擬似次元界

擬似次元界(Demiplane)

擬似次元界 は、通常アストラル界エーテル界に接続している小さな、有限次元界のことを言う。概ね共通した性格を持ち、同じ呪文で取り扱うことができる。以下のような世界が良く知られている。

Basalfeyst

ゴブリン信仰する4柱のバーゲスト神格領域。かつてはヘルの第1階層アヴェルヌスにあったが、自らの拡大を望むラマーシュトゥの誘いに乗り、アビスへ引き抜かれた。獄と奈落の特徴が混ざり合っている世界。

the Dead Vault

カスマロンにある巨大な裂け the Pit of Gormuz を降り、ダークランドの各階層を抜けた先にある、かつてサーレンレイアスモデウス破壊ロヴァググを封印した次元。ロヴァググ本体の脱出は妨げているものの、ロヴァググの落とし子とよばれる強大なクリーチャー表に出てくる。

夢の次元

エーテル界には物質界で眠る定命の者の響で、夢の次元が生まれることが良くある。それらは見る者が覚めた瞬間、泡のようにはじける儚い物だが、セレファイスの鍵のようなアーティファクトを使えば、それらを通じて集合無意識が作り上げたさらに大きな夢の次元に行くことができる。その入り口はする者の文化的背景によって決まる景だが、奥に入るにつれて幻想的な景が広がり、その者の無意識を反映して周囲が形作られていく。悪夢を生み出すナイト・ハグや、定命の恋人のの中に住むアザータのような住人がいることもある。

時の次元

多くの賢者たちが捜し求めている次元界元素界中継界とは別の世界で、内方次元界全体に接しているらしい。神々の響からは守られているが、定命の者がそこに踏み込むことが稀にある。その中心には1つの戸口があり、する者の人生の1点に赴くことができる。しかし時間には強な復元力があり、過去を改変する者はタイムパラドックスのループに引き込まれ、もう戻ることはできない。

始まりの世界(the First World)

始まりの世界は、ゴラリオンの暗く幻想的な神話や御伽噺の多くで言及される、にそれ自体意思を持つ不思議な自然フェイの世界である。物質界との境界は薄く、ゴラリオンでも文明のの触れない自然地域や、フェイ印を残した丘や、キノコの輪などでこの世界とつながっていることがある。
この世界の住人であるフェイは、2つの世界を簡単に行き来することができ、友好的なピクシーから危険レッドキャップまで、さまざまなフェイ物質界に遊びに来る。また、ノームもこの世界の出身であり、何らかの災害を避けるために物質界に移住してきた。

レン(Leng)

物質界のいたるところに、奇妙に傷の1つもないルビーを売り、奴隷を買う商人たちがいる。自らの母港がどこかを話すことを拒む彼らがレンの住人である。その故郷には、彼ら自身とより非人間的な同類が住み、彼らが持ち帰る生きた獲物に飢えているのだといわれる。
レンは、夢の次元を通じて到達できる、あるいはその一部である荒涼とした荒野で、崩れかけた太古文明の遺跡が点在し、黄色い絹の服と仮面をまとった神官たちが住む。物質界外方次元界のどこかに実在するなのかもしれないし、集合的な恐怖悪夢によって実体を与えられた実在しない世界なのかもしれない。

[1] Todd Stewart(2009). The Great Beyond, . Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-167-1

全文検索 目的別索引