サンドゥー

ジャイアント・サンドゥー Giant Sundew

この植物は、数十の透明な巻きひげで覆われており、それぞれに輝くい球がついている。鞭のような葉が中心から広がっている。

ジャイアント・サンドゥー 脅威度12 Giant Sundew

出典 Bestiary 6 258ページ
経験点 19,200
真なる中立超大型サイズ植物
イニシアチブ +12; 感覚 夜目振動感知60フィート; 〈知覚〉+28

防御

アーマー・クラス 27、接触17、立ちすくみ18(+1回避、+10外皮、-2サイズ、+8【敏】
ヒット・ポイント 153(18d8+72)
頑健 +15、反応 +16、意志 +9
防御的能 麻酔の花粉ダメージ減少 10/斬撃; 完全耐性 [強]、植物の種別特性

攻撃

移動速度 20フィート
近接 叩きつけ(×2)=+21(2d6+10/19~20、加えて1d6[強]、および“粘着液”)
接敵面 15フィート、間合い 15フィート
特殊攻撃 締めつけ(2d6+10、加えて1d6[強])

一般データ

【筋】31、【敏】26、【耐】18、【知】1、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +13; 戦技ボーナス +25; 戦技防御値 44
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《技能熟練:知覚》、《強打》《クリティカル強化:叩きつけ》、《神速の反応》《鋼の意志》《踏み込み》《迎え討ち》
技能 〈知覚〉+28

生態

出現環境 温暖/沼地
編成 単体、2体、または立(3~8)
宝物 乏しい

特殊能力

(変則)/Acid ジャイアント・サンドゥーを食べる強を分泌し、ほとんどの有機物を素早く融解するが、金属には響しない。

粘着液(変則)/Adhesive ジャイアント・サンドゥーの身体は粘着性の接着剤が滲み出ており、接触するクリーチャーやアイテムを素早く保持する。ジャイアント・サンドゥー叩きつけ攻撃を当てたクリーチャー自動的に組みつく。まず最初に粘着液を取り除かない場合、サンドゥーが生きている間、組みつき状態の敵は自由になれない。ジャイアント・サンドゥーに対して攻撃する武器は、使用者が難易度 23の反応セーヴに成功しない限り、更にくっつく。くっついた武器を引き剥がすには難易度 20の【筋力】判定に成功する必要がある。強なアルコールや万能溶剤は粘着液を溶かすが、ジャイアント・サンドゥー通常通り依然として組みついている。この物質サンドゥーんだ後5ラウンド後に自然崩壊し、サンドゥーが10ポイント以上の[氷雪]ダメージを受けた後1ラウンドの間不活性になる。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

麻酔の花粉(変則)/Stupefaction Pollen 1日1回、ジャイアント・サンドゥーヒット・ポイントが半分未満となると(典型的なジャイアント・サンドゥーは76以下)、透明な花の雲を放出する; この効果自動的に発生し、ジャイアント・サンドゥーは何らかのアクションを行う必要はない。花の雲はジャイアント・サンドゥーの周囲半径20フィートの領域を埋める。効果範囲内にいる全てのクリーチャー難易度 23の頑健セーヴに成功するか1d6ポイントの【知力】ダメージを受け、1d4ラウンドの間よろめき状態とならなければならない。

昆虫を食べる小型とは異なり。ジャイアント・サンドゥーはその浅く頑丈を使って、泥沼の中でゆっくりと自分の体を引っ張り、積極的に獲物を探す。ジャイアント・サンドゥー攻撃する、葉のような厚い群葉で目標叩きつけ、それぞれの葉は粘着性のある性のネバネバで覆われている。ジャイアント・サンドゥーは紛れもなく蜂蜜の匂いであるものを放っている――近くのクリーチャーには堪らないような魅惑的なりがする。

ジャイアント・サンドゥーは無知な怪物でないが、その知性は本能以上のものではなく、味方と敵を見分ける能がほとんどない。粘着液響を受けないクリーチャー攻撃する場合、サンドゥーは賢いので後のラウンドではその敵を攻撃しないようにする(必要に応じて、その目標を防衛のために葉で攻撃し続けるが)。サンドゥーは同盟関係を結べないにもかかわらず、とり多くの知的な森に住むクリーチャーは、粘着性のある植物を利用して、獲物を集めるのに役立つ有機的なとして使用する。特にウィル・オ・ウィスプは、サンドゥー獲物捕獲して消費するために使用している方法が非常に好きであり、ゆっくりと融解し消化している植物に付着したクリーチャー苦悩恐怖ウィスプが餌とする非常に美味しい恐怖強壮剤を形成する。

成長しきったジャイアント・サンドゥーは高さ20フィート、重量4,000ポンドに達する。

全文検索 目的別索引