アークデヴィル

アークデヴィル Archdevil

出典 Bestiary 6 15ページ

最も偉大で最も恐ろしいデヴィルは、獄界ヘルアークデヴィルである。それは強秩序の申し子にして名状しがたくも洗練された半神であり、それぞれが獄の層を形成する8つの広大な苦しみの次元界の一つを支配している。アークデヴィルそれぞれは固有のクリーチャーであり、デヴィルが宇宙を自分たちの意思で縛り付けるために用いる宇宙の腐敗と抑圧の連の中で、それぞれが特定の役割を果たしている。最初のアークデヴィルは、その主アスモデウス獄界ヘルを自分の領界であると主張した後、すぐに権を握るようになった。アスモデウスは他のアークデヴィルの台支援し、にはベリアルメフィストフェレスにしたように直接それらを生み出した。それ以外にも、バールゼブルディスパテルのように、天界ヘヴンの反乱の折りにアスモデウス忠誠を誓った古き存在もいる。忠実な総督がさらに必要になると、アスモデウスバルバトスゲリュオンに施した昇格の秘奥のように、デヴィルに属さないクリーチャーアークデヴィルとしてのを与えることもある。

真のアークデヴィルの下には獄界ヘルに住む地獄の公爵がいる。これら獄の貴族らはアークデヴィルと同じの一部を持つこともあるが、視界化にする獄の層がなければ、アークデヴィルと同等のを持つとは言えない。地獄の公爵クラス・レベルを上げたり、ヒット・ダイスを上げたり、神話ランクを上げたり、不浄なる儀式を執り行ったり、十分に大規模献身的な従者を集めたり、あるいはまれに冒涜的な領主から離れたりすることで、権を得ることができる。しかしアスモデウス地獄の公爵に(堕落したり地獄の公爵に降格してせられたりしたアークデヴィルの代わりとして)独自の獄の層を与えるまでは、そのようなデヴィルはそれ自体アークデヴィルではない。しかし、秩序の申し子である地獄の公爵アークデヴィルは、アスモデウス獄界ヘル忠誠を誓っていることには注意しなければならない。忠誠心のないものは、すぐに、そして必然的に裏切り者であることが明らかになり、の王子(訳注アスモデウスのこと)によってせられる。獄界ヘルには地獄の公爵が何体もいるが、アスモデウス自身が第九層を支配しているため、一度にアークデヴィルは8体しか存在できない。

アークデヴィルとはコミューンコンタクト・アザー・プレーンでつながり、ゲートで呼び出すことができる。しかしそのようにして呼び出された場合、そのゲートを通瑠葉矯正されることはない。一般に、アークデヴィルゲート呪文に応える前に、巨大で重要な供物や生贄を必要とする。

地獄界ヘルの各層 The Layers of Hell

アークデヴィルそれぞれは獄界ヘルの上層8層の1つを支配しており、その中には地獄の公爵らが領界を支配している。これらの層は巨大で、何百、何千もの小さな副領界で構成されている。そのそれぞれが大陸の大きさであることもあれば、奇妙で秘密の年のように小さなものであったりする。それぞれの層の環境、主題、特徴アークデヴィル自身と同じように固有のもので、その主であるアークデヴィルの気分や意図に応じて変化させられる。しかしアークデヴィルは自分の領界を完全に支配しているわけではないので、強冒険者は支配者たるアークデヴィル怒りを買うことなくその層に潜入し、様々な的を達成できる。

その領界にいる間、アークデヴィルは以下の追加能を得る(以降のページに示されたデータには、これらの能は含まれていない)。

キャンペーンにおけるアークデヴィル Archdevils in a Campaign

アークデヴィルそれぞれは脅威度26~30の強を持つ、固有のクリーチャーである。彼らの脅威度獄界ヘルの層における位やとは関係していない。それ自身巧妙な備え、従えた大軍隊の間で、アスモデウスの副官らは事と破滅の可能性を、ほぼ同程度に保持している。いずれにせよ、アークデヴィルは一般に殆どの人間の英雄にとっての届かない存在であり、身長に検討することなしに冒険の中に配置するべきではない。大抵の場合、アークデヴィルは長いキャンペーンの最後の敵として使われるのが最良で――特にPC自身神話キャラクターであるキャンペーンではそうであろう――、単にアークデヴィルに謁見することさえ、記憶に残るイベントとなるはずだ。

しかし、アークデヴィルはほとんどの英雄が直接闘うことはできないとはいえ、彼らは裏で糸を引く完璧なる首謀者であり、黒幕である。そしてキャンペーンのあらゆるレベルモンスター人間、そして教団全体を拳、支持することができる。アークデヴィルを世界に解き放つための不吉な儀式を泊めることは古典的な一里塚であり、儀式が止められてアークデヴィル獄界ヘルに戻される前に、アークデヴィルとその下たちとの短い出会いを演出できる。あるいは、英雄たちがアークデヴィルの資産を破壊し、負債を増やし、アークデヴィルに対して強武器を集めることで、PCたちは脅威度が低下した状態アークデヴィルに立ち向かうことができる。

アークデヴィル:バールゼブル Archdevil, Baalzebul

この唸る蠅の群れは、輝くを持つの生えた天使のような形で騒然としている。

バールゼブル 脅威度30 Baalzebul

出典 Bestiary 6 16ページ
経験点 9,830,400
秩序にして悪大型サイズ来訪者他次元界秩序デヴィル
イニシアチブ +14; 感覚 暗視60フィート、擬似視覚120フィート、暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+49
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度39)、シールド・オヴ・ロー難易度30)

防御

アーマー・クラス 48、接触40、立ちすくみ37(+1回避、+8外皮、-1サイズ、+4反発、+10【敏】、+16不浄)
ヒット・ポイント 717(35d10+525); 再生30(神性または神話
頑健 +30、反応 +30、意志 +36; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 簒奪獄の蘇生、マインド・ブランク群れの体ダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、[病気]、[氷雪]、(魅了); 抵抗 [強]30; 呪文抵抗 41

攻撃

移動速度 飛行120フィート(完璧)
近接 +5アダマンティンアイシー・バーストアンホーリィ・“グッド・アウトサイダー”ベインロングソード=+53/+48/+43/+38(2d6+24/17~20、加えて1d6[氷雪])、または叩きつけ(×2)=+47(8d6+13)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート
特殊攻撃 噛みつく黒蠅業氷窒息させる群れ
擬似呪文能力術者レベル30; 精神集中+42)

シールド・オヴ・ロー難易度30)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アイシー・プリズン難易度27)、アストラル・プロジェクションアンハロウインセクト・プレイグオーダーズ・ラス(神)難易度26)、カース・オヴ・ディスガスト難易度27)、グレーター・インヴィジビリティグレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートディクタム(神)難易度29)、ディセクレイト(神)
3回/日―呪文強化コーン・オヴ・コールド(神)ディマンド難易度30)、デヴィル招来フィンガー・オヴ・デス(神)難易度29)、呪文高速化フリージング・スフィアー
1回/日―ウィッシュ(神)タイム・ストップ(神)マス・サフォケーション難易度31)
(神) 自分の領界にいる間、バールゼブルはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】36、【敏】30、【耐】41、【知】35、【判】32、【魅】35
基本攻撃 +35; 戦技ボーナス +49; 戦技防御値 90(足払いされない)
特技 《威圧演舞》《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》《風の如き脚》、《擬似呪文能力強化コーン・オヴ・コールド》、《擬似呪文能力高速化:フリージング・スフィアー》、《技能熟練:はったり》、《強行突破》《強打》《クリティカル強化:ロングソード》、《クリティカル熟練》《電光の如き脚》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《武器熟練:ロングソード》、《不調化クリティカル》《防御崩し》
技能 〈威圧〉+50、〈知識:貴族宗教神秘学、地域歴史〉+47、〈隠密〉+44、〈軽業〉+48、〈言語学〉+50、〈交渉〉+50、〈呪文学〉+47、〈真意看破〉+49、〈知覚〉+49、〈知識:次元界〉+50、〈はったり〉+56、〈飛行〉+54、〈変装〉+50、〈魔法装置使用〉+47
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 蠅の王群れの主

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(+5アダマンティンアイシー・バーストアンホーリィ・“グッド・アウトサイダー”ベインロングソードその他宝物

特殊能力

噛みつく黒蠅(変則)/Biting Blackflies バールゼブルの体は無数の蠅で構成されている。ラウンド中、最初にクリーチャーバールゼブル近接接触攻撃肉体攻撃素手打撃のいずれかで攻撃した際、そのクリーチャーはこれらの蠅から残虐なる刺し傷と噛み傷を受ける。そのクリーチャーは7d6ポイントのダメージを受け、難易度42の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると痛みのため、1ラウンドの間吐き気がする状態になる。これらの噛み付く蠅は1ラウンドの間攻撃してきたクリーチャーしがみつき、その次のターンに7d6ポイントのダメージを与えるが、これによって吐き気がする状態になることはない。範囲効果ダメージを受けるとしがみついている蠅は破壊されるが、蠅はバールゼブル抵抗完全耐性呪文抵抗を保持している。バールゼブルが1ラウンドに5フィートより多く移動しなければ、バールゼブルの10フィート以内に近づいたかそのターンを開始したクリーチャーも同様の効果を受ける。噛み付く蠅が1ラウンド効果を受ける目標の数に制限はないが、目標毎に1ラウンドに1回しか響を受けない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

業氷(超常)/Hellfrost バールゼブルが与える[氷雪]ダメージの半分は不浄なるダメージであり、[氷雪]への抵抗完全耐性では減少されない。デヴィルはこの不浄なるダメージ完全耐性を持つが、(善)の副種別を持つクリーチャーに対しては2倍になる。

簒奪(超常)/Usurpation 30フィート以内のクリーチャーが自分を目標呪文あるいは効果を使用したなら、割り込みアクションとして、バールゼブルはその術者として同じ効果を得る(タイム・ストップを使用した術者との通常のやり取りも含まれる)、バールゼブルは一度に簒奪された呪文効果を1つだけ得ることができる。新しい効果を複製すると、以前に複製した効果をすべて失う。

