オウマ

オウマ Oma

この鯨に似たクリーチャーは重々しく浮かんでおり、輝くエネルギーの弧が口腔を満たし、身体の周りで迸っている。

オウマ 脅威度16 Oma

経験点76,800
真なる中立超巨大サイズ魔獣
イニシアチブ -2; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+24

防御

アーマー・クラス 30、接触0、立ちすくみ30(+30外皮、-8サイズ、-2【敏】
ヒット・ポイント 290(20d10+180)
頑健 +23、反応 +10、意志 +7
完全耐性電気]、[]、[冷気

攻撃

移動速度 飛行200フィート(標準)
近接 噛みつき=+33(4d6+21、加えて2d6[電気]および“つかみ”)、尾の打撃=+28(4d6+10)
接敵面 30フィート; 間合い 30フィート
特殊攻撃 転覆飲み込み(6d6[ダメージアーマー・クラス25、29hp)

一般データ

【筋】52、【敏】7、【耐】29、【知】2、【判】12、【魅】5
基本攻撃 +20; 戦技ボーナス +49(+51突き飛ばし、+53組みつき); 戦技防御値 57(対突き飛ばし59、足払いされない)
特技 《かすめ飛び攻撃》《頑健無比》《強打》《クリティカル熟練》《渾身の一打》《持久力》《突き飛ばし強化》《不屈の闘志》《ふっとばし攻撃》《よろめき化クリティカル》
技能 〈知覚〉+24、〈飛行〉-10
その他の特殊能力 運搬星間飛行無呼吸

生態

出現環境 ガス惑もしくは真
編成 単体、2体、または小群(3~6)
宝物 乏しい

特殊能力

運搬(変則)/Carrier オウマ飲み込みを受けたクリーチャーは、内側から切り裂いて脱出することもできるが、その代わりに自分のターン難易度20の反応セーヴを試みることもできる。成功すれば、そのクリーチャーオウマの大きな2つの胃に入り込むことができる。この胃はいつまでいても安全な場所であり、ダメージを受けない。乗り込んだものが脱出しようと試みれば、通常のルールを用いて脱出することもできるし、難易度20の反応セーヴを追加で行うことで、オウマに隣接したマスに安全に出て行くことができる。オウマ運搬用の胃は超巨大サイズクリーチャー1体まで(あるいは1段階サイズが小さい毎に2倍までの数。巨大サイズなら2体、超大型サイズなら4体、以下同様)を収めておくことができる。望むならば、オウマ飲み込みの際に通常受ける噛みつきによるダメージを与えないことを選択することができる。ただしそのようにしたとしても、最初の胃における[ダメージは受けてしまう。

星間飛行(変則)/Starflight オウマは大気圏外の真中で生存できる上、真中を信じられない速度で飛行することができる。しかし移動時間は大きなものになる。系内での惑間の移動であれば3d20時間程度かかる。系を超えた移動の場合は3d20週程度である(GMの判断によっては、あるいはそれ以上)。ただし、オウマへの道筋を知っていなければならない。

転覆(変則)/Capsize オウマ突撃攻撃を行い戦技判定を試みることで、体当りして船などの乗り物を転覆させようと試みることができる。この判定難易度は25もしくは船長〈職能:船乗り判定の結果のいずれか高い方である。船がオウマよりもサイズ段階が1高い毎に、オウマはこの戦技判定に-10のペナルティを受ける。このペナルティはそれ自身累積する。

オウマ魔法の電磁場に乗って、ガス惑や惑間にある広い間を漂う。彼らはエネルギーを集める髭を使って、惑環や大気から宇宙物質をこし取り、食糧とする。オウマに食べられたものは、排出されるまでは意外にも居住性の高い第2の胃で隔離される。の外からやってきたクリーチャーは生ける宇宙船としてオウマを用いるものもいる。彼らはテレパシーでこの巨大クリーチャーを操り、へ向かわせる。

一般的なオウマは全長150フィートで、重量は250トン。

全文検索 目的別索引