デーモン

デーモン:ブリモラク Demon, Brimorak

この筋質でをした山羊デーモンは燃えるを振り回している。は燃え盛る廿九日から舐め挙げている。

ブリモラク 脅威度5 Brimorak

出典 Bestiary 6 83ページBook of the Damned - Volume 2:Lords of Chaos pg. 56
経験点 1,600
混沌にして悪小型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+18
オーラ 煙のブレス(5フィート、難易度17)

防御

アーマー・クラス 18、接触14、立ちすくみ15(+4外皮、+1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 57(6d10+24)
頑健 +9、反応 +8、意志 +3
防御的能 沸き立つ血液ダメージ減少 5/冷たい鉄または完全耐性雷撃]、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10; 呪文抵抗 16
弱点 [氷雪]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ロングソード=+11/+6(1d6+3/19~20、加えて1d6[])、=+5(1d3+1、加えて1d6[])
特殊攻撃 燃え盛る蹄ブレス攻撃沸き立つ血液の20フィートの直線状、5d6[ダメージ反応難易度17・半減、1d4ラウンド毎に1回)
擬似呪文能力術者レベル6; 精神集中+8)

3回/日―ディスペル・マジックヒート・メタル難易度14)、プロデュース・フレイム
1回/日―エア・ウォークグレーター・テレポート自身に加え50ポンドまでの物体のみ)、招来3レベル、1体のブリモラク[50%])、ファイアーボール難易度15)

一般データ

【筋】17、【敏】16、【耐】19、【知】12、【判】12、【魅】15
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +8; 戦技防御値 21
特技 《イニシアチブ強化》《戦闘発動》《武器熟練:ロングソード
技能 〈隠密〉+16、〈軽業〉+12、〈真意看破〉+10、〈知覚〉+18、〈はったり〉+11、〈知識:工学、次元界〉+10; 種族修正 +8〈知覚〉
言語 奈落語、天界語、語、界語; テレパシー100フィート
その他の特殊能力 フレイミング・ウェポン

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、一団(2~6)、または 小隊(7~16)
宝物 標準(ロングソードその他宝物

特殊能力

沸き立つ血液/Boiling Blood(超常) 間合いのない斬撃または刺突武器ブリモラクダメージを与えるクリーチャーは、その血が吹きかけられ、このような武器攻撃が当たるたび、1d4ポイントの[ダメージを受ける。

燃え盛る蹄/Burning Hooves(超常) ブリモラク燃え盛る蹄は焼け焦げた足跡を残す。ブリモラク追跡するための〈生存〉判定は+8の状況ボーナスを得た状態で試みることができる。伏せ状態の敵に対して、ブリモラクは1回ではなく2回の攻撃を行える。

フレイミング・ウェポン/Flaming Weapon(超常) フリー・アクションとして、ブリモラク攻撃が成功すると、1つの用いている近接武器で1d6ポイントの[ダメージを与えることができる。この[ダメージは、武器が与える可能性のある[ダメージ累積する。デーモンから離れると武器はこの能を失う。

煙のブレス/Smoke Breath(超常) ブリモラクブレスは半径5フィートを囲っている。この範囲内でターンを開始するクリーチャーは、難易度 17の頑健セーヴに成功するか、1ラウンドの間不調状態とならなければならない。セーヴに成功すると24時間の間クリーチャーは特定のブリモラクブレス完全耐性を得る。これは[効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

ブリモラクは放魔の魂から生まれたデーモンであり、凶な人生の中で、をつけること以外何もしてはいない。ブリモラクは身長3フィート、体重80ポンドである。

デーモン:リリトゥ Demon, Lilitu

この魅惑的な女性は、山羊の、山羊ののようながあるが、彼女ののない顔は最も不穏な特徴である。

リリトゥ 脅威度17 Lilitu

出典 Bestiary 6 84ページThe Worldwound pg. 48
経験点 102,400
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界変身生物
イニシアチブ +9; 感覚 暗視60フィート、トゥルー・シーイング〈知覚〉+34
オーラ アンホーリィ・オーラ難易度26)

防御

アーマー・クラス 34、接触24、立ちすくみ28(+4不浄、+1回避、+10外皮、+4反発、+5【敏】
ヒット・ポイント 263(17d10+170)
頑健 +19、反応 +23、意志 +20
防御的能 身かわし不浄なる優美ダメージ減少 10/冷たい鉄および完全耐性雷撃]、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10、[]10; 呪文抵抗 28

攻撃

移動速度 60フィート、飛行60フィート(良好)
近接 (×4)=+25(2d8+8/19~20)、尾の打撃=+20接触(1d6+4、加えて“焼印”)
特殊攻撃 抜け殻作成抜け殻とのリンク不浄なる契約素早き爪
擬似呪文能力術者レベル17; 精神集中+25)

アンホーリィ・オーラ難易度26)、タンズトゥルー・シーイングフライ
回数無制限―グレーター・テレポート自身に加え50ポンドまでの物体のみ)、サジェスチョン難易度21)、チャーム・モンスター難易度22)、ディテクト・ソウツ難易度20)、テレキネシス難易度23)
3回/日―シーミング難易度23)、呪文高速化チャーム・モンスター難易度22)、パーシステント・イメージ難易度23)
1回/日―招来5レベル、1体のリリトゥ[20%]、1d2体のグラブレズゥ[40%]、または1d6体のヴロック[50%])、ディマンド難易度26)、ドミネイト・モンスター難易度27)、プロジェクト・イメージ難易度25)
1回/週―ウィッシュ(低迷の人型生物に与える場合のみ)、バインディング難易度26)

