ディテクト・イーヴル

Detect Evil感知
系統 占術呪文レベル クレリック1
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作信仰
距離 60フィート
効果範囲 円錐形放射
持続時間 精神集中、10分/レベルまで(解除可)
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者はの存在を感じ取ることができる。明らかになる情報の量は、術者がどれだけ長い間、特定の範囲や対象を観察するかによる。

1ラウンドが存在するかしないか。

2ラウンド範囲内の悪のオーラの数(クリーチャー、物体、呪文)と、その中で最も強い悪のオーラの強度。術者の属性で、最も強い悪のオーラの強度が“圧倒的”(下記参照)であり、そのオーラの源のヒット・ダイスレベルが術者のキャラクター・レベルの少なくとも2倍あった場合、術者は1ラウンドの間、朦朧状態となり、この呪文は終了する。

3ラウンドオーラの強度と位置。あるオーラが術者の視線内になければ、術者にはその方向は判るが、正確な位置は判らない。

オーラ強度:悪のオーラの強度は、術者が感知しようとしているクリーチャーや物体の種別、そのヒット・ダイス術者レベル、(クレリックの場合)クラス・レベルに依存する。以下の表を参照のこと。オーラの強度が複数の強度分類にまたがる場合、この呪文はそのうちの強い方を示す。

残留オーラ本来のオーラ源が(呪文の場合)消散したり、(クリーチャー魔法のアイテムの場合)破壊された後には、悪のオーラが残留する。ディテクト・イーヴルを発動し、悪のオーラが残留している場所に向けた場合、オーラの強度は“希薄”(“微弱”よりさらに弱い)であると認識される。オーラがどれだけ“希薄”レベルで残留するかは本来のオーラ源の強度による。

本来の強度

残留オーラの持続期間

微弱

1d6ラウンド

中程度

1d6分

1d6×10分

圧倒

1d6日

動物その他危険となり得るものはではなく、この呪文がそうしたものを感知することはない。活発に意志を持っているクリーチャーは、この呪文における悪属性クリーチャーに含める。

ラウンド、術者は向きを変えて、新たな範囲にある感知できる。この呪文は障貫通するが、厚さ1フィートの、厚さ1インチの一般的な金属、鉛の薄膜、厚さ3フィートのや土はこの呪文を遮る。

ディテクト・イーヴル/グッド/ケイオス/ロー Detect Chaos/Evil/Good/Law

クリーチャー/物体

オーラパワー

なし

微弱

中程度

圧倒

該当する属性クリーチャー1ヒット・ダイス

4以下

5~10

11~25

26~50

51以上

該当する属性アンデッドヒット・ダイス

2以下

3~8

9~20

21以上

該当する属性来訪者ヒット・ダイス

1以下

2~4

5~10

11以上

該当する属性神格クレリック2クラス・レベル

1

2~4

5~10

11以上

該当する属性魔法のアイテム呪文術者レベル

5以下

6~10

11~15

16~20

21以上

1

この表に独自の項があるアンデッド来訪者を除く。

2

クレリックでないキャラクターの中には、同等の強度のオーラを放っているものもいる。これが当てはまるかどうかは、クラス解説に記載がある。


全文検索 目的別索引