ホライズン・ウォーカー

ホライズン・ウォーカー Horizon Walker

をして回りたいという強い思いに駆り立てられてには安全な場所の境界まで探索してしまう人たちはホライズン・ウォーカー平線を歩むもの、の意)と呼ばれる。ホライズン・ウォーカー達人であり、荒れ果てた形を安全に過ごす方法を見つけようといつもを光らせている。彼らは他のものが静まり返った場所で囁き声だけで話すことが快適であると感じる。彼らは人類未踏の道を自ら切り開くこともできるし、危険な島のようなほとんど足が踏みいれられたことのないような場所を案内することもできる。

レンジャーホライズン・ウォーカーにとっては一般的な永遠にさまよう生活に最もよく適合するだろうが、バーバリアンファイターローグがこのクラスに興味を持つ場合もある。ホライズン・ウォーカー都市の端の領域では非常に一般的である。そのような場所では彼らはよく知られた定住者のいる国の退屈な通りから離れて簡単にを過ごすことができる。

役割:ホライズン・ウォーカーは前線での戦闘に合致する精密性と粘り強さを持つ。彼らはまた卓越した斥候としての技能や能力も持つ。その力により、彼らはしばしばグループの中で初めに危険な場所に侵入したり最後に脱出したりする役割を担う。もちろんホライズン・ウォーカーは自身の多くの“得意な地形”に適合する領域での冒険において光を浴びるが、特定の地域から引き出した広範囲にわたる状況に適合する多くの技によって、ホライズン・ウォーカーは単なる戦闘員よりもずっと機動性があり才覚に溢れている。

属性誰でも新しい展望と絶え間ないを切望することができるので、ホライズン・ウォーカーはどのような属性でもあり得る。

ヒット・ダイスd10。

必要条件

ホライズン・ウォーカーになるためには、キャラクターは以下の条件を全て満たさなければならない。

技能〈知識:地理〉 6ランク。

特技《持久力》

クラス技能

ホライズン・ウォーカークラス技能(と各技能の対応能力)は以下の通りである:〈隠密〉【敏】〈言語学〉【知力】〈交渉〉【魅】〈水泳〉【筋】〈生存〉【判】〈知覚〉【判】〈知識:次元界〉【知】〈知識:自然〉【知】〈知識:地理〉【知】〈登攀〉【筋】〈動物使い〉【魅】

レベルごとの技能ランク6+【知力】修正値。

表:ホライズン・ウォーカー

レベル

基本攻撃
ボーナス

頑健
セーヴ

反応
セーヴ

意志
セーヴ

特殊

1

+1

+1

+0

+0

得意な地形

2

+2

+1

+1

+1

得意な地形地形体得

3

+3

+2

+1

+1

地形支配

4

+4

+2

+1

+1

得意な地形地形体得

5

+5

+3

+2

+2

得意な地形

6

+6

+3

+2

+2

地形支配地形体得

7

+7

+4

+2

+2

得意な地形

8

+8

+4

+3

+3

得意な地形地形体得

9

+9

+5

+3

+3

地形支配

10

+10

+5

+3

+3

得意な地形あまねく地の踏破者

クラスの特徴

ホライズン・ウォーカー上級クラスクラス特徴を以下に示す。

武器と防具の習熟ホライズン・ウォーカーになったからといって、それで新たに武器防具習熟することはない。

得意な地形/Favored Terrain:1レベルにおいて、ホライズン・ウォーカーレンジャー得意な地形表(Pathfinder Core Rulebookの65ページの表を参照)から1つを選択し、得意な地形を得ることができる。これはレンジャーの“得意な地形”能力と同様に扱う。ホライズン・ウォーカーは2、4、5、7、8、10レベルにおいて、追加の“得意な地形”を得ることができる。またレンジャーの能力で説明されるように、既存の“得意な地形”のボーナスを上昇させることもできる。ホライズン・ウォーカーが他のクラスから、得意な地形でのみ働く能力(レンジャーの“カモフラージュ”や“影隠れ”の能力など)を得ているのならば、ホライズン・ウォーカーとして選択した得意な地形でもそれらの能力は働く。

