ホラーのサブジャンル

ホラーのサブジャンル Horror Subgenres

出典 Horror Adventures 191ページ

ホラーのストーリーは全て同じではなく、全てがホラーの冒険ではない。フィクションや映画では、ホラーは多くのサブジャンルに分類されている。この節では、GMが伝えたいホラーのストーリーの種類を選択肢、それに合致する冒険を作成するのに役立つサブジャンルを紹介する。完全なリストとは程遠いものの、以下のホラーのサブジャンルPathfinder RPGの冒険へと簡単に修正できるか、特に修正するのが難しく上く行かせるために通常より多くのアドバイスを必要とすることが多いため、選択される。

以下の各サブジャンルは同一のフォーマットに従っている。一般的な説明の後に4つの項がある。

ストーリーテリング/Storytelling:この項は、このサブジャンルのストーリーに共通のテーマに関するメモとサブジャンルに基づくPathfinderの冒険に含めることに検討する要素について説明している。

モンスターと脅威/Monsters and Threats:この項には、このサブジャンルで適切な脅威を与えるクリーチャーとルールのコンテツの選択が含まれている。Pathfinder RPG Bestiary以外の製品のモンスターは上付き文字での参照が記載されている。

基本的なプロット/Basic Plots:この項はには、サブジャンルの要素を中心とした素晴らしい1回限りの冒険をするプロットのが含まれている。GMはこのアイディアを具体化したいr、自分の冒険を作るための出発点として利用したりすることができる。

発展的なプロット/Advanced Plots:発展的なプロットはより複雑で、キャンペーン全体の基礎として機能する。繰り返しになるが、ユニークな冒険を刺激的なものにするために使用できる。

ボディ・ホラー Body Horror

出典 Horror Adventures 192ページ

体は弱く、ほとんど理解されていないものであり、いつでも宿主の意識を裏切るかもしれない。この身体の本能的なサブジャンルは、病気体の腐敗変容など体の有機的な恐怖に関係している。基本的なレベルでは、ボディ・ホラーとは折の音を聞いたり、関節が誤った方向へ曲がったりするのを見たに感じる嫌悪感である。詳述すると、体が怪物となることへの恐怖と内面に潜む恐ろしさである。

ストーリーテリング:ボディ・ホラーのプロットは多くの場合変容に関係している。これはありふれた形でのことかもしれない。えばキャラクターが消耗症の治療法を見つけるために競争をしたり、足を折して敵の領土から脱出しようとしたり、寄生虫が自分の体を食い尽くしていることを知ったりする。現実から解き放たれた身体の恐怖には、制御できない変化、知覚能を獲得した病気や血を喰らうモンスターが含まれるだろう。ボディ・ホラーのプロットには、タイムラインやカウントダウンがある場合があり、その経過をたどる疾患や未治療の創傷が壊疽になるかもしれない。解き放たれた体への恐怖拡散を止める唯一の方法は、遅れになる前に医学的に治癒するか、呪文切除することである。しかしそうすることは、しばしばボディ・ホラーの最大の脅威を伴う:感染である。キャラクターは呪いにかかったり、恐ろしい病気に罹ったり、恐怖腐敗を受けたり、貪り喰らう寄生虫の宿主になったりする可能性がある。ストーリーのニーズに合わせて、四肢の喪失、ヒット・ポイントへのダメージ能力値吸収自然治癒の不可能などゲームに響を与える効果吐き気を催すような描写を組み合わせて、ボディ・ホラー効果をカスタマイズする。

ボディ・ホラーの冒険を遊んでいるGMは、多くのプレイヤーが血なまぐさい描写や病気の症状の説明に対して強烈反応していることに気がつくだろう。GMはこのようなシーンをプレイヤーに適した方法で描写するべきだが、無意味な描写はインパクトを失うことを心がけよう。不確かさと時間もまた、ボディ・ホラーでは強な要素であり、PCは自分やする人が感染から完全であるかどうかわからないことが多い――今日もその兆候がないとしても、明日はどうだろうか?