一般データ

【筋】27、【敏】20、【耐】30、【知】21、【判】23、【魅】26
基本攻撃 +17; 戦技ボーナス +25; 戦技防御値 49
特技 《欺きの名人》《一撃離脱》《回避》、《擬似呪文能力高速化:チャーム・モンスター》、《強行突破》《強打》《クリティカル強化:》、《クリティカル熟練》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+25、〈知識:地域貴族技能の詳細#Knowledge+25、〈軽業〉+25、〈交渉〉+28、〈真意看破〉+26、〈知覚〉+34、〈知識:宗教〉+22、〈はったり〉+40、〈飛行〉+37、〈変装〉+29; 種族修正 +8〈はったり〉、+8〈知覚〉
言語 奈落語、天界語、語; テレパシー100フィート; タンズ
その他の特殊能力 変身小型または中型の人型生物オルター・セルフ)、不浄なる叶え術

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、2体、集会(3~5)、またはカルトリリトゥ1、およびサキュバス6~12)
宝物 ×2

特殊能力

焼印/Branding(超常) リリトゥ尾の打撃で生きているクリーチャーダメージを与えると、傷跡は怒った永続的な焼印を残す。攻撃されたクリーチャーは痛みから1ラウンドの間よろめき状態となる。難易度 26の意志セーヴに成功すると、よろめき状態無効化され、焼印持続時間永続的から1時間に短縮される。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。焼印を取り除くことは難しい――レストレーションディスペル・ケイオスディスペル・イーヴルの発動は焼印一つを取り除く。ヒールは1d4+1つの焼印を取り除く。グレーター・レストレーション呪文術者レベルに等しい数の焼印を取り除く。ミラクルウィッシュは一度の全ての焼印を取り除くことができる。この方法でクリーチャーが得る焼印の数は、以下に示すように、累積的な一連の効果がある。

1~3つの焼印リリトゥは、焼印のあるクリーチャー抜け殻作成抜け殻とのリンク不浄なる契約響を及ぼすことができる。

4~6つの焼印焼印のあるクリーチャーは、リリトゥ呪文擬似呪文能力超常能力に対する全ての意志セーヴに-2のペナルティを受ける。焼印のあるクリーチャーオーラは、今や混沌にして悪を放つ。

7~9つの焼印焼印のあるクリーチャー【判断力】は4減少する。混沌にして悪クリーチャーはこの効果完全耐性を持つ。

10個以上の焼印上記されているクリーチャー意志セーヴ【判断力】へのペナルティは2倍になる。さらに、焼印のあるクリーチャーリリトゥ呪文擬似呪文能力超常能力に対して行われる全ての意志セーヴ自動的に失敗する。混沌にして悪クリーチャーはこの効果完全耐性を持つ。

抜け殻作成/Create Husk(超常) 1日1回即行アクションとして、リリトゥ武器呪文擬似呪文能力で30フィート以内にいる焼印のある小型または中型の人型生物を殺すのに十分なダメージを与えると。代わりに殺害された人型生物を抜け殻に変えることを選択できる。目標はこの効果無効化し、通常通りぬために難易度 26の頑健セーヴを試みることができる。抜け殻に変身した人型生物は枯れて動かず乾燥した体になるが、実際にはんでいない――この状態では、クリーチャーは周囲を認識したままであるが、何もアクションを起こすことはできない。抜け殻は基本的に硬度15、60HPを持つ物体として扱われる; 元のクリーチャーの体重の10%の重さとなる。抜け殻が破壊されると効果は終了し、身体はぬ。これは[呪い効果である――この呪いを取り除くと、クリーチャー【耐久力】-1に等しい負のヒット・ポイントで犠牲者が生き返る; この方法で生き返った抜け殻は、ぬ前に安定化するか治癒されるために1ラウンドの猶予はある。リリトゥ【魅力】ボーナスに等しい数の抜け殻を同に維持することができる(典型的なリリトゥは8つ); 維持できるよりも多くの抜け殻を作成すると、以前作成した抜け殻が解放され(リリトゥが選択する)、即座に亡する。リリトゥは抜け殻のコレクションを非常に安全な場所に隠している。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

抜け殻とのリンク/Husk Link(超常) リリトゥ作成した抜け殻と冒涜的な接触に1分間を費やすと、その抜け殻への超常的な繋がりを確立することができる。リリトゥとその抜け殻が同じ次元界にいる限り、占術呪文は繋がりが形成された抜け殻の属性リリトゥ属性混沌にして悪)と同じであることを明らかにする。この繋がりにより、リリトゥ変身を使用して抜け殻の元の姿をとることができ、その人物になりすますための〈変装〉判定に+20のボーナスを得る。起動している抜け殻の繋がりをもつリリトゥが殺害されるのに十分なダメージを受けた場合、抜け殻は代わりに殺害される打撃のダメージを受けて破壊され、起動している抜け殻のつながりを即座に切断する; リリトゥが抜け殻の元の姿に変装している場合、即座に本当の姿に戻る。