窒息させる群れ(超常)/Suffocating Swarm バールゼブルフリー・アクションとして蠅の群れに変身したり元の体に戻ったりすることができる。蠅の群れに変化している間、そのスウォームの一部となり、【筋力】は1になる。蠅の群れの間、バールゼブルは本物の極小サイズクリーチャースウォームとして扱い、4マスを好きな形で埋め、7d6+26ポイントのダメージを与える群がり攻撃を持つ。バールゼブル群がり攻撃に対する難易度42の頑健セーヴに失敗したクリーチャー吐き気がする状態になるとともに、サフォケーション呪文術者レベル30)と同じように窒息し始める。この窒息で殺されると、クリーチャーは1分後にヘルワスプ・スウォーム寄生されて蘇る(亡した直後に難易度42の頑健セーヴに成功すれば無効化できる)。セーヴ難易度のは【耐久力】に基づく。

蠅の王(超常)/Lord of the Flies 自分ので(すなわち魔法のアイテム呪文擬似呪文能力によらずに)飛行しているクリーチャー近接攻撃バールゼブル攻撃しようと試みたなら、難易度39の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると攻撃は失敗して無駄になってしまう。加えて、セーヴに失敗すると、攻撃したものはバールゼブルの威厳に畏敬の念を抱いてしまい、1d4ラウンドの間、直接バールゼブルを見ることができなくなる。セーヴに成功したクリーチャーは24時間の間、この効果を受けない。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

群れの主(超常)/Swarm Master バールゼブル群がりダメージ群がり効果わずらわすなど)に完全耐性を持つ。即行アクションとして、バールゼブルは30フィート以内にいる知性のないスウォーム移動先を指定することができる。

群れの体(変則)/Swarm Body バールゼブルの体は何百万もの小さな蠅で構成されている。バールゼブルガシアス・フォームを使用しているかのように、狭いや開口部、亀裂を難なく通過できる。バールゼブルは解剖学的な構造を持たないため、クリティカル・ヒット挟撃を受けることがなく、殴打ダメージ、斬撃ダメージ、刺突ダメージから半分しかダメージを受けない。ヒット・ポイントが0未満にまで減少したなら、バールゼブル窒息させる群れ(上記参照)に変化し、よろめき状態になるが、気絶状態にはならない。バールゼブルは自分がそうしようと望まない限り、特定の数のクリーチャーを対象とする(1体を目標とする呪文光線を含む)呪文効果に対して完全耐性を持つ。ただし、バールゼブルは[精神作用]効果の対象となる。バールゼブル範囲効果を及ぼす効果(飛散武器を含む)から半分だけ多くのダメージ(+50%)を受ける。バールゼブル効果に対して単体の大型クリーチャーとして扱われる。

バールゼブルはかつて"の皇子"の主たる副官であった。輝かしい"獄の天使"はアスモデウスの側に立って支配しようとしたが、他のアークデヴィルと並んでいることに大きな憤りを感じていた。彼がより高い位を要求し、より多くの存在を支配すべきだと主張すると、"獄の主"は彼の壮麗なる天使の姿を壊滅させ、大群に置き換え、蠅の王として数百万の存在を支配するようにした。懲らしめられたバールゼブルは、それ以来復讐のために身を捩らせながら、獄界ヘルの支配者の中で自分が最も偉大な存在であると証明したいという、飽くなき衝動に駆られている。その知識は膨大なものだが、彼は気まぐれでエゴイスト、そしてお世辞に弱く、些細なことでも怒る傾向がある。

バールゼブルは身長15フィートの鎧を着たエンジェルに似ているが、蠅で構成された体をしている。

バールゼブルの教団 Baalzebul's Cult

バールゼブルの教団員は、魔法政治、その先の分野で、どんな犠牲を払ってでも意志の勝利を達成しようと努している。そのような勝利が達成されると、彼らは取り残された人々の上でほくそ笑む。バールゼブル聖地は常に周囲の年や形よりも高いところに建てられている。多くの場合、それはそびえ立つ塔や巨で、文字通り、そして比喩的にも、大胆で冷酷な人々のの中で敗北を待つ者たちを見下ろすのに適している。

バールゼブル邪印は、壊れた後光の中にある、輝くいダイヤモンドの下に、斜めに傾いた壊れたい王冠が描かれたものだ。バールゼブル自身ロングソードの使用を好むが、その傲慢さのためにそれを崇拝者とともに持つことを拒んでいる――代わりに、好む武器スピアである。バールゼブル秩序の領域と、アンデッド、殺人、疾風デヴィルの副領域を与える。

アークデヴィル:バルバトス Archdevil, Barbatos

この人の形をした存在は、みすぼらしいフード付きのマントを身に着けている。フードのの中には不気味なり、奇妙な形で痙攣している。

バルバトス 脅威度26 Barbatos

出典 Bestiary 6 18ページ
経験点 2,457,600
秩序にして悪/中型サイズ来訪者他次元界秩序変身生物
イニシアチブ +13; 感覚 暗視60フィート、暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+44
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度35)、アンホーリィ・オーラ難易度28)

防御

アーマー・クラス 44、接触36、立ちすくみ34(+1回避、+8外皮、+4反発、+9【敏】、+12不浄)
ヒット・ポイント 604(31d10+434); 再生30(神性または神話
頑健 +28、反応 +32、意志 +31; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 身かわし強化獄の蘇生、マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、(魅了); 抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 37

攻撃

移動速度 40フィート; エア・ウォーク
近接 アイジャタス=+41/+41/+41/+36/+36/+31/+31/+26(1d6+19/19~20)、あご髭=+36(1d8+5、加えて“出血”および“病気”)
遠隔訳注特殊攻撃 の間違い) 出血攻撃(2d6)、爛れの熱病棘だらけのあご髭反召喚
擬似呪文能力術者レベル26; 精神集中+36)

アンホーリィ・オーラ難易度28)、エア・ウォークスピーク・ウィズ・アニマルズディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウアンホーリィ・ブライト(神)難易度24)、グレーター・スクライング難易度27)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートディセクレイト(神)ドミネイト・アニマル難易度23)、ドミネイト・パースン(神)難易度25)、ブラスフェミイ(神)難易度27)、プレイン・シフト(神)難易度27)
3回/日―呪文高速化コンテイジョン(神)難易度24)、ディメンジョナル・ロック(神)デヴィル招来バニッシュメント難易度27)、メイズ(神)
1回/日―ウィッシュ(神)ゲートタイム・ストップ(神)
(神) 自分の領界にいる間、バルバトスはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】30、【敏】29、【耐】38、【知】29、【判】30、【魅】31
基本攻撃 +31; 戦技ボーナス +41(足払い+45); 戦技防御値 77(対足払い79)
特技 《足払い強化》《イニシアチブ強化》《回避》、《擬似呪文能力高速化:コンテイジョン》、《強行突破》《クリティカル強化:クオータースタッフ》、《攻防一体》《上級足払い》《上級二刀流》《神速の反応》《神速の反応強化》《二重斬り》《二刀流》《二刀流強化》《迎え討ち》《矢止め》
技能 〈威圧〉+41、〈知識:神秘学、宗教〉+40、〈知識:自然次元界〉+43、〈隠密〉+43、〈軽業〉+40、〈言語学〉+43、〈交渉〉+41、〈呪文学〉+43、〈真意看破〉+44、〈知覚〉+44、〈動物使い〉+44、〈はったり〉+44、〈魔法装置使用〉+41
言語 全て(言語体得); スピーク・ウィズ・アニマルズテレパシー300フィート
その他の特殊能力 魂の球変身動物人型生物、および魔獣シェイプチェンジ)、我が名を口にしたものは誰ぞ

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(アイジャタスその他宝物

特殊能力

爛れの熱病(超常)/Festering Filth バルバトスの不浄な髭による攻撃が命中したクリーチャーは、難易度39の頑健セーヴに失敗すると失明病Pathfinder RPG Core Rulebook 557ページ)になる。この病気呪文効果によって除去しようとする場合、まずバルバトス呪文抵抗を克服してから、通常呪文のルールに従って病気を除去しようとしなければならない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

魂の球(超常)/Sphere of Souls バルバトスは自分の似姿や動物に意識を投しているときでさえ、全ラウンド・アクションとして、ディテクト・ソウツを持つクリスタル・ボールとして機能する磨かれた晶の球体を1つ作り出すことができる。この球体は使用者が念視しているクリーチャー1体に13時間の間ステイタス恩恵を与える。バルバトス以外のクリーチャーがこの球体を使用する各ラウンド毎に、そのクリーチャーバルバトスドミネイト・パースンに対してセーヴを行わなければならない。バルバトス念視をしているクリーチャーが見る視界を、フォールス・ヴィジョンと同様に自由に操ることができる。また、この球体から10フィート以内にいる任意のクリーチャーに対して、距離無制限のスクライングディテクト・ソウツを使用できる。これはセーヴ不可であり、術者レベル判定に+10のボーナスを得る。通常なら(念視呪文を妨げる効果は、そのクリーチャーセーヴィング・スローを行えるようにするとともに、術者レベル判定へのボーナス無効化する。バルバトスは同に球体を13個まで持つことができ、距離に関わらずフリー・アクションとして球体1つを破壊できる。

棘だらけのあご髭(変則)/Barbed Beard バルバトスの切り裂くあご髭による出血ダメージは、血を止めるために難易度39の〈治療〉判定魔法による治癒においては術者レベル判定)が必要となる。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

反召喚(超常)/Counterport 割り込みアクションとして、バルバトスは30フィート以内で使用されたあらゆる召喚術((瞬間移動)、(招請)、(招来)のいずれか)を無効化するか、30フィート以内に作用させるか、新しい適切なを再設定するかすることができる。効果を受けたクリーチャーは10d6ポイントのダメージを受けるが、難易度35の頑健セーヴに成功すれば、クリーチャーは半分しかダメージを受けず、通常通り瞬間移動できる。標準アクションとして、バルバトスは直前のターンの終了以降に瞬間移動したクリーチャー1体を呼び出すことができる。これは上記と同じ効果を持つが、そのクリーチャー瞬間移動した点(その間が現在何者かに占められている場合、最も近い適切なマス)に戻る。瞬間移動したクリーチャー難易度35の意志セーヴに成功すれば、呼び戻されることに抵抗できる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