ボディ・ホラーのゲームの敵もまた不明確な場合がある。疫病を広めるのは個人かもしれないし、知覚のある寄生虫の種族かもしれないし、マッド・サイエンティストが被害者を変容させているのかもしれないし、単に病気そのものかもしれない。前者のでは一般的なPathfinderのプロットに適している。後者は治療法を作り上げることに貢献するゴミ拾い競争や一連の挑戦として展開されるかもしれない。このような場合、最終的な挑戦は最も悲惨で、感染症に曝される最大のリスクが伴いものであるべきである。このように、に見えない脅威の敗北はクライマックスを迎えるが、それはまた感染症の発生という個人的な脅威も伴う。

モンスターと脅威:寄生虫や病気ボディ・ホラーのストーリーでよく登場するので、腐り蛆巨大なものやより一般的な災害)、 穿耳蟲インテレクト・ディヴァウラー、内臓を侵す疫病(Pathfinder Unchainged の病気ルールの使用を考慮しよう)、またはこの書籍の病気の説にあるものを検討する。卵を産んだり、他のクリーチャーから生まれたりするクリーチャーにはルナルマヴェジピグミージルなどがおり、宿主の身体にしがみついたり、乗っ取るするクリーチャーにはインカティリスウィザーズ・シャックルなどがいる。カーニヴァラス・ブラブのようなフレッシュウォープ粘体は忌わしい変身恐怖を体現し、ビヘッディドクロウリング・ハンドが拘束されていない体の一部であり、ドラウキュトン芸術やタブーな実験の媒体としてを使う。腐敗の多くとフレッシュウォープのルールはPC変身恐怖を直接体験できるようになっている。

基本的なプロット:隔離所に閉じ込められたPCたちは腺ペストに苦しんでいる。粘体共同体の下水道侵入し、触れるものを融解したゾンビに変えてしまう。ゴラザグは迷宮のようなかさぶたの集合体にPCたちを捕える。

発展的なプロット:相姦の王朝の秘密は、首都地下に潜む虚栄心の強い近交系のマングラルマン地下都市を明らかにした。心を変える病気が知覚を帯び(エルフが不思議な完全耐性を持つ)、何百もの人の心に感染し、感染していない者たちに暴動を起こす。ある国に蔓延するのような群れの動物が飢饉を食い止めるが、その動物が半ば知性のあるドラカイニアの産卵であることが判明し国はPCたちを敵に回す。

コズミック・ホラー Cosmic Horror

出典 Horror Adventures 192ページ

コズミシズムやラヴクラフティアン・ホラーと呼ばれることも多いこのサブジャンルのストーリーは、宇宙の大きな動きの中では人類度その全ての闘争はとるに足らないものであると言う認識を含んでいる。このようなプロットは、典型的には、社会が現実よ読んでいる限定された共有しているを匿っている真実の啓示を伴う。このベールの向こう側にあるは、本的に理解不可能で、無関心で、危険なものである。このとの接触は、通常キャラクターを傷つけ、狂気社会から追放される理解をもたらす。鞭と故意の妄想徳となり、高台で無関心な宇宙の真実から脆弱な物語を守るとなる。

ストーリーテリング:コズミック・ホラーのストーリーは触手ではない――人間が知らないほうが良い真実についてである。おそらく、この啓示は宇宙の支配者の秘密であるか、理解の飛躍である――現実は社会が知っていると考えているものとは本的に異なっている。さらなる知識の追求は崇高な探求から始まり、キャラクタが響を与えるには大きすぎる真実を広めている有機的な陰謀が徐々に明らかになっていく。GMはこの知識につながるパンくずを提供するかもしれないが、PCの限られた視点は恐ろしい全体が垣間見えるだけである。奇妙なカルトや不安定なアーティファクト発見は、世界を理解するための原住ではない装置やクリーチャーを明らかにするためにキャラクターを一押するかもしれない。この要素はミステリーのストーリーの証拠のように、ゆっくりと明らかにされていくのがベストであり、さらに大きな脅威を示唆するためにこれらの要素をお互い積み重ねていくべきである。結局の所、脅威は存在の枠を超えた実態であるか、自体の配列のようなものである可能性さえある――呪文では倒せない敵である。PCがそのような勢力との小競り合いに勝ち、今日の黙示録を防ぐ事はできるかもしれないが、彼らの世界の日々は数えるほどしかない。PCたちがどれだけ学んだかによっては、社会で必要とされるような現実の世界観を二度と共有することができなくなるかもしれない。それほど恐ろしくないとしても、ベールの向こうにある真実を垣間見たとき、正気を失うようなが振り返ってくるだろう。

