ジャイアント

ジャイアント:マウンテン・ジャイアント Mountain Giant

この巨人はボロボロの革のマスクを含む血痕のついた革の服を来ている。彼のは見えるところは灰色でイボまみれである。

マウンテン・ジャイアント 脅威度18 Mountain Giant

出典 Bestiary 6 133ページ
経験点 153,600
混沌にして悪巨大サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +5; 感覚 夜目暗闇を見通す〈知覚〉+29
オーラ 畏怖すべき存在(60フィート、難易度24、10ラウンド

防御

アーマー・クラス 33、接触11、立ちすくみ28(+17外皮、-4サイズ、+1、+5【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 297(22d8+198)
頑健 +18、反応 +12、意志 +20
防御的能 岩つかみ完全耐性 [氷雪]、[恐怖]、[精神作用]効果、[

攻撃

移動速度 50フィート
近接 +2ウォーハンマー=+27/+22/+17/+12(4d6+17/19~20/×3)、+1ダガー=+26(2d6+16/19~20)、または叩きつけ(×2)=+27(2d6+15)
遠隔 岩=+18(4d6+15)
接敵面 20フィート、間合い 20フィート
特殊攻撃 貪り串刺し岩投げ(160フィート)、飲み込み(3d6+11殴打、アーマー・クラス18、ヒット・ポイント29)
擬似呪文能力術者レベル18; 精神集中+21)

回数無制限―インヴィジビリティディーパー・ダークネス
3回/日―ディメンジョン・ドア
1回/日―ミスリード難易度19)

一般データ

【筋】41、【敏】21、【耐】29、【知】16、【判】24、【魅】16
基本攻撃 +16; 戦技ボーナス +35; 戦技防御値 50
特技 《頑健無比》《技能熟練:隠密》、《強打》《クリティカル強化:ウォーハンマー》、《クリティカル熟練》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《二刀の守り》《二重斬り》《二刀流》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+25、〈隠密〉+21(山岳または地下では+29)、〈生存〉+32、〈知覚〉+29、〈知識:自然〉+25; 種族修正 +8山岳または地下での〈隠密〉
言語 共通語、巨人語、界語

生態

出現環境 気候問わず/山岳
編成 単体、または2体
宝物 標準(+2レザー・アーマー+1ダガー+2ウォーハンマーその他宝物

特殊能力

貪り(超常)/Devour マウンテン・ジャイアント大型サイズとそれより小さい人型生物体を全ラウンドとして貪ることができる。そうした場合消費したクリーチャーヒット・ダイスに等しいラウンド数の間、ジャイアント高速治癒10を得る。飲み込んだ人型生物の内部で亡すると直ちにジャイアントはその利益も得る。

串刺し(変則)/Impale マウンテン・ジャイアントが刺突近接武器で1回の攻撃を行う《渾身の一打》特技を使用する場合を含む)、武器攻撃つかみモンスターの共通ルールを得る。その武器で行われた組みつきは次にジャイアントがその武器を使って敵を攻撃したときに即座に終了する。

他のジャイアントの子供がに負えない、両は「いい子にしないとマウンテン・ジャイアントに食べられちゃうぞ」と警告する。マウンテン・ジャイアントは単なる物語ではなく、高い山や深い峡谷に潜む実在する存在である。普遍的には食で、残忍で加虐趣味であるマウンテン・ジャイアントジャイアントであろうとなかろうと、人型生物を好む。彼らは恐怖の味をし、典型的には犠牲者を苦しめ、拷問してから貪る。

典型的なマウンテン・ジャイアントは、身長45フィート、体重30,000ポンドでそびえ立つ。

プレイグ・ジャイアント Plague Giant

この特大の人型生物は、ボロボロの布切れで身を包んでおり、病気の体全体を覆えていない。

プレイグ・ジャイアント 脅威度14 Plague Giant

出典 Bestiary 6 134ページ
経験点 38,400
中立にして悪超大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +9; 感覚 夜目〈知覚〉+26

防御

アーマー・クラス 29、接触13、立ちすくみ24(+16外皮、-2サイズ、+5【敏】
ヒット・ポイント 207(18d8+126)
頑健 +15、反応 +11、意志 +18
防御的能 岩つかみ完全耐性病気