不浄なる優美/Profane Grace(超常) リリトゥアーマー・クラスイニシアチブ判定反応セーヴに+4の不浄ボーナスを得る。

不浄なる契約/Profane Pact(超常) 1日1回全ラウンド・アクションとして、1全ラウンドの間クリーチャー接触することで少なくとも1つのリリトゥ焼印を持つ同意する人型生物クリーチャー不浄なる契約を結ぶ事ができる。1体のクリーチャーは一度にリリトゥ不浄なる契約を1つまでしか結ぶことはできない。これはサキュバス不浄なる贈り物Pathfinder RPG Bestiary 68)と同様に機能するが、人型生物が選択した能力値に+4の不浄ボーナスを与え、目標へのテレパシーリンクを与えないことが異なる。

不浄なる叶え術/Profane Wishcraft(超常) リリトゥの願いを受け入れるクリーチャー難易度 26の意志セーヴに成功しない限り即座に混沌にして悪となる・このように混沌にして悪になるクリーチャーは、24時間の間グッド・ホープ呪文の利益を得、その後1d6日の間クラッシング・ディスペア効果を受ける(これらの呪文術者レベル17で機能する)。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

素早き爪/Swift Claws(変則) リリトゥ全力攻撃うと、各で2回攻撃をでき、そのラウンドで合計4回の攻撃が可能となる。

リリトゥ破壊的で隠れた恐怖であるが、破壊荒廃を絶えず追求するデーモンである。ほとんどのデーモン破壊と劈くことを好むのに対し、リリトゥサキュバスに似ている――彼女は社会の内部から罪を感染させるために、人形生物の姿で仕事をすることを好む。リリトゥは定命の者がぬときその魂がアビスの深淵への燃料となることを期待して、定命の者を罪深い行為に導くこと以上にほとんどのことを楽しんでいる。サキュバスとの表面的な類似点にもかかわらず、リリトゥはもっぱら色欲の大罪に関係しているわけではない。リリトゥが定命の者を誘惑して犯してしまう罪の正確な性質はさまざまであるが、このデーモンは定命の者の欲望と秘密を読むことに長けており、特定の目標がどの罪を行うように納得させられるかを素早く見分けることができる。

リリトゥは罪を助長させるために仕える多くの道具を持っているが、人型生物の犠牲者が自身の自由意志で罪を犯すことを非常に好んでいる。そのためリリトゥは一般的に、凶な行為を今日様子するのではなく、その能をつ使って定命の者を欺き惑わせる。深刻な不正を正すために母変装したリリトゥ)を殺すように説得された息子は、洗脳された人型生物にそのような行為を強要するよりも遥かに大きな喜びを引き出す。

リリトゥの真の姿では、がなく、があり、がある――それ以外はとてもしい――人間の女性のように見える。がないにもかかわらず、リリトゥは簡単に見ることができる。リリトゥはそのの他の定命の者を罪を犯すように誘惑した者の魂から形成される。

リリトゥは他のデーモンよりも特定のデーモン・ロードに仕事を捧げる可能性が高いが、一般的にそのような献身を真の奉仕とは考えていない。定命の者の信仰堕落させようとするとき特定の半神を念に置き、そのような堕落した魂を説得し以前の神をリリトゥの選ばれたデーモン・ロード忠誠心を移すように説得するのは単に便利である。リリトゥデーモン・ロードと同盟を結ぶことを選択した場合、そのデーモン・ロードの性格や外見を反映した特定の身体的特徴をもつようになる。えば、奇形のデーモン・ロードダゴン、海の怪物、海に仕えるリリトゥは、魚のような状の肌をしていたり、かきのある指やつま先を持っていたり、にはヤギのの代わりにヒレのような隆起があったりする。一方でパズズに仕えるリリトゥは、背中に痕跡器官のような羽ががあり、鳥の鉤爪が足のの代わりにあるかもしれない。この外見の変化は表面的なものであり、肉体攻撃に対するリリトゥのオプションに響を与えることはない。もちろん、変身したり、捕獲した抜け殻の姿をなるデーモンの能は、デーモンが彼女の本当の姿を自由に偽装することを可能にする。この方法で特定のデーモン・ロードに仕えるリリトゥは、しばしばクラス・レベルを持つ。リリトゥ通常バードローグスワッシュバックラーその他敏捷性とペテンに基づくクラスの役割に焦点を当てている。

リリトゥは身長6~6.5フィート、体重130~150ポンドである。

デーモン:ウーリオドルー Demon, Oolioddroo

この格的に薄い女性は、蛾のような顔をし、蜻蛉の羽で飛び、に包まれている。

ウーリオドルー 脅威度13 Oolioddroo

出典 Bestiary 6 86ページThe Worldwound pg. 50
経験点 25,600
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、思考を見る〈知覚〉+32

防御

アーマー・クラス 28、接触22、立ちすくみ20(+1回避、+6外皮、+4反発、+7【敏】
ヒット・ポイント 175(14d10+98)
頑健 +11、反応 +16、意志 +16
防御的能 影の外衣ダメージ減少 10/完全耐性雷撃]、[精神作用]効果、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10、[]10; 呪文抵抗 24

攻撃

移動速度 30フィート、飛行40フィート(完璧)
近接 (×2)=+21(1d4+2)、=+21(1d6+2、加えて“思考の吸い上げ”)
特殊攻撃 産卵管急所攻撃+3d6
擬似呪文能力術者レベル14; 精神集中+20)

