ヒアサイト

ヒアサイト Herecite

この腐敗した男のから血の涙が流れているが、表情は抑えきれない激怒の一である。

ヒアサイト・オヴ・アスモデウス 脅威度9 Herecite of Asmodeus

出典 Bestiary 6 154ページ
経験点 6,400
秩序にして悪/中型サイズアンデッド
イニシアチブ +8; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドシー・インヴィジビリティ〈知覚〉+20
オーラ 冒涜のオーラ(30フィート)

防御

アーマー・クラス 24、接触19、立ちすくみ20(+4【敏】、+5外皮、+5不浄)
ヒット・ポイント 138(12d8+84)
頑健 +11、反応 +10、意志 +11
防御的能 エネルギー放出に対する抵抗+6、不浄なる洞察ダメージ減少 10/完全耐性 アンデッドの種別特性呪文抵抗 20(信仰呪文に対して24)

攻撃

移動速度 40フィート
近接 +2アンホーリィヘヴィ・メイス=+19/+14(1d8+10、加えて“信仰盗みの打撃”)、叩きつけ=+12(1d8+5、加えて“信仰盗みの打撃”)、または叩きつけ(×2)=+17(1d8+8、加えて“信仰盗みの打撃”)
特殊攻撃 信仰盗みの打撃
擬似呪文能力術者レベル10; 精神集中+15)

シー・インヴィジビリティディテクト・グッド
回数無制限―ディスガイズ・セルフバーニング・ハンズ難易度16)
3回/日―アンホーリィ・ブライト難易度19)、インヴィジビリティプロデュース・フレイム
1回/日―ウォール・オヴ・ファイアーコンフュージョン難易度19)、ノンディテクションファイアーボール難易度18)

一般データ

【筋】22、【敏】19、【耐】―、【知】14、【判】9、【魅】21
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +17; 戦技防御値 34
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》、《強打》《戦闘発動》《鋼の意志》《鋼の意志強化》
技能 〈はったり〉+17、〈威圧〉+20、〈知識:次元界〉+14、〈知識:宗教〉+17、〈知覚〉+20、〈真意看破〉+14
言語 共通語、獄語
その他の特殊能力 陰謀団ヒアサイトの領域欺き)、不浄なる洞察異端の解放

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、または陰謀団(2~5)
宝物 ×2(+2ヘヴィ・メイスその他宝物

特殊能力

陰謀団/Cabal(変則) 複数のヒアサイト陰謀団を形成し、魔法の能防御を高めることができる。陰謀団は2~5体のヒアサイトで構成される。陰謀団を形成する(または新しいヒアサイトを既存の陰謀団に迎え入れる)儀式は、24時間の崇拝、祈り、不浄な生贄が必要である。その後ヒアサイトは儀式が行われた範囲に拘束される(この範囲は、陰謀団ヒアサイト毎に50フィート立方以下で、最大5体のヒアサイト陰謀団の場合は5つの50フィート立方)。ヒアサイト陰謀団のいずれかのメンバーがこの範囲を離れると、そのメンバー陰謀団内の他の全てのヒアサイト陰謀団によって与えられた共有能を全て失い、この能を取り戻すためにはもう一度儀式を行わなければならない。陰謀団の全てのヒアサイトは個々のヒアサイトの領域によって与えられた擬似呪文能力を得る(領域が重複している場合、追加の擬似呪文能力は得られない――ほとんどのヒアサイト陰謀団は、個別に異なる領域を持つヒアサイトで構成されている)。陰謀団の全てのヒアサイトは1つの精神を共有し、テレパシーで会話をすることができ、イニシアチブ判定〈知覚〉判定に+4のボーナスを得る。陰謀団の少なくとも1体のヒアサイト幻術を信じない場合、陰謀団の他のすべてのヒアサイト幻術を信じないとみなされる。1体のヒアサイト戦闘員に気がついている場合、その陰謀団範囲の他の全てのヒアサイトもその戦闘員を認識しており、1体のメンバーが負傷または殺害された場合、残りの全てのヒアサイトもそれを認識する。陰謀団が存在する限り、陰謀団の全てのヒアサイト高速治癒10を得る。

冒涜のオーラ/Desecration Aura(超常) ヒアサイトの存在そのものが冒涜と異端の具現化であり、ヒアサイト自体が半径30フィートの冒涜のオーラを発している。ヒアサイトとこの範囲内の全てのアンデッドは、攻撃ロールダメージ・ロール、セーヴィング・スローに+2の不浄ボーナスを得、この範囲内で負のエネルギー放出抵抗するための難易度は6増加する。ヒアサイトヒット・ダイス毎に2ヒット・ポイントを得る(ほとんどのヒアサイトは+24ヒット・ポイント)。これらの全ての利益は上記のデータ上では計算済みであり、ディセクレイト呪文によって与えられたものと累積することはないが、ヒアサイトコンセクレイト呪文効果下にある範囲に入っても消えることはない。