地形体得/Terrain Mastery:2レベルにおいて、ホライズン・ウォーカー得意な地形から1つを選択し体得する。この形においてホライズン・ウォーカー移動アクションとして、彼の姿を見て声を聞くことのできる30フィート以内のすべての味方が行なう〈登攀〉〈隠密〉〈知覚〉〈生存〉判定に+2のボーナスを与えることができる。このボーナスホライズン・ウォーカー【判断力】修正値に等しいラウンド数(最低1)まで持続する。キャラクターは4、6、8レベルで1つの追加の地形体得を得る。

形の体得により、ホライズン・ウォーカーは後述する追加能力を与える。彼が関連した形の中にいるかどうかにかかわらず、これらの利益は常にホライズン・ウォーカーに提供される。

アストラル界ホライズン・ウォーカー飛行移動速度は無重力または主観的な重力の無い次元界上で+30フィート増加する。

エーテル界ホライズン・ウォーカーともやから受ける視認困難による失敗確率20%を無視し、これらの要因から視認困難ではなく完全視認困難を得る。

風の元素界ホライズン・ウォーカー〈飛行〉判定に+4の技量ボーナスと、飛行するクリーチャーに対する全ての攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。ホライズン・ウォーカー気中で呼吸する能力を得ていないのならば、その能力を得る。

寒冷地(氷原、氷河、雪原、ツンドラ):ホライズン・ウォーカーは“[冷気]に対する抵抗10”を得る。

砂漠(砂と荒野):ホライズン・ウォーカー過労状態への完全耐性を得る。過労状態にする効果は全て、ホライズン・ウォーカーを代わりに疲労状態にする。

山岳丘陵を含む):ホライズン・ウォーカー〈登攀〉判定に+4の技量ボーナスを得るとともに、登攀の最中にアーマー・クラスへの【敏捷力】修正値を失わない。

湿地ホライズン・ウォーカー〈知覚〉判定に+4の技量ボーナスを得る。

ジャングルホライズン・ウォーカー〈脱出術〉判定に+4の技量ボーナスを、組みつき戦技に対する戦技防御値に+4のボーナスを得る。

森林葉樹林と落葉樹林):ホライズン・ウォーカー〈隠密〉判定に+4の技量ボーナスを得る。

水界上と中):ホライズン・ウォーカー〈水泳〉判定に+4の技量ボーナスと、泳いでいるクリーチャーに対する、全ての攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。

属性的次元界ホライズン・ウォーカー属性特色に従い次元界を選ぶならば、割り込みアクションとして、その属性として(あらゆる形の魔術的な占術を騙し)検出されることを選択することができる。彼が解除する(フリー・アクション)までこの利益は持続する。

地下(洞窟とダンジョン):ホライズン・ウォーカーボーナス特技として《無視界戦闘》を得る。

地の元素界ホライズン・ウォーカーは“ダメージ減少1/アダマンティン”を得る。

都市建造物、路上、下水道):ホライズン・ウォーカー〈交渉〉判定に+4の技量ボーナスを得る。

火の元素界ホライズン・ウォーカーは“[]に対する抵抗10”を得る。

平地中装鎧または中荷重で移動する際でも、ホライズン・ウォーカー移動速度は減少しない。

水の元素界ホライズン・ウォーカー〈水泳〉判定に+4の技量ボーナスと、泳いでいるクリーチャーに対する全ての攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。ホライズン・ウォーカー中で呼吸する能力を得ていないなら、その能力を得る。

地形支配/Terrain Dominance:3レベルにおいて、ホライズン・ウォーカーは“地形体得”において選択した1つの形における完全な支配を学ぶ。ホライズン・ウォーカーはその形のための得意な地形ボーナスを、その形に原住するクリーチャーに対して(レンジャークラスの特徴としての)得意な敵ボーナスとして扱う。このボーナス得意な敵と戦うに得られるボーナスを上書きする(累積しない)。

各“地形支配”により、ホライズン・ウォーカーは後述する追加の能力を得る。ホライズン・ウォーカーが新しい“地形支配”を得る際、望むならば代わりに追加の“地形体得”を選択することができる。

アストラル界ホライズン・ウォーカー来訪者に対する攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。彼は1日に3+ 【判断力】修正値に等しい回数だけ、擬似呪文能力としてディメンジョン・ドアを発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。

エーテル界ホライズン・ウォーカーは、1日に1回イセリアル・ジョーント擬似呪文能力として発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。この能力を選択するには、ホライズン・ウォーカークラス・レベル7以上でなければならない。

風の元素界ホライズン・ウォーカーは1日に3+ 【判断力】修正値に等しい回数だけ、擬似呪文能力としてフライを発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。

