グリーン・マン

グリーン・マン Green Man

この男はの葉の植物と樹皮だけで形成されている。指は蔓みたいな長さまで伸びている。

グリーン・マン 脅威度26 Green Man

出典 Bestiary 6 152ページ
経験点 2,457,600
真なる中立/中型サイズ植物(変身生物)
イニシアチブ +14; 感覚 暗視60フィート、緑を見通す60フィート、生命感知夜目〈知覚〉+11
オーラ 緑の愛撫のオーラ(60フィート、難易度36)

防御

アーマー・クラス 44、接触32、立ちすくみ33(+1回避、+12外皮、+11洞察、+10【敏】
ヒット・ポイント 595(34d8+442); 再生20(神性または神話
頑健 +32、反応 +23、意志 +22
防御的能 野生の洞察力ダメージ減少 15/エピックおよび斬撃; 完全耐性 能力値ダメージ能力値吸収幻惑、[雷撃]、石化植物の種別特性、よろめき; 呪文抵抗 37

攻撃

移動速度 40フィート、登攀40フィート
近接 叩きつけ(×2)=+40(1d8+15/19~20、加えて“魔法吸収”)、(×6)=+40(2d6+15/19~20、加えて“つかみ”)
遠隔 (×6)=+35(2d6+15)
接敵面 5フィート、間合い 5フィート(は30フィート)
特殊攻撃 魔法吸収締めつけ(2d6+15)、つかみ超巨大
擬似呪文能力術者レベル26; 精神集中+35)

スピーク・ウィズ・プランツパス・ウィズアウト・トレイス
回数無制限―トランスポート・ヴァイア・プランツプラント・グロウス
3回/日―サモン・プランツ
1回/日―アウェイクン

準備済みのドルイド呪文術者レベル20; 精神集中+31)

9レベルアンティパシー難易度30)、呪文高速化ウォール・オヴ・ソーンズ呪文高速化キュア・シリアス・ウーンズグレーター・シージ・オヴ・ツリーズフォアサイト
8レベルコントロール・プランツ難易度29)、サンバースト難易度29)、呪文高速化ディスペル・マジックマス・キュア・シリアス・ウーンズリヴァース・グラヴィティ
7レベルアニメイト・プランツ呪文高速化キュア・モデレット・ウーンズ呪文高速化クウェンチ難易度24)、グレーター・スクライングヒール(2)
6レベルアンティライフ・シェルグレーター・ディスペル・マジック(4)、呪文高速化バークスキン
5レベルウォール・オヴ・ソーンズ呪文高速化キュア・ライト・ウーンズ(3)、ツリー・ストライドデス・ウォード
4レベルアルボリアル・ハンマーグロウヴ・オヴ・レスピットコマンド・プランツ(2、難易度25)、ディスペル・マジックフリーダム・オヴ・ムーヴメント
3レベルマス・キュア・モデレット・ウーンズ(3)、クウェンチ(2、難易度24)、コール・ライトニング難易度24)、スパイク・グロウス難易度24)
2レベルウォープ・ウッドバークスキンフォッグ・クラウド(2)、レジスト・エナジー(2)、ウィルダネス・ソルジャーズ
1レベルエンタングル(3、難易度22)、キュア・ライト・ウーンズ(3)、フェアリー・ファイアー
0レベルガイダンスクリエイト・ウォーターステイビライズディテクト・マジック

一般データ

【筋】40、【敏】31、【耐】36、【知】25、【判】32、【魅】29
基本攻撃 +25; 戦技ボーナス +40(組みつき+44、武器破壊+42); 戦技防御値 81(対武器破壊83)
特技 《足止め》《イニシアチブ強化》《回避》《強打》《クリティカル強化:叩きつけ》、《持久力》《呪文高速化》《上級抵抗破り》《神速の反応》《スタッフ作成》《その他の魔法のアイテム作成》《抵抗破り》《武器破壊強化》《不屈の闘志》《防御的戦闘訓練》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+47、〈軽業〉+44、〈呪文学〉+41、〈真意看破〉+45、〈生存〉+45、〈知覚〉+11、〈登攀〉+40、〈変装〉+43、〈知識:地理歴史宗教〉+24
言語 ドルイド語、森語; スピーク・ウィズ・プランツ
その他の特殊能力 変身超巨大またはそれ以下のツリー・シェイプ)、神性緑との共感+43

生態

出現環境 温暖/森林
編成 単体
宝物 標準

特殊能力

魔法吸収(変則)/Absorb Magic グリーン・マン叩きつけ攻撃クリーチャー攻撃すると、即座に目標から魔法効果の1つを吸収することを試みる。ディスペル・マジック術者レベル20)の目標になったとしてこれを扱い、グリーン・マンフリーダム・オヴ・ムーヴメントのように組みつきの試みを防ぐ効果目標にすることができる。グリーン・マンがこの方法で魔法を吸収すると、吸収した呪文効果レベルの2倍に等しいヒット・ポイント回復する。

