アストラル・プロジェクション

Astral Projection/アストラル投射
系統 死霊術呪文レベル ウィザード/ソーサラー9クレリック9
発動時間 30分
構成要素 音声、動作、物質(1,000gp以上のヒヤシンス(赤褐色のジルコン))
距離 接触
目標 術者に加えて、接触した同意するクリーチャー術者レベル2レベルごとに1体
持続時間 本文参照
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗

この呪文を用いれば、術者は自分の物質的体から体を解き放ち、アストラル体を他の次元界に完全に投射してしまうことができる。術者は他の同意するクリーチャーのアストラル形態を一緒に連れていくことができる。ただし、そうした対象は、呪文の発動点で術者と円を描くようにつながっていなければならない。このような同行者たちは術者に従属した存在であり、常に術者と一緒に行勤しなければならない。の途中で術者に何かが起これば、それがどこであれ、同行者たちは術者が置き去りにした場所で立ち往生してしまう。

術者は物質的体を活動停止状態物質界に残し、自分のアストラル体をアストラル界投射する。この呪文は、術者自身と術者が着用あるいは運搬しているすべてのもののアストラル的複製をアストラル界投射する。アストラル界は他の諸次元界と接しているため、術者はアストラル状態で思いのままにそれらの次元界へとすることができる。そうした次元界の1つに入るために術者がアストラル界を離れると、入ることにした次元界に新たな体(と装備)が形成される。

アストラル界にいる間、術者のアストラル体は物質界体と1本の銀色の紐のような非実体のシルヴァー・コード(魂の緒)で常につながっている。シルヴァー・コードが切れると術者はアストラル界的にも物質界的にも死んでしまう。幸いにも、シルヴァー・コードを破壊できるものは滅多に存在しない。別の次元界に第2の体が形成されている間も、新たな体には不可視状態のシルヴァー・コードが付いたままになっている。第2の体やアストラル形態が殺されたとしても、コードが物質界休眠している術者の体に戻り、活動停止状態から醒めるだけである。しかし、術者の第2の体またはアストラル形態が殺されるという衝撃的な出来事によって、術者は恒久的に負のレベル2レベル得る。 アストラル投射された者たちはアストラル界で活動できるものの、その行動はアストラル界に存在するクリーチャーにしか作用しない。他の次元の存在に作用を及ぼすには、その次元界体を物質化せねばならないのだ。

術者とその同行者たちがアストラル界していられる時間に制限はない。術者が自分と同行者体を体に戻すことを選択するまで、体は活動停止状態で待ち続ける。呪文は術者が終了を望むか、何らかの外部的要因―体かアストラル形態のどちらかにディスペル・マジックをかけられたり、シルヴァー・コードを破壊されたり、物質界で術者の体が破壊されたり(この場合、術者は死亡する)など―で終了させられるまで続く。

呪文の終了、術者のアストラル体とその装備品は消えうせる。


全文検索 目的別索引