回数無制限―インヴィジビリティカーム・エモーションズ難易度18)、グレーター・テレポート自身に加え50ポンドまでの物体のみ)、センディングチャーム・パースン難易度17)、ディテクト・ソウツ難易度22)、モディファイ・メモリー難易度19)
3回/日―呪文高速化インヴィジビリティサジェスチョン難易度19)、ホールド・パースン難易度19)
1回/日―招来4レベル、1体のウーリオドルー[35%]、または1d4体のシャドウ・デーモン[35%])、ドリームナイトメア難易度21)、フィーブルマインド難易度21)

一般データ

【筋】14、【敏】25、【耐】24、【知】21、【判】24、【魅】23
基本攻撃 +14; 戦技ボーナス +16; 戦技防御値 38
特技 《一撃離脱》《回避》《風の如き脚》、《擬似呪文能力高速化:インヴィジビリティ》、《強行突破》《電光の如き脚》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+28、〈軽業〉+21、〈交渉〉+23、〈呪文学〉+22、〈真意看破〉+32、〈知覚〉+32、〈はったり〉+23、〈飛行〉+32、〈知識:神秘学、次元界〉+22、〈魔法装置使用〉+23; 種族修正 +4〈隠密〉、+8〈知覚〉
言語 奈落語、天界語、語; テレパシー300フィート

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、2体、またはカルト(3~6)
宝物 標準

特殊能力

産卵管/Oviposition(超常) 1日1回全ラウンド・アクションとして、ウーリオドルーを使って、無防備状態睡眠中、気絶状態または同意するクリーチャーの脳に卵を移植し、1ポイントの【知力】ダメージを与えることができる。通常ウーリオドルーは産卵直後にモディファイ・メモリーを使用し、犠牲者に暴行の記憶を忘れさせる。卵は犠牲者の脳で24時間の間で孵化し、その後小さな毛虫のような幼虫が現れ、犠牲者の脳内に痛みを伴わず寄生する。この点で、ウーリオドルーは犠牲者がステイタス呪文効果下にあるかのように犠牲者の位置を追跡し、任意の距離で犠牲者とテレパシーで会話し、犠牲者を目標にするために繋がりを介してディテクト・ソウツモディファイ・メモリーサジェスチョン}の擬似呪文能力を使用できる。犠牲者とウーリオドルーが別の次元界にいるときは、幼虫(およびそのウーリオドルーとの繋がり)は起動しない状態となる。この幼虫を運ぶ犠牲者は混沌にして悪オーラを放つ。ディテクト・ソウツテレパシーなどを介して犠牲者の試行を読むものは、目標精神の中に第二の異質な思考が存在することに気が付くためにウーリオドルー〈はったり〉判定に対抗した〈真意看破〉判定を試みることができる。ディスペル・ケイオスディスペル・イーヴルはそれぞれ産卵を産卵管効果を即座に終了させることができる――移植された幼虫は溶けて無害な液体となり、犠牲者の身体に吸収される。ただし、これは病気効果ではないため、ヒールまたはリムーヴ・ディジーズ効果を終了するのに役に立たない。割り込みアクションとして、ウーリオドルーはキャリアに対してフィーブルマインド擬似呪文能力を使用できる――ディスペル・ケイオスまたはディスペル・イーヴルを介して効果が終了した場合など、宿主が救出されるか、その響から切り離されたりすることを恐れる場合は、この「焦土作戦」を使用する。この方法でフィーブルマインドを使用すると、犠牲者がフィーブルマインド効果に対するセーヴィング・スローに成功したかに関係なく幼虫が自動的に破壊されるため、ウーリオドルー通常最後の瞬間までこの能を使用するのを待つ。

思考を見る/See Thoughts(超常) ウーリオドルークリーチャー思考を見ることができ、それをクリーチャーオーラを放つ色、絵、形状の変化する塊として解釈する。ウーリオドルーはこの異常な間隔の結果として【知力】を持つクリーチャーに対するシー・インヴィジビリティ効果を得る。この能ウーリオドルー〈真意看破〉判定に+8の種族ボーナスを与える。ディテクト・ソウツを使用する場合、3ラウンド全ての情報を得るために、範囲や対象を調査する必要はない――能を使用する最初のラウンドで全ての情報を得る。さらに、ディテクト・ソウツ擬似呪文能力セーヴ難易度に+4の種族ボーナスを得る。盲目状態ウーリオドルー思考を見るを失う。

影の外衣/Shadow Mantle(超常) ウーリオドルーが着用している超常的なは、クリーチャー〈隠密〉に+4の種族ボーナスを、アーマー・クラスに+4の反発ボーナスを与える。

思考の吸い上げ/Thought Siphon(超常) ウーリオドルー攻撃ダメージを与えるクリーチャーの思考や記憶の1つを吸収することができる。クリーチャー難易度 23の意志セーヴに成功するとこの攻撃抵抗することができる。セーヴに失敗すると、ウーリオドルーは以下のいずれかの効果の1つで犠牲者を目標とすることができる。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

記憶吸収/Memory Drain:犠牲者は即座にウーリオドルーモディファイ・メモリー擬似呪文能力響を受ける。ウーリオドルーは最大5分間の記憶を即座に修正できる――変更した記憶の時間と一致するように、呪文の発動時間を増加させる必要はない。

技能吸収/Skill Drain:犠牲者はウーリオドルーが選択した技能のすべての技能ランクを24時間の間失う。失われた技能ランクレストレーションまたはグレーター・レストレーション呪文によって即座に回復できる。