我が名を口にしたものは誰ぞ(超常)/Hear Name バルバトスは自分の名前が口に出されたとき、距離に関係なく、次元界の公開を超えていたとしても、自分の名前を聞き取ることができる。クリーチャーバルバトスの名前を一息に3回口にしたなら、バルバトスはそのクリーチャーの名前と正確な位置を知る上、そのクリーチャーが口にした次の63語を聞き取ることができる。1日1回、口にしたクリーチャーから10フィート以内に生きている動物あるいはバルバトスの絵やがある場合、バルバトスはその絵や動物を通してそのクリーチャーに言葉を伝えることができる。動物難易度35の意志セーヴに成功すれば、バルバトスの言葉を伝達することに抵抗できる。バルバトスはこの器を通して、最大13ラウンドまで観察し、会話し、擬似呪文能力を使用できる。しかし、このリンクを通して擬似呪文能力を使用すると、残り時間に関わらず、そのリンクは即座に終了する。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

バルバトス獄界ヘルの公爵の中でも謎に包まれた存在で、ほんの千年前にアスモデウスに仕えることになった、彼方から来た存在だ。厳密にはデヴィルではないが、バルバトス獄の最上層のアークデヴィルである。バルバトスが来て以来、バルバトス獄の番として、エンジェルや不浄なるものの襲撃から獄界ヘルの外層を守り、最後の煉獄への道案内を必要とする呪われた魂や、失われた最後に垣間見るためにすべてを捧げる、涙を流す嘆願者たちを相にしてきた。

バルバトスの服装は味で、忌まわしい杖としわくちゃの外套以上のものはほとんど見せない。身長は5フィート。

アイジャタス Eyjatas

オーラ 圧倒的・全て; 術者レベル 26
装備部位 なし; 市価 ―; 重量 4ポンド
区分 上級アーティファクト

バルバトスアイジャタスという強武器を身に着けている。これは人間のものでない眼球が無数に埋め込まれた、+4アンホーリィスピードクオータースタッフである。1日3回、アイジャタスクリーチャーに命中させたとき、使用者は目標を引きちぎって永久に盲目状態とし、2d6ポイントの出血ダメージを与えることができる。クリーチャー難易度30の頑健セーヴに成功すればこの効果抵抗できるが、攻撃クリティカル・ヒットが確定した場合はセーヴを行えない。アイジャタスクリーチャーを引きちぎると、その目標に対してベイン武器として機能する。

1日3回、アイジャタスの使用者はプライング・アイズを発動できる。加えて、使用者は回数無制限でアーケイン・アイを使用でき、他の次元界にいるものでさえスクライングを通して見ることができ、アーケイン・アイの30フィート以内に回数無制限でアイバイト難易度20)を使用できる。

破壊方法

アイジャタス破壊するには、このクオータースタッフ無数の目を、今まで人生でばかりを語ってきた定命のものが口にする揺るぎない真実の清めの盲目状態にしなければならない。そのようにして盲目状態にしたなら、アイジャタスを入り口のない、どこにも通じていない魔法のポータルに投げ込まなければならない。

バルバトスの教団 Barbatos's Cult

バルバトスは世界と世界の間の打つ次元を操る達人であり、宇宙の隠された中間間に足を踏み入れるものや、動物野生の獣を操って邪魔術によってそれらを歪ませて忌まわしい従者に仕立て上げる者から崇拝されている。彼の聖地は十字路、市場、港の近くにあり、瞬間移動によってのみ到達できる場所もある。獄界ヘルへの入り口(そしてあらゆる種類の出入り口)の守護者としての役割にふさわしく、バルバトスの教団では屋敷の入口が特別に崇められていることが多く、その神殿聖地への入り口やには、彼の肖邪印が描かれていることが多い。

バルバトス邪印は、逆三形にが3つあるもので、邪印の三形の部分は3本の不潔な髭のように見えることが多い。彼の好む武器クオータースタッフで、秩序魔法領域と、交易、信仰デヴィル秘術の副領域を与える。

アークデヴィル:ベリアル Archdevil, Belial

その体の半分は天使のようなを持ちきらびやかでしいが、もう半分はを持ち、傷だらけで、ずんでいる。

ベリアル 脅威度28 Belial

出典 Bestiary 6 20ページ
経験点 4,915,200
秩序にして悪/中型サイズ来訪者デヴィル他次元界秩序変身生物
イニシアチブ +12; 感覚 暗視60フィート、暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+45
オーラ Baleful Beauty(30フィート、難易度39)、シールド・オヴ・ロー難易度31)

防御

アーマー・クラス 46、接触35、立ちすくみ37(+1回避、+11外皮、+4反発、+8【敏】、+12不浄)
ヒット・ポイント 676(33d10+495); 再生30(神性または神話
頑健 +37、反応 +23、意志 +31; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 獄の蘇生、反射変身不定形の構造マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、(ポリモーフ効果、(魅了); 抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 39

攻撃

移動速度 50フィート、飛行120フィート(良好)
近接 +4アンホーリィスピードランサー=+51/+46/+41/+36(2d4+26/19~20/×3)、愛撫=+40接触特殊)、(×2)=+40(2d8+6)、突き刺し=+40(1d6+6)
特殊攻撃 享楽的な希望不浄なる羽吹雪ランサー体得
擬似呪文能力術者レベル28; 精神集中+41)

シールド・オヴ・ロー難易度31)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウオーダーズ・ラス(神)難易度27)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートディクタム(神)難易度30)、ディセクレイト(神)ドミネイト・パースン(神)難易度28)、ベイルフル・ポリモーフ(神)難易度28)、マッチメイカー難易度26)、モディファイ・メモリー(神)難易度27)
3回/日―ウェイヴズ・オヴ・エクスタシー難易度30)、シンパシー難易度31)、デヴィル招来プリズマティック・スプレー(神)難易度30)、呪文高速化マス・サジェスチョン難易度29)
1回/日―ウィッシュ(神)オーヴァーウェルミング・プレゼンス難易度32)、タイム・ストップ(神)
(神) 自分の領界にいる間、ベリアルはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】34、【敏】26、【耐】41、【知】31、【判】28、【魅】37
基本攻撃 +33; 戦技ボーナス +45(武器落とし+49); 戦技防御値 80(対武器落とし82)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》、《擬似呪文能力高速化:マス・サジェスチョン》、《強行突破》《強打》《クリティカル強化:ランサー》、《攻防一体》《上級武器落とし》《上級武器開眼:ランサー》、《上級武器熟練:ランサー》、《人造クリーチャー作成》《その他の魔法のアイテム作成》《武器落とし強化》《武器開眼:ランサー》、《武器熟練:ランサー》、《魔法の武器防具作成》
技能 〈威圧〉+46、〈知識:神秘学、地域宗教〉+43、〈軽業〉+41、〈言語学〉+46、〈交渉〉+49、〈呪文学〉+46、〈真意看破〉+45、〈製作:武器〉+46、〈知覚〉+45、〈知識:次元界〉+46、〈はったり〉+49、〈飛行〉+48、〈変装〉+49、〈魔法装置使用〉+49
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 変身(下記参照

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(+4アンホーリィスピードランサーその他宝物

特殊能力

愛撫(超常)/Caress ベリアルによって愛撫されたり口づけされたりしたクリーチャー負のレベルを2得る。加えて、難易度39の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ポイントの【知力】ダメージ【判断力】ダメージ【魅力】ダメージを受ける。擬似呪文能力を使用する際に即行アクションとして、ベリアルは現在愛撫効果を受けているクリーチャー1体に、その擬似呪文能力に対する全てのセーヴィング・スローを2回ロールして低い出を使用するように強制することができる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

享楽的な希望(超常)/Hedonistic Hope ベリアルの30フィート以内にいるクリーチャーが(それが敵であれ味方であれ)士気ボーナスあるいは利益をもたらす[感情]効果を得たなら、ベリアルは同じ利益を得ることを選択できる(同じ種類の複数の士気ボーナスがある場合、最も高いボーナスを選択できる)。加えて、ベリアルクリティカル・ヒットを確定させたなら、目標効果を及ぼしている全ての士気ボーナスは1分の間抑止される。

反射変身(超常)/Reflexive Shapeshifter 1分に1回、間合い武器でない近接攻撃が命中した際、割り込みアクションとして、ベリアルは1段階小さいサイズの異なる姿を取るために返信を使用することで、その攻撃に対するアーマー・クラスに+10の回避ボーナスを得ることができる。これにより攻撃が外れたなら、その攻撃は一切ダメージを与えず、自動的に元の姿に戻る前に、任意の方向に30フィートだけ移動できる。この能移動機会攻撃を誘発しない。

不浄なる羽吹雪(変則)/Fiendish Fluttering ベリアルが同じラウンドによる攻撃を2回ともクリーチャー1体に命中させたなら、舞い散る羽とでこぼこしたによって、目標は1ラウンドの間よろめき状態になり、1d4ラウンドの間目が眩んだ状態になる。難易度41の眼瞼セーヴに成功すれば、目標よろめき状態にならず、目が眩んだ状態持続時間は1ラウンドに減少する。これは視覚に基づく効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

不定形の構造(変則)/Amorphous Anatomy ベリアルの絶え間ない変身外見だけでもなく体内でも発生し、重要な期間は急速に構成と位置を動かしていく。これにより、ベリアルクリティカル・ヒット急所攻撃による追加ダメージを50%の確率で無効化でき、(ポリモーフ効果に完全体制を持つ。ベリアルは新しい感覚器を作るために姿を変え損なわれた部分を補うため、聴覚喪失状態目が眩んだ状態盲目状態を及ぼす物理的な効果を1ラウンド後に回復する。

変身(超常)/Change Shape ベリアル変身で任意のクリーチャーの姿を取ることができるが、与えられる特定の能グレーター・ポリモーフにで得られるものに限られる。ベリアル変身を使用するのは移動アクションである。

