サーキル

サーキル:イチュコウ Sahkil, Ichkoh

この怪物は、腐ったから作られた巨大コックローチのように見える。人型の顔が虫の頭部の代わりに寄りかかっている。

イチュコウ 脅威度7 Ichkoh

出典 Bestiary 6 243ページ
経験点 3,200
中立にして悪/中型サイズ来訪者他次元界サーキル
イニシアチブ +8; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・マジック夜目シー・インヴィジビリティ〈知覚〉+15

防御

アーマー・クラス 20、接触14、立ちすくみ16(+6外皮、+4【敏】
ヒット・ポイント 85(9d10+36)
頑健 +9、反応 +10、意志 +11
ダメージ減少 10/完全耐性 [即死]効果、[病気]、[恐怖]効果、[]; 抵抗 [氷雪]10、[雷撃]10、[音]10; 呪文抵抗 18

攻撃

移動速度 30フィート
近接 (×2)=+15(2d6+6)
特殊攻撃 崩壊恐怖の風貌(30フィート、難易度21)
擬似呪文能力術者レベル9; 精神集中+14)

シー・インヴィジビリティディテクト・グッドディテクト・マジック
回数無制限―インヴィジビリティディメンジョン・ドアメイジ・ハンド
3回/日―インフリクト・ペイン難易度18)、オルター・セルフブラーブラインドネス/デフネス難易度18)
1回/日―エナヴェイション

一般データ

【筋】22、【敏】19、【耐】18、【知】12、【判】17、【魅】21
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +15; 戦技防御値 29(対足払い33)
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《技能熟練:隠密》、《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+19、〈軽業〉+16、〈呪文学〉+13、〈真意看破〉+15、〈知覚〉+15、〈知識:神秘学〉+13、〈はったり〉+18
言語 奈落語、天界語、獄語; テレパシー100フィート
その他の特殊能力 容易なる招請感情熟練空間飛躍魂への接触

生態

出現環境 気候問わず/地形問わずエーテル界
編成 単体、2体、または塊(3~12)
宝物 標準

特殊能力

崩壊(超常)/Fall Apart 1d4ラウンドに1回標準アクションとして、イチュコウは30フィート以内の全てのクリーチャー難易度 19の意志セーヴに成功しない限り身体がバラバラになるような感覚を与えることができる。この能を受ける者は1d3ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。加えて、1d6ラウンドの間攻撃ロールダメージ・ロール、技能判定に-2のペナルティを受ける。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

恐怖の風貌(超常)/Look of Fear イチュコウ凝視響を受けたクリーチャーは1d4ラウンドの間怯え状態となる。

イチュコウ体の失敗の恐怖を味わい、自分の身体に誇りを持つ者を苦しめることを楽しんでいる。イチュコウが犠牲者を選ぶとき、若いころに体を維持することに以下に失敗したかを知ることで彼らを苦しめる。には、イチュコウは1体のクリーチャーを何年にも渡って追い続けることもあり、継続されれば犠牲者を自殺に追いやることもある自己破壊的な行動を促していく。

イチュコウは身長6フィート、体重140ポンドである。

サーキル:ジムタル Sahkil, Ximtal

ラットが蟹のような体の前部から飛び出し、終端がとなっている2本の触手がそびえたつバルクから噴出している。

ジムタル 脅威度17 Ximtal

出典 Bestiary 6 244ページ
経験点 102,400
中立にして悪大型サイズ来訪者他次元界サーキル
イニシアチブ +11; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・マジック暗闇を見通すトゥルー・シーイング〈知覚〉+27

防御

アーマー・クラス 33、接触17、立ちすくみ25(+1回避、+16外皮、-1サイズ、+7【敏】
ヒット・ポイント 279(18d10+180)
頑健 +21、反応 +13、意志 +17
ダメージ減少 15/完全耐性 [即死]効果、[病気]、[恐怖]効果、[]; 抵抗 [氷雪]15、[雷撃]15、[音]15; 呪文抵抗 28

攻撃

移動速度 50フィート、登攀20フィート、飛行60フィート(良好)
近接 噛みつき=+31(2d8+14、加えて“病気”)、(×2)=+31(3d6+14/19~20、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート(は15フィート)
特殊攻撃 締めつけ(3d6+14)、病気孤立恐怖の風貌(60フィート、難易度25)、瘴気
擬似呪文能力術者レベル17; 精神集中+23)

