インヴィジビリティ

Invisibility不可視
系統 幻術幻覚);呪文レベル ウィザード/ソーサラー2バード2
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作物質信仰(1本のまつ毛をゴムに封入したもの)
距離 自身あるいは接触
目標 術者あるいはクリーチャー1体あるいは重量が100ポンド/レベル以内の物体1つ
持続時間 1分/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 意志無効(無害)あるいは意志無効(無害、物体);呪文抵抗(無害)あるいは可(無害、物体)

術者が接触したクリーチャーあるいは物体は人々の視界から消える。呪文の受け装備を持っているクリーチャーの場合、装備もまた消える。術者が誰か他人に呪文をかける場合、対象の姿は術者やその仲間にも見えなくなる。もっとも、もとから不可視のものを見る能があったり、魔法を使って不可視のものを見る能を得たりすれば話は別である。

不可視化したクリーチャー地面に下ろした物や落とした物は、に見えるようになる。拾った物は服の中に押し込んだり、着用しているポーチの中に入れたりすれば不可視になる。は決して不可視にはならないが、源は不可視になり得る(結果として、源の見当たらないがあるという状態になる)。対象が運搬している物体の一部が本体から10フィート以上離れている場合(たとえばロープを引っ張っている場合など)、その部分は見える。

もちろん、この呪文が対象の立てる音まで消してくれるわけではない。それに、その他の条件によって、この呪文のかかった者が探知可能になることもあるだろう(たとえばの中を泳いでいたり、泥んこに足跡を残している場合など)。判定が必要な場合、静止している不可視クリーチャー〈隠密〉判定に+40のボーナスを得る。クリーチャーが動いている場合は、このボーナスは+20に減る。この呪文は対象が何らかのクリーチャー攻撃した瞬間に解ける。ここでいう“攻撃”には、敵を目標とした呪文や、呪文効果範囲効果内に敵を含む呪文も入る。誰が“敵”であるかは、不可視化したキャラクターの認識による。誰も装備中でない物体に対して何らかの行動をしても、それで呪文が解けることはない。また、間接的に害をなすことは“攻撃”ではない。従って、不可視化した存在はを開け、話をし、物を食べ、階段を登り、怪物を召喚して攻撃を行なわせ、敵が吊り橋を渡っている最中に橋を支えるロープを切り落とし、遠くからを作動させ、落とし格子を上げて猛犬をけしかけても差し支えない。しかし、不可視化した存在が直接攻撃を行なえば、本体も装備も即座にに見えるようになる。ブレスなど、もっぱら味方に作用を及ぼし、敵には作用を及ぼさない呪文は、たとえ敵を効果範囲に収めていても、“攻撃”とは見なされないので注意。

インヴィジビリティパーマネンシイ呪文によって、物体に対してのみその効果永続化させることができる。

グレーター・インヴィジビリティ

Invisibility, Greater/上級不可視
系統 幻術幻覚);呪文レベル ウィザード/ソーサラー4バード4
構成要素 音声動作
目標 術者、あるいは接触したクリーチャー
持続時間 1ラウンドレベル(解除可)
セーヴィング・スロー 意志無効(無害)

インヴィジビリティと同様だが、対象が攻撃を行なっても呪文は終了しない。

マス・インヴィジビリティ

Invisibility, Mass/集団不可視
系統 幻術幻覚);呪文レベル ウィザード/ソーサラー7
距離 長距離(400フィート+40フィート/レベル
目標 クリーチャー何体でも、ただしそのうちのどの2体をとっても180フィート以内の距離に収まっていなければならない

インヴィジビリティと同様だが、効果は集団と共に移動し、この集団のうち誰か1体でも攻撃すれば切れてしまう。この集団の構成員は互いを見ることができない。どの個体でも、最も近くにいる他の構成員から180フィートより離れてしまった場合、呪文は切れる。2体の個体のみが効果を受けており、一方の個体がもう一方の個体から離れた場合、離れた方の個体が不可視状態を失う。両方が互いから離れた場合、その間の距離が180フィートを超えた点で両者とも見えるようになる。


全文検索 目的別索引