有害なる美(超常)/Baleful Beauty ベリアルがどのような姿をしていても、ベリアルは超自然的なの一面を備えている。ベリアルに視線が通る、30フィート以内にいる全ての人型生物ベリアル人型生物でいるか本来の姿をしている場合)、もしくはベリアルの取る姿の種別である全てのクリーチャー(それ以外の姿の場合)は欲情に満たされてしまう。このようなクリーチャーは、次のターンにその姿に向かって近づいて口づけをする。これにより、このクリーチャーベリアル愛撫効果目標となる。あるいは、ベリアルは極端で恐ろしい姿を取ることで、このような種別クリーチャーに1d6ラウンドの間吐き気がする状態にすると同に、1d6ポイントの【筋力】ダメージを与えることができる。難易度39の意志セーヴに成功すれば、いずれの効果にも抵抗できる。いずれかの効果に対するセーヴに成功したクリーチャーは、以降24時間の間この効果響を受けなくなるが、もう一方の効果に対しては新たにセーヴを試みなければなrない。これは[感情、精神作用]効果である。難易度【魅力】に基づく。

ランサー体得(変則)/Ranseur Mastery ベリアル間合い武器でないかのようにランサーで隣接する敵を攻撃でき、ランサーに関する特技前提条件を満たす的において、20レベルファイターとして扱う。

"蒼接吻"ベリアルはあらゆるクリーチャーに完璧な姿と顔として映る姿を持つ存在として、崇拝の対象としてアスモデウスに想された。"デヴィルの皇子"はベリアルに事実上無制限に姿を変えられる能を与え、このアークデヴィル遭遇した者にとって最も魅的な存在であれば何にでも、誰にでもなれるようにするとともに、インスピレーションを与える芸術争を生み出すための無限の想を与えた。ベリアルは喜びの中にも痛みの中にも等しく至福を見出し、魔法や武術の分野での技術革新に関わらず、創造という行為に喜びを覚える。"蒼接吻"は獄界ヘルの軍団のために新しい武器を作り出し、デヴィル下が的に放つための魔法の新しい具現化方法を描き、獄界ヘルのしもべとして全く新しい種族を生み出す。しかしこの不浄なる存在は、一度生まれた創造物をほとんど気にせず、すぐに新しい興味に移る。

ベリアルの真の姿はアスモデウス以外に知られていない。アスモデウスベリアルにさえその秘密を伝えなかった。"蒼接吻"はほとんど常に姿を変え、ときには意識せずに姿を変えているように見えることもある。他の地獄の公爵たちとの評議会では、ベリアル通常、淡い肌と髪を持ちながらも燃えるようなをした、身長5~6フィートの繊細な人型生物として現れる。その武器や道具はいつも精巧に作られているが、その不規則な怒りで汚されたところに傷がついている。ベリアル欲は飽くなきものでとどまるところを知らず、自由に姿、種別、性別を入れ替え、宇宙全体の定命のものと不滅の存在の人と関係を持ち、その行く末にあらゆる形の無数のハーフフィーンドを残している。

ベリアルの教団 Belial's Cult

ベリアルは尊厳と礼儀正しさの仮面の下に、不貞の快楽と禁断の欲望を求めル人々に崇められている。姦淫を為すものはサディストや拷問者、さらにまずい存在はこのアークデヴィルの儀式を祝い、ベリアルの喜びを求める。これら全ての欲望を満たすために堕落の深みにまで踏み込もうとする裏表のある詐欺師らは、その欲望を満たすためにベリアルを褒め称える術を探し求める。"蒼接吻"の聖地は大都市や人里離れたしい自然の中にあることが多いが、そこには陰鬱な娼館や虐待を行う畜殺場が隠されている。

ベリアル邪印は2つに別れた顔の仮面だ。その一方は笑顔でく、もう一方はしかめっ面でい。好む武器ランサー。"蒼接吻"は秩序破壊魅了の領域と、激怒災害、色欲、デヴィルの副領域を与える。

アークデヴィル:ディスパテル Archdevil, Dispater

このまさに魔といった存在は、王のローブを身にまとい、鉄ののついた冠をかぶっている。には金属でできた長くて思いメイスを持っている。

ディスパテル 脅威度27 Dispater

出典 Bestiary 6 22ページ
経験点 3,276,800
秩序にして悪大型サイズ来訪者他次元界秩序デヴィル変身生物
イニシアチブ +13; 感覚 暗視60フィート、暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+46
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度37)、シールド・オヴ・ロー難易度29)

防御

アーマー・クラス 45、接触35、立ちすくみ35(+1回避、+10外皮、-1サイズ、+4反発、+9【敏】、+12不浄)
ヒット・ポイント 643(33d10+462); 再生30(神性または神話
頑健 +29、反応 +31、意志 +34; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 獄の蘇生、マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、(魅了); 抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 38

攻撃

移動速度 50フィート、飛行60フィート(良好)
近接 ジ・イクリプシング・アイ=+49/+44/+39/+34(2d6+22/19~20/×3)、突き刺し=+39(2d6+6)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート
特殊攻撃 急所攻撃+6d6、死の凝視辛辣なる機知
擬似呪文能力術者レベル27; 精神集中+38)

シールド・オヴ・ロー難易度29)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングフライマインド・ブランク
回数無制限―アイアン・ボディアストラル・プロジェクションアンハロウウォール・オヴ・アイアンオーダーズ・ラス(神)難易度25)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートチャーム・モンスター難易度27)、ディクタム(神)難易度28)、ディセクレイト(神)ドミネイト・パースン難易度28)
3回/日―ギアス/クエストシンボル・オヴ・ペイン難易度27)、デヴィル招来フォースケージ難易度28)、呪文高速化ブレード・バリアー(神)難易度27)
1回/日―インプリズンメント難易度30)、ウィッシュ(神)タイム・ストップ(神)
(神) 自分の領界にいる間、ディスパテルはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】34、【敏】29、【耐】38、【知】33、【判】30、【魅】33
基本攻撃 +33; 戦技ボーナス +46; 戦技防御値 82
特技 《威圧演舞》《イニシアチブ強化》《回避》、《擬似呪文能力高速化:ブレード・バリアー》、《強行突破》《強打》《クリティカル強化:ヘヴィ・メイス》、《クリティカル熟練》《攻防一体》《上級フェイント》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《フェイント強化》《武器熟練:ヘヴィ・メイス》、《防御崩し》《迎え討ち》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+47、〈知識:神秘学、工学、歴史貴族宗教〉+44、〈知識:次元界〉+47、〈隠密〉+41、〈軽業〉+42、〈言語学〉+44、〈交渉〉+47、〈呪文学〉+44、〈真意看破〉+46、〈知覚〉+46、〈はったり〉+47、〈飛行〉+60、〈魔法装置使用〉+44
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 鋼鉄の王変身(あらゆる人型生物オルター・セルフ)、命令の声

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(ジ・イクリプシング・アイその他宝物

特殊能力

鋼鉄の王(変則)/Lord of Iron ディスパテルが許可しない限り、腐食効果ラスティング・グラスプなど)はディスパテルから60フィート以内では機能しない。ディスパテル知性のないアイアン・ゴーレムアイアン・コブラその他の全てが鋼鉄で作られた人造を、自分がその製作者であるかのように指示できる。

死の凝視(超常)/Mortal Gaze 1ラウンドに1回、ディスパテルフリー・アクションとして、60フィート以内にいるクリーチャー1体に凝視を向けることができる。凝視されたクリーチャー負のレベル2を得る。この負のレベルは24時間後に難易度37の頑健セーヴに成功しなければ永続的な負のレベルとなる。ディスパテル死の凝視亡したクリーチャーは、1d4ラウンド後にゾンビ・ロードPathfinder RPG Bestiary 4 286)として蘇る。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

辛辣なる機知(超常)/Caustic Wit ディスパテルは洗練された侮辱とあざ笑うように意見を否定するのを得意とする。ディスパテルは1ラウンドに1回、フリー・アクションとして〈威圧〉判定の代わりに〈はったり〉判定を使用して30フィート以内にいる敵1体の士気をくじこうと試みることができる。ディスパテルによって士気をくじかれたクリーチャー恐れ状態に加えて、羞恥心と自己嫌悪に満たされて1d4ポイントの【魅力】ダメージを受け、幻惑状態になる。この追加効果難易度37の意志セーヴに成功すれば無効化できる。侮辱されたクリーチャーはこの効果を終了させるために、毎ラウンド自分のターンの開始フリー・アクションとして新たなセーヴを試みることができる。しかし、これによって受けた【魅力】ダメージ回復するまで持続する。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

命令の声(超常)/Voice of Command ディスパテルチャーム・モンスターおよびドミネイト・パースン擬似呪文能力セーヴィング・スロー難易度には+2のボーナスが含まれている。これは上記のデータの含まれている。え現在ディスパテルやその仲間によって驚異を感じていたり攻撃されていたりしたとしても、クリーチャーディスパテルチャーム・モンスターに対するセーヴ通常得られる+5のボーナスを得られない。ディスパテルドミネイト・パースンによって操られている人型生物に命令を出して本来の性質と異なる行為を行わせようとする場合、クリーチャーは自己破壊的な命令でない限り、その効果抵抗するために新たなセーヴィング・スローを行えない。自己破壊的な命令であれば、クリーチャーはその命令に抵抗するために+2のボーナスを得て新たなセーヴを行える。

ディスパテルアスモデウスの最も古株で忠実な同盟者の一人で、獄界ヘルの階層社会でも優遇されている。ディスパテルは一般に他のアークデヴィル策略から距離をおき、アークデヴィルの中では特に、物質界の退屈で些細なことを気にかけている。彼が最も気にかけているのは永遠に栄光に満ちた完璧なる獄、すなわち宇宙が規範とされるべき共同体とシステムを構築することにある。ディスパテルは冷静で、創造的で、身長で、計画的で、ある意味は正義の君主の姿である。しかし同に、容赦がなく、冷酷で、人の心を操り、極度に傲慢でもある。階級、位、宮廷生活のルールはディスパテルの寝食そのもので、礼儀作法の些細なルールに違反したものをすぐに軽蔑する一方、その精密な計画をすすめるために必要な場合には、すぐに礼節を捨ててしまう。アークデヴィルの中でただ一人、ディスパテルは宮廷の恋と結婚による面識を維持し、国家の問題については顧問と協議する。