モンスターと脅威:コズミック・ホラーのゲームにはエイリアンが登場することが多い――他の世界、次元界代からの侵略者が。これらは通常エンジェルデーモンのようなスピリチュアルな存在ではないが、現実の法則を証明している隣人は、正確には公平ではない。H.P.ラヴクラフトやこのサブジャンルの他の作家の作品から多くのクリーチャーPathfinder RPGには存在し、 を上げれば、ディープ・ワンデナズン・オヴ・レンエルダー・シンググレート・オールド・ワンミ=ゴショゴスイシアンなどのコズミック・ホラーの冒険に自然適合する。しかしラヴクラフティアン・クリーチャーがこのサブジャンルを独占しているわけではない。適切な背景設定があれば、アボレスチョーカークローカーコントンヒャクメイモータル・イコルアティアグなど、異形の形態精神を持つクリーチャーコズミック・ホラーに有用な敵となる。異形、特定の人型怪物フェイなど、種族全体やクリーチャー種別全体を異世界のマニピュレーターや謎めいた意図を持つ存在としてキャスティングすることも検討せよ。

奇妙な怪物を超えて、他の世界の道具やアーティファクトも同様に危険であることが証明されるかもしれない。身近なアイテムをに取り、別世界のように説明することを検討せよ――クロスボウは発射されるたびに音がなるなど全く異なる側面をとる。魔法も、他の世界の源から学んだ場合、危険な発動を得る場合があり、おそらく術者にダメージを与えたりキャラクターの能を侵食する。衝撃的な発見は、正気度の効果という形で危険をもたらすこともある。現実の景が揺れ動き、正気度の柱が倒れた、キャラクターが経験する可能性のある反応については狂気参照せよ。

基本的なプロット:遠くのを覆う神大海のしもべが追う秘密や遺物を命を恐れた味方がPCに提供する。古代の宝物庫を開くと、時間を超越した種族が開放された。ある町では、季節ごとに現れる彗共同体の外にある車の上に降ってきたことをきっかけに宗教を捨てることとなった。

発展的なプロット:奇妙な悪夢、急成長する植物、広がる傷は、他のが支配する未来との通信段を持っている。惑の配列に続いて種族全体が惑から逃げ始める。ミュージシャンは現実を再構成することができる音色を発見し、別世界のの叫びの注を集める。

ダーク・ファンタジー Dark Fantasy

出典 Horror Adventures 194ページ

その名の通り、ダーク・ファンタジーホラーのサブジャンルではなく、ホラーをテーマにしたファンタジーのサブジャンルである。ダークファンタジーは、一般的にファンタジーの物語と同じ主題を含んでいるが――魔法、英雄譚――暗いレンズを通して見ている。絶望、不気味さは、個々では一般的なものであり、理解や克服するを超えた罪のない者を脅かす要素となっている。

ストーリーテリング:この物語は、魔法と超自然が暗く危険な演者を引き受ける。魔法をかけられた土貪欲な捕食者と危険追放者で満たされた呪われた場所となる。魔法は、神秘学の反発中毒の脅威に曝されるかもしれない。怪物とはかつての隣人の体から生まれたものであれ、誘惑のデーモンの化身であれ、城壁が怪しげに抑えつけてある恐怖の獣であれ、恐ろしいものである。多くの脅威があり、が起こりそうな悲観的なファンタジーの一であるが、この物語の英雄は暖かさとの稀有な場所を守る機会がある。他のファンタジーの英雄とは異なり、彼らは無な者たちの士での敵となる。ただし、ここでは勝算は遥かに重く積み重なっている。

モンスターと脅威:ダーク・ファンタジーの冒険は異形人造来訪者アンデッドなどが一般的であり、魔獣その他古典的なファンタージのクリーチャー再構築するのも同様である。呪文、呪われた魔法のアイテム魔法環境の災厄も典型的なものである。適切に気味のいひねりを加えれば、ほとんどのファンタジー要素がダーク・ファンタジーの冒険の中で居場所を見つけることができる。

基本的なプロット:死霊術士疫病の村の体を使ってガシャドクロを作り上げる。ガーゴイルのトロフィー・ハンターは一連の不可解な殺人事件の原因である。トロールは下水道を利用して王室文書館の地下室に潜り込み、暗くなってから長居している学者を捕食する。

