ナイト・ハグ

ナイト・ハグ Night Hag

この痩せた体格をした、恐ろしい鋭いを持つ老婆は、ぞっとするような呪物とかつては立派な着物であったろうボロ布を身体からぶら下げている。

ナイト・ハグ 脅威度9 Night Hag

経験点6,400
中立にして悪/中型サイズ来訪者他次元界
イニシアチブ +4;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+16

防御

アーマー・クラス 25、接触14、立ちすくみ21(+11外皮、+4【敏】
ヒット・ポイント 92(8d10+48)
頑健 +14、反応 +8、意志 +11
ダメージ減少 10/冷たい鉄および魔法完全耐性]、[冷気]、[恐怖]睡眠(魅惑)呪文抵抗 24

攻撃

移動速度 30フィート
近接 (×2)=+13(1d4+5)、噛みつき=+13(2d6+5、加えて“病気”)
特殊攻撃 夢中憑依
擬似呪文能力術者レベル8)

ディテクト・イーヴルディテクト・グッドディテクト・ケイオスディテクト・マジックディテクト・ロー
回数無制限―インヴィジビリティディープ・スランバー難易度16)、マジック・ミサイルレイ・オヴ・エンフィーブルメント難易度14)
回数無制限(心臓石のあるとき)―イセリアルネスソウル・バインド

一般データ

【筋】21、【敏】19、【耐】22、【知】18、【判】16、【魅】17
基本攻撃 +8;戦技ボーナス +13;戦技防御値 27
特技 《欺きの名人》《鋭敏感覚》《騎乗戦闘》《戦闘発動》
技能 〈威圧〉+14、〈騎乗〉+15、〈交渉〉+11、〈呪文学〉+15、〈真意看破〉+16、〈知覚〉+16、〈知識:次元界〉+15、〈知識:神秘学〉+12、〈はったり〉+16、〈変装〉+16
言語 共通語、獄語、天上語、奈落語
その他の特殊能力 心臓石変身(あらゆる人型生物オルター・セルフ

生態

出現環境 気候問わず/悪属性次元界
編成 単体、騎乗(およびナイトメア1)、魔女団(どのタイプでもよいがハグ3)
宝物 標準

特殊能力

病気(超常)/Disease 魔鬼熱噛みつき―致傷;セーヴ 頑健難易度20;潜伏期間 即座;頻度 1回/日;効果 1d6 【耐】ダメージ目標は2回セーヴを行い、失敗するとかわりに1ポイントのダメージ【耐久力】吸収を受ける); 治癒 2回連続のセーヴ成功。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

夢中憑依(超常)/Dream Haunting ナイト・ハグ心臓石として知られる特別のペリアプト(護符)を用い、エーテル化して相の上に浮かび、混沌属性を持つもののの中に入り込むことができる。いったんの中に入り込むと、ナイト・ハグは夜明けまで犠牲者の背にまたがって乗り回す。眠るものは悪夢にうなされ、起きるに1ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。他のエーテル状態クリーチャーだけが、ナイト・ハグと戦って倒すことでこの夜ごとの侵入を止めることができる。

心臓石(超常)/Heartstone ナイト・ハグは皆、心臓石――少なくとも1,800gpの価値がある特別な宝――をペリアプトとして身につけている。心臓石の魔はハグの魂と近接していることによって稼動しており、持ち主から引き離された場合(あるいはハグが亡した場合)、心臓石は24時間だけ魔を保持し、その後は魔のない宝に戻ってしまう。心臓石は持ち主がかかったどんな病気でも即座に治す。さらに、心臓石は全てのセーヴィング・スローに+2の抵抗ボーナスを与える(このボーナスは上記のデータ・ブロックに含まれている)。この護符を失ったナイト・ハグは、代わりの宝を見つけない限りイセリアルネスソウル・バインドを使用できない。

恐るべき殺人者であり強欲な魂砕きであるナイト・ハグは、定命のものがもっとも弱いを狙って餌食にする。獲物をゆっくりと殺すことを好み、夜ごとの中に出没するこのハグは、犠牲者の苦悶する魂を、外方次元界獄の市場で買ってきた黒い宝の中に閉じ込める。ナイト・ハグ外見は非常にさまざまで、身の丈5フィート半から7フィート、体重は150ポンドから300ポンドである。


全文検索 目的別索引