ディスパテルはまさにデヴィルのイメージを体現している。身長は13フィート。打つ色の筋と洗練された威厳のある振る舞いにより、その兄弟の中で彼ほど豪華絢爛なものはない。

ジ・イクリプシング・アイ The Eclipsing Eye

オーラ 圧倒的・全て; 術者レベル 30
装備部位 なし; 市価 ―; 重量 20ポンド
区分 上級アーティファクト

ジ・イクリプシング・アイ+4アクシオマティックアンホーリィウーンディングアダマンティンヘヴィ・メイスである。これは獄界ヘル最大の都市総督に与えた、アスモデウス自身によってを吹き込まれた尊敬の証にしての証である。獄界ヘル起動すると、使用時間に制限のないロッド・オヴ・ルーラーシップとして、所有者への中世を命じることができる。獄界ヘル以外の場所では、この効果持続時間は合計500分に制限されているが、その時間使い切っても砕け散ることはない。獄界ヘルで過ごした1時間毎に、使用した持続時間が1分間回復する。武器として使用した場合、ジ・イクリプシング・アイのクリティカル倍率は×3である。ジ・イクリプシング・アイは毎ラウンド最初に攻撃を命中させたクリーチャーに、ブラインドネス9レベルレベル上昇させたブラインドネス/デフネスセーヴ難易度23)を自動的に発動する。

ジ・イクリプシング・アイディスパテルの業務用の杖であり、距離がどれだけ離れていようとも、次元界境界をまたいでさえ、フリー・アクションとしてにこのアイテムを召喚することができる。身につけている間、全ての秩序にして悪中立にして悪秩序にして中立クリーチャーは、ディスパテルサンクチュアリ呪文術者レベル30、9レベルレベル上昇させているかのようにセーヴ難易度は23)の効果を受けているかのように扱う。1日3回、ジ・イクリプシング・アイは以下の呪文効果《呪文レベル上昇》特技効果9レベルレベル上昇させているものとして生み出すことができる:カーム・エモーションズディサーン・ライズディサーン・ロケーションディマンド

破壊方法

アスモデウスフリー・アクションとしてジ・イクリプシング・アイ破壊できる。それ以外の方法では、スティクス川に100年間浸し、このアーティファクトを完全にびつかせることによってのみ破壊することができる。

ディスパテルの教団 Dispater's Cult

ディスパテル秩序を安寧に保つことへの検診、綿密なる計画、多元宇宙に平和と統一をもたらす可能性がある獄界ヘルの暗き威厳を体現している。しかしそのような平和は、血やによって贖われたものである。ディスパテル聖地は壮大なものであり、一般には宮殿巨大記念碑に見られる。

ディスパテル邪印い王冠に突き刺さる重くだ。好む武器ヘヴィ・メイスディスパテル欺き高貴秩序領域と、指導者、専制、騙し、デヴィルの副領域を与える。

アークデヴィル:ゲリュオン Archdevil, Geryon

この3つに別れた存在は、三匹の巨大の絡み合ったものに腰から下を飲み込まれた3人の人形生物の体をしている。

ゲリュオン 脅威度29 Geryon

出典 Bestiary 6 24ページ
経験点 6,553,600
秩序にして悪超大型サイズ来訪者水棲秩序デヴィル他次元界
イニシアチブ +9; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+47
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度38)、シールド・オヴ・ロー難易度29)

防御

アーマー・クラス 47、接触32、立ちすくみ42(+8外皮、-2サイズ、+7、+4反発、+5【敏】、+15不浄)
ヒット・ポイント 731(34d10+544); 再生30(神性または神話
頑健 +31、反応 +28、意志 +33; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 三重の身体全周囲視覚獄の蘇生、毒鱗マインド・ブランクダメージ減少 20/ エピック、、および完全耐性]、記憶喪失効果(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、[氷雪]、(魅了); 抵抗 [強]30; 呪文抵抗 40

攻撃

移動速度 50フィート、水泳50フィート、エア・ウォーク
近接 +5アンホーリィクルーエルディスペリング・バーストフレイル=+47/+42/+37/+32(3d6+19/19~20)、+1 ヘヴィ・シールド=+43/+38(2d6+15/19~20)、(×3)=+41(1d6+7)、尾の打撃(×3)=+41(2d6+7/19~20、加えて“”)
接敵面 15フィート、間合い 15フィート
特殊攻撃 運命理解術者滅ぼし腐敗の愛撫
擬似呪文能力術者レベル29; 精神集中+40)

エア・ウォークシールド・オヴ・ロー難易度29)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウウォール・オヴ・アイスオーダーズ・ラス(神)難易度25)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートディクタム(神)難易度28)、ディセクレイト(神)ブラック・テンタクルズ(神)マインドワイプ難易度25)、モディファイ・メモリー(神)難易度25)
3回/日―ヴィジョンデヴィル招来パーシステント・イメージ難易度26)、フィーブルマインド難易度26)、呪文高速化マインドワイプ難易度25)、ミスリード
1回/日―ウィッシュ(神)タイム・ストップ(神)プレディクション・オヴ・フェイラー難易度29)
(神) 自分の領界にいる間、ゲリュオンはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】38、【敏】21、【耐】42、【知】33、【判】30、【魅】33
基本攻撃 +34; 戦技ボーナス +50(武器落としおよび足払い+54); 戦技防御値 84(対武器落とし86、足払いされない)
特技 《足払い強化》《イニシアチブ強化》、《擬似呪文能力高速化:マインドワイプ》、《強打》《クリティカル強化:フレイルヘヴィ・シールド尾の打撃》、《クリティカル熟練》《攻防一体》《呪文潰し》《上級足払い》《上級武器落とし》《盾攻撃強化》《二重斬り》《二刀流》《二刀流強化》《武器落とし強化》《盲目化クリティカル》
技能 〈威圧〉+48、〈知識:貴族、工学、自然宗教神秘学、ダンジョン探検地域地理歴史〉+45、〈知識:次元界〉+48、〈言語学〉+48、〈交渉〉+48、〈呪文学〉+48、〈真意看破〉+47、〈水泳〉+21、〈知覚〉+47、〈はったり〉+48
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 水陸両生変身人型生物およびシェイプチェンジ

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(+5アロー・デフレクションバッシング鋼鉄製ヘヴィ・シールド+5アンホーリィクルーエルディスペリング・バーストフレイルホーン・オヴ・ライズその他宝物

特殊能力

運命理解(超常)/Perceive Destiny 割り込みアクションとして、ゲリュオンは3つのクリーチャー1体を凝視し、その過去、現在、未来を見通すことができる。これによりゲリュオンはそのクリーチャーに対して(これにはそのクリーチャーによる攻撃効果も含まれる)、アーマー・クラス攻撃ロール、大公技能判定反応セーヴに+4の洞察ボーナスを得る。この効果は次のターンの終了まで持続する。この効果ノンディテクションマインド・ブランクその他占術からの防護を使用しているクリーチャーにも使用した場合、ゲリュオン術者レベル判定難易度=11+効果術者レベル+術者の神話階梯神話効果の場合])に成功しなければならない。

記憶喪失への完全耐性(変則)/Immune to Memory Loss ゲリュオンはスティクス川の効果と、記憶を失わせたり記憶を改竄したりするすべての効果完全耐性を持つ。

三重の身体(変則)/Threefold Body ゲリュオンの急所や感覚は、つながった3つの体全てに広がっている。聴覚喪失状態あるいは盲目状態を及ぼす効果は、それが範囲に作用するか、体それぞれを別々のクリーチャーとして作用させられるものでない限り、体1つにしか作用しない。体1つが聴覚喪失状態あるいは盲目状態になった場合、ゲリュオンは一切不利な効果を受けない。2つの体が聴覚喪失状態あるいは盲目状態担った場合、ゲリュオン全周囲視覚を失い、目が眩んだ状態となる。3つすべての体が聴覚喪失状態あるいは盲目状態になった場合にのみ、ゲリュオン聴覚喪失状態あるいは盲目状態となる。また、この理由により、ゲリュオンクリティカル・ヒット急所攻撃によるダメージ、同の精密性によるダメージを、75%の確率で無効化する。

術者滅ぼし(変則)/Casterbane ゲリュオンは未来視により、割り込みアクショングレーター・ディスペル・マジックで相殺を行え、信仰呪文を相殺または解呪する際+4のボーナスを得る。ゲリュオンボーナス特技として《呪文滅ぼし》を得、防御的発動における精神集中判定に失敗した呪文使いは、その次のターンの終わりまでゲリュオンに対して立ちすくみ状態となる。

(変則)/Poison 尾の打撃―致傷型; セーヴ 頑健難易度43; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d6【知】吸収治癒 3回のセーヴ成功。

毒鱗(変則)/Envenomed Scales ゲリュオン近接接触攻撃素手打撃肉体攻撃のいずれかを命中させたクリーチャーゲリュオンに晒される。これはゲリュオンに対して近接刺突武器もしくは近接斬撃武器クリティカル・ヒットを確定させたクリーチャーも同様にに晒される。

腐敗の愛撫(超常)/Corrupting Caress ゲリュオン肉体攻撃もしくは近接武器ダメージを受けたクリーチャーは、1ラウンドの間信仰呪文の発動領域能力起動正のエネルギー放出を打つ一撃を使用できなくなる(意志無効難易度38)。この持続時間セーヴに複数回失敗すると累積するが、セーヴに成功したクリーチャーは、以降24時間の間、ゲリュオン腐敗の接触目標にならない。これは[呪い効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

冒涜の元凶ゲリュオンは、他のどのアークデヴィルよりも長く獄界ヘルを支配してきた。アスモデウスとその軍団が獄界ヘルに移住してきたとき、ゲリュオンは神の過ちの中の皇帝、アスラ・ラナとして君臨していた。アスモデウスと交渉下の血、ゲリュオンは兄弟らを裏切り獄界ヘルデヴィルの支配を確実なものとする代わりに、荒涼としたスティギアの沼を支配し続けるkとになった。それ以来、ゲリュオン獄界ヘルで最も偉大で謎に満ちた支配者の一人に数えられている。そしてまた、ゲリュオン不可能な真実を見定める異端児でもある。