発展的なプロット:天才的なアーケイニストリッチへの自身の道をたどり、堕落したアンデッド暴君の帝国を再現しようとしていた。現実の間の裂け目アビス大群が世界に侵入してくることを可能にする。んだ人の体が1日以内にグールとして戻ってくるため、PCはなぜ魂が後の世界に渡らないのかを調査することを余儀なくされる。

怪談 Ghost Story

出典 Horror Adventures 194ページ

このストーリーにはゴーストが登場する――実際のであるかキャラクターであるかに関わらず、そのを単に信じている。通常比較的短い物語であるこのサブジャンルのストーリーは強情な魂と彼らが伝わらないようにする悲劇的な出来事に焦点を当てている。通常霊障のある場所――典型的な霊障のある家など――を特徴とするが、これはの不幸な過去と何らかの形で結びついている場所物体その他の要素であるかもしれない。怪談の主人公は、悲劇に遅れを取る傾向がある。的な落下へのゾーンに入ることで、残留する傷跡を残すために自分を巻き込むか、次の犠牲者となる前に逃げ出そうとする。

ストーリーテリング:怪談は雰囲気のあるストーリーと特定の場所を結びつけるのが一般的であるため、素晴らしい単一の冒険のプロットとなる。とその霊障場所の結びつきは、PCの話を楽しむことができることを意味し、必ずしも広いキャンペーンに鑑賞することはない。

ゴーストには膨大な種類があるが、ホラーの冒険では「何かを欲しがるゴースト」と「暴的なゴースト」の2つが重宝される。前者は開放されることを期待してPCをエージェントにする哀れな存在かもしれない。後者は質なものであり、狂気と暴の化身で、霊障侵入したものに怒りをぶつけてくる。どちらの場合でも、ゴースト共感するキャラクターである必要な無いが、どちらの場合でも、の起源はその外見、能、行動に響を与える。霊障の背後にある伝承を明らかにすることは十分な物語であるかもしれないが、典型的なPathfinderゴースト物語では、の背景設定を学び、ゴースト休息させることがプロットの中心となる。

モンスターと脅威:明らかにこの物語ゴースト焦点を当てているが、Pathfinder RPGでは「ゴースト」は同じ名前のモンスターでけれはなく、さまざまなことを意味する場合がある。ただし、ゴーストには黄泉がえりの能があるため、モンスターとして優れた選択肢である。つまりPCが正しい段を見つけた場合にのみを倒すことができる。この能により、PCは自分たちを怪談に巻き込んでいき、敵を倒す。GMは任意の数のゴーストを使用して特定の種類怪談作成することができる――えば、バンシーは不毛の荒野を恐怖に陥れ、ポルターガイストは平和な家を邪魔し、ユキオンナは雪に覆われた景色に出没する。Pathfinder RPG Bestiary付録8にある副種別がincorporealのクリーチャーを捜すと、強怪談の後をが見つかるだろう。ゴースト非実体である必要はない。たとえば、ファントム・アーマーリヴェナントスケルタル・チャンピオンズヴェンビなどは全て実体のある脅威を生み出す。来訪者の境界線がしばしばぼやけるので、「ゴースト」がアンデッドである必要もない。さまざまなフィーンド――オゥブヴァルヌダイモンなど――を怪談に出没させることを検討せよ。ストーリーの的のために、GMはゴーストでないクリーチャー黄泉がえりの能を与えることを躊躇うべきではないが、脅威が1つのプロットが多い場所にとどまっている場合のみである。他のサブジャンルよりも、霊障は明らかな選択をする。さまざまな表現豊かな霊障チームを組んだ体の存在(ガイストなど)が協して、幅広く満足の行く霊障作成できる。

基本的なプロット:地域精神病棟の破壊は、アリップまたはコーラー・イン・ダークネスとして何年もの精神的トラウマを解放し、その支配的な時間はもう一度海を訪れることだけを望んでいる。ゴーレムの作成者のゴーストは、若い侵入者を脅かし、実験室を再起動させて、住むために魂を束縛させる身体を作るように仕向けた。遥か彼方の国の絵画が母国語しか話せない高貴だが欲求不満な外国の士の症状がの被写体の幽を引きずっている。