攻撃

移動速度 50フィート
近接 高品質のフレイル=+23/+18/+13(3d6+11、加えて“病気”)、叩きつけ=+17(1d8+5、加えて“病気”)、または叩きつけ(×2)=+22(1d8+11、加えて“病気”)
遠隔 岩=+17(2d8+16)、または体=+17(2d6+16、加えて“病気”)
接敵面 15フィート、間合い 15フィート
特殊攻撃 死体投げ岩投げ(140フィート)
擬似呪文能力術者レベル15; 精神集中+18)

回数無制限―コンテイジョン難易度17)、デス・ネル難易度15)
3回/日―ウィザー・リム難易度19)、プレイグ・キャリア難易度18)、プレイグ・ストーム難易度20)
1回/日―招来6レベル、1体のティック・スウォーム[100%])

一般データ

【筋】32、【敏】20、【耐】25、【知】15、【判】20、【魅】17
基本攻撃 +13; 戦技ボーナス +26(武器落としおよび足払い+30); 戦技防御値 41(対武器落としおよび足払い43)
特技 《足払い強化》《イニシアチブ強化》《頑健無比》《攻防一体》《上級足払い》《上級武器落とし》《戦闘発動》《鋼の意志》《武器落とし強化》
技能 〈生存〉+26、〈知覚〉+26、〈知識:宗教〉+20、〈治療〉+26
言語 共通語、巨人

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、または共棲集団(3~16、加えて5~9レベルオラクルまたはウィッチ1~3、5~9レベルローグ2~5、および1体の高僧である7~10レベルクレリックとそれに従うルーコダイモン2~5、およびゴウル1~4)
宝物 標準(高品質のライト・フレイル、岩4個または体4体、その他宝物

特殊能力

病気(変則)/Disease プレイグ・ジャイアント病気に対する完全耐性を持つが、伝染性の高い疫病を運んでおり、ジャイアント武器ダメージを追った者はが腐り、足が時間とともに衰える。

萎縮症/Atrophic Plague:致傷型; セーヴ頑健難易度26; 潜伏期間即座; 頻度 1回/日; 効果 1d4【敏】吸収、および1d4【耐】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

死体投げ(超常)/Hurl Corpse プレイグ・ジャイアントはまるで岩を投げるかのように、小型または中型の体を投擲することができる。投げた体は、プレイグ・ジャイアントが投擲した岩のようにダメージを耐えるが、ジャイアントサイズが1段階小さいかのように扱う(ほとんどのプレイグ・ジャイアントは2d6+【筋力】修正値の1.5倍のダメージ)。加えて、投げられた体は、プレイグ・ジャイアント疫病注入され、攻撃されたクリーチャージャイアントの萎縮病に晒される。ぶつかると、投げられた体は、濃い灰色の蒸気の雲へと爆発し、半径10フィートの領域フォッグ・クラウドのように視界を遮る濃いで満たす。この雲の中でターンを開始する全てのクリーチャーは、難易度 26の頑健セーヴに成功するか1ラウンドの間吐き気がする状態にならなければならない。雲は自然に消散する前に1d4ラウンドの間持続する(軟かそれより強い風で早期に消散しない場合)。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

プレイグ・ジャイアントは、巨大癩病患者や疫病の患者に似ているが、病気の遣いであるため、病気の犠牲者にはならない。ほとんどのプレイグ・ジャイアントは、ホースマン・オヴ・ペスティレンスや病気に関連したその他の神格を崇拝しており、彼ら自身病気を恐れてはいない。プレイグ・ジャイアントが住むところには疫病が蔓延しているため、ほとんどの人型生物に忌避されている。しかしには、プレイグ・ジャイアントが自分たちのから追放された病気人型生物で構成されているダイモンの教団を率いている。プレイグ・ジャイアントダイモン崇拝に転向する前は、かつて別のジャイアントの姿をしていたと思われるが、他のジャイアントは彼らを強情な子供として、そのようには主張しないだろう。プレイグ・ジャイアントはそのような噂を特に不愉快に感じており、「より下級のジャイアント」が病気になっても、突然プレイグ・ジャイアント変身しないことを理由に、より上の存在であると指摘している。