ゲリュオンは全長20フィートのをまとった芋虫が3匹集まった結びのような存在だ。その口からは、これまでに出会ったあらゆる存在の声を、それが定命のもののものであれ、フィーンドであれ、奇妙なそんざいであれ、部分的に再生し、話すことができる。アスモデウスとの契約の結果、ゲリュオンは今や真のデヴィルである。

ホーン・オヴ・ライズ Horn of lies

オーラ 圧倒的・全て; 術者レベル 30
装備部位 なし; 市価 ―; 重量 15ポンド
区分 上級アーティファクト

この笛は1日3回、即行アクションもしくは移動アクションとして使用できるグレーター・ホーン・オヴ・ブラスティングとして機能するが、爆発する可能性はなく、効果は1分間持続する。この笛によって聴覚喪失状態になったクリーチャーは、心のなかで囁きや偽りの言葉が響き、近くを歪めてしまう。そのようなクリーチャー聴覚喪失状態の間、他のすべてのクリーチャー視認困難を受けるとともに、[精神作用]効果に対するセーヴに-4のペナルティを受ける。加えて、聴回復するまで、技量ボーナスと洞察ボーナスは代わりにペナルティとして扱われる。

上記の用法とは別に、1日に3回まで、笛を使用して60フィート以内の仲間信仰呪文に対するセーヴに+4のボーナスを与え、60フィート以内の敵が真実を話せないようにすることができる(意志無効難易度25)。これには音声、筆記、その他ありとあらゆる意思疎通段が含まれるが、命令、質問、呪文音声要素など、真実でも偽りでもないことを妨げることはない。を吐くことを共用されている間、ゲリュオンの敵は同に被害妄想に陥り、誰も仲間とみなせなくなる。その結果、彼らは京劇やチームワーク特技援護アクションによる利益を提供したり受けたりすることができなくなり、無害な効果に対して常にセーヴを試みるようになる。効果を受けたクリーチャーは、アークデヴィル進行していない限り、信仰呪文を唱えたり領域能力を使用したりできなくなる。この効果は1分間持続する。これは[音精神作用、呪い効果である。

破壊方法

混沌にして善信仰呪文使いによって、エリュシウムの沈黙の記念塚の中で鳴らされたなら、ホーン・オヴ・ライズは13の部品に分割され、それぞれが形のモンスター変身する。24時間以内に13のが殺されたなら、このアーティファクト破壊される。しかしたった1体でもが生き残ったなら、ホーン・オヴ・ライズは修復され、獄界ヘルアスモデウスに戻る。

ゲリュオンの教団 Geryon's Cult

ゲリュオン禁断の知識を渇望するものらに崇拝されている。その聖地図書館の中に隠されていたり、忘れられた神々や堕落した王国の廃墟となった寺院の中にあったりする。

ゲリュオン邪印のある、だ。好む武器ヘヴィ・フレイルゲリュオン秩序水の領域と、大海、凶暴、デヴィル不屈の副領域を与える。

アークデヴィル:マモン Archdevil, Mammon

この輝く存在は人の姿をしているが、4本のと複数の足、の生えたはそのデヴィル的な性質を顕にしている。

マモン 脅威度28 Mammon

出典 Bestiary 6 26ページ
経験点 4,915,200
秩序にして悪/中型サイズ来訪者秩序デヴィル他次元界
イニシアチブ +16; 感覚 暗視60フィート、暗闇を見通す振動感知60フィート、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+46
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度37)、シールド・オヴ・ロー難易度29)

防御

アーマー・クラス 46、接触39、立ちすくみ33(+1回避、+7外皮、+4反発、+12【敏】、+12不浄)
ヒット・ポイント 676(33d10+495); 再生30(神性または神話
頑健 +30、反応 +34、意志 +34; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 煌めく栄光獄の蘇生、マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、出血攻撃(強制)死霊術効果睡眠効果石化[即死]効果生命力吸収、[]、能力値吸収能力値ダメージ、[病気]、麻痺、(魅了)、朦朧化抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 39

攻撃

移動速度 50フィート、エア・ウォーク
近接 (×4)=+47(1d6+14/19~20)、突き刺し=+47(2d8+14)、鉤爪(×6)=+47(2d6+14/19~20)
擬似呪文能力術者レベル28; 精神集中+39)

エア・ウォークシールド・オヴ・ロー難易度29)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウエンター・イメージオーダーズ・ラス(神)難易度25)、グレーター・オブジェクト・ポゼッション難易度30)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートディクタム(神)難易度28)、ディセクレイト(神)ビガイリング・ギフト難易度22)、ポゼッション難易度26)
3回/日―アウェイクン・コンストラクトグレーター・スクライング難易度28)、シンパシー難易度29)、デヴィル招来呪文高速化ポゼッション難易度26)、ポリモーフ・エニイ・オブジェクト難易度29)
1回/日―ウィッシュ(神)タイム・ストップ(神)マイクロコズム難易度30)
(神) 自分の領界にいる間、マモンはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】38、【敏】35、【耐】40、【知】31、【判】30、【魅】33
基本攻撃 +33; 戦技ボーナス +47(盗み取り+51); 戦技防御値 86(対盗み取り88)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》、《擬似呪文能力高速化:ポゼッション》、《強行突破》《クリティカル強化:鉤爪》、《クリティカル熟練》《攻防一体》《上級盗み取り》《人造クリーチャー作成》《その他の魔法のアイテム作成》《盗み取り強化》、《能熟練グレーター・オブジェクト・ポゼッション》、《鋼の意志》《魔法の武器防具作成》《迎え討ち》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+47、〈知識:貴族宗教神秘学、歴史〉+43、〈隠密〉+48、〈鑑定〉+46、〈言語学〉+46、〈交渉〉+44、〈呪文学〉+46、〈真意看破〉+46、〈装置無力化〉+45、〈知覚〉+46、〈知識:次元界〉+46、〈はったり〉+47、〈魔法装置使用〉+47
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 銀の皇子マモンの印略奪者

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3

特殊能力

煌めく栄光(変則)/Gleaming Glory 銀の皇子の輝く金属沢を持った体は、魔法反射する。明るいの中では、60フィート以内にいるクリーチャー自動的に目が眩んだ状態となり、自分のターンを10フィート以内で開始したり、10フィート以内に移動したりしたクリーチャー難易度37の頑健セーヴに成功しない限り1d4ラウンドの間盲目状態になる。これは凝視攻撃に対して行うようにを背けたり閉じたりするうことで回避できる。光線魔法遠隔接触攻撃は20%の確率で外れる。そうして外れた攻撃はさらに20%の確率で60フィート以内にいる無作為な目標1体に向けられる(それ以外の場合は無害なところに反射する)。マモン憑依されている間、これらの確率はいずれも50%に増加し、反射された効果作成者が60フィート以内にいるなら、マモンは無作為に選択する代わりにこのクリーチャー反射させることができる。マモンに対する凝視攻撃に基づく効果カラー・スプレープリズマティック・スプレーを含む)は光線と同じ確率で反射されるが、範囲効果を及ぼす場合は単にマモンに作用しないだけに終わる。マモンは同様の確率で、プリズマティック・ウォールプリズマティック・スフィアーを害を受けずに通過できる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

銀の皇子(超常)/Argent Prince その本来の姿では、マモンには体がない。このアークデヴィルは物理的な世界とやり取りするために、ポゼッション擬似呪文能力に頼っている。その本来の姿では、マモン体を持たず、アーマー・クラス【魅力】修正値に等しい反発ボーナス(+11)を得、基本移動速度を50フィート、飛行速度を80フィート(機動性は完璧)に変更する。本来の姿では、マモンはその体に関連する能【筋力】銀の皇子憑依することで得る追加の完全耐性[後述]、エア・ウォーク外皮ボーナス肉体攻撃)を全て失う。

マモン体を持たずに他人とやり取りすることはほとんどない。憑依するお気に入りの体は銀の皇子――このアークデヴィルの理想の姿を表現した、強な固有の人造である。銀の皇子マモングレーター・オブジェクト・ポゼッション擬似呪文能力に対するセーヴィング・スローに常に失敗し、どのような距離からでも、次元界境界を超えてさえ、マモン即行アクションとして銀の皇子を自分のそばに呼び寄せることができる。そうするなら、マモンは即座に銀の皇子憑依できる。銀の皇子憑依している間、マモンは常作用する擬似呪文能力としてエア・ウォーク煌めく栄光(上述)、そして出血、死霊術効果睡眠病気麻痺、朦朧効果に対する完全耐性を得る。マモン銀の皇子憑依していない場合(通常、他の物体や存在に憑依している)、銀の皇子擬似呪文能力超常能力を失うが、マモンの支配下にあり、マモンの指示通りにい続けたり、他の行動をとったりすることができる。もし破壊された場合、マモンは再度作り出すことができるが、それにはエレバスの奥深くにある工に1年間こもる必要がある。

マモンの印(超常)/Mammon's Mark マモンが触れた硬貨、宝宝飾品の一部、芸術品には、13日の間、に見えないマモンの映が刻まれる。マモンは印のついたものの位置を感知でき(ローケト・オブジェクトと同様だが、え別次元界にあったとしても作用する)、それを介してエンター・イメージのように意思疎通を行える。いずれの効果も、通常の10倍の距離まで作用する(エレバスにあるマモン領域内では距離制限はない)。クリーチャーが24時間の間、印のついた物体を所持しているなら、マモンはそのクリーチャーの居場所を特定できる(ロケート・クリーチャーと同様だが、上記の距離の増加を得る)。これは回数無制限でフリー・アクションとして使用でき、その後印のついた物体が捨てられたとしても効果を発揮し続ける。マモンはそのようなクリーチャーに対して使用した(念視効果術者レベル判定セーヴ難易度に+10のボーナスを得る。そのようなクリーチャーが年始に対する防護を与える効果で守られており、マモンがエレバスにいたなら、マモン神話パワーを1回分消費することで、その効果無効化できる。これは[呪い効果である。

略奪者(超常)/Plunderer マモンロッド・オヴ・メタル・アンド・ミネラル・ディテクションを使用したかのように、300フィート以内の富を感知できる。加えて、マモン〈鑑定〉判定とアイテムの魔法の特性を識別するために行う〈呪文学〉判定に+10のボーナスを得るとともに、1ラウンド1回、視線の届く場所にあるアイテムの価値や特性を識別するために行う〈鑑定〉もしくは〈呪文学〉判定フリー・アクションとして行える。また、マモンはアイテムを鑑定ないし識別したターンの終了まで、そのアイテムを武器落とししたり盗み取りしたりするために行う戦技判定に+10のボーナスを得る。