発展的なプロット:ゴーストPCのパトロンとなり、やり残したことをやり遂げると、宝(または家)を提供してくれる。PCたちが祓ったと思っていた暴的で無言のゴーストが再び現れる――正体を間違えていたのだろうか?敗北した役や倒れた味方のゴーストPC装備とつながっており、そのつながりが単に被害者と凶器の間のつながりよりも強い。

ゴシック・ホラー Gothic Horror

出典 Horror Adventures 195ページ

ゴシック・ホラーは雰囲気と前兆を醸し出す。これはオトラント奇譚、大鴉、吸血鬼ドラキュラのサブジャンルである。稲妻に照らされた、バロック様式の大聖堂、拷問された心、そして不穏な魂がこの物語を満たしており、あらゆる要素がムードを醸し出し、破滅を予感させる――多くの場合派な描写を通じて。ゴシック・ホラー暗闇腐敗、壮大な堕落、罪の償いに焦点を当てているが、ロマンスと勇敢さにも飛んでいるため、Pathfinderの冒険にも適している。

ストーリーテリング:特定のモンスター恐怖種類よりも、この物語オンで最高のものは、不穏な詳細が連携して、永続的なまたはの抑圧的な雰囲気を作り出し、秘密の罪状が老朽化、病気呪い、怪物的な捕食の形で暗い犠牲をもたらす。設定、キャラクター、プロットの全てはゴシック・ホラーのストーリーの中で一緒に機能し、GMは物語の要素を通じて暗い部分が通過することを仄めかすように務めるべきである。突然の雷雨、不吉な偶然、農民の警告などを特徴とするサブジャンルがあれば、それはゴシック・ホラーである。この不吉な道の先にいる邪は、不気味なヴァンパイア不老不死ウィザードのようなデータをもっているかもしれないが、PCが彼女に出会うまで、PCが経験したことはそれ以上のものに成長させているはずである。

ゴシック・ホラー物語は、富、贅沢、そしてキャラクターの高貴さやポジティブな特質を強調し、発展させて、破滅からのよりよい哀愁を引き出す。暗い情熱を刺激する花としても、または英雄的な動機としても、ロマンスも一般的である。絶望、凶器は、両方のテーマで頻繁にある結果であり、幻想的な出会い、邪との取引、キャラクターが平穏なから遠ざかる情熱への道を切り開く。このテーマに熱中することは、多数の設定(崩れた荘園、厳粛な大聖堂深い墓地など)だけでなく、ゴシックの物語に登場するのを待っている登場人物(怪しい街の住人、無一文の貴族、幽のような統治者)も示唆している。

モンスターと脅威:ゴシック・ホラーの大柱はフィクションや民間伝承で特定可能なモンスターが含まれている:フィーンド、ゴースト、ハグ、ライカンスロープスケルトンヴァンパイアイェス・ハウンドなどなど。ゴシック・ホラーの中では、どのようなモンスターでも、悲劇的な背景と脅威の意図がある限り立派な役とすることができる。えば、に飢えたドライアドの悲しみは自分を超えて広がり、荒野を野蛮な悪夢へと豹変させるかもしれない。陰湿な魔法のアイテム――モンキーズ・ポーソウル・ポートレイトのようなもの――はゴシックの物語にもよく登場し、物体は過去の所有者の罪を背負っている。フィーンド、腐った神、あるいはそのものとの取引は、悲劇的な役を奮い立たせることができる。霊障もまたゴシック・ホラーで有用な脅威となり、その描写的な危険性は悲しみに満ちた歴史を明らかにする方法も提供する――おそらく一連の相互に関係した悲劇的な出来事を通じて、少しずつ少しずつと。

基本的なプロット:百年に一度、古の場に建つ大聖堂にある勇気の女神の大司祭に、グレイヴナイトが現れ挑んでくる。悪夢の中で見たことのある老婆を恐れ、チェンリジンるがPC保護を懇願する。PC至の夜だけに出現するの屋敷から失われたロケットを取り戻さなければならない。

発展的なプロット:PCは古代のヴァンパイアの男爵夫人の恋人として生まれ変わった。モスマンPCを遠くから追いかけ、長年に渡る呪いを生み出し、終わらせ、繰り返すことを的としている。正義の神の信仰全体はPC恐ろしい予言の鍵を握っていると確信しており、生きていることを許さない。