神性/Deific グリーン・マン崇拝者信仰呪文をあたえる。これはグリーン・マンに変わって特別なアクションを必要としない。グリーン・マンによって与えられる領域グリーン・マン属性によって異なる。ほとんどのグリーン・マン中立であり、植物守護天候の領域防御、成長、不屈、および季節の副領域の使用権を与える。中立にして善グリーン・マン植物守護天候の領域と、防御、成長、清浄、および季節の副領域の使用権を与える。中立にして悪グリーン・マン植物天候の領域腐敗、成長、不屈、および季節の副領域の使用権を与える。属性に関係なく、グリーン・マン好む武器シックルである。グリーン・マンを崇拝するドルイド領域を取ることを選択した場合、そのドルイド属性に関係なく植物の領域を選択しなければならない。グリーン・マン聖印は葉っぱでできた男性的な顔であるが、顔の正確な表情や外見グリーン・マンによってことなり、それぞれ細かいところで個性がある。

緑の愛撫のオーラ(超常)/Green Caress グリーン・マンから60フィート以内の非植物の生きているクリーチャーは、ゆっくりと非魔法植物へと変わり始める。この効果は、グリーン・マン効果を開始するためにクリーチャー接触する必要がないことを除き、グリーン・カレス呪文として扱う。クリーチャーは最初にオーラに入ったとき、この効果に対する難易度 36の頑健セーヴを試みなければならない。成功すると、クリーチャー呪文の説明に従って部分的に効果抵抗し、その特定のグリーン・マンオーラに24時間の間完全耐性を持つ。セーヴに失敗した場合、効果クリーチャーが変化するか効果が取り除かれるまで持続する(呪文とは異なり、最大7日の持続時間の制限はない)。また、呪文とは異なり、この効果伝染性ではなく、ブレイク・エンチャントメントミラクルポリモーフ・エニィ・オブジェクトリムーヴ・カースまたはウィッシュでこの愛撫を止めようとする術者は、この効果目標となる危険性はない。このオーラは本質的に超常能力であり、呪文擬似呪文能力ではないのでディスペル・マジックで止めることはできない。グリーン・マン割り込みアクションとしてオーラ響を受けないクリーチャーを選択できるが、このような寛容さを与えるためには、そのクリーチャーを認識していなければならず、一度加えたオーラ効果を元に戻すことができない。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

緑との共感(変則)/Green Empathy この能ドルイド野生動物との共感として機能する。ただし、グリーン・マン植物クリーチャーに対してのみこの能を使用できる。グリーン・マン緑との共感判定ボーナスは、自身ヒット・ダイス【魅力】修正値に等しい(典型t系なグリーン・マンは+43)。

サモン・プランツ(擬呪)/Summon Plants 1日3回即行アクションとして、グリーン・マンは合計脅威度が20以下となるように植物クリーチャーを組み合わせて招来できる。それ以外は招来モンスターの共通ルールのように機能し、成功確率は100%で、9レベル呪文効果としてみなされる。

(超常)/Thorns グリーン・マンは、120フィートの射程単位を持つ遠隔接触攻撃である。グリーン・マンによってダメージを受けたクリーチャーは、機会攻撃を誘発する全ラウンド・アクションとして他のクリーチャーを抜き出すまで、半分の移動速度移動し、生来または魔法のいずれかによるものであっても、5フィート・ステップ、飛行または、エア・ウォークを使用することはできない。

(変則)/Vines グリーン・マンは敵を攻撃するために体から最大6本ののあるを伸ばすことができる。これは殴打かつ刺突ダメージを与え30フィートの間合いを持つ主要近接攻撃として機能する。

野生の洞察力(変則)/Wilderness Insight 群葉が存在する自然のエリアに居る植物グリーン・マンに囁き、アーマー・クラス【判断力】ボーナスに等しい洞察ボーナスをあたえる。このボーナスは上記のデータには計算済みであるが、植物が大量に存在しない地域通常は、砂漠地下都市部など)では失われる。

歴史を超えた伝説のグリーン・マンは、太古の森の守護者であり、化身でもある。グリーン・マンはそのような森林帯の自然発生した神格化である。ほとんどの人は、動物から質学に至るまで、自然その他の側面にはほとんど関心がなく、もっぱら自分たちの森の植物相と季節ごとの天気の響だけに注している。彼らは自身を崇拝する知的な植物熱狂的に呪文を与え、植物の友人であることを示す他の知的な種族にはやや躊躇して呪文を与える。密書では「レーシーの王」と呼ばれることもある、この謎めいたグリーン・マンドルイドに最初にレーシー作成の秘密を教えたと言われているが、彼ら自身はこの小さな創造物よりも遥かに強である。

ほとんどのグリーン・マンは、森を離れている限り、「動物種族」の邪魔にならないようにしているが、まれに慈的であったり意あるグリーン・マンは積極的に故郷の森のを広げる。慈的なグリーン・マン切で、領土内のすべての者を、非植物であっても、家長に育てる。その領土はしい花と平和な立に恵まれる。意あるグリーン・マンは捻くれたサディスティックないじめっ子であり、幸いにもこの植物模範の中でも最も珍しい存在である。彼らの領土は有毒植物のある、捻じれたで損なわれている。そのような領土に残っている数少ない動物は、その植物からの苦痛に立ち向かえるほどの意あるものか、戯れを提供するために残っていることを許されているかのどちらかである。

全文検索 目的別索引