平均的なプレイグ・ジャイアントは身長24フィート、体重15,000ポンドである。

ジャイアント:シャドウ・ジャイアント Shadow Giant

このジャイアントの皮膚は薄灰色で、長い髪は鎧の色の色合いと同じである。

シャドウ・ジャイアント 脅威度13 Shadow Giant

出典 Bestiary 6 135ページ , Inner Sea Bestiary 15ページ
経験点 25,600
秩序にして悪大型サイズ人型生物他次元界巨人
イニシアチブ +2; 感覚 暗視120フィート、夜目〈知覚〉+19

防御

アーマー・クラス 28、接触11、立ちすくみ26(+10外皮、-1サイズ、+2【敏】、+7鎧)
ヒット・ポイント 199(19d8+114)
頑健 +17、反応 +8、意志 +14
防御的能 岩つかみ、Shadow Cloak

攻撃

移動速度 30フィート(鎧未装備40フィート)
近接 高品質のスパイクト・チェイン=+26/+21/+16(2d6+18/19~20、加えて“生命力吸収”)、または叩きつけ(×2)=+25(1d8+12、加えて“生命力吸収”)
遠隔 岩=+16(1d8+12/19~20、加えて“生命力吸収”)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート
特殊攻撃 生命力吸収1レベル難易度21)、岩投げ(180フィート)

一般データ

【筋】34、【敏】15、【耐】22、【知】10、【判】22、【魅】15
基本攻撃 +14; 戦技ボーナス +27(突き飛ばし+31); 戦技防御値 39(対突き飛ばし41)
特技 《強打》《クリティカル強化:岩、スパイクト・チェイン》、《渾身の一打》《上級突き飛ばし》《致命的な狙い》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《迎え討ち》
技能 〈登攀〉+21、〈威圧〉+15、〈知覚〉+19(薄暗いの中では+23)、〈呪文学〉+0(薄暗いの中では+8)、〈隠密〉+4; 種族修正 +4薄暗いの中での〈知覚〉、+8薄暗いの中での〈呪文学〉
言語 共通語、巨人
その他の特殊能力 戦闘者

生態

出現環境 気候問わず/上(影界
編成 単体、徒党(2~5)、一家(6~13、5~8レベルクレリックまたはウィッチAPG1、および7~10レベルファイターまたはバーバリアンの長1)、または小集団(14~33、加えて7~10レベルファイターまたはバーバリアンの長1)
宝物 標準(+1ブレストプレート、高品質のスパイクト・チェインその他宝物

特殊能力

生命力吸収(超常)/Energy Drain シャドウ・ジャイアントが最初に成功した近接攻撃か(叩きつけ攻撃か用いている近接武器で)、岩投げで1ラウンド1回以下のエネルギー吸収攻撃を与える。

戦闘者(変則)/Militant シャドウ・ジャイアントは全ての単純武器、全ての軍用武器、選択した1種類特殊武器習熟している。ほとんどのシャドウ・ジャイアントスパイクト・チェインへの習熟を選択している。

影の外套(擬呪)/Shadow Cloak シャドウ・ジャイアントは、影界とつながっているため、直射日以外の照明下での移動アクションとして、シャドウ・ジャイアント移動するに隠れて1d6+6ラウンドの間ブラーの利益を得ることができる(魔法や類似の効果を解呪する的で術者レベル13として扱う)。この能は1日に3回まで使用できる。

シャドウ・ジャイアント影界で生まれた種族であるが、通常影界の強クレリック神格の代表の要請により物質界移動する。そのような状況では、シャドウ・ジャイアントはしばしばエリートの奇襲部隊の中隊として機能し、秘密を守り、彼らが物語を語っていくような生存者を残さないと予想される場合にのみ活動する。

ほとんどのシャドウ・ジャイアントは特に無口であり、より高度な的のために奉仕していないときは自身を守る。彼らは自分たちの助言を守り、自分たちの不吉な宗教を実践している。自己犠牲、身体切除などの血の儀式が行われ、そして暗い玄武岩のブロックで構成された短い段差の階段ピラミッドの上で司祭が主導している。影界ではシャドウ・ジャイアント家族がより大きな部族を形成するために一緒になることが知られている。特に争のときや他の脅威に直面しているときである。このような軍隊が場に整列している姿は通常、どのような的であっても、生贄のためにと捕虜を必に差し出して和平を訴えるのに十分なものである。

典型的なシャドウ・ジャイアントは身長15フィート、体重2,400ポンドである。ほとんどのシャドウ・ジャイアントは薄暗い灰色の肌と淡い灰色の髪をしている。

全文検索 目的別索引