コンカラー・ワーム

コンカラー・ワーム Conqueror Worm

この巨大なワームは、巨大な蛆虫に似ている。口を向くとフックのような長い4つの顎が現れる。

コンカラー・ワーム 脅威度21 Conqueror Worm

出典 Bestiary 6 64ページ
経験点 409,600
中立にして悪超巨大サイズ異形
イニシアチブ +11; 感覚 暗視60フィート、振動感知120フィート、トゥルー・シーイング〈知覚〉+37

防御

アーマー・クラス 37、接触9、立ちすくみ30(+28外皮、-8サイズ、+7【敏】
ヒット・ポイント 406(28d8+280)
頑健 +21、反応 +18、意志 +24
防御的能 テレパシー的脱走劇ダメージ減少 15/および刺突; 完全耐性 [強]、[氷雪]、[病気]、[精神作用]効果、[]; 呪文抵抗 32

攻撃

移動速度 60フィート、穴掘り30フィート; エア・ウォーク
近接 噛みつき=+31(6d8+18/19~20、加えて8d6[強])、叩きつけ=+31(4d10+18/19~20)
接敵面 30フィート、間合い 30フィート
特殊攻撃 ブレス攻撃(100フィートの直線状、20d8[強]、反応難易度34・半減、1d4ラウンド毎に1回使用可能)、高速飲み込み精神的侵略者飲み込み(8d6殴打、および8d6[強ダメージアーマー・クラス24、ヒット・ポイント40)
擬似呪文能力術者レベル19; 精神集中+28)

エア・ウォークトゥルー・シーイング
回数無制限―ディテクト・ソウツ難易度21)

修得サイキック呪文術者レベル19; 精神集中+29)

9レベル(5回/日)―インプロージョン難易度29)、タイム・ストップドミネイト・モンスター難易度29)
8レベル(7回/日)―サイキック・クラッシュIV難易度27)、ディマンド難易度28)、マス・チャーム・モンスター難易度28)
7レベル(8回/日)―インサニティ難易度27)、エゴ・ウィップV難易度26)、プロジェクト・イメージ難易度27)
6レベル(8回/日)―ヴェイル難易度26)、マインド・スラストVI難易度25)、マス・インフリクト・ペイン難易度25)
5レベル(8回/日)―グレーター・コマンド難易度25)、グレーター・シナプティック・パルス難易度24)、ポゼッション難易度24)、マインド・フォッグ難易度25)
4レベル(8回/日)―スクライング難易度24)、ドリームハリューサナトリ・テレイン難易度24)、マインド・プローブ難易度23)
3レベル(9回/日)―イリューソリイ・スクリプト難易度23)、クレアオーディエンス/クレアヴォイアンスディスペル・マジックテレキネティック・マニューヴァー
2レベル(9回/日)―アンディテクタブル・アラインメントエンスロール難易度22)、サジェスチョン難易度22)、シェア・メモリー難易度22)、ステイタス
1レベル(9回/日)―アラームアンシーン・サーヴァントエントロピック・シールドサイキック・リーディングメイジ・アーマー
0レベル(回数無制限)―アーケイン・マークオープン/クローズデイズ難易度20)、ディテクト・サイキック・シグニフィカンスディテクト・マジックテレキネティック・プロジェクティルメイジ・ハンドメッセージリード・マジック

一般データ

【筋】47、【敏】24、【耐】30、【知】31、【判】22、【魅】29
基本攻撃 +21; 戦技ボーナス +47; 戦技防御値 64(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《隠匿存在》《頑健無比》《頑健無比強化》《クリティカル強化:噛みつき叩きつけ》、《渾身の一打》《呪文感情要素省略》《呪文高速化》《侵害存在》《神速の反応》《戦闘発動》《鋼の意志》《操心存在》
技能 〈威圧〉+40、〈知識:神秘学、工学、地理歴史地域貴族宗教〉+38、〈交渉〉+37、〈呪文学〉+41、〈真意看破〉+34、〈知覚〉+37、〈はったり〉+37、〈魔法装置使用〉+37
言語 奈落語、アクロ語、天界語、共通語、語、ドワーフ語、エルフ語、ノーム語、ハーフリング語、獄語、界語、地下共通語; テレパシー200フィート
その他の特殊能力 神性

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体
宝物 ×2

特殊能力

神性/Deific コンカラー・ワーム崇拝者信仰呪文を与えることができる。呪文を与えることは、コンカラー・ワーム特殊アクションを必要としない。コンカラー・ワーム魅了高貴欺きの領域への使用権を与え、好む武器は様々ではあるが常に単純武器となる(ダガーまたはシックルが最も一般的な選択肢である)。各々のコンカラー・ワームには独自の聖印があるが、通常が輪になっているものに似ている。