サイコ・ホラーPsychological Horror

出典 Horror Adventures 196ページ

ボディ・ホラーとは対照的に、サイコ・ホラーのサブジャンルは、心の奥底にざした恐怖や不確実性を演じるものである。現実から切り離される可能性、人々を狂わせる陰謀、タブーの脅威などは全て心理学的なホラーの超現実な世界を満たすことを強く要求する。この物語には、超自然的な要素を含んでいるかもしれないが、そのような脅威が現実なのか、それとも完全に頭の中だけのものなのかを確認することはキャラクターにとっては難しいものである。

ストーリーテリング:Pathfinderの冒険で再現するのが最も難しいホラーのサブジャンルの中でも、サイコ・ホラーのストーリーは陰謀、疑念、妄想のテーマを扱うことがよくある。映画やフィクションでこれらのストーリーは、現実との境界線が周りでぼやけていく中で、個人の限界を超えて追い込まれていく一人の人物に焦点を当てているかもしれない。Pathfinderの冒険では、一人のPCをそのような恐怖の犠牲者にするのは難しいーーしかし可能ではある。正気度のルールはさまざまな心理的効果をシミュレートしているが、プレイヤーがその効果をロール・プレイすることを選択したが最も効果的であり、グループにキャラクターの現実に対する現実の把握が緩んでいることを認めさせることができる。このルール以外にも現実性を捻じ曲げるの節や「秘密と疑い」の節で説明されているテクニックは、プレイヤーの間に不確実性を植え付け、何が本当なのか、誰を信用してよいのかと言う疑問を残しておくのに役立つ。

簡単に作成するには、別の人が現実の把握を失い、怪物的な行為を犯し、彼の家を妄想顕現に変える冒険である。陰謀のプロットは、衝撃的な真実を隠そうとする敵の幹部を団結させ、おそらくPCに生涯に渡る信念がずっとであったかどうかを疑わせるかもしれない。もっと極端な場合では、ガスライティングの犠牲者となるかもしれず(または火着け屋メスメリストによって)、これは不思議な方法か、彼らを狂わせるための精巧な実験――動く通路のダンジョンや、致死的なパズル・ルームのような方法――で錯乱へと至ることを意図している。

モンスターと脅威:狡猾変身生物アレイニアドッペルゲンガーラークシャサなど)や精神を操るクリーチャーアボレス、B5/グレイ、B5/ロータス・ツリーなど)はサイコロジカル・ホラーの冒険で素晴らしい敵となる。念術魔法はこの物語の中では明らかな脅威であり、記憶を歪め、意志の弱い人を完全に制御するが、被害者が知覚していたり知っていると思っていることを操作できるので幻術もある。サイコロジカル・ホラーのストーリーの怪物余断ならないのは、誰かの正気を損なうために陰謀を企てる日常の人々や、ストレスや妄想が制御できなくなって危険な道を歩むようになってしまった個人である――自分の家をに満ちた殺人のにする狂信者や、自分の罪は無垢な者の血でしか浄化できないと信じている狂信者のように。

基本的なプロット:動物の姿をした神の使者PCの前に現れ、信仰上の秘密の敵を倒すように促す――しかしPCが一人っきりのときにしか離さない。PCはハグにとりつかれた悪夢に入り込んで正気を失った学者を治療する必要がある。10代の少女が不可視になることができる町で、誰も彼女が何をして何をせず何を知っているかを恐れて生活している所にPCがやってくる。

発展的なプロット:PCドッペルゲンガーで完全に構成されている社会で唯一の真の人型生物であることを認識する。デロは、本人の知らない所で村全体の住民誘拐し、共同体をほぼ完璧に再現した地下深くに再現する。サーキル:パカルキ女王に宮廷魔道士が反旗を翻していることを納得させ、国全土で血塗れの魔女狩りを始めるよう導いている。

スラッシャー・ホラー Slasher Horror

出典 Horror Adventures 197ページ

容赦ない殺人者を無防備な犠牲者に突きつける暴的な物語であるスラッシャー・ホラーは映画の中でも最も残忍な殺人の本拠である。この物語通常武器を振り回すサイコパスの暴れっぷりと、殺害の目標が生き延びるために必になる様子を描く。斬撃者は普通の人間以上の存在であり、自然界の危険に似た原動不屈精神を持っている。勇敢さと狡猾さだけが斬撃者を倒す希望を持ち、それでもなお、普通は彼が血の海をこぼした後でのことである。