グレーター・マジック・ファングディテクト・グッドディテクト・マジックトゥルー・シーイングフライ
回数無制限―ピュートリファイ・フード・アンド・ドリンク難易度16)、フィースト・オン・フィアー難易度23)
3回/日―クラウドキル難易度21)、サジェスチョン難易度19)、呪文高速化ディスプレイスメント
1回/日―インプリズンメント難易度25)、シクウェスターホリッド・ウィルティング難易度24)、メイズ

一般データ

【筋】30、【敏】25、【耐】30、【知】15、【判】22、【魅】23
基本攻撃 +18; 戦技ボーナス +29; 戦技防御値 47(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》、《擬似呪文能力高速化:ディスプレイスメント 》、《強打》《クリティカル強化:》、《クリティカル熟練》《迎え討ち》《無視界戦闘》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+27、〈知識:神秘学、次元界〉+23、〈隠密〉+24、〈呪文学〉+23、〈真意看破〉+27、〈知覚〉+27、〈登攀〉+18、〈はったり〉+27、〈飛行〉+17
言語 奈落語、天界語、獄語; テレパシー100フィート
その他の特殊能力 肉体汚染容易なる招請感情熟練空間飛躍魂への接触

生態

出現環境 気候問わず/地形問わずエーテル界
編成 単体、2体、またはおびかし(3~6)
宝物 標準

特殊能力

肉体汚染(超常)/Despoil ジムタルから1,000フィート以内での病気麻薬に対するセーヴィング・スロー難易度は2増加する。

病気(超常)/Disease ジムタルに噛みつかれたクリーチャー孤独の苦悩と呼ばれる衰弱する病気に曝される。病気進行するにつれて患者をざめさせ、気を散らし、感覚への入の損失の増加に苦しみ、最後は孤立絶望によって引き起こされる倦怠感によってぬ。孤独の苦悩に苦しむ人々は奇妙に他人に伝染する――病気接触によって広がる可能性があるが、病気で苦しんているクリーチャーが他のクリーチャー接触し、それ以外のクリーチャーが視線上にいない場合のみ広まる。別の犠牲者との接触を介して伝わると、病気抵抗するためのセーヴ難易度は4減少する。このため、感染したホストからの病気の発症に抵抗したり、進行中の被害を回避するには、難易度 27の頑健セーヴが必要である。

孤独の苦悩/Forsaken Agony:噛みつき―致傷型; セーヴ頑健難易度29; 潜伏期間即座; 頻度 1回/日; 効果 1d6【判断力】吸収、加えて間隔消失; 治癒 2回連続のセーヴ成功。クリーチャー孤独の苦悩に対するセーヴィング・スローに失敗するたび、以下のように1d6をロールし、永続的に失う感覚を決定しなければならない。

d6

感覚

1

味覚:クリーチャーは、摂取型のに対する全てのセーヴィング・スローおよび、えばポーションを少し飲み能を識別する技能に使用するなどの味覚に基づく〈知覚〉判定に-2のペナルティを受ける。

2

嗅覚:クリーチャー鋭敏嗅覚と嗅覚に関連する能を失う。

3

触覚:クリーチャー【敏捷力】は2減少する。

4

聴覚:クリーチャー聴覚喪失状態となる。

5

視覚クリーチャー盲目状態となる。

6

五感:クリーチャーはすべての感覚を即座に失う。

クリーチャーが既に罹っている結果をロールした場合、代わりに現在罹っていない次の最も高い結果を受ける。孤独の苦悩に対するセーヴィング・スローに失敗し全ての感覚の使用を失ったクリーチャーは、代わりに1d4ポイントの【耐久力】吸収を受ける。セーヴ難易度【耐久力】に基づき、ジムタル肉体汚染からの+2のボーナスは含んでいない。

孤立(超常)/Isolation 1日1回標準アクションとして、ジムタルは隣接する最大4体のクリーチャーを隔離しようとすることができ、通常は味方と一緒に作業する方法を妨害する。クリーチャーは、難易度 25の意志セーヴに成功しこの効果抵抗できる。孤立抵抗できないクリーチャーは味方とみなす全てのクリーチャーに対して実体のない状態となる。目標は本質的に非実体不可視となり、味方に対して沈黙し、物体を動かすことができないが、アイテムを通常通り作用させることはできる。加えて、孤立したクリーチャーは味方とみなすクリーチャーを見る、聞く、または認識することができなくなる。目標は見て、聞いて、音声構成要素を持つ呪文を発動し、通常通り合言葉を使用できるが、味方が目標を見て、聞いて接触することを必要とする効果機能しない。目標に対して中立的またはそれよりい態度であり、または目標に危害を加えたいと願うクリーチャー目標通常通り見て作用できる。トゥルー・シーイングはこの効果無効化するが、シー・インヴィジビリティを使用して、この効果目標を認識することはできない。24時間に1回、孤立の犠牲者は効果を終了させるための新しい難易度 25の意志セーヴを試みることができる。これは[呪い効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

恐怖の風貌(超常)/Look of Fear ジムタル凝視響を受けたクリーチャーは1d6ラウンドの間恐慌状態となりその後1分間怯え状態となるか、セーヴに成功すると、1分間の間怯え状態となる。

瘴気(超常)/Miasma 標準アクションとして、ジムタルは暗く脂っこいに身体を変え、捕まえたクリーチャーダメージを与える。ジムタル瘴気を使用する場合、マスは20フィートに増加し、ガシアス・フォーム効果下であるかのように扱われる。ジムタルは無期限に正気の姿のままで、フリー・アクションとしてその固体の姿に戻ることができる。瘴気マスにいると全ての視覚――暗視を含む――が5フィート減少する。5フィート以内にクリーチャー視認困難を持ち、それより遠いクリーチャー完全視認困難を持つ。ジムタルターン開始にその瘴気範囲内のクリーチャーは4d6ポイントのダメージを受ける(このダメージは全てのダメージ減少エネルギー抵抗を無視する)。難易度 25の意志セーヴに成功するとこのダメージ無効化される。瘴気内のクリーチャージムタル攻撃できるが、その攻撃に対して-4のペナルティを受け、ジムタルの次のターン開始瘴気範囲内にいることからのダメージに対してセーヴィング・スローを試みることはできない。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

サイコポンプは定命の魂を適切な審判に導くが、サーキルは魂を器にせず、定命の者を苦しめ恐怖に陥らせたいだけであり、多くの場合非常に定命に対する不安感を弄ぶ。サーキルは定命の者に彼らがその存在であることを思い出させたいーー複雑危険な宇宙の中で定命のものであり一人っきりであることを。ジムタルは所属しないことへの恐怖と、共同体社会の残りの部分からの孤立への恐怖を食べる。ジムタルは身長14フィート、体重約1,000ポンドである。

ジムタルは本質的に人を操る策士である。秩序に全く関心がなく、喜びと自由を軽蔑するだけでなく、社会の包括的な原則を完全に軽蔑していると感じているジムタルは、ポジティブな思考や行動をゆっくり侵食し続けるために、意志の強い定命の者がより強いを助けるであろう信念に基づく行動をするを防ぐために、それが感じているあらゆる不安や他の弱点を利用する。彼らは紛争のあらゆる側面で、下品で罵倒的な声を助長し、分別のある者や敏感な者を大声で意のあるものから者扱いされるようにする。この不吉な来訪者は、恐怖絶望を植え付け、友人や味方の前でさえも、人々が孤独で無知であるかのように感じさせる。

ジムタルは自分たちの仕事をするために、印象的で攻撃的な声を見つけることに喜びを感じている。彼女らは自分が大義のためにっていると思っている者が、理想を追求する際に恐ろしい戦術を使うようにさせることができれば、そのメッセージを壊し、恐怖、恥、そして建設的なものとみなされるものを恐れることへの恐怖を植え付けることができる。このようにしてジムタル正義の者を狂信者に変えようとする。

さらに微妙なことに、ジムタル折間接的にこれらの本の信用を失墜させるために真に良な友人や味方に注意を向ける――彼らの究極の目標の。この場合、ジムタル目標仲間目標の意図した原因を不正確に伝えることを促す。彼らは自分たちの理想や動機を宣伝することに、行動を集中させる人々の心やイデオロギーに自分たちの道を切り開く; 彼女らは徐々にそのような人物を堕落させ、かろうじて隠された攻撃性と軽蔑を持って他人の声を扱い、最終的な目標に反した軽率な決定を下すように導く。最終的に、ジムタルはこの不和の仲介人が本のメッセージ破壊し、絶望孤立の中で汚すことを望む。

ジムタルは他のの者から孤立したままである傾向がある。しばしば特定の個人や目標を特定するために協することはない。代わりに彼らは多様なイデオロギーまたは選択的な社会的十字軍に焦点をあてるために、多元宇宙を通じて自分自身を広めた。彼らが一人でいる傾向があるにも関わらず、一部のジムタルパカルキPathfinder RPG Bestiary 5 216ページ)と協して友情の絆を破壊することに注している。この2種類サーキルが並行して行動することで、友情だけでなく家族組織全体を破壊することができる。

サーキル:ゾハニル Sahkil, Zohanil

この怪物は漠然と人型生物の姿をしているが3本で立っている。長いフックののような先端から汚れた液体が滴り落ちている。

ゾハニル 脅威度10 Zohanil

出典 Bestiary 6 246ページ
経験点 9,600
中立にして悪/中型サイズ来訪者他次元界サーキル
イニシアチブ +8; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・マジック夜目シー・インヴィジビリティ〈知覚〉+19

防御

アーマー・クラス 25、接触15、立ちすくみ20(+1回避、+10外皮、+4【敏】
ヒット・ポイント 138(12d10+72)
頑健 +14、反応 +8、意志 +14
ダメージ減少 10/完全耐性 [即死]効果、[病気]、[恐怖]効果、[]; 抵抗 [氷雪]10、[雷撃]10、[音]10; 呪文抵抗 21

攻撃

移動速度 50フィート、登攀50フィート
近接 噛みつき=+19(1d10+7)、鉤爪(×2)=+19(2d6+7/19~20、加えて“中毒”)
特殊攻撃 恐怖の風貌(30フィート、難易度22)
擬似呪文能力術者レベル10; 精神集中+14)

シー・インヴィジビリティディテクト・グッドディテクト・マジック
回数無制限―グレーター・テレポート自身に加え50ポンドまでの物体のみ)
3回/日―オーヴァーウェルミング・グリーフ難易度20)、グレーター・インヴィジビリティサジェスチョン難易度17)、フォー・トゥ・フレンド難易度19)、プロテクション・フロム・グッド
1回/日―ナイトメア難易度19)

一般データ

【筋】25、【敏】18、【耐】22、【知】15、【判】18、【魅】19
基本攻撃 +12; 戦技ボーナス +19; 戦技防御値 34(対足払い36)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《クリティカル強化:鉤爪》、《攻防一体》《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+19、〈知識:神秘学、次元界〉+11、〈隠密〉+19、〈軽業〉+19、〈真意看破〉+19、〈製作:錬金術〉+17、〈知覚〉+19、〈登攀〉+30
言語 奈落語、天界語、獄語; テレパシー100フィート
その他の特殊能力 容易なる招請感情熟練空間飛躍魂への接触

生態

出現環境 気候問わず/地形問わずエーテル界
編成 単体、2体、または徒党(3~12)
宝物 標準

特殊能力

中毒(変則)/Addiction ゾハニルクリーチャーダメージを与えると、視界をぼやけさせて、反応を抑える重度の中毒性の液体を目標注入する。クリーチャー難易度 22の頑健セーヴに成功すると、この注入された響に抵抗できる。セーヴに失敗すると、犠牲者は1時間の間【敏捷力】【判断力】に基づく判定に-2のペナルティを受ける。この時間の経過後、ペナルティはなくなるが、犠牲者は撤退効果を受け、【筋力】【敏捷力】【耐久力】【判断力】に-2のペナルティを受ける。この能力値へのペナルティは、被害者がゾハニルのさらなる中毒攻撃から【敏捷力】および【判断力】に基づく判定ペナルティを得るすべてのラウンド無効化されるが、それ以外の場合は永続的である(重症の中毒として; 詳細Pathfinder RPG GameMastery Guideの236ページ)。これは病気効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

恐怖の風貌(超常)/Look of Fear ゾハニル凝視響を受けたクリーチャーは1ラウンドの間恐慌状態となり、以降の1d4ラウンドの間怯え状態となる。セーヴに成功したクリーチャーは1ラウンドの間怯え状態となる。

ゾハニルや侵襲的な医療処置を恐れる人を悩ませることに喜びを感じる。彼らはまた、絶望を高めることを期待して、中毒を撒くことを楽しんでいる。ゾハニルは身長6フィートを超え、体重は約200ポンドである。

全文検索 目的別索引