精神的侵略者(超常)/Mental Invader コンカラー・ワームは遠くから他の者の精神に感染しの深部の安全な場所から離れることなく、操り人形を制御することができる。コンカラー・ワームテレパシードリームなどの呪文を使用して精神的にクリーチャーと会話する場合、そのクリーチャーとの永続的な精神的つながりを形成しようと試みることができる。目標難易度 33の意志セーヴに成功するとこのつながりに抵抗できる。このセーヴに成功する目標は、そのコンカラー・ワーム精神的侵略者永続的な完全耐性を持つ。つながりが確立すると、ワームはテレパシーを使用して距離に関係なく繋がりを得たクリーチャーを会話することができ、距離に関係なく精神作用呪文効果で繋がりがあるクリーチャー目標とすることができる。ワームは【知力】修正値に等しい数のクリーチャーとつながりを形成できる(典型的なコンカラー・ワームは10体)。新しいつながりがこの制限を超える場合、ワームは以前からあるつながりの1つを切断することを選択しなければならない。ワームとのつながりがあるクリーチャーが別の次元界にいる間つながりの効果は抑制される。それ以外の場合、つながりは、つながりを持つクリーチャーブレイク・エンチャントメントミラクルまたはウィッシュが発動されるか、ワームのによってのみ破壊される。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

テレパシー的脱走劇(超常)/Telepathic Escape コンカラー・ワーム瞬間に自分の体から精神を投げ出すことによって、を免れることができる。1日1回まで、攻撃呪文、または効果によってコンカラー・ワームが0ヒット・ポイント以下に減少するか、それ以外の方法で即座に殺される場合、精神的侵略者を使用してつながりを築いたクリーチャー1体に心を移す事ができる。目標難易度 33の意志セーヴを試み、乗っ取られないようにすることができる。目標が成功した場合、コンカラー・ワーム通常通り殺される。目標が失敗した場合、コンカラー・ワームは魂を結合されたクリーチャーの身体に転送される。これはポゼッション永続的であることを除いてポゼッション呪文術者レベル21)として機能する。このようにしてコンカラー・ワームが所有する宿主の身体はその生理機能にひどい変化をもたらす。宿主は毎日難易度 33の頑健セーヴに成功するか1d6ポイントの【魅力】吸収を受けなければならない。時間の経過とともに、宿主は徐々に虫食い状になり、体毛が失われ、肥満になり、淡黄色になっていく。宿主の【魅力】値が0になると、クリーチャーの周囲に心霊体の繭が形成される。次の24時間の間に宿主は巨大サイズに成長し、この期間の終わりに以前の化身の記憶を保持する新しいコンカラー・ワームとして新しい体内に現れ、この点で宿主となっているクリーチャー通常通り亡する(そして、通常通り復活することができる)。この変化が完了する前に宿主が殺された場合、コンカラー・ワームぬ。効果コンカラー・ワーム憑依するを宿主から追放する効果によっても終了することができる。これは[精神作用]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

コンカラー・ワーム巨大に似ているが、精神を持たないクリーチャーと勘違いしている者は、その過ちにひどく苦しむこととなる。実際、コンカラー・ワームは広大な知性とそれに劣らない堕落クリーチャーである。これらの怪物的な存在は、から「劣った文明」を支配するためだけに存在し、その指導者の遠隔操作による知られざる完全に支配することを楽しむ。

コンカラー・ワームはおもちゃを壊す前まで遊ぶことを好む。そのため、まず目標とする国家の首都の下に道を掘り進む。そこから、コンカラー・ワーム都市の指導者と精神的に接触し、権者と不吉な精神的つながりを形成する。ワームは富や権を約束し、指導者の何人かを惑わす。他には、このワームは処分で使える念術呪文を使用して完全に制御する。いずれにせよ、最終的な結果は同じであり、介入がなければ、全てはコンカラー・ワームの気まぐれに踊る操り人形として終わる。

コンカラー・ワーム都市や国家の支配権を握ると、その地域は数十年ないしは数年で没落する可能性がある――コンカラー・ワームは驚くほど芝居じみている。コンカラー・ワームは、王国の統治者に残酷なまたは暴君的な法を制定するように指示し、その後第二位の操り人形を使って大衆を反乱に燃え上がらせる。革命のが燃え尽きると、ワームは反乱軍のリーダーを裏切り者堕落した犯罪者だと暴露し、反乱を自分自身に向けさせ、再び暴徒へと発展させるかもしれない。その間、コンカラー・ワームはその狂気、罪、恐怖が他人を鼓舞するのを喜びながら見守っている。

最終的に、コンカラー・ワームはそのゲームに飽きて、的を破壊しようと企てる。多くの場合、操り人形を近くの国家との争に送り込むことによって行われる。争の恐怖は、ワームの大衆だけでなく、隣国の住民荒廃させ、ワームの多くの心に邪な喜びをもたらす。しかし、特別な運命がワームのお気に入りの下僕たちを待っており、彼らは地下の領土に連れて行かれ、コンカラー・ワームの鋭くなめらかな顎に突き刺される前に主の真の姿を垣間見ることができる。コンカラー・ワームはついにその仕事を終え、征服する新しい領土を探し出す。

おそらく、コンカラー・ワームの最も恐ろしく独特の側面は、カルトを形成する能である。念術の蓄積であれ、隠された信仰花であれ、コンカラー・ワーム自身を崇拝するクリーチャー呪文を与えることができる。コンカラー・ワームはこの能を利用してカルトの信者をひきつけ、それを利用して上にある文明世界での目標を達成する。このようなカルトコンカラー・ワームに絶対的な忠誠心を持っており、彼らは全知全能の神として崇拝しているが、コンカラー・ワーム通常信者を消耗品とみなしている。

コンカラー・ワームは体長80フィート、体重70米トンである。

全文検索 目的別索引