遠隔攻撃を命中させたに、君は割り込みアクションとして攻撃を行うことができる。

《縦列足払い》

どのような味方によってでも機会攻撃範囲に収められている相に対し、君が足払いを行うは2回ロールし、より高い結果を取る。

《背中合わせ》

〈知覚〉 3ランク

挟撃するアーマー・クラスに+2を得る。

《背中合わせ強化》

《背中合わせ》〈知覚〉 5ランク

挟撃する、隣接した味方のアーマー・クラスに+2を与える。

《相乗する隠密》

君と君の仲間によって行われた〈隠密〉判定に最も高いロールを採用する。

《脱出経路》

君は味方と隣接している接敵面を通り抜けて移動する機会攻撃を誘発しない。

《統合突撃》*

2つ以上の他のチームワーク特技基本攻撃ボーナス+10

味方が突撃するに、君は同じ相突撃することができる。

《フェイントの協力者》*

〈はったり〉1ランク

味方がフェイントに成功した、相は君の次の攻撃に対して【敏】ボーナスを失う。

《フェイントの協力者強化》*

《迎え討ち》《フェイントの協力者》基本攻撃ボーナス+6

味方がフェイントに成功した、君は相に対して機会攻撃を得る。

《振り払い》

全てのセーヴィング・スローに対し、隣接した味方毎に+1を得る。

訳注:*この特技戦闘特技であり、ファイターボーナス特技として修得できる。

**この特技Advanced Player's Guideの中に記載されている。)

全文検索 目的別索引