呪文吸収/Spell Drain:犠牲者は即座に準備済みの呪文または未使用の呪文スロットの1つを失う; この失われた呪文または呪文スロットは通常通り補充できる。

【判断力】吸収/Wisdom Drain:犠牲者は2ポイントの【判断力】吸収を受ける。

/Tongue(変則) ウーリオドルー攻撃は、刺突かつ斬撃ダメージを与える主要攻撃である。ウーリオドルーで的にダメージを与える思考の吸い上げ攻撃を使用できる。

モス・デーモンとして知られるウーリオドルークリーチャーの脳に卵を蔓延らせ、犠牲者の思考や操作を遠隔から操作できることができる、特に陰湿なデーモンである。これは、ウーリオドルーの犠牲者は、デーモンリンクを利用して、特に質または下劣な行為を強制する前に何かまたは何年も通常の生活を送る可能性があることを意味しているかもしれない。最の場合、犠牲者はウーリオドルー命令で犯罪や凶な行為を犯し、その後それらの行為を忘れてしまい、無意識のうちにウーリオドルーの言いなりになるだけでなく制御されていない場合にはウーリオドルーが命令する破壊行為やテロ行為に反対することに大きく関与しているかもしれない完璧なスパイのエージェントを生み出す。ウーリオドルーにとって、犠牲者がそのような行為に少なくともある程度の責任を負っていることに気がついたときに感じる苦痛、羞恥心、絶望感は、その行為自体によって引き起こされる痛みや苦しみと同じくらい美味しく楽しいものである。

ウーリオドルーは灰色の体を持つ薄い格の女性のように見える。この影の外套通常半固体のが流れて透けて見えるガウンの形状で現れるが、デーモンはこの防御い服や単なる自分ののように見せることができる。ウーリオドルーの顔はの生えた深く不安な蛾の顔で、柔軟さがありながら、を簡単に貫通するのに十分な強さを持つ。ウーリオドルーは身長6フィートであるが、体重はたった100ポンドしかない。この不吉なデーモンは洗脳、マインド・コントロール、および魔法や一般的な技術を使用した者の魂から形成され、罪のない人を騙し、酷く残虐な好意を犯すように強制する。

ウーリオドルーは特に憑依すると言う行為が世界の罪のない人々に対して使うにはあまりにも露戦術である場合には、定命の者の領域への微妙な侵入に重宝される。ウーリオドルーはその仕事をうまくこなすと、誰もデーモン響を疑うものはいない; むしろその響がもたらした悲惨な残虐行為は、孤独な狂信者や社会病質者の堕落した思考から生まれたものだと考える。

ウーリオドルーとの遭遇は、クリーチャー特殊能力の性質上かなり複雑なものとなる可能性がある――特にPCが意図された犠牲者である場合は。ウーリオドルーは単独のPCの制御を奪おうとする場合、トリッキーな戦術の一つは、キャラクターのプレイヤーに必要なすべてのロールと判定を事前に試みるように依頼することである。通常このデーモンは、一人でいるか眠っているキャラクターに卵を植え付けようとし、その場合キャラクターは〈知覚〉判定と(キャラクターが寝ている場合は-10のペナルティを受ける)、モディファイ・メモリー呪文に対するセーヴィング・スローを試みることができる――両方に失敗した場合、植え付けられた卵はプレイヤーに気が付かれることなく孵化する。その後キャラクターの心のなかにある奇妙な声や脅迫の発生源、定期的に発生するサジェスチョンと他の魔法攻撃の発生源は、キャラクターと同じようにプレイヤーにとっても恐ろしく神秘的なものになるかもしれない。もちろん、GMはこれで行きすぎないように注意すべきである――たとえば、PCや味方がディテクト・イーヴルを使用する場合、通常ではないPCが予期しないオーラを発すると、何かが進行中であると推測するかもしれない。

デーモン:ヴァヴァキア Demon, Vavakia

この爬虫類デーモンは、四足歩行のディノサウルスの下半身、ぼんやりとした人型生物の上半身、ドラゴンのようなソーリアン頭部がある。

ヴァヴァキア 脅威度18 Vavakia

出典 Bestiary 6 88ページ
経験点 153,600
混沌にして悪超大型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、トゥルー・シーイング〈知覚〉+34
オーラ 畏怖すべき存在(60フィート、難易度25)、アンホーリィ・オーラ

防御

アーマー・クラス 35、接触14、立ちすくみ33(+13外皮、-2サイズ、+4反発、+2【敏】、+8鎧)
ヒット・ポイント 297(18d10+198)
頑健 +26、反応 +12、意志 +22
ダメージ減少 15/冷たい鉄および完全耐性雷撃]、[]、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10; 呪文抵抗 29

攻撃

移動速度 45フィート、飛行60フィート(標準)
近接 +1アンホーリィランサー=+28/+23/+18/+13(3d6+17/×3)、または噛みつき=+27(3d6+11、加えて“煙吸う傷”)、(×2)=+27(1d8+11)、尾の打撃=+22(2d8+5、加えて“朦朧化”)
接敵面 15フィート、間合い 15フィート(ランサーは30フィート)
特殊攻撃 ブレス攻撃蹂躙(4d8+16、難易度30)
擬似呪文能力術者レベル18; 精神集中+24)

