ノルゴーバー

ノルゴーバー(Norgorber)

称号

名声を刈り取るものReaper of Reputation、皮膚を切り取る者の父Father Skinsaw、灰色の主The Gray Master、黒き指Blackfingers

属性

中立にして悪

権能

強欲、秘密位、殺人

信者

暗殺者、密偵

クレリック属性

真なる中立秩序にして悪中立にして悪混沌にして悪

領域

魅了知識欺き

好む武器

ショート・ソード

“スターストーンの試練Test of the Starstone”の際に神に昇格する前のノルゴーバー(NOR-gore-berと発音する)[1]の素性ははっきりしていない。彼の信者はその秘密を守るために全を尽くす。この神の起源が明らかになると、ノルゴーバー自身が崩壊してしまうと信じる者もいる。彼は“名声を刈り取るもの”とも呼ばれている。彼は昇格した神の中で唯一の悪属性である。

ノルゴーバーの教団

ノルゴーバーカルトは4つの部に分かれており、それぞれの部は彼の相一つに焦点を当てており、それ以外の相には頓着しない。彼の信者は仮面を身に付けている。仮面はそれぞれを識別するためのものであり、神への献身の象徴でもある。いろいろな感情や合図を表すために、いろいろな仮面を身に付ける信奉者もいる。仮面はしばしばの込んだもので、ちょうつがいでつながれたあごと色のついたレンズが付けられている。カルトは4つの部に分かれているが、ノルゴーバーの信者はいくらかの尊敬を持ってともに行動する。“皮膚を切り取る者の父”のカルトに属する信者は“皮膚を切り取る者the Skinsaw Men”として知られる。盗賊は“灰色の主”を崇拝する。暗殺者、錬金術師植物学者は“黒き指”を崇拝する。

信奉者

ノルゴーバーの式典に使われる色は黒と色である。どこにいても周りに溶け込むために、カルティストの服は通常一般的な服装である。アブサロムAbsalomを除いたほとんどの国で、ノルゴーバーカルトは禁止されている。ノルゴーバーを崇拝するカルトガルトGalt、ネックスNex、オシリオンOsirion、河川諸王国枷の地The Shackles、タルドールTaldor、ヴァリシアVarisiaに存在する。ノルゴーバーに奉納された神殿は一般に隠されており、夜の間だけ信徒に明らかに分かるように変わる。少なくとも17の聖典ノルゴーバーにゆかりのあるもので、それらの全てが暗号名を持ち、平凡な書物であるかのように偽装されていることがしばしばである。[2]

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 165. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

Norgorber
Titles Reaper of Reputation, Father Skinsaw, The Gray Master, Blackfingers
Alignment Neutral evil
Portfolio Greed, Secrets, Poison, Murder
Worshipers assassins, spies
Cleric Alignments 真なる中立 秩序にして悪 中立にして悪 混沌にして悪
Domains Charm, Death, Evil, Knowledge, Trickery
Favored Weapon short sword

Norgorber's past(pronounced NOR-gore-ber)[1], before he ascended into godhood through the Test of the Starstone, is unknown. His followers go to great lengths to keep it a secret. Some believe that if the origin of the god became known, the god himself would become undone. He is also called the 'Reaper of the Reputation.' He is the only evil ascended god.

◎Church of Norgorber
Norgorber's cult is split into four parts, each part focusing on one of his aspects and ignoring the others. His followers wear masks to identify themselves, and as a symbol of their devotion to the god. Some worshippers wear different masks in order to signify different emotions or signals. The masks themselves are often elaborate, with hinged jaws and coloured lenses. Though the cult is split into four, followers of Norgorber do work together in some regard. The followers of the cult of 'Father Skinsaw' are known as the Skinsaw Men. Thieves revere the 'Gray Master'. Assassins, alchemists and herbalists follow 'Blackfingers'.

◎Worshippers
Norgorber's ceremonial colours are black and brown. The cultist's clothes usually follow modern fashions, in order to blend in wherever they are. In most countries, except Absalom, the cult of Norgorber is forbidden. There are cults dedicated to Norgorber in Galt, Nex, Osirion, The River Kingdoms, The Shackles, Taldor, and Varisia. Temples dedicated to the god are usually hidden, transformed during the night to be obvious to the faithful. Seventeen texts, at least, are associated with Norgorber, all of which have code names and are often disguised as unremarkable books. [2]

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 165. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

全文検索 目的別索引