マモンは強欲の主にして、アスモデウスに長きに渡り仕える堕天使である。てはるか昔敵に殺されたが、その獄界ヘルにある墓にとどまり続けたその魂は、忘却に身を任せることを望まなかった。マモンの生への渇望は、後に周りに山のように積まれた猥雑な富の中にその魂を吹き込み、代の富と一体になるまでに至った。"掴む者"は今や獄界ヘル全ての庫番であり、自分の体に組み込むための新しい宝物発見し、獄の財産管理をアスモデウスに直接報告することで、ますますその輝きを増している。

マモン物体クリーチャーにかんたんに憑依できるが、最もよく憑依するのは身長8フィートの金属製で、かつての天使の栄光を見事に再現しているが、そのデヴィルの本質によってどこか汚された銀の皇子である。

マモンの教団 Mammon's Cult

マモンは強欲の守護者であり、不徳の商人や強欲な強盗男爵に崇拝されている。その聖地大邸宅美術館宮殿と言った猥雑な豪華さの中に存在することが多い。あるものは密かにマモンに供物を捧げ、またあるものはを傾けるもの全ての恥ずかしげもなくマモンのなと強欲のを賛する。そのようなことをしないものもいる。

マモン邪印の生えたデヴィル頭部と、その名前が淡い色で刻まれた、ミッドナイト・ブルーの硬貨だ。好む武器ショートスピアマモン工匠秩序の領域と、金属人造デヴィル労役の副領域を与える。

アークデヴィル:メフィストフェレス Archdevil, Mephistopheles

このい肌のデヴィルは曲がった3組を眉の上から生やし、不揃いなを3組伸ばしている。

メフィストフェレス 脅威度30 Mephistopheles

出典 Bestiary 6 28ページ
経験点 9,830,400
秩序にして悪大型サイズ来訪者秩序デヴィル他次元界
イニシアチブ +14; 感覚 暗視60フィート、暗闇を見通すディサーン・ライズディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+50
オーラ 畏怖すべき存在(120フィート、難易度41)、シールド・オヴ・ロー難易度32)

防御

アーマー・クラス 48、接触40、立ちすくみ37(+1回避、+8外皮、-1サイズ、+4反発、+10【敏】、+16不浄)
ヒット・ポイント 752(35d10+560); 再生30(神性または神話
頑健 +31、反応 +33、意志 +37; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 灰の精髄フリーダム・オヴ・ムーヴメント獄の蘇生、マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、吸血(強制)クリティカル・ヒット攻撃の正確さを基とするダメージ視覚喪失、出血攻撃生命力吸収石化[即死]効果、聴覚失調、[]、能力値吸収能力値ダメージ、(魅了)、目が眩んだ状態抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 41

攻撃

移動速度 50フィート、飛行100フィート(完璧)
近接 +5アクシオマティックアンホーリィフレイミングトライデント=+55/+50/+45/+40(2d6+29/19~20、加えて1d6[])、突き刺し=+50(2d8+8)、(×6)=+48(1d8+8/19~20)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート
特殊攻撃 地獄の翼不浄なる恩寵
擬似呪文能力術者レベル30; 精神集中+44)

シールド・オヴ・ロー難易度32)、ディサーン・ライズ難易度28)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングフリーダム・オヴ・ムーヴメントマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウオーダーズ・ラス(神)難易度28)、グレーター・スクライング難易度31)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートシークレット・ページディーパー・ダークネスディクタム(神)難易度31)、ディセクレイト(神)ドミネイト・パースン(神)難易度29)
3回/日―グローブ・オヴ・インヴァルナラビリティ(神)デヴィル招来呪文高速化ドミネイト・パースン(神)難易度29)、ファイアー・ストーム(神)難易度32)、マス・チャーム・モンスター難易度32)、ミスリード(神)難易度30)
1回/日―ウィッシュ(神)ソウル・バインド難易度33)、タイム・ストップ(神)
(神) 自分の領界にいる間、メフィストフェレスはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】42、【敏】30、【耐】43、【知】35、【判】34、【魅】39
基本攻撃 +35; 戦技ボーナス +52; 戦技防御値 93
特技 《欺きの名人》《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》、《擬似呪文能力高速化:ドミネイト・パースン》、《強打》《クリティカル強化:トライデント》、《クリティカル熟練》《攻防一体》《人造クリーチャー作成》《その他の魔法のアイテム作成》《鋼の意志》《複数回攻撃》《魔法の武器防具作成》《魔法の指輪作成》《よろめき化クリティカル》《ロッド作成》
技能 〈威圧〉+52、〈知識:神秘学、歴史地域貴族宗教〉+47、〈隠密〉+44、〈言語学〉+50、〈交渉〉+52、〈呪文学〉+47、〈真意看破〉+50、〈知覚〉+50、〈知識:次元界〉+50、〈手先の早業〉+45、〈はったり〉+56、〈飛行〉+54、〈変装〉+56、〈魔法装置使用〉+49
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 へつらいの尋問者

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(+5アクシオマティックアンホーリィフレイミングトライデントヴィジネイルその他宝物

特殊能力

地獄の翼(超常)/Infernal Wings メフィストフェレスは3対のを持つ。6枚の全てが与えるダメージは同じものだが、攻撃によって与えられる追加効果はその声質によって異なる。燃えるが命中すれば追加で1d6ポイントの[ダメージを与え、命中したクリーチャー難易度43の反応セーヴに成功しなければがつく。竜の翼が命中すれば2d6ポイントの出血ダメージを与える。カラスのが命中すれば難易度43の頑健セーヴに成功しなければ永続的な失明状態になる。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

灰の精髄(変則)/Ashen Essence その外面とは裏腹に、メフィストフェレス体は血ではなく、獄界ヘルの灰と硫黄で作られている。メフィストフェレス聴覚喪失状態目が眩んだ状態盲目状態になることはなく、吸血クリティカル・ヒット、出血ダメージ、精密性によるダメージに対する完全耐性を持つ。加えて、1分に1回、近接攻撃もしくは遠隔攻撃自身に命中した際、割り込みアクションとして、メフィストフェレスは自分の体とすべての装備を灰へと変えて崩れ去り、同にその場所から30フィート以内の任意の点に瞬間移動してそれらを再構築することができる。こうするなら、メフィストフェレスはその攻撃から一切のダメージを受けない。カイナにある自分の領域内では、メフィストフェレス神話パワーを1回分消費することで、300フィート以内にある点まで瞬間移動するか、通常なら瞬間移動阻害する効果目標になっていたとしても30フィートの範囲まで瞬間移動することができる。

不浄なる恩寵(超常)/Profane Gift 全ラウンド・アクションとして、メフィストフェレスは同意するデヴィルでないクリーチャー1体の能力値1つに+4の不浄ボーナスを与えることができる。クリーチャーは同に1つしかこの恩寵を得ることができない。また、この効果により、メフィストフェレステレパシーでこのクリーチャーと意思疎通し、メフィストフェレスの[精神作用]擬似呪文能力をこのクリーチャーに使用できる(いずれの効果距離は関係なく、次元界境界をまたいでさえ作用する)。不浄なる恩寵ディスペル・イーヴルもしくはディスペル・ローで解除できる。メフィストフェレスフリー・アクションとして解除し、目標に3d6ポイントの【魅力】吸収を与えることができる(セーヴ不可)。加えて、メフィストフェレスからウィッシュを受け入れたクリーチャーは、直ちに秩序にして悪になり(意志無効難易度41)、1週間の間グッド・ホープの利益を得るが、その後1d6ヶの間クラッシング・ディスペア効果を受ける(いずれも術者レベル30)。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

へつらいの尋問者(超常)/Flattering Inquisitor メフィストフェレスクリーチャーの機嫌を取り、秘密を聞き出すことに長けている。メフィストフェレスディサーン・ライズ擬似呪文能力は自信から30フィート以内にいるすべてのクリーチャー自動的に作用し、をついているかを知るために精神集中を行う必要がない(とはいえ、この範囲内でをつこうとするたびに、通常通り効果をむこうとするために意志セーヴを試みることができる)。メフィストフェレスからの直接の質問に答える際にを吐こうとした場合、難易度41の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1d3ポイントの【判断力】吸収を受け、24時間の間会話できなくなる(メフィストフェレスはこの強制的な沈黙の誓いフリー・アクションで解除できる)。これは[精神作用]硬貨である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

メフィストフェレスアスモデウスによって、獄界ヘルの灰と業から作られた。メフィストフェレスお世辞策略達人であり、地獄の契約を体得しており、カイナのに繋がれた牢獄の次元界守護者でもある。メフィストフェレスは新しいを探し求めていつまでも働き、複雑な取引や契約といったあらゆる方法で定命のものをおびき寄せ、魂を奪い取ろうとしている。

メフィストフェレスは筋質で、身長12フィートの肌の人間の姿をしている。

ヴィジネイル Visineir

オーラ 圧倒的・全て; 術者レベル 30
装備部位 なし; 市価 ―; 重量 1ポンド
区分 上級アーティファクト

このアダマンティン製の羽ペンは魂の堕落の中でメフィストフェレスが持つと最も素晴らしい武器になる。機会攻撃を誘発しない全ラウンド・アクションとして、メフィストフェレスマジック・サークル・アゲンスト・グッド(もしくはマジック・サークル・アゲンスト・ケイオス)を描いたり、マーク・オヴ・ジャスティスを配置したり、地獄の契約を記したりすることができる。これらの契約書はいくつかの恩恵を与えるが、一般にはウィッシュ呪文デヴィルバウンドテンプレートを与えるという形を取る。ヴィジネイル+1ウーンディングキーンアダマンティン製ダガーとして使用することもできるが、メフィストフェレスがそうすることはめったになく、戦闘ではトライデントを用いることを好む。この羽ペン攻撃したクリーチャーそれぞれの血液サンプルを保持することができ、一度に33の血液サンプルを同に蓄積できる。この羽ペンは蓄積している血のクリーチャーに対してベイン特殊能力を得る。また、メフィストフェレスウィッチ傷痕呪術を使用したかのように目標に印をつけ、1マイルまでの距離にいればこのクリーチャー自身擬似呪文能力を使用できるようになる(目標がカイナにいる場合は距離に制限はない)。メフィストフェレス全ラウンド・アクションとして蓄積した血を消費することで、望む種類シンボル呪文を書き込んだり、グレーター・プレイナー・バインディングを発動したかのようにクリーチャーを喚び出したりすることができる(クリーチャーの実際の種別には関係しない。血によって招請する来訪者に制限はない)。

破壊方法

アスモデウスメフィストフェレス作成物を台無しにする契約書を書くためにヴィジネイルを使用すると、この羽ペンは灰になり、メフィストフェレスも灰になってしまう。

メフィストフェレスの教団 Mephistopheles's Cult

Mephistopheles is worshiped by dishonest merchants, crooked politicians, decadent nobles, and cruel tyrants. His sacred places are almost always within large cities, often buried in hidden rooms beneath prisons, palaces, or courts of law, or in secret apartments of corrupt nobles.