寒冷地(氷原、氷河、雪原、ツンドラ):ホライズン・ウォーカーは“[冷気]に対する抵抗20”(これはキャラクターの、寒冷地への“地形体得”による“[冷気]に対する抵抗”を置き換える) と(冷気)の副種別を持つクリーチャーに対する、全ての攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。

砂漠(砂と荒野):ホライズン・ウォーカーは“[]に対する抵抗10”と疲労状態に対する完全耐性を得る。

山岳丘陵を含む):ホライズン・ウォーカーは“ダメージ減少2/アダマンティン”を得る。

湿地ホライズン・ウォーカーは“振動感知30フィート”を得る。この能力を選択するには、ホライズン・ウォーカークラス・レベル5以上でなければならない。

ジャングルホライズン・ウォーカーは1日に3+ 【判断力】修正値に等しい回数だけ、擬似呪文能力としてチャーム・モンスターを発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。この(魅惑)効果動物魔獣、主としてジャングルの中でのみ見られるものだけに機能する。

森林葉樹林と落葉樹林):ホライズン・ウォーカーは1日に3+ 【判断力】修正値に等しい回数だけ、擬似呪文能力としてハリューサナトリ・テレインを発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。ホライズン・ウォーカーは幻の森を作るためにのみこの能力を使うことができる。

属性的次元界ダメージ減少を考慮する際、ホライズン・ウォーカーによって作成された武器及び肉体武器は彼の“地形支配”によって選択された次元界の逆の属性として扱う。彼の選択した次元界が複数の属性種類を持っているならば、それらの種類の1つを選択してこの能力の効果を適用する必要がある。えば、彼が彼の“地形支配”能力のために「ヘル」(秩序にして悪次元界)を選ぶならば、彼は、「」または「秩序」(それは、彼の攻撃がそれぞれまたは混沌ダメージ減少を無視する事を意味する)を選ぶことができる。選択した次元界原住クリーチャーが特定の特別な素材(冷たい鉄または銀など)への脆弱性を持つならば、彼は代わりにダメージ減少を考慮する際に、彼の体及び使用している武器がその素材であるかのように扱うことを選択してもよい。“地形支配”能力によって何度もこの次元界を選んだ場合、その攻撃は(「と銀」または「混沌にして善」などの)追加の属性または特別な素材として扱われるようになる。

地下(洞窟とダンジョン):ホライズン・ウォーカーは“暗視60フィート”を得る。彼がすでに“暗視60フィート”を持っているならば、その有効距離は60フィート増加する。

地の元素界ホライズン・ウォーカーは“振動感知30フィート”を得る。この次元界を選択するには、ホライズン・ウォーカークラス・レベル5以上でなければならない。

火の元素界ホライズン・ウォーカーは“[]に対する抵抗20”(これはキャラクターの、火の元素界への“地形体得”による“[]に対する抵抗”と置き換える) と(火)の副種別を持つクリーチャーに対する、全ての攻撃ロールダメージ・ロールに+1の技量ボーナスを得る。

都市建造物、路上、下水道):ホライズン・ウォーカーは1日に3+ 【判断力】修正値回だけ、擬似呪文能力としてチャーム・パースンを発動することができる(術者レベルはキャラクター・レベルに等しい)。

平地ホライズン・ウォーカー基本移動速度は+10フィートされる。

水の元素界ホライズン・ウォーカーの動作と行動は面下においても妨げられない。これにより彼は(フリーダム・オヴ・ムーヴメントを使ったかのように)面下で話し、攻撃を行い、呪文を正常に発動することができるようになる。

水界上と中):ホライズン・ウォーカーは“移動速度20フィート”を得る。すでに生来の“移動速度”があるならば、“移動速度”は+20フィート増加する。

あまねく地の踏破者(超常)/Master of All Lands:10レベルホライズン・ウォーカーは選択可能な形に精通し、快適でいることができる。すべての得意な地形における彼の形によるボーナスは+2上昇し、彼は他のすべての形を、それらが得意な地形であるかのように扱う(+2ボーナス)。温度または天候等の自然に起こる状況が判定またはセーヴィング・スローを必要としている場合、彼は自動的に成功する。彼から60フィート以内のすべての味方はこれらの判定とセーヴに+2のボーナスを得る。ホライズン・ウォーカーが体得した形の中にいるならば、このボーナスは+4まで増大する。


全文検索 目的別索引