アンホーリィ・オーラ難易度24)、トゥルー・シーイング
回数無制限―エナヴェイショングレーター・テレポート自身に加えて装備している防具と、さらに50ポンドまでの物体のみ)、テレキネシス難易度21)
3回/日―呪文高速化エナヴェイションパワー・ワード・スタン難易度24)、ブラスフェミイ難易度23)
1回/日―アースクウェイク招来6レベル、1体のマリリトゥ[40%]、または1d3体のナルフェシュネー[60%])

一般データ

【筋】32、【敏】14、【耐】33、【知】18、【判】21、【魅】23
基本攻撃 +18; 戦技ボーナス +31(突き飛ばし+33); 戦技防御値 47(対突き飛ばし49)
特技擬似呪文能力高速化:エナヴェイション》、《強打》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《上級渾身の一打》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《ふっとばし攻撃》
技能 〈威圧〉+27、〈知識:神秘学、次元界〉+25、〈隠密〉+20、〈呪文学〉+25、〈真意看破〉+26、〈水泳〉+26、〈知覚〉+34、〈はったり〉+27、〈飛行〉+16; 種族修正 +8〈隠密〉、+8〈知覚〉
言語 奈落語、天界語、語; テレパシー100フィート

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、2体、または戦闘集団ヴァヴァキア1、加えてヘズロウ2~4、およびヴロック2~8)
宝物 標準(+2ブレストプレート+1アンホーリィランサーその他宝物

特殊能力

ブレス攻撃/Breath Weapon(超常) 1d4ラウンドに1回、ヴァヴァキア色のを60フィートの円錐形に吐き出すことができる。これは幾千人ものゴーストが拷問された姿で身悶えし、蠢いているようにみえる。この色のヴァヴァキアが消費した無数の魂で構成されており、この嘔吐した魂は正気を消費するのと同じくらいを消費する。このブレス攻撃攻撃されたクリーチャーは生の冒涜的なくなり、と皮膚を溶かすため、20d6ポイントのダメージを受ける(反応難易度 30・半減)。クリーチャーブレス攻撃から半減ダメージを受けるが、ヴァヴァキアブレス攻撃からダメージを受けるクリーチャーは耐え難い感覚によって1ラウンドの間自動的によろめき状態となる。さらに、ヴァヴァキアブレス攻撃からダメージを受けるクリーチャー難易度 30の頑健セーヴにに成功するか、正気度が狂気に陥るものとして1d8ポイントの【判断力】吸収受けなければならない。ヴァヴァキアがこのの魂のを吐き出した直後、その開いた口からデーモンの食道へと嘆きのが逆流する。これにより、ブレス攻撃によってダメージを受けた各クリーチャー毎にヴァヴァキアは1d8ヒット・ポイント回復する。このブレス攻撃【判断力】吸収の要素は、[精神作用]効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

煙吸う傷/Smoking Wound(超常) ヴァヴァキアによって引き起こされた傷は、血ではなく色の血液ののような涙を絶えず恐ろしく不気味な傷となり、デーモンが定命の者の魂に与える響を表している。ヴァヴァキアクリーチャーに噛み付くと、2レベル負のレベルを与える。犠牲者がその負のレベルを受けている間、傷口はを吸い続け、犠牲者は蒸気の恐ろしい間隔と不快な匂いで不調状態となる。負のレベル回復せずにこの不調状態を取り除く効果は、一的に傷口がを吸わなくなるだけである――1d6ラウンド後に再びを吸い始める。ヴァヴァキアに噛まれた生きていないクリーチャーは、そのエネルギーを消耗する噛みつき完全耐性を持ち、煙吸う傷が現れない。この負のレベルを取り除くための頑健セーヴ難易度 25である。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

朦朧化/Stun(変則) ヴァヴァキア尾の打撃攻撃されたクリーチャー難易度 30の頑健セーヴに成功するか、1ラウンドの間朦朧状態とならなければならない。クリティカル・ヒットの場合、朦朧状態効果セーヴが失敗した場合は1d4ラウンド、成功した場合は1ラウンド継続する。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

ヴァヴァキア巨大を持つデーモンである。形状、食欲、破壊のあるソーリアンは、ほとんどの場合物質界遭遇するが、術者によって仕えるように召喚されたデーモンとしてではなく、むしろ暴的な侵略者として、現実の涙や深い裂け目へのポータルを介して世界にやってくる。物質界では、単一のヴァヴァキアは、奇妙なデーモンが生きている魂を餌にして破壊を広めるように駆り立てられるので恐ろしい存在である――それが得意とする役割である。

ヴァヴァキアは体長30フィート、身長が15フィート、体重6,000ポンドである。ヴァヴァキアは人生において他の者の魂を抽出し、奴隷にし、さらには消費したという下劣な好意を実践した、特に残酷な定命の者の魂からアビスで形成される。このような罪深いクリーチャーアビスに到着すると、犠牲者から部分的に吸収された魂の断片をもたらしアビスの最も恐ろしいデーモン生命の形態の1つへ恐ろしい変化の間に組み込まれる。

