ラスティング・グラスプ

Rusting Graspびの
系統 変成術呪文レベル ドルイド4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、信仰
距離 接触
目標 魔法の力を持たない鉄製の物体1つ(あるいはその物体の、接触した点から3フィート以内の部分)か、あるいは鉄製のクリーチャー1体
持続時間 本文参照
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者の接触した鉄や鉄合金製のアイテムはびてぼろぼろに崩れる。そのアイテムが大きすぎて半径3フィートの範囲内に収まらないものであれば、その金属の半径3フィートに収まる部分がび、破壊される。金属製魔法のアイテムはこの呪文に対して完全耐性がある。

術者は近接接触攻撃に成功することで戦闘ラスティング・グラスプを用いることができる。このようにして使用されたラスティング・グラスプは即座に腐食により、金属製の鎧から得ているアーマー・クラスを1d6ポイント(最大で、その鎧が提供していた点数まで)破壊する。

この呪文で敵の使用している武器目標にすることもできるが、敵の使っている武器をつかむのはもっと難しい。術者はその武器に対する近接接触攻撃に成功しなければならない。これが命中した金属製武器破壊される。敵の武器に打撃を与えることは、機会攻撃を誘発する。また、術者が武器接触しなければならないのであって、武器が術者に触れてもこの呪文がその武器響を与えることはない。

鉄製のクリーチャーに対しては、ラスティング・グラスプ攻撃に成功するたびに即座に3d6+術者レベルごとに1(最大+15)ポイントのダメージを与える。この呪文レベルごとに1ラウンド持続し、術者は毎ラウンド1回の近接接触攻撃を行なうことができる。


全文検索 目的別索引