ハーフフィーンド

ハーフフィーンド Half-Fiend

コウモリのの有るのある足を備えた魔的な姿をしたものが挑戦雄たけびを上げている。

ハーフフィーンド・ミノタウロス 脅威度6 Half-Fiend Minotaur

経験点2,400
混沌にして悪大型サイズ来訪者(原住)
イニシアチブ +2;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+14

防御

アーマー・クラス 17、接触11、立ちすくみ15(+6外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 57(6d10+24)
頑健 +8、反応 +7、意志 +6
防御能力 生来の狡智*;ダメージ減少 5/魔法完全耐性 抵抗]10、[電気]10、[]10、[冷気]10; 呪文抵抗 17

攻撃

移動速度 30フィート、飛行60フィート(標準)
近接 グレートアックス=+11/+6(3d6+9/×3)、噛みつき=+6(1d8+3)、突き刺し=+6(1d6+3)
接敵面 10フィート;間合い 10フィート
特殊攻撃 強力突撃突き刺し=+13、2d6+9)、善を討つ一撃1回/日
擬似呪文能力術者レベル6)

3回/日:ダークネス;1回/日:アンホーリィ・ブライト難易度14)、ディセクレイト

一般データ

【筋】23、【敏】14、【耐】19、【知】9、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +6;戦技ボーナス +13;戦技防御値 25
特技 《頑健無比》《強打》《突き飛ばし強化》
技能 〈威圧〉+9、〈隠密〉+7、〈生存〉+14、〈知覚〉+14、〈知識:宗教〉+5、〈飛行〉+0;種族修正 +4〈生存〉、+4〈知覚〉
言語 巨人

生態

出現環境 温暖/廃墟または地下
編成 単体、2体、徒党(3~4)
宝物 標準(グレートアックスその他宝物

*ミノタウロス特殊能力

ハーフフィーンドは奈落、獄あるいはその他にひどく冒されたクリーチャーである。

ハーフフィーンドの作成

ハーフフィーンド”は生きていて実体があり【知力】が4以上あるならどんなクリーチャーにも付加できる先天性ないし後天性テンプレートである。ハーフフィーンドは以下に挙げるものを除いて、基本クリーチャーのデータと特殊能力をそのまま使用する。

脅威度ヒット・ダイスが4以下の場合、基本クリーチャーに+1。5~10の場合は+2。11以上の場合は+3。

属性いずれかの

種別クリーチャー種別来訪者(原住)となる。このときクリーチャーヒット・ダイス基本攻撃ボーナスセーヴは再計算しない。

アーマー・クラス外皮ボーナスが+1増加する。

防御的能その他の特殊能力暗視60フィート、への完全耐性、[]に対する抵抗10[電気]に対する抵抗10[]への抵抗10[冷気]に対する抵抗10、ダメージ減少5/魔法ヒット・ダイスが11以下の場合)または10/魔法ヒット・ダイスが12以上の場合)、クリーチャー脅威度+11(最大35)の呪文抵抗、を得る。

移動速度基本クリーチャー基本移動速度の2倍の飛行速度(機動性:良好)を得る。基本クリーチャーがもっとよい飛行速度を持つならそれを使うこと。

近接ハーフフィーンドは2回の攻撃と1回の噛みつき攻撃を行える。新しい攻撃噛みつき攻撃ダメージハーフフィーンドサイズによる(301~302ページの『肉体武器参照)。

特殊攻撃ハーフフィーンドは以下のものを得る。

善を討つ一撃(超常)ハーフフィーンドは、1日に1回、即行アクションを費やし、ヒット・ダイス数と同じレベルパラディン悪を討つ一撃と同等(ただし対象は)の、善を討つ一撃を行える。善を討つ一撃は対象がぬか、ハーフフィーンド休息をとるまで持続する。

擬似呪文能力【知力】または【判断力】が8以上のハーフフィーンドは、そのヒット・ダイスに応じて、もっと低いレベルに入る能も含めて、擬似呪文能力を有する。特記なき限り、各能は1日1回使用できる。術者レベルクリーチャーヒット・ダイスに等しい(または基本クリーチャーの持つ擬似呪文能力術者レベルの方が高ければそちらを使う)。

ヒット・ダイス

1~2

ダークネス3回/日

3~4

ディセクレイト

5~6

アンホーリィ・ブライト

7~8

ポイズン3回/日

9~10

コンテイジョン

11~12

ブラスフェミイ

13~14

アンホーリィ・オーラ3回/日、アンハロウ

15~16

ホリッド・ウィルティング

17~18

サモン・モンスターIX(フィーンドのみ)

19~20

ディストラクション

能力値ハーフフィーンドは自分が選択した3つの能力値に+4のボ-ナス、それ以外の能力値に+2のボーナスを得る。

技能種族ヒット・ダイスを有するハーフフィーンドは、種族ヒット・ダイスごとに6+【知力】修正値に等しい技能ランクを得る。種族クラス技能基本クリーチャーから変化しない。クラス・レベルから獲得した技能ランクには響はない。


全文検索 目的別索引