エグザイルド・シェイド

エグザイルド・シェイド Exiled Shade

灰色とが合体して人の形になる。その顔は怒りと憎しみで歪んだ仮面になっている。

エグザイルド・シェイド 脅威度6 Exiled Shade

出典 Bestiary 6 123ページ
経験点 2,400
混沌にして悪/中型サイズアンデッド(非実体)
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 18、接触18、立ちすくみ14(+1回避、+4反発、+3【敏】
ヒット・ポイント 68(8d8+32)
頑健 +6、反応 +5、意志 +8
防御的能 エネルギー放出に対する抵抗+2、非実体完全耐性 アンデッドの種別特性
弱点 追放者

攻撃

移動速度 飛行40フィート(完璧)
近接 非実体接触=+10(1d6【知力】ダメージ
特殊攻撃 怒りの奴隷

一般データ

【筋】―、【敏】17、【耐】―、【知】7、【判】14、【魅】19
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +9; 戦技防御値 24
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《強行突破》《武器熟練:非実体接触
技能 〈隠密〉+10、〈真意看破〉+9、〈知覚〉+9、〈飛行〉+18
言語 共通語

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、または流刑(3~10)
宝物 なし

特殊能力

怒りの奴隷(超常)/Rage Thrall エグザイルド・シェイドが人形生物の目標の実際の【知力】以上の【知力】ダメージ累積して与えても、効果を受けたクリーチャー通常通り意識を失うことはない。その代わりに、その目標【知力】ダメージからペナルティを受けなくなり、ドミネイト・パースンのようにエグザイルド・シェイドの支配下に入る。支配されているクリーチャーは、【知力】ダメージ【知力】以下である間、エグザイルド・シェイドの制御から逃れるために新たなセーヴィング・スローを試みることはできない。エグザイルド・シェイドがこの方法で操れるのはクリーチャー1体のみである。エグザイルド・シェイドが2体クリーチャーにこの能起動できるだけの【知力】ダメージを与えた場合、1体クリーチャーは制御下から外れる(【知力】ダメージが実際の【知力】以上の場合、そのクリーチャーは即座に意識を失うだろう)。

【知力】ダメージ(超常)/Intelligence Damage エグザイルド・シェイド接触目標精神怒りと憤りで曇らせ、1d6ポイントの【知力】ダメージを与える。これは感情に基づく、[精神作用]、負のエネルギー効果である。

追放者(変則)/Exiled エグザイルド・シェイドのかつての組織の印は、今なおその休むことなき精神を覆うを持っている。その印を見ることのできるエグザイルド・シェイドは、その印が見える限り不調状態となる。さらに、エグザイルド・シェイドがそのような印を直接向けられたとき(これには標準アクションが必要)、難易度16の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間幻惑状態となる。セーヴに成功した場合、エグザイルド・シェイドは24時間の間、このようにして幻惑状態となることはなくなるが、依然として印の響下では不調状態のままだ。この印が聖印で、エネルギー放出のために使用されたなら、エグザイルド・シェイドはその効果に対してエネルギー放出に対する抵抗の利益を得られない。印はエグザイルド・シェイド組織が、エグザイルド・シェイドの生前にメンバーを識別するために使用していたもの、えば貴族の紋章や岸の旗、聖なるイコンなどでなければならない。

エグザイルド・シェイドは邪組織の惨めなアンデッドの残党だ。かつての仲間によって追放され、あるいは殺されてさえ、エグザイルド・シェイドはその裏切りの痛みと、かつての仲間破壊したい、そして再開したいという矛した欲望に苦しんでいる。

エグザイルド・シェイドは、彼らがかつて仕えていた場所〈知覚〉にとどまるが、心理的な問題で追放された場所に戻ることはできない。代わりに、彼らは孤独な旅人攻撃し、かつての仲間に対抗する操り人形として使うために奴隷とする。

エグザイルド・シェイドの全長はおおよそ6フィート。

全文検索 目的別索引