ファイアーボール

Fireball
系統 力術];呪文レベル ウィザード/ソーサラー3
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作物質バット(コウモリ)の糞が乾いた玉と硫黄)
距離 長距離(400フィート+40フィート/レベル
効果範囲 半径20フィートの拡散
持続時間 瞬間
セーヴィング・スロー 反応半減呪文抵抗

ファイアーボール呪文は低音の響きとともにによる焼けつく爆発を作りだし、効果範囲内のすべてのクリーチャー術者レベルごとに1d6(最大10d6)ポイントの[ダメージを与える。装備中でない物体もこのダメージを被る。この炸裂では圧はほとんど生じない。

術者は指を向け、ファイアーボールの炸裂する距離距離と高度)を決定する。指先から輝く豆粒ほどの大きさの玉が飛び出し、あらかじめ決めた距離に達する前に実体のある体や固体障にぶつからない限り、目標点でファイアーボールとなって炸裂する。目標点に達する前にぶつかった場合、そこで炸裂する。アローを射かけるためにに開けた狭間窓など、細い隙間の向こうへ玉を送り込もうとするなら、術者は遠隔接触攻撃でその開口部に“命中”させなければならない。失敗すれば玉は周囲のにぶつかり、意図したより早く炸裂してしまう。

ファイアーボールは可燃物を発火させ、効果範囲内の物体にダメージを与える。、銀、銅、青銅、鉛などの融点の低い金属を融かすことができる。ファイアーボールを遮る障ダメージによって砕けたり、が開いてしまった場合、ファイアーボール効果範囲が許す限りその障の向こうまで広がって行く。障を突き抜けられなければ、他の呪文効果と同様、そこで止まってしまう。


全文検索 目的別索引