この方法で最初のヴァヴァキア作成されたのは、原初デーモン先の未加工の体的な強さと巨大な形に不満を持っていたデーモン・クイーン・ラマーシュトゥによるものであった。彼女が神格となる前の初期の頃、ラマーシュトゥはすでにアビスが罪深い定命の者の魂をデーモンに変える方法に興味を持っていた。このプロセスが最初にダイモンによって引き起こされたことを知った、彼女は興味をそそられると同激怒した――ホースマン・オヴ・ジ・アポカリプスが何でもできることは知っていたので興味をそそられ、そしてダイモン・ロードの好奇心のために自身の存在そのものを負っているという考えに激怒した。デーモンが最初に罪深い魂を処理する方法をアビスに「教えた」後、ラマーシュトゥ自身アビスから自発的に立ち上がったが、その違いは怪物の母にはほとんど意味はなかった。怒りに駆られた彼女は何年にも渡ってアバドン争をし、2体のホースマン・オヴ・ジ・アポカリプスを捕らえた――現在ホースマンの称号を持っている者の前任者を。彼女はそのうち一体を殺害し、もう一人からアビスとその魂を操る方法を強制的に聞き出してから殺害した。殺害された二人のホースマンはすぐにアバドンに置き換えられたが、その点でラマーシュトゥ怒りは費やされ、残ったのか彼女自身好奇心だけであった。

ラマーシュトゥデーモン生命創造しようとした初期の試みのほとんどはひどい失敗であったが、ラマーシュトゥはその失敗の中にも喜びを見出していた。デーモンが自分の体を使って孵卵器として形成し、最終的に最初のヴァヴァキアを誕生させるまで、彼女は本当の成功を収めてはいなかった。この方法でアビス作成して操作するラマーシュトゥの初期の仕事は、デーモン女王位への彼女の結果としての権の増加と関係があるかもしれない――パズズとの争の激化がこの恐ろしい芸術の形態から彼女の注意をそらさなかったら、世界にどのような奇妙なデーモン種族を産み出したかはわからない。彼女が真の女神になった今、ラマーシュトゥの興味はアビス好奇心を遥かに超えて拡大し、住処の次元界の肥沃な特性に中になる時間や欲求がほとんどない。もちろん、アビス中の他のデーモン・ロードはこの秘密を学びたがっているが、今日まで、ラマーシュトゥ創造の偉業を複製することに成功したものは誰もいない。

いずれにせよ、ヴァヴァキア自身は驚異的な成功を収めており、今日のアビスで最も危険デーモン種族の一である――そしてそのの最初の創造以来、アビス自体はこのより危険デーモンをますます多く生み出すことを熱望しているようである。

ヴァヴァキアはもともとは争用の行きた武器として作られたが、長い間アビスの武将や征服者としての存在感を確立してきた。中には強デーモン・ロードに奉仕を誓う物もいるが、ほとんどのヴァヴァキア通常アビスの小さな帝国を支配しており、一般的にはジャングル沼地などの原始的な形がはびこる辺境である。

デーモン:ヴェルムレク Demon, Vermlek

い虫のようなが太った男の身体を激しく押し上げている。

ヴェルムレク 脅威度3 Vermlek

出典 Bestiary 6 90ページBook of the Damned - Volume 2:Lords of Chaos pg. 54
経験点 800
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界
イニシアチブ -1; 感覚 非視覚的感知30フィート、暗視60フィート、鋭敏嗅覚〈知覚〉+8

防御

アーマー・クラス 15、接触9、立ちすくみ15(+3外皮、-1【敏】、+3鎧)
ヒット・ポイント 30(4d10+8)
頑健 +8、反応 +0、意志 +5
防御的能 肉の放棄肉の鎧負のエネルギーへの親和性ダメージ減少 5/冷たい鉄または完全耐性雷撃]、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10、[]10; 呪文抵抗 14

攻撃

移動速度 30フィート、穴掘り20フィート
近接 ロングソード=+6(1d8+2/19~20)、噛みつき=+1(1d6+1)
特殊攻撃 死体に生息
擬似呪文能力術者レベル3; 精神集中+4)

3回/日―スパイダー・クライムマス・インフリクト・ライト・ウーンズ難易度16)
1回/日―ジェントル・リポウズ招来2レベル、1d4体のドレッチ[50%])

一般データ

【筋】15、【敏】9、【耐】14、【知】12、【判】13、【魅】12
基本攻撃 +4; 戦技ボーナス +6; 戦技防御値 15
特技 《欺きの名人》《頑健無比》
技能 〈真意看破〉+8、〈脱出術〉+6(+14 死体に生息していない)、〈知覚〉+8、〈知識:宗教〉+8、〈はったり〉+10、〈変装〉+10(+18 死体に生息している)、〈魔法装置使用〉+8; 種族修正 +8〈脱出術〉 死体に生息していない、+8〈変装〉 死体に生息している
言語 奈落語、共通語; テレパシー100フィート

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス場もしくは墓地
編成 単体、または(2~10)
宝物 標準(ロングソードその他宝物

特殊能力

肉の放棄/Abandon Flesh(超常) 即行アクションとして、ヴェルムレクは生息している体を捨て、その宿主から酷く醜く這い出し、皮膚のと筋の小片を残す。そうすることで身体のの多くを吸収して自身治癒し、2d6+3ヒット・ポイント回復する。ヴェレムレクはその後、この身体を死体に生息で取り戻すことはできない。

肉の鎧/Flesh Armor(超常) ヴェレムレクが人形生物の身体に生息する場合(下記の死体に生息参照)、鎧としてんだと筋を扱い、アーマー・クラスに+3の鎧ボーナスを得る。