His unholy symbol is a diagonal scarlet trident piercing a golden halo. His favored weapon is the trident. He grants access to the Evil, Knowledge, Law, and Rune domains, and to the Devil, Language, Memory, and Thought subdomains.

アークデヴィル:モロク Archdevil, Moloch

This immense figure appears to be a suit of blackened, diabolic armor filled with shrieking blasts of blistering fire.

モロク 脅威度29 Moloch

出典 Bestiary 6 30ページ
経験点 6,553,600
秩序にして悪超大型サイズ来訪者秩序デヴィル他次元界
イニシアチブ +11; 感覚 暗視60フィート、霧を見通す暗闇を見通すディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイング〈知覚〉+49
オーラ Fiendish Furnace(10フィート)、畏怖すべき存在(120フィート、難易度38)、シールド・オヴ・ロー難易度29)

防御

アーマー・クラス 47、接触34、立ちすくみ40(+13外皮、-2サイズ、+4反発、+7【敏】、+15不浄)
ヒット・ポイント 731(34d10+544); 再生30(神性または神話
頑健 +39、反応 +24、意志 +35; [精神作用]効果に対して+8
防御的能 急所防御(50%)、獄の蘇生、マインド・ブランクダメージ減少 20/エピック、、および完全耐性]、(強制)生命力吸収石化[即死]効果、[]、能力値吸収能力値ダメージ、(魅了); 抵抗 [強]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 40

攻撃

移動速度 40フィート、エア・ウォーク
近接 ゴレレッチ=+46/+41/+36/+31(3d6+18/19~20/×4)、レミザイン=+46/+41(3d6+18/17~20/×3)、噛みつき=+42(2d6+7、加えて“つかみ”、および“着火”)、突き刺し=+42(2d6+7、加えて“着火”)
接敵面 15フィート、間合い 15フィート
特殊攻撃 Barbed Blademaster着火(2d6“地獄の業火”、難易度43)、高速飲み込み火葬Spirit of Hellfire飲み込み(20d10“地獄の業火ダメージ、加えて“苦痛”、アーマー・クラス16、ヒット・ポイント73)
擬似呪文能力術者レベル29; 精神集中+40)

エア・ウォークシールド・オヴ・ロー難易度29)、ディテクト・グッドディテクト・ケイオストゥルー・シーイングマインド・ブランク
回数無制限―アストラル・プロジェクションアンハロウウォール・オヴ・ファイアー(神)オーダーズ・ラス(神)難易度25)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートスロー(神)難易度24)、ディクタム(神)難易度28)、ディセクレイト(神)ドミネイト・パースン(神)難易度26)、ファイアーボール(神)難易度24)
3回/日―デヴィル招来呪文強化ファイアー・ストーム難易度29)、呪文高速化ブレード・バリアー(神)難易度27)、マス・チャーム・モンスター難易度29)、マス・ホールド・パースン難易度28)
1回/日―ウィッシュ(神)タイム・ストップ(神)メテオ・スウォーム(神)難易度30)
(神) 自分の領界にいる間、モロクはこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】40、【敏】25、【耐】42、【知】25、【判】34、【魅】33
基本攻撃 +34; 戦技ボーナス +51(突き飛ばし+53); 戦技防御値 87(対突き飛ばし89)
特技 《イニシアチブ強化》、《擬似呪文能力強化ファイアー・ストーム》、《擬似呪文能力高速化:ブレード・バリアー》、《強打》《クリティカル強化:バトルアックスロングソード》、《クリティカル熟練》《攻防一体》《神速の反応》《神速の反応強化》《突き飛ばし強化》《二刀のかきむしり》《二重斬り》《二刀流》《二刀流強化》《魔法の武器防具作成》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+48、〈知識:神秘学、歴史宗教〉+41、〈知識:貴族次元界〉+44、〈言語学〉+44、〈呪文学〉+44、〈真意看破〉+49、〈生存〉+46、〈知覚〉+49、〈はったり〉+48、〈魔法装置使用〉+45
言語 全て(言語体得); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 Call WeaponryInfernal Fortress

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず獄界ヘル
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3(ゴレレッチレミザインその他宝物

特殊能力

Barbed Blademaster(変則)Barbed Blademaster Moloch is proficient with all weapons. In addition, any piercing or slashing weapon he wields sprouts cruel, wicked barbs that increase the weapon's critical multiplier by 1 for as long as he wields it. Targets that have fortification gain only half their usual chance of ignoring Moloch's critical hits.

Call Weaponry(超常)Call Weaponry Moloch can call his weapons Goreletch(a +3 adamantine unholy vorpal battleaxe) and Ramithaine(a +3 axiomatic cruel unholy wounding longsword) to his hands at will as a free action from any distance(even across planar boundaries). If one of these weapons is destroyed, he can remake it and cause the rebuilt weapon to appear in his hand as a standard action; if needed, he can instead remake both weapons as a full-round action. Remaking a weapon in this way provokes attacks of opportunity, but calling a weapon does not.

Fiendish Furnace(変則)Fiendish Furnace Any creature that comes within 10 feet of Moloch or begins its turn within this area takes 2d8 points of hellfire damage(no save). In addition, creatures that strike Moloch in melee are affected by his burn ability unless they succeed at a 難易度43 Reflex save. Whenever Moloch would take cold damage, he can choose to block all cold damage from that attack, but doing so causes his fiendish furnace ability to be negated until the start of his next turn. Choosing to do so is reflexive and does not require any action on Moloch's part. The save 難易度 is Constitution-based.

火葬(超常)/Incinerate When a creature is reduced to 0 hit points by an attack or effect used by Moloch that deals hellfire damage, it is instantly killed and its body reduced to ash(Fortitude 難易度38 negates). Creatures destroyed in this way can be restored to life only through miracle, true resurrection, wish, or divine intervention. The save 難易度 is Charisma-based.

Infernal Fortress(超常)Infernal Fortress Once per day as a full-round action, Moloch can cause a towering fortress to erupt from the ground at a point within 30 feet. Treat this ability as if Moloch used an instant fortress, save that the fortress is 60 feet square and 90 feet tall, and sized for a Huge inhabitant. Once created, this fortress is permanent until Moloch uses the ability again, whereupon the previous fortress vanishes; any objects and creatures within the fortress fall to the ground at this time.

Spirit of Hellfire(超常)Spirit of Hellfire Whenever Moloch creates an effect that would normally deal fire damage, it instead deals hellfire damage. Half of the damage dealt by hellfire is fire damage, with the other half being unholy damage that is not reduced by fire resistance or fire immunity.

飲み込み(超常)/Swallow Whole Whenever a creature takes hellfire damage as a result of being swallowed whole by Moloch, it must succeed at a 難易度43 Will save or be so overwhelmed with pain that it can do nothing but shriek and wail in agony, and can take no other action; this is a pain effect. Each round that such a victim shrieks in pain, Moloch's frightful presence is automatically activated and he gains a +4 profane bonus to the save 難易度 to resist its effects. The save 難易度 is Constitution-based.

Moloch is the dread general of Hell's armies, both his own hordes in the pits of Malebolge and the legions serving his lieutenants throughout the plane. He is fiercely loyal to Asmodeus and to Hell itself, and he marshals not only devils but also lost souls, other denizens of Hell, and interplanar mercenaries in brutal, endless campaigns. He can recount the dispositions and particulars of every military formation in Hell, and he brooks no insubordination or disobedience in martial matters, under threat of burning torments that are terrible even by Hell's standards. Moloch is surprisingly responsive to his mortal worshipers, and he is quite willing to exchange his favor for gifts of provisions, supplies, and soldiers for the infernal armies. Those sacrificed to him in the fires of the mortal world or ritually cremated in his honor after death face an eternity of soldierly slavery in his legions.

Moloch is a hulking giant of fire and steel, standing 24 feet tall and weighing 5 tons. What appears to be his armor is in fact his flesh, inside which lies nothing but flames, ash, and bits of scorched bone from previous victims. Despite his fiery appearance, he is a cool and professional tactician who has studied war for eons and has put every known tactical theory into practice in the endless war against the celestial hosts and the fiendish rivals of Hell.

モロクの教団 Moloch's Cult

Moloch is worshiped by warlords and tyrants alike. Unlike for many archdevils, his worship is often public, with monolithic temple complexes and pits of eternal flame where sacrifices to the Ashen Bull are made to pass through the fire, or their hearts are cut out and burned to sear their courage into the immortal armies that the Lord of the Sixth marshals at the behest of the high lords of Hell. His sacred places are altars of blackened stone and twisted iron, replete with massive gongs and braziers to sound the knell of death that war will bring to all.

Moloch's unholy symbol is a shadowed red-and-black bull's head with a sickly yellow flame within. Although he can use any weapon(and favors the battleaxe Goreletch and the longsword Ramithaine), his favored weapon is the whip, as he prefers his worshipers to drive armies by the lash. He grants access to the Evil, Fire, Law, and War domains, and to the Ash, Devil, Smoke, and Tactics subdomains.

全文検索 目的別索引