ヴィジランテ

ヴィジランテのアーキタイプ Vigilante‎ Archetypes

チュウ・イェの執行官アーキタイプChu Ye Enforcer

独裁国家チュウ・イェでは、無慈悲オニ人間の民衆を圧制している。一部の人間オニの血統を持つティーフリングは自らの野望のためにオニを使う。そして恐ろしいマスクを被ることで、このヴィジランテは模倣するの存在になるために自らの人間性を忘れてしまう。

妖怪の心(超常)/Yokai Heart:チュウ・イェの執行官は自分自身破壊的な精神へと変化させ、敵を恐怖に追いやる。彼の不羈の人格はであってはならない。不羈の人格である間、チュウ・イェの執行人は60フィート範囲暗視夜目を得、種別が関連する効果のために、自身のもとの種別と、来訪者原住オニ)のどちらかい方として扱う。

オニマス(変則)/Oni Mask:チュウ・イェの執行官は不羈の人格となるに着用しなければならないグロテスクなツノのあるマスクを得る。このマスクはヴィジランテレベル毎に10ポイントのヒット・ポイントをもち、5ポイントの硬度を持っている。マスクを着用しているチュウ・イェの執行官〈威圧〉判定自身レベルの1/2に等しいボーナスを得る(最小+1)。このマスクがないチュウ・イェの執行官は不羈の人格となることはできない。マスクを失ったチュウ・イェの執行官、8時間自身ヴィジランテレベル毎に200gpのコストを必要とする特別な儀式によって1日後に置き換えることができる。

これは二つの人格を変更する。

鋼の指示(変則)/Steel Dictate:チュウ・イェの執行官ボーナス特技として《素手打撃強化》を得、素手打撃で敵にヒットさせると、ダメージ・ロールにヴィジランテレベルの半分に等しいボーナスを得る(最小+1、最大+5)。

これは1レベル点で得られる社交の技と置き換える。

詐欺的な形態(擬呪)/Deceitful Form:4レベル点でチュウ・イェの執行官変身生物の副種別を得、1日に自身ヴィジランテレベルに等しい分だけオルター・セルフとして自身の計上を変更する能を得る。この数分は連続している必要はないが、1分毎に費やす必要がある。14レベルの点で、ジャイアント・フォームIとしてこの能を使用することができる。18レベルの点でジャイアント・フォームIIとしてこの能を使用することができる。

これは4、14、18レベルの点で得られる社交の技と置き換える。

危険(変則)/Deadly Horns:6レベル点で、不羈の人格の間、チュウ・イェの執行官突き刺し攻撃を得る。この攻撃は主要攻撃であり、1d6ポイントの刺突ダメージを与える。
これは6レベル点で得られる不羈の技と置き換える。

第三の眼(超常)/Third Eye:12レベルの点で、チュウ・イェの執行官マスクは第三の眼を発現する。即効アクションとして、1日にヴィジランテレベルに等しい回数だけ、距離180フィートの遠隔接触攻撃として眼からビームを発射することができる。ヒットした場合、ビームは4d6ポイントのダメージを与える。18レベルの点で、ビーム8d6ポイントのダメージを与える。

これは12レベルの点で得られる不羈の技と置き換える。

出典:Martial Arts Handbook pg. 18

全文検索 目的別索引