死体に生息/Inhabit Body(超常) ヴェレムレクはんだ中型の人形生物の体内に這い入り、人形生物の格と内臓の大部分を消費して交換する。このプロセスには1d4ラウンドかかり、その間ヴェレムレクは立ちすくみ状態判定に+8の種族ボーナスを得るが、肉体攻撃特殊移動方法、外皮など、んだクリーチャーが持っていた能は得ない。身体に生息している間、自身穴掘り移動速度を失うが、人形生物のために作られた武器を用いるか鎧を着用する能を得る(ただし、鎧を着用することによって得られる鎧ボーナスは、ヴェレムレクの肉の鎧によって与えられるボーナス累積しない)。

ヴェレムレクは墓荒らし、死霊術師、屍姦者など、生前に者を習慣的に犯した者の魂から形成される。デーモンの軍隊は、しばしば争で使い捨ての軍隊として使用し、殺された人型生物の敵の身体に住むヴェレムレクが社会の中から生き残った人型生物侵入して破壊する。死体に生息している、ヴェレムレクははっきりと話すよりもつぶやいている傾向がある。体の口を覗き込む鋭いが恐ろしい真実を素早く見分けることができることを知っているからである。

彼らはしばしば、場の軍隊として使用されているにもかかわらず、ヴェレムレクは争をほとんど好まず、一人きりになり、物質界上の人形生物の中で隠れて生きることを好む。そこでは、穴掘り人や糞掃除人のような労働者変装して、グールのようなタブーな欲望を楽しむ。

宿主の身体の外では、ヴェレムレクは4本の長いを持つワームのよう見え、それぞれが細糸のもつれで終わる。この姿では、デーモンは体長7フィート、体重90ポンドである。

デーモン:イエイニト Demon, Yaenit

隆々としたハイエナ人型生物の病弱な体を、毛皮の束が飾っている。

イエイニト 脅威度6 Yaenit

出典 Bestiary 6 91ページBroken Chains pg. 29
経験点 2,400
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌デーモン他次元界
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、シー・インヴィジビリティ〈知覚〉+10
オーラ 催眠のオーラ(20フィート、難易度17)

防御

アーマー・クラス 19、接触13、立ちすくみ16(+1回避、+6外皮、+2【敏】
ヒット・ポイント 76(8d10+32)
頑健 +10、反応 +8、意志 +5
ダメージ減少 5/冷たい鉄または完全耐性雷撃]、[]; 抵抗 [強]10、[氷雪]10、[]10

攻撃

移動速度 40フィート
近接 高品質のファルシオン=+14/+9(2d4+7/18~20)、噛みつき=+8(1d6+2)
特殊攻撃 骨折り
擬似呪文能力術者レベル8; 精神集中+11)

シー・インヴィジビリティ
回数無制限―グレーター・テレポート自身に加え50ポンドまでの物体のみ)、ダークネス
3回/日―ヴァンピリック・タッチホールド・パースン難易度16)
1回/日―招来3レベル、1体のイエイニト[40%])

一般データ

【筋】20、【敏】14、【耐】19、【知】9、【判】13、【魅】16
基本攻撃 +8; 戦技ボーナス +13; 戦技防御値 26
特技 《回避》《強打》《薙ぎ払い》《鋼の意志》
技能 〈威圧〉+10、〈隠密〉+11、〈軽業〉+11、〈知覚〉+10、〈知識:次元界〉+8、〈登攀〉+14、〈はったり〉+12
言語 奈落語、天界語、語、ノール語; テレパシー100フィート

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、小さな群れ(2~5)、または 氏族(6~12)
宝物 標準(高品質のファルシオンその他宝物

特殊能力

骨折り/Break Bones(変則) イエイニト噛みつき攻撃クリティカル・ヒットを与えると、相難易度 19の頑健セーヴに成功するか、10フィートだけ基本移動速度を減少させなければならない(最低5フィート)。このペナルティ響を受けたクリーチャー魔法治癒または難易度 20の〈治療〉判定の利益を受けるまで継続する。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

催眠のオーラ/Hallucinatory Aura(超常) イエイニトの20フィート以内にいるクリーチャー難易度 17の意志セーヴに成功するか、デーモン意ある心をゆがませる魔法に屈服しなければならない。イエイニト催眠のオーラ響を受けたクリーチャーは、オーラ範囲内にいる限りと効果範囲内から離れた後の1d4-1ラウンドの間、意志セーヴ術者レベル判定【知力】に基づく技能判定【判断力】に基づく技能判定に-2のペナルティを受ける。これは[精神作用]効果である。セーヴに成功したか否かにかかわらず、響を受けたクリーチャーは24時間の間同じイエイニト催眠のオーラ完全耐性を持つ。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ラマーシュトゥ上の群れの暴的な先祖であるイエイニトデーモン的はラマーシュトゥの女神官と彼らの邪な同族を守ることである。イエイニトは人生の中で非常に残酷ないじめっ子や拷問者であったの定命の者の魂から生まれる。多くのイエイニトアビスノールから形成されるため、ノールに似ているのは偶然ではない。ノールはその一部として、イエイニトラマーシュトゥ意志の具現化として崇拝し、このデーモンモンスターの母と献身的ノールの信者のための不浄なデザインの両方の代表として崇拝している。

恐ろしい捕食者であるイエイニトの屈んだ乱暴な体格は、固くに結びついたこわばった強な筋があり300ポンドの体重がある。イエイニトは身長6.5フィートである。

全文検索 目的別索引