信仰盗みの打撃/Faith-Stealing Strike(超常) ヒアサイト叩きつけ攻撃または好む武器によって攻撃されたでない信仰呪文の術者は難易度 21の意志セーヴに成功するか、1ラウンドの間信仰呪文を発動できなくならなければならない。このセーヴに成功した場合、クリーチャーはその特定のヒアサイトから24時間の間さらなる信仰盗みの打撃完全耐性を持つ。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ヒアサイトの領域/Herecite Domains ヒアサイトは1柱のの神に関連付けられており、常にその神と同じ属性である。ヒアサイトがその神から与えられた2つの領域を選択肢、両方の領域1レベル呪文を回数無制限の擬似呪文能力として、2レベル呪文を1日3回の擬似呪文能力として、3レベル4レベル呪文を1日1回の擬似呪文能力として得る。領域によって与えられた不適切な呪文、またはヒアサイトの既存の擬似呪文能力を複製する呪文は、同レベルインフリクト呪文に置き換えられる。たとえば、治癒の領域の使用権を持つヒアサイトは、4つのキュア呪文を全て&i{インフリクト}バージョンに交換し、栄光の領域の使用権を持つヒアサイトは、ブレス・ウェポンインフリクト・モデレット・ウーンズに、シアリング・ライトインフリクト・シリアス・ウーンズに、ホーリィ・スマイトインフリクト・クリティカル・ウーンズに交換する。これらの擬似呪文能力は、ヒアサイト基本的な擬似呪文能力ディテクト・グッドシー・インヴィジビリティアンホーリィ・ブライト)に追加される。ここで紹介しているヒアサイトは、欺きの領域を持つアスモデウスヒアサイトである。

不浄なる洞察/Profane Insight(超常) ヒアサイトは不浄ボーナスとしてアーマー・クラス【魅力】ボーナスを加える(ほとんどのヒアサイトは+5)。武器習熟しており、関連する神格好む武器で、神格好む武器を用いているならば、その武器アンホーリィ特殊能力を得る。信仰呪文に対して、ヒアサイト呪文抵抗は4増加する。

異端の解放/Unleash Heresy(超常) ヒアサイト破壊されると爆発し、半径30フィートの全てのクリーチャーに3d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを与える(反応難易度 21・半減)。このエネルギーによってダメージを受けた非クリーチャー難易度 21の意志セーヴに成功するか、ヒアサイト信仰盗みの打撃響を受けなければならない。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ヒアサイトは、の神の司祭が少なくとも5人のでない神格崇拝者を、自身神格に捧げるといった不明瞭な生贄の儀式によって作成された冒涜的な姿のアンデッドである。全ての生贄は同じ神格を崇拝していなければならない。生贄になった崇拝者後、彼らの魂と体は負のエネルギーを帯びた熱を帯び、溶け去り、一つの実体に再形成される――ヒアサイトへと。ヒアサイト外見さえ、その異端性を指示するのにやくだつ、なぜならばこの不潔創造物は、生贄となった献身的な神の崇拝者の新しい非生命であるにも関わらず、常に以前の神のアンデッドバージョンとして現れるからだ。生贄となった崇拝者サイズや姿、そして以前の神格神話的大きさに関係なく、ヒアサイト人間サイズクリーチャーである。

ヒアサイト作成するための儀式は、暗黒図書館に隠された特定の珍しい冒涜的なテキストに記録されている。外方次元界とその住人を説明する特定のテキストに存在することも知られており、強死霊術カルトに間れするテキストに存在している可能性もあるが、主に秘術の術者で構成されるグループは、彼らの階級に実行可能なものを追加するよりも好奇心ヒアサイトに見出す。ヒアサイト作成する儀式は、多くの場合、若い経験の浅い司祭の拷問と虐殺に焦点を当てるが、その間捕らえられた同じ信仰の指導者は部下の残虐な拷問を見ることを余儀なくされる。信者が強制アンデッドに変えられるという大司祭が経験する圧倒的な苦痛苦悩は、儀式の触媒として機能する。大司祭がそのような儀式を撃したあと、気が狂ったり、信仰を失うことを余儀なくされることがよくあり、その後、儀式の冒涜的か神格オラクルとしてレベルを得て、ヒューキューヴァPathfinder RPG Bestiary 3 150ページ)として蘇る。

ヒアサイトクレリックその他信仰呪文を発動できる能を持つ他のクラスレベルを得ることは決して無い。なぜならば、彼らの創造の儀式は認識が薄まり、神格への強信仰を再び公言することができなくなってしまうからである。作成された後も、キャラクター・クラスを獲得し、訓練し続ける者は、通常ソーサラーウィッチファイターローグになる。

ヒアサイトは、一度作成されると通常強制的に改宗させられた寺院の守護者として残り、新しい人生の中で大きな的を追求することはない。場合によっては、特に作成者を失った場合、孤独なヒアサイト作成された場所で彷徨っていることもあるが、ヒアサイトグループが陰謀団を形成すると、そのメンバーは数ヶ、数年、あるいは何世紀にも渡ってその場所に拘束される――その地域を離れると陰謀団は解散し、冒涜的な信仰を再確認する新たな儀式を行わなければならない。新しい神格祈りを絶えず捧げることを除けば、新しい生活にほとんど関心はない; これらの祈りは、多くの場合、以前の信仰の聖歌の歪んだもので構成されている。

全文検索 目的別索引