ストーリーテリング:斬撃者のストーリーで最も重要なものは、不可避感覚である。犠牲者となる可能性のある者がエリアを離れて斬撃者からから逃れることができれば、脅威は弱体化する。そのため孤立している場所は重要である。おそらくPC――犠牲者の可能性が高い――は地理的な要因(島や山中など)やひどい天候その他物理的な要因(洪により道が流された、PCは避けられない迷宮の中にいる)などして、孤立している可能性がある。社会的要因も孤立を生み出す可能性がある。おそらく、PCは言葉が話せず効率的に助けを求めることができなかったり、町の警邏隊が殺人者を守りたい、この場所にとどまる義務がある、呪われていてその場所を離れられないのかもしれない。いずれにせよ、PCたちは物理的に克服できない脅威に囚われている。

モンスターとの戦闘Pathfinder RPGの非常に基本的な部分なので、斬撃者の攻撃が別のいとアンるのは簡単である。とらえどころのない、執拗な、無敵の知覚は斬撃者の最大の武器である。これを回避するために、斬撃者はPCの相となるだけでなく、戦闘以外の方法で敵を倒す必要がある。GMは斬撃者とわせるのは難しくするべきであるが、倒すことは不可能ではない。PCは敵を倒すための道具を見つけたり、を準備したりする必要がある。斬撃者(および出自)にとって意味のある物体は、いに役立つ可能性がある。プロットは斬撃者を倒すためにキャラクターが分断することを推奨し、その結果的に対して弱さを作るかもしれない――このような状況で緊張感を高めるのに役立つ方法については、「パーティを分断させる」を参照せよ。

表題する武器は、斬撃者のストーリーの強な要素である。GMは斬撃者に脅迫的でありながら比喩的な武器を与えるかもしれない――ヘッズマンズ・アックスや、さいずのように。斬撃者歴史と起源に結び付く道具やユニークな創造物も偉大な殺人の武器となる――ハープーンダガーのようなキルティング、サメの顎が付いた鉄製のマスクなど。

モンスターと脅威:斬撃者のストーリーはモンスター物語である。何がモンスターを構成するかは完全にGM次第である。この絶え間ないストーカーのテンプレートを使用すると、どのようなクリーチャーやキャラクターでも作れるようになっている。

多くの場合、斬撃者は暴的な錯乱に駆られたり、残忍的に取り憑かれた殺人的な人型生物のことである。この種類の斬撃者は、GMが気ままに振るいたいコンセプトであるかもしれない日常生活を送る者の怪物性を強調している。

実際のモンスターも立派な斬撃者として作ることができる。えばエイプバグベアゴブリンオーガキンレッドキャップトロルのように、日常の人々に似ているが一瞭然であるようなクリーチャーは向いていない。最後にPCがそのような敵野中に自分自身の何かを見る能が制限されている場合でもより怪物的なクリーチャーは簡単に斬撃者となる。明らかに怪物的な姿をしたクリーチャーではなく、ババウデーモンブギーマンダーク・ストーカーデナズン・オヴ・レンデュラハンのような適切な変装魔法を使うことで人型生物変身することもある。または斬撃者の素多賀は取るに足らないものであり、真の殺人犯の実態はその者が持っている知性のある武器そのものである。

基本的なプロット:寂れた田舎の宿で、数年前にPCたちが殺害した役の娘が追い付き、施設内の全員に一人ずつを持っていく。PCたちのはスカルリーターの谷を通過することを余儀なくされるが、そこは侵入者に執拗に付きまとう奇妙な知性を持ちとらえどころのないの本拠である。マーシュ・ジャイアントシャーマンが息子を殺した村の関係者を皆殺しにし始めた。

発展的なプロット:PCは有名な殺人鬼が所持していた真紅のギャロット発見し、それをきっかけに殺人事件が相次いだ。地下室を襲撃した数カ後、ミイラの長が現れ、PCたちを殺そうとする。カミソリの女王として知られる悪名高きシリアル・キラーは注すべき血統のため王室協会を激怒させずに殺すことはできないが、PCは彼女の再犯を許すことはできない。

全文検索 目的別索引