ホラーの語り方

ホラーの語り方 Horror Storytelling

出典 Horror Adventures 200ページ

ホラーのお約束は、ホラー映画や物語の最初の一瞥から明らかであることが多く、雰囲気の中で微妙に異常な選択が恐怖のムードを設定する。ホラーの冒険も同じように感じるはずである。他のPathfinder RPGの冒険よりも、これらはゲームを取り巻く雰囲気やムードの作成に依存する。雰囲気は通常のセッションと本当に恐ろしい体験の違いを意味する。この節では、よりむらっ気でより不穏な雰囲気を作り出すことを的としたゲームプレイのテクニックとストーリーテリングの特殊効果焦点を当てる。これらの提案はゲームのルールを超えたものであり、ここでのアドバイスはGMがキャラクターとプレイヤーの両方の期待を見事に裏切るのに役立つ。

ホラー冒険をデザインする上で役に立つ10の質問 Ten Questions to Help You Design a Horror Adventure

  1. 何を恐れているのか?

  2. 恐ろしい状況が発生したり急増した原因はなにか?

  3. 冒険の環境は、ホラーの恐ろしさや恐怖感をどのように補強するのか?

  4. ホラーを隠したり、緊張感を高めたりするものはなにか?

  5. PCが失うことを恐れているものはなにか?

  6. PCには恐怖を打ち消すためのリソースがあるか?

  7. PCに敵を倒す希望を与えるものはなにか?

  8. 安全なものがないことをPCに知らせる衝撃的な出来事とは?

  9. 緊張をほぐすためのシーンや設定はあるか?

  10. 意図せずに予測できたり、陳腐であったり、よく知られたホラーのストーリーに類似した要素はあるか?

英雄を怖がらせるには How to Scare Heroes

出典 Horror Adventures 201ページ

良いホラーのストーリーを語る方法は1つではないし、素晴らしいホラー冒険を遊ぶ方法も1つだけではない。GMはPCを不安にさせるための3つのアプローチを取ることができる。

恐怖を語る/Narrative Dread:緊張感を高めることで、何かを恐ろしくすることができる。GMはストーリーの中で危害や恐ろしいことが起こるのではないかという恐怖感を呼び起こすことを望んでいる。ストーリーはキャラクターが実際に何かを見る前に恐ろしいことを期待するように構築すべきである。状況は徐々に化していき、恐ろしいクリーチャー特徴素とする、または陰惨な運命の賞を提供するような遭遇によって中断されるべきである。しかし、キャラクターに全ての詳細を伝えないこと。物事が見たよりもさらにいと想してみよう。次に、状況が最も緊迫したときに、モンスターやストーリーの他の賞敵的な特徴が明らかになる。詳細ホラー冒険の作り方参照せよ。

ドラマティックな語り方/Dramatic Storytelling:GameMastery GuideのArt of GMingの節では、誰もが魅的なゲーム・マスターになるための多くのヒントを紹介している。GMとはプレイヤーホラーのストーリーを体験するための窓口である。GMは熟練した怪談家のテクニックを見習い、自分の声、テンポ、動き、そして何に焦点を当てるのかによって不吉な雰囲気を作るためにどのように動くかを検討できる。

不吉な設定/Ominous Setting:冒険の中で最も恐怖を感じる瞬間プレイヤーの想で展開されるが、現実世界で起こることは恐怖の進展を助ける。恐怖のためにゲーム・スペースを準備する方法については、雰囲気作り参照せよ。

プレイヤーを怖がらせるには How to Scare Players

出典 Horror Adventures 201ページ

GMがより良いホラーのストーリーを語るのに役立つガイド、ストーリー、映画は数多く存在する。ただし、GMがより良いホラー冒険を遊ぶのに役立つことを明示的に示しているものはほとんどない。素晴らしいストーリーを語ることはホラー冒険の一部に過ぎない。GMは依然としてPathfinderゲームを遊んでいるが、他のホラーのストーリーとは異なり、プレイヤーは聴衆だけでなくストーリーの主役でもあることを意味する。GMはキャラクターを怖がらせたいと同に、プレイヤーにも何かを恐れる機会を与えたいと思っている――恐怖感をキャラクターと共有する。ゲームの雰囲気はプレイヤー恐怖心を助長するが、GMはロールプレイングゲームの経験を微妙に変化させて疑心暗鬼にさせることもできる。以下のテクニックは基本的にGMの特殊効果であり、控えめに使うのが最適である。

秘密と疑い Secrets and Suspicion

出典 Horror Adventures 201ページ

プレイヤー々、異なる時間帯に物事を学んだり、GMと協して大規模なプロットを見つけたりする。1人のプレイヤーが秘密の情報を持っていることを隠そうとするのではなく、周知させることを考えよう。プレイヤーが自分が対等な立場ではないことを知るとすぐに、信頼と疑惑の問題は必然的な結論ではなく選択の問題となる。プレイヤー間に抱かせるためには、以下のテクニックを検討せよ。

秘密/The Secret:GMはプレイヤー一人が一緒に部屋の外に出てもらうか、他のプレイヤーの声が届かないようにする。その後、プレイ中に知った秘密の情報や、そのプレイヤーだけが気がついたことを提供する。おそらく簡単な応答を得て、できるだけ迅速にゲームのテーブルに戻る。その情報を他のプレイヤーとどのように共有するかはプレイヤー次第であるが、今は誰もがそのぷれいやーになにか特別なことが起こったことを知っている。

ブラフ/The Bluff:GMはプレイヤーをテーブルから引き離し、ゲームの進行状況や今日の状況を尋ねたり、特別なことはなにもないと伝える。その後彼はゲームに戻る。これで他のプレイヤー全員はそのプレイヤーが秘密を持っていると思うようになる。プレイヤーが真実を話し、理由もなく引き離されたと説明したとしても、パーティの誰がそのことを信じるのだろうか?

観察/The Observation:GMはプレイヤーを引き離し、取るに足らないことを伝える――もしかしたら、キャラクターはラットに見られているように感じたり、バードの髪にブロンドのヒントがある事に気が付かなかったり、枯れ葉が全て西の方を指しているように見えるのかもしれない。これでプレイヤーはこれが意味のある秘密なのか、ただの偶然なのかを疑問に思うだろう。おそらくこれに執着しはじめる――特にGMがそうするように促した場合は。おそらく彼は他のプレイヤーにそのことを伝え、その点でGMはその観察したことを確認して他のキャラクターにも気が付かせるか、否定して他のキャラクターに観察者に対する不信感を抱かせ、観察者に不信感を抱かせるかを決定することができる。これは、キャラクター1人が少し動揺している場合は、キャラクター1人が他のキャラクターよりも知覚が高い場合に特に効果的である。

ごまかしの方法/The Shell Game:上記のテクニックを組み合わせて、GMはテーブルから引き離すように各プレイヤーを一人ずつ呼ぶ。1人のキャラクターに関連性があることを伝えるが、他のキャラクターには何もないか無意味な観察内容を与える。何も得られなかったプレイヤーや自分だけだったのかと疑問に思い、秘密を得たプレイヤーは他のプレイヤーが何をもらったのかと疑問に思うだろう。これは1人のプレイヤーがGMの共謀者となった状況で上機能する――おそらくプレイヤーのキャラクターに心術効果を与えたり、PCモンスターが入れ替わったりしているのだろう。

ダイスと他のペテン Dice and Other Deceits

出典 Horror Adventures 202ページ

Pathfinderゲームの構造の多くは、当然の結果のように思えるかもしれない。しかしホラー・ゲームでは何も神聖なものである必要はない。プレイヤー断させないために、ゲームの基本的な活動を操作することを検討せよ。

謎のダイスロール/The Mystery Roll:GMはプレイヤーにd20をロールするように要求し、その結果に注意するように見せかける。プレイヤーがそのロールは何のために行ったのかを尋ねると、GMは気にしないようにと伝える。GMはこのロールが何事もこのロールを必要としていないかもしれないが、プレイヤーはそれを知らない。これは注意散漫プレイヤーの注意を再び戻すのに特に有効的である。

判定を奪う/The Stolen Check:GMはd20をロールし、プレイヤー〈知覚〉の修正値がいくつであるかを尋ねる。結果をメモする。これをグループ全体に繰り返す――またはしない。これはプレイヤーが何かを見逃したのではないかと疑わせるテクニックかもしれないし、戦闘な隠れ蓑判定かもしれない(一般的にはGMがロールすることを指示する種類のロールもある)。このトリックは、ゲーム全体で両方の方法で使用すると最も効果的であり、プレイヤーは奪われた判定を不思議に思う。他の方法として、GMはセッションの開始プレイヤーに10個の〈知覚〉判定をさせ、その結果を元においておく方法もある。冒険の間はプレイヤー〈知覚〉判定をロールするようにせず、既存の元の値を参照して結果を確認するようにする。そうすれば、プレイヤーは上くロールしてすべてのものに気がついたのは、それとも再度創作する必要があるほど十分ではなかったのかがわからなくなる。

ゲームの補佐の再考/Reconsider Game Aides:多くのPathfinderの冒険は、略と精密なゲームを促進するさまざまなツールを備えている。GMは精密さを窓から放り出すことができる。漠然とした恐怖がコマやマスに縮小されると未知の世界への恐怖が薄れてしまう。代わりにGMはゲームの計測値をより早く、よりゆるく行い、プレイヤーのは位置をホワイトボードや想だけで漠然と追跡させ、可能ならば、PCに有利になるように範囲や動きを構成することもできるだろう。これには多少の実験が必要であるが、ゲーム・テーブル上のミニチュアよりも頭の中のキャラクターの方がプレイヤー親密な関係があることに気がつく場合がある。

ストレスと不確実性 Stress and Uncertainty

出典 Horror Adventures 202ページ

ホラー・ゲームでは、PCは自分が完全に制御されていると感じてはいけない。キャラクターが何が起こるのかわからないと感じるようにプレイヤーも自分自身の不確実性を体験しなければならない。GMのストーリーテリングでも、遭遇の運用方法でも、以下のテクニックはゲームに緊張感を与えるのに役立つ。

自然さを強調する/Accentuate the Unnatural:GMはゲームのナレーターである。だからといって、GMが公平で信頼できるナレーターでなければならないという意味ではない。世界が本来あるべきではない方法で機能しているように見えることを考える――またはあからさまに超常的な現象が起こっていると。プレイヤーの名前のようなきしみ音が聞こえたり、PC部屋に入った途端窓からのがやんだり、ラットがホールの真ん中で立ち止まり後ろ足で立ちながらキャラクターのを見て「気をつけて」とささやくかもしれない。これらの要素は危険戦闘するものではないのでルールは必要ない。世界を垣間見ることができるものである――なにか不安になるようなことが起こる世界を。

緊迫感のある行動/Acting with Urgency:GMは戦闘を好きなだけ慌ただしいと行玄することができるが、戦闘中にPC略的な会話を長くしてしまうと、戦闘の緊迫感が薄れてしまう。GMはPC迅速に行動するように要求することで、状況の緊迫感を現実のものにすることが出いる。早口で話し、自分のターンがきたらすぐにPCが何をするのかを要求する。躊躇したり、本にを伸ばしたりしたら、GMはターンを遅らせるか6秒以内に決断するように要求し、そうしないと行動を失う――カウントダウンを開始する。ここでの的はプレイヤーを騙してターンを奪うことではないが、行動範囲が制限されていることで、プレイヤーは自分のキャラクターと同じ緊迫感を共通できる。特にゲームに慣れていないプレイヤーはカウントダウンについてあまり気にしないようにしよう。

恐怖へのカウントダウン/Countdown to Terror:ストレスの多い状況では、GMは経過したラウンドの集計を開始するか、タイマーやカウントダウンを設定するか、時間の計算を示す――「これは3ラウンドだよね?」理想的には、このカウントダウンは特定のラウンドでのイベントの発生につながるが、必ずしもそうである必要はない。PCに何かがやってくるのではないかと心配させるのは単なるトリックかもしれない。あるいはGMは謎を取り除き、プレイヤーにキャラクターが知り得なかったことを知らせることもできる:カウントダウンが終了すると、恐ろしいことが起こるということである。それはなんだろう? そう、GM次第である。しかし、PCモンスターを倒すか装置を起動するか、逃げるかしない限り、事態は化していく。

意図的な誤解/Purposeful Misperceptions:GMはPCに「何か聞こえた気がする」と伝える。何を聞いても「わからない」と伝えられ、さらに調査をするかを決めることができる。もしかしたらGMは「なんでもないと思う」と伝えるかもしれない――しかし確信できるのだろうか?キャラクターが聞いた何か、動きを見たと思っている、単にに思い浮かんだ記憶かもしれない。いずれにせよ。PCに不確かなまたは意味不明な情報を少し与えることで、何が重要で何が重要でないのか、何が現実で何がキャラクターの頭の中にあるのかを疑問に思い始める。

休息を取らせない/Refuse Rest:PC休息をとると、ヒット・ポイント呪文など冒険で消耗した能や要素が回復する。しかしPC休息できなくなると、状況はさらに悲惨なものとなる。術者は最後の呪文を切望し、ヒーラーは最後のポーションを配るのをためらい、戦闘要員はより略的に考えヒット・ポイントが少なくなると簡単に退却する。GMがパーティの休息を取らせない方法は、限られた時間内に発生する必要のある冒険や、単に便利で安全な場所がなかったりすることが関係しているかもしれない。別の方法として、状況によって休息PCリソース回復できない場合もある(えば、ナイトメア呪文によって秘術の術者が呪文の準備を妨げられている)。この法は減少するリソースを描写し、勢いと緊張感を維持するために重要であるが、注意して使用する。制限がストーリーと結びついているのではなく人為的なものに見えてしまうと、プレイヤーはすぐに苛立ちを覚える。

パーティを分断させる/Splitting the Party:ホラーのストーリーで主人公たちが分断するのは比較的よくあることである。ゲームでこれが起こった場合、GMはグループを分断し、今現在プレイしていない人を部屋の外へ出す――彼らに味方の運命を知らせたり、今現在を浴びているプレイヤーの気を散らせたくはない。グループが再開するまでの間、約10~15分でグループを入れ替え、小さいクリフハンガーや話し合うなにかがあるに(テーブルから離れた場所でも可)、グループで各シーンを終了しようとする。パーティは可能な限り短い時間だけ分断させる。分断されたグループの戦闘が弱くなるだけでなく、プレイヤーはゲームのテーブルから離れてゲームに置いてけぼりになることを余儀なくされたに没入感を失う。

死と取引 Death and Bargaining

出典 Horror Adventures 203ページ

キャラクターがぬこともある。だがそれは誰にとっても面いことではない――特にGMが今では形にもなっていない可能性のあるストーリーにかなりの時間を費やしている場合。プレイヤーは次のコーナーで破滅が迫っている用に感じるべきであるが、の脅威と敗北のアイデアは実際にグループ全体を殺すよりも遥かに有用である。いロールの結果でプレイヤーに不利な状況となってしまった場合に、ダイス・ロールをごまかしたり、敵を突然なせたり、役を捕虜にしてしまうGMはほとんどいない。パーティ全員を殺すのは、本当に恐ろしい敵のに掛かったときのように、最高の物語を作るときのために留保しておくべきである。

それでもにはキャラクターがんでしまうこともあるし、冒険を中止して回復できるクレリックを見つけるのは必ずしも便利ではないし、もっともらしくない。そのような場合、GMは自分でプレイヤーと取引をし、決定した価値で奇跡的な回復(ひいてはゲーム内での継続的な役割)を取引するかもしれない。このような取引は一定期間続くだろう。セッションが終了するまで、新しいキャラクターを作るのに都合がつくまで、パーティがより良い解決策を思いつくまで、または――最も恐ろしいものであるが――GMが単にそう言うまで。取引条件は他のプレイヤーの声が届かないところで設定するべきであり、PCは拒否する権利を持つ。具体的な内容に関係なく、PCが受け入れた場合、彼は今GMのために働くこととなり、いくつかの種類ホラー・ゲームに新しい脅威を与える可能性がある要因となる。GMはPC裏切りの責任を負うべきである。プレイヤー間で傷つくような感情を引き起こしたくないからである。

ドッペルゲンガー/The Doppelganger:辛うじて生き残ったことをPCに伝える――しかし、彼は過去のある点で変身生物クリーチャートイレ変わっていたからだ。現在自分のキャラクターと全く同じデータでモンスターをプレイしている。タイミングを見計らって、パーティを攻撃するか、役へとパーティを裏切るべきである。プレイヤーの怪物性が明らかになると、本当のキャラクターに何が起こったのかと言う疑問を提起する――どこかで捕虜になっていて、助けられるのを待っているかもしれない。

/The Evil Spirit:PCに、彼はんだが、体はとなって自律行動していたと伝える。通常通りプレイを続けることができるが、ストーリーで特別なことが起こった(あるいは単にGMが「今だ」と言った)、他のパーティのメンバーに興奮するか、その他の所定のアクションを行うべきである――パラディン攻撃するような。GMはキャラクターに適切な特殊能力や他の大きなを与えるかもしれない。

デヴィル/The Devil:PCに、自分がんで今はデヴィルグリム・リーパー、あるいはもっとい者がの前に立っていることを伝える。この神のような存在はPCがを生き返らせることを提案するが、後で連絡をしサービスを要求するようになる。このサービスが何であれPCは従うことを強制され、取引の条件を秘密にしておくことを強制される。おそらくGMは取引開始に実態が何を望んでいるかを知っているが、そうでなくてもこの主の緩いつながりは将来の用に最適なものである。

ホラー・ロールプレイングの奨励 Encouraging Horror Roleplaying

出典 Horror Adventures 203ページ

Pathfinderは誰かが勝つゲームではないが、外的な方法でまたは最小限のリソースの消費で挑戦を克服したいと考えるプレイヤーも少なくはない。つまり恐怖へのリアクションや非英雄的なロールプレイに費やす時間時間の無駄と考えるプレイヤーもいるということである――特に戦闘中にこのようなロールプレイが発生した場合には。GMがプレイヤーにロールプレイングだけでなくホラーへの反応も関心を持ってもらいたいを思っているのであれば、それを推奨するのはGM次第である――あるいは少なくともペナルティを与えないようにはする。恐ろしい反応を見せるように促すために、ホラー・ヒーローをプレイするの議論へ誘導し、次のテクニックを採用することを検討する。

恐怖時間/Time for Terror:脅威に対する多くのプレイヤーの最初の反応は、どんなに圧倒的であってもうことである。特に恐ろしいシーンのイニシアチブをする前に、GMはプレイヤー戦闘前の瞬間恐怖反応に使うかを訪ねることができる。これは不意討ちラウンドその他のゲーム内の時間単位ではなく、警告を叫んだり、者を落としたり、後ろ向きに倒れたり、叫び声をあげたりするフリー・アクションでそのシーンに対する反応を表現したいキャラクターの特別なである。このようにして、GMは戦闘ラウンドを引き延ばすのではなく、ショックを表現したいプレイヤー報酬を与え、グループの反応を一気に得ることができる。

恐怖への報酬/Reward Terror:プレイヤーがゲームのストーリーを改したり、セッションの雰囲気を高めたり、単にかっこいいと思われるような行動をした場合、GMはその場限りの経験点報酬をパーティに与えたりすることができる。ゲームに利益をもたらす行動を促す強な方法は、すぐに前向きに強化する方法よりも少なく、GMは提供する経験点無限にある。これは多くすべきではなく、低レベルでは50XP程度、高レベルで最大200XPまで増やす――ゲームを変えるように感じはしないだろう。それでも、少量の報酬はロールプレイングやストーリーへの投資を促す強なインセンティブとして機能する。何よりも、GMが報酬を与える行動を優先することは、プレイヤー1人だけでなくグループ全体に推奨される。

度を過ぎたもの Going Too Far

出典 Horror Adventures 204ページ

GMの中には、お化け屋敷やキャンプファイヤーの物語に恐ろしいギミックが機能する場合、ホラー冒険に役立つと勘違いしている人がいる。そのようなことはめったにない。良くても、人工的で中途半端に不気味なトリックをやりすぎると、雰囲気を壊したり、ゲームへの気が散ることがある。最の場合、ジョークになったり、プレイヤーを怒らせたりする。原則としてGMはゲームのテーブルにホラー・ゲームを置いておくべきである。ここでは絶対に避けるべきギミックを紹介する。

緊急事態を捏造しない/Don't Fake Emergencies:を絞めるふりをしたり、スラッシャー攻撃が現実のものであるふりをすることは、プレイヤー信頼に反する方法で正統的に怖がらせることができる。ゲームはゲームのままである必要があり、第4のを破って現実に入った途端に、物事はレールから外れてしまう可能性がある。誰かが怪我をしたり、当局を巻き込んだりする危険は絶対に避ける。

ゲーム外の人を巻き込まない/Don't Involve People Outside the Game:ゲームに参加していない人は、大音量の音楽、キャラクターの叫び声、その他破壊的な音などゲームに不気味な要素を体験させる必要はない。さらに外部の協者に、プレイヤーに知られずにこっそりゲームに参加するように頼んではいけない。

プレイヤー接触しない/Don't Touch the Players:キャラクターになりきって、プレイヤーの肩に冷たいをかけたり、天上からプラスチック製の蜘蛛を物理的に落としたりすることを意味するかどうかにかかわらっず、プレイヤーパーソナルペース侵入したり、面倒になるようなトリックを設定して物理的な危害を及ぼすことはしないようにすること。

コスチュームやメイクを使わない/Don't Use Costumes or Makeup:コスチュームや血糊は気をそらせるものだ。GMが自分が不気味に見えるようにすると、1分間くらいは硬貨があるかもしれないが、ほとんどのゲームはそれ以上時間がかかる。しばらくすると、小道具や特殊効果が当たり前になり、さらにくなったり、ただの鹿げたものになったりする。

全文検索 目的別索引