ゴウル

ゴウル Ghole

図体のでかい姿は、ハゲタカのような長いを持ち、不愉快な片の顔が終端にある。

ゴウル 脅威度12 Ghole

出典 Bestiary 6 132ページ
経験点 19,200
中立にして悪/中型サイズ人型怪物
イニシアチブ +8; 感覚 暗視60フィート、不調嗅覚〈知覚〉+22

防御

アーマー・クラス 26、接触14、立ちすくみ22(+12外皮、+4【敏】
ヒット・ポイント 168(16d10+80)
頑健 +12、反応 +14、意志 +13
完全耐性病気

攻撃

移動速度 40フィート、穴掘り10フィート
近接 噛みつき=+23(2d6+10/17~20、加えて“病気”)、(×2)=+23(1d8+7/19~20、加えて“病気”)
接敵面 5フィート、間合い 5フィート(噛みつきは10フィート)
特殊攻撃 病気の活性化強大なる噛みつき野生の不調急所攻撃+2d6
擬似呪文能力術者レベル10; 精神集中+13)

回数無制限―ジェントル・リポウズレストア・コープス
3回/日―グール・タッチ難易度15)、ハイド・フロム・アンデッド
1回/日―ヘイスト

一般データ

【筋】25、【敏】18、【耐】21、【知】10、【判】17、【魅】16
基本攻撃 +16; 戦技ボーナス +23; 戦技防御値 37
特技 《イニシアチブ強化》《頑健無比》《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《薙ぎ払い》《薙ぎ払い強化》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+23、〈真意看破〉+19、〈生存〉+22、〈知覚〉+22
言語 共通語
その他の特殊能力 変身(中型の人形生物; オルター・セルフ

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、または徒党(3~6)
宝物 標準

特殊能力

病気の活性化(超常)/Bolster Disease ゴウルに噛まれたクリーチャー難易度 23の頑健セーヴに成功するか、現在罹っている病気活性化される。このようにして活性化された病気は、頻度が2倍となり(通常頻度が1回/日である病気は、12時間ごとに1回効果が現れる)、魔法でしか治癒できない。ゴウルによって罹る腺ペストは、これらの利益を自動的に得る。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

病気(変則)病気 腺ペスト噛みつきまたは―致傷型; セーヴ 頑健難易度23; 頻度 2回/日; 効果 1d4【耐】ダメージ、およひ1【魅】ダメージ、および対象は疲労状態になる; 治癒 ―。

強大なる噛みつき(変則)/Powerful Bite ゴウル噛みつき攻撃は常にダメージ・ロールに【筋力】修正値の1.5倍を適用し、19~20のクリティカル可能域を持つ。ゴウル物体に噛みつく、その噛みつき物体の実際の硬度よりも5低い硬度を持つものとして扱う。

野生の不調(変則)/Savage the Sick ゴウル病気の敵を攻撃する無慈悲である。病気目標に対して、ゴウル攻撃ロール攻撃ロールに+2の士気ボーナスを得。与えるすべてのダメージ急所攻撃ダメージ自動的に加える。

不調嗅覚(変則)/Scent Sickness ゴウル病気クリーチャーに対する鋭敏嗅覚を持つ。

ゴウルは腐ったを食べる荒野の汚い住人である。最も古いスケルトンの残留物にまでを修復能を持つ彼らは、生きている者たちによって長い間忘れ去られた遺跡からもを得ることができる。多くのゴウルは、お気に入りの骸近に置いて、最食事を繰り返すが、一方で古代の骸を溜め込んで、修復したの味を味わい、熟成されたワインチーズを味わう食家を嘲笑するものもいる。多くは病気の犠牲者を投獄するためだけに生きたまま捕獲しようとする――墓場や地下墓地に好みの投獄所を作る――そこで病気ぬため、汚いクリーチャーに可能な限り最上級の食事を提供することとなる。

典型的なゴウルは体長6フィート、体重250ポンドである